本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

300㍍の「旗の波」 鹿角交通協が安全運転呼び掛け 国道重点にキャンペーン

2019-05-13
約300㍍の〝旗の波〟で交通安全を呼び掛けたキャンペーン(花輪鶴田)
 鹿角交通協会(石川倉男会長)は12日、春の交通安全運動(20日まで)に合わせて「国道重点交通安全キャンペーン」を鹿角市花輪鶴田の国道282号錦木バイパスで展開した。会員約50人がのぼり旗を掲げて立ち並び、通行するドライバーらに交通事故防止を呼び掛けた。
 国道など幹線道路での事故が目立つ状況を踏まえ、全5支部合同の新規事業として昨年度始めた取り組み。
 開会式では石川会長と鹿角署の木元豊交通課長が、滋賀県大津市で保育園児の列に車が突っ込んだ死傷事故に触れながらあいさつ。
 石川会長は「ぼうっとしないで運転することが、いかに重要であるかを認識してもらえるよう運転者に呼び掛けたい」、木元課長は「キャンペーンを機に、鹿角から県内各地に交通安全の機運を広げていければ」と述べた。
 この後、「交通安全」と記された旗を手にした参加者が国道沿いに約300㍍にわたって立ち並び、ドライバーに安全運転を呼び掛けた。
 同キャンペーンは夏に八幡平地区、秋に十和田地区で実施する予定。

矢口さんが応援大使に 秋田内陸線 横手出身の漫画家 まんが美術館と連携も

2019-05-12
応援大使に就任した矢口さん(左)と吉田社長(横手市増田まんが美術館、秋田内陸縦貫鉄道提供)
 秋田内陸縦貫鉄道(秋田内陸線、本社・北秋田市)は、横手市増田町出身の漫画家・矢口高雄さんを秋田内陸線応援大使「スマイルレール・アンバサダー」に委嘱した。今後、内陸線のPRに協力してもらう。矢口さんからは、代表作「マタギ」および「マタギ列伝」の複製原画などが同社へ贈られた。
 「スマイルレール」をキャッチフレーズとする同線が、今年の全線開業30周年を機会として応援大使を委嘱することにしたもの。矢口さんが就任第1号となった。
 委嘱式は先月20日に、横手市増田まんが美術館で行われ、同社の吉田裕幸社長が矢口さんに委嘱状を手渡した。矢口さんからは、同美術館を通じて複製原画3点と大型タペストリー1点が同社へ贈られた。これらは、阿仁合駅2階の「北秋田森吉山ウエルカムステーション」内の「阿仁マタギ」を紹介するコーナーへ展示した。
 応援大使への就任を機に、矢口さんには折にふれて内陸線のPRに協力してもらう。また、同社は矢口さんが名誉館長を務める横手市増田まんが美術館との連携を図りながら、県の観光の魅力向上にも努めたいとしている。

青空の下 家族で作業 大館 田植えが始まる

2019-05-12
田植え作業に臨む農家(大館市二井田)
 大館市内で田植えが始まった。11日は青空の下、農家が苗箱を運び、田植え機を操る光景が見られた。
 約1・2㌶であきたこまちを栽培する比内町扇田の麓萬一さん(86)は、家族3人で作業。家族の仕事の休みに合わせて田植えを行っており、二井田の圃場でこの日から開始した。時期は例年並みという。
 苗の生育は順調に進んだが、7日夜の降ひょうで、育苗用のビニールハウスに穴が開く被害に遭った。「植える直前で、苗には影響が出ずに済んだ」と胸をなで下ろす。麓さんは「高齢になり田をやめる人が増え、大規模化も進んでいる。家族だけで作業するのは大変になってきたが、自分が元気なうちは続けたい」と話した。
 北秋田地域振興局農林部が10日に発表した生育状況によると、5月上旬の好天で耕起作業が進み、平年並みの5月4日に盛期を迎えた。代かき作業も盛んに行われている。JAあきた北は、市内では18日ごろから田植えが本格化するとみている。

