本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

大館市山田 地域の魅力動画で発信 県がナメコの収穫など撮影 関係人口の創出へ

2020-10-26
NEW
山田部落会が栽培する原木ナメコの収穫作業などを動画撮影した(大館市山田地区)
 首都圏などの大都市在住者に向けて地域の魅力を広く発信し、関係人口の創出につなげようと県は25日、大館市山田地区でPR動画の撮影を行った。キノコの露地栽培や山菜販売など、地域資源を生かした〝ムラビジネス〟に取り組む山田部落会(赤坂実会長)の活動の様子を動画に収めた。
 県が力を入れる「県外在住者と連携した関係人口創出・拡大事業」の一環。大都市在住者に「観光以上移住未満」の立場で地域の活動に関わってもらい、来年度以降の関係人口を増やす狙いがある。当初は首都圏在住者らを本県に招致し、地域住民と活動を共に行うことで地域の魅力に親しんでもらう予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い計画を変更。地域の魅力を収めたPR動画を撮影し、情報発信することにした。
 県地域づくり推進課の佐々木智子主査ら約10人が訪れた。農業生産品の流通・消費などを学ぶ秋田県立大アグリビジネス学科の学生3人も参加し、撮影やキノコの袋詰め作業を手伝った。
 同部落会では2010年から「キノコの里づくりプロジェクト」と題して、原木マイタケや原木ナメコの栽培を開始。自然に近い環境で露地栽培を行うため品質がよく、現在は千葉県のスーパーなどにも販路を拡大しているという。
 一行は同部落会が管理する原木ナメコの栽培場を訪れ、収穫作業の様子を動画に収めた。栽培場にはナラやヤマザクラの原木600本が所狭しと並び、所々でツヤのあるナメコが顔を出していた。赤坂会長は「傘の裏側に薄く膜が張っているのが一番いいナメコ」などと説明しながら、収穫の仕方を解説。指導を受けて大学生らが収穫する様子を撮影した。佐々木主査は「地域住民だけで集落環境を維持していくのは厳しい時代。事業を通じて都市圏の人に地域の魅力を知ってもらい、将来的には都会の人が率先して地域に来てくれるような関係をつくっていきたい」と展望を語った。
 県内の他集落でも同様の趣旨の動画撮影を行っており、山田地区で撮影した動画は編集作業を行った上で来年1月ごろ、首都圏在住者を招いて行うオンライン交流会で上映する予定。赤坂会長は「都会の人に過疎集落について関心を持ってもらういい機会になる」と期待していた。

東北「山・鉾・屋台」協議会 祭り再開へガイドライン 花輪ばやしなど5団体

2020-10-26
NEW
来年の花輪ばやし再開への思いを語る戸澤会長(ホテル茅茹荘)
 新型コロナウイルスの影響で今夏の祭典が中止となった花輪ばやし祭典委員会の戸澤正英会長は、24日に鹿角市のホテル茅茹荘で開かれた若者頭協議会通常総会・懇親会の席上、来年の再開に強い意欲を示した。東北にあるユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」の5保存団体で構成する「東北山・鉾(ほこ)・屋台協議会」が足並みをそろえ、再開に向けたガイドラインを策定するよう提案したことも明らかにした。
 同協議会の構成メンバーは花輪ばやし、「角館祭りのやま行事」(仙北市)、「土崎神明社祭の曳山行事」(秋田市)、「八戸三社大祭の山車行事」(青森県八戸市)、「新庄まつりの山車行事」(山形県新庄市)の各保存団体。いずれも今年の祭りは中止を余儀なくされた。
 戸澤会長は「来年は何が何でもそれぞれの祭りをやりたいと思っている。いろいろな課題が出てくると思うが、5団体が同じ方向で進みたい。そのためのガイドラインを一緒に作りたい」と思いを語った。
 今月中旬、戸澤会長がその旨を協議会事務局の八戸市教育委員会に提案したところ、快諾を得たという。今後、事務局が各団体に案内を出す予定。
 行政も含めたガイドライン策定の第1回会議は来月、八戸市で開催する見通し。数回の会議で方向付けを出したい考え。
 戸澤会長は「いろんな意見を拝借し、それを集約していきたい。例えば箱根駅伝など他の団体や行事を参考にしながら、来年はぜひ祭りをやる方向で一生懸命考えていきたい」と再開への思いをにじませた。

