本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

2021年9月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「かづの北限の桃」台湾へ 詩の国秋田 1玉1500円、完売も

2021-09-17
「北限の桃」を手に取る買い物客(台北市)(写真提供・詩の国秋田)
 秋田市の地域商社「詩の国秋田」(伊藤晋宏社長)が、「かづの北限の桃」の台湾への輸出を開始した。台湾での市場調査を行い、来年度以降の継続的な輸出を目指している。
 同社は秋田銀行が今年4月に出資して設立した地域商社で、県内の1次産品や加工品などの販路拡大に取り組んでいる。同社が輸出を手がけるのは今回が初めて。
 「かづの北限の桃」は全国のモモ産地では最も遅い9月に出荷される。同社によると台湾では日本産の評価が高く、鹿角市の認知度を上げて継続的に販売する予定。
 10日から12日まで鹿角市産の「川中島白桃」310㌔が台北市などの百貨店3店舗で販売された。台湾の秋の節句「中秋節」の贈答用の需要を見込んで、1玉1500円ほどで販売。
 台北市の「SOGO台北忠孝店」では北限の桃をPRするポスターを掲示し、現地の販売員が秋田産であることなど説明して売り込んだという。
 同社担当者は「中秋節に合わせたため、完売する店舗もあり、売れ行きは好調。購入者からは見た目や甘みが評価されている。調査を継続し、モモの他にリンゴなども提案し、秋田から台湾への流通を構築したい」と話した。

20年度一般・特別会計 コロナ対策「着実に展開」 大館市9月議会 決算委が審査開始

2021-09-16
認定案審査が始まった一般・特別会計決算委(大館市役所)
 大館市の9月定例議会は15日、一般・特別会計決算特別委員会(阿部文男委員長)が決算認定案15件の審査を開始した。福原淳嗣市長は「人口減少の克服と地方創生の深化を念頭に置き、実効性のある予算でさまざまな施策を実施し、経費節減に取り組む一方で新型コロナウイルス感染予防と緊急経済対策を着実に展開した」と説明。「社会保障に関する給付を公正、確実に執行するとともに総合計画後期基本計画などで掲げた目標の達成を目指して積極的に取り組んだ」と述べた。
 付託されたのは一般会計と、▽国民健康保険▽後期高齢者医療▽介護保険▽介護サービス事業▽戸別浄化槽整備事業▽小規模水道等事業▽休日夜間急患センター▽公設総合地方卸売市場▽農業集落排水事業▽温泉開発▽奨学資金▽都市計画事業▽土地取得▽財産区―各特別会計の2020年度決算認定案。
 一般会計は歳入521億6583万円(34・2%増)、歳出500億9263万円(36・3%増)で差引額20億7319万円(2%減)。実質収支は18億2441万円の黒字、実質単年度収支は8357万円の赤字となった。
 14特別会計は歳入205億2379万円(0・6%減)、歳出200億2892万円(0・3%減)。実質収支は4億9335万円の黒字となったものの、単年度収支は5542万円の赤字だった。
 市債残高は364億6026万円で前年度比6・5%、22億2293万円増。市民1人あたり52万円となっている。
 市長は歳入について「個人市民税は微増だったものの、法人市民税が税制改正などの影響で大幅に減収となった。収納率は国保税とともに県内トップを維持。コンビニ・ゆうちょ銀行の公金収納が順調に増えている」と説明。ふるさと納税が9億円を超え、過去最多を更新したことも加えた。
 歳出では子育て支援策の拡充や後期高齢者の疾病予防・生活機能改善、市道・橋補修によるインフラ整備、重点戦略作物作付け推進、企業の生産性を高める資格取得支援などのほか、「東京パラリンピックのホストタウンとしてタイとのつながりを深め、県内初の先導的共生社会ホストタウンに認定された。秋田犬の里と、渋谷区から移設された青ガエルを軸に関係人口拡大の意識浸透を図った」と述べた。
 芳賀利彦代表監査委員は「今後も大館駅周辺整備、新斎場建設など多くの事業を抱えるが、地方交付税減少など一般財源の伸びは期待できない。人口減、少子・超高齢社会への対応にかかる経費の増加が見込まれ、厳しい財政運営が予測される」と意見を述べた。

