本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

2021年10月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

選挙サンデー舌戦熱く 衆院選秋田2区 2候補、支持拡大へ奔走 秋晴れに各地で訴え

2021-10-25
候補者の演説に耳を傾ける有権者(小坂町小坂)
 衆院選(31日投開票)は24日、期間中唯一の「選挙サンデー」で前半戦を締めくくった。北鹿地方を含む秋田2区の候補者2人は各地を精力的に回り、市街地や集落などで「お願いコール」を連呼。青空が広がる秋晴れの下、感染症対策で有権者とグータッチしながら支持拡大を訴え、後半戦に向けて弾みをつけた。
 秋田2区は届け出順に、自民党前職の金田勝年候補(72)と立憲民主党前職(比例東北)の緑川貴士候補(36)の一騎打ち。新型コロナウイルス対策や経済立て直しを最大争点に安全保障や人口減、社会保障、米価下落などの課題をめぐって論戦を繰り広げている。
 金田候補は公示後初めて三種町入り。琴丘地区を皮切りに山本地区、八竜地区で選挙カーを走らせた。強固な後援会組織をフル稼働して、衆院予算委員長を務めた実績などをアピールしながら「郷土を守り抜く」と訴えた。前半戦は票田の大館市を重点的に遊説しており、25日は北秋田市の阿仁地域や能代市、潟上市を回る予定。
 緑川候補は小坂町や鹿角市を走り回った。有権者を見つけるたびに駆け寄るフットワークの軽さで、対話を重視。小坂町みんなの運動公園では「暮らし目線の政治を取り戻したい」と訴え、「コロナ禍で地方に光が当たっている。希望を持って挑戦できる人生100年時代を目指す」と強調した。25日は大館市や北秋田市で遊説を予定している。
 候補者の演説を聴いた小坂町の60代男性は「公約を当選後に実行できるかどうかが重要。コロナで落ち込んだ観光や地域経済の回復策を見極めたい」と話した。
 比例東北ブロックに立候補した共産党新人の藤本友里候補(42)=北秋田市=は22日から北鹿地方を遊説しており、24日は大館市で街頭演説を行った。

露熊山峡 鍋岩見学やなべっこ楽しむ 北秋田市の荒瀬かだまり 本年度の集大成企画で

2021-10-25
巨大な鍋岩周辺を散策する参加者(露熊山峡)
 北秋田市阿仁荒瀬地区の露熊山峡で24日、「紅葉狩り&大鍋っこ会」が開かれた。景勝地復活へ整備活動に取り組む地元の住民団体「荒瀬かだまり」(佐々木修会長)が、本年度の活動の集大成として企画。地元住民やALT、活動の協力者らが参加し、山峡の自然を満喫した。
 露熊山峡は荒瀬地区の国道105号から西に約3㌔の地点にあり、奇岩や巨岩が点在する景勝地として知られていた。人が訪れなくなった山峡の再活性化に向けて昨年度、荒瀬かだまりが「露熊プロジェクト」を立ち上げて整備を進めてきた。
 4月末から始動し、メンバーらが毎月1回集まって作業を行ってきた。本年度は主にアクセス道路や登山道の整備に着手。車両が通行する林道に敷き詰めた砂利が雨で流れないようゴム板を埋め込んだほか、かつてはハイキングなどで住民らが訪れたブナ岱(標高468㍍)山頂に向かう登山道の草刈りを行った。
 この日は約50人が参加。バスで山峡に到着すると、希望者は散策路を下って高さ約30㍍の「鍋岩」へ向かった。道中には団体が「万三郎滝」と名付けた滝があり、今年6月に散策路から見学できるよう整備している。下側が水で大きく削れた鍋岩の迫力に圧倒されながら、参加者は鍋岩周辺の散策を楽しんでいた。
 旧キャンプ場で行われた鍋っこ会では、地元の食材を使っただまこ鍋や漬物などが振る舞われた。紅葉は見頃まで間もなくという状態だったものの、参加者たちは自然の中で食事を味わい交流を深めていた。このほか、かつて集落や炭鉱があった跡地や奇岩を巡るバスツアーを行った。
 活動2年目の本年度は地元のメンバー以外にも地域おこし協力隊員や地元企業が参加するなど、活動の輪が広がっているという。本年度の活動は冬囲いなどを行う月で終了予定。事務局の柏木静男さん(61)は「活動に協力する人や露熊山峡を発信する機会も増えてうれしい。今後も活動を継続したい」と話している。

