本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

鹿角市 移住者200人超に 促進協で報告 充実の受け入れ態勢奏功

2019-11-13
NEW
移住促進に関する活動報告や意見交換が行われた協議会(鹿角市役所)
 鹿角市移住促進協議会が11日、市役所で開かれ、関係団体が移住促進に向けた事業報告や意見交換を行った。本年度は10月末現在で22世帯、36人が移住し、市が移住の取り組みを始めた2015年度からの合計は124世帯、205人と200人の大台を突破。今後はUターンにも移住支援制度があることを周知するなどしながら、移住者のさらなる増加を図る。
 協議会は農業や商工業、観光業、地域、行政などの団体・機関等で構成。代表団体であるNPO法人かづのclassy(クラッシィ)の木村芳兼理事長が議長を務めている。
 報告によると、市の窓口を利用して移住した人は4月から10月までの7カ月間で25世帯、36人。前年度同期の22世帯、31人を上回り、増加傾向が続いている。首都圏からUターンするケースが多く、年代別では20代が最多で10人、次いで60代以上8人、40代6人など。
 移住コンシェルジュ(地域おこし協力隊)やクラッシィ、同協議会などによる移住相談・体験、情報発信、移住後のサポートをはじめとする充実した受け入れ態勢を背景に、累計では15年度の取り組み開始から5年目で200人を超えた。205人の主な内訳は首都圏からが約6割、30代までが約7割。
 市は「移住する判断材料として仕事、就労に関することが大きい」と捉え、本年度はエフエム東京とタイアップした新規事業を実施。同局の人気番組で鹿角市の魅力を発信したほか、首都圏のリスナー4人が移住へ向けて市内での仕事見学ツアーに参加した。活動報告では「地方で活躍する場を明確に提示できた」とした。
 今後は23日に都内で開かれる「きりたんぽ発祥まつりin秋葉原」で、関係人口創出に向けた取り組み「鹿角家」のブース出展などを予定。現在の「鹿角家」家族会員数は172人で4月から約40人増えた。
 Uターン者への移住支援制度は以前から県がNPO法人あきた移住定住総合支援センターに委託して実施。移住定住登録者は15万円(本年度)の補助金が受けられるほか、鹿角市の補助金(引っ越し費用)も適用される。あまり知られていないため、市は市内の事業所などにチラシを配布して周知を図る。転入する前の登録が必要となるなど条件がある。問い合わせは市鹿角ライフ促進班(☎0186・30・1310)。

指定管理者 収支会計は「適正」 大館市監査委員 経理規定の整備要望

2019-11-13
NEW
 大館市監査委員(長谷部明夫代表監査委員)は、指定管理者制度を導入している市施設の監査結果を公表した。収支会計は「適正に行われていた」とする一方、「利用料金が貴重な財源であることを踏まえ、さらなる適正管理へ経理規定の整備を検討してほしい」と求めた。
 対象施設は▽釈迦内・十二所・東館・西館保育園(大館感恩講、指定管理料2億7235万4050円)▽大館労働福祉会館(大館労働福祉会館運営協議会、128万円)▽プルミエ比内、比内軽食・直売所コーナー(比内物産開発、494万円)。所管課と管理者から提出された資料に基づいて書類審査を行い、必要に応じて関係職員から聞き取りした。
 指定手続きや基本協定、経費の算定・支出はいずれも「適正」と報告。
 4保育園については「多くの臨時職員を雇用しているが、多様なサービス提供のためにも従事者の確保と処遇改善に努めてほしい」と要望し、所管の子ども課に対し「待機児童を抱える一方で定員割れの保育施設もある。子育てネットなどで最新情報を発信し、保育ニーズに柔軟に対応できる管理運営を望む」と求めた。
 労働福祉会館については「利用者のサービス向上に一定の成果を上げている」と評価、「より多く利用してもらえるよう企画や運営方法を工夫し、自主事業の質を高めてほしい」と要望した。
 プルミエ比内、比内軽食・直売所コーナーについては「おおむね適正に業務が行われているものの、消防訓練や従業員への研修が未実施など協定に沿っていない点が散見された」と指摘。報告書の提出遅れや内容の乏しさなども見られるとした。
 会計は適正で、関係帳簿の整備・保存も適切に行われていたが、料金制度を導入している施設について「利用料が貴重な財源であることを踏まえ、さらなる適正管理のためにも経理規定などの整備を」と検討を求めた。