本場大館きりたんぽまつり 初のドライブスルー 感染対策で完全予約制 20日に受付開始

2021-09-16
ドライブスルー販売で使用する小ぶりの丼
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、第49回本場大館きりたんぽまつりは10月9、10、16、17の4日間、ドライブスルー形式で行われる。きりたんぽ食べ比べセット(税込み2000円)を各日400セット用意し、ニプロハチ公ドーム駐車場で予約販売する予定。予約は9月20日に受け付け開始する。
 まつりは「大館食の祭典協議会」(小松和志会長)が主催。近年はドーム内で3日間開催し、本場の味を提供している。コロナ前の2019年は、県内外から約11万5000人が来場した。
 感染防止を理由に昨年からドーム内での開催を見送り、代替企画を実施している。ドライブスルー形式は、対面や接触をできるだけ避ける試みで初実施。完全予約制とし、実行委員会(伊藤高志委員長)は「感染リスクを軽減した形で、巣ごもり需要に対応した企画」とPRする。
 食べ比べセットは、きりたんぽ業者3社の各1杯と、きりたんぽ以外の料理1杯の計4杯。事務局によると、提供用の丼は1食分よりやや小さめ。3杯で1~2人前相当という。複数業者の味を少量ずつ楽しんでもらう趣向だ。
 きりたんぽを提供するのは「秋田比内や」、白沢通園センター、北秋くらぶ、ベニヤマきりたんぽ工房、「陽気な母さんの店」の5社。過去のまつりで、来場者投票による「グランプリ」に輝いた業者もおり、いずれも地元を代表する〝行列店〟。各日3社が入れ替わり出店し提供する。
 きりたんぽ以外の料理は駅弁製造「花善」など数社を予定。セットとは別売りで、十字屋きりたんぽ店と山王食品の2社がみそ付けたんぽ3本セット(税込み500円)を販売する。
 受け渡しは各日午前時から午後3時まで。ドライバーは指定日時に、ドーム駐車場の東側出入り口から入場する。乗車したまま受け付け、代金精算、商品の受け渡しを済ませる。原則、車での来場とし自転車は不可。車で来場できず、徒歩を希望する人は予約時点で申し込みが必要。
 会場の南側に約200台が駐車でき、車内飲食が可能。テーブルなどの飲食スペースは設置しない。
 予約は20日から、郵送かファクス、QRコード経由で受け付ける。業者の出店日程などは調整中。受け取り日時(第2希望まで)、受け取る人の氏名と住所、電話番号、メールアドレスなどを記入してもらう。出店日程や申し込み方法は新聞広告やチラシ、祭典協のホームページなどで周知する予定。締め切りは10月4日。

東京・食の交流まつり 今年も中止で代替事業 「きりたんぽ給食」提供など 鹿角市議会

2021-09-16
鹿角市議会の産業建設委(市役所)
 鹿角市9月定例議会は15日、3常任委員会が開かれた。産業建設委員会(児玉悦朗委員長)では、東京都葛飾区四つ木地区で例年開かれていた物産展「かづの食の交流まつり」について、新型コロナウイルスの影響で昨年に続いて今年も中止となったことや、代替事業が実施されることを当局が説明した。
 食の交流まつりは、35年以上続いている鹿角市と葛飾区立よつぎ小学校との都市農村交流事業の縁もあって、一昨年まで毎年秋に開催。十和田八幡平観光物産協会や直売所など実行委員会のメンバーが参加し、鹿角の農産物や加工品などを販売、PRしている。一昨年は2日間で延べ約8000人の人出でにぎわった。
 コロナ禍で今年も中止となり、代替事業として「農産物提供」「給食食材提供」「予約販売」の3事業を実施する。
 農産物提供事業では、交流まつりの地元ボランティア「四つ木鹿角の会」の会員とよつぎ小の全校児童に新米等を無償提供する。11月19日発送予定。
 給食食材提供事業では、よつぎ小の「きりたんぽ給食」に食材を提供する。実施日は「きりたんぽの日」の11月11日の予定。
 予約販売事業は、交流まつり出店者のリンゴやコメといった鹿角産農産物について、よつぎ小PTAが販売数の予約をとりまとめ、商品の受け渡しを行う。11月19日発送、翌20日受け渡し予定。
 花海義人産業部長は「今年も往来はかなわなかったが、事業を通じてPR、交流を図りたい」と述べた。
 3常任委員会では全議案を可決。「辺野古新基地建設の中止と、普天間基地の沖縄県外・国外移転について国民的議論を行い、憲法に基づき公正かつ民主的に解決するべきとする意見書の採択を求める陳情」など2件を継続審査とした。

