本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

今夏の日照不足顕著 北鹿地方 農作物の生育に遅れも 鹿角で7月は平年比66%

2020-08-13
NEW
生育の遅れが心配されているヤマノイモの畑。農家が草取り作業を行っていた(大館市二井田)

 北鹿地方は7月以降、雨や曇りの日が多く、梅雨明けが発表されずに夏本番を迎えている。日照不足は顕著で、7月の日照時間は平年に比べ、鹿角市で平年の66%、大館市で75%にとどまった。8月に入っても曇り空に覆われた日が多い。農作物にも影響が出ており、収穫期を迎えているエダマメで作業の遅れや、ヤマノイモなど一部の作物で生育の遅れが目立っている。
 気象庁のまとめによると、7月の日照時間は大館市が108・6時間(平年144時間)、鹿角市が101・9時間(同154・2時間)、北秋田市鷹巣が120・7時間(同153・1時間)で、いずれも平年を下回った。
 7月の降水量は大館市が242㍉(平年215・4㍉)、鹿角市で278・5㍉(同186・8㍉)、鷹巣が198・5㍉(同216・2㍉)。鹿角市は平年と比べ約1・5倍となった。
 秋田地方気象台によると、7月は梅雨前線や東からの湿った気流の影響を受けやすく、曇りや雨の日が続き、北東北全体で日照時間が少なかった。同気象台がまとめた8月上旬の気象概況(速報値)でも、気圧の谷や低気圧、前線の影響により曇りや雨の日が多く、鷹巣の旬間日照時間(1~10日)は25・8時間、平年比44%で、「かなり少ない」となった。晴れの日が長続きしない状態を受け、仙台管区気象台は7日、東北北部の梅雨明けを発表しないと判断した。
 農作物への影響について県北秋田地域振興局農業振興普及課は、水稲は「日照不足や連続した降雨でいもち病が懸念されたが、管内は目立った発生が確認されていない。県内では出穂が遅れた地域もあるが、管内は例年より1日早かった」と説明する。
 一方で、「エダマメはお盆向けの中生種の収穫期を迎えているが、葉色が薄く、さやの肥大が遅れ、作業が1週間ほど遅れている」という。大豆も連続した降雨で中耕(土寄せ)作業に遅れが出てる。担当は「今年目立っているのが、ヤマノイモやトンブリの生育の遅れ。ヤマノイモはこの時期の葉色が緑だが、日照不足で薄黄緑色。今後好天が続いて日照を確保し、生育が回復することを期待している」と話した。
 秋田地方気象台によると、8月の東北日本海側の日照時間は平年並みか少ないと予想している。暖かい空気に覆われやすいため、気温は高い見込み。

プレミアム応援券 発行予定の8割販売 北秋田市 経済効果に期待

2020-08-13
NEW

 新型コロナウイルスの緊急経済対策として北秋田市が独自に発行した「スーパープレミアム付応援チケット」の販売実績がまとまった。発行予定3万5000セットに対し、79%に当たる2万7743セットを市民が購入。発行総額約4億1600万円分が市内の消費に回ることになる。使用期限は今月末で、緊急経済対策室は「短期間にかなりの経済効果が期待できる」としている。
 応援チケットは1セット1万円(1世帯最大5セット)で、市内の大型店や中小小売店で1万5000円分の買い物に利用できる。1セット当たり5000円分がお得になる「プレミアム」は過去最大という。
 先月11日に売り出し、今月7日で終了した。対策室によると、事前に4936世帯が1万8003セットの購入を申し込んだ。市が購入希望者を追加で募集したところ、1290世帯が応じ、最終的に計6226世帯が2万7743セットを購入した。発行総額は4億1614万5000円となった。
 先月13日から市内444店で幅広く利用されている。使い道として日用品や食品、電化製品の購入が目立つという。自家用車の整備、住宅の塗装・補修といった「普段手が届きにくい部分」に使うケースもあった。
 使用済みチケットは各店が市の窓口に持ち込んで順次換金している。7日時点で2億1271万円分が換金済み。少なくとも発行総額のほぼ半分が3週間余りの期間に使われたことになる。残り半分も使用期限までに利用されれば、7週間という短期間に4億円余りが消費に回ることになる。
 発行予定数の79%という販売実績について佐藤義隆室長は「過去最大のプレミアムが付き、購入希望者が増えた」と分析。「新型コロナの影響が経営に及んだ事業者の声を聞いても、応援チケットによる経済効果があったと考えている」と話した。

