本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

高齢者の事故多発 運転の基本「再確認を」 大館署管内6人が死亡 本年度初の体験講習

2020-11-05
本年度初めて行われた運転体験型講習会(秋田北部自動車学校)
 大館市内で高齢者の交通死亡事故が多発していることを受け、大館署は4日、同市根下戸新町の秋田北部自動車学校で高齢者を対象とした体験型の交通安全講習会を開いた。市内では高齢者が関係する交通死亡事故が多発し、本年度は6人の高齢者が亡くなり、前年度の2倍に。過去10年間で最多となっている。高齢者の交通事故防止が課題となる中、同署は課題解決に向けて取り組んでいる。
 全国で高齢ドライバーの増加に伴い、高齢者が加害者、被害者になる交通事故が増えている。同署によると管内では近年、事故件数、負傷者数ともに減少傾向にあるが、高齢者の死亡事故は減っておらず、先月28日に早口で起きた事故で本年度は6件に。前年度の3件に比べて倍増し、2011年度の5件を超えて、過去10年間で最多となった。
 同署は各地区で街頭キャンペーンや交通安全教室などを行い、交通事故の未然防止を図っている。今回は高齢者に自己流の運転を見直し、身体機能の衰えや運転操作の基本を再認識してもらうことで事故防止につなげようと、本年度初の体験型講習会を開いた。
 講習会には、大館地区交通安全協会の若狭幸三会長をはじめ8支部から約30人が参加した。署員4人の指導の下、マイカーでコース内のS字やクランクなど狭い道を通行しABS装置を作動させる急制動や、駐車時と交差点通過時の注意事項などを1時間半かけて体験。運転技術の確認とともに安全運転への意識向上に努めた。
 今後は各地区で交通安全啓発運動を強化するほか、冬道の体験型講習会なども検討していく。指導した交通課交通指導係の高野力丸係長は「事故の大小に関わらず、起こさない・巻き込まれないためには細かい安全確認と気持ちの面で焦らないことが第一。安全確認の再認識を徹底していかなければならない」と述べた。
 

要支援者 位置情報活用し救助 御坂町で初の訓練 大館市消防本部

2020-11-04
要支援者に見立てた人形を搬送する消防団員(大館市御坂町)
 大館市消防本部と市消防団第2方面隊は3日、大規模災害時の自助、共助による地域防災力強化につなげようと、要支援者の位置情報を活用した救助訓練を初めて行った。御坂自主防災組織(越前貞久会長)の防災訓練に合わせて実施。地元消防団員が本部通信指令室から受信した情報を基に民家へ向かい、救助までの流れを確認した。
 2013年8月の豪雨で大規模な水害が発生したことに伴い、同本部と市は、災害発生時に自ら避難することが困難な「要支援者」の情報を共有する仕組みを整えた。名簿や位置情報を管理しており、これまで主に救急出動時に活用してきたが、災害対応にも生かそうと運用が検討されてきた。
 13年の水害では被災箇所が広範囲にわたったため、救助・警戒において消防署員が対応できないケースがあり、消防団員も重要な役割を担ったことから、団員にも要支援者の情報を共有して迅速な救助につなげようと訓練を行った。水害で浸水被害等が発生したと想定。分団長3人の携帯電話に、本部通信指令室から要支援者役の氏名、住所、位置情報を記した地図がメールで届き、その情報を基に現地に向かう―という流れで実施した。
 御坂町内の防災広場に参集した方面隊の団員13人が、携帯電話を見ながら要支援者役の住宅へ移動した。「この先5軒目だ」「あの黒い屋根の家」などと探しながら、現地に到着。要支援者に見立てた人形を見つけ、すぐさま応急担架を作って搬送した。
 御坂自主防災組織の住民約20人も流れを確認したほか、訓練に協力した。越前会長は「災害時は住民や団員、消防本部との連携が重要になる。一人も置き去りにしない町内運営を目指したい」と話した。
 同本部は災害時における要支援者の位置情報活用に向け、今回をモデルケースとして今後も訓練、検討を重ねていく方針。予防課は「大規模災害では消防団員が救助に向かうケースも出てくる。場所を直接指示することで、救助までの時間短縮が期待できる。個人情報の取り扱いには十分に注意を払い、管理を徹底しながら、自助、共助の対応力強化につなげたい」としている。