コロナ後の観光振興は 津谷市長 世界遺産で「体験型」も 北秋田市9月議会一般質問

2021-09-15
北秋田市の9月定例議会本会議(市役所)
 北秋田市の9月定例議会は14日、前日に引き続き本会議が開かれ、3議員が一般質問を行った。「コロナ後に向けた観光振興への取り組み」を聞かれたことに対し、津谷永光市長は「伊勢堂岱遺跡の世界文化遺産登録を受け、体験コンテンツの造成などを進めている」と説明。「タクシーを活用した出前補助事業」の導入については「事業者への意向確認を行いながら研究したい」と述べた。
 登壇したのは、質問順に永井昌孝議員(新創会)、山田博康議員(無会派)、佐藤光子議員(みらい)。
 「新型コロナの収束後に向けて、観光振興への取り組みはしているのか」との質問に、市長は「コロナ後のインバウンドなどによる観光需要の回復を見据え、現在は、伊勢堂岱遺跡の世界文化遺産登録を受けて、観光誘客に向けた体験コンテンツの造成などを関係者と連携しながら進めている」などと答弁。
 「観光庁の補助金を活用した市内事業者による観光施設の高付加価値化に向けた取り組みの中で、樹氷サミットやオンライン商談会、内陸線イベント列車の運行など、さまざまな準備を進めている」ことも説明した。
 「市フィルムコミッションの必要性に対する認識」などを聞く質問には、「映画やテレビを中心としたプロモーションには、窓口や連絡調整、情報発信機能を担う組織を立ち上げ、各方面にアプローチすることは十分有意義であると認識している」と述べた。
 一方で「映画やテレビの誘致には多額の費用が必要となることや、撮影が複数の市町村にまたがるケースも多い。市単独では厳しい面もある」との認識も示しながら、「現在、関心のある団体もあることから、財政負担と経済効果、地域の知名度向上や市民の日常生活への影響などを十分に整理し、検討していきたい」とした。
 タクシーを活用した出前補助事業には「飲食店や住民、タクシー事業者の支援に加えて、過疎地域の食事配達支援としての効果も期待できるのでは」との提案があった。
 市長は「大館の食タクシーは、大変好評を得ていると聞いている。市で実施しようとする場合、タクシーの台数が少ないことに加え、面積が広く配達までの時間が必要になる。事業者や飲食店への意向確認を行いながら、研究したい」と答えた。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

ふるさと納税 歳入総額11億円に増額 北秋田市 9月議会は9日招集

2021-08-31
 北秋田市は30日、9月定例議会を9日に招集すると告示した。2021年度各会計の補正予算案や市過疎地域持続的発展計画のほか、20年度の各会計決算認定案など議案31件と決算の認定に関連する報告3件の計34件の提出を予定している。一般会計補正予算案の歳入では、ふるさと納税寄付金に5億円を追加。総額を11億円に増額した。
 提出議案の内訳は、条例案4件、補正予算案6件、単行議案1件、報告3件、認定案20件。
 条例案のうち、市過疎地域の持続的発展の支援に関する特別措置法の適用に伴う固定資産税の課税免除に関する条例の制定は、要件を満たす場合、申請により固定資産税を3年間免除できるようにするもの。市障害児通園(デイサービス)施設条例の一部改正案は、「もろびこども園」の移転に伴い、位置を変更する。
 一般会計補正予算案は、8億455万5000円を追加し、総額を243億3135万3000円とする。
 歳出では、ふるさと寄付金事業に2億6572万7000円を追加。寄付件数の増加に伴い、返礼品などの関連経費を増額する。歳入には5億円を追加し、総額を億円とする。
 地方交通対策事業は、路線バス「小森・湯ノ岱線」の廃止に伴い、月からデマンド型乗合タクシーに運行形態を見直すことから、来年3月までの補助金として103万5000円を計上。子育てサポート事業では、子育てサポートハウス「わんぱあく」の新築設計委託料として446万9000円を追加する。
 このほか、クウィンス森吉設備更新工事に1536万7000円、GIGAスクールサポーター配置促進事業に104万4000円などを追加。財政調整基金積立金には3億5714万9000円を計上した。
 20年度の決算認定案のうち、一般会計は歳入総額289億8351万円、歳出総額282億791万1000円で差引残額7億7559万9000円。翌年度に繰り越す財源6130万2000円があり、実質収支は7億1429万7000円の黒字となった。

