本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

2024年2月

鹿角市 一般会計は191億円 24年度 当初予算案 3・6%増で過去最大

2024-02-21
NEW
 鹿角市は20日、2024年度当初予算案を発表した。一般会計の総額は過去最大となる191億3100万円。23年度当初と比べて3・6%、6億6300万円の増となった。主な要因は十和田図書館の整備事業の本格化や再エネ・省エネ設備導入への支援拡充、種苗交換会や冬季国民スポーツ大会の開催など。当初予算は3月定例市議会に提案する。
 関厚市長が重点に挙げたのは「人口構造の若返り」「カーボンニュートラルの実現」「地域経済の早期回復」。
 移住促進事業では、移住コンシェルジュによる移住相談や情報発信に加え、首都圏在住の移住希望者を対象にした中期滞在型(13泊14日)の仕事体験プログラムを新たに実施する。
 関係人口創出推進事業では、鹿角市と関わりを持ちたいと考えている首都圏在住の若者と市内の若者を対象に人材育成講座を年5回開催。15人程度を募集し、地域活性化の担い手となる人材を育成する。
 エネルギー利用効率化促進事業では、企業が実施する省エネ機器への更新や、個人が行う省エネ性能の高いエアコンや冷蔵庫の導入を支援する。さらに、企業と個人が行う高効率空調機器の更新と高効率照明機器の導入を支援し、脱炭素化を推進する。
 スキーと駅伝のまちづくり事業では、4月開校の鹿角高校のスキー部と陸上部の生徒に対する下宿費用補助金(補助率2分の1、上限月2万5000円)や、十和田八幡平駅伝大会の全参加チームに交通費と宿泊費を支援する補助金を創設する。
 有害鳥獣被害防止対策事業では、クマを誘引するクリなどの樹木の伐採経費を支援する補助金を新設する。上限5万円で全額補助。
 十和田図書館は老朽化に伴い建て替え、十和田市民センター隣接地へ移転する。昨年9月に着工し、24年度は工事費や備品購入費など6億3104万円の事業費を計上。開館は25年秋ごろの見通し。
 このほか、JR花輪線の利用を促すツアーの実施、空き家等を改修して外国人従業員の社宅を整備する企業への補助金や、路線バス定期券助成事業補助金の新設、八幡平温泉郷エリアでの観光2次アクセスの再構築、保育料の完全無償化、3歳以上の園児への主食の無償提供などに取り組む計画。

賃上げ 23年は60%超 大館市内の事業所 理由の最多 雇用確保

2024-02-21
NEW
 大館商工会議所と大館北秋商工会、大館市が市内事業所を対象に実施した経済動向調査で、2023年中に平均賃金を引き上げた事業所が、回答全体の60%超に上ったことが分かった。引き上げ理由で最も多かったのは雇用維持。人口減少に伴い、労働力の確保が経営課題となる中、賃上げに踏み切らざるを得ない実情が浮かび上がった。
 調査は今後の経営判断に生かしてもらう目的で会員事業所120社に対し、1月15日から24日までの間に実施した。85・8%の103社から回答を得た。質問は新型コロナウイルスの影響、長期的な経営見通しなど16問。
 平均賃金の引き上げについては県最低賃金額改定に伴う引き上げ分は除き、「引き上げた」「改定はしなかった」「引き下げた」の選択肢3つの中から選んでもらった。「引き上げた」は最多の65件。「改定しなかった」は34件。「引き下げた」はゼロ。
 さらに、「引き上げた」と答えた事業所に対し、改定理由を尋ねた。複数回答で最も多かったのは「雇用の維持」で46件。次いで「労働力の確保・定着」(39件)、「物価の動向の影響」と「世間相場を考慮した」(各23件)。「労使関係の安定」(17件)、「企業の業績を考慮した」(16件)、「前年度の賃金改定実績に準じた」(5件)、「関連企業の動向の影響」(3件)、その他1件となった。
 雇用維持や労働力確保の回答が多く、業績に伴う引き上げは20%以下にとどまっていたことから「人材確保のため、やむを得ず賃上げに取り組んでいる状況がうかがえる結果」と分析した。
 業種別に見ると、引き上げは製造業と卸売・小売が50%余り、観光・サービスが60%余り、建設が80%余り。いずれの業種も、引き上げ理由の上位2位に「雇用維持」「労働力の確保」の両方が入った。
 上位3位は「物価の動向」(製造)、「世間相場を考慮」(建設)、「労使関係の安定」(卸売・小売)とばらつきがあった。観光・サービスは「企業の業績を考慮」と「物価の動向」が同率3位で、コロナ禍で低迷した状況から一部回復したとみられる。

