本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

大館市 空き家総数1798戸 5年ぶり 現況調査 「危険度高い」は減少

2020-01-23
空き家の調査結果が報告された検討委員会(大館市役所)
 大館市は本年度実施した「空き家等現況調査」の結果をまとめた。1798戸の空き家が確認され、総世帯数に占める空き家率は5・9%。5年ぶりの実態調査となり、前回から57戸増加した。危険度が高い建物は解体が進むなどして減少し、利活用できる可能性のある空き家が増えていることが分かった。調査結果を踏まえ、「市空家等対策計画」を改定する。
 庁内の関係各課などで組織する市空き家等対策検討委員会(会長・名村伸一副市長)が22日、市役所で開かれ、現況調査の結果を踏まえ、改定する計画の原案を協議した。
 前回調査は2014年7月~15年6月に行い、1741戸の空き家を確認。16年度から4年間の空き家等対策計画を策定し、対策を進めてきた。
 本年度の調査は4~10月に実施。市内の業者に委託し、前回確認した空き家の状況や、新たな空き住居・空き店舗がないか、市全域を調べた。家屋の状況は▽A=倒壊や建築材の飛散などの危険があり、解体などの緊急度が極めて高い▽B=管理が行き届かず、老朽化・損傷が著しい▽C=管理が行き届いていないが、当面の危険性は少ない▽D=小規模の修繕で再利用が可能―の4区分で判定した。
 この結果、空き家は1798戸(前回調査1741戸)。緊急度の高い「A」は156戸(144戸)、老朽化の激しい「B」は189戸(572戸)、危険性の少ない「C」は639戸(445戸)、再利用が可能な「D」が814戸(580戸)。
 市危機管理課は「中心市街地と比較して周辺地域の空き家率が高い」と分析。「前回よりも危険度が高い建物(AとB)が371戸減少し、危険度が低く利活用の可能性がある建物が増加している」とまとめた。17年度に創設した解体撤去費補助制度を活用し、これまでに33件を「特定空き家」に認定し、32件の解体が終了。所有者自らが解体する動きもあり、危険度の高い空き家が減ったとみている。
 改定する計画の期間は20年度から4年間。「空き家等の発生抑制」に重点を置き、施策を盛り込む方針。名村会長は「前回調査から57戸増で、予想に反して増えていないが、中心部から離れた場所ほど増加している。実態を把握した上で計画に反映させていきたい」と述べた。
 27日の市空き家等対策協議会(会長・福原淳嗣市長)でも計画案を協議し、パブリックコメントを経て、再度、検討委、協議会を開き計画をまとめる。

ふるさと納税 初めて1億円突破 鹿角市 PR強化、2億円も目前

2020-01-23
 鹿角市へのふるさと納税の寄付額が本年度、初めて1億円を突破した。今月20日現在の寄付申込額は1億8000万円余りで、最終的には2億円まで伸びると見込まれている。増加の要因について市はインターネットのポータルサイトでの情報発信の強化や工夫などを挙げている。
 市によると寄付の状況は▽2015年度=73件、5471万円▽16年度=6725件、9215万円▽17年度=6168件、8092万円▽18年度=5411件、7597万円―。
 市が返礼品を贈る取り組みを開始した16年度は過去最高の実績となったが、その後は国が寄付額に対する返礼品の価格割合を3割以下に引き下げたこともあって、17、18年度と2年連続で減少した。
 本年度は新規寄付者の獲得に向け、従来から利用しているポータルサイト「ふるさとチョイス」の特集ページ掲載に加え、新たに「楽天ふるさと納税」のサイトの利用を開始するなど取り組みを強化。
 この結果、昨年11月までの状況は例年の寄付額の2倍強で順調に推移した。さらに、所得税控除の期限となる12月は駆け込み効果もあって例年の4倍程度まで急増。この1カ月間だけで寄付額は8000万円を超え、18年度1年間の実績を上回る好調ぶりだった。
 本年度の寄付申し込み状況は20日現在で1万3447件、1億8083万円。過去最高を更新し、大台の1億円を初めて突破しただけでなく、2億円に迫る勢いだ。
 こうした中、寄付者に対する返礼品の購入費やふるさと納税サイト利用料などの経費は、昨年の9月市議会に続いて12月市議会でも追加補正を行ったほか、年末年始に職員が事務手続きの対応に追われるなど、うれしい悲鳴を上げる状況となった。
 市は「ポータルサイトを増やすなどプロモーション効果を高めたことが増加の要因の一つ。返礼品の取り扱いを市内業者に委託したことで、返礼品となる特産品の生産者の顔が見える情報発信などが図られたことも大きい」と捉えている。
 現在の返礼品数(一部品切れあり)は「ふるさとチョイス」が135件、「楽天」が77件。「ふるさとチョイス」で人気上位は①リンゴ(サンふじ)②リンゴ(シナノスイート、シナノゴールド)③アップルパイ④比内地鶏きりたんぽセット⑤幸楽ホルモン⑥リンゴ―。

