本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

大館能代空港 搭乗わずか数人の便も コロナ禍直撃 3~4月「前例ない落ち込み」

2020-04-09
NEW
搭乗客が少なく閑散とした大館能代空港ターミナルビル
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛を受け、北鹿地方の空の玄関口・大館能代空港(北秋田市脇神)は羽田間4便の搭乗客数が激減している。客数がひと桁しかない便もあるという。年間15万人超(2018年度実績)が搭乗し利用好調の空港を支えてきた関係者は「1998年の開港以来、前例がない落ち込み」と肩を落とす。
 東京など7都府県に緊急事態宣言が出された7日夕。首都圏の客を運ぶ羽田発の便から、大館能代に降り立ったのは数人。出迎え客の姿もまばらでターミナルビルは閑散とした。宣言の前後に、地方へ身を寄せて感染回避する「コロナ疎開」が懸念された中、この日は混乱なく一日4便の運航を終えた。8日午前も同様だった。
 周辺自治体などで構成する空港利用促進協議会などによると、減少が顕著になったのは3月終盤。都知事が週末の外出自粛を要請した時期に重なる。4月に入ってさらに減り、166人乗りの機体に客が10人前後という便も珍しくない。
 人の移動が多い年度末や年度始めは例年、搭乗客が増える時期。空港管理事務所の発表によると、昨年3月や4月はそれぞれ約1万2000人が利用し搭乗率は6割近い。一日平均で約400人。単純計算で一便に約100人が乗っていたことになり、今春の激減ぶりがくっきり浮かぶ。
 全国的な需要減を踏まえ、全日空は国内線の一時減便や運休を発表している。大館能代も対象で、午後の2便は9日から断続的に欠航する予定。わずかな客数すらも一層減ることになる。ビジネス客からは「午後便は仕事に便利。緊急事態宣言が解除されたら、また利用したい」と早期の再開を望む声が上がった。
 ターミナルビルにはレンタカーやレストラン、売店などが入居している。関係者は「東日本大震災の時より客数の落ち込みが大きい」「仕事にならない」とため息まじりに話す。
 大館能代は関係機関・団体の利用促進策が実り、13年度以降、6年連続で客数が過去最高を更新してきた。好実績を背景に「一日三往復(6便)化」を目指そうという機運が地元で高まっていた矢先のコロナ禍。8日に開かれた利用促進協事務局の定例会合では、3月の客数が前年割れする見込みと報告された。2019年度の目標15万8000人に届かず、15万人も割り込む公算が大きいという。
 空港の利用促進を所管する市総合政策課は「大変な事態。過去に例がない落ち込み」と受け止め、コロナ禍の「一日も早い終息を願うしかない」と話した。
 

緊急事態宣言の影響と対策 県新型コロナ対策本部 知事「秋田に合った対策を」

2020-04-09
NEW
県新型コロナ対策本部会議(災害対策本部室)
  県新型コロナウイルス対策本部(本部長・佐竹敬久知事)は8日、県第2庁舎の災害対策本部室で第2回会議を開き、国が7都府県を対象に行った緊急事態宣言の本県への影響と対応策について協議。佐竹知事は、5月の連休にかけて感染が拡大する可能性があるとの見方を示し「気を抜かずに全力で万全の対策を」と指示した。
 緊急事態宣言に関しては、県内に影響する可能性がある事項として、首都圏など感染急増地域からの帰省増加とそれに伴う感染や疑いの増加、医療や検査需要の増大、往来の縮小停止による経済活動の停滞などを挙げた。
 医療や検査関係については、帰国者・接触者外来の追加的窓口を医師会と連携して整備するなどの対応策を示した。
 県民生活への影響では、生活関連物資の買い占めや売り惜しみ、価格高騰などの発生、休業や失業による収入減少などが心配され、県民に対して冷静な行動を呼び掛けるとともに、各種支援制度の活用に向けて周知徹底を図るとした。
 新型コロナ対策に関する県の基本的対処方針も決定した。国が示した方針におおむね準じた内容で、市町村と連携した迅速な情報提供やウイルス検査体制の把握、まん延防止策として県外からの帰省者などに対する注意喚起など盛り込んだ。経済対策では中小事業者や農業者などを対象にした独自の対策を「隙間なく講じる」とした。
 県内の感染状況については、これまで11人が確認されたが、いずれも県外への往来歴があることから感染経路は「ほぼ明らか」との認識を示した。ウイルス検査の実施は5日現在、419件。コールセンターで受けた相談は3042件。感染確認が相次いだ先月30日以降、急増している。
 佐竹知事は「首都圏などと異なり県内で外出自粛はそれほど意味がない。外出先でたむろして話をするなど密接となる可能性がある行動は良くない。秋田に合った対策を分かりやすく県民に伝えなければならない」などと指示した。