サンマ入荷、今年も不漁か 大館の大印 小ぶりで高値、厳しいスタート

2021-08-31
大印に入荷したサンマ(大館市釈迦内)
 大館市青果魚類卸売(屋号・大印、土舘一弘社長)で、今季のサンマの入荷が始まった。30日は北海道の根室港で水揚げされた約20キロが入荷。卸値は1㌔あたり1700円ほどで、1匹約230円前後と、例年より高値で取引されている。過去最悪の不漁を記録した昨年と比較すると漁獲量は増加しているが、依然深刻な状況。担当者は「今年のサンマも小ぶりで値段も高い。気温の低くなる秋以降に期待したい」としている。
 同社によると、今季の初入荷は例年より数日遅い21日。2㌔15尾入りが10ケース入荷した。新型コロナウイルスの影響で飲食店での取り扱いが少ないことや、身が細いにも関わらず高値であることから、市内の小売店への出荷はまだほとんどないという。
 同市御成町のいとく大館ショッピングセンターでは30日現在、岩手県産などの冷凍サンマを解凍販売している。買い物に訪れた40代女性は「言われてみればしばらく生サンマを買っていない。刺し身が好きなので、早く旬物を食べたい」と話していた。
 水産庁によると、漁期を通じたサンマの来遊量は昨年を上回るものの、一昨年より下回ると予測している。1歳魚の平均体重は昨年以上だが、主体が120~140㌘と小ぶり。漁場は公海中心で、全国有数の水揚げ量を誇る三陸沖の漁場形成は例年より遅い10月下旬とみている。
 高い水温を忌避する傾向にあるサンマは、地球温暖化などで海水温が上昇すると、陸地から遠い場所で魚群を形成するようになる。漁場が遠方になるほど鮮度維持や移動コストなどの問題が浮上するため、水揚げ量が年々減少しているという。
 7月8日に解禁された北海道東沖のサンマ流し網漁が史上初めて漁獲ゼロで終漁するなど不振が続く昨今。市青果魚類卸売水産部の藤江智之鮮魚課長は「地球温暖化の影響が大きいと思うが、この歴史的な不漁に終わりが見えない」と話し、「南方の魚が北方で揚がるなど異常な事態が続いている。季節の魚が食べられなくなるのではないかと心配」と眉をひそめた。

秋田犬ライブ配信開始 大館の保存会 「癒やされる」「会いに行きたい」好評

2021-08-31
ライブ動画の撮影風景(秋田犬会館)
 秋田犬保存会(本部・大館市、遠藤敬会長)は今月から、動画投稿サイト「ユーチューブ」でのライブ配信を始めた。同市三ノ丸の秋田犬会館にいる秋田犬の日常生活や、愛らしい姿を毎日配信。チャンネル登録者数は、約2週間で4000人に迫るなど好評を博している。
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で来館者が減少したことから、アフターコロナを見据えて来館増につなげようとSNS(会員制交流サイト)での情報発信を強化。昨年から短文投稿サイト「ツイッター」での発信に力を入れている。さらに知名度向上につなげようと、今年お盆過ぎからは「ユーチューブ」での動画配信も開始した。
 毎日4時間前後のライブ動画を配信。職員が飼育し、秋田犬会館で受付係なども担当する虎毛の雄「すばる」(2歳)、虎毛の雄「くろべえ」(6歳)、赤毛の雄「ぎん」(5歳)の3匹を主に出演させている。接客姿や、就寝、食事の様子などありのままの日常を映している。
 愛らしい姿に、全国各地の視聴者からは「会いに行くのが楽しみ」「見ていて癒やされる」などの声が届く。動画1本につき平均約500人が視聴しており、チャンネル登録者数も日々増えているという。
 同保存会では今月から、画像共有アプリ「インスタグラム」への投稿も始めた。「ツイッター」のフォロワーは、約9万5000人に上るなど注目を集めている。
 庄司有希事務局長は「いろいろな人に秋田犬を知ってもらい、興味を持ってもらいたい。コロナが収束したらぜひ遊びに来てほしい。大館のために、会員の増加にもつながれば」と話している。