こけしの絵付け体験 鹿角 ハンガリーの作家・レーカさんと一緒に

2019-05-12
こけしをあしらった服を着て説明するレーカさん。右は市国際交流員のアンドレアさん(湯の駅おおゆ)
 ハンガリーのこけし作家、トート・ヴァーシャールヘイ・レーカさんと一緒にこけしの絵付けを体験するイベントが11日、鹿角市十和田大湯の湯の駅おおゆで開かれた。市内の家族連れなどが参加し、思い思いのこけしに仕上げた。
 日本とハンガリーの外交関係開設150周年を記念して、湯の駅でレーカさんの作品展が7日から12日まで開かれている。展示と合わせ、トークイベント(10日)と絵付け体験が計画された。
 レーカさんはハンガリー・ブダペスト在住。日本の大学に留学した際にこけしの魅力に引かれ、帰国後、2011年から制作を始めた。全日本こけしコンクール経済産業大臣賞など数々の賞を受けている。色が鮮やかで優しさが漂う作品が展示されている。
 絵付け体験は午前、午後の2回行われ、午前の部には8人が参加。レーカさんは制作の手順を説明し、「私の話はあくまで提案で、創作にルールはなく、自由に描けるのが自由こけし」と話した。目から描いて、と提案し、線の描き方で明るい表情、悲しい顔になることを具体的に教えた。
 市内から家族と一緒に参加した成田芭菜子さん(9)はイラストに興味があるといい、「おっとりとした感じの表情にしたい」と話しながら、こけしに向かっていた。

訪日客ら誘致へタッグ 北東北のDMO 4団体で連携会議 「秋田犬ツーリズム」も

2019-05-11
互いの取り組みや情報を交換し、連携に理解を深めた会議(小坂鉱山事務所)
 大館、北秋田、小坂、上小阿仁村4市町村の地域連携DMO(観光地域づくり法人)「秋田犬ツーリズム」(中田直文会長)は10日、小坂町の小坂鉱山事務所で北東北DMO連携会議キックオフミーティングを開いた。初会合では十和田湖を囲む3団体が互いの取り組みを紹介しながら、今後の方向性を確認。共有と連携をテーマに、広域での地域活性化を目指した。
 各DMOの担当者や行政、金融機関のオブザーバーなど30人余りが出席。中田会長は「(DMOの)単独での取り組みは限界がある。今後は皆でタッグを組んでいくことが重要。北東北や日本の良さを発信し、連携が地域活性化につながることを期待する」などとあいさつした。 
 続いて、秋田犬ツーリズム、八幡平DMO(岩手県八幡平市)、十和田奥入瀬観光機構(青森県十和田市)などが取り組みを紹介。八幡平DMOの担当者は、インバウンド(訪日外国人客)誘致を進めるにあたり「シーズンの10月は、宿泊施設が日本人でいっぱいになり、インバウンドを求めていない。夏のグリーンシーズンに集客できるよう、プロモーションを進めていかなければ」とし、アスピーテラインでロードバイクを楽しむサイクルツーリズムなどを計画しているとした。
 十和田奥入瀬観光機構は「特A級の観光資源でありながら増える休屋の廃虚。雨が降ったら何もすることがない」という長年の課題解決に向けた体制づくりを紹介。フリートークでは「広域で考えれば、雨が降ったときも小坂、八戸など十和田湖を拠点に回ることもできる」との意見も出た。
 今後の方向性については▽DMO間の緩やかな連携▽周遊ルート構築に向けたリアル(現実)とバーチャル(仮想)での連携▽地域資源の共有化、情報ネットワーク化▽マーケティング対象の絞り込みと共有化▽シンポジウム開催―を重点項目に挙げた。秋田犬ツーリズムの阿部拓巳専務理事は「互いを理解して共通の課題を洗い出し、それを解決するための情報交換の場を設ける、緩やかな連携から始めたい」と話した。
 会議は、近隣のDMOが有機的に連携し、単独では難しい広域の観光促進や目的地としての価値を高め、国内外からの誘客を増加させることが狙い。秋田犬ツーリズムのほか、VISITはちのへ(青森県八戸市)、十和田奥入瀬観光機構、八幡平DMOの4DMOが参加。県外の3DMOは過去1年以内に設立された若い企業・団体で、今後、3年目の秋田犬ツーリズムが主体となって不定期で会議を重ねていく。

4月のニュース

RSS(別ウィンドウで開きます) 