 

山田茂屋にサルの群れ 県道沿いに数十匹の姿 大館市注意呼びかけ 

2020-04-09
NEW
大館市山田の茂屋地区に出没したサルの群れ
 大館市山田の茂屋地区周辺に8日、ニホンザルの群れが出没した。数十匹がまとまって行動し、餌を食べる姿などが見られた。市内での目撃情報は比内町大葛が中心だが、近年は田代地区でも増えている。農作物被害も確認されており、市林政課は「餌になるようなものを屋外に放置しないようにしてほしい」としている。
 8日午前、田の沢集落の北側約1㌔の県道沿いにサルの群れが出没した。午前10時すぎには田んぼや高台で5~6匹が餌を食べたり、駆け回ったり、数匹が寄り添って寝転がったりする光景が見られた。車が近づくと、県道東側の山林に去っていった。付近を車で通りがかった人の中には、約30匹を確認したという声もあった。
 林政課によると、2019年度、市に届け出のあったニホンザルの目撃情報は105件。ほとんどが比内町大葛だが、田代地区でも岩瀬字大石渡、早口字大岱でそれぞれ1件あった。近年は岩瀬川沿いでは茂屋~大石渡、早口川沿いでは岩野目~李岱で出没が確認されており、田代地区でも増加傾向にある。担当者は「サルは冬眠しないため年間を通じて目撃情報があり、餌を求めて里に出没する」と話す。
 19年度には果樹園でリンゴ約200個が食べられる被害もあった。食害は果物や野菜の収穫期を迎える夏から秋にかけてが目立つが、「弁当の空き箱や空き缶、生ごみなど、餌になりそうなものは屋外に放置しないようにしてほしい」と呼びかける。「人が近づくとサルも警戒するが、十分に注意してほしい」としている。
 

「三つの密」避け入学式 大館市内小中高校 新学校生活スタート

2020-04-08
式終了後に行われた記念撮影(大館市城西小学校)
 全国で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、大館市内の小中高校で7日、入学式が行われた。体育館や教室の窓を開けて換気し、間隔を空けて座席を配置するなど、各校とも密閉、密集、密接の「三つの密」を避けて実施。新型ウイルス対策のため異例の対応が取られる中、新入生たちが新たな学校生活のスタートを切った。
 49人が入学した大館市城西小学校(柏﨑勇人校長)では、マスクを用意できなかった児童と保護者へ配布して全員がマスクを着用。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、玄関で手の消毒、会場の体育館は窓を開けて換気をし、座席の間隔も広く取っていた。
 式典は在校生と来賓は出席せず、校歌斉唱などを省略。短縮化し、約20分で式は終了した。終了後はクラスごとに記念撮影が行われ、マスクを外した子どもたちから笑顔があふれていた。
 このほか、教室に移動してのホームルームは密集を防ぐため中止。体育館でランドセルや帽子などを配布した。柏﨑校長は「式が短くなってしまったが、子どもたちの笑顔が見られてよかった。今後も教職員一同で児童の健康状態を一人一人確認し、感染予防策を徹底していきたい」と話した。
 大館国際情報学院(村上清秀校長)では、中高合同の入学式が行われ、マスク姿の新入生たちが式に臨んだ。新入生は中学の41人、高校の普通、国際情報2科の118人。来賓は招待せず、中高の在校生代表2人、保護者は新入生1人に1人までとした。
 式典は祝辞を省略、校歌の斉唱はCDを流すだけにするなど、感染防止対策や時間の短縮を徹底。村上校長は「臨時休校に伴い、授業や部活動、外出等において大きな不安と窮屈な思いをしてきたと思う。今後も学校生活にさまざまな誓約や影響が出てくることが予想される。少しでも早く収束してくれることを願いながら、学校では感染症対策をしっかりしていきたい」と式辞を述べた。