カラス集まる清水地区 総個体数を調査 大館自然の会

2024-02-21
NEW
木の枝や電線に集結するカラスを数える会員(大館市清水地区)
 大館自然の会(大里良平代表)は18日、カラスの飛来が相次ぐ大館市清水地区周辺で総個体数調査を行った。3月初旬までに報告書をまとめ、市に提出する予定。
 調査は2006年から市の委託を受け実施している。今月5日は生ごみ収集時に群がるカラスの生息数を数え、今回は夕方以降に大群が集結する冬ねぐらの近くで総数を調べた。
 商業施設や飲食店、大学などが並ぶ同地区は近年、1日に2000羽近くが街路樹や電線、建物の屋上に集まる。鳴き声やふんが日常生活を害し、不気味に乱舞する姿が景観を悪くしている。
 この日は会員が地区を取り囲むように12カ所に分かれ、午後3時半ごろから2時間余り目視でカラスを確認した。大里代表は「夜にねぐらを形成している。比内や田代方面からも飛んできて集まっているようだ」と話した。市に提出する報告書は今後の施策やまちづくりに役立ててもらう。

デジタル血統書導入へ 秋田犬保存会 3月から紙と併用 偽造防止と利便性向上

2024-02-20
デジタル血統書の仕組みを説明する庄司事務局長(秋田犬会館)
 大館市に本部を置く秋田犬保存会(遠藤敬会長)は、改ざん不可能なデジタル技術を活用した「デジタル血統書」を3月1日から発行する。海外で秋田犬人気が高まる中、血統書の偽造防止や利便性向上に役立てたい考え。
 秋田犬のデジタル血統書は、IT企業の「メタ秋田」(秋田市)と「エアルーム」(米国)の2社が共同開発した。19日に秋田犬会館でオンラインの会見を開いて発表した。
 血統書は産地や所有者名などを保存会が証明、発行する書面。譲渡や展覧会出陳に必要で、これまでは紙で年間約3500通を発行してきた。
 近年は会員約3000人(2023年)のうち、海外が2割近くを占め、血統書の紛失や配送コストの負担が課題になっていた。書面の偽造や飼い主のなりすましといった被害も数十件発生。今後も海外の会員や頭数の増加が予想され、対策が求められていた。
 発表によると、改ざん不可能なブロックチェーンと呼ばれる技術の中でも、最新の分散型情報管理システム「DID/VC」を用いることでより情報の秘匿性や安全性、利便性が高まる。登録から2週間以上かかっていた海外配送に代わり、電子メールやスマートフォンのアプリケーションを使い短時間で済むようになる。
 デジタル血統書は犬以外の動物で実用化されているが、DID/VCを活用したのは秋田犬が世界初という。
 メタ社の赤坂祐貴社長は「秋田の創生に一役買っていきたい」と述べた。保存会の庄司有希事務局長は「グローバル(世界中)で秋田犬を愛してもらうためのものになる」と期待した。
 紙の血統書はこれまで通り発行し、デジタルと併用する。デジタルの発行手数料は3月から1年間無料。