 

スポーツでのコロナ防止 県がガイドライン策定 関係団体に説明

2020-11-04
ガイドラインに基づきスポーツでの新型コロナ感染防止対策を競技団体などに周知した説明会(県第2庁舎)
 県は、スポーツ大会などでの新型コロナウイルス感染防止対策の在り方を示したガイドラインを策定した。県医師会など専門家の助言を基に、日常での感染防止や大会に向けた対策などを具体的に示したもので、2日夜に県第2庁舎で競技団体や市町村などを対象にした説明会を開き、周知徹底を呼び掛けた。
 ガイドラインの冒頭では、新型コロナウイルスを正しく理解することが重要として▽健康な皮膚に付着するだけでは感染しない▽他人の汗から感染することもない▽発症しても80%は軽症で治る▽無症状の人から感染することもある―などを示し、学校医などと連携した保健管理体制の整備を求めた。
 運動をする際は▽平熱を1度以上超える発熱▽せきや喉の痛み、強い頭痛▽強いだるさや息苦しさ▽嗅覚や味覚の異常―などの症状がないかをチェックするよう求めた。健康状態や行動歴を記録することも重要としている。
 試合会場などで気を付けることとして▽出入り口や更衣室、トイレなど場所ごとにエタノール消毒液を用意▽トイレには使い捨てペーパータオルを設置し、手指消毒は乾燥後に行う▽練習や試合の直前までマスクを着用する―などを挙げた。大会運営にあたっては、消毒や換気などの担当を具体的に決め、確実に実施するよう求めた。
 合同練習や対外試合を行う場合は、チーム内に感染が疑われる症状がある人がいないことを確認するとともに、同様の感染対策を講じているチームと行うことが原則。チーム内に感染防止対策の担当者を設けることも求めた。
 試合や合宿などで移動するケースに関しても詳細な対策を提示。手指消毒やマスク着用、3密状態の回避、会話をできるだけ控えるなど基本的な対策の徹底が必要とした。

 

松館しぼり大根収穫盛ん 「今年は特に辛い」

2020-11-04
松館しぼり大根を収穫する会員(松館地区)
 農林水産省の地理的表示(GI)保護制度の登録産品「松館しぼり大根」の収穫が、産地の鹿角市八幡平松館地区で最盛期を迎えている。3日は松館しぼり大根栽培組合(山崎道博代表)の会員が収穫に汗を流していた。
 松館しぼり大根は松館地区で100年以上前から生産され、その辛さは全国の辛味大根でもトップクラス。すりおろした絞り汁は独特の風味と辛みがあり、鍋物やそば、刺し身の薬味として利用されるほか、ショ糖由来の甘みが多様な料理の味を引き立たせる。
 GIは地域の農林水産品や食品をブランドとして保護する制度。県内では大館市の「大館とんぶり」、羽後町の「ひばり野オクラ」に続く3品目として2018年に登録された。
 同組合員は現在5人で作付面積は約3㌶。組合員の桂田正子さん(70)によると、夏の猛暑などが影響し、例年よりもやや小ぶりの傾向にあるという。「今年は特に辛みがあるのでぜひ食べて」と話していた。
 同地区での収穫は今週末まで続く見通し。大根は市内のスーパーなどで販売される。
 