保全・活用へ耐震化へ 大館市の桜櫓館 「意匠残し性能確保」

2019-04-29
耐震調査などが行われる桜櫓館(大館市字中城)
 大館市は、昨年9月に取得した国登録有形文化財・桜櫓館(同市字中城)の保全と活用に向け、耐震化に着手する。市街地では数少ない昭和初期の本格木造建築物。精密診断や補強案の検討を経て年度内に実施設計をまとめ、2020年度に改修工事を進める方針だ。まちづくり課は「できるだけ意匠を残したまま倒壊しない耐震性能を確保したい」としている。
 桜櫓館は、大館町長を務めた桜場文蔵氏が1933年に建てた木造2階建ての和風住宅(延べ床面積310・28平方㍍)。ケヤキの大梁(おおばり)と長尺・幅広の床板、秋田杉の長押(なげし)も継ぎ足すことなく長尺が使われた。各部屋の書院、部屋の障子や階段の手すりにも高度な技術が施されている。2階の屋根に突き出るように四方にガラス窓を配した展望台を造り、町長時代に街を一望しながら政策を練ったとされる。99年7月に登録文化財となった。
 2017年3月に国の認定を受けた市歴史的風致維持向上計画の重点区域内にあり、桜場氏が秋田犬保存会長だったことや、隣接の桂城公園で本部展覧会が開かれていたことから、秋田犬を守り育てる風致としても貴重だとして「歴史的風致形成建造物」に指定。民間所有者から土地・建物を購入した。
 まちづくり課によると、窓や戸などの開口部が多く、耐力壁が少ないという。梁や柱の接合部は変形能力が大きいことから、地震の揺れを吸収してきたとみる。精密診断ではこうした性能を踏まえて解析し、複数の補強案を検討する。耐震調査業務は5月中旬にも入札を行い、実施設計は9月に発注する方針。担当者は「文化財の価値を把握した上で補強計画を立てる必要がある。建築様式や意匠をできるだけ損なわないよう配慮する」としている。
 館内の見学は無料。1階和室(59平方㍍)は1時間当たり210円で貸し出している。20年4月から改修工事までの期間は見学に限定し、工事終了後に貸し出しを再開する予定。

「伊勢堂岱」をアピール 北秋田 Jrガイドが活動開始 観光客に魅力解説

2019-04-29
来場客に遺跡の魅力を伝えるジュニアガイドボランティアの2人(伊勢堂岱縄文館)
 北秋田市脇神の伊勢堂岱遺跡で、大型連休に合わせたジュニアボランティアガイド活動が始まった。小学生ガイドらが、同遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界遺産に登録されることを願い、観光客らに遺跡の魅力を解説した。5月6日まで。
 ジュニアガイドは2015年度に始まり、ガイダンス施設伊勢堂岱縄文館と遺跡の案内役を務める。5年目の今季は北秋田、大館両市の小中高生40人余りが大型連休と夏休み中の8月に活動する。
 初日は午前10時から午後4時まで、延べ9人がガイドした。あいにくの雨にも関わらず、午前10時のオープンと同時に観光客らが訪れた。四つの環状列石が1カ所に集まっている遺跡は全国でも「ここだけ」と解説を聞き「ほー、すごいな」と驚いていた。
 「北海道・北東北の縄文遺跡群」は昨年7月、世界遺産登録国内推薦候補に選ばれ、早期登録の悲願にまた一歩近づいた。縄文館の中嶋俊彦館長は「今年はさらに来場者が増えると期待している。ぜひ子どもたちのすばらしいガイドを体感していただきたい」とコメントした。
 活動2年目の木村海斗さん(10)=鷹巣東小5年=は「土器や土偶を説明するところが昨年より上手にできた」と自信を深めていた。
 三重県から帰省した70歳代の夫婦は「なぜ世界遺産登録を目指しているのかと不思議に思っていたが、ガイドの説明を聞いて非常に価値がある遺跡だと分かった。遺跡近くにサケが遡上(そじょう)する川があることも珍しいですね」と満足げに話した。

行楽客でにぎわう 道の駅おおゆオープン1周年 18年度は9・5万人利用

2019-04-29
家族連れの人気を集めた温泉じゃぶじゃぶ池(湯の駅おおゆ)
 10連休2日目の28日は青空が広がる行楽日和となり、オープンから1周年を迎えた鹿角市十和田大湯の道の駅「湯の駅おおゆ」は県内外からの観光客でにぎわった。
 湯の駅は観光客と市民の交流、地域のにぎわい創出、観光業と農商工業の活性化を図る拠点として市が整備した。
 指定管理者はノリット・ジャポン(本社秋田市、菅原久典社長)。同社などが中心となって設立した株式会社「恋する鹿角カンパニー」が現地で事業を展開している。
 設計者は東京五輪・パラリンピックのメイン会場・新国立競技場の設計を手掛けた建築家・隈研吾さん。県産材を使った円筒形の構造体などを取り入れた特徴的なデザインで、ショップやカフェ、源泉掛け流しの足湯などがある。
 市によると、今年3月末まで約11カ月間の利用者数は目標の10万人に対して9万4712人。売上は目標の1億円を超えた。産業活力課の花海義人課長は「オープン前の準備期間が短かった割にはまずまずの実績」と捉えている。
 淺利裕子駅長は「この1年で思っていたより土台が早めに整った。引き続き、面白いこと、楽しいことを企画してお客さまに喜んでもらえる道の駅にしていきたい。売り上げを伸ばし、利益を出すことも大きな目標」と抱負を語った。
 連休中は大型エアテント内に縄文体験コーナーを設置。館内では縄文土器の展示やパネル展(29日を除く)を行い、世界遺産登録を目指す地元の大湯環状列石を紹介している。
 恋する鹿角カンパニーが商品化した「かづの牛だしスゥプ」を27日に発売。記念企画として牛だししゃぶしゃぶセット(1000円、1日20食限定)を市日スペースで味わえる(29日、5月4日を除く)。
 有志によるフリーマーケットなどのほか、道の駅かづのと連携したスタンプラリーも実施。29日は鹿角紫根染・茜染研究会による伝統の茜染体験と販売会を予定している。

