本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

2021年10月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

十和田湖が錦秋 湖畔の紅葉見頃 鹿角

2021-10-25
カヌー上から見る十和田湖の紅葉(十和田湖よどの岬の周辺)
 小坂町と青森県境の十和田湖は、湖畔一帯の紅葉が見頃を迎えている。赤や黄色に染まった木々の葉が山肌を彩り、観光客の目を楽しませている。
 青空の広がった24日、小坂町側の西湖畔を訪れた人たちは、赤や黄色など鮮やかに彩られた山並みを一望して、カメラのシャッターを切っていた。
 友人2人で訪れた40代の女性=大館市=は「初めて十和田湖の西湖畔に来た。八甲田の雪と外輪山の紅葉がきれい」と見入っていた。
 町の十和田ふるさとセンターを指定管理する「十和田湖西湖岸地域開発合同会社」によると、十和田湖の紅葉は平年並みに進んでいる。十和田湖畔と名所の奥入瀬渓流が見頃を迎えており、11月初めごろまで楽しめるという。
 カヌー体験を行っている同社の川又伸文さんは「西湖畔の水底の緑色凝灰岩(グリーンタフ)の影響でエメラルドグリーンに見える湖水と紅葉を楽しんでほしい。カヌーで湖上から眺める紅葉は格別」と話していた。

投票率の行方に注目 前回60・57% 選挙戦折り返し後半へ

2021-10-24
 19日公示、31日投開票の衆院選は24日で6日目を迎え、選挙戦の折り返し地点に差し掛かった。2区は自民党前職の金田勝年氏(72)、立憲民主党前職(比例東北)の緑川貴士氏(36)が一騎打ちを展開。北鹿地方でも連日遊説が行われ、選挙戦が激しさを増す中で投票率の行方にも注目が集まっている。
 4年ぶりの政権選択選挙となり、新型コロナウイルスへの対応や経済を立て直す成長戦略、安全保障政策の在り方、9年近く続いた安倍・菅政権の政治姿勢などが争点に挙げられている。
 金田候補は初日に大館市で第一声を上げ、北秋田市や藤里町、小坂町、能代市、鹿角市を遊説。街頭演説に力を入れ、22日は自民党の二階俊博前幹事長が大館を訪れ、応援演説を行った。フェイスブックをこまめに更新するなど会員制交流サイト(SNS)を活用して支持を訴えている。
 緑川候補も初日は事務所のある大館市で第一声。これまでに北秋田市や、能代市、藤里町、三種町を訪れた。23日は大票田となる大館市を回った。街頭演説よりも地域をこまめに回ることに徹し、有権者から困り事を聞き取るなど、対話を重視しながら支持拡大に努めている。
 平成に入ってからの本県投票率の推移をみると、上昇したのは、第1次森内閣でのいわゆる「神の国解散」による第42回(2000年6月)が前回比2・83㌽上昇の70・13%となったほか、「郵政民営化の是非」を最大の争点に有権者の関心が高まった第44回(05年9月)は、第43回を3・86㌽上回る70・60%。「政権選択」が問われ、結果的に民主党が大勝した第45回(09年8月)は73・27%を記録している。
 前回(17年10月)は、安倍政権の5年間の評価などを主な争点に行われた。師走の選挙などが影響して最低値を記録した前々回(14年12月)と比べると、4・79㌽高くなった。公職選挙法の改正に伴い、選挙権が18歳以上に引き上げられて2回目の衆院選となり、投票率の低下が指摘される若年層の動きも注目される。

北秋田 くまくま園でハロウィーン ヒグマの食事姿を観察

2021-10-24
ガラス越しに間近でヒグマの姿を観察する来場者(くまくま園)
 北秋田市の阿仁熊牧場「くまくま園」で23日、ハロウィーンイベントが始まった。来場者が普段は見ることのできないヒグマの食事姿などを楽しんだ。11月3日まで。
 今季の営業を終了する前に毎年開催しているイベント。冬眠前に餌を食べるヒグマの姿を観察できる「もぐもぐタイム」を企画し、期間中の土日祝日午後1時ごろから行っている。
 イベント初日のもぐもぐタイムにはサザエ、フネ、ケイコ、サチコと名付けられた雌4頭が参加し、運動場内にはリンゴやナスが置かれた。ヒグマはおりから運動場に入ると、地面などに置いたリンゴに引き寄せられるように来場者が集まるガラス張りの通路付近へやってきた。ガラス越しに間近で観察でき、巨大なヒグマの体やリンゴを食べる様子に子どもたちが「すごい」と声を上げていた。
 同園では期間中、来園した幼児から中学生に受付でお菓子をプレゼントする。宝探しも毎日開催し、園内に隠されたカードを見つけた人にはお菓子か、1日3個限定の缶バッジをプレゼントする。