帰省控えで人出まばら 鹿角市花輪の市日 お盆の臨時市

2020-08-13
NEW
お盆用品を買い求める客(鹿角市花輪の市日会場)

 鹿角市花輪の市日会場で12日、お盆の臨時市が開かれ、市民らが墓参りで先祖に供える花や菓子などを買い求めた。コロナ禍で帰省を控える出身者が多いためか、人出は例年よりまばら。それでもお盆用品をそろえようと、両手に買い物袋を抱える姿も見られた。
 市日は通常「3」「8」の付く日に開催。毎年お盆前日に臨時市を開いている。
 この日は早朝から40店が出店した。食品を扱う店にはお盆用の菓子や赤飯、ナスやゴーヤーなどの夏野菜、旬のフルーツがずらり。生花店では仏花用のリンドウ、キキョウ、アスターが並んでいた。出店者は威勢の良い声を上げて客を呼び込み、客は手に取って品定めしていた。市八幡平の60歳代夫婦は「分家のお墓にも供えるため花を8束買った。いつもなら親戚が5人ほど集まるが、今年は息子夫婦が1泊するぐらい。バーベキューをして楽しませたい」と話していた。
 市日の管理者によると、例年は家族総出で買い物する人たちや、帰省客で会場が混雑するという。だが、この日来場者の大半は1~2人で足早に買い物を済ませているようだった。毎年出店しているという花き農家の女性(80)=市花輪=は「いつもは午前11時頃には完売するのにまだまだ残っている。売り上げは3分の1にも満たない。明日(13日)の市日に期待したい」と話していた。

改善センターと駅前公民館 解体前に記念イベント 寄せ書きやアルバム  北秋田市

2020-08-12
館内で公民館の思い出に関する寄せ書きや公民館活動のアルバムを展示

 北秋田市合川農村環境改善センターと合川駅前公民館の解体が近づく中、同センターで11日、閉館記念イベントが始まった。合川公民館が所有するアルバムを展示して施設の歴史を振り返るほか、住民が施設への感謝を込めたメッセージを書き残している。イベントは31日まで。
 同市新田目の駅前公民館は1971年、合川公民館が入居する同市李岱のセンターは82年に開館。いずれの施設も市や旧合川町が主催する行事のほか、地域団体の活動の場やイベント開催時に長年使用されてきた。
 センターは8月末の一般利用休止後に解体し、現在地へ新公民館の建て替えが予定されている。老朽化が著しい駅前公民館も同じ日程で解体される。長年にわたり両施設が利用者に親しまれてきたことに感謝を込め、最後の事業として記念イベントを実施した。
 センターの出入り口付近には、パネルとアルバムの展示コーナーを設置。センター完成時から約38年間の歴史がまとめられたアルバム約80冊を展示した。中にはまと火の準備作業や成人式、生涯学習講座、婦人会の行事などの写真もあり、地域住民の盛んな活動の様子を知ることができる。スライドショーでアルバム内の写真を紹介するほか、館内に眠っていた合川町時代の年表、結婚式で使ったパネルなども展示している。
 パネルには住民から募った公民館にまつわる思い出の寄せ書きを貼り付けている。窓口に記入用紙と募集用の箱を用意して住民に参加を呼び掛けている。公民館の利用者から寄せられた用紙には「さまざまな活動、活躍に出会って刺激を受けられるのは公民館あってのこと。ありがとう」「婦人会活動ではわが家のごとくお世話になりました」などと文章や絵で感謝の気持ちがつづられている。
 イベント初日に合わせ、センターで合川公民館短期講座を開催。講師にバルーンパフォーマーの大川龍也さんを招き、寄せ書きを貼るパネルの飾り付けに挑戦した。午後からは小学生ら約10人が参加。風船が割れないよう気をつけながら、まとめて風船をポールに取り付けていき、色鮮やかなバルーンアーチを作っていた。
 寄せ書きはイベント期間中随時受け付けている。佐藤隆男館長は「合川地区は地域の中でもいち早く活発な公民館活動に取り組んできた。住民の皆さんの思い出を今後の公民館につなげていきたい」と話している。