大曲・鷹巣道路 県の「背骨」早期整備を 北秋田市でフォーラム 講演や意見交換など

2019-11-13
NEW
パネルディスカッションが行われたフォーラム(北秋田市民ふれあいプラザコムコム)
 地域高規格道路大曲・鷹巣道路整備促進フォーラムが12日、北秋田市民ふれあいプラザコムコムで開かれた。県北、県南の行政、団体の関係者らが参加。基調講演やパネルディスカッションを通して、道路の整備効果について理解を深めた。
 フォーラムは、沿線市町村でつくる同路線の整備促進期成同盟会(会長・門脇光浩仙北市長)などの主催。早期の事業化に向けた認識を共有するとともに、地域が一体となって機運を醸成していこうと毎年、開催している。
 開会行事で津谷永光北秋田市長は「地域間交流や観光、産業振興の面からも重要。一日も早い整備を目指し機運を高めたい」とあいさつ。門脇仙北市長は「整備しないと秋田県の背骨としての役割を果たすことができない。欠かすことのできない社会インフラだ」と述べた。
 国交省東北地方整備局の酒井洋一道路部長が「道路をめぐる最近の話題」、北秋田市伊勢堂岱遺跡縄文館の中嶋俊彦館長が「伊勢堂岱遺跡~その価値と保存活用~」と題して基調講演。酒井氏は県内の道路整備の状況などを紹介しながら「整備を進めるためには地元の声が重要。必要性を訴えてほしい」と強調した。
 このあと、中嶋氏と東京を中心に自転車のイベントを企画するBREZZAの筬島洋敏代表取締役、田沢湖・角館観光協会の桑島功専務がパネリスト、県公共事業評価専門委員会の松渕秀和委員長がコーディネーターを務めてのパネルディスカッションを実施。
 「大曲鷹巣道路に求められる役割」をテーマに、沿線の産業や観光資源に着目した提言を行ったほか、広域周遊観光ルートの創設など「道路を活用するための方策」について意見を交換した。

新水道ビジョン 原案公開し意見募る 大館市22日まで 官民連携など施策に

2019-11-12
 大館市は11日、新水道ビジョン(2020~29年度)の原案を公表し、市民意見の募集(パブリックコメント)を始めた。人口減や設備更新に伴う費用増を課題に挙げ、料金見直しや広域・官民連携などの施策を盛り込んでいる。市ホームページや水道課(比内総合支所)、市民課(本庁舎)、田代総合支所市民生活係で閲覧できる。22日まで。
 更新需要や財政収支の見通し、理想像、目標設定、実現方策など7章で構成。人口減を背景に水需要と料金収入の減少が予想され、老朽化施設の更新で多額の費用も見込まれている。
 家庭用(メーター口径20㍉)で月20立方㍍を使った場合、現行の上水道料金は5170円。消費増税分を除き1984年から値上げしておらず、類似他市(給水人口3~9万人)に比べ700円ほど高い。料金を据え置くと2035~39年度以降に赤字となる見通しで、値上げした場合は事業経営が成り立つと推計した。
 施設の長寿命化を考慮して更新する場合の料金見直し時期の一例として▽32年=約20%増▽39年=約10%増▽46年=約10%増▽51年=約20%増▽58年=約10%増―と示し、「見直しは避けがたい状況だが、ビジョンは時期の推測を目的としたものではなく、予測に基づいてどのような施策を行っていくべきか方針を定める」としている。
 広域連携は、作成中の県水道ビジョンで方向性が示されるとして「計画内容を見据えながら、できる限り推進していく」と明記。県内で料金徴収業務の包括委託が進んでいることから、広域連携などと並行して官民連携を推進するとした。現在は山館浄水場の運営業務、検針・水質検査・メーター交換・施設保守点検などの業務を委託している。民間に運営権を譲渡する「コンセッション方式」については「現実的に難しい」と判定、「業界の成熟や市民理解、安全の担保などを見極めながら段階的に推進する」としている。
 意見は電子メールやファクス、郵便などで受け付ける。パブリックコメントを踏まえて1月に最終案をまとめ、年度内の策定を目指す。問い合わせは水道課(☎0186・43・7090)。