大館市 先端設備導入で 固定資産税3年間ゼロ 制度創設から27社認定

2021-08-30
 中小企業が先端設備を導入した場合に固定資産税を3年間ゼロとする計画を策定している大館市で、2018年度の制度創設から累計で27社が市の認定を受けた。投資総額は約13億9000万円。人手不足が深刻化する中、労働生産性を高めて経営基盤強化や競争力向上につなげる狙いがある。計画期間を2年延長して23年6月まで申請を受け付けることになり、さらなる設備投資を促す。
 固定資産税の特例を利用できるのは製造業で資本金3億円以下、卸売業で同1億円以下、小売業で同5000万円以下など。機械装置や測定・検査工具、器具備品、建物付属設備、ソフトウエアを対象とし、年平均3%以上の生産性向上が見込めることを条件としている。市町村ごとに課税措置を3年間ゼロから2分の1の範囲で軽減できるが、多くの自治体はゼロにする方針を打ち出した。
 企業の設備にかかる固定資産税は1・4%。基準日(1月1日)までに導入すれば次年度から支払いが免除される仕組み。制度適用に伴う市の減収分は交付税で補塡(ほてん)される見通し。
 18年6月に生産性向上特別措置法が施行され、市が国に提出した導入促進基本計画は同年6月19日付で認められた。3年間で30件程度の認定を目標としていた。産業競争力強化法の一部改正に伴い特措法が廃止、先端設備導入制度は中小企業等経営強化法に移管された。市は今年6月に計画延長の変更について国の同意を受けた。
 商工課によると、設備投資の総額は13億9016万5000円。建設業や木材加工業、自動車部品製造業、縫製業などと幅広く支援し、高性能の機械に更新するケースが目立った。担当者は「熟練社員が定年を迎える中、慢性的な人手不足に悩む企業が多く、生き残るためには生産性を高めるしかないようだ」と分析した上で、「制度周知に努めて競争力強化を図り、新卒者の市内就職率向上や市外に就職した若者のUターン促進につなげたい」としている。
 新型コロナウイルスの影響を受けながらも設備投資を行う中小企業に対し、固定資産税の特例措置が拡充されており、設備を置く工場などの事業用建物も対象となる。
 問い合わせは商工課(☎0186・43・7071)。

石田ローズガーデン 修景工事が大詰め 園路や柵設置へ 「迎賓館」の装いに

2021-08-30
レンガ敷きの園路が整備される石田ローズガーデン(6月撮影)
 大館市が「洋の迎賓館」に位置付ける石田ローズガーデン(同市三ノ丸)の修景工事は本年度に大詰めを迎える。9月以降、レンガ敷きの園路整備などが順次行われ、年度内に完成予定。すでに改修を終えた石田博英・元労働大臣の邸宅と合わせ、来年の開花期には新たな装いで観光客を迎え入れる。
 修景工事は2019年度に実施設計し、20年度に邸宅を洋館風に改修。完成後の今年5月、一般公開された。
 観光課によると、3年目は敷地(2505平方㍍)のほぼ半分を占めるバラ庭園に新たな園路を設けるほか、西側に目隠しフェンスを設置、駐車場看板を作成する計画。クリの木材をベンチなどに加工することも予定している。事業費は約2600万円。
 メインの園路整備は庭園管理の実績がある専門業者に依頼した。約500種500本のバラが植えられた庭園は現在、土が敷き詰められている。来場者が散策する際、土を踏み固めてしまい、バラの根を傷める恐れが指摘されていた。今後はレンガと砕石を敷いて土の上に園路を設け、根を守ると同時に、来場者が散策しやすいようにする。
 改修を終えた邸宅内には来年4月、カフェレストランが新設される予定。庭園の装いも新たになることで、新型コロナウイルス感染収束後の観光誘客につながると期待されている。
 ローズガーデンは元々、石田・元大臣の邸宅とバラ庭園。2018年10月、遺族から土地と建物が市に寄贈された。開花期の6、10月には例年バラまつりが開かれ、県内外の客でにぎわう。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る