本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

大館能代空港 搭乗わずか数人の便も コロナ禍直撃 3~4月「前例ない落ち込み」

2020-04-09
NEW
搭乗客が少なく閑散とした大館能代空港ターミナルビル
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛を受け、北鹿地方の空の玄関口・大館能代空港(北秋田市脇神)は羽田間4便の搭乗客数が激減している。客数がひと桁しかない便もあるという。年間15万人超(2018年度実績)が搭乗し利用好調の空港を支えてきた関係者は「1998年の開港以来、前例がない落ち込み」と肩を落とす。
 東京など7都府県に緊急事態宣言が出された7日夕。首都圏の客を運ぶ羽田発の便から、大館能代に降り立ったのは数人。出迎え客の姿もまばらでターミナルビルは閑散とした。宣言の前後に、地方へ身を寄せて感染回避する「コロナ疎開」が懸念された中、この日は混乱なく一日4便の運航を終えた。8日午前も同様だった。
 周辺自治体などで構成する空港利用促進協議会などによると、減少が顕著になったのは3月終盤。都知事が週末の外出自粛を要請した時期に重なる。4月に入ってさらに減り、166人乗りの機体に客が10人前後という便も珍しくない。
 人の移動が多い年度末や年度始めは例年、搭乗客が増える時期。空港管理事務所の発表によると、昨年3月や4月はそれぞれ約1万2000人が利用し搭乗率は6割近い。一日平均で約400人。単純計算で一便に約100人が乗っていたことになり、今春の激減ぶりがくっきり浮かぶ。
 全国的な需要減を踏まえ、全日空は国内線の一時減便や運休を発表している。大館能代も対象で、午後の2便は9日から断続的に欠航する予定。わずかな客数すらも一層減ることになる。ビジネス客からは「午後便は仕事に便利。緊急事態宣言が解除されたら、また利用したい」と早期の再開を望む声が上がった。
 ターミナルビルにはレンタカーやレストラン、売店などが入居している。関係者は「東日本大震災の時より客数の落ち込みが大きい」「仕事にならない」とため息まじりに話す。
 大館能代は関係機関・団体の利用促進策が実り、13年度以降、6年連続で客数が過去最高を更新してきた。好実績を背景に「一日三往復(6便)化」を目指そうという機運が地元で高まっていた矢先のコロナ禍。8日に開かれた利用促進協事務局の定例会合では、3月の客数が前年割れする見込みと報告された。2019年度の目標15万8000人に届かず、15万人も割り込む公算が大きいという。
 空港の利用促進を所管する市総合政策課は「大変な事態。過去に例がない落ち込み」と受け止め、コロナ禍の「一日も早い終息を願うしかない」と話した。
 

緊急事態宣言の影響と対策 県新型コロナ対策本部 知事「秋田に合った対策を」

2020-04-09
NEW
県新型コロナ対策本部会議(災害対策本部室)
  県新型コロナウイルス対策本部(本部長・佐竹敬久知事)は8日、県第2庁舎の災害対策本部室で第2回会議を開き、国が7都府県を対象に行った緊急事態宣言の本県への影響と対応策について協議。佐竹知事は、5月の連休にかけて感染が拡大する可能性があるとの見方を示し「気を抜かずに全力で万全の対策を」と指示した。
 緊急事態宣言に関しては、県内に影響する可能性がある事項として、首都圏など感染急増地域からの帰省増加とそれに伴う感染や疑いの増加、医療や検査需要の増大、往来の縮小停止による経済活動の停滞などを挙げた。
 医療や検査関係については、帰国者・接触者外来の追加的窓口を医師会と連携して整備するなどの対応策を示した。
 県民生活への影響では、生活関連物資の買い占めや売り惜しみ、価格高騰などの発生、休業や失業による収入減少などが心配され、県民に対して冷静な行動を呼び掛けるとともに、各種支援制度の活用に向けて周知徹底を図るとした。
 新型コロナ対策に関する県の基本的対処方針も決定した。国が示した方針におおむね準じた内容で、市町村と連携した迅速な情報提供やウイルス検査体制の把握、まん延防止策として県外からの帰省者などに対する注意喚起など盛り込んだ。経済対策では中小事業者や農業者などを対象にした独自の対策を「隙間なく講じる」とした。
 県内の感染状況については、これまで11人が確認されたが、いずれも県外への往来歴があることから感染経路は「ほぼ明らか」との認識を示した。ウイルス検査の実施は5日現在、419件。コールセンターで受けた相談は3042件。感染確認が相次いだ先月30日以降、急増している。
 佐竹知事は「首都圏などと異なり県内で外出自粛はそれほど意味がない。外出先でたむろして話をするなど密接となる可能性がある行動は良くない。秋田に合った対策を分かりやすく県民に伝えなければならない」などと指示した。