佐竹知事 独自の「緊急事態」検討も 新型コロナ感染防止 県民に向けメッセージ

2020-04-08
新型コロナ感染拡大防止に向け、県民に対してメッセージを発表した佐竹知事(県庁)
 新型コロナウイルス感染が国内で拡大していることを受け、佐竹敬久知事は県内での感染拡大防止に向けてメッセージを発表した。県内では感染が急増している首都圏などへの往来歴がある人の感染が相次いでいることを踏まえ、往来歴のある人に対して2週間ほど外出を控えるよう呼び掛けた。感染経路が不明な患者が複数確認された場合は、県独自の緊急事態宣言を行う考えも明らかにした。
 「緊急広報」と題したメッセージは、知事が自ら取りまとめたもので、県ホームページに掲載されている。ここ2週間に転勤や入進学、出張や旅行などで首都圏など感染者が多い地域に滞在していた人に対し「2週間ほど外出を控え、人との接触を最小限にするなど感染した可能性があるとの想定で行動を」と呼び掛け。
 今後、県外や海外から来県する予定のある家族や友人などがいる人は「来県前に連絡を取って健康状態を確認し、不安がある場合は滞在地の相談センターに連絡するなどの措置を講じるよう本人にアドバイスして」と指摘。
 感染が確認された人や家族、医療機関などに対して、不確かな情報に基づいた嫌がらせやSNSでの誹謗(ひぼう)中傷が見られるとし、「そのような行為は人権侵害。正しい情報に基づく冷静な行動を」と訴えている。
 知事は「これまでに県内で確認されたケースは感染経路が分かっている」と、急激な感染拡大の要因とみられる経路不明の感染は発生していないとの認識を示し、「経路不明の感染が一番怖い。そのようなケースが複数発生した場合は、県としての警戒レベルが上がる」と説明。国が特措法に基づいて行う緊急事態宣言に準じた県独自の宣言を行う考えを示した。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

100㌔マラソン 記念大会の募集1日開始 コロナ状況見極めへ

2020-03-30
 開催30回目の記念大会となる「北緯40度秋田内陸リゾートカップ100㌔チャレンジマラソン大会」の申し込み受け付けが4月1日に始まる。全国で感染が相次ぐ新型コロナウイルスの終息には見通しが立っていないものの、現時点では予定通り9月27日に開催する方針。事務局は今後の状況を見極めながら開催の可否判断を「5月下旬から6月初旬の間に行う」としている。
 大会要項によると、100㌔の部(制限時間13時間)は仙北市角館交流センター前を午前4時30分に出発する。50㌔の部(同7時間)は北秋田市阿仁農村環境改善センター前がスタート地点。ゴールはいずれも北秋田市交流センター前。
 申し込みは先着順で、定員は100㌔の部1350人、50㌔の部350人の計1700人。参加料は警備強化に伴い、100㌔の部が2000円アップの1万8000円となった。50㌔の部は例年通り1万4000円。6月30日の消印有効。記念大会は全国から申し込みが増える傾向にあり、定員に達し次第締め切られる。
 申込書に必要事項を記入し参加料と一緒に現金書留で実行委員会(〒018=3311、北秋田市材木町2の2、北秋田市交流センター内100㌔チャレンジマラソン大会実行委員会、☎・ファックス0186・62・1811)に送付する。27日未明に運行する秋田内陸線の深夜特別号や、駐車場の利用申し込みも受け付ける。
 事務局によると、申し込み締め切りと同時にエントリー数が確定すると、備品発注などの準備作業が本格化する。大会開催の可否判断は経費が膨らむ前に行うとし、遅くとも6月初旬までに協議し結論を出すことにしている。