 

夏休み「記憶に残る体験」 セミの幼虫探し羽化観察 大館郷土博物館

2020-08-12
セミの幼虫を探す子どもたち(鳥潟会館庭園)

 大館郷土博物館は先月31日夜、大館市花岡町の鳥潟会館庭園で子ども科学教室「わくわくサイエンス」を開いた。「生きものの不思議・セミの羽化」をテーマとし、同市と鹿角市から小学1~4年生7人、保護者8人が参加。幼虫採集、羽化観察を通して生態に理解を深めた。
 同教室は子どもの知的探究心を刺激し、科学的思考力を養う機会にしようと毎年開催。セミの羽化観察は「記憶に残るような体験を」と、幼虫が土の中から地上に出てきて成虫となる夏に合わせて年1回企画している。
 参加者は、セミが地上に出てきやすい日没後に集合。子どもたちは懐中電灯と虫かごを持ち、庭園を歩いて幼虫を探して回った。木の幹にはアブラゼミが列を作るように止まっており、「こっちにもいた」「たくさんいるよ」「木に止まっているのを初めて見た」などと歓声を上げた。採集後は幼虫の体長や重さを計測し、生態について学習した。
 中田和来(わく)さん(有浦小2年)は「幼虫が木にたくさんいて、びっくりした。一番大きいのを選んだので、家で脱皮を見てみたい」と目を輝かせていた。
 その後、採集した中から1匹を自宅に持ち帰ってそれぞれ羽化を観察した。

 

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「オンライン」で英語力 上小阿仁中のイングリッシュキャンプ 留学生との交流も

2020-07-25
オンラインで行われたイングリッシュキャンプ(上小阿仁中)
 上小阿仁中学校(吉田純校長)で22日、恒例の「イングリッシュキャンプ」が開かれた。今年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため日程を1日に短縮。村外在住の外国語指導助手(ALT)によるオンライン授業や、秋田工業高等専門学校(秋田高専)の留学生たちとのオンライン交流が行われた。生徒たちは画面を通して、活発にコミュニケーションを図った。
 英語や異文化への関心と英語での会話能力を高めるとともに、日本の文化に関するプレゼンテーション能力の向上も図っていこうと2016年度から開かれている。例年は1泊2日の日程で、ALTと英語で会話をしながら交流や授業を行ってきた。
 今回は、日程を1日に短縮した上で、テレビ会議システムなどを活用した「オンライン授業」を採用。システムの接続などは秋田高専が協力し、教員らスタッフ3人が同校を訪れて万全の準備を整えた。
 オンラインで参加したALTは、男鹿市教育委員会のチン・カイシンさん、大潟村教委のウィル・ローランドさん、大館市教委のヴィアス・フィリップさん、大館国際情報学院高校のソロモン・ラムキッスーン・アリアンさんの4人。上小阿仁村教委のカニンガム・オーエンさんとホアン・マイケルさんはそれぞれの教室で参加した。
 3年生の教室では、ALTが画面越しに英語でクイズを出題。「アニメ」「映画」「音楽」「ゲーム」などジャンルごとの問題に、生徒たちはチームで回答したほか、分からない部分を英語で質問するなど、和やかな雰囲気で授業が進んだ。秋田高専の留学生4人とのオンライン交流では、それぞれの出身国の特徴や文化の説明を聞くなどして、交流を深めていた。
 3年生の萩野海空翔さん(14)は「イングリッシュキャンプができ、うれしかった。オンライン授業も初めてだったが、普段の授業と変わりはなく、楽しかった」などと話した。

