本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

4月のニュース

RSS(別ウィンドウで開きます) 

北秋田市 伊勢堂岱遺跡 「ゴールは世界遺産」 今季の一般公開始まる

2019-04-21
今季の一般公開が始まった伊勢堂岱遺跡(北秋田市脇神)
 北秋田市脇神の国史跡「伊勢堂岱遺跡」の一般公開が20日から始まった。同遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産への推薦を目指し、関係者がさらなる来場者増に期待を寄せた。
 伊勢堂岱遺跡は縄文時代後期前半の遺跡で、四つの環状列石が1カ所に集中している。遺跡周辺ではクマ出没対策として杉林を伐採した緩衝地帯や電気柵を設置しており、見学に訪れた人たちの安全確保に努めている。見学前の巡視活動は小ケ田自治会に引き継いで本年度も実施する。
 この日は職員らが遺跡周辺を見回って最終確認を行い、午前9時から一般公開を開始した。遺跡ワーキンググループの佐藤善壽会長は「世界遺産登録という来るべきゴールに向けて決意を新たにし、訪れた人のニーズに合った対応をしていきたい」と話した。
 遺跡の公開期間は10月31日まで。見学無料。遺跡の見学には縄文館での受け付けが必要。受付時間は午前9時から午後4時(見学は4時半まで)。縄文館が休館する月曜日と、祝日と重なる月曜の翌日は遺跡を閉鎖する。
 昨年度から試験的に無料としていた縄文館展示室の観覧料は、来館者の増加など効果がみられたため本年度から本格的に無料化。遺跡とともに来場を呼び掛けている。
 土日祝日は遺跡ワーキンググループがガイドを担当。大型連休期間(27日~5月6日)には小中高生のジュニアボランティアガイドが遺跡や縄文館を案内する。団体の見学希望は縄文館(☎0186・84・8710)。

不足医師の充足を 鹿角の市民団体 県に要望書提出

2019-04-21
 鹿角地域の住民団体「鹿角の医療と福祉を考える市民町民の会」(西文雄会長)は、鹿角地域の不足医師数を独自に算出し、国や県の責任でその充足を求める文書を17日付で県に提出した。
 厚生労働省は今年2月、本県など16県を「医師少数県」とし、将来的な「必要医師数」なども公表。2036年度までに地域間の医師偏在の解消を目指すとしている。
 これに対し、市民町民の会は「地域住民は医師不足の実態について、それ以上に深刻だと受け止めている。実態を国や県にも分かっていただきたい」と、鹿角地域(鹿角市、小坂町)の現行医師数を検証し、住民の立場で「地域の不足医師数」を算出した。
 それによると「鹿角地域で不足していると思われる医師数」は内科、呼吸器科、小児科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、麻酔科が各3人、整形外科、泌尿器科が各2人、循環器科、外科が各1人の計30人。
 算出の根拠として「鹿角地域の基幹病院である、かづの厚生病院の勤務医のうち、常勤医師が0~2人の診療科については『不足』と見なした。勤務医は、救急診療や当直・呼出を含む極めて過酷な現行の労働実態を勘案すれば、少なくとも『基本となる診療科』は3人の常勤が必要と考える」などと説明している。
 併せて、文書では全国の医療実態について「厚労省が言う『医師偏在』ではなく、全体が『医師不足状態』にある」との考えを示し、「医師養成数の制限を改め、日本の医師全体を増やすよう求める」としている。