県の受動喫煙防止条例 4月1日から全面施行 飲食店や事業所 「原則屋内禁煙」に

2020-03-29
手書きの張り紙で、4月以降の対応を周知する飲食店も(大館市中山の梅正)
 県受動喫煙防止条例が4月1日、全面施行される。喫煙場所の規制が強化され、事業所や飲食店は「原則屋内禁煙」が義務付けられ、喫煙を認める場合は喫煙専用室の設置が必要となる。全ての飲食店で店頭に「店内禁煙」などの標識の掲示が義務付けられるが、大館保健所は「条例の内容が行き届かず、管内で知らない店舗も多いのでは」とし、対応を呼び掛けている。
 県条例は昨年7月に制定され、国の改正健康増進法に合わせて4月1日に全面施行される。条例は望まない受動喫煙をなくすため、罰則は設けないものの、改正法より厳しい規制が設けられている。
 事業所や飲食店は「原則屋内禁煙」となる。喫煙を認める場合は、喫煙専用室(飲食不可)の設置が必要。大館保健所によると、施行直前の現在も飲食店などから「どんな対策が必要か」などの問い合わせが寄せられているという。
 客席100平方㍍以下の既存の小規模飲食店も、従業員がいる場合は対策が必要となるが、条例施行後5年間の経過措置が設けられている。担当は「経過措置期間に対策を取る場合は申請が必要で、速やかに届け出を」と話す。
 全ての飲食店は4月から店頭に「店内禁煙」「喫煙専用室あり」など標識の掲示が義務付けられる。客、従業員共に20歳未満の人を喫煙可能な場所に入室禁止とする対策なども必要となる。
 県は「屋内完全禁煙」の表示ステッカーを用意したが、大館保健所での配布は約30枚にとどまり「自作の標識でもいい。厚生労働省のホームページで見本が紹介されており活用してほしい」と呼び掛ける。
 「4月から店内禁煙とさせていただきます」。大館市中山のラーメン店・梅正(佐藤登店主)では、3月上旬に県条例を紹介する手書きの張り紙を掲げた。同店ではこれまで灰皿を置いてきたが、たばこの煙を気にする客もおり、「受動喫煙防止対策は時代の流れ。喫煙専用室を設置する予定はなく、早めに対応を周知することで、常連客らに理解してもらい気持ちよく食べてほしい」と話した。
 問い合わせは大館保健所健康・予防課(電話0186・52・3952)、県健康づくり推進課専用ダイヤル(018・860・1429)。

職員採用試験 人材確保へ「最速実施」 北秋田市 1次は5月末、2カ月早く

2020-03-29
 北秋田市は2020年度から、大学卒程度を対象にした職員採用試験を例年より約2カ月前倒しし5月末に実施する。応募者数が近年減少傾向にあり、予定通り人材を確保できないことが理由。総務課は「少しでも早く試験を行い、民間企業などと併願する人に就職先として選んでもらいたい」とし4月1日から5月15日まで応募を受け付ける。
 募集しているのは大卒程度の▽一般行政(5~6人程度)▽建築士(1人)▽土木技師(同)。
 試験日は教養などの1次が5月31日。6月中旬に1次合格者を発表する予定。前年度は1次を7月下旬、1次合格発表を8月中旬に行っていて約2カ月前倒しすることになる。小論文などの2次試験を経て最終合格者を発表する時期は例年の10月中旬から1カ月余り早め、9月上旬を見込む。
 応募の受け付け開始時期も1カ月半ほど早い。同課はいずれの時期設定も「決裁などを行う手続き上できる限り早めた」と〝最速実施〟をアピールする。
 背景には応募者数の減少傾向があるという。近年の就職戦線は全国的に「売り手市場」が続く。人材不足に悩む企業などが次々と内定を出す結果、「安定した職場」の代表格といえる自治体であっても就職先として選ばれないケースが目立ってきている。
 北秋田市も同様で、特に建築士など専門資格が必要な職種で優秀な人材の確保が課題になっている。総務係によると、18年度の試験では内定を辞退された。過去に辞退者はほとんどいなかった。
 19年度は専門職への応募自体がゼロ。結局、新戦力を加えられないまま既存の職員で業務に当たるしかなく対応に苦慮したという。一般行政職の応募者数も減少傾向。
 民間の中には大学卒業前年の春から夏にかけて内定を出す企業もあり、9月上旬予定の市よりなお早い。小坂竜也課長は「民間と市役所を併願する学生が民間からいち早く内定を得た場合、これまでは市役所の試験を待たずに就職先を決めてしまうのでは」と推測。試験や内定の時期を少しでも民間に近づけることで「市役所を就職先として考えてもらいたい」と話し、多数の応募を期待していた。
 高卒程度を対象にした求人の受け付けは例年6月と取り決められ、採用活動は夏ごろで市も例年通りの時期を予定している。詳しくは総務課(電話0186・62・1111)。