医療機関の8割超収入減 県医師会調査 小児、耳鼻科で影響大

2020-07-24
 秋田県医師会(小玉弘之会長)は、新型コロナウイルス感染拡大後の県内医療機関の診療状況を調査した。回答した病院や診療所の8割以上で保険診療報酬が前年同期に比べて減少した。感染への懸念から受診控えがみられた小児科や耳鼻咽喉科では、半数以上が30%を超える減収になったと回答。医師会では受診控えなどによる減収傾向は今後も続くものとみている。
 新型コロナウイルスの医業経営への影響を把握しようと、会員医療機関623施設を対象に6月9日から30日まで実施。病院40施設と診療所231施設の計271施設から回答があった。回答率は43・5%。
 県内で感染確認が相次いだ今年4月と前年同月の保険診療収入についての質問では、病院の82・5%と診療所の84・8%が前年同月より「減った」と回答。「変化なし」と回答したのは病院の15%と診療所の11・7%。診療所では「増えた」が2・2%あった。
 減ったと回答した病院のうち減少率が10%未満だったのは57・6%。10~19%の減収は30・3%。20~29%は9・1%だった。診療所は10~19%の減収が最も多く41・3%を占めた。病院ではみられなかった30%を超える減収となったケースもあった。
 病院に比べて減少率が高い施設が多かった診療所の状況を診療科目別にみると、小児科の66・6%と耳鼻咽喉科の54・6%で「30%以上の減収」となった。医師会は「小児科は、幼児への感染を防ぎたいという気持ちからの受診控えがあった。耳鼻咽喉科は、新型コロナの症状に嗅覚の異常があることが分かったことなどが影響したのでは」と要因を分析。事業継続に向けて公的な支援が必要との見解を示した。
 新型コロナ感染症により「現在困っていること」の質問では、病院、診療所ともに「感染予防対策」を挙げる施設が最も多かった。次いで多かったのは「患者が来ない」、給与支払いやローンの返済、職員の勤務調整などを挙げる施設も多かった。医師会は「長期処方や電話再診による患者数の落ち込みが経営を圧迫している」とした。
 感染拡大に伴い国や地方自治体が行っている助成や融資制度については、ほとんどの施設が利用を予定してないと回答した。「申請したいが要件を満たさない」「制度がよく分からない」という声もあった。

