本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

ツキノワグマ出没「例年より早い」 県連絡会議  人身被害で注意喚起

2021-04-22
NEW
被害防止対策を協議した連絡会議(県第2庁舎)
 県ツキノワグマ被害防止連絡会議が21日、県第2庁舎で開かれ、関係団体が本年度に実施する被害防止対策について協議した。北鹿地方ではクマによる人身被害がすでに発生しており、県自然保護課は4月に複数の人身被害が発生した過去の例を説明。「冬眠から覚めた状態にあり、出没してもおかしくない」として注意を呼びかけた。
 山菜採りなどで入山が増え、クマと遭遇するケースが増える時期を前に、関係団体が被害防止対策を確認し、県民に向けて注意喚起しようと開催。北鹿地方では20日に大館市内で、山菜採りの男性がクマに襲われ重傷を負う被害が発生。鹿角市では飼料が食い荒らされる被害が確認されるなど、注意が必要な時期に入っている。
 会議には県と市町村、東北森林管理局、県警、猟友会などの関係者約80人が出席。県自然保護課の澤田智志課長は「大館市では人身被害、鹿角市では食害が確認されるなど例年より被害の発生は早い。耕作放棄地の増加や人口減少などで、クマが人里近くまで来るようになっている。山に入る機会の増加に向け、対策にあたって」などと訴えた。
 続いて県自然保護課、水田総合利用課、森林整備課、県警、東北森林管理局の担当者が本年度実施するクマの被害防止対策を説明した。
 自然保護課は、2018年4月に2件の人身被害が発生したことを紹介しながら「例年より早いとされているが、クマはこの時期、冬眠から覚めており、出没してもおかしくない状況」とし、入山者に注意するよう呼びかけた。
 今後の対策については、▽人里での人身被害増加▽集落や市街地への出没の多発▽被害対策を担う人材の確保―などが課題になるとし、市町村などと連携して地域の実情に合わせた取り組みを展開する方針を示した。
 クマ出没の増加を受けて、県が昨年度開設した被害対策支援センター職員による事故の未然防止と、出没時の対応をテーマにした講話も行われた。



修学旅行 東京、函館は断念 新型コロナ再拡大で 大館市の小中学校

2021-04-21
NEW
 新型コロナウイルス感染が全国的に再拡大していることを受け、大館市内の小・中学校が、5月以降に計画している修学旅行の目的地を変更するなど対応を余儀なくされている。市教委によると、ほとんどの学校が新たな目的地として、比較的拡大していない県内や、岩手と青森両県を含む北東北方面を選んでいる。
 市立の中学8校は5月中旬から6月上旬までの間に実施する計画だった。目的地は東北地方が目立った。小学17校は6月上旬から10月上旬までの間、大半が北海道函館市方面で計画していた。
 いずれも3月1日時点の計画。現在ほど感染者数が増加していなかった時期で、一昨年までの首都圏や北海道を目的地に選ぶ学校もあった。県が独自の警戒レベルを「3」に引き上げた4月12日の段階で、ほとんどの学校が県内や北東北に変更したという。
 5月19日から東京方面に行く予定だった北陽中は県内で再調整している。伊多波卓美校長は「東京方面は2月ごろから諦めかけていた。北東北方面に変更するつもりでいたが感染が相次いだため、現在は県内で検討中。今月末までには決めたい」と話す。
 東京・千葉方面の予定だった下川沿中は岩手・宮城方面に変更した。仙台市は感染が急拡大し4月5日から1カ月間、まん延防止等重点措置の重点区域に指定されている。山崎悟校長は「同じ宮城県でも感染者数の少ない市町村をコースに選んだ。宿泊先には特に気を使った」と説明する。
 県立の国際情報学院中は国際理解を図る目的で、11月に台湾での修学旅行を予定したが「渡航自体が難しい」(村上清秀校長)ため、国内に変えた。具体的な目的地は今後の感染状況を踏まえた上で検討するという。
 市教委によると、昨年度はコロナ禍で1校が修学旅行を中止。他は秋に延期するなどして実施した。目的地は北東北方面が多かった。本年度については時期を大きく変えず、目的地を変更して実施する方針で、実施の可否は各校の校長が判断する。山本多鶴子教育監は「各校が行き先の感染状況を精査し感染防止対策を立てた中でコースを選んでいる。そのコースも2案、3案を持ってもらっている」と話した。