小坂町 畑作振興センターが完成 菜種、ソバ 大豆 専用乾燥機を設置

2019-11-12
完成した畑作振興センター内に設置された菜種、ソバ、大豆の各乾燥機(上向谷地端)
 小坂町が上向谷地端で整備工事を進めていた「畑作振興センター」が完成し、今月から本格稼働している。菜種、ソバ、大豆の専用乾燥機を設置し、畑作物の作付け推進拠点施設として整備した。耕作放棄地の解消を図るとともに、農業経営の多角化につなげたい考え。
 前年度、町有地に建てられた旧食品加工施設を取得。6月定例議会に提出した一般会計補正予算で施設改修費、設備設置工事費などを予算措置した。
 整備工事は7月下旬に着手した。平屋建てとして活用するため2階部分を撤去し、菜種専用、ソバ専用、ソバ・大豆兼用の遠赤外線乾燥機各1台、選別・計量出荷設備、流量調整タンク、もみすり機、石抜き機を設置したほか、監視室やホールなどを配置した。面積は約413平方㍍、鉄骨造り。
 町は9月定例議会で設置条例を制定し、「畑作物の作付け推進による農地の有効活用および稲作主体の農業経営からの転換を促進し、農業経営基盤の強化を図る」と目的を設定。使用料徴収条例では、乾燥調整機械使用料は菜種、ソバ、大豆いずれも乾燥調整後の重量1㌔あたり50円と定めた。
 ソバや大豆、菜種の乾燥以外に、収穫物の保管や果樹の集出荷など、畑作物全般の振興にかかる幅広い活用を目指している。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

県種苗交換会 開幕 本県農業の底力示す 農産物1832点 大館で18年ぶり

2019-10-31
1832点の農産物が並んだ展示会場(タクミアリーナ)
 第142回県種苗交換会が30日、大館市で開幕した。出品農産物は前年を294点下回る1832点。今年は高温、少雨傾向で生育に影響を及ぼす天候となったが、主会場・タクミアリーナには、生産者が丹精込めて育てた農産物が並んだ。審査の結果、北鹿地方から3人が農林水産大臣賞に輝いた。
 同市での開催は2001年以来、18年ぶり8回目。「集え大館 令和に紡ぐ 秋田の農業」をキャッチフレーズに、11月5日までの7日間、多彩な行事が行われる。JA秋田中央会主催、市協賛会協賛。市協賛会は期間中、80万人の人出を見込んでいる。
 タクミアリーナで行われたオープニングセレモニーでは、JA秋田中央会の船木耕太郎会長が「明治から続く交換会が一つの時代を超えて紡がれていくことに深い感銘を覚える。本県農業の底力を感じていただき、食と農への理解が深まることを期待する」、市協賛会長の福原淳嗣市長が「新元号令和の時代に、秋田が持つ農業の魅力、素晴らしさを伝えていきたい」とあいさつ。関係者がテープカットを行った。
 出品された農産物は▽水稲=56点▽畑作物及び工芸作物=245点▽果樹=243点▽野菜=851点▽花き=308点▽農林園芸加工品=60点▽畜産及び飼料=38点▽林産品=31点―。地区別では、北秋田が587点で全県8地区で最も多く、鹿角からは130点となった。
 農水大臣賞を受賞したのは、池田貴宏さん(鹿角市)のリンゴ「秋田紅あかり」、松澤幹基さん(大館市)のヤマノイモ「大館1号」、渡辺寛子さん(大館市)の切り花・ダリア「NAMAHAGE MASARU」。展示会場には午前中から多くの人が詰めかけ、農産品を一品一品鑑賞。農業機械化ショーや植木苗木市、飲食物露天販売などが行われる協賛第1会場のニプロハチ公ドームもにぎわいを見せた。
 ほくしか鹿鳴ホールでは新穀感謝農民祭、開会式が行われ、1878(明治11)年から続く歴史と伝統を誇る農業の祭典の幕開けを関係者が喜び合った。
 31日は午前9時30分から、メモリスあきた北で「農業生産拡大に向けた労働力確保対策について」をテーマに、談話会が行われる。