大館市長選終盤 市の課題は 駅前再整備に誘客期待 中心街は活気なく 旧町の衰退加速

2019-04-20
旧正札竹村本館棟の解体が進む大町商店街。人通りはまばらだ
 任期満了に伴う大館市長選(21日投開票)が終盤に入った。新人と現職の一騎打ち。人口減少が進む中で有権者は「転換」を望むのか、「継続」を選択するのか。市が直面する課題を追った。
 再整備が進むJR大館駅前(御成町)。駅弁製造「花善」の新社屋が2年前に完成、今月17日にプレオープンした市観光交流施設「秋田犬の里」に続き、2022年に完了を目指す駅周辺整備事業と変化は目まぐるしい。
 駅舎改築や新庁舎建設などで、借金にあたる市債は20年度にピークを迎える見込み。大館商工会議所の会員は5年前から79事業所減った。市財政、地域経済ともに抱える課題は大きく、駅前の在り方が問われる。
 同商議所の中田直文会頭(68)は「北東北で大館の位置を考えると、いろいろな可能性が見えてくる。どんどん人が減るので観光で増やすしかない」と広域に目を向ける。
 施設の活用については、行政主導に対する不満の声もある。中田会頭は「民間としても反省」とした上で「若い人の発想力や行動力を生かすため、行政にアプローチする必要がある。いろんな議論を重ねてほしい」と話す。
  ◇   ◇   ◇
 「老舗百貨店、正札竹村が倒産した01年以降、商店街に活気がなくなった」。市の中心街・大町商店街振興組合の山城久和理事長(58)は語る。「核の店舗がなくなり、来街者はもしかしたらピークの9割減」が実感だ。
 昭和40、50年代に振興組合の加盟店は100店を超えたが、今、営業しているは60店ほど。店主の高齢化や後継者不足、家賃の問題などで特に小売物販の新規出店が難しい。
 「個店の魅力アップ」を掲げて市内の商店街と連携し、店主が講師を務める「まちゼミ」など集客に向けて知恵も絞る。山城理事長は大館駅前の「秋田犬の里」について「観光拠点プラス商業拠点になり得る」と期待する。市民が施設を訪れ、商店街の情報を得て実際に足を運ぶ「中継点」としての活用を提案する。
 大町では、旧正札竹村本館棟の解体工事が進む。跡地について山城理事長は「民間事業者に進出してほしいが、そうでなくてもイベント開催などにぎわいを生む場所に絶対にする」と力を込めた。
  ◇   ◇   ◇
 「行政がどこを見ているのか分からない」。田代地域まちづくり推進協議会の松田正男会長(76)は嘆息する。均衡ある発展を掲げた3市町合併から14年。旧田代町が置き去りにされた感が否めない。
 市は昨年12月、田代診療所を本年度末までに閉所する方針を固めた。患者数の減少や医師の高齢化などが理由。転院先の希望を聞き取りしたり、送迎車の代替手段を検討したりして不安解消に努めているものの、地域住民の思いは複雑だ。
 松田会長は「店も少なくなり、買い物や散髪に出掛けるのが大変な交通弱者が増えた。『合併は失敗だった』という声も聞く。それでも限界集落の中で生きていかなければならない」とした上で、地元NPO法人が事業化を目指す自家用有償運送サービスに期待を寄せる。「高望みはしない。田代岳をはじめとした豊かな地域資源を生かして、稼ぐ仕組みを整えてもらえないだろうか」。訴えは切実だ。

秋田内陸線 「内陸線走る風景」守る 全線開業30周年で式典 社員の「宣言」も

2019-04-20
「社員宣言」が行われた全線開業30周年記念式典(阿仁ふるさと文化センター)
 秋田内陸縦貫鉄道(秋田内陸線、本社・北秋田市)の全線開業30周年記念式典が19日、北秋田市の阿仁ふるさと文化センターで開かれた。関係者ら150人が出席し、「内陸線が持つ力」を引き出しながら「内陸線の走る風景」を守り続けていくため、沿線地域と会社が一体となって取り組んでいくことを誓い合った。
 同社は、旧国鉄の阿仁合線を引き継いだ北線と角館線を引き継いだ南線で、1986年11月1日に先行開業。未開通だった松葉―比立内間の建設工事が進められ、1989年4月1日に全線(営業距離94・2㌔)が開業した。内陸部の生活に欠かせない交通手段として利用され、初年度の輸送人員は107万8507人を記録した。
 しかし、その後は少子高齢化などの影響から、厳しい経営状態が続いた。一方で、近年はインバウンド(訪日外国人客)の利用が増加。新たな動きとして期待されている。
 式典は、同市阿仁の「吉田かざはり太鼓」の勇壮な演奏で幕開け。同社の吉田裕幸社長は式辞で「4月1日に、内陸線は30歳の誕生日を迎えることができた。未来への期待とたくさんの笑顔を運び続け、大きな事故なく走り続けてこられたのは、延べ2160万人の利用者と地域で励まし続けてくれた全ての人の支えがあってのこと。深く感謝する」と述べた。
 そして「内陸線は地域を元気にするためにある鉄道。地域の発展なくして内陸線の未来はない」としながら「内陸線が持つ鉄道の力をもっと磨き、より高めていく。名実共に、地域になくてはならない鉄道を目指す」との決意を表明。「内陸線が走る風景を守りたい。これまで以上の応援を願う」などと呼び掛けた。
 来賓の祝辞、支援活動等に対する感謝状の贈呈に続き、同社の若手社員が「これからの会社の価値向上に向けて」をテーマに、社内での取り組みを紹介しながら「社員宣言」を発表。「地域に寄り添える会社になる」「日本一のおもてなしを目指す」などと力強く宣言した。
 このあと、同市在住のシンガー・ソングライター・本城奈々さんの弾き語りが行われ、閉式。秋田内陸線支援団体連合会(藤島二三夫会長)が主催する記念講演会では、石破茂衆院議員が「ローカル鉄道と地方再生」と題し講演した。