鷹巣中央公園 桜が見ごろ 水面に浮かぶ夜桜

2021-04-22
NEW
満開の桜と水面に映し出された夜桜(北秋田市鷹巣中央公園)
 北秋田市鷹巣中央公園の桜が見頃を迎えている。園内では桜まつりが開催中で、夜桜が楽しめるライトアップを実施している。ライトで照らされた満開の桜とともに、水面に映る鮮やかな花が幻想的な光景をつくりだしている。期間は5月5日まで。
 「観光秋田三十景」の一つに数えられる中央公園には、ソメイヨシノやヤエザクラなど約800本が植えられており、池に映る桜の景観が花見客を楽しませている。
 まつりを主催する市観光物産協会(檜森正太会長)によると、中央公園のソメイヨシノは18日に開花。見頃は25日ごろまでとみている。
 園全体で実施している桜のライトアップは、期間中の午後5時から9時まで。新型コロナウイルス感染防止対策として会場での飲食は禁止とし、露店の出店やイベントなどは行わない。
 今年はインスタグラムフォトコンテストのほか、ドローンとボート上で撮影した動画を動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信する。市の協力を得て、花咲か爺さんに扮(ふん)した同協会の職員が市内各地を巡り、市が伐採した桜の枝と自宅での桜の楽しみ方を紹介したチラシを配る。
 同協会の三澤士事務局長は「コロナ禍でも、まつりを楽しんでもらえるよう取り組んでいる。コロナ対策を万全にして、ぜひ公園を訪れてほしい」と話した。



クマに襲われ男性重傷 大館市比内町 山菜採りで入山 県内今年初の人身被害 市では2年9カ月ぶり

2021-04-21
現場状況を確認し合う猟友会員や大館市職員(大館市比内町独鈷)
 20日正午ごろ、大館市比内町独鈷字向日詰の山中で、山菜採りをしていた同市比内町扇田字町後の無職男性(75)がクマに襲われて顔を引っかかれ、右ほほの骨を折るなどの重傷を負った。県警によると、クマによる人身被害は今年県内で初めて。大館署管内では2018年7月以来、約2年9カ月ぶり。
 大館署や市などによると、男性は山菜採りをするため、友人の男性(70)=大館市=と一緒に午前10時30分ごろから入山。声を掛け合いながら別々に行動していた。
 正午ごろ、約20㍍離れた場所にいた友人の男性が悲鳴を聞き、山の上方に目を向けると、クマにおおいかぶさられている男性を発見。大きな声や音を出して追い払った後、携帯電話で「一緒に入山した男性がクマに襲われ、顔面から出血している」と119番通報した。
 クマは体長約1㍍で、山の南東方向に逃げたとみられる。猟友会員や市職員、大館署員ら約10人が現場付近を探したが、クマの姿は見つからなかった。周辺には足跡などがあった。
 現場は日詰集落から南に約300㍍に位置する山の中腹。高さ1~1・5㍍のやぶが生い茂っているが、刈り払われた箇所も多く、見通しは悪くないという。
 同署や市は周辺地域を巡回し、住民に注意を呼び掛けている。