合川に「習字カフェ」 憩い、学びを求めて 異色の組み合わせ人気 

2020-07-24
習字教室(手前)とカフェ(奥)が併設された店内
 習字の指導資格を持つ森岡恵理奈さん(37)=北秋田市=が習字教室とカフェを常設した異色の店舗「ブラッシュ&カフェ HAUNT(ハウント)」(同市川井)をオープンし3カ月余りがたつ。「行きつけの場」という意味の店名の通り、憩いや学びを求める幅広い世代から人気を集めている。
 洋風の店内に入ってすぐのスペースがカフェ(8席)。奥に調理場、教室の和室(12畳)、休憩スペースが広がる。市内の教室は少子高齢化の影響で減少傾向にあるという。カフェも閉店が目立つ。習字教室とカフェの常設経営は県内でも珍しいという。
 カフェはドリンクメニューが中心。奈良県の焙煎(ばいせん)所から仕入れたコーヒー豆の「アメリカーノ」(税別300円)、エスプレッソ(同400円)などを格安で楽しめる。飲み物に合う軽食やデザートも提供し20~80歳代が利用する。
 カフェ営業(午前10時から午後4時30分まで)と入れ替わるように、教室が午後3時30分に始まる。月謝制で小学生から高校生、50~60歳代の女性が通う。教室は飲み物付き。「学びながらおいしいコーヒーを飲む時間はぜいたく」と好評という。送迎の保護者がテークアウトすることも。カフェだと思って来店し「字を習い直したい」と関心を示す人もいて、併設した相乗効果が生まれている。
 異色の組み合わせは3年ほど前、近親者を失い、自らの生き方を見つめ直す中で生まれた。職業観も「長く、年齢にとらわれず続けたい」と考えるようになり、習字教室に思いが至った。
 習字は小学1年から高校3年まで親しみ、一時は遠ざかったが現在は4段の腕前。昨年「日本習字教育財団」の指導資格を得た。勤め先を辞め、県外の託児付きカフェを視察するなど準備を進めた。
 4月6日にオープンした。直後に新型コロナウイルス感染が全国で拡大。経営面で打撃を受けた。森岡さんは「作品を展示・鑑賞するような店ではなく、あくまで字を習う『習字カフェ』。少しずつ地域に受け入れられてきたと感じる。住民が気軽に集い、字を書く楽しさを知る場所になれば」と話した。
 ハウントは同市川井字鳥屋沢34の1、電話0186・67・8083。定休は毎週日曜、祝日、第2・4月曜日。

 

東京五輪開幕まで1年 開催信じて前向きに 交流発展や情報発信に力 大館市と鹿角市

2020-07-23
担当職員は東京五輪・パラリンピック開催を信じて準備を進めている(ニプロハチ公ドームパークセンター)
 新型コロナウイルスの影響で史上初の延期となった東京五輪・パラリンピックは、23日で五輪開幕まであと1年となった。感染拡大が収束せず先行きが見通せない状況の中、ホストタウンに登録されている北鹿地方の自治体は事業の見直しを余儀なくされている。一方で空白となった期間を生かして情報発信や交流発展に力を入れる動きもあり、開催を願って地道な活動を続けている。
 タイのホストタウンとなっている大館市では当初、パラリンピックのボッチャ・陸上競技両代表チームが8月上旬に事前合宿を行う予定だった。大会観戦ツアーや、終了後の報告会も計画していたが、1年延期せざるを得なくなった。
 そんな中、コロナ禍に揺れる日本を心配して、タイのボッチャチームから市に、日本語で激励の動画メッセージが届いた。「一緒に頑張りましょう」。市もお礼の気持ちを込めてタイ語の応援動画を制作し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開。ホストタウンと相手国のSNSを通じた交流は全国に先駆けた取り組みで、各地に広がっていった。
 両国の温かい友好関係はタイのテレビ番組でも紹介され、絆はさらに深まっている。市スポーツ振興課の佐藤税課長は「これまでの関係があるからこそ、メッセージのやり取りにつながった。タイとさらに深く交流できる時間を頂いたと、延期を前向きに捉えている」と話す。
 8月8日には、県内のボッチャチームや小学生らを招いた体験型交流イベントを計画しており、「来年の大会が開催されるものと思って準備を進めていく。この1年が機運醸成のほか、競技の普及、交流発展につながるような時間になれば」と考えている。
 一方、ハンガリー・ショプロン市との姉妹都市協定が縁で同国のホストタウンに登録されている鹿角市は当初、五輪のバスケットボール、テニスの2競技を対象とし、市内でパブリックビューイングを含むイベント開催、ハンガリー選手を招いた交流会などを予定していた。大会期間前後の各種事業は休止に追い込まれたが、ハンガリー文化を市民に発信する取り組みを地道に続けている。
 ハンガリー出身の市国際交流員が中心となって交流イベントや料理教室、語学講座、企画展示を開き、地元ラジオでも精力的にPR。相手国の文化や日常生活に理解を深めてもらおうと努めている。市政策企画課は「延期は残念だったが、ハンガリーとのつながりを軸に情報発信をし、熱を五輪までつなげていけたら」としている。