冬の阿仁合 幻想的な光 スノーキャンドルストリート 雪運び入れ像製作

2024-02-20
 北秋田市阿仁合地区の冬季イベント「スノーキャンドルストリートinあに」が17日夜、秋田内陸線阿仁合駅周辺で開かれた。雪不足のため市内から運び入れた雪で、子どもたちが個性豊かな雪像を制作。ろうそくの幻想的な光が街を彩り、訪れた人を楽しませた。
 地域活性化に取り組む団体や住民有志でつくる実行委員会(福森卓委員長)が冬の街に、にぎわいを生み出そうと毎年開催し18回目。阿仁合地区の冬を代表するイベントとして定着している。秋田地方気象台によると、17日の阿仁合地区の積雪は約30センチ。平年の4分の1程度しかなく、前日からトラックで雪を運び入れて雪像「スノーマウンテン」用の雪を用意した。
 この日は風がない穏やかな天候で、午後6時前に実行委員らがろうそくに火をともした。沿道や広場には住民やボランティアが作ったミニかまくらや紙コップで作ったキャンドルなど約1500の光が街を彩り、幻想的な雰囲気に包まれた。
 毎年恒例のスノーマウンテンは、合川、森吉、阿仁中学校と義務教育学校阿仁学園、阿仁合保育園、秋田内陸縦貫鉄道が6基を制作。園児が絵を描いたキャンドルを飾ったほか、大きな招き猫の雪像もあり、親子連れが「すごい」「きれいだね」と話しながら眺めていた。
 イルミネーションが点灯された異人館では、市内外のシンガー・ソングライターなどがライブを開催。フードコーナーでは地元の食堂が作るギョーザや、焼き芋、うどんなどの温かい食事が提供され、多くの人でにぎわった。花火も打ち上げられ、冬の空を彩った。
市内の中学生らが作ったスノーマウンテン(秋田内陸線阿仁合駅前)
約1500の光が街を彩ったスノーキャンドルストリート(阿仁庁舎前)

2024年1月

外国人労働者 採用理由は「人手不足」 鹿角振興局 「社長会議」で意見交換

2024-01-30
外国人労働者をテーマに開かれた社長会議(鹿角市茅茹荘)
 県鹿角地域振興局の「社長会議」が29日、鹿角市花輪の茅茹荘で開かれ、「外国人労働者の受け入れ」をテーマに意見交換した。外国人を雇用している会社の役員は、採用理由として「日本人の人手不足」を一番に挙げた。課題としては、日本語が通じない、居住環境に費用がかかるなどの指摘があった。
 経営者と意見交換する場として毎年開いている。本年度のテーマは「外国人労働者の雇用を図る企業の現状と課題、今後の展望」。外国人を雇用している5事業所から社長など役員6人が出席。振興局の大森範孝・総務企画部長が会議を進行した。
 県産業労働部雇用労働政策課の永須厚子政策監が現状と県の取り組みを説明。外国人を雇用する県内事業所は年々増加し、2018年は431社1953人だったのが、22年は605社2498人となっている。
 産業別では製造業が最も多く、179社991人。このうち、繊維関連は88社529人となっている。介護事業は74社181人。国籍別の労働者数はベトナム、フィリピン、中国、インドネシア、ネパールの順となる。鹿角地域は22年10月末現在で27社が75人を雇用している。
 採用理由について出席者からは、「日本人を募集しても集まらない」と人手不足を挙げる意見が多かった。言葉の問題では、「ベトナムから採用した人たちはレベルが高く、日本語は通じる」という事業所がある一方で「ほとんど通じない。再教育するとなると経費がかかる」との意見があった。課題として挙げられたのが住居で、居住環境を整えるには予想以上に経費がかかるとの指摘があった。
 賃金面では、退職して東京や大阪方面に職場を変えるケースも。また、冬が寒くて暖かい地域の会社に就職した人もいた。賃金や居住面で国、県の助成制度を要望する意見もあった。