秋季東北高校野球 桂桜、先制も逆転負け 好機であと1本出ず

2021-10-24
3回、1死二塁から先制の二塁適時打を放つ石倉(仙台市民球場)
 第3日の23日は、宮城県の石巻市民、仙台市民両球場で準々決勝を行った。北鹿から唯一出場した大館桂桜(本県第2代表)は八戸工大一(青森県第2代表)と対戦。先制点を奪って序盤を優位に進めたものの、逆転負けを喫して4強入りはならなかった。能代松陽も敗れ、この日までで県勢3校は総敗退した。

 ◇準々決勝
     【仙台市民球場】
大館桂桜
  001010000 2
  00000302× 5
八戸工大一

 ▽三塁打=福田(大)、廣野(八)
 ▽二塁打=石倉(大)
 ▽暴投=桂桜3
 攻守がかみ合った桂桜は先制点を奪い、5回まで優位に立ったが、6回に逆転を許してそのまま押し切られた。
 桂桜は3回、無死から高清水が四球で出塁。髙橋が犠打で送って1死二塁の好機を作り、石倉が左翼線に適時2塁打を放って先制点を挙げた。5回には2死二塁から福田の右中間を破る適時三塁打で2点目を追加した。
 投げては主戦の福田が5回までに5奪三振、無失点の好投。1、4回以外は二塁を踏ませることなく、中盤まで優位な展開が続いた。しかし6回、1死から連打と四球で満塁のピンチを迎えると押し出しと適時打で3点を失い、逆転を許した。
 反撃に出たい桂桜は、8回に1死2塁と一打同点の場面をつくるも後が続かず逸機。その裏2点を追加され万事休した。
 桂桜・高谷勉監督の話 前半はイメージ通りに試合できた。福田に疲れが出たところを突かれた印象。2点は取れたが、もう1本ほしかった。

「古希」祝い飛躍誓う 市制施行70周年 大館市が記念式典 行政協力員らを表彰

2021-10-23
表彰などが行われた記念式典(ほくしか鹿鳴ホール)
 大館市の市制施行70周年記念式典が22日、ほくしか鹿鳴ホールで行われた。関係者約330人が出席。市功労者や行政協力員の表彰、市出身者が寄贈した弦楽器による記念演奏会が開かれ、合併を経て県北の中核となった市の〝古希〟を祝うとともに一層の飛躍を誓い合った。
 式典で福原淳嗣市長は「日本最小の市として産声を上げ、市制施行後だけでも4回にわたる大火に見舞われたほか、度重なる水害など多くの災害を経験してきた。高度経済成長が後押しとなった宅地開発の進展と市街地拡大を遂げる一方、空前の黒鉱ブームに代表される鉱山や農林業の発展と衰退の双方を味わうなど、まさに激動の時代だった」と振り返り、「近年は人口減社会に立ち向かうため、地域間連携による交流人口の拡大を進めてきた」と強調。「輝ける未来に向け、市民が新たな一歩を踏み出す出発点として記念すべき年。限りない発展と飛躍に全力を注ぐ」と式辞を述べた。
 藤原明市議会議長のあいさつに続き、元市議の佐藤健一さん(岩瀬)ら市功労者5人を表彰。受賞者を代表し、市文化財保護協会長の清野宏隆さん(片山町)が「市に貢献できた喜びをかみしめている。地域のさらなる発展を願い、これからも微力ながら協力したい」と謝辞を述べた。
 行政協力員の特別表彰1人、永年勤続表彰27人の功績をたたえた後、来賓3人が祝辞。このうち神部秀行副知事は「県北部の中核都市として移りゆく時代の潮流にしっかりと対応し、古き良き伝統や文化を地域の宝として継承しながら、市民が安心して暮らせる地域社会を築いてほしい」と期待を寄せた。出席者全員で市民歌も斉唱した。
 記念演奏会は、仙台フィルハーモニー管弦楽団で第2バイオリン副首席奏者の小川有紀子さんが主宰する「ハナミズキ室内合奏団」が弦楽器四重奏を披露。市出身のバイオリン製作家、松田鉄雄さん=米シカゴ在住=が市に寄贈したバイオリン2本とビオラ、チェロが使用された。
 大館市は1951(昭和26)年、大館町と釈迦内村が合併し、人口3万56人の日本一小さな市として誕生した。55年3月1日に長木・上川沿・下川沿・二井田・真中の5村、同31日に十二所町を編入。67年には花矢町、2005年に比内町と田代町を編入合併した。今月1日時点の人口は6万9544人。