秋の鹿角をPR タイから 旅行関係者 リンゴ狩りも体験

2019-10-31
リンゴ狩りを楽しむタイの旅行代理店関係者(十和田関上の佐藤秀果園)
 国立公園八幡平エリアを海外の観光客に売り込む招へいツアーが、鹿角市と隣接する岩手県八幡平市で行われている。インバウンドターゲット国としているタイの旅行代理店関係者6人を招待し、秋の魅力をアピールしている。
 両市が連携して、タイから旅行関係者を招くのは、2回目。前回は冬の魅力を発信するため3月に実施。今回は秋に設定した。29日から11月2日まで4泊5日の日程。
 招待したのは、旅行エージェント4人とSNSで発信して影響力のあるインフルエンサー2人の計6人。一行は29日、羽田空港から空路で大館能代空港に到着し、鹿角市内の道の駅あんとらあ、史跡尾去沢鉱山を回った。千歳盛酒造では日本酒を試飲した。
 30日は午前、後生掛自然研究路を散策し、午後は十和田関上の佐藤秀果園でリンゴ狩りを体験した。経営する佐藤一さん(70)によると、台湾など海外観光客の利用は多く、木に実っているリンゴを間近にして体験できるとあって、喜んで帰るという。
 参加者は、赤く実ったリンゴをもぎ取った後試食し、「おいしい、おいしい」を連発していた。タイにおける鹿角の認知度はこれからだが、男性は「この2日間のコースは、鉱山があり、後生掛の自然、フルーツ、温泉と、トータルとしてよくできている」と話した。この日はホテル鹿角に宿泊した。
 31日から八幡平市に入り、11月2日に盛岡市から羽田空港に向かう。

農業功労者 成田さん(鹿角市)と アグリ川田(大館市)に 地域農業をけん引

2019-10-31
関係者らが農業功労者の受賞を祝った(ホテルクラウンパレス秋北)
 県種苗交換会の「農業功労者を称える会」は30日、大館市のホテルクラウンパレス秋北で開かれた。「淡雪こまち」の直播栽培技術の確立に尽力した鹿角市の成田誠さん(72)と、枝豆産地形成に尽くした大館市のアグリ川田(川田将平社長)が受賞。それぞれ喜びを語り、地域の農業のさらなる発展を誓った。
 成田さんは、1976年に稲作主体の農業に従事。JAかづの毛馬内地区稲作愛好会会長、JAかづの理事、鹿角農業士会会長などを務めた。県育成品種「淡雪こまち」の直播栽培における収量の安定化と品質均一化の技術を確立。特産化により農家所得の向上に大きく貢献した。
 同社は、家族経営から企業経営に転換し、2006年に設立。翌年に転作大豆栽培のノウハウを生かし、収益性の高い枝豆栽培を開始した。16年には園芸メガ団地育成事業を活用し、枝豆栽培の大規模化・機械化・安定した収入を確保。栽培面積を40㌶まで拡大した。その後も12品種を組み合わせた独自の播種、栽培計画により、18年度には単一法人として管内最大の75㌶の枝豆栽培を行い、地域の枝豆生産をけん引している。
 成田さんはあいさつで「農業は無我夢中の一言。淡雪こまちは何度も諦めかけたが、仲間に支えられた。栽培は難しいが、これからも続けてほしいという声を聞く。これからも皆と共に頑張りたい」と抱負を述べた。同社の川田社長は「最近は枝豆を栽培する若い人も増えている。今後も秋田の枝豆を頑張っていきたい。受賞は周りの農家や社員のおかげで、自分は修業の身。この先も地域貢献していきたい」などと感謝した。