待ちに待った夏休み 大館市内の小中学校で終業式 北鹿5市町村で皮切り

2020-07-23
初めての通信簿を受け取る児童(桂城小)
 大館市内のほとんどの小中学校で22日、1学期の終業式が行われた。新型コロナウイルスの影響で、手洗いやマスクの着用など「新しい生活様式」で学校生活を送った子どもたちの頑張りをたたえ、2学期の再会を誓った。
 新型コロナウイルスの感染拡大による臨時休校により、北鹿地方では同市以外の4市町村が夏休みの短縮を決定。北秋田市と上小阿仁村は31日、鹿角市と小坂町は28日に終業式が行われる。
 大館市は他の市町村と比べて休校期間が短く、授業日数を多く確保したため、予定通りの夏休みを実施。この日は国際情報中を除く、市内25小中学校で終業式が行われた。
 このうち、大館市桂城小学校(根本光泰校長、児童225人)の式では、根本校長が夏休みの注意事項として計画な学習や運動、交通事故や水の事故などに注意を呼び掛けた。
 児童を代表して篠原悠太さん(2年)、石川珠衣さん(4年)、虻川心愛さん(6年)が1学期に頑張ったことと夏休みの目標を発表。「たくさん手を挙げるように頑張った」「1学期の復習をしたい」「ルールを守り33日間の夏休みを過ごしたい」など話していた。
 式終了後、各教室で担任が児童へ通知票を配布。1年生の教室では、児童たちが初めての通知票に緊張しながらも「ありがとうございます」と元気よく受け取る姿が見られた。豊吉菜緒さん(1年)は「バツがなくてよかった」、石田京さん(同)は「全部マルでうれしい」と笑顔をはじけさせた。
 同市内の2学期の始業式は、国際情報中で8月21日、田代中で24日、他の小中学校では25日に行われる。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

需要拡大に新商品 コロナで打撃の比内地鶏 県庁で発表会

2020-06-30
秋田活性化の日景社長があいさつした新商品の発表会(県庁)
 新型コロナウイルス感染拡大に伴い消費量が激減した北鹿地方特産の比内地鶏の需要回復を図ろうと、県内の加工業者らが新たな比内地鶏の味わいなどを楽しめる新商品を開発した。県庁で29日、報道向けの発表会が開かれ、秋田比内やの「比内地鶏すぐ食べられますシリーズ」や、秋田活性化の比内地鶏を使った2種類の缶詰などが紹介された。
 高級食材として首都圏の飲食店などに販売されている比内地鶏は、新型コロナ感染拡大に伴う外出自粛や飲食店への休業要請などの影響で、消費量が大きく減少。県は新商品の開発支援や学校給食での活用など、需要回復に向けた取り組みを進めている。
 紹介されたのは秋田比内やと秋田活性化、秋田味商の商品。秋田比内やの「すぐ食べられますシリーズ」はステーキやそぼろ、つくね、ハンバーグなどの加工品を冷凍したもので、レンジ調理で簡単に食べられるのが特長。4月からラインアップを増やしながらオンラインショップや大館本店で販売している。
 秋田活性化は、比内地鶏を使ったオイル煮料理アヒージョとトマト煮込みの缶詰を開発。大館市産のニンニク、小坂町産のアカシアはちみつなど、県産品をふんだんに使用した。アヒージョは「金の比内地鶏」、トマト煮込みは「赤の比内地鶏」の商品名で、7月1日から県内のスーパーや土産品店などで販売。通販も行う予定。
 発表会では、参加事業者を代表して秋田活性化の日景賢悟代表取締役が「比内地鶏の魅力を、より多くの人に知ってもらい消費拡大を図りたい。ぜひ買って、食べて、協力を」などと呼び掛けた。

 