職員提案、4件表彰 北秋田市 市長賞「協働で子育て支援」

2020-01-23
職員提案の表彰式(北秋田市役所)
 北秋田市が取り組む職員提案制度の2019年度表彰式が22日、市役所で行われ、市長賞1件と優秀賞3件の提案者に、津谷永光市長から表彰状などが贈られた。
 業務改善や市民サービス向上を図ろうと、2013年度から実施している制度。職員から広くアイデアを募り、優れた提案は年度ごとに表彰している。
 募った提案は▽新しい事業や業務改善などの「自由課題」▽すでに実践している取り組みの「実績報告」▽年度ごとのテーマ―の3種類。本年度のテーマ提案は「友好交流都市・国立市との交流活性化」「ふるさと大使を活用したシティプロモーション」「内陸線の乗車促進」とした。
 総合政策課によると、本年度は自由課題提案に19件、実績報告提案とテーマ報告提案に各3件の計25件の提案があった。前年度は12件だったことから、2倍以上となっている。審査の結果、7件の提案を採用、このうち4件に賞を贈ることにした。
 市長賞に選ばれたのは「商業施設との協働による子育て支援事業」で「子育て支援施設を商業施設と連携して整備する。これにより、市の財政負担軽減を図ることができるほか、市民の利便性向上が期待できる」との内容。提案者は職員の任意グループの「きたあきたパパサークル」(戸沢元継、小林慶両代表)。「既存の商業施設を活用する」との視点が評価された。
 優秀賞には「グーグルマップを活用した情報発信」を提案した高橋了介さん(商工観光課地域おこし協力隊)、「市民の目線に立った庁舎案内表示の改善」を提案した米澤田茂さん(会計課長)、「有資格職員等の効果的な活用」を提案した倉内雅英さん(都市計画課主任)が選ばれた。
 それぞれの職員に表彰状を手渡した後、津谷永光市長は「今年は多くの提案があった。業務の効率が上がり、市民サービスの向上につながっていく。提案を実行し、実現していく」などと述べた。

秋田犬ツーリズム 地域の強み視覚化へ 観光意識調査 北秋田市で始まる

2020-01-22
診断ツールを活用した観光地域意識調査が始まった(北秋田市文化会館)
 大館、北秋田、上小阿仁、小坂4市町村の観光地域づくり法人・秋田犬ツーリズム(中田直文会長)による観光地域意識調査が21日、北秋田市文化会館で始まった。米国を中心に活用されている観光地域診断ツール「Destination NEXT」を用いた調査で、アジアでは初めての試み。観光地としての発展度や地域との協力関係を診断し、地域の強みを視覚化することを目指す。24日まで、大館、北秋田両市で実施する。
 調査はオンライン回答で、「観光地域としての発展度」と「地域との協力関係」が大きなテーマ。発展度については「ブランド」「宿泊施設」「飛行機アクセス」などの項目があり、「全くそう思わない」から「強くそう思う」までを5段階で評価。「協力関係」は「地域産業による支援」「おもてなし文化」「地域住民による支援」など。具体的には「当地域には外国人観光客の多様な言語ニーズに対応できる」、「地域住民は観光産業に対し一般的な理解があり、好意的な印象を持っている」などの質問があった。
 午前の部の回答によると、自然文化を強みに思っている人が多かったほか、交通アクセスの重要度が比較的高かった。外国人観光客に対し、住民が不満に感じている度合いは低く、「これから受け入れられる可能生は高い」という診断もあった。
 調査に参加した北秋田市商工会の吉田忍さんは「質問されて答えることにより、地域の良い点、悪い点に気付くことができた。共通認識も得ることができ、それをどう取り組んでいくのかが大事になると思う」と話していた。
 「Destination NEXT」はカナダの調査分析会社が開発。これまで11カ国230地域での実績がある。秋田犬ツーリズムでは、昨年11月、観光庁の打診を受けて参加した米国のDMO関係のサミットで、地域との関係を調査する必要性を確認。カナダから調査員を招いた、アジア初の観光意識調査を企画した。
 調査には4市町村の観光関連事業者、行政関係者、各市町村議員、地域住民などが参加し、200回答を目指す。3月下旬に報告会を予定しており、調査結果を基に地域づくりについて意見交換する。