前議長と前村長出馬へ 上小阿仁村長選 来月24日告示 選挙戦、三つどもえも

2020-10-26
NEW
 中田吉穂村長の死去に伴う上小阿仁村の村長選挙は、11月24日告示、29日投開票の日程で行われる。すでに、新人で前村議会議長の小林信氏(59)=小沢田字釜渕=と、前村長の小林悦次氏(65)=五反沢字五反沢=が立候補の意思を表明。ほかにも立候補を模索する動きがあり、選挙戦となることは確実な情勢だ。
 前回の選挙は昨年4月に行われた。再選を目指した小林氏に対し、返り咲きを狙う中田氏と、新人の男性による三つどもえ戦を展開。実質的には小林氏と中田氏による一騎打ちとなり、中田氏が4票差で勝利した。小林氏の陣営からは選挙後、結果に対する異議の申し出があったが、村選管は「結果は正しい」として棄却した。
 こうして2度目の船出をした中田村政だったが、村長自身の病気で複数回の入院を余儀なくされる。この間には、前の村長時代から不在となっていた副村長と監査委員について2度にわたり議会へ提案したものの、いずれも否決。議会との間に大きな溝ができた。議会への答弁では「公募しても探したい」との考えも示したが、実現はしないままだった。
 一方で、最も力を入れていた「買い物弱者支援事業」については8月から、移動販売車の運行を開始。多くの利用者から、好意的に受け入れられている。
 死去に伴い、現在は総務課長が「村長職務代理者」となっているが、副村長が置かれていなかったことによる影響も指摘されている。今月20日からは新年度予算案の編成作業も始まった。「大幅な意識改革で事務の効率化を図るとともに、ウィズコロナ、アフターコロナといった社会の変化に迅速に対応しながら、持続可能な行政サービスの実現を目指す」との方針を示しながらも、「新村長による政策転換」を念頭に置きながら進めるという。
 同村の村長は、1983年から連続6期を務めた故北林孝市氏が勇退した07年の選挙以降、小林宏晨氏(07~11年)、中田氏(11~15年)、小林悦次氏(15~19年)、そして19年から再び中田氏と、1期ごとの交代が続いてきた。今回は前回の選挙からわずか1年半後という短い期間での選挙になる。
 現時点ではまだ、候補者も出そろっておらず政策等の比較はできないが、村内では早くも、選挙ムードが高まってきた。告示日に向けて、水面下の攻防も激しさを増しそうだ。

バリアフリーのまちづくり 障害者らと歩いて点検 大館市 マップ作成や計画の資料に

2020-10-25
道路の段差などを確認したまち歩き点検(大館市三ノ丸)
 東京パラリンピックに向け障害者らが住みやすいまちづくりを進める国の「共生社会ホストタウン」に登録されている大館市で23日、「バリアフリーまち歩き点検」が行われた。障害者と一緒に道路や施設の整備状況を点検する初めての取り組みで、市中心部を歩き、道路の段差や点字ブロックの状況などを確認した。点検結果は市が進めるバリアフリーまちづくり計画の参考資料とするほか、来年度のバリアフリーマップの作成を検討している。
 共生社会ホストタウンの取り組みの一環。東京五輪・パラリンピックを契機に、共生社会を実現し、「ユニバーサルデザイン(誰もが利用しやすいよう配慮された設計)化」と「心のバリアフリー」を推進することとされている。
 市では障害への理解を深める契機にしようと、国の事業を活用して外部機関を講師に招き、まち歩きを企画した。点検箇所は、聖火リレーのルートとなっている市役所から市観光交流施設・秋田犬の里周辺。市障害者自立・差別解消支援協議会の会員や障害者、市職員ら約40人が5班に分かれて歩いた。
 参加者は歩道の幅が車いす同士ですれ違うことができる2㍍以上が確保されているかや、車いすの通行が難しい高さ2㌢以上の段差がないかなどを確認。点字ブロックが欠けたり、薄くなったりしている場所が多数あり、歩道の傾きや生け垣がはみ出して通行に支障が出る場所も見つけた。音響装置付きの信号機や広さが確保された多目的トイレ、歩道が平らで歩きやすい場所などもチェックした。
 点検結果を地図に書き込み、参加者で情報共有し、「心のバリアフリー」をテーマにセミナーも行った。市福祉課の菅原弥生課長は「当事者の生の声を踏まえてバリアフリーマップを作成し、市民に周知していきたい」と話した。
 市は昨年10月、本県で初めて共生社会ホストタウンに登録された。タイの事前キャンプ地として、ボッチャと陸上競技の選手団を受け入れ、宿泊施設や競技施設のバリアフリー整備状況を確認した。第2期市総合戦略(20~24年度)の重点プロジェクトの一つが「バリアフリーまちづくり」。本年度は市としての面的・一体的なバリアフリー化の方針を示す移動等円滑化促進方針(マスタープラン)を作成する。