2021年9月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

都市計画道路 変更・廃止候補21区間 大館市が見直し案 10月に意見公募、説明会

2021-09-30
 大館市は、都市計画道路の見直し案を作成した。整備されていない28路線31区間の必要性と実現性を検討した結果、存続候補は10区間、変更候補1区間、廃止候補20区間としている。国、県との協議も完了しており、10月15日からパブリックコメント(意見公募)を行うほか、同21日から3カ所で住民向けの個別説明会を開く。
 都市計画道路は住宅地や交通機関、公園をつなぐなど都市の骨格を形成する。都市計画法に基づいてルートや幅員が決定され、市町村道から県道、国道まで対象となる。
 市の道路網は1950年、区画整理事業を展開している御成町の「大館中央線」を皮切りに計画決定。起・終点や延長の変更、合併などに伴う変更を経て、現在は大館地域25、比内地域9の計34路線88・57㌔となっている。このうち6路線が整備済み、28路線に未整備区間がある。整備率は61・5%。
 決定から長期間が経過し、社会経済情勢や都市を取り巻く環境も変化している。特に国道103号バイパスや市道有浦東台線(東バイパス)、秋田自動車道の開通で環状道路網の整備が進んだ。このため都市計画道路の必要性を検証することが求められ、2018年度に見直しに着手した。
 将来交通量推計で整備の必要性が低いと評価された廃止候補は、大館地域の「本郷土目内線」「前田大森線」「中道有浦線の一部」「城西小柄沢線の一部」など、比内地域の「西通線」「南通線」「学校通線の一部」など。道路がある路線は廃止後も現状通り利用できるほか、必要があれば改良や整備を行う。
 変更候補は大館駅東大館線の一部。計画通りに整備を進める存続候補は▽立花桂城線の一部▽大館線▽大館中央線の一部▽比内中央線▽荒又線―などとしている。
 見直し案は近く市ホームページに掲載する。パブリックコメントは10月15日から11月1日まで。説明会は花岡公民館(10月21日午後1~8時)と比内総合支所(23日午前9時30分~午後4時、29日午後1~8時)、中央公民館(24日午前9時30分~午後4時、28日午後1~8時)で開き、年度内の都市計画決定・告示を目指す。問い合わせは都市計画課(☎0186・43・7082)。