特別職報酬 8年連続「据え置き」 大館市の審議会 諮問通りに答申 厳しい財政など理由

2020-01-22
福原市長に答申する荒川会長㊧(大館市役所)
 大館市特別職報酬等審議会(荒川邦隆会長)は21日、2020年度の市長・副市長・教育長給料と議員報酬をいずれも諮問通り「据え置き」とするよう福原淳嗣市長に答申した。本庁舎建設に多額の費用を要し、人口減に伴う市民税の減収など市財政が依然として厳しく、「引き上げは難しい」と判断。市長は「答申を尊重する」と述べた。
 今月10日の審議会で市長はいずれも「据え置き」とする案を諮問していた。10年から12年まで引き下げが続き、据え置きは13年以降8年連続(国の要請を受け13年7月~14年3月の期間限定で引き下げた暫定措置を除く)。現行の給料・報酬月額は市長万2000円、副市長85万6000円、教育長67万2000円、議長41万2000円、副議長37万5000円、議員35万7000円となっている。
 荒川会長が市役所を訪れ、市長に答申書を手渡した。答申理由として一般職給料が16年4月から平均0・74%引き下げられ、3年間の現給保障が行われたものの回復していない現状を挙げ、「市財政は本庁舎や駅舎建設に多額の費用を要するとともに都市計画税の廃止、普通交付税、たばこ税や市民税の減収など依然として厳しい状況にある」と指摘。
 その上で昨年の答申に「来年は引き上げを実現したい」と添えた付帯意見や職責の重要性を認識しつつ、景気回復の実感が得られない市民感情、人事院・県人事委員会勧告で一般職給与の引き上げ幅がわずかだったことなどを総合的に検討した結果、据え置きが妥当と結論づけた。
 今月1日時点の特別職給料・報酬を県内13市と比較すると、市長と副市長は6番目、教育長が9番目、議長が7番目、副議長と議員が6番目。秋田市や男鹿市など暫定的に減額している報酬額を勘案すると、市長は4番目、副市長が5番目、教育長が7番目となる。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

循環バスの運行開始 北秋田市 高齢者などの移動手段に

2019-12-02
乗客を乗せて出発する市街地循環バス(北秋田市のイオンタウン鷹巣前)
 北秋田市の市街地循環バスが1日、運行を開始した。高齢者などの移動手段の確保を目指し、鷹巣地区で導入したもの。今後、専用車両の導入なども検討しており、市は「多くの人に利用してほしい」と呼び掛けている。
 循環バスの運行は、市が2017年3月に策定した市地域公共交通網形成計画の中で「導入を検討する」としていた。16年度から18年度までの3年間、計3回の実証運行を行ってきた。
 この結果「需要はある」と判断し、通年運行を決定。栄中綱の国道105号沿いにあるイオンタウン鷹巣を起点・終点に、高野尻、東中岱、南鷹巣、宮前町の各公営住宅団地を周回。いとく鷹巣ショッピングセンターや鷹巣駅前、市役所前に停留所が置かれるほか、市民ふれあいプラザコムコム前は2回、停車するルートとした。
 便数は、平日が午前9時から午後3時までの1時間ごとにイオンタウンを出発する計7便、土曜・日曜と祝日は正午と午後2時発を運休する5便。運賃は大人100円、小学生と障害者手帳所持者は50円に設定した。
 運行初日は、初便に合わせて市や運行を委託された秋北バスの関係者らがイオンタウン鷹巣のバス停前に集まり、出発を見送り。バスの前面と側面には「市街地循環バス」と表示されたほか、停留所には市ふるさと大使の「ハローキティ」が描かれたプレートが取り付けられた。
 市総合政策課は「今後、専用車両の導入や路線に愛称を付けることも検討している」などと説明。「料金も利用しやすくなるよう設定した。買い物や通院など多くの人に利用してもらいたい」と話した。