PCR検査試薬 増産へ大館に第2工場 PSS(本社・千葉県) 供給能力4倍に 来春の稼働目指す

2021-04-21
地鎮祭であいさつする田島社長(大館市花岡町)
 DNA自動抽出装置製造のプレシジョン・システム・サイエンス(PSS、本社・千葉県、田島秀二社長)は20日、大館市花岡工業団地内で大館試薬センター第2工場の地鎮祭と安全祈願祭を行った。新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、グループ会社で全自動PCR検査装置を製造しており、同装置に使用する試薬などの供給能力拡大を目指す。今後順次着工し、2022年4月ごろの稼働を予定している。
 第2工場は、同社の子会社で医療機器・プラスチック成形品製造・エヌピーエス(NPS・池田秀雄社長)に隣接するPSS所有の約6000平方㍍の敷地に建設予定。鉄骨平屋造りで、建築面積は第1工場の約2倍となる3554平方㍍。事業費は約14億5000万円を見込み、国の「サプライチェーン対策のための国内投資促進事業費補助金」を活用する。
 NPSはPSSが販売している全自動PCR装置の一部を製造しているほか、同装置に使う試薬や、試薬を入れるカートリッジなども生産。NPSの池田社長によると、現在はPCR試薬を月に70~80万セット製造しているが、すでに1日3交代のフル稼働となっており増産要求に対応できなかった。新工場が稼働すれば、月に300万セットの生産が可能となり、生産能力は約4倍となる見込み。
 地鎮祭には関係者約30人が出席。PSSの田島社長は「PCR装置と試薬の増産を図るとともに、国内の遺伝子検査体制を充実させる機会としたい」とあいさつした。「遺伝子検査はコロナだけでなく、がんの早期発見など広範に活用が期待できる。装置と試薬の供給体制をしっかり整備していきたい」と展望を語った。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

老朽化進む扇田病院 改修か、移転改築か 大館市3月議会総括質疑 市長「できるだけ早く判断」

2021-03-12
厚生委の総括質疑(大館市役所)
 大館市の3月定例議会は11日、前日に続いて2常任委員会が総括質疑を行った。厚生委(田中耕太郎委員長)では、市立扇田病院で実施した建築設備劣化度調査の結果を受けて「劣化が進んでいるのは明らか。改修するか、移築するか決定すべき時期にきている」と質問があり、福原淳嗣市長は「新年度早々に議論し、できるだけ早く判断したい」と答えた。
 扇田病院は築37年で老朽化が進む。劣化度調査で電気、空調・換気、給排水設備を調べ、「全体の7割で重度の劣化(1~2年以内に修繕が必要)、極度の劣化(速やかに修繕が必要)と判定され、早急の対応が必要」との結果で、改修の概算工事費として3パターンを示した。事務局は「外来機能を中心に特色ある訪問診療などを担い、必要に応じて市総合病院に橋渡し的な診療を担う方向性を目指し、検討していく」としていた。
 委員から「米代川沿いにあり、当初移転改築も含めて検討するとしていたが、移転は視野に入っていないのか」「今後の病院経営や患者数を考えながら、移転か、改修か早く決めてほしい」などの質問が出された。
 福原市長は「新年度早々、病院事業経営戦略会議を含めて議論し、議会に速やかに報告したい」と答弁。また、「一番大事なのは、総合病院と扇田病院の明確な役割分担に基づく診療機能の連携。扇田病院の外来機能をより充実させ、総合病院への橋渡し的な役割をしていく方向で、開設者としてできるだけ早く判断したい」と述べた。
 個人番号カード(マイナンバーカード)の健康保険証としての利用について質問があり、福原市長は「総合病院では医療情報システムを更新するなどし、今年11月の運用開始を目指している」と報告した。
 ニプロハチ公ドームで集団接種方式で実施する新型コロナウイルスワクチン接種について、委員が「1人暮らし高齢者など、接種券が届いても内容を理解できない人への対応は」と質問し、福原市長は「市の対策室で接種へ促すための方策を議論している。ドームの芝は高齢者にとって歩きにくく、その対応も議論している」と述べた。