ありがとう花輪北小 54年の歴史振り返る 閉校記念式典

2020-10-25
閉校記念式典で歌を歌う児童(花輪北小)
 鹿角市花輪北小学校(虻川真喜子校長、児童119人)の閉校記念式典が24日、同校で行われ、児童は歌や呼びかけを通して母校への思いを表現した。
 同校は1967年4月、下川原小と柴内小が統合して創立。平元小と来春に統合し柴平小となる。
 この日、最後の学習発表会、閉校記念式典、思い出を語る会を行った。
 式典で虻川校長は野球、ミニバス、陸上などの活躍に触れ「明るく、元気いっぱい、最後まで全力で取り組む北小魂が柴平小でも発揮されるように」と激励した。
 初めに同校の歴史をまとめた映像が上映され、花壇活動やクラブ活動など輝かしい結果と伝統が伝えられた。児童は呼びかけで「ありがとう花輪北小学校」などと思いを表現した。最後に出席者全員で「朝明けの空はれわたり」と始まる校歌を声高らかに歌った。
 式典後、5年生30人が稲作体験学習で収穫したあきたこまちが来校者に贈られた。ラベルには「北小をわすれ米(まい)~花北315(さいご・サイコー)」と、これまでの感謝の気持ちが書かれていた。
 
RSS(別ウィンドウで開きます) 

インフル予防接種 全市民に2千円助成 コロナ同時流行に備え 大館市9月議会・常任委

2020-09-03
インフルエンザ予防接種助成について説明を受けた厚生委(大館市役所)
 大館市の9月定例議会は2日、4常任委員会を開き、付託議案などの審査を行った。厚生委(田中耕太郎委員長)では、新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時流行に備え、全市民に一律2000円のインフルエンザ予防接種費の助成を計画していると説明を受けた。市立扇田病院外来診療費着服事件の損害賠償請求で、当局は被告の東北ビル管財(同市)との和解が10月1日に成立する見通しを示した。
 インフルエンザ予防接種費の助成について健康課は、「発熱やせきなど新型コロナと類似する症状が多く、医療機関は両方を疑って検査する必要がある。接種費を全市民に助成し受診者を減らすことで、医療従事者の大幅な負担軽減につながる」と説明した。期間は10月から来年2月とし、「ワクチンの供給量により、不足が生じる可能性もある」と理解を求めた。
 事業費は約8500万円を見込み、補正予算案を14日の本会議に提案する。市はこれまで、定期接種で65歳以上の高齢者と60~65歳未満の重い障害者に1000円、任意接種で0歳~中学3年生に1500円を助成。本年度当初予算で約2500万円を計上していた。全市民への助成は本年度限定とする方針。
 扇田病院の外来診療費着服事件では、市が業務委託先の東北ビル管財と着服したとされる元従業員に約1億5000万円の損害賠償などを求めて、2017年11月に提訴した。今年8月に地裁大館支部から和解案が示され、同社が元従業員の着服全額にあたる1億516万円と、遅延損害金や訴訟費用のうち1546万円を市に支払う内容で和解する方針。市は、請求額から同社が支払いに応じた分を差し引いた3000万円の請求権を放棄する議案を今定例議会に提出している。
 病院事務局は「議案が承認され、10月1日に最終となる協議で、双方が和解案に同意する意思表示がされれば、和解が成立する見通し」と説明した。元従業員への請求の判決は10月15日に予定され、「判決状況をみながら、権利放棄した額を本人に請求していく方針」と述べた。事務局は「事件の発覚からこれまで長期間にわたり、議会、市民に多大なる心配をかけた。再発防止に取り組み、病院全体であらゆる業務へのチェックを継続していく」と述べた。