水道ビジョン 料金見直しなど原案に 大館市 広域・官民連携も 議会建水委で報告

2019-10-30
水道ビジョン原案について報告を受けた建設水道委(大館市役所)
 大館市議会建設水道常任委員会(佐藤眞平委員長)は29日、市役所で開き、長木川河道掘削事業と新水道ビジョン策定状況について報告を受けた。水道ビジョンは人口減や設備更新に伴う費用増を踏まえて料金見直し、広域・官民連携などを原案に盛り込み、11月11日からパブリックコメント(意見公募)を行う。
 外部有識者らでつくる「懇話会」や議会の意見を反映した原案によると、更新需要や財政収支の見通し、理想像、目標設定、実現方策など7章で構成。人口減を背景に水需要と料金収入の減少が予想され、老朽化施設の更新で多額の費用も見込まれており、料金見直し検討の必要性を挙げている。経営基盤の安定化へ官民連携や広域連携も打ち出した。
 料金を据え置くと2035~39年度に赤字となる見通しで、値上げした場合は経営が成り立つと推測。施設の長寿命化を考慮して更新する場合の見直し時期の一例として▽32年=約20%増▽39年=約10%増▽46年=約10%増▽51年=約20%増▽58年=約10%増―と示した。
 広域連携については県主導で具体化すると想定し、「できる限り市も同じ方向で進む」と記載。県内で料金徴収業務の包括委託が進んでいることから段階的に官民連携を推進するとした。民間に運営権を譲渡するコンセッション方式は「現状では現実的でない」と判定、「業界の成熟や市民理解、安全の担保などを見極めながら段階的に推進する」としている。
 パブリックコメントは11月22日まで。市ホームページや水道課(比内総合支所)、市民課(本庁舎)、田代総合支所市民生活係で原案を閲覧できる。1月の懇話会に最終案を示し、年度内の策定を目指す。
 長木川河道掘削事業は県が行うもので、本年度はJR花輪線鉄橋の上流側から県道大館十和田湖線大館橋まで1・5㌔区間、20年度は大館橋から市道有浦東台線鳳凰大橋まで1・5㌔区間の予定。掘削で発生する土砂は旧長根山スキー場など市有地に搬出することにしている。

北秋田 墓前にささぐ「浜辺の歌」 成田為三の命日 地元合唱団が歌声

2019-10-30
成田の楽曲を歌う合唱グループ(龍淵寺)
 北秋田市出身の作曲家・成田為三の命日に当たる29日、同市米内沢の龍淵寺で墓前演奏会が開かれた。市内の合唱グループなどから約40人が参加し、代表曲「浜辺の歌」を墓前にささげ、功績をたたえた。
 成田は大正から昭和にかけて300曲以上を手掛け、芸術的な童謡作曲の草分けとして知られる。1945年10月29日に51歳で亡くなり、同寺に眠っている。
 その功績と楽曲を後世に伝えようと、墓前演奏が企画されたのは57年。成田が教授を務めた国立音楽大の合唱団有志が披露した。市教委によると、現在のように地元合唱グループが参加して行うようになったのは30年前の89年ごろという。
 没後74年となるこの日は市教委の呼び掛けで浜辺の歌音楽館少年少女合唱団やコール・もりよし、女声合唱団る・それいゆ、秋田声楽研究会カント・アムゼル、同館運営審議委員らが出席した。墓前で奥山亮修住職が読経し、参加者が手を合わせた。
 歌い手たちは伴奏に合わせ「雨」「かなりや」などを披露。清らかな歌声を響かせた。最後に全員で「浜辺の歌」を合唱し、あらためて成田の偉業をかみしめた。
 少年少女合唱団の泉谷優奈さん(14)と藤本奈月さん(15)は「為三先生の曲を歌うことは誇らしい。合唱活動ができることや先生に感謝したい」と語った。
 11月3日には市文化会館で第14回「浜辺の歌音楽祭」も開かれる。午前10時開演。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