元気フェスタを中止 鹿角市 運営委 今秋2つの新イベント

2021-03-12
新イベントの概要が説明された運営委員会(市役所)
 鹿角市の「かづの元気フェスタ」運営委員会(委員長・田口善浩産業部長)が11日市役所で開かれ、来場者が毎年1万人を超える同フェスタは取りやめとし、「農産物」と「福祉」に特化した二つのイベントを新たに開催することを確認した。
 元気フェスタは2009年から、前年まで開いていた「産業祭」と「ふれあい広場」を統一し合同の形で開催、その後9月に継続して開かれている。昨年は新型コロナ対策で中止となったが、19年は1万1000人が来場した。
 市役所、交流センター、記念スポーツセンター、山村開発センター、農業総合支援センター、市役所駐車場を会場に、▽ちびっこ広場▽体験広場▽食の広場▽暮らしの応援広場▽催し広場▽健康広場▽人・もの交流広場▽環境広場―の八つのエリアを開設。関係94団体が参加した。
 合同開催から10年が経過し、関係者からは▽従来の趣旨が薄れてきている▽準備に時間と労力がかかりマンパワーが不足―などの課題が指摘されていた。新型コロナ禍で規模の大きなイベントは自粛の傾向にあることから、元気フェスタは打ち切りとし、「農産物」と「福祉」の分野に特化し、二つのイベントを開催することを決めた。
 運営委員会では新イベントの概要が説明された。鹿角産農畜産物の販売促進に向けたイベントは、市内外に市の「農」と「食」を発信し、生産者と消費者の交流の場とする。市外からも来場を図るため、道の駅かづの、道の駅おおゆの2会場を計画。10月ごろの開催を想定している。
 福祉関係は、「かづの健康福祉広場」(仮称)として、支え合い、お互いに認め合うことのできる「共生社会」の実現を目指す。会場はコモッセを予定し、▽ふくしの広場▽交流広場▽健康広場▽暮らし応援広場▽ちびっこ広場―などを計画している。午後は文化ホールイベントとして、社会福祉大会を計画。11月20日の日程を想定している。
 両イベントとも関係者で実行委員会を結成、主催する予定。

あの時、私は 東日本大震災から10年 記憶共有し備え語る 大館市二井田公民館 粕田地区で交流サロン

2021-03-12
紙芝居を通じ、もしもの時の備えについて呼び掛ける長崎係長(サロン酒こし舞)
 東日本大震災から10年の節目を迎えた11日、大館市二井田公民館(松田誠行館長)は本年度最後の公民館交流サロンを同市粕田の「サロン酒こし舞」(山内俊隆オーナー)で開いた。参加者同士が震災当時を語り合ったほか、過去に米代川が氾濫した際に開設した避難所運営について伝える紙芝居を通じ、有事の時の備えについて話し合った。
 公民館交流サロンは、二井田地区の幅広い世代を対象とした交流の場として、月1回程度開催。市内の公民館や名所を訪れたり、館内でレクリエーションを楽しむなど活動は多岐にわたる。今回は、酒こし舞の見学と粕田地区住民との交流会を兼ねた。
 二井田地区から13人、粕田地区から7人が参加。交流会の前半では同公民館の長崎浩係長が、2013年9月に北鹿地方を流れる米代川が増水し、十二所公民館が避難所となった際の体験をまとめた紙芝居を披露。生後3カ月の乳児を連れた母親や要介護の高齢者を連れた家族など、さまざまな状況下の地域住民が避難所に訪れたこと、それぞれに対応する中で浮き彫りとなった課題を当時の写真やイラストとともに回顧した。
 長崎係長は「くれぐれも避難所をホテルと思わず、自分の身は自分で守る最低限の準備をして来てほしい」と話しし、「普段から住民同士の交流がないと、災害時に1人でぽつんといることになる。皆で和気あいあいと過ごすことが一番不安を抑えられる」と呼び掛けた。
 後半では「かたるべ、3・11」をテーマに参加者全員がそれぞれの経験を話した。理髪店で勤務していた女性は、近所の顧客や1人暮らしの高齢者に声を掛け寄り合いながら過ごしたこと、家にいたという女性は電気が通らないためにまきストーブと鍋でご飯を炊いたことなど、10年前の記憶をさかのぼり、自身の経験を赤裸々に語った。
 当時矢立公民館長だった山内オーナーは、同公民館に避難所を設営。15人ほどが集い、発電機を手で回したり、毛布や水の支援を受けたことなどを振り返った。同市二井田の一関栄一さん(73)は終了後「毎年、この日が来る度に思い出していたが、こうして記憶を共有したことはなかった。集まって情報交換することが今後の備えにもなる」と話した。

