本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

地域芸能の貴重さ体感 大館で演劇WS 白沢獅子踊りで即興劇 あきた芸術劇場プレ企画

2021-02-22
佐藤さん㊧から白沢獅子踊りを学ぶ参加者(大館市中央公民館)
 大館市白沢地区の伝統芸能「白沢獅子踊り」をテーマにした演劇ワークショップが21日、市中央公民館で開かれた。芸術を楽しめる場を提供し文化継承を図る「あきた芸術劇場」(秋田市)の開館プレイベントで、同市が皮切り。市民ら14人が参加し、白沢獅子踊りの歴史や魅力を学び、即興劇に挑戦した。台本を用意せずに自発的に演じることを通じて、自分の表現力や見せ方を磨くとともに、郷土芸能を受け継ぎ、守ろうとする気持ちを育んだ。
 あきた芸術劇場AAS共同事業体主催。大館市、同市教委など後援。同劇場の開館(2022年6月予定)に向けて、県内の芸術文化に親しみ楽しんでもらおうと、県北・県央・県南の3会場で開催される。
 ワークショップは県内で民俗・郷土芸能に携わっている人が自身の活動やあゆみ、展望などを講話。仙北市の劇団・わらび座に所属する俳優の指導を受け、講話を基にした即興劇を演じる。
 大館会場には、市内外の10~50歳代と幅広い年齢層が参加した。白沢獅子踊りの踊り手でご当地ヒーロー・コウライザーの佐藤龍一夢さん(22)が、歴史や魅力、伝統文化の継承に取り組む活動について説明。演劇の講師を劇団わらび座で俳優歴10年の鈴木潤子さんが務めた。
 白沢獅子踊りは、獅子の頭部を模した飾りを身に着けて舞い、厄払いや豊作などを願う伝統行事。佐藤さんは少子高齢化を背景に、年々参加者が少なくなっている現状に危機感を覚え、高校時に自身がヒーローとなり伝統文化をPRしようと思い立ったことなどを紹介。獅子踊りの実演を交えながら、夢に向かって諦めず取り組むことの大切さを伝えた。
 演劇では、鈴木さんがゲームを交えながら、参加者の緊張をほぐしつつ演技指導。2グループに分かれ、参加者同士で話し合ってまとめた意見を取り入れ、白沢獅子踊りを基にした二つの即興劇をつくりあげた。
 即興劇は二つとも、白沢獅子踊りに参加していた主人公が東京に憧れて上京するが、古里を思い、戻ってくる物語。参加者たちが自分なりに考えたキャラクターの個性を演じながら、チームとして獅子踊りを披露し、一つの演劇へとまとめていた。村木佑圭さん(桂城小4年)は「白沢獅子踊りを知れてよかったし、劇も緊張したけど、それ以上に楽しかった」と笑顔をはじけさせた。

阿仁合でスノーキャンドル 冬の夜、幻想的な光 北秋田 雨天も修復し開催

2021-02-22
ろうそくを並べたスノーマウンテンなどが来場者を楽しませたスノーキャンドルストリート(阿仁庁舎前)
 北秋田市阿仁合地区の冬季イベント「スノーキャンドルストリートinあに」が20日夜、秋田内陸線阿仁合駅周辺で開かれた。市内の子どもたちが製作したスノーマウンテンやミニかまくらが各所に設置され、ろうそくの幻想的な光が訪れた人を楽しませた。
 地域の活性化に取り組む団体や住民有志が実行委員会(福森卓委員長)を組織して毎年開催し、16回目。阿仁の冬を代表するイベントとして定着している。
 今回は前日から続く雨の影響でスノーマウンテンの一部が崩れてしまったほか、ボランティアによるミニかまくら作りが中止に。スノーマウンテンの修復作業が行われ、午後6時の点灯時刻間際には雨もやみ、沿道には点々と明かりをともしたミニかまくらが並んだ。
 阿仁庁舎周辺には市内中学校4校や秋田内陸縦貫鉄道、阿仁合保育園が製作したスノーマウンテンが来場者の目を引いた。干支(えと)の牛や列車を形作ったものや、園児が作製した雪だるまを並べたスノーマウンテンもあり、親子連れが足を止めて記念撮影をしていた。
 色を付けたペットボトルや絵灯籠は、雪に掘った横穴の中で色とりどりに幻想的な光を放った。来場者は「すごい」「きれいだね」などと話しながら鑑賞を楽しんでいた。このほか、阿仁異人館でのテラスライブや冬花火の打ち上げも行われた。

