本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

大館能代空港 搭乗わずか数人の便も コロナ禍直撃 3~4月「前例ない落ち込み」

2020-04-09
NEW
搭乗客が少なく閑散とした大館能代空港ターミナルビル
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛を受け、北鹿地方の空の玄関口・大館能代空港(北秋田市脇神)は羽田間4便の搭乗客数が激減している。客数がひと桁しかない便もあるという。年間15万人超(2018年度実績)が搭乗し利用好調の空港を支えてきた関係者は「1998年の開港以来、前例がない落ち込み」と肩を落とす。
 東京など7都府県に緊急事態宣言が出された7日夕。首都圏の客を運ぶ羽田発の便から、大館能代に降り立ったのは数人。出迎え客の姿もまばらでターミナルビルは閑散とした。宣言の前後に、地方へ身を寄せて感染回避する「コロナ疎開」が懸念された中、この日は混乱なく一日4便の運航を終えた。8日午前も同様だった。
 周辺自治体などで構成する空港利用促進協議会などによると、減少が顕著になったのは3月終盤。都知事が週末の外出自粛を要請した時期に重なる。4月に入ってさらに減り、166人乗りの機体に客が10人前後という便も珍しくない。
 人の移動が多い年度末や年度始めは例年、搭乗客が増える時期。空港管理事務所の発表によると、昨年3月や4月はそれぞれ約1万2000人が利用し搭乗率は6割近い。一日平均で約400人。単純計算で一便に約100人が乗っていたことになり、今春の激減ぶりがくっきり浮かぶ。
 全国的な需要減を踏まえ、全日空は国内線の一時減便や運休を発表している。大館能代も対象で、午後の2便は9日から断続的に欠航する予定。わずかな客数すらも一層減ることになる。ビジネス客からは「午後便は仕事に便利。緊急事態宣言が解除されたら、また利用したい」と早期の再開を望む声が上がった。
 ターミナルビルにはレンタカーやレストラン、売店などが入居している。関係者は「東日本大震災の時より客数の落ち込みが大きい」「仕事にならない」とため息まじりに話す。
 大館能代は関係機関・団体の利用促進策が実り、13年度以降、6年連続で客数が過去最高を更新してきた。好実績を背景に「一日三往復(6便)化」を目指そうという機運が地元で高まっていた矢先のコロナ禍。8日に開かれた利用促進協事務局の定例会合では、3月の客数が前年割れする見込みと報告された。2019年度の目標15万8000人に届かず、15万人も割り込む公算が大きいという。
 空港の利用促進を所管する市総合政策課は「大変な事態。過去に例がない落ち込み」と受け止め、コロナ禍の「一日も早い終息を願うしかない」と話した。
 

緊急事態宣言の影響と対策 県新型コロナ対策本部 知事「秋田に合った対策を」

2020-04-09
NEW
県新型コロナ対策本部会議(災害対策本部室)
  県新型コロナウイルス対策本部(本部長・佐竹敬久知事)は8日、県第2庁舎の災害対策本部室で第2回会議を開き、国が7都府県を対象に行った緊急事態宣言の本県への影響と対応策について協議。佐竹知事は、5月の連休にかけて感染が拡大する可能性があるとの見方を示し「気を抜かずに全力で万全の対策を」と指示した。
 緊急事態宣言に関しては、県内に影響する可能性がある事項として、首都圏など感染急増地域からの帰省増加とそれに伴う感染や疑いの増加、医療や検査需要の増大、往来の縮小停止による経済活動の停滞などを挙げた。
 医療や検査関係については、帰国者・接触者外来の追加的窓口を医師会と連携して整備するなどの対応策を示した。
 県民生活への影響では、生活関連物資の買い占めや売り惜しみ、価格高騰などの発生、休業や失業による収入減少などが心配され、県民に対して冷静な行動を呼び掛けるとともに、各種支援制度の活用に向けて周知徹底を図るとした。
 新型コロナ対策に関する県の基本的対処方針も決定した。国が示した方針におおむね準じた内容で、市町村と連携した迅速な情報提供やウイルス検査体制の把握、まん延防止策として県外からの帰省者などに対する注意喚起など盛り込んだ。経済対策では中小事業者や農業者などを対象にした独自の対策を「隙間なく講じる」とした。
 県内の感染状況については、これまで11人が確認されたが、いずれも県外への往来歴があることから感染経路は「ほぼ明らか」との認識を示した。ウイルス検査の実施は5日現在、419件。コールセンターで受けた相談は3042件。感染確認が相次いだ先月30日以降、急増している。
 佐竹知事は「首都圏などと異なり県内で外出自粛はそれほど意味がない。外出先でたむろして話をするなど密接となる可能性がある行動は良くない。秋田に合った対策を分かりやすく県民に伝えなければならない」などと指示した。