新水道ビジョン素案 「官民連携の不安払拭」 サービス維持へ議論 大館市9月議会

2019-09-10
建設水道委の総括質疑(大館市役所)
 大館市の9月定例議会は9日、2常任委員会が福原淳嗣市長に出席を求めて総括質疑を行った。建設水道委(佐藤眞平委員長)では作成中の新水道ビジョン素案に関する質疑が相次ぎ、市長は「(民間に運営権を譲渡する)コンセッション方式ありきではない」とした上で「官民連携や広域連携を視野に入れ、連携に対する市民の不安を払拭(ふっしょく)できるようにしたい」との考えを示した。
 人口減を背景に水需要と料金収入の減少が予想されるとして、安定供給を持続させる方策を探っている。近い将来に老朽化施設の更新で多額の費用が見込まれ、素案では料金見直し検討の必要性を挙げている。経営基盤の安定化へ官民連携や広域連携も打ち出した。
 委員から「官民連携には料金値上げの不安などマイナスイメージがある。あらゆる機会で払拭すべきではないか」と質問があり、市長は「これからの行政サービスは水道事業だけでなくあらゆる分野で官民連携しなければ成り立たない。今までより費用を節約する手法をつくり出せるはずだ」と強調。その上で「コンセッションありきのビジョンではない。決して目指しているわけではない。不安を払拭できるよう建設的な議論を反映させていきたい」と述べた。
 「行政でも民間の運営でも値上げという現実が待っていることを周知すべきではないか」との問いには、「今後も、人口が縮減する中でも供給サービスを維持することが大切。ある程度の料金上昇は仕方ないと理解してもらうためにも、現状の事業に付加価値をつくり出せれば市民も納得してくれるはず。おいしい水を作って売るなど納得してもらう議論が必要だ」と答えた。
 策定時期については「県が広域連携について2020年から2年間で本格的に取り組む予定と聞いている。市が作成中のビジョンは来年3月策定を目指しているが、より熟度を高める議論が必要。いま一度精査して議会に報告したい」との見通しを示した。