新型コロナワクチン  先行接種に続き、医療従事者へ 冷凍庫設置など準備進む

2021-02-21
薬剤科に設置されたワクチン保管用の超低温冷凍庫と冷蔵庫(大館市立総合病院)
 新型コロナウイルスワクチンの医療従事者を対象とした先行接種が能代市の病院で始まった。3月中旬から始まるとされる医療従事者への優先接種は県が調整主体となり、県内64病院で行う方針で、北鹿地方は10病院。このうち拠点となる「基本型接種施設」のかづの厚生病院、大館市立総合病院、北秋田市民病院では、ワクチン保管用の超低温冷凍庫が到着するなど、接種に向けた準備が進んでいる。
 本県の医療従事者先行接種の対象は能代市の地域医療機能推進機構秋田病院で、19日に接種が始まった。395人が接種を希望し、2回の接種を3月24日までに終える。初日に接種した医師は「インフルエンザワクチンよりも打った感覚がない。職員からは『全然痛くない』という声ばかりだった」と話した。
 先行接種に続いて行う医療従事者への優先接種は、県が調整主体となる。県内では「基本型接種施設」14病院と、「連携型接種施設」50病院で行う。国が承認した米ファイザー社のワクチンをマイナス75度前後で保管するため、基本型接種施設には超低温冷凍庫を設置。基本型接種施設から連携型接種施設へはワクチンを冷蔵で移送する。
 県によると、北鹿の基本型接種施設は3病院。連携型接種施設は▽鹿角中央病院▽大湯リハビリ温泉病院▽扇田病院▽大館記念病院▽秋田労災病院▽今井病院▽鷹巣病院―の7施設となっている。
 このうち大館市の優先接種は、病院や診療所、歯科診療所、薬局、国、消防で働く約2200人を予定している。
 大館市立総合病院には15日に超低温冷凍庫「ディープフリーザー」が到着した。ワクチンは1箱195本入りで、最大20箱の保管が可能。1本当たり5回接種する場合、1万9500人分を保管できることになる。
 ワクチンを使用する際は、冷蔵庫(2~8度)に移して解凍し、5日以内に使用する。超低温冷凍庫の隣には解凍用の冷蔵庫が並ぶ。薬剤科の中居肇薬剤部長は「ワクチン接種への期待は高く、保管業務は責任重大」と気を引き締める。「貴重なワクチンで、何日何時に何本必要かなど、しっかりとした投与計画を立て、連携型接種施設と連携していきたい」と話した。
 医療従事者に続き、市町村が調整主体となって4月以降に65歳以上高齢者、基礎疾患のある人や高齢者施設等の従事者、それ以外の人の順で接種を進める。市町村では3月中旬を予定するクーポン券の発送や集団接種の会場などの準備が急ピッチで進んでいる。
 ワクチン接種は16歳以上が対象。接種は無料で、米ワイザー社のワクチンは3週間間隔で2回接種する。




郷土の偉人しのぶ 小林多喜二の命日 碑前に住民ら集う

2021-02-21
生誕の地碑に手を合わせる参列者(JR下川沿駅前広場)
 大館市出身のプロレタリア作家、小林多喜二(1903~33)の命日の20日、供養祭が同市川口のJR下川沿駅前広場で行われた。地元住民ら約20人が参列し、生誕の地で碑に手を合わせて郷土の偉人をしのんだ。
 小林多喜二生誕の地碑保存会(松坂敏悦会長)の主催。毎年命日に合わせて「多喜二祭」として行っている。碑は1957年、地元の佐藤栄治元県議らが同駅のプラットホーム脇に建立したもので、87年に広場内に移された。
 松坂会長はあいさつで多喜二の生涯に触れながら、「新型コロナウイルスなど、これまで考えられなかったことが起きている。みんなが幸せな世の中になるため、一人一人が何をするか考えるきっかけになれば」と呼び掛けた。続いて参列者が順に碑前に献花し、手を合わせて冥福を祈った。
 新型コロナウイルス感染防止のため、例年行っている直会は中止とした。一部参列者は下川沿公民館に移動し、多喜二に関する資料や書籍が並ぶ展示コーナーで説明を受け、思いをはせていた。
 多喜二は旧下川沿村(現・大館市)生まれ。4歳の時に一家で北海道の小樽に移り住んだ。銀行に勤めながら、創作活動や労働運動に参加。上京して地下活動中の33年、特高警察に逮捕され、拷問を受けて29歳で生涯を閉じた。代表作には、漁船を舞台に過酷な労働環境を描いた小説「蟹工船(かにこうせん)」などがある。