JAかづの総代会 7200万円の剰余金 19年度決算 

2020-06-30
JAかづのの通常総代会(JA会館)
 JAかづの(菅原俊二組合長)の第58回通常総代会が29日、鹿角市花輪のJA会館で開かれ、2019年度事業報告など議案8件を原案通り承認した。収支改善に取り組んだ結果、7200万円の当期剰余金を計上、組合員に対し、11年ぶりとなる出資配当を予定している。
 総代会は、新型コロナウイルス感染防止のため、必要最少人数での開催となり、出席したのは28人、書面での議決は393人だった。
 黒字決算は4年連続。前年度の6800万円を上回った。自己資本比率は0・16%増の12・27%、不良債権比率は0・56%減の1・78%となる。
 子会社の経営状況は、ガソリンスタンドや葬祭などを行うアニモが、暖冬による灯油、軽油販売の減少、新型コロナの影響を受けたものの、5200万円の当期利益を計上。
 累積赤字解消へ向け再生5カ年事業計画に取り組んでいるファー夢かづのは、800万円の当期利益を確保し、次期繰越損失金は737万円となった。
 支所の再編を盛り込んだ第10次農協基本計画の一部変更に対し、「不便になる」などと慎重な対応を求める意見があった。八幡平、花輪、柴平、十和田、大湯(出張所)、小坂の各支所を南部(花輪)と北部(十和田)の2支所に再編するもので、八幡平と柴平、小坂はプラザ店舗に業態転換する。従来の支所、出張所業務は北部、南部支所に移管する。
 実施時期は大湯の廃止が今年11月、小坂は本年度下期、柴平は21年度、八幡平は23年度以降を予定している。再編に伴う職員は、営農指導部門に投入し、営農の充実を図る。
 出席者からは、「JAの支所は地域コミュニティーづくりの役割を担ってきた」「プラザになって、果たして採算は取れるのか」など再編に慎重な意見があった。プラザを展開しているのは、全国でも沖縄県内だけという。
 役員の定年を70歳から73歳に引き上げる定款の一部改正については、年齢制限の撤廃を求める意見も出た。

 

内陸縦貫鉄道19年度決算 4者目標はクリア 訪日客好調もコロナ禍

2020-06-30
秋田市の旅行会社で教育旅行の誘致活動に取り組む関係者(大館市提供)
 秋田内陸縦貫鉄道(本社・北秋田市)の第36回定時株主総会が29日、同市阿仁庁舎で開かれ、2019年度決算を承認した。レストランなどの関連事業収入が伸びず、全体で1億8822万円の経常損失を計上。県など4者による目標「赤字2億円以内」は5期連続で達成した。
 事業報告によると、本業となる鉄道の輸送人員は26万3672人。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い2~3月に落ち込んだものの、年間では前期より2835人増加した。
 内訳は▽定期=10万8030人(前期比2420人減)▽定期外=15万5642人(5255人増)。定期外が増加した要因はインバウンド(訪日外国人客)の利用が1月まで好調を維持したため。2月以降は新型コロナの影響で観光需要が激減。臨時休校が重なり、定期利用の通学客も減った。
 このうちインバウンドは団体利用が1125件(119件増)、3万3344人(4752人増)。個人利用は1464人(146人増)だった。利用者数は過去最多を更新した。
 収入は鉄道事業が18万5000円減の1億3081万円を計上した。関連事業分などを加えた総額は3億3313万円。前期比2435万円の増収となった。営業費用などの支出総額5億2135万円を差し引き、経常損失は1億8822万円。補助金収入などを合わせ、最終的な当期純利益は784万787円で、2期連続の黒字となった。
 鉄道事業収入はほぼ前期並み。レストランこぐま亭や車内販売などの関連事業収入が伸びなかった。人気キャラクター「ハローキティ」とのコラボレーション企画に代わる目玉メニューを打ち出せなかったことなどが原因という。支出は少雪のおかげで除雪費などが減少した。
 吉田社長は「コロナで大きく乱れた会社経営の軌道修正を図っていきたい」とあいさつした。
 任期(4年)満了に伴う監査役の選任が行われ、秋田銀行鷹巣支店の安保大樹支店長、北都銀行鷹巣支店の伊藤市之丞支店長の2人を新任した。
 