災害「不安感じる」8割 備え「あり」は6割 東日本大震災10年 防災意識本紙調査

2021-03-11
 東日本大震災から11日で10年となるのを機に、北鹿新聞社が北鹿5市町村の住民を対象に防災意識調査を行ったところ、8割超が地震に不安を感じていることが明らかになった。ただ、避難場所を「知っている」は7割、何らかの備えをしている人は6割にとどまり、不安を抱えつつ備えが不十分という実態が浮かび上がった。
 調査は10日までに街頭などで行い、高校生以上の100人から回答を得た。震災から1カ月が経過した2011年4月も同様のアンケートを行っている。
 今後の地震に対する不安は「大いに感じている」が33%、「多少感じている」52%で計85%に上った。10年前に比べ7ポイントの増。「あまり感じていない」は12%、「全く感じていない」3%だった。
 避難場所を「知っている」は76%。年代別にみると30~40代が27・6%で最も高く、50~60代が25%、10~20代と70代以上が各23・7%となった。
 想定される浸水範囲や土砂崩れの危険度を示したハザードマップを「見たことがある」は56%、「見たことがない」35%。「内容を理解している」は9%と低かった。
 地震や水害に対し「備えている」は61%、「備えていない」39%。それぞれ48%、52%だった前回調査より危機意識が高まったものの、不安を感じている割合に比べて防災力が強まったとは言い難い結果となった。
 具体的な備えは「懐中電灯やラジオなどを持ち出しやすい場所に用意」が40%で最多、次いで「食料や水などを用意」35%、「家具や家電などの転倒防止」9%、「避難場所や家族間の連絡方法を決めている」8%、「自宅を耐震補強」3%。「発電機を用意している」「車のガソリンを早めに満タンにしておく」などの回答もあった。
 震災への関心度は「非常にある」が47%で最も高く、「少しある」42%と合わせて89%。「被災地の復興は進んでいるか」との質問については「そう思う」が5%、「まあまあ思う」59%で合計64%。「どちらともいえない」は22%、「あまり思わない」14%だった。
 被災地との関わりは「募金や物品購入」が33・7%、「ボランティアや旅行で訪れた」14・9%、「友人や知人ができた」1%。「特に変化なし」は47・5%だった。

鹿角の缶詰文化に着目 新統合ブランド 「カヅメCAN」 来年度中に発売予定

2021-03-11
新たな統合ブランドの缶詰商品
 鹿角市は、地元に伝わる缶詰文化に着目した新たな統合ブランド「カヅメCAN」の商品開発に取り組んでいる。地域の農産物や加工品などを使った試作品が完成し、かづの商工会で8日、試食会が開かれた。参加した関係者からは「味、食感とも良い」などと期待の声が聞かれた。新年度中に道の駅おおゆなどで販売する予定。
 鹿角では山菜やキノコを塩漬けや乾燥、薫製などさまざまな手法で保存食にしていた。近代に入ってからは各家々で山の恵みを加工所に持ち込み、缶詰にして保存。家族への仕送りや大切な人への贈答品などとして重宝されてきた。
 市は、こうした鹿角の缶詰文化を見つめ直し、市内事業者の各商材を統一規格のパッケージにして「鹿角統合的ブランド」を作ることにした。
 地域性をブランド化することで、特徴的な地域商材を求める需要に対してセット企画で対応できることや、事業者間の連携、他地域との差別化、対外PR力の強化といった目的がある。
 鹿角産品の販路拡大を図る「地域商社確立事業」の一環として、業務委託先の「恋する鹿角カンパニー」が企画制作。ブランド名「カヅメ」は鹿角と缶詰の語呂からイメージしてネーミングした。
 主なターゲットは▽鹿角のお土産を買いたい人▽20~50代の男女▽お試しで鹿角の商品を買ってみたい県外の人―。
 試作品のサイズは平3号缶、4号缶の2種類。内容物はリンゴのコンポート、かづの牛ジャーキー、比内地鶏の炭火焼き、いぶり大根、しそ巻き大根など7種類。
 試食会は観光産業推進ミーティングに合わせて行われ、観光事業関係者ら約30人が参加。「味、食感ともによく、おいしい」「今後、地元の食材を使った製品の拡充が楽しみ」などの感想が聞かれ、好評だった。
 市は「売り場での訴求力を強めたり、セット購入を促すといった効果に期待できる。ふるさと納税の返礼品にも使いたい」としたほか、「将来的に缶詰作りが市内で完結することを目指したい」と話した。

印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る