新型コロナワクチン 本県でも接種始まる 医療従事者対象 能代市の秋田病院から 高齢者は4月1日以降

2021-02-20
ワクチン接種を受ける医療従事者(地域医療機能推進機構秋田病院)=代表撮影
 新型コロナウイルスのワクチン接種が19日、県内で始まった。先行接種の対象となった能代市の地域医療機能推進機構秋田病院の医療従事者から進めていく。大塚博徳院長は「副反応など正確なデータを出すことで、多くの国民の接種につなげたい」と話した。国の方針では先行接種以外の医療従事者の接種は3月、65歳以上高齢者は4月1日以降の開始を予定している。
 同病院で第1号となった大塚院長は、「筋肉注射で時間は5秒程度。職員からは全然痛くないという声ばかりだった」と話した。この日は「シミュレーション」として、12人が接種。接種後、副反応に備えて15分から30分間待機した。夕方時点で体調不良者はなかった。同病院では職員の約9割にあたる医師や看護師、事務職員ら395人が希望し、22日から1日54人のペースで行う。2回目の接種は3月12日からの予定。
 初日を振り返り、「54人の接種は1時間程度でできるのではないか」との考えを示した。一方で、「市民の集団接種をどのようにスムーズに進めていくか。問診で医師や看護師が持病や薬などを詳しく聞いて把握しなければならない。高齢者は症状を短時間で伝えるのが難しいことも考えられ、時間がかかるのではないか」と述べた。
 大塚院長は「予防への期待とともに、移動の自粛など世間の沈んだ雰囲気を打破できるのがワクチンと思っている。接種の効果はまだ先で、副反応などネガティブな話題が出てくるが、詳細なデータを出していく義務がある」と強調した。
 国は全国100医療機関を指定し、先行接種を17日から始めた。約4万人が対象で、うち約2万人に7週間、健康状態を記録してもらう。本県の対象は同病院のみ。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

除雪出動増で予算追加 大館市 3億3千万円専決処分 ワクチン接種へ準備費も

2021-01-31
 大館市は、除雪費と新型コロナワクチン接種関連事業費を盛り込んだ総額3億3896万円の一般会計補正予算を29日付で専決処分した。12月下旬から1月中旬のまとまった降雪で除雪車の出動が増加し、予算執行率は9割を超えていた。ワクチンは厚生労働省が2月下旬の接種開始を目指しており、市は円滑に進められるよう態勢を整える。
 土木課によると、今冬の累計降雪量は日時点で301㌢(消防比内分署調べ)。前年同期より191㌢多く、平年も上回っている。最大積雪深は12月末の60㌢。1月中旬以降に気温が上がり十数㌢まで減ったものの、多くの雪が残っている。
 降雪量の増加に伴い、除雪出動回数も増えた。全ての委託業者に指示する一斉出動は12月と1月に各4回の計8回。部分出動は大館地域で1回、比内地域で2回、田代地域で2回となっている。
 9月補正で計上した除雪経費4億5624万円のうち、委託費は3億8000万円。執行率98%に上り、このままでは予算不足が生じるとして、緊急時に議会の承認を得ない「専決処分」で対応することにした。追加した関連予算は2億9400万円で、総額7億5024万円となった。
 前年度は9月補正で4億6854万円を計上したものの、記録的少雪だったため2億7498万円の支出にとどまった。
 雪捨て場は長木川河川敷や米代川河川公園、犀川河川敷など14カ所に設けており、いずれも今のところ「余裕あり」(土木課)の状態。仙台管区気象台の1カ月予報(30日~2月28日)によると、東北日本海側は平年と同様に曇りや雪の日が多い。降雪量は「平年並みか多い」確率がともに30%となっている。
 ワクチン接種に向けた事業費は4496万円。市民に案内するクーポン券の作製・発送や用品借り上げ、予約事務委託、システム改修委託などの経費を計上した。具体的な接種方法は福祉部を中心に検討している。