 

山田茂屋にサルの群れ 県道沿いに数十匹の姿 大館市注意呼びかけ 

2020-04-09
NEW
大館市山田の茂屋地区に出没したサルの群れ
 大館市山田の茂屋地区周辺に8日、ニホンザルの群れが出没した。数十匹がまとまって行動し、餌を食べる姿などが見られた。市内での目撃情報は比内町大葛が中心だが、近年は田代地区でも増えている。農作物被害も確認されており、市林政課は「餌になるようなものを屋外に放置しないようにしてほしい」としている。
 8日午前、田の沢集落の北側約1㌔の県道沿いにサルの群れが出没した。午前10時すぎには田んぼや高台で5~6匹が餌を食べたり、駆け回ったり、数匹が寄り添って寝転がったりする光景が見られた。車が近づくと、県道東側の山林に去っていった。付近を車で通りがかった人の中には、約30匹を確認したという声もあった。
 林政課によると、2019年度、市に届け出のあったニホンザルの目撃情報は105件。ほとんどが比内町大葛だが、田代地区でも岩瀬字大石渡、早口字大岱でそれぞれ1件あった。近年は岩瀬川沿いでは茂屋~大石渡、早口川沿いでは岩野目~李岱で出没が確認されており、田代地区でも増加傾向にある。担当者は「サルは冬眠しないため年間を通じて目撃情報があり、餌を求めて里に出没する」と話す。
 19年度には果樹園でリンゴ約200個が食べられる被害もあった。食害は果物や野菜の収穫期を迎える夏から秋にかけてが目立つが、「弁当の空き箱や空き缶、生ごみなど、餌になりそうなものは屋外に放置しないようにしてほしい」と呼びかける。「人が近づくとサルも警戒するが、十分に注意してほしい」としている。
 

「三つの密」避け入学式 大館市内小中高校 新学校生活スタート

2020-04-08
式終了後に行われた記念撮影(大館市城西小学校)
 全国で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、大館市内の小中高校で7日、入学式が行われた。体育館や教室の窓を開けて換気し、間隔を空けて座席を配置するなど、各校とも密閉、密集、密接の「三つの密」を避けて実施。新型ウイルス対策のため異例の対応が取られる中、新入生たちが新たな学校生活のスタートを切った。
 49人が入学した大館市城西小学校(柏﨑勇人校長)では、マスクを用意できなかった児童と保護者へ配布して全員がマスクを着用。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、玄関で手の消毒、会場の体育館は窓を開けて換気をし、座席の間隔も広く取っていた。
 式典は在校生と来賓は出席せず、校歌斉唱などを省略。短縮化し、約20分で式は終了した。終了後はクラスごとに記念撮影が行われ、マスクを外した子どもたちから笑顔があふれていた。
 このほか、教室に移動してのホームルームは密集を防ぐため中止。体育館でランドセルや帽子などを配布した。柏﨑校長は「式が短くなってしまったが、子どもたちの笑顔が見られてよかった。今後も教職員一同で児童の健康状態を一人一人確認し、感染予防策を徹底していきたい」と話した。
 大館国際情報学院(村上清秀校長)では、中高合同の入学式が行われ、マスク姿の新入生たちが式に臨んだ。新入生は中学の41人、高校の普通、国際情報2科の118人。来賓は招待せず、中高の在校生代表2人、保護者は新入生1人に1人までとした。
 式典は祝辞を省略、校歌の斉唱はCDを流すだけにするなど、感染防止対策や時間の短縮を徹底。村上校長は「臨時休校に伴い、授業や部活動、外出等において大きな不安と窮屈な思いをしてきたと思う。今後も学校生活にさまざまな誓約や影響が出てくることが予想される。少しでも早く収束してくれることを願いながら、学校では感染症対策をしっかりしていきたい」と式辞を述べた。