北鹿4団体連携 縄文スイーツ開発 世界遺産登録を記念

2021-09-30
世界文化遺産に登録された縄文遺跡をモチーフに開発された「ラノウ ドゥ ジョウモン(縄文の環)」
 世界文化遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」を構成する、大湯環状列石(鹿角市)、伊勢堂岱遺跡(北秋田市)の特徴であるストーンサークルをモチーフにしたスイーツが開発された。フランス由来の菓子、フィナンシェの生地をベースにした焼きドーナツで、縄文時代に食べたと考えられるクルミ、クリ、ばっけみそなど6種類。来月2、3両日、秋田市で先行販売される。
 観光地域づくり法人・秋田犬ツーリズム、かづの観光物産公社DMO推進室、秋田内陸縦貫鉄道、「やってみよう!北秋田」(北秋田地域素材活用推進協議会)の4者が、連携して、主にお土産用に開発。鹿角市の石川菓子店と北秋田市のふみきり野Cafeが共同でレシピを作り、当面は石川菓子店が製造、販売する。パッケージデザインは、北秋田市の成文社が担当した。
 名前は、フランス語の「ラノウ ドゥ ジョウモン」。「縄文の環」という神秘的な意味合いがあり、高級感とスタイリッシュな雰囲気を持ち、「他の人に贈りたくなる」ような洋菓子を目指した。 
 2遺跡合わせて六つのサークルがあることから、焼きドーナツは6個入り。クルミ、クリ、バッケみそ、小豆、ヨモギ、山ブドウの6種類で、表面はストーンサークルの「石」を感じてもらえるように工夫した。
 商品開発の記者会見が29日、鹿角市花輪の道の駅かづの「あんとらあ」で開かれ、秋田犬ツーリズムの富樫照幸専務は「起爆剤とするため、4者連携で開発した」と経緯を説明。石川菓子店の石川智啓さん(29)は、「焼き菓子は少ないので、差別化を図りたかった。食材を感じることができ、甘くて濃厚な味になっている」と話した。
 販売価格は6個入り、980円。来月2、3の両日、秋田市のJR秋田駅ぽぽろーどで先行販売する。同9日からは北秋田市の秋田内陸線阿仁合駅と鷹巣駅、鹿角市の道の駅あんとらあ、道の駅おおゆで販売する。

たばこ あすから値上げ 2年連続 20~50円 増税に喫煙者ら悲鳴

2021-09-30
価格改定を示す張り紙を掲示する自動販売機(笹木商店)
 たばこ税の増税等に伴い、たばこメーカー各社は紙巻きたばこ、加熱式たばこなどの商品を10月1日から値上げする。対象商品は日本たばこ産業(JT)の224銘柄、フィリップモリスジャパン(PMJ)の118銘柄、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BATJ)の127銘柄などに及ぶ。上げ幅は1箱20本入りで、20~50円が中心。2年連続の値上がりに喫煙者と販売店から悲嘆の声が聞かれる。
 たばこ税の段階的な増税に伴う措置で、前年に続く2年連続の値上げ。たばこ1本当たり1円、20本入り1箱で20円の増税となるが、小売定価はさらに引き上げられる。JTによると、販売数量の減少に伴うコストの上昇などを踏まえ「増税分以上の定価改定を行う」としている。
 代表的な銘柄では、JTの紙巻きたばこ「メビウス」の主要銘柄が現行540円から580円に、「セブンスター」は560円から600円となる。加熱式の「メビウス・プルーム・テック」は各銘柄を540円から570円に値上げする。
 PMJの「マールボロ」は38種類を30円値上げ。「ラーク」28種類のうち24種類を40円引き上げる。BATJは「ケント」の主要銘柄を20円値上げする。
 大館市内のコンビニエンスストアでは駆け込み需要が顕著。店員によると「店頭に在庫がない銘柄は9月までに予約して後で受け取る人が多い。3、4カートンのまとめ買いは当たり前」と話す。
 喫煙者の30代男性は「分煙は叫ばれているが、増税に加えて吸える場所が減ってつらい。値上げのたびにたばこ税はどこに使われているのかと思う。誰にも迷惑を掛けずに喫煙できる場所がほしい」と語った。
 大館たばこ販売協同組合(笹木金彦理事長)によると、市内の主な加盟店では価格改定を周知する張り紙を店頭や自動販売機に掲示している。
 笹木理事長が経営する大館市岩瀬の「笹木商店」では、駆け込み需要を見込んで9月の仕入れ額を1・5倍に増やした。20日過ぎから2、3カートンまとめ買いする客が訪れたという。
 笹木理事長は「400円台の安いたばこも100円近く値上がりする。昨年の値上げで低価格の商品に流れた人も今回でやめてしまうのではないか。仕入れ値が上がり、販売側も厳しくなる一方だ」と肩を落とした。