 

山田茂屋にサルの群れ 県道沿いに数十匹の姿 大館市注意呼びかけ 

2020-04-09
NEW
大館市山田の茂屋地区に出没したサルの群れ
 大館市山田の茂屋地区周辺に8日、ニホンザルの群れが出没した。数十匹がまとまって行動し、餌を食べる姿などが見られた。市内での目撃情報は比内町大葛が中心だが、近年は田代地区でも増えている。農作物被害も確認されており、市林政課は「餌になるようなものを屋外に放置しないようにしてほしい」としている。
 8日午前、田の沢集落の北側約1㌔の県道沿いにサルの群れが出没した。午前10時すぎには田んぼや高台で5~6匹が餌を食べたり、駆け回ったり、数匹が寄り添って寝転がったりする光景が見られた。車が近づくと、県道東側の山林に去っていった。付近を車で通りがかった人の中には、約30匹を確認したという声もあった。
 林政課によると、2019年度、市に届け出のあったニホンザルの目撃情報は105件。ほとんどが比内町大葛だが、田代地区でも岩瀬字大石渡、早口字大岱でそれぞれ1件あった。近年は岩瀬川沿いでは茂屋~大石渡、早口川沿いでは岩野目~李岱で出没が確認されており、田代地区でも増加傾向にある。担当者は「サルは冬眠しないため年間を通じて目撃情報があり、餌を求めて里に出没する」と話す。
 19年度には果樹園でリンゴ約200個が食べられる被害もあった。食害は果物や野菜の収穫期を迎える夏から秋にかけてが目立つが、「弁当の空き箱や空き缶、生ごみなど、餌になりそうなものは屋外に放置しないようにしてほしい」と呼びかける。「人が近づくとサルも警戒するが、十分に注意してほしい」としている。
 

「三つの密」避け入学式 大館市内小中高校 新学校生活スタート

2020-04-08
式終了後に行われた記念撮影(大館市城西小学校)
 全国で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、大館市内の小中高校で7日、入学式が行われた。体育館や教室の窓を開けて換気し、間隔を空けて座席を配置するなど、各校とも密閉、密集、密接の「三つの密」を避けて実施。新型ウイルス対策のため異例の対応が取られる中、新入生たちが新たな学校生活のスタートを切った。
 49人が入学した大館市城西小学校(柏﨑勇人校長)では、マスクを用意できなかった児童と保護者へ配布して全員がマスクを着用。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、玄関で手の消毒、会場の体育館は窓を開けて換気をし、座席の間隔も広く取っていた。
 式典は在校生と来賓は出席せず、校歌斉唱などを省略。短縮化し、約20分で式は終了した。終了後はクラスごとに記念撮影が行われ、マスクを外した子どもたちから笑顔があふれていた。
 このほか、教室に移動してのホームルームは密集を防ぐため中止。体育館でランドセルや帽子などを配布した。柏﨑校長は「式が短くなってしまったが、子どもたちの笑顔が見られてよかった。今後も教職員一同で児童の健康状態を一人一人確認し、感染予防策を徹底していきたい」と話した。
 大館国際情報学院(村上清秀校長)では、中高合同の入学式が行われ、マスク姿の新入生たちが式に臨んだ。新入生は中学の41人、高校の普通、国際情報2科の118人。来賓は招待せず、中高の在校生代表2人、保護者は新入生1人に1人までとした。
 式典は祝辞を省略、校歌の斉唱はCDを流すだけにするなど、感染防止対策や時間の短縮を徹底。村上校長は「臨時休校に伴い、授業や部活動、外出等において大きな不安と窮屈な思いをしてきたと思う。今後も学校生活にさまざまな誓約や影響が出てくることが予想される。少しでも早く収束してくれることを願いながら、学校では感染症対策をしっかりしていきたい」と式辞を述べた。