かづのプレミアムツアー 黄金プラン「満足」8割 児玉市長答弁 鹿角市9月議会一般質問

2019-09-10
プレミアムツアーの実施状況などをただした一般質問(市役所)
 鹿角市の9月定例議会は9日、本会議を再開し、3議員が一般質問を行った。市が本年度の観光事業の目玉に位置付け、先月、花輪ばやしなどの期間中に実施した「かづのプレミアムツアー」の参加者人の感想について議員がただしたのに対し、児玉一市長は「約8割から『満足』との評価をいただいた」と説明した。
 質問したのは兎澤祐一(鹿真会・公明)、田中孝一(清風会)、成田哲男(誠心会)の3氏。プレミアムツアーは成田氏が取り上げた。
 ツアーはユネスコ無形文化遺産の大日堂舞楽や花輪ばやしをはじめ鹿角の誇る世界級遺産がセットで体感できる、これまでにない行程。かづの観光物産公社に委託し、通常から5000円~1万円割引の特別料金で販売した。
 「満喫プラン」として6~7月と来年1~2月に1泊2日コースを計6回(定員=各回20人)計画したほか、「黄金プラン」として8月20~22日に2泊3日コース(同40人)を1回実施した。
 このうち黄金プランは定員を上回る45人が参加。花輪ばやしや国重要無形民俗文化財・毛馬内盆踊りを桟敷席から観覧したのをはじめ、大日霊貴神社、大湯環状列石、史跡尾去沢鉱山で普段は行われない体験イベントやガイドを楽しんだ。また、宿泊先等では市のブランド推進のコンセプトカラーである黄金色にちなんだメニューを味わった。宿泊は湯瀬ホテルとホテル鹿角。市補助1万円の割引後の料金(同)は2万3000円。
 児玉市長は黄金プランの参加者アンケートの結果として「約7割が『内容に興味があった』と回答、約8割が『満足』と評価した」と説明。
 自由記述欄には「訪問先での専門的な説明が良かった」「この地域の歴史的な文化水準の高さを感じた」との意見があった半面、「ゆったりと時間をかけてそれぞれを堪能したかった」「食事やホテルの滞在時間がもう少し欲しかった」などの声もあったといい、今後の改善点とした。
 一方、満喫プランは6月29~30日、7月20~21日、27~28日に設定。祭り観覧はないが、道の駅かづのでの花輪ばやし実演の見学や、大日霊貴神社、大湯環状列石、史跡尾去沢鉱山を巡る内容で、宿泊は大湯温泉郷の5施設から選択。市補助5000円の割引後の料金は1万8000円と1万6000円の2種類。
 成田氏はこの満喫プランが人数不足のため中止となった要因を質問。児玉市長は「2人以上の申し込みを基本とし、単身者の受け入れをお断りしたことが一つの要因」とし、「両プランを比較した際、インパクトに欠けてしまったことも否めない」と答弁。「今回、本格的な着地型旅行商品を造成したことで、課題や改善点も確認できた。魅力あるツアーの造成につなげたい」とした。

北鷹に初の栄冠 秋季県北高校野球 サヨナラで能代下す

2019-09-10
9回1死満塁から北鷹の工藤がサヨナラの左前適時打を放つ(能代球場)
 最終日の8日は、能代市の能代球場で決勝を行った。能代に挑んだ秋田北鷹は、初回に先制されたものの、攻守にわたって粘り強さを発揮。好機を着実に得点に結びつけてサヨナラ勝ちし、開校以来初の栄冠をつかんだ。
 ◇決勝 【能代球場】
能 代  200001011  5
秋田北鷹 000200301× 6
 ▽三塁打=佐々木(能)、清水(北)▽二塁打=下坂(能)▽併殺=能代1、北鷹1▽暴投=北鷹1▽捕逸=北鷹1
 苦しい展開にあっても打線をつなぎ、好機に得点を重ねた秋田北鷹が、サヨナラで初の栄冠を手にした。
 初回、3安打と犠飛で2点を奪われた北鷹は、4回に4安打を集中させて同点に追いついた。
 1点を追う7回は、1死一、三塁から清水の左越え三塁打に工藤の犠飛で計3点を挙げ逆転するも、8、9回に1点ずつ返されて追いつかれた。しかし最終回、3四死球で1死満塁とすると、主砲の工藤が左前適時打を放ち勝負を決めた。
 主戦の清水は毎回得点圏に走者を抱えたが、低めに変化球を集めて一発を回避しつつ、要所を締める粘投を見せた。
 北鷹・木藤大嗣監督の話 3、4点の勝負を予想していたが、何度も流れを渡しそうになる中、バッテリーがよく粘ってくれた。