佐竹知事 独自の「緊急事態」検討も 新型コロナ感染防止 県民に向けメッセージ

2020-04-08
新型コロナ感染拡大防止に向け、県民に対してメッセージを発表した佐竹知事(県庁)
 新型コロナウイルス感染が国内で拡大していることを受け、佐竹敬久知事は県内での感染拡大防止に向けてメッセージを発表した。県内では感染が急増している首都圏などへの往来歴がある人の感染が相次いでいることを踏まえ、往来歴のある人に対して2週間ほど外出を控えるよう呼び掛けた。感染経路が不明な患者が複数確認された場合は、県独自の緊急事態宣言を行う考えも明らかにした。
 「緊急広報」と題したメッセージは、知事が自ら取りまとめたもので、県ホームページに掲載されている。ここ2週間に転勤や入進学、出張や旅行などで首都圏など感染者が多い地域に滞在していた人に対し「2週間ほど外出を控え、人との接触を最小限にするなど感染した可能性があるとの想定で行動を」と呼び掛け。
 今後、県外や海外から来県する予定のある家族や友人などがいる人は「来県前に連絡を取って健康状態を確認し、不安がある場合は滞在地の相談センターに連絡するなどの措置を講じるよう本人にアドバイスして」と指摘。
 感染が確認された人や家族、医療機関などに対して、不確かな情報に基づいた嫌がらせやSNSでの誹謗(ひぼう)中傷が見られるとし、「そのような行為は人権侵害。正しい情報に基づく冷静な行動を」と訴えている。
 知事は「これまでに県内で確認されたケースは感染経路が分かっている」と、急激な感染拡大の要因とみられる経路不明の感染は発生していないとの認識を示し、「経路不明の感染が一番怖い。そのようなケースが複数発生した場合は、県としての警戒レベルが上がる」と説明。国が特措法に基づいて行う緊急事態宣言に準じた県独自の宣言を行う考えを示した。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

月ノ輪柄がそっくり クマ模したTシャツ 北秋田市の企画事務所 

2020-03-21
胸元に月の輪柄が入ったTシャツ
 秋田内陸線沿線の活性化に取り組む企画事務所「くまのたいら企画」(大穂耕一郎代表)が、沿線の山間部に生息するツキノワグマを模したオリジナルTシャツを開発、販売している。胸元にある月の輪柄が本物そっくりで話題を呼びそうだ。
 新型コロナウイルスの感染拡大で社会全体に暗いムードが漂う中「楽しい話題を提供したい」と2月に開発を構想した。黒地に白っぽい月の輪柄を配置しただけのシンプルな原案を大穂代表が制作。ユニークなデザインの衣料品を手掛ける旧知の広告会社「サンタ・クリエイト」(新潟県十日町市)に依頼し、綿シャツにプリントしてもらった。
 サイズは子ども用の120㌢と140㌢、大人用のS、M、L、XL。価格は子ども用2400円、大人用2700円(いずれも税込み)。北秋田市の打当温泉「マタギの湯」で土産品として売り出した。今後、温泉近くの阿仁熊牧場「くまくま園」でも販売予定。
 類似したデザインは「見たことがない。ありそうでなかった」と大穂代表。「山の中で着るとクマと間違われてびっくりされるかも。Tシャツがツキノワグマの生態を知る契機にもなればいいですね」と話した。
 打当温泉でサンタ社の山菜柄Tシャツも販売中。問い合わせはくまのたいら企画(☎0186・84・2120)。
 