混戦のまま運動最終日 上小阿仁村 村長選・村議選 あす投開票

2019-04-20
 任期満了に伴い16日に告示された上小阿仁村長と村議会議員選挙は、21日に投開票が行われる。現職と前職、新人が立候補した村長選は連日、村内各所で激しい舌戦を展開。定数8を3上回る11人が立候補した村議選の各候補者も、それぞれに一歩も譲らない戦いを繰り広げるなど、いずれも混戦のまま運動期間の最終日を迎えた。
 村長選は届け出順に、現職で再選を目指す小林悦次候補(64)=五反沢、元職で返り咲きを狙う会社役員の中田吉穂候補(68)=沖田面、新人で洋菓子店経営の鵜野浩一郎候補(42)=沖田面=の、いずれも無所属の3人が立候補。6期24年を務めた故北林孝市氏が引退した直後の2007年と前回15年に続く、三つどもえ戦となっている。
 選挙戦は、三者がそれぞれの方法で政策を訴え。小林陣営は「事業の継続や新たな計画の実施により花を咲かせたい」と村政の継続を掲げた一方、中田陣営は「一人の考えだけで村政が動くというのはいかがなものか」、鵜野陣営は「村長が独断で決めることではない。協議してより良い村をつくりたい」などと、それぞれに「村長の交代」を訴えている。
 現職8人と元職1人、新人2人の計11人が立候補した村議選も、村長選に引けを取らない、し烈な戦いが続いている。前回は候補者がいなかった沖田面から2人の新人が立候補したこともあり、各陣営の勢力図に少なからず影響を与えている様子。票の掘り起こしと上積みに向けて、積極的に選車を走らせている。
 投票は21日午前7時から午後7時(八木沢投票所は午後6時)まで、村内8カ所の投票所で行われ、午後8時から村健康増進トレーニングセンターで即日開票される。大勢の判明は午後9時ごろが見込まれている。
 村選挙管理委員会がまとめた15日現在の有権者数は男性994人、女性1126人の計2120人。

3月のニュース

RSS(別ウィンドウで開きます) 

地域包括支援センター 二井田・真中に新設 大館市 南ガーデン内に「大館南」

2019-03-31
大館南ガーデン1階に開所する「地域包括支援センター大館南」(大館市下川原)
 大館市は4月1日、二井田・真中地区に地域包括支援センターを新設する。センターは高齢者の相談窓口で、これまでは市内6カ所に設置されてきた。新たな「地域包括支援センター大館南」は、下川原の特別養護老人ホーム大館南ガーデン内に設置。担当エリアを細分化することで、充実したサービスの提供やセンター機能の充実を図りたいとしている。
 地域包括支援センターは高齢者への総合的な生活支援窓口。市から業務委託された各社会福祉法人が6センターを運営している。
 市内6センター生活圏域の高齢化率(昨年7月1日現在、施設入所者除く)は、「地域包括支援センターかつら」(大館一中学区、下川沿地区)が35・26%、「水交苑」(大館東中学区、長木地区)が31・76%、「神山荘」(釈迦内、花岡、矢立地区)が40・93%、「おおたき」(上川沿、真中、二井田、十二所地区)が41・09%、「ひない」(比内地域全域)が38・87%、「長慶荘」(田代地域全域)が41・93%。
 2017年度に6センターが受け付けた相談件数は3万2027件。18年度は12月末現在、2万3958件で、相談内容は介護保険、総合事業、医療健康、在宅福祉、施設入所の順となっている。
 センターの新設は、第7期介護保険事業計画(18~20年度)の施設整備に盛り込まれた。十二所の「おおたき」が担当するエリアのうち、距離が離れている二井田・真中地区を分け、大館圏域ふくし会に業務を委託した。
 大館圏域ふくし会によると、大館南ガーデン1階の一室を改修してセンターを開設する。職員は2人体制で、年明け以降、「おおたき」から業務の引き継ぎ作業を進めてきた。高齢者の相談業務や介護の要支援者に対するケアプラン作成、公民館などでの介護予防教室を継続して行う。南ガーデンの山本まき子施設長は「身近な場所に相談窓口ができ、二井田・真中地区の住民にセンターを知ってもらい、利用を働き掛けていきたい」と話した。