佐竹知事 独自の「緊急事態」検討も 新型コロナ感染防止 県民に向けメッセージ

2020-04-08
新型コロナ感染拡大防止に向け、県民に対してメッセージを発表した佐竹知事(県庁)
 新型コロナウイルス感染が国内で拡大していることを受け、佐竹敬久知事は県内での感染拡大防止に向けてメッセージを発表した。県内では感染が急増している首都圏などへの往来歴がある人の感染が相次いでいることを踏まえ、往来歴のある人に対して2週間ほど外出を控えるよう呼び掛けた。感染経路が不明な患者が複数確認された場合は、県独自の緊急事態宣言を行う考えも明らかにした。
 「緊急広報」と題したメッセージは、知事が自ら取りまとめたもので、県ホームページに掲載されている。ここ2週間に転勤や入進学、出張や旅行などで首都圏など感染者が多い地域に滞在していた人に対し「2週間ほど外出を控え、人との接触を最小限にするなど感染した可能性があるとの想定で行動を」と呼び掛け。
 今後、県外や海外から来県する予定のある家族や友人などがいる人は「来県前に連絡を取って健康状態を確認し、不安がある場合は滞在地の相談センターに連絡するなどの措置を講じるよう本人にアドバイスして」と指摘。
 感染が確認された人や家族、医療機関などに対して、不確かな情報に基づいた嫌がらせやSNSでの誹謗(ひぼう)中傷が見られるとし、「そのような行為は人権侵害。正しい情報に基づく冷静な行動を」と訴えている。
 知事は「これまでに県内で確認されたケースは感染経路が分かっている」と、急激な感染拡大の要因とみられる経路不明の感染は発生していないとの認識を示し、「経路不明の感染が一番怖い。そのようなケースが複数発生した場合は、県としての警戒レベルが上がる」と説明。国が特措法に基づいて行う緊急事態宣言に準じた県独自の宣言を行う考えを示した。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

校舎改修の概要示す 北秋田市3月議会総務文教委 鷹巣中央、南小統合で

2020-03-07
鷹巣南中校舎の大規模改修工事概要を報告した総務文教委(北秋田市役所)
 北秋田市の3月定例議会は6日、各常任委員会を開き結審した。総務文教常任委(大森光信委員長)は2020年度に予定する統合小学校大規模改修事業について当局の説明を受けた。
 大規模改修事業は鷹巣中央小と鷹巣南小が統合し21年4月に開校するのを前に、校舎として使用する鷹巣南中を児童向けに改修する。20年度一般会計当初予算案に事業費5億7565万円が計上されている。
 常任委で改修図面が示された。傷んだ校舎や体育館の屋根と外壁を改修するほか、トイレの洋式化、普通教室へのエアコン設置、階段の滑り止めと手すり設置、保健室へのシャワールーム設置を予定する。教室配置は1階に1~2年生、2階に3~4年生、3階に5~6年生。プールは水泳用5レーンと、低学年用の浅い「小プール」を一体にした。
 鷹巣南中は今年3月末で閉校し4月から鷹巣中と統合する。鷹巣南中校舎は鉄筋コンクリート造り3階建てで延べ床面積約3500平方㍍。1986年に建てられ30年以上が経過している。