県内三大盆踊りが競演 鹿角市民俗芸能フェス 「花輪の町踊り」も

2019-12-02
来場者を魅了した西馬音内盆踊り(コモッセ)
 鹿角市民俗芸能フェスティバル「風流(ふりゅう) 秋田の盆踊り」が1日、花輪のコモッセで開かれた。2005年の「盆踊りサミット」以来、鹿角で14年ぶりの競演となった県内三大盆踊りに加えて「花輪の町踊り」が出演し、民俗芸能の魅力をたっぷりと披露した。
 鹿角市と市教委の主催。14年度の国民文化祭を契機に高まった市民の芸術文化活動への関心を一過性に終わらせず、継続していこうと15年度の種苗交換会に合わせて初開催。以来、毎年度テーマを変えて開き、県内外の保存団体が出演している。
 5回目の本年度は国指定無形民俗文化財の「毛馬内盆踊り」と「西馬音内盆踊り」(羽後町)、県指定無形民俗文化財の「一日市盆踊り」(八郎潟町)の県内三大盆踊りが勢ぞろい。さらに県指定無形民俗文化財「花輪の町踊り」も加わり、四つの民俗芸能が出演した。
 「毛馬内盆踊り」や「西馬音内盆踊り」を含む全国33の民俗芸能の保存団体でつくる「全国民俗芸能『風流』保存・振興連合会」は今年2月に設立され、ユネスコ無形文化遺産登録を目指している。
 開会あいさつで児玉一市長は「本市の大日堂舞楽、花輪ばやしに続く無形文化遺産登録を大いに期待している。各出演団体の活躍と民俗芸能の将来にわたる保存・伝承を願う」と述べた。
 「風流」は念仏踊り、盆踊り、太鼓踊りなど、はやしの演奏や歌、手ぶりが付いた踊りの総称。来場者は各地域の踊りのしなやかな所作や華やかな衣装、哀愁を帯びたはやしなど、風流芸能の世界を存分に楽しんだ。

全国初 上小阿仁村で開始 自動運転サービス 道の駅拠点に集落間運行

2019-12-01
運転席(車両前部左側)を無人状態にして運行する自動運転サービス(上小阿仁村)
 上小阿仁村の道の駅かみこあにを拠点に、自動運転システムの電気自動車が集落間を運行するサービスが30日始まった。国交省によると、自動運転サービスの本格導入は全国初。高齢化が進む中山間地域の新たな移動手段として期待される。
 同省は2017年度から、自動運転サービスの実証実験を、同村を含めた全国18カ所で実施。走行技術面や採算性などを検討した結果、本格導入が決まった。
 実施主体はNPO上小阿仁村移送サービス協会(畠山和美理事長)。ルートは道の駅を発着点に▽堂川ルート(往復5㌔)=運行日月・水・金曜日▽福舘ルート(4㌔)=火・木曜日▽小沢田周回ルート(1・9㌔)=月~金曜日―の三つ。役場や診療所、公民館などに停留所を置く。
 運行に使う車両はヤマハ発動機製の1台(定員7人)。路面に埋められた電磁誘導線に従って走り、走行速度は時速12㌔程度。係員が運転席に座るが、緊急時以外は操作しない。小沢田・堂川ルートの専用空間に位置付ける村道約1㌔は係員が助手席に移り「無人状態」になる。この区間は期間限定で一般車両は進入せず、誘導員が常駐する。
 この日は道の駅でテープカットや無料試乗が行われ、村や国交省関係者がサービス開始を祝った。村長の代理で伊藤敏夫・村議会議長が「村は高齢化が進み運転免許を返納せざるを得ない人が多くいる。サービスが村に効果的になることを期待する」とあいさつを読み上げた。
 開始後も引き続き利用者ニーズや料金設定、ルートなどを検証する。自動運転サービスが今後、全国に広まっていく上で村がモデルケースになる。来賓の同省道路交通管理課の岸川仁和課長は「本格導入した村で課題を一つ一つ克服し、先ゆくものとして展開を続けていければ」と期待した。
 雪が降る中の運行開始となったが、試乗に大きなトラブルはなかったという。堂川ルートの専用区間では係員が助手席に移り、両手を振る場面も見られ「無人状態」と「自動運転」をアピールしていた。
 12月1日以降は通常運行を予定。運賃は片道200円。問い合わせは協会事務局(☎080・9406・6449)。