2月1日の厄払いや年祝い 行事自粛、神事は少人数 着付けは予約堅調 祈祷は予約減の神社も

2021-01-31
次男の栄佑ちゃん(2)が見守る中、丸まげの支度に臨む福地さん(ウオズミ本店)
 大館市で例年2月1日を中心に行われる厄払いの神事や年祝いの行事が、新型コロナウイルスの影響で自粛、規模縮小する方向に変化している。大人数での懇親会等はほとんどなく、少人数や個人で神社を訪れて祈禱(きとう)を受ける傾向が強まっている。神社からは予約が「例年より少ない」という声も聞かれ、緊急事態宣言で往来・帰省を自粛する人が多いことも影響しているとみられる。
 厄年は日本に伝わる風習の一つで、特に数え年で男性の42歳、女性の33歳は「大厄」とされている。数え61歳の還暦も厄年とされ、神社などで祈禱を受ける人が多い。
 大館市では厄年を迎えた人たちによる「年祝い」を、2月1日前後に行う風習がある。大館市史にも「2月1日は年祝いの日でもある。厄年にあたった人はムラの神社に参詣をする」などと記されている。
 現在は2月1日前後の土日に地域ごと、中学校区ごとに集まって神事や懇親会を開くケースが多い。大館一、大館東中学区を中心とした数え42歳の男性、同33歳の女性が対象の「大館市合同年祝い会」は昨年、2月1日に約60人が参加して実施された。しかし今年は新型コロナ感染防止のため中止に。各地域でも大人数が集まっての催しを自粛する傾向が強まっている。
 このため、少人数のグループや個人で参詣する人が目立つ。大館神明社でも30日、個人で祈禱を受ける人の姿があった。藤田寿さん(60)=御成町=は妻と共に訪れ、厄を払った。「同級生の友人と来たかったが、密になってしまうと思い、夫婦だけで来た。還暦祝いも楽しみにしていたので、残念。今はなかなか人が集まる場所には行けない。妻と長男と3人でお祝いをしたい」と語った。
 27日に大館市桂城の美容室・ウオズミで「丸まげ」の支度をしてもらい、家族で釈迦内神明社を参詣した福地亜紗美さん(31)=釈迦内=は「コロナがなければ、地元(青森県弘前市)で友人と神社に行く予定だった」と話す。実家への帰省を自粛したため予定は変わったが、地元では着物を着る人が少なく「いい機会となり、地元の家族や友人に写真を見せたい」と笑顔を見せた。
 ウオズミの魚住千香子社長は「合同年祝い会が中止となり残念。しかし今年は2月いっぱい着付けの予約が入っており、友人などと個々に年祝いをする人がみられる」と傾向の変化を感じている。
 一方で厄払いの参詣者自体が少なくなった神社もある。大館八幡神社で2月末までに入っている祈禱の予約は4件のみ。福原良英宮司は「例年はグループで訪れるケースが目立つが、今年は予約自体が少ない。厄払いは地元で行う人が多いと思うので、帰省できないことが影響しているのでは」とみている。近年は時期にとらわれずに厄払いをする人も多く、「懇親会などの集まりもないし、コロナが落ち着いてから、と考える人もいるのでは」との見方を示した。

9校から力作150点集う 高文連県北支部 作品展あすまで

2021-01-31
県北9校の生徒の作品が並ぶ作品展(大館市中央公民館)
 県高校文化連盟県北支部(支部長・山田浩充能代高校長)主催の第16回県北地区作品展が30日、大館市中央公民館で始まった。写真、絵画、書道など県北9校から生徒の力作150点が並び、来場者の目を楽しませている。2月1日まで。
 地域住民に文化部の活躍を紹介しようと毎年開いている。県高校総合美術展(昨年11月・秋田市)に出品した作品を中心に展示。市内3校の出展作は全て並べた。
 このうち北鹿から、同美術展で特賞を受賞した佐藤美桜樹さん(国際情報2年)の「黙考」(写真部門)、木村木の実さん(花輪2年)の「秋麗」(美術・デザイン部門)の2作品は、来年度の全国高校総合文化祭(7月31日~8月6日・和歌山県)に出品される。
 作品展の事務局を務める中嶋美紀子教諭(大館鳳鳴)は「新型コロナウイルスの影響で、さまざまな活動が制限される中、生徒たちが懸命に取り組んできた作品をこの機会に見に来てほしい」と呼び掛けている。
 作品展は午前9時から午後5時まで(最終日は同3時)。