成田さんら7人に年間賞 北鹿川柳第25回表彰式 人を詠み生活の情景

2020-03-06
13回目の年間賞を受賞した成田さん㊨(ホテルクラウンパレス秋北)
 北鹿新聞社主催の第25回「北鹿川柳」年間賞表彰式が5日、大館市のホテルクラウンパレス秋北で開かれた。2019年に月間賞を受けた回数の多い上位7人が受賞し、賞状と副賞が贈られた。
 年間賞受賞者は、石田えい子さん(84)=大館市鉄砲場、片岡登代子さん(72)=大館市山田、御所野ユウ子さん(72)=北秋田市米内沢、小林義克さん(82)=大館市川口、沢田欣之さん(79)=鹿角市花輪、成田純一さん(81)=大館市南神明町、早川恵美子さん(81)=大館市片山町。7人全員が月間賞をそれぞれ4回受賞した。
 式では、受賞者のほか、選者の照井玲子さん、片岡公穂さんが出席。投句箱設置に協力している秋田銀行大館支店、北都銀行大館支店、いとく大館ショッピングセンターの関係者が紹介された。
 工藤雅一専務はあいさつで、「北鹿川柳は『川柳でユーモアのある街に』をキャッチフレーズに、1994年にスタートした。近年、川柳愛好者がぐんと増え、高齢者福祉施設にも独自の投句箱が置かれるなど、大きな広がりを実感している」と述べた。
 選者の片岡さんは「俳句と比べ、川柳は自分を中心とした人間を詠む。選者をしながら、家庭や生活の情景が見えてきて楽しい」、照井さんは「自分自身の生活の中のうたとして、これからも頑張って詠み続けてほしい」と述べた。受賞者にはトロフィーと賞状が贈られた。
 北鹿川柳は北鹿地方の大型店や金融機関などに投句箱を設置して読者の作品を募集し、月1回紙上で紹介している。昨年までの25年間で年間賞最多受賞は、千田ミキさん(大館市東台)の14回、続いて今回受賞した成田純一さんの13回となっている。

大館駅周辺整備 新駅舎22年度完成目指す 大館市3月議会総財委 概算事業費は25億円

2020-03-06
新駅舎と駅前広場の完成予想図(大館市提供)
 大館市の3月定例議会は5日、前日に続き4常任委員会が議案審査を行った。総務財政委(武田晋委員長)では、JR大館駅建て替えを含む駅周辺整備の概算事業費が約25億円に上ると報告を受けた。2020年度に仮駅舎建設と既存駅舎解体、21年度から2カ年で新駅舎建設、続いて駅構内エレベーター設置と駅前広場整備を行い、22年度末完了を目指す。
 新駅舎は公共施設機能を併せ持つ「合築」で鉄骨一部2階建て、延べ床面積1321平方㍍。JR施設は1・2階849・96平方㍍で事務室や改札、待合室、自動券売機室、店舗、乗務員の宿泊所、会議室などを配置する。市施設は471・24平方㍍でイベントホールや多目的スペース、トイレ、授乳室、バス発券カウンターを設ける予定。実施設計の関連予算を3月議会に提案している。
 外観イメージ図も示され、企画調整課は「駅前が準防火地区のため準耐火構造にしなければならない。主要な部材に木を使うことはできないが、外側のルーバーに木目調を使うなど、木を意識した造りにしたい」との考えを示した。
 仮駅舎は現在のバス乗降所や秋田犬群像がある場所に建てる予定。供用開始後に既存駅舎を解体する。アスベスト対策や地中埋設物除去、自由通路(若草ロード)南側の駐輪場・駐車場整備などを行うため、当初の概算事業費より約6億円増えた。
 駅前広場は車の出入り口を1カ所に集約し、車道をロータリー化したい考え。車道外側に幅5㍍の歩道を設け、新駅舎との間に屋根付きのバス乗降所を置く。駅ホーム寄りにタクシー乗り場、車道内側にタクシープールと駐車場13台分を配置する。若草ロードと新駅舎を結ぶ形で一部歩道に雨よけを設ける。
 新たに整備する駐輪場は66台分、一般駐車場22台分の予定。エレベーターはバリアフリー施設整備として乗り換え跨線(こせん)橋に2基を設置する。全事業の財源内訳は国交付金約9億9100万円、JR負担金約2億2000万円、合併特例債約9億4000万円、一般財源約3億6000万円を見込んでいる。