46年の歩みに「感謝」 大館准看護学院 閉院式 歴代講師らを表彰

2019-03-31
思い出を語り合う卒業生ら(ホテルクラウンパレス秋北)
 大館北秋田医師会付属大館准看護学院(佐々木隆幸学院長)の閉院式が30日、大館市のホテルクラウンパレス秋北で開かれた。開学から46年の歴史を持ち、地域の医療や介護分野を支える1121人の人材を輩出した。式には卒業生や元職員、医師会など関係者ら約80人が出席し、思い出を語り合った。
 1973(昭和48)年、県医師会付属大館准看護学院として当時の石田病院(同市御成町)の一部を借り、1期生を迎えた。2年後、同市根下戸新町に医師会館と併設する現校舎が完成し、大館市北秋田郡医師会付属として講義を開始。設立にあたっては、無資格が多かった診療所の従業員に「資格を取得させたい」と地元医師が奔走した。県内唯一の准看護師養成所として存続してきたが、最後の卒業生となる45期生28人を今月6日に送り出した。
 大館北秋田医師会の櫻庭庸悦会長が歴史を振り返りながら、「多くの関係者の協力に感謝したい」と式辞。佐々木学院長は閉院に至った理由を社会ニーズの減少や職員の不足と説明し、「生徒に医学を教え、成長を見守る貴重な経験をさせていただいた」と感謝を述べた。
 卒業生を代表し、16期生で、市立総合病院に勤務する菅原千鶴子さん(49)がお別れの言葉。入学から、戴帽式、病院実習などの日々を語り、「学院で築いた看護の礎と経験を積み、強く歩んでいける。卒業生それぞれが地域医療に貢献できるよう願う」と力を込めた。実習先や歴代講師らに感謝状を贈ったほか、写真のスライドショーが行われた。
 感謝状が贈られた個人、施設は次の通り。
 ▽前愛生会石田病院・石田強▽臨地実習施設=市立総合病院、今井病院、神山荘、長慶荘、水交苑、つくし苑、扇寿苑、東台病院、有浦保育園▽歴代講師・職員=宮崎博文、米澤久美子、榊英雄、武田由美子、山田美保子、船木和子、齋藤令子、渡辺敦子

小坂鉄道レールパーク あすから営業開始 乗り物運行は4月27日から

2019-03-31
機関車庫で保管されている旧寝台特急「あけぼの」(小坂鉄道レールパーク)
 小坂町の体験型観光施設「小坂鉄道レールパーク」は4月1日から、冬期間の休園を終えて新年度の営業を開始する。当面は施設内の見学のみとなり、27日から構内の線路を利用した乗り物の運行を始める。
 レールパークは、2014年6月に開業した旧小坂鉄道の関連施設を活用したテーマパーク。国内でも珍しいディーゼル機関車の運転体験、レールバイクや観光トロッコの乗車体験ができるほか、15年度に開始した旧寝台特急「あけぼの」を活用した宿泊施設「ブルートレインあけぼの」などが話題を呼び、県内外の鉄道ファンや家族連れでにぎわっている。
 町直営を経て17年度から指定管理者制度を導入し、町内の各観光施設などを指定管理する小坂まちづくり会社が運営している。12~3月までの冬期間は休園している。
 19年度の営業は11月24日まで。乗り物の運行は11月4日までを予定。「あけぼの」への宿泊は27日から11月3日までの金・土曜日、祝日の前日で、予約を受け付けている。
 入園料は高校生以上500円、小中学生250円、幼児は無料。乗り物の体験料はレールバイクが高校生以上500円、小中学生250円、観光トロッコは高校生以上300円、小中学生150円、幼児はいずれも無料。証明書の提示で無料となる町民限定の「町民料金」も設けている。
 営業時間は午前9時~午後5時。毎週火・水曜日は乗り物を休止し、見学のみの対応。
 問い合わせは、レールパーク(☎0186・25・8890)。