総合病院 分娩件数は目標達成 扇田は訪問診療大幅増 大館市病院事業改革プラン 20年度実績・評価

2021-09-29
 大館市は、病院事業経営改革プランの点検・評価報告(2020年度実績)をまとめた。コロナ禍で診療や経営面に影響を受け、複数の項目で前年度を下回る評価となったが、総合病院は分娩(ぶんべん)件数などで目標を達成し、地域救命救急センター設置に向けた取り組みを開始した。扇田病院は訪問診療・看護の件数が増加し、人間ドック・企業健診などで目標を達成した。計画期間最終年度の経常損益の黒字化を目指していたが、達成はならなかった。
 改革プランは、地域に必要な医療の安定提供と健全な事業運営を目的に、17~20年度の4年間を期間に策定。年度ごとに点検・評価を行っている。目標値に対する実績評価を3段階で行った。
 総合病院の取り組み評価でAとなった項目は、「急性期医療の提供」や「周産期母子医療センターとしての取り組み」など。心臓カテーテル治療などが可能となる地域救急救命センターの設置に向けて、高度医療機器を整備した。18年10月から鹿角地域の住民の出産受け入れにも対応し、20年度の分娩件数は515件。前年度から78件減少したものの目標を上回った。
 扇田病院は「在宅医療の充実」などがA評価。20年度の訪問診療・看護2270件。有料老人ホーム入所者へ訪問診療を開始し、前年度比983件増加した。在宅みとりは30件で、同24件増。人間ドック・企業健診は1708人、企業予防接種は1665人で、前年度、目標値とも上回った。
 総合病院(375床)の1日当たり入院患者数は急性期197人、地域包括ケア病棟39人。急性期はコロナ禍の入院制限などで、前年度から23人減少。地域包括ケア病棟は利用促進に努め、前年度と同数だった。病床利用率は62・9%で、目標を下回った。1日当たり外来患者数は933人で、前年度比61人減。入院(急性期、地域包括ケア)診療単価、外来診療単価は目標を上回った。
 扇田病院(104床)の1日当たり入院患者数は一般病棟(62床)が33人、20年から一般病棟22床を受け入れ制限したことやコロナ禍で他医療機関からの転院受け入れ減少で、前年比13人減となった。療養病床(42床)は32人で、前年比4人減。病床利用率は一般53・6%、療養75%で目標を下回った。1日当たり外来患者数は112人で、前年度比7人減。入院診療単価(一般)、外来診療単価は目標を上回った。
 収支目標では、総合病院が患者数減少などで4億2100万円、扇田病院が入院収入減額などで3500万円の純損失となり、計画最終年度の黒字化は達成できなかった。
 病院事務局が9月定例議会厚生常任委員会に報告。病院ホームページでの公表を予定している。

田代平に広葉樹700本 鹿角市漁協「植樹祭」 大湯小の5年生も汗 魚が暮らしやすい川に

2021-09-29
広葉樹の苗木を植える児童(十和田大湯田代平)
 鹿角市河川漁業協同組合(宮野和秀組合長)は28日、大湯川上流域に位置する同市十和田大湯田代平の牧場跡地で植樹祭を行った。小学生を含む約60人が参加し、「魚の暮らしやすい川づくり」をテーマに広葉樹の苗木700本を植え付け、流域の環境保全や環境改善に汗を流した。
 植樹祭は20年ほど前から関係機関・団体と連携しながら各地で開催している。田代平では十数年前から行い、これまで約9000本の広葉樹を植えてきた。県の「水と緑の森づくり税」を活用。
 会場は佐藤牧場から提供を受けた。旧大湯小田代冬季分校から数百㍍離れた荒野で、数年前まで牧場として使用されていた。
 漁協や米代東部森林管理署、各協力事業所などの関係者に加え、大湯小5年生23人がふるさと学習の一環で参加。爽やかな秋晴れとなる中、50アールの区画にくわなどを使いながらベニヤマザクラ、ヤマザクラ、ブナの苗木を丁寧に植え付けた。
 大湯小5年の石井唯純(ゆいと)さんは「苗がしっかりと大きく育ってほしいと思いながら植えた。川とつながっている海の環境も良くなってほしい」と話した。
 宮野組合長は「田代平周辺の河川にはオショロコマ系のイワナなど貴重な魚がいる。そうした魚や自然環境を守るため植樹などに取り組んできた。今後も場所を変えながら続けていきたい」と協力を呼び掛けた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る