PR戦略など4テーマ 鹿角市次期観光振興計画 作業部会で議論始まる

2020-09-03
ワークショップなどが行われた作業部会の初会合(鹿角市役所)
 鹿角市観光振興計画策定委員会(委員長・田口善浩産業部長)は、本年度策定する観光振興計画の具体的な施策を調査検討する作業部会であるワーキンググループを設置し、1日、市役所で初会合を開いた。11月まで3回の開催を予定。「新たな時代の観光PR戦略」など四つのテーマを具体化し、計画に反映させる。
 同計画は市の観光施策を総合的に推進するための指針となるもの。現計画の期間が本年度で終了するため、次期計画の策定を進めている。計画期間は2021年度から5年間。
 ワーキンググループは、策定委員(12人)の所属する環境省、県、市、地域DMO、かづの商工会、宿泊・観光事業者などの担当者、一般公募3人を合わせて23人が参加。次回は高校生も加わる。
 初会合では、市観光プロデューサーで地域DMO推進室長の清水涼太さんの講話「世界に誇る鹿角観光について考える」、市産業活力課の黒澤香澄政策監の計画に関する説明を聞いた後、参加者が4グループに分かれてワークショップに取り組んだ。
 グループごとに「世界水準の観光コンテンツのいかし方」「新たな時代の観光PR戦略」「公共施設と民間事業者の役割(観光拠点施設の役割)」「観光危機管理対策」のテーマを検討。
 「一番取り組まなければいけないのは(鹿角の)認知度の向上。そのためには観光地ごとに細かくターゲットを設定する必要がある」「鹿角を知ってもらうことも大事だが、実際に鹿角に来てもらい、また来たいと思われることが持続可能なまちづくりにつながるのでは」などの意見があった。
 清水さんは「当たり前に鹿角にあるものが、外部の人にとっては感動を呼ぶ観光コンテンツになり得る。市民が自分たちの価値と誇りを、より強く持って臨んでいかないと観光は良くならない。持続可能なまちづくりをみんなで意識して10年後、20年後がプラスになるようにしていきたい」と呼び掛けた。

比内地鶏 タイ料理で消費拡大を 東京パラへ交流深める オンラインで「味わう会」

2020-09-03
画面越しに乾杯するスポーツ振興課の佐藤課長(ニプロハチ公ドームパークセンター)
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で需要が落ち込む比内地鶏を消費しようと先月29日、大館市とタイなどがオンラインを通じて比内地鶏を使ったタイ風の料理を味わう会が開かれた。同市などから参加した28人がタイのビールや料理に舌鼓を打ち、両国の交流を深めた。
 東京パラリンピック開催期間中、ホストタウンハウスで同市のPRブースの設置協力に携わる予定だった八芳園(東京都)が比内地鶏の需要低下の現状を知り、オンラインイベントを企画。本家比内地鶏やJAあきた北比内地鶏生産部会、タイのブンロート・ブリュワリー社の協力を得て実現した。
 イベントにはウェブ会議システムの「Zoom(ズーム)」を使用。国内から参加者を募集し、本県や関東から20組が参加。同市からはスポーツ振興課の佐藤税課長と工藤史尚係長が参加した。タイからも3組の参加があり、同国パラリンピック委員会のチュティナン・ビロムパックディー会長は「今年はタイの選手と大館市の皆さんが会えなくて残念だが、来年は五輪・パラリンピックが開催されることを願っている」などと乾杯のあいさつをした。
 会では参加者全員に比内地鶏を調理したタイ風の料理とブンロート社のビールが届けられた。料理は「ヤムウーセン(春雨のサラダ)」「トムカーガイ(ココナツミルクの煮物)」「タイヌードルにきりたんぽ」の3品。乾杯の後は本家比内地鶏の阿部健二専務による飼育方法や魅力の説明、スポーツ振興課によるタイとのホストタウン事業の話題が語られた。
 会の終了後、佐藤課長は「タイ料理と比内地鶏はとても合うと感じ、新たな魅力を発信できた。新型コロナが収束するまでこういった形での交流を続けていきたい」と話した。