伊徳が元日休業 25年ぶり全26店で 働き方改革背景 社員の生活配慮

2019-12-01
元日休業を25年ぶりに全店舗で取り入れる伊徳(大館市東台)
 大館市に本社を置くスーパー、伊徳(塚本徹社長)は秋田、青森の全26店舗で来年の元日を休業する。首都圏を中心に元日休業が広まる中、同社でも従業員に有意義な正月を過ごしてほしいと、25年ぶりに定休日とした。大みそかは例年よりも「ごちそうメニュー」を強化して対応。1日から各店舗で周知を始める。同社では、顧客に理解を求めている。
 同社では、1995年まで元日を定休日としていたが、首都圏での流れを受けて、翌年から大館ショッピングセンターと能代通町店の2店で元日営業を取り入れた。その後、各店舗に拡大し、今年まで藤琴店を除く25店舗で元日営業を行っていた。
 働き方改革が進む中、近年は首都圏を中心に元日休業の店舗が増加。同社でも時代背景を鑑み、人口減少、少子高齢化の対策の一つとして、「若い世代に地元に残ってもらうため、職場環境を今以上に良くする必要がある」としたほか、一年で最も忙しい年末商戦に追われた従業員に対し「元日は家族と有意義に過ごし、疲れを癒やしてほしい。仕事も私生活も良い一年になれば」との思いを込めて、定休日設定に踏み切った。
 同社ではこれまで、元日は従業員の6割が出勤していた。店舗が休業することにより、工場や運送業者など関連した従業員も元日に休むことができるという。
 大みそかは、おせちやきりたんぽのほか、焼き肉やステーキ、すき焼き用の牛肉を増量し、元日の食卓を意識した「ごちそうメニュー」を強化する。販売本部の薩摩博隆大館地区長兼店舗支援室長は「ご迷惑を掛けるが、従業員の頑張りと私生活の充実を理解していただきたい。働き方改革の取り組みが地域に広がっていけば」と話している。
 1日から元日が休業となることを全店舗で周知する。初売りは1月2日で、ショッピングセンターでのイベントを企画している。

声良鶏銅像 駅前から歴史資料館へ 鹿角市で 記念イベント 除幕やセレモニー

2019-12-01
移設された声良鶏銅像の除幕式(歴史民俗資料館前)
 鹿角市のJR鹿角花輪駅前広場整備事業に伴い、駅前ロータリーにあった声良鶏の銅像が花輪横町の歴史民俗資料館(旧鹿角郡公会堂)前庭に移設された。30日は現地で銅像の除幕など記念セレモニーが行われ、参加者がまちなか観光の活性化や声良鶏の保存・継承への効果などに期待した。
 声良鶏の銅像は1952(昭和27)年、全日本声良鶏保存会が国天然記念物指定を記念して会員や住民らから募った寄付金を基に、当時の陸中花輪駅(現鹿角花輪駅)駅舎前に設置。その後、駅前ロータリーの中心部に移設された。声良鶏は82(同57)年に「市の鳥」に選定されている。
 作者は花輪出身の彫刻家で日本美術展無鑑査、県文化功労者、声良鶏保存会員でもあった相川善一郎(1893―1986)。大館駅前の秋田犬銅像も相川の代表作。
 駅前広場整備事業に伴う銅像の移設に対し、「鹿角の玄関口のシンボル的なモニュメントとして駅前に残して」という市民の要望もあったが、市はまちなか観光への活用などを理由に移設の方針は変えず、ロータリー中央部から9月下旬に撤去。駅前から約500㍍離れた歴史民俗資料館へ11月26日に設置した。
 記念イベントは銅像の所有者である保存会(工藤忠靖会長)と市が開催。工藤会長や畠山義孝教育長ら関係者4人が除幕を行い、高さ約1・8㍍の台座の上にたたずむ銅像をお披露目した。
 工藤会長は「移設を機に『市の鳥』声良鶏のことを多くの人に知ってもらいたい。最終的に飼う人が出てくれれば最高。会としても銅像とともに声良鶏の保存に務めたい」、畠山教育長は「天然記念物の声良鶏、市有形文化財の旧鹿角郡公会堂。二つの素晴らしい作品が並ぶ姿を見て感慨深い。保存会と力を合わせて文化財を守り、後世に伝えていきたい」と述べた。
 館内では相川善一郎展が始まり、経歴や功績を解説するパネル、花輪ばやし屋台の彫刻の下書き、菩薩(ぼさつ)像、鹿角焼盃などの作品を展示している。来年3月まで。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る