十和田湖が錦秋 湖畔の紅葉見頃 鹿角

2021-10-25
カヌー上から見る十和田湖の紅葉(十和田湖よどの岬の周辺)
 小坂町と青森県境の十和田湖は、湖畔一帯の紅葉が見頃を迎えている。赤や黄色に染まった木々の葉が山肌を彩り、観光客の目を楽しませている。
 青空の広がった24日、小坂町側の西湖畔を訪れた人たちは、赤や黄色など鮮やかに彩られた山並みを一望して、カメラのシャッターを切っていた。
 友人2人で訪れた40代の女性=大館市=は「初めて十和田湖の西湖畔に来た。八甲田の雪と外輪山の紅葉がきれい」と見入っていた。
 町の十和田ふるさとセンターを指定管理する「十和田湖西湖岸地域開発合同会社」によると、十和田湖の紅葉は平年並みに進んでいる。十和田湖畔と名所の奥入瀬渓流が見頃を迎えており、11月初めごろまで楽しめるという。
 カヌー体験を行っている同社の川又伸文さんは「西湖畔の水底の緑色凝灰岩(グリーンタフ)の影響でエメラルドグリーンに見える湖水と紅葉を楽しんでほしい。カヌーで湖上から眺める紅葉は格別」と話していた。

投票率の行方に注目 前回60・57% 選挙戦折り返し後半へ

2021-10-24
 19日公示、31日投開票の衆院選は24日で6日目を迎え、選挙戦の折り返し地点に差し掛かった。2区は自民党前職の金田勝年氏(72)、立憲民主党前職(比例東北)の緑川貴士氏(36)が一騎打ちを展開。北鹿地方でも連日遊説が行われ、選挙戦が激しさを増す中で投票率の行方にも注目が集まっている。
 4年ぶりの政権選択選挙となり、新型コロナウイルスへの対応や経済を立て直す成長戦略、安全保障政策の在り方、9年近く続いた安倍・菅政権の政治姿勢などが争点に挙げられている。
 金田候補は初日に大館市で第一声を上げ、北秋田市や藤里町、小坂町、能代市、鹿角市を遊説。街頭演説に力を入れ、22日は自民党の二階俊博前幹事長が大館を訪れ、応援演説を行った。フェイスブックをこまめに更新するなど会員制交流サイト(SNS)を活用して支持を訴えている。
 緑川候補も初日は事務所のある大館市で第一声。これまでに北秋田市や、能代市、藤里町、三種町を訪れた。23日は大票田となる大館市を回った。街頭演説よりも地域をこまめに回ることに徹し、有権者から困り事を聞き取るなど、対話を重視しながら支持拡大に努めている。
 平成に入ってからの本県投票率の推移をみると、上昇したのは、第1次森内閣でのいわゆる「神の国解散」による第42回(2000年6月)が前回比2・83㌽上昇の70・13%となったほか、「郵政民営化の是非」を最大の争点に有権者の関心が高まった第44回(05年9月)は、第43回を3・86㌽上回る70・60%。「政権選択」が問われ、結果的に民主党が大勝した第45回(09年8月)は73・27%を記録している。
 前回(17年10月)は、安倍政権の5年間の評価などを主な争点に行われた。師走の選挙などが影響して最低値を記録した前々回(14年12月)と比べると、4・79㌽高くなった。公職選挙法の改正に伴い、選挙権が18歳以上に引き上げられて2回目の衆院選となり、投票率の低下が指摘される若年層の動きも注目される。

