本文へ移動

今日のニュース

加害クマ捕獲で被害防止 鹿角市鳥獣対策協 人身被害受け緊急会合

2018-08-02
クマによる人身被害を受け開かれた市鳥獣被害防止対策協議会(市役所)
 31日夜に鹿角市八幡平でランニング中の男性(42)がクマに襲われ負傷した人身被害を受け、市は1日、市役所で緊急の市鳥獣被害防止対策協議会を開いた。県は被害現場周辺の調査で、クマの餌となり得る野イチゴなどがあり、クマが通ったとみられる形跡を確認したことから、出没頻度が高まることを懸念。市は襲ったクマの捕獲を視野に、対策を講じる考えを示した。
 被害状況の説明によると、男性は午後8時45分ごろ、八幡平永田上田表の国道341号を北から南へランニング中、右から飛び出してきた2頭と遭遇し、襲われた。後頭部や右足を負傷し、現在は市内の病院で治療中。命に別条はないという。
 被害防止対策について協議した。県の担当者はこの日の午前中、被害現場の周辺を調査し、「山側に野イチゴやクリの木があり、今後もクマの出没の危険性がある。単独での行動を自粛するよう周辺の集落に呼び掛けてもらいたい」と求めた。市は「現場は開けた土地。猟友会と現場やルートを確認してから、対策を考えたい。加害クマを捕獲したい」と述べた。
 このほか、市猟友会は「人を怖がらないクマが増えている。春先などの捕獲の調整を考えてほしい」と県に要望。県は「クマが岩手と秋田の県境をまたいで行動しているので、秋田も来年度以降、岩手と歩調を合わせて狩猟の時期を前倒しできればと思う」と考えを示し、「クマに生活圏を脅かされるので、圧を強めたい」とした。
 市によると、本年度のクマの目撃件数は7月末で68件(前年比39件増)、食害などの被害件数は22件(同14件増)となっている。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る