県内から教育旅行誘致へPR 新型コロナで行き先変更の受け皿に 大館と鹿角で連携

2020-06-29
秋田市の旅行会社で教育旅行の誘致活動に取り組む関係者(大館市提供)
 大館市まるごと体験推進協議会(石垣一子会長)は、鹿角広域観光推進会議と連携し、県内の小中学校を対象とした教育旅行の誘致に取り組んでいる。新型コロナウイルスの影響で修学旅行の行き先が県外から県内にシフトしている流れを受け、その受け皿になろうと可能性を模索。すでに県南の小学校から仮予約があるなど反応が好調で、今後、さらなる効果が期待される。
 県内の小中学校の修学旅行は5、6月に集中し、行き先は北海道、仙台、東京が一般的。しかし、新型コロナの影響で北海道は北東北3県に、仙台は県内などに規模の縮小が検討されている。同協議会では地域の魅力をPRしながら、県内を検討している学校の受け皿の役割も兼ね、誘致活動に取り組んでいる。
 同じく誘致を進める同会議とともに、広域連携を意識したプランを提案。22、23日は、駅弁製造の花善(大館市)とホテル鹿角の4者で県南と秋田市の旅行、バス会社など9カ所を訪問した。
 同協議会では、きりたんぽづくり、農業体験、農家民泊などのアクティビティ、同会議では尾去沢鉱山、大湯ストーンサークル、康楽館などの名所を紹介。旅行を秋に計画している学校が多く、リンゴやナシなどの収穫体験も勧めた。旅行会社の担当者からは「これまで県北地区に教育旅行で行ったことはなく、メニュー作りにとても役立つ」などの声があったという。
 早速、横手市の小学校からきりたんぽづくり体験の仮予約が入るなど、反応は好調。同協議会では、これまで県内の教育旅行は日帰りを受け入れたことはあるが、宿泊はまだない。担当者は「この機会に県内のさまざまな地域の魅力を知ってもらい、将来的に定住につながっていけば」としている。

4年ぶり赤字決算 北秋田市のマタギの里観光開発 新型コロナや暖冬影響

2020-06-29
マタギの里観光開発の株主総会(打当温泉マタギの湯)
 北秋田市の第三セクター・マタギの里観光開発(仲澤弘昭社長)の株主総会が26日夕、打当温泉マタギの湯で開かれ、2019年度決算を承認した。年明けからの新型コロナウイルスによる影響や暖冬による除雪収入の落ち込みなどにより、4年ぶりに赤字での決算となった。
 19年度の損益計算書によると、売上高は1億5674万3017円。商品の仕入費や材料費などを差し引いた売上総利益は8684万7059円。販売費および一般管理費は1億611万6866円で、差し引き1926万9807円の営業損失となった。市からの受託料など営業外収益を加えても、147万4340円の経常損失を計上。税引き後の当期純損失は165万5646円だった。
 事業報告書では、19年度について「新型コロナウイルスは、今期後半の経営状況に大きな影響を与えた。大きな収入源となっている除雪は、暖冬のため大幅な落ち込みとなった。ただ、影響を最小限に抑えられたことは社員全員の努力の積み重ねの結果」などと説明。
 仲澤社長は「新型コロナウイルスの影響はまだ続いている。県のプレミアム宿泊券や市の宿泊者半額応援事業の効果に期待しながら、売り上げが減少した分を取り返していきたい」と述べた。
 任期満了に伴う役員の改選では、市産業部政策監の米澤田茂氏を新任したほか、仲澤氏、神成俊行氏(秋田テレビ会長)、桜田聡氏(統括部長)、板倉義明氏(料理長)を再任。終了後の取締役会で仲澤氏を社長に再任した。監査役は現職の鈴木美千英氏(山水荘施設長)、千田匡氏(秋田銀行阿仁合支店長)を再任した。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る