北秋田 くまくま園でハロウィーン ヒグマの食事姿を観察

2021-10-24
ガラス越しに間近でヒグマの姿を観察する来場者(くまくま園)
 北秋田市の阿仁熊牧場「くまくま園」で23日、ハロウィーンイベントが始まった。来場者が普段は見ることのできないヒグマの食事姿などを楽しんだ。11月3日まで。
 今季の営業を終了する前に毎年開催しているイベント。冬眠前に餌を食べるヒグマの姿を観察できる「もぐもぐタイム」を企画し、期間中の土日祝日午後1時ごろから行っている。
 イベント初日のもぐもぐタイムにはサザエ、フネ、ケイコ、サチコと名付けられた雌4頭が参加し、運動場内にはリンゴやナスが置かれた。ヒグマはおりから運動場に入ると、地面などに置いたリンゴに引き寄せられるように来場者が集まるガラス張りの通路付近へやってきた。ガラス越しに間近で観察でき、巨大なヒグマの体やリンゴを食べる様子に子どもたちが「すごい」と声を上げていた。
 同園では期間中、来園した幼児から中学生に受付でお菓子をプレゼントする。宝探しも毎日開催し、園内に隠されたカードを見つけた人にはお菓子か、1日3個限定の缶バッジをプレゼントする。

2021年9月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

全議案を可決し閉会 鹿角市9月議会 コロナ追加経済対策など

2021-09-25
全議案を可決、閉会した鹿角市9月定例議会(市役所)
 鹿角市の9月定例議会は24日、最終本会議を開き、委員会に付託していた議案13件と決算認定案2件、議員発議の議員報酬等の特例に関する条例制定案と意見書案の計17件を原案通り可決、認定した。2020年度一般・特別各会計の決算認定案4件が追加提案され、決算特別委員会を設置、閉会した。
 一般会計補正予算(第7号)は、歳入歳出それぞれ1億2498万円を追加し、総額を181億7559万円とした。
 歳出は、新型コロナウイルスの市内経済への影響が深刻化している中、追加経済対策の事業継続支援事業費7925万円、米生産低コスト技術等導入支援事業費補助金4203万円などを計上した。財源は国県支出金や財政調整基金を充てる。
 事業継続支援事業は昨年度実施した内容を一部見直して行う。昨年度の対象だった飲食・観光関連事業者、クリーニング店などに加え、関連して影響を受けている衣料品店や雑貨店、飲食料品小売業、理美容業などを新たに支援する。264事業者が対象となる見込み。
 要件は「8月の売り上げが前々年または前年と比べて30%以上減少」または「3~8月の6カ月の売り上げが前々年または前年と比べて20%以上減少」。創業1年未満の事業者は「4~7月(1カ月平均)と8月を比べて30%以上減少」。1事業者につき減少した売り上げに応じて5~30万円を支給する。
 申請は27日から11月30日まで受け付ける。詳細は市ホームページや広報10月号などで周知する。
 米生産関連の事業は、秋田米の市場競争力の向上を図るため、スマート技術等を活用した機械・設備の導入経費の2分の1を県が支援するもの。対象は要件を満たす10経営体。
 このほか一般会計補正予算(第6号)では新たな診療所の開設を支援する医療機関開設資金支援事業補助金4000万円、大湯環状列石JOMON体感促進事業費1億5075万円、地域公共交通維持確保対策事業950万円などを計上した。
 議員報酬等の特例に関する条例は、議員が長期にわたり市議会の会議等を欠席した場合や、刑事事件の容疑者または被告人として拘束された場合の議員報酬と期末手当の支給に関し、欠席日数ごとの減額割合など必要な事項を定めた。
 意見書は、コロナ禍による厳しい財政状況に対処し地方税財源の充実を求める内容。