新型コロナ 警戒の中、高校入試 北鹿各校 対策施し一般選抜

2020-03-06
新型コロナウイルスへの警戒の中、試験会場に向かう受験生たち(大館鳳鳴高校)
 2020年度県公立高校入試の一般選抜が5日、各高校で行われた。新型コロナウイルスへの警戒の中、受験生が志望校合格を目指して学力検査や面接に臨んだ。各校は新型ウイルス対策として校内に消毒液を設置。机や椅子のアルコール消毒や受験生の密集を防ぐため会場を増やすなどして対応した。合格発表は13日。新型コロナウイルス感染防止のため、掲示をやめて各校のホームページ(HP)で行う。
 本年度は北鹿全日制7校14学科(くくり募集は1学科と数える)891人の募集に対し、734人が志願。志願者数が募集人員を上回っているのは大館桂桜の普通・生活科学、機械、電気3学科。志願倍率は大館桂桜普通・生活科学科が1・12倍で県北最高値となった。
 大館鳳鳴高校(菅原勉校長)には200人の募集に対して178人、定時制はⅠ部(昼間の部)に28人、Ⅱ部(夜間の部)に1人が受験。この日は午前7時30分すぎから、マスク姿の受験生が次々と門をくぐり、全員が定刻までに到着した。
 同校では新型ウイルス対策として消毒液を設置したほか、必要に応じて受験生にマスクを配布。教職員が全員マスクを着用し、こまめに会場を換気するなど感染防止を図った。菅原校長は「緊張している生徒も見られたが、無事に試験を終えられてよかった」と話した。
 学力検査は各校とも午前8時50分から。国語、数学、英語の試験は各60分間で実施。昼食を挟み、各50分間の理科、社会と続き、終了後には面接が行われた。定時制は国語、数学、英語の順で各60分間の学力検査を行い、昼食後に面接を行った。
 合格発表は13日、各校のHPにて合格者の受験番号一覧を掲載。掲載期間は16日正午まで。北鹿各高校の合格発表時間は次の通り。
 ▽午後3時=小坂、花輪
 ▽同4時=大館鳳鳴、大館桂桜、国際情報、秋田北鷹、十和田

厚生委 新斎場、現在地周辺に 大館市3月議会・常任委 第一候補地を報告

2020-03-05
新斎場の建設候補地について説明を受けた厚生委(大館市役所)
 大館市の3月定例議会は4日、4常任委員会の審査が始まった。厚生委(田中耕太郎委員長)は、老朽化により建て替えが計画されている新斎場の第一建設候補地を、現在地周辺の小柄沢字丸山下地内の民有地としたと報告を受けた。今後、周辺住民への説明会を経て、建設地を決定する。市民課は「順調に進めば、5年後ごろまでに施設を完成させたい」と述べた。
 市斎場は1979年4月に供用が開始され、施設の老朽化が進んでいる。市の部長級職員で組織する斎場整備庁内検討委員会は、「建て替え」を基本方針とし、現在地一帯が土砂災害警戒区域に指定されているため、「他の候補地も評価・検討し適地を選定する」と一致。昨年12月に建設候補地として、市有地、民有地4カ所を示した。さらに「現在地周辺に候補地がないかを検討する」としていた。
 市民課によると、新たな建設候補地は、現斎場に近い小柄沢墓園入り口付近。田や畑、原野約1・2ヘクタール。市役所からの距離は約2・3㌔。「土砂災害警戒区域からはぎりぎり外れており、土砂災害対策を講じていきたい」と説明した。
 検討委は、現在地周辺を含めた5カ所の中から、最終候補地を選定。出川字下屋布岱・出川字上野地内の山林など(民有地)、花岡町字観音下地内の雑種地(民有地)、現在地周辺の3カ所に絞り込んだ上で、「これまで慣れ親しんだ現在地周辺がいいとの声が多かった」として、第一候補地に挙げた。このほか、候補地に選定されていた川口字下鳴滝沢地内の原野(市有地)と商人留字田ノ沢地内の池沼・原野(市有地)は「アクセス道路の整備が課題となり、候補から外した」という。
 本年度中に新斎場整備基本計画をまとめる方針。市民課は「第一候補地について地域住民に説明会を開きながら、慎重に進めていきたい」と述べた。
 委員から「現在地に近く良い場所だが、周辺地域にどのように説明するのか」と質問があり、市民課は「柄沢地域で説明会を開く予定。東台なども今後必要があれば対応したい」と答えた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る