花輪ふくし会 新理事長に松浦氏 就任4カ月で 理事長と常務が辞任

2020-03-29
 社会福祉法人花輪ふくし会(鹿角市花輪字案内)の大森一理事長(58)と丸岡克彦常務(56)が任期途中で辞任届を提出し、今月31日付で退任することが、分かった。両氏とも法人が運営する施設の職員を兼務しており、大森氏は「内部統制上よくないと考えた」と辞任の理由を説明している。2人は昨年11月の理事会で選任されたばかり。
 4月1日から、理事を兼務しながら、大森氏は事務局長、丸岡氏は特別養護老人ホーム東恵園の施設長を務める。27日に理事会を開き、新理事長に元常務の松浦勉氏(70)、常務には事務局長の福本雅治氏(62)を選任した。4月1日付。任期は現職残任期間の来年6月まで。
 昨年11月28日の理事会では、理事長と常務の解職議案が提出され、賛成多数で可決。後任に当時、特別養護老人ホーム東恵園施設長の大森氏、常務には障害者センター北鹿センター長の丸岡氏を選任した。
 2人の辞任届は今月に入って提出された。理事長就任後も施設長を兼務する大森氏は「自分で起案したものを、自分で決裁するというのは、内部統制上よくないと感じた」と話している。
 新理事長の松浦氏は、大森理事長が推薦し、理事会では全会一致で承認。松浦氏は2010年4月から昨年6月まで常務を務めた。「基本的な内部統制をしっかり確立したい。利用者の満足度を上げるとともに、職員は目標を持って、達成感と仕事の楽しさを味わえるようにしたい」と話している。昨年11月まで理事長を務めた関重征氏について、「企業的感覚を持って取り組んできた。踏襲したい」としている。
 花輪ふくし会は市内外の9拠点、約50の福祉施設を運営。職員数は約700人。26日には、大館市泉町に建設した多機能型事業所とグループホームの竣工(しゅんこう)式を行ったばかり。

新橋架設へ交通切り替え 大館の白沢跨線橋架け替え 4月1日から大館側500㍍

2020-03-28
1日から左側の道路へ交通を切り替える。右奥が建設が進む新しい跨線橋(大館市白沢)
 耐震性向上のため大館市白沢の国道7号で進む白沢跨線(こせん)橋架け替え事業に伴い、国土交通省能代河川国道事務所は4月1日から、完成した道路へ交通を切り替える。架設から50年が経過し、熊本地震で倒壊した橋と同じ形式の橋脚が用いられていることから、新しい跨線橋に架け替え、前後の国道を改良する事業。事業の進捗(しんちょく)率は約50%。交通を切り替えた後、新年度から新橋の架設作業に入る。
 白沢跨線橋は1966年竣工(しゅんこう)。JR奥羽線の線路をまたぐ形で、橋長45㍍、橋台2基と中央の「ロッキング橋脚」1基で橋を支える構造となっている。ロッキング橋脚は特殊な構造で、2016年の熊本地震で、この橋脚を有する橋が倒壊したことから、早急な対策が必要となった。県内でロッキング橋脚が用いられているのは白沢跨線橋のみ。JRの軌道への影響などを考慮し、橋脚などの補強ではなく、「新たな橋に架け替える」方針が決まった。
 計画では、現在の跨線橋の南側(大館側)に、橋台2基で支える橋長65㍍の新たな跨線橋を建設。橋に接続する前後600㍍の区間の道路を改良する。17年度に事業に着手し用地買収や設計を行い、18年4月に着工した。全体の事業費は約30億円。事務所は「完成時期は未定だが、そう長くはかからない見通し」としている。
 事務所によると、新橋の架設作業が現在の国道7号に影響するため、橋の南側(大館側)で新たな道路に交通を切り替える。切り替え道路は延長約500㍍で現在の国道と同じ片側1車線。橋の土台部分となる橋台を造る工事は順調に進んでおり、新年度から橋桁を架ける作業に入る。
 交通の切り替えは1日午後1時ごろを予定。事務所は「国道7号は主要幹線道路であり、安全安心を確保するために進めている事業。切り替え道路の通行となるため、案内看板などに従い、十分注意して走行してほしい」と呼び掛けている。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る