10連休スタート くまくま園(北秋田)営業開始 雨の中でも人出 屋内施設にぎわう

2019-04-28
ツキノワグマに餌を与える来場者たち(くまくま園)
 史上最長の10連休となるゴールデンウイークが始まった27日、北鹿地方の観光施設なども多くの人でにぎわいをみせた。この日から今季の営業を開始した北秋田市阿仁打当の阿仁熊牧場「くまくま園」では、肌寒く雨も降りしきるあいにくの天候となったものの地元の保育園児や観光客が来場。ツキノワグマに餌を与えたり、今年生まれた子グマの様子を眺めたりするなど、思い思いの休日を楽しんでいた。大館市にプレオープンしたばかりの「秋田犬の里」などもにぎわった。
 阿仁熊牧場は、旧阿仁町時代の1989年にオープン。2014年7月には、ヒグマ舎を備えてリニューアルオープンした。現在はヒグマ17頭、ツキノワグマ48頭の計65頭を飼育している。
 開園に先立つセレモニーで津谷永光市長は「命を大切にするくまくま園として運営している。現在は秋田市の大森山動物園と連携してアミューズメントの面にも力を入れている。たくさんの人に訪れてもらいたい」とあいさつ。大阿仁保育園の園児12人が「たくさん食べて遊んで、みんなを楽しませて」などとクマたちへ応援のメッセージを送ったあと、関係者がテープカットを行い、今季の営業開始を祝った。
 屋外のツキノワグマ舎では、立ち上がったり木に登ったりする姿に歓声を上げながら、寒さも忘れて餌を与える姿が見られた。ヒグマ舎では運動場を悠然と歩く大きな姿に、多くの人が息をのんだ。
 同園では例年「子グマとのふれあい」を行ってきたが、今年生まれたのは1頭のため、負担を考慮して「お披露目会」に変更した。子グマの名前は一般から公募することにし、5月31日まで園内の応募箱で受け付ける。
 ゴールデンウイーク期間中は、ヒグマ舎の運動場の探検や「ぬり絵コーナー」、移動動物園(5月2、3日)などのイベントを用意。くまくま園近くの打当温泉マタギの湯では「バルーンキャラバン隊」によるイベント(28、29日、5月3~5日)も行われる。
 問い合わせはくまくま園(☎0186・84・2626)。

格差是正し平和守る 北鹿各地でメーデー 大館は集会に340人

2019-04-28
参加者約340人がガンバローを三唱した大館集会(大館労働福祉会館)
 5月1日のメーデーを前に27日、北鹿各地で連合系の集会が行われた。それぞれメーデー宣言やスローガンを採択。格差是正や安心して働ける社会づくりを目指して声を高らかに上げた。
 このうち大館市内では、連合秋田大館地域協議会を中心とする実行委員会(山内一滋委員長)が主催。24労組と2団体の約340人が参加した。第90回の節目を迎えたが、あいにくの雨天のため集会会場を大館労働福祉会館内に変更。以後のパレードも取りやめた。
 山内委員長はあいさつで今年の春闘の状況を紹介。「労働条件や不合理な男女格差などは依然として存在。4月から順次施行の働き方改革関連法はあくまで最低限のルール。本物の働き方を実現させましょう」と団結を求めた。
 スローガンには「格差をなくし、平和を守る!笑顔あふれる未来をつくろう すべての仲間の連帯で!」を掲げた。「これまでの底上げ・底支え・格差是正の流れを継続しながら将来不安の払拭(ふっしょく)につなげよう。働くことを軸とする安心社会の実現を目指して取り組む」などとしたメーデー宣言を拍手で採択した。最後に参加者全員で「ガンバロー」を三唱した。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る