インフル流行に備え 予防接種費の助成へ コロナ同時流行対策 大館市9月議会・一般質問

2020-09-02
一般質問が行われた本会議(大館市役所)
 大館市の9月定例議会は1日、前日に続いて本会議を開き、5議員が一般質問を行った。新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時流行対策について、福原淳嗣市長は「インフルエンザの予防接種をより多くの市民に受けてもらうよう助成したい」との考えを示した。早ければ会期中に予算案を提出する方針。
 登壇したのは佐藤芳忠議員(市民の風)、笹島愛子議員(共産党)、武田晋議員(令和会)、栁館晃議員(同)、田村儀光議員(同)。
 新型コロナ感染の有無を調べるPCR検査が増えた場合の対応を問われ、市長は「医療現場の混乱を避けるためインフルエンザの予防接種をより多くの市民に受けてもらうよう助成したい」と答弁。「医師会など関係機関と協議が整い次第、予算計上を検討している」と加えた。市はこれまで、子ども(中学3年まで)や高齢者(65歳以上)らに接種費用の一部を助成しており、対象を全市民に拡充したい考え。
 佐々木睦男病院事業管理者は8月3日から行っているドライブスルー方式のPCR検査に触れ、30日までに9人を検査したと説明。検査数の増加に対して開設日時(1日2時間、週3日)を増やすことを示し、総合病院にはPCR検査機器と抗原検査キットを備え、手術前や救急の患者などに対応できる体制を整えているとした。
 総合病院と扇田病院の入り口に体温を自動測定する「サーモグラフィーカメラ」設置を求める質問があり、管理者は「国の交付金を活用して導入を検討する」と答えた。
 1976年に架設された犀川橋(幅員6㍍、長さ60㍍)について、福原市長は「扇田地区と西館地区を結ぶ重要なインフラ。県が2008年から実施している犀川改修事業と連動し、新たに架け替える方向で検討する」と言及。前後の市道整備も地域から要望が出ているとして「早期事業化に向け準備を進める」と述べた。
 発光ダイオード(LED)街灯設置費補助に関して「2回目の交換時も継続適用を」との質問に対しては、「補助対象とする」と明言した。
 国土調査法に基づく地籍調査は「今後30年間で完了する計画」と見通しを示した上で、「期間が長くなると土地の精通者が減ることで筆界未定地が増え、事業効果が得られなくなる」と述べ、住宅地について一筆地調査の民間委託化を検討し、山間部は航空機によるレーザー測量の活用など新たな手法を取り入れて早期完了に努める考えを示した。比内・田代地域は終えており、大館地域は18年度に花矢地区の再調査が終了。現在は釈迦内地区で進めており、進捗(しんちょく)率55・6%となっている。

コロナ禍も発表の場を 北秋田市 文化祭中止で代替イベント 「みんなの作品展」開幕

2020-09-02
市民の写真作品が展示されたコムコム
 新型コロナウイルスの影響で本年度の開催が中止となった北秋田市文化祭に代わる「みんなの作品展」が1日、北秋田市内2会場で始まった。会場や会期を分散し感染防止に配慮。「コロナの時代」も生涯学習の成果を発表したいという市内56の個人・団体が12月下旬まで計1474点を順次出展する予定。
 例年10月に開催する市文化祭は市民ふれあいプラザで作品展示、市文化会館でステージ発表が行われてきた。会期は2日間。参加や鑑賞のため一斉に来場し熱気に包まれるほどにぎわってきた。本年度は「3密」回避のため中止したが、市教委が作品展示に限って代替イベントを企画した。
 会場はコムコム、森吉と阿仁両公民館の3カ所に分散した。9~12月の間に約1カ月単位で展示できるようにし出展者に選んでもらった。生涯学習課によると、出展は保育園、小・中学校、支援学校、公民館講座の受講者、サークルなど56個人・団体。出展総数は最多の絵画(653点)をはじめ書写、写真など計1474点を数える。
 最初の会期(1~28日)はコムコムと阿仁公民館の2会場に6個人・団体が計29点をそれぞれ出展した。コムコムでは2階通路や休憩スペース脇に絵画、写真、書、トールペイントの作品16点が並べられた。混み合う様子はほとんどなく、来館者は落ち着いた雰囲気の中でじっくりと作品を鑑賞した。
 出展数が多いのは各会場とも10~12月中の会期後半。出展に向けて現在制作に取り組んでいるとみられ、コムコムでは10月29日から11月25日までの会期に503点、最終の11月27日から12月24日までの会期には633点がお披露目される予定。
 展示スペースの都合で例年出展数の制限を設けていたが、会場分散で余裕が生まれ、制限なく作品募集したという。その結果、小・中学校の作品が大幅に増えた。同課の担当職員は「児童全員の作品展示を申し込んだ学校もある。こんなに多くの作品が集まるとは思わなかった」と話した。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る