主催事業

地域に息づく情報を、地域の人々に。

北鹿新聞社では、4つの主催事業を行っています。昭和の時代にスタートした「360歳野球」「北鹿中学校新人野球大会」「県北5支部対抗将棋大会」、そして平成に入ってからの「北鹿川柳」の4つです。

今では地域の“顔”として定着し、毎回多くの市民に参加していただき、楽しんでいただいています。

 

北鹿新聞社伝統の主催事業

4つの主催行事

360歳野球
360歳野球
大人の男たちが童心に帰る、
北鹿の真夏の球宴

「健康・社交・競技」をモットーに、昭和26年にスタートした野球大会。40歳以上の“若者”であれば参加OK。戦後の混乱と疲弊の中で、野球好きが集まって立ち上げ、以来半世紀以上も続いているイベントです。
北鹿中学校新人野球大会
北鹿中学校新人野球大会
1、2年生のチームが戦力を占う、
人気のビッグ大会。

大館樹海ドームと共催の野球大会。1、2年生だけで編成したチームで公式戦を行います。翌年度のチーム作りに備え、各校の戦力を伺う、いわば瀬踏み戦として大いに盛り上がる大会です。
県北5支部対抗将棋大会
県北地区支部対抗将棋大会
盤上で火花を散らす、
静かなる熱いたたかい。
昭和54年に大館、県北、鹿角、3支部対抗大会としてスタート。58年の5回大会から能代支部が加わりました。現在は二ツ井、比内を加えた6支部が対戦します。
 
北鹿川柳
北鹿川柳
投句は毎月500句超。川柳で
ユーモアのある街づくり。

「川柳わらべの会」の協力を得て、平成7年にスタート。管内6カ所に投句箱を設置し、広く読者の作品を募集しています。毎月、高点句を月間賞に選び、また年間賞も選考。審査員がうれしい悲鳴を上げるほどに普及したイベントです。
 
 
 
■事業後援のお申し込みについて
北鹿新聞社では、秋田県北地域の活性化に寄与するため、
同エリア内のイベント・各種行事等への支援協力として、主催者からの申請を受けて
共催・後援・協賛などを行っています。
 
事業への共催・後援・協賛に際しては、予め申請が必要になります。
下記の後援申請書に必要項目をご記入いただいた後、FAXまたはメールに添付して
お申し込みください。

後援申請書(2017-09-19・1015KB)

後援申込 メール
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*