統一地方選スタート 鹿角は選挙戦に突入 4月7日投開票 現・新3人が第一声

2019-03-30
 統一地方選の前半戦となる県議選が29日、告示された。鹿角市・郡選挙区(定数2)には現職2人と新人1人が立候補し、4月7日の投開票まで9日間の選挙戦が始まった。大館市(定数3)、北秋田市・郡(定数2)両選挙区は現職以外に立候補の届け出がなく、無投票当選が決まった。
 鹿角市・郡選挙区に立候補したのは、届け出順に石川徹氏(54)=無所属・現、児玉政明氏(47)=自民・新、川口一氏(68)=自民・現=の3人。最重要課題の人口減少対策などを争点に論戦が繰り広げられている。
 県選管の竹田勝美委員長は「選挙権年齢が18歳以上に引き下げられてから初めての統一地方選であり、幅広い年齢層からの投票を通じて県の進むべき方向を決める重要な選挙。一票の意義を十分に認識し、期日前投票や不在者投票を積極的に活用するなど、棄権することなく投票に参加されるよう願う」との談話を出した。
 大館市選挙区は鈴木洋一氏(74)=自民・現=が8選、佐藤賢一郎氏(71)=自民・現=が4選、石田寛氏(72)=社民・現=が7回目の当選を決めた。北秋田市・郡選挙区は北林丈正氏(58)=自民・現、近藤健一郎氏(63)=自民・現=がともに4選を果たした。両選挙区を巡っては、有権者に選択肢を示したいと擁立を模索する動きもあったが、立候補に至らなかった。
 大館市の無投票は選挙区ができた1951年以降初めて、北秋田市・郡は2003年以来16年ぶり2度目。

ふかわさん「とんぶり大使」に任命 大館の生産組合 魅力知り「唄」制作

2019-03-30
本間副組合長㊨がふかわさんに応援大使の任命状を交付(大館市民舞伝習館)
 大館市の特産品・とんぶりの応援大使に29日、タレントのふかわりょうさんが就任した。出演するテレビ番組で魅力を知り、「とんぶりの唄」を制作した。比内町独鈷の市民舞伝習館を訪れ、大館とんぶり生産組合(羽賀一雄組合長)から任命状を受け取り、「みんなでとんぶりを食べ、歌を口ずさんでほしい」と呼び掛けた。
 ふかわさんは神奈川県出身の44歳。バラエティー番組出演や音楽活動を展開している。自ら作詞作曲し、3月にCD発売した曲は、「とんぶり食べましょう とんぶり入れましょう たっぷりあげましょう 遠慮はしないで」などと優しい曲調で歌い上げる。
 きっかけは、昨年12月、ふかわさんが司会を務める東京MXテレビ放送の番組に、とんぶりを使った料理が登場したこと。出演者が存在を知らなかったため、同月、番組スタッフが産地・比内町独鈷を取材した。生産組合が加工手順などを説明し、その後の放送で「栄養価が高い」など魅力とともに紹介された。「産地を応援したい」との思いから、曲が完成した。
 任命式には、授業でとんぶりを栽培する東館小児童や生産者、JAあきた北職員ら約100人が参集。歓迎に涙ぐむふかわさんに、本間均副組合長が任命状を手渡し、「農家は歌に励まされ、伝統野菜の火を消さないよう頑張る。歌で消費者が興味を持てば販路拡大につながり、若い耕作者が増える」と感謝した。
 ふかわさんは「すばらしい食材。魅力がメロディーに乗って届いたらと、誰に頼まれた訳でもなく曲を作った。今後も応援させてほしい」と語り、会場全体で歌を歌った。
 とんぶりはホウキギの実を原料とした加工品で、その食感から「畑のキャビア」と呼ばれる。国内で継続して栽培している産地は大館市だけとされ、国の「地理的表示(GI)保護制度」に登録された。ピーク時には生産者が100戸を超えたが、高齢化などで現在は10戸、栽培面積は22㌶に減少している。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る