木のぬくもり感じ豊かに 大館市 21日にウッドスタート宣言 木育推進で県内2市目

2019-09-08
玩具開発に向け、秋田犬の里を視察する(右から)小泉さんと中村さん
 大館市は暮らしに木を取り入れ、木育を推進しようと今月21日、東京の認定NPO法人「芸術と遊び創造協会」と「ウッドスタート宣言」の協定を結ぶ。県内では2自治体目で、誕生祝い品として地域材を活用した木製玩具を開発し、今年4月以降に生まれた子どもを対象に贈る。5、6日の2日間、法人関係者が市内の製材施設などを視察し、「大館らしい玩具を」と素材やデザインのアイデアを膨らませた。玩具の実際の贈呈は来年度からを予定している。
 市が本年度、新規で取り組む「木育推進事業」。ウッドスタートは、子どもをはじめ全ての人が、木のぬくもりを感じながら豊かに暮らすことができるようにする取り組み。東京おもちゃ美術館を運営する同法人が提唱し、今年3月現在、全国で2県、46自治体が宣言を行った。本県では2017年に由利本荘市が行っている。宣言の調印式は21日、大館市中央公民館で行う市生涯学習フェスティバルの「木育キャラバン」会場で行う。
 宣言を行った自治体は、赤ちゃんに誕生祝い品として地場産の木製玩具をプレゼントする事業を展開している。大館市農林課は誕生祝い品開発業務を法人に発注。法人から企画部ウッドスタート事業部の小泉誠さんと、公認デザイナーで木製玩具などを製作する「ナカムラ工房」(新潟市)の中村隆志さんが現地調査で来館した。
 二人は市内の製材施設や木材加工工場、秋田犬の里などを見学。小泉さんは「秋田犬や比内地鶏、田代のロケット試験場など多くの特色があり、生かしていきたい」、中村さんは「杉や広葉樹など木の種類が豊富で、可能性が広がる。樹種を組み合わせることも考えたい」と語った。
 中村さんがデザインを提案し、遊びの広がりや安全性などを考慮しながら試作を重ね、本年度中に完成させる。玩具は地元業者が製作し、プレゼントの開始は来年度からを予定。地元業者が製作した杉の積み木といずれか選択できる形とし、贈呈の対象は今年4月以降に生まれた子どもとする。
 このほか木育推進事業では、市女性センターの託児室を改修して木の玩具などを設置する木育空間整備、木育インストラクターの養成などを行う。財源は森林環境譲与税を活用する。農林課は「幼少期か木の玩具を通して大館の木材や森林に親しむことで、地場産材の消費活動につなげていきたい」と話した。

鹿角地域の魅力を体感 北東北から15人 遺跡見学にワインも

2019-09-08
主力品種の「小公子」を収穫する参加者(小坂町鴇地区)
 小坂町産の日本ワインと鹿角地域の近代化産業遺産を巡る「ワインツーリズム体験モニターツアー」が7日、同町などであり、県内外の男女が地域の魅力を体感した。
 同町の第三セクター小坂まちづくり会社(髙橋竹見社長)が企画し、県鹿角地域振興局、同町と共催。北東北の男女15人が参加した。
 参加者は鹿角市の国特別史跡「大湯環状列石」、同町の醸造施設「小坂七滝ワイナリー」を見学した後、町内のブドウ産地、鴇地区へ移動。町特産ブドウの主力品種の一つ、ヤマブドウ交配種「小公子」の収穫を体験した。収穫は今が最盛期。黒紫色のたわわに実った房を丁寧に摘み取り、新鮮な果実の味をその場で味わった。
 夜にはワインと特産肉などによるバーベキューを堪能。簡易宿泊施設「ブルートレインあけぼの」に宿泊した。
 ツアーに参加した秋田市の金澤久美子さん(60)は「食と文化的な遺産を組み合わせたまちおこしは、いろいろな人の関心を呼び起こせると思う」、大館市の工藤のり子さん(62)は「小坂町がここまでブドウ栽培や、ワインづくりに力を入れていることを知ることができた」と、満足そうだった。
 髙橋社長は「ワインと産業遺産を、観光としてつなげていくためのツアーに役立てたい」と話した。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る