福祉推進へ市民行動計画 大館市社福協が策定へ 地域のつながり強化を 原案で8項目の重点目標

2020-11-03
大館市地域福祉活動計画の策定委員会(上川沿公民館)
 大館市社会福祉協議会は本年度、地域福祉推進に向けた市民の行動計画となる「地域福祉活動計画」を初めて策定する。市が策定作業を進める福祉分野の上位計画「地域福祉計画」と両輪を成す位置付けで、民間の活動・行動計画を定める。2日に上川沿公民館で策定委員会を開き、「地域のつながりの希薄化」など市の課題を共有。計画原案では重点目標に住民の交流支援、生活課題の解決策を話し合う場の創出などを挙げた。
 地域福祉推進に取り組む総括的な計画として市町村が策定する地域福祉計画に対し、地域福祉活動計画は社福協が呼び掛け、住民組織や関連団体が協働で活動することを目指す行動計画。両計画を一体的に取りまとめる自治体もあるが、大館市はそれぞれ策定委を立ち上げ、連携した内容とする。計画期間はいずれも2021年度から4年間。
 大館市社福協の宮原文彌会長は「少子高齢化社会が進展し、経済的困窮や社会的孤立などの課題が広がっている。市の計画と連携を図りながら策定作業を進め、地域の支え合いの仕組みや活動に発展するようにしたい」と述べた。
 計画原案では、基本理念に「みんなでつくろう!みんながつながり支え合う大館」、重点目標に▽住民同士の交流支援▽支え合いの心を育み、住民同士の助け合い活動を推進▽住民の福祉活動、ボランティア活動の支援強化▽自分たちの地域における生活課題の解決策を話し合う場をつくる―など8項目を掲げた。計画推進に向け、住民の役割(自助)、地域の役割(共助)、行政の役割(公助)なども盛り込む方針。
 市の福祉課題としては、近所の付き合いが少なくなり、子ども会や老人クラブの活動を縮小・休止するなど運営に課題を抱える町内会が増え、「地域のつながりの希薄化」を挙げた。このほか、地域の担い手の不足や高齢化が進む中で「地域のボランティア活動と支援体制の不足」、支援ニーズが多様化し「包括的な支援体制の構築」などを課題とし、計画の詳細を話し合っていく。
 民生委員や福祉員、老人クラブ、婦人会などの代表ら人を委員に委嘱。委員長に阿部之義さん(市福祉員連絡協議会長)、副委員長に小田壽子さん(市連合婦人会長)を選出した。今後2回委員会を開き、3月に計画を策定する。策定後、計画を評価する推進委員会を設置する方針。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

大館市とアールビーズ スポーツ連携協定を締結 県内初 健康増進、イベントなど助言

2020-10-31
スポーツ連携協定を結んだ福原市長㊧と橋本社長(市役所)
 大館市は30日、ランニング専門誌「ランナーズ」を発行するアールビーズ(本社・東京、橋本治朗社長)とスポーツ連携協定を結んだ。県内では初めてで、健康増進やイベントの助言など、スポーツ振興に関わる事業を包括して進めていく。市役所で締結式を行い、福原淳嗣市長は「まちづくりの一助になると確信している」と述べた。
 協定はスポーツを通じた健康増進や習慣化、地域のスポーツイベントへの助言、提言、障害者スポーツの振興などを両者が連携して取り組むもの。同社が全国でスポーツタウンづくりを進めるプロジェクトの一環で、現在56の自治体と協定を結んでいる。官民のスポーツ情報をまとめたスポーツタウンサイトを構築し、アプリと連動することで地域住民とのスポーツコミュニティーづくりを目指す。同日、ホームページ「スポーツタウン大館市」を開設した。
 市は2018年から、山田記念ロードレース大会のエントリー管理に同社が運営するランニングポータルサイト「RUNNET(ランネット)」を採用。これを縁に、協定の提案を受けた。市は、全国のランナーなどと目標走行距離を目指す同社のイベント「オクトーバーラン&ウオーク」に今年初めて参加している。
 締結式には福原市長、橋本社長ら関係者が出席。両者が協定書に署名した。福原市長は「東京五輪、パラリンピックに向け、スポーツを文化にする機運が高まっている中、市でも(スポーツ振興に)本気になって取り組んでいる。媒体を通し、スポーツと暮らしをつなげているアールビーズとの連携は、まちづくりの一助になると確信している」と述べた。
 橋本社長は、1975年に同市出身の山田敬蔵さんが出場したボストンマラソンを取材したことをきっかけに「ランナーズ」が生まれたことなど、同市との縁を紹介。山田記念ロードレース大会との関わりも深めていきたいとしながら「コロナ禍で地域が注目されている。スポーツツーリズムを通して街の活性化につなげていければ。締結を機に、健康づくりにつながる交流を一緒に進めていきたい」などと話した。