将来の介護サービス供給 大館市 需要増も人材不足 集約、拠点化で効率的に

2024-01-29
 大館市は、将来の介護サービス供給体制の調査分析について中間報告をまとめた。慢性期医療や介護が必要となる90歳以上の人口が増加傾向にあり、2040年までに療養病床・介護施設は約1割、在宅医療は約2割の需要増を想定。一方で人材不足が深刻化しているため、効率的な慢性期・介護や自立支援が重要として、高齢者向け住宅や施設などを集約した拠点を複数地区で分散配置することを検討する。
 長寿課によると、同市は全国と比較して少子高齢化が進み、65歳以上もすでに減少傾向にある。人口は45年までに約4割減り、およそ2人に1人が高齢者になる見込みだが、年齢層別では90歳以上が増加。慢性期医療や介護(施設系)、在宅医療の需要は40年まで右肩上がりで高まり、その後減少に転じると想定している。
 訪問診療の施設数や、1施設あたりの実施件数は全国・県平均に比べて少ない。患者が点在する地理的特性から移動に時間を要することが要因とみられる。収益性が低いため、すでに訪問介護・看護事業者は一部撤退しており、「在宅医療の強化は困難な可能性が高い。需要増に対し新たなサービスで対応せざるを得ない」と分析した。
 市と周辺の医療機関で、慢性期病床の利用率と介護施設の入所割合は100%に近く、「今以上の受け入れは困難」として「需要増に伴う施設新設が必要」と指摘。
 ただ、介護施設の聞き取りから、看護師を含め人材不足が喫緊の課題と判明。今後の人口減少でさらに加速することが想定されている。
 35年時点で1割程度増える需要に対し、看護師・介護士は約670人不足と推計。少ない人材でサービスを提供するためには「効率的な慢性期・介護」や「自立支援」の視点が将来を検討する上で重要との見方を示した。
 介護施設は療養病床に比べて必要な看護師数が少なく、「専門職の有効活用という観点から慢性期病床ではなく、介護施設の拡充を優先すべき」と考察。慢性期病院に現在入院している患者の1、2割程度は介護施設側の受け入れ体制不足や家族の意向が要因とし、「体制が整えば介護施設でも受け入れ可能」という。
 効率的な慢性期・介護や自立支援に向け、現場から「集約化したサービスを提供せざるを得ない」との共通意見があり、生活基盤・高齢者住宅・介護施設・診療所を集約的に提供する拠点を、中学校区単位で展開する「分散型『小さな拠点』整備」があるべき姿の一案として検討する。
 最終報告は3月までにまとめ、年度内に策定する第9期介護保険事業計画・高齢者福祉計画にも反映させる。

鳳凰山に「冷風穴」 秋田北部研究会 中腹の登山道沿いに 「松峰」以来8年ぶり発見

2024-01-29
鳳凰山の中腹で確認された「冷風穴」(秋田北部風穴研究会提供)
 大館市の鳳凰山(標高520㍍)の中腹に、文献には記録のない「風穴」が存在することが分かった。有志で作る秋田北部風穴研究会(鳥潟幸男代表)が情報を基に現地でデータを収集し、夏に冷気を吹き出す「冷風穴」だと判明した。同市で新たな風穴の発見がデータで裏付けられたのは、2016年の「松峰風穴」以来、約8年ぶり。
 研究会によると、会員の山内常代さんが鳳凰山を登山した際、登山道沿いで冷気が出ている場所があるのに気付いた。2015年8月、鳥潟代表と2人で現地へ足を運び、岩くずが積み重なったガレ場の隙間から冷気が出ているのを確認した。
 風穴の可能性があるため、温度計と、1時間ごとに温度を記録できる装置を設置。21年8月から23年9月まで2年間にわたってデータを収集した。
 調査の結果、21年9月~22年8月の冷気の平均温度は4・0度、22年9月~23年8月の平均温度は4・1度だった。外気温の平均よりも7度以上低かった。標高を考慮しても明らかに低く、夏に周辺よりも冷たい空気を吹き出す「冷風穴」だと断定した。
 風穴の場所は標高340㍍地点で、駒形の大文字の2画目よりやや下方の登山道沿い。鳥潟代表は「登山中の隠れたクールスポットとしても親しまれそう。場所もとても良い」と話す。
 このほか、田代地域の4カ所で風穴だと裏付けるためのデータ収集を進めており、鳳凰山のほかの場所でも新たな情報があるという。「大館では身近な至る所に風穴が分布していることが明らかになってきており、学術的な価値がある。今後さらに調査を進めていきたい」としている。