市街地循環バス 12月1便平均8・6人 北秋田市 利用者数が最高に 「市民の足」定着進む

2021-01-30
利用者数が運行開始以来の最高を更新した北秋田市の市街地循環バス(コムコム前)
 北秋田市が取り組む鷹巣地区の「市街地循環バス」は、昨年月の1便当たりの利用者数が8・6人となり、2019年12月の運行開始以来、最高を更新した。市が目標としてきた実証運行時の1便平均3・96人を4・64人、これまでの最高だった7・5人を1・1人それぞれ上回った。市は「降雪が続いたこともあるが、市民の足として定着してきているのでは」などと話す。
 市街地循環バスは、買い物弱者の足の確保を図るとともに、免許返納者を含む高齢者の移動手段とすることを目指した事業。ルートは、イオンタウン鷹巣を起点・終点に、高野尻、東中岱、南鷹巣、宮前町の各公営住宅団地を周回。いとく鷹巣ショッピングセンターや鷹巣駅前、市役所前に停留所が置かれているほか、市民ふれあいプラザコムコム前は2回、停車する。
 便数は、平日が午前9時から午後3時までの1時間ごとにイオンタウンを出発する計7便、土曜・日曜と祝日は正午と午後2時発を運休する5便。運賃は大人100円、小学生と障害者手帳所持者は50円に設定した。
 市総合政策課によると、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言などで、4月の利用者は947人(1便当たり4・9人)、5月は790人(同4・1人)と1000人を下回っていたものの、6月には1070人(同5・5人)に回復。7月は1181人(同6・0人)、8月は1170人(同6・3人)、9月は1257人(同6・6人)と増加し、本年度上半期の合計は6415人、1便当たりの平均は5・人となっていた。
 下半期に入っても順調に推移し、10月は1272人(同6・4人)、11月は1275人(同6・8人)。12月には前月を400人以上も上回る1686人(同8・6人)が利用した。4月から12月までの利用者の合計は1万648人、1便当たりの平均は6・1人となった。
 市は、実証運行時の1便当たり平均3・96人を目標に掲げてきたが、本格運行開始後は一度も下回っていない。これまでの最高は昨年2月の7・5人だったが、昨年12月は1・1人上回り最高値を更新した。

ワクチンは診療所で 小坂町 臨時議会で予算可決 3月中旬まで「接種券」

2021-01-30
一般会計補正予算案を原案可決した臨時議会(小坂町役場)
 小坂町の臨時議会が129日開かれ、新型コロナウイルスワクチンの接種へ向けた経費と、老人憩いの家「あかしや荘」改修工事の設計委託料を盛り込んだ本年度一般会計補正予算案を原案通り可決、閉会した。ワクチンは「集団接種」ではなく、町診療所で個別に行う方式を採用する方針。
 一般会計の補正予算額は826万3000円で、補正後の総額は49億8964万7000円。ワクチン接種関連は576万3000円で、事務費、印刷製本費、医薬材料費、システム改修の業務委託料などが内容。
 計画によると、医療従事者に続き、3月下旬から65歳以上の高齢者に接種を始めることを目指している。同中旬までに接種券(クーポン券)を送付する予定。医療従事者は3月までに2回、高齢者は1回接種し、2回目は4月以降を予定している。
 ただ、接種の日程については、政府の担当大臣が高齢者は4月以降になると発言するなど流動的。町は「情報は少ないが、当初計画で準備を進めるしかない」と話している。接種方法は「集団接種」ではなく、診療所で個別に行う「医療機関接種」方式を採用する予定。
 あかしや荘は、国の基準を超えるレジオネラ菌が浴槽水から検出され、昨年6月から休業している。細越満町長は昨年12月、再開へ向け改修工事を行う方針を表明。沸かし湯による再開を想定して設計を行う。設計は新年度にずれ込む見込みで、再開は2021年度内を予定している。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る