北鹿の2人に大臣賞 木村さん(鹿角市)、藤盛さん(大館市) 県種苗交換会 横手で開幕

2020-10-31
約1200点の農産物が並べられた県種苗交換会の展示会場(横手体育館)
 第143回県種苗交換会が30日、横手市で開幕した。新型コロナウイルス感染防止のため出品数を制限するなど異例の状況下での実施となったが、生産者が丹精込めて育てた約1200点の農畜産物が出品された。審査の結果、木村光夫さん(鹿角市)のリンゴ「秋田紅あかり」、藤盛久登さん(大館市)のダリア「NAMAHAGEプリティ」が農林水産大臣賞に選ばれた。
 「横手から つなぐ食農 未来へと」をキャッチフレーズに横手市で9年ぶりの開催。新型コロナ感染防止のため期間が短縮され、多くの人が訪れる農業機械化ショーなど一部イベントは中止となった。
 横手体育館前で行われたオープニングセレモニーでJA秋田中央会の斉藤一志会長は「キャッチフレーズにふれ、明治から続く交換会がウィズコロナ時代においても未来へつながっていくものと確信した。農業の祭典を通じて多くの人に本県農業の底力を感じてもらい、食と農への理解がますます深まることを期待する」などと述べた。
 出品された農産物は、水稲51点、畑作物・工芸作物150点、果樹206点、野菜392点、花き195点などの計1204点。新型コロナ対策として間隔を設けた展示にするため、例年の約2000点より少なくなったが、会場には午前中から多くの人が訪れ、丹精込めて育てられた農産品をじっくりと観賞していた。
 会期は例年より2日短い11月3日までの5日間。メイン行事の談話会は、県やJAグループが力を入れている「シイタケ」をテーマに31日、よこてシャイニーパレスで開催。協賛会場の横手体育館向かい駐車場では農工商フェアなど、秋田ふるさと村第3駐車場では物産販売展などのイベントが行われる。

「技術力向上が見込める」 鹿角スキー国体 組織委が競技会場視察

2020-10-31
飛躍の会場を視察する組織委員ら(花輪スキー場)
 第76回国民体育大会冬季大会スキー競技会(来年2月18~21日)の組織委員会は30日、鹿角市の花輪スキー場で視察を行った。委員や実行委員ら約25人が各競技場で安全確認などを実施。全日本スキー連盟の若月等常務理事は「良い意味で難度の高いコース。選手たちの技術力向上が見込める」と手応えを感じていた。
 同スキー場は、距離、飛躍、大回転の各種目を1カ所で行える全国有数の会場。本年度の国体でも全競技を実施することから、安全確認や選手の動線を確保するため視察が行われた。
 この日は、組織委員や事務局の約25人が各競技場を見て回った。飛躍の会場では、安全確保のため主に選手の動線を確認。距離会場では関門の設置位置など、大回転会場では人工降雪機の位置や状態、スタートとゴールラインの位置について確認した。
 このほか表彰式の会場やプレスセンター、記録本部などが設置されるアルパスの内部も視察した。
 若月常務理事は「コンパクトで会場へのアクセスも容易。コースの難度も高く、技術力向上につながるはず」と手応えを実感。「コロナの関係で経験したことのない大会となるが、選手たちも国体には思い入れがあり、開催する意義は大きい。しっかりと対策を講じていきたい」と話した。