つるし飾り鮮やか 鹿角市のこもせ通り 飾り雛まつり始まる

2020-03-21
色鮮やかなつるし飾りなどが並ぶ会場(鹿角市十和田毛馬内)
 鹿角市十和田毛馬内のこもせ通りで20日、つるし飾りなどを展示する「毛馬内飾り雛まつり」が始まった。地元手芸サークルや住民が製作した色鮮やかな作品128組が並び、訪れる人の目を楽しませている。26日まで。
 まつりは、実行委員会(勝又幹雄会長)がこもせ通りのにぎわい創出などを狙いに実施し、今年で4回目。サークルや十和田高校の生徒9団体が出品した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催が危ぶまれたが、近隣に感染報告がないことから決行。だが、手芸の体験会や景品が当たるスタンプラリーなどのイベントは中止した。
 通りに面した商店や銀行、民家の全8カ所につるし雛飾りや、ひな人形などを展示。初日は午前中から市民らが訪れ、色とりどりのつるし飾りに見とれる姿があった。サークル会員に作り方を尋ねたり、販売されている手芸品を購入したりしていた。市内の80歳代女性は「手が込んでいて華やか。作品に感動している。会期内にまた来たい」と話していた。
 勝又会長は「コロナウイルスの影響はあったが、参加者の発表の場を奪わず、にぎわいをつくりだしたいとの思いで開いた。悪天候だが来場があり、熱心に見てくれている。出品者それぞれが手間をかけた新作が並んでいる。ぜひ見てほしい」と来場を呼びかけていた。
 主会場はこもせ通りの旧タカタツ向かい。午前10時から午後3時(最終日は正午)まで。一部手芸品や陶芸品の販売も行っている。

 

新型コロナ「一緒に乗り越えよう」 タイからメッセージ動画 事前合宿の大館市へ

2020-03-20
動画を作成したタイのボッチャチーム
 新型コロナウイルスの県内感染が確認された後、東京パラリンピックの事前合宿を大館市で行う予定のタイのボッチャチームから、同市に励ましの動画メッセージが届いた。選手らが「私たちと一緒に乗り越えましょう」などと、このために学んだという日本語を披露。同市では「非常に勇気づけられた」と感謝を表し、より一層のサポートを約束している。
 6日に県内で初めて新型コロナウイルスの感染が確認されたことを受け、11日にタイパラリンピック委員会のチュティナン・ビロムパックディー会長から市にメールが届いた。「秋田の皆さまの安全性を不安に思う次第です。秋田は私たちにとって、とても親密な絆のあるところです。無事を心からお祈りします」などとつづられており、その後、チーム内で動画が撮影された。
 約2分の動画は動画投稿サイト・ユーチューブにアップされており、16日に国内外の関係者で共有された。選手やコーチなどがスマートフォンなどを使って日本語を練習する姿が映し出され、同市の街並みの様子も登場する。選手らは「皆さんが無事でいることを願っている」「一緒に頑張りましょう」「私たちの気持ちは皆さんと一緒です」といったメッセージを伝えている。動画を送ったタイのパラリンピック委員会の外交担当者は「秋田の皆さんを励ますために、日本語の長い文章を一生懸命勉強した。最終的に、素晴らしい言葉が秋田に届いたと思う」と話している。
 同市では、19日にスポーツ振興課のフェイスブックで動画を紹介。「非常に勇気づけられた。これからも応援し続け、チームとしてこの状況を乗り越えていきたい」などと感謝を述べている。同課では「仲間として見てくれていることを改めて感じた。タイでも感染者が増えているようで、状況を見ながら大館からも励ましのメッセージを送れれば」としている。
 同市での事前合宿は、8月1日から18日まで。その後、東京へ移動し、25日にパラリンピックの開会式を迎える予定。