モルックなど盛り上がる 十和田地域づくり協 雪不足で屋内開催も 雪に親しむレク

2024-01-29
モルックを楽しむ子どもたち(十和田市民センター体育場)
 冬場の市民の交流や体力増進を図る「雪に親しむレクリエーション」が28日、鹿角市の十和田市民センター体育場で行われた。雪不足のため同センター前広場から会場を屋内に変更し、内容も一部変えた。子どもから高齢者まで約150人が参加し、モルックや綱引きなどの競技を楽しんだ。
 十和田地域づくり協議会(中村隆俊会長)の主催。競技主体だった十和田地区の市民スキー大会を、十数年前からレクリエーション主体に変えて開いてきた。
 例年は積雪数十㌢の屋外広場での雪だるま作り、雪上のカルタ、綱引き各大会、宝さがしなどを行っている。しかし、現在の積雪は数㌢であるため、雪だるま作りをモルックに変更したほか、その他の競技も屋内で実施した。
 このうち、モルックは老若男女問わずみんなが楽しめるユニバーサルスポーツ。モルック(棒)を投げて木製のスキットル(ピン)を倒すゲームで、普及が進んでいる。
 小学生、一般(中学生以上)、親子の3部門に計26チームがエントリーした。1チーム3人以内とし、トーナメント戦で熱戦を展開。狙い通りにスキットルを倒すと歓声が沸き起こり、大きな盛り上がりを見せていた。
 中村会長は「雪が解けて屋内開催になったが、モルックは小さい子どもたちにも喜んでもらったので良かった」と話していた。
 結果は次の通り。
 【モルック競技】
 ▽小学生 ①ぼくたち年男。②寺ノ上キッズB③デコピン。
 ▽一般 ①勇気と自信2②陣場B③陣場A
 ▽親子 ①ゆきばか♥族②あやめファミリー③カワムラ
 【カルタ大会】
 ▽幼児 ①平野幸希②川村央翔③大里柊花
 ▽小学生低学年 ①川村咲彩②岩泉凛空③生田天晴
 ▽同高学年 ①髙瀬駿介②田村琉惺③生田大洋
 ▽一般 ①成田孝寛②児玉重則③髙田美香子
 【綱引き大会】
 ▽小学生 ①コーガンズⅡ②雪男。③君の縄。
 ▽一般 ①三ノ丸,S②おっさんず。ウブ♥③陣場チーム

40回の節目、催し多彩に 比内とりの市が開幕 きょうまで 食べる、見る、買う、遊ぶ

2024-01-28
コケコッコーと声を響かせる園児たち(比内体育館前)
 大館市比内町の冬の祭典・第40回「比内とりの市」が27日、比内体育館前の駐車場、すぱーく比内で開幕した。節目の開催にかやき鍋の無料提供(数量限定)、記念品がもらえるスタンプラリーなど多彩な企画を用意。千羽焼きやかやき鍋など比内地鶏を中心としたメニューも販売され、穏やかな天気の下、市内外から訪れた多くの人でにぎわいを見せた。28日まで。
 比内とりの市実行委員会(山本隆仁委員長)主催。特産の比内地鶏のアピールや地域活性化を狙いに1985年、地元農家の若者たちが中心となり始まった。4柱の神々を迎えて、五穀豊穣(ほうじょう)、商売繁盛、全ての食鳥の供養などを願い毎年開く。「食べる、見る、買う、遊ぶ」をテーマに比内地鶏の千羽焼きや焼き鳥に加えて、きりたんぽなど地元グルメを楽しむことができる。山本委員長は「節目の開催を迎えられたのも来てくれる人がいるからこそ。日本三大地鶏の比内地鶏のグルメを味わってもらいたい」と話した。
 新型コロナウイルスの影響で2021、22年はイベントを中止。食鳥の霊に感謝して供養する神事などを行い、回数を重ねた。40回目の記念にかやき鍋の無料提供(両日とも100杯)、比内地鶏のグルメを食べて缶バッチがもらえるスタンプラリーなどを企画。2日間で2万人の来場を見込む。
 初日の27日は午前中、青空がのぞき、地元グルメや催しを楽しもうと市内外から多くの人が訪れた。ステージで地元児童による踊りや伝統芸能が披露された。「コケコッコー」と鳴き声の長さを競う「人間比内鶏永唱」では扇田保育園、扇田こども園の園児約40人が参加。比内地鶏をイメージした面や段ボールで作った翼を身に着けて登壇し、口を大きく開けて場内に声を響かせていた。
 最終日は午前9時から午後4時まで。ステージでハッタギ踊り太鼓、よさこい演舞、民謡ショー、ダックスムーンコンサート、恒例の比内地鶏卵キャッチや新春餅まきも行う。比内支所と会場を結ぶシャトルバスが午前9時半から10分おきに運行する。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る