日沿道蟹沢―空港 鷹巣西道路開通へ 12月13日午後3時 残すは二ツ井今泉道

2020-10-30
県道下を通過し鷹巣西道路へ伸びる接続区間(北秋田市脇神)
 国土交通省能代河川国道事務所は29日、日本海沿岸東北自動車道(日沿道)を構成する鷹巣大館道路の大館能代空港インターチェンジ(IC、北秋田市)から鷹巣西道路の蟹沢ICまでの区間を12月13日午後3時に開通すると発表した。開通区間5・3㌔は自動車専用道路となり、翔鷹大橋周辺の既存道路活用区間を通って同市今泉の国道7号とつながるほか、将来的には現在建設中の二ツ井今泉道路と接続する。
 鷹巣大館道路の接続区間と鷹巣西道路は、それぞれの工事を進める県と能代河川国道事務所が2020年度内の開通予定を発表していたが、工事が順調に進み年内の開通見通しが立った。
 このうち鷹巣大館道路と鷹巣西道路の接続区間(延長1・7㌔)は能代河川国道事務所が事業を行っており、空港ICが開通した18年度に着手。鷹巣大館道路から西に延伸し、県道川井堂川線の地下に設置された「ボックスカルバート」と呼ばれるトンネル型の構造物を通過して鷹巣西道路へと接続する。
 県が施工する同市脇神―今泉間の鷹巣西道路(延長約5・25㌔)は、現在の道路を活用する方針で12年に事業化され、14年度から工事を進めている。伊勢堂岱遺跡周辺は景観に配慮し、新たなバイパスが現在の県道と秋田内陸線下を通る。蟹沢IC周辺は現道の道幅を広げている。
 鷹巣西道路に設置される2カ所の新ICは、23日に「伊勢堂岱」「蟹沢」の名称が発表された。仮称としていた「緑ケ丘」を、地元の要望を受けて伊勢堂岱遺跡にちなんだ名称に変更している。
 同事務所は、日沿道の延伸で冬期間の入り込み観光客数が増加傾向にあるとしており、蟹沢ICまでの開通による観光周遊エリアの拡大を期待。このほか県北地域への企業進出や、災害時に国道7号の通行止めとなった場合の迂回(うかい)路が確保されるなどの効果があるとしている。
 今回の開通区間は自動車専用道路となるため歩行者・自転車、軽車両、二輪車(125㏄以下)は通行できない。蟹沢ICから翔鷹大橋を通り、国道7号と交わる今泉交差点までの区間約1・65㌔は既存道路の活用区間。工事の時期は未定だが、23年度に開通予定の二ツ井今泉道路(延長4・5㌔)と接続する今泉IC(仮称)が設置される予定。
 蟹沢IC~大館能代空港IC間の開通当日は同市鷹巣の鷹巣小学校体育館で開通式典を行う。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、関係者のみとし、一般参加は取りやめる。

 
 

偉大な作曲家しのぶ 北秋田市 成田為三の命日 没後75年 墓前で合唱

2020-10-30
成田為三の墓前で行われた演奏会(北秋田市の龍淵寺)
 北秋田市出身の作曲家・成田為三の命日に当たる29日、同市米内沢の龍淵寺で墓前演奏が行われた。あいにくの雨模様となったものの、地元の合唱団など約50人が参加。「浜辺の歌」や今年で制定から90周年となる「秋田県民歌」などを墓前で歌い上げ、功績をたたえた。
 成田為三は1893年、旧森吉町米内沢生まれ。東京音楽学校で作曲を学び、「浜辺の歌」をはじめとする数々の名曲を生み出した。1945年10月29日に死去し、同寺に眠っている。演奏会は1957年から始まり、現在は地元の合唱団が参加して続けられている。
 没後75年となった今年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止を図る観点から参加の呼びかけを森吉地区だけにするなど、規模を縮小。浜辺の歌音楽館少年少女合唱団、コール・もりよしのほか、関係者らが、遺影の飾られた墓前に集まった。
 演奏に先立ち、奥山亮修住職が読経し、参加者の代表らが焼香。少年少女合唱団が「浜辺の歌」、コール・もりよしが「ほろほろと」を披露したあと、参加者全員で1930年10月30日に制定された「秋田県民歌」を合唱。「山水皆これ、詩の国秋田」と歌い上げ、ふるさとの偉大な作曲家をしのんだ。
 少年少女合唱団の泉谷優奈さん=森吉中3年=は「先生への感謝の気持ちを込めて歌った。雨が降ったけど、良い歌が届けられたと思う」などと話した。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る