クマ市街地出没に対応 鹿角市鳥獣被害防止協 人身被害昨秋相次ぐ 県内初のマニュアル

2020-03-20
ツキノワグマ市街地等出没対応マニュアルを策定した協議会(鹿角市交流センター)
 鹿角市鳥獣被害防止対策協議会(会長、大森誠農林課長)は19日、市交流センターで総会を開き、昨年のツキノワグマによる人身事故を受け、「ツキノワグマ市街地等出没対応マニュアル」を策定した。市街地にクマが出没した際の具体的な対処方法や関係機関の役割などを明確にしたもので、県内の自治体では初めての策定。
 市内では昨年9月から11月にかけて、クマに襲われてけがを負う人身事故3件が相次いで発生し、5人が被害に遭った。
 このうち11月20日に十和田大湯の温泉街で起きた事故では、市の要請を受けて猟友会員ら3人が出動。クマを追っていたところ、突然現れたクマに顔を引っかかれたり、指の一部をかみちぎられたりして重軽傷を負った。
 こうした状況を踏まえ、市農林課が関係機関の意見を反映させながら、市街地等にクマが出没した際のマニュアルを策定した。
 対応要領では、クマの出没状況に応じて「監視警戒」(現地から立ち去っている場合など)と「緊急出動」(市街地等にとどまっている場合など)の2段階の対応レベルを設定。各レベルで関係機関の役割や、現地における対応方法などを定めた。
 このうち緊急出動レベルでは、農林課、鳥獣被害対策実施隊、鹿角警察署で構成する現地本部を設置。農林課と鹿角署から現地指揮者を1人ずつ選任するほか、「指揮」「現地調査」「広報」「規制」「追い払い・捕獲」の5班を設けて対応にあたる。
 クマの排除は、市街地等では銃器を使用した駆除ができないことから、住民と現地対応従事者の安全を確保しつつ、基本的に追い払いによって行う。しかし、追い払いでは住民の安全確保が困難で危険を伴うと判断される場合や周囲の状況等によっては、麻酔薬や箱わな、もしくは緊急避難的な銃器による駆除も検討する。
 また、市民に危害が及ぶ恐れのある区域を「警戒区域」と設定する。市役所内には庁内本部を設置し、現地本部との情報共有、警戒区域の設定に関わる市民への周知などにあたる。
 総会ではこのほか、2020年度事業計画を決めたほか、鳥獣被害防止計画を一部改正した。市街地等にクマが出没した想定での避難訓練をマニュアルに基づいて実施する計画。また、十和田高原地区と仙北市境界付近の市道・林道の通行止め等は本年度に引き続き実施する。
 鳥獣被害防止計画には市街地等におけるクマ出没対応に関する記述や、対象鳥獣としてニホンザルを追加した。

住民票など申請タッチで 北秋田市 マイナンバーカードで 窓口に「ツール」

2020-03-20
市民課市民係に設置された窓口申請ツール(北秋田市役所)
 北秋田市は今月から、市役所市民課などに「窓口申請ツール」を設置、サービスを開始した。マイナンバーカードを使用することで、端末の画面タッチだけで住民票などの交付申請ができるもの。先月から開始したコンビニ交付と合わせ、窓口混雑の緩和などへの効果が期待されている。
 窓口申請ツールは、地方公共団体情報システム機構(J―LIS)の証明書交付センターのシステムを活用したもの。市役所市民課市民係のほか、合川・森吉・阿仁の各総合窓口センターに設置した。
 利用方法は、カード読み取り機の上にマイナンバーカードを載せ、画面の指示通りにタッチしていく。取得できる証明書は▽住民票の写し▽印鑑登録証明書▽所得課税証明書▽住民票記載事項証明書▽戸籍全部(個人)事項証明書▽戸籍の附票の写し―で、コンビニ交付と同様。ただし、証明書類は窓口で職員から交付される。利用できるのは北秋田市民に限られる。
 市によると、申請ツールを利用することで、交付申請書へ記入する必要がなくなるほか、申請から受け取りまでの時間が短縮されるという。また「コンビニ交付と同様の操作となっていることから、次回以降、コンビニでの取得が容易になる」としている。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る