北秋田市 財政4指標は基準内 20年度決算 資金不足は「なし」

2021-09-25
 北秋田市は、2020年度決算における財政健全化判断比率と資金不足比率をまとめた。財政健全化では実質赤字比率など四つの指標はいずれも、財政健全化法の早期健全化基準をクリア。資金不足比率も、対象の公営企業3会計すべてで資金不足額が生じていないことから、算定されなかった。
 財政健全化法は、地方自治体の財政破綻を未然に防ぐため、財政状況を統一的な指標で明らかにし、財政の健全化や再生が必要な場合に迅速な対応を取ることを目的とした法律。08年度決算から4指標の公開が義務づけられた。
 報告によると、一般会計等に生じている赤字の大きさを地方公共団体の財政規模に対する割合で表す実質赤字比率は、20年度の実質収支が黒字であることから「なし」。市における早期健全化基準で12・89%とされている。
 また、公営企業を含む「地方公共団体の全会計」に生じている赤字の大きさを財政規模に対する割合で表す連結実質赤字比率についても、連結した実質収支が黒字であることから「なし」となった。市の早期健全化比率は17・89%。
 借入金(地方債)の返済額(公債費)の大きさを、その地方公共団体の財政規模に対する割合で表した実質公債費比率(早期健全化基準25・0%)は10・0%となり、前年度から0・9㌽改善した。主な要因は「元利償還金の減少」で、「下水道事業会計に対する元利償還金相当額の減少が大きい」などとした。
 負債の大きさを財政規模に対する割合で表した将来負担比率(同350・0%)は、前年度の74・2%から2・7㌽改善した71・5。要因には、地方債現在高の減および退職手当負担見込額の減を挙げた。
 公営企業の事業規模に対する資金不足を表す「資金不足比率」は、対象となる▽病院事業▽水道事業▽下水道事業―の各会計ともに「資金不足がない」ことから、比率は算定されていない。

初日は全量が1等米 JAかづの 21年産米の検査始まる

2021-09-25
新米の品質を厳正に検査する検査員(JAかづの米穀集出荷場)
 鹿角地域の2021年産米の検査が24日、鹿角市花輪のJAかづの米穀集出荷場で始まった。「あきたこまち」と「秋のきらめき」を検査した。初日は全量が1等米と評価された。
 検査に先立ち、安全祈願祭が同所で行われ、関係者約30人が出席。菅原俊二組合長は「本格的な稲刈りの時期を迎えた。気を緩めずに、作業をし、組合員には笑顔で対応してほしい。いい出来高の秋だった、と言ってもらえるようにしてほしい」と呼び掛けた。
 終了後、検査員(14人)の代表に任命書が交付された。菅原組合長は「平年作と言われているが、目標の13万俵を確保したい」と話した。
 JAによると、昨年の1等米比率は89・5%で前年の84%を上回った。今年の稲の刈り取りは15日ごろから始まり、10月5日ごろからピークを迎える見通し。
 検査は、抽出した新米を検査員が厳正にチェック。形質や水分量、整米の割合などを調べた。

旧小坂鉄道 活用団体の連携探る 大館でシンポジウム 活性化へパネル討論など

2021-09-24
パネル討論が行われたシンポジウム(大館市長木公民館)
 大館市と小坂町にまたがる旧小坂鉄道(22・3㌔、2009年廃止)の活用策を考えるシンポジウムが23日、同市長木公民館で開かれた。旅客営業も行った「鉱山鉄道」の歴史を振り返ったほか、沿線で活動する団体の代表らがパネル討論を展開。地域住民約50人が参加し、地域活性化に向けた連携の在り方を探った。
 同市上代野の住民でつくる「岱野駅前プロジェクト」(九嶋光夫会長)、NPO法人大館・小坂鉄道レールバイク(近藤肇理事長)、長木公民館(三浦栄一館長)主催。岱野、大館、茂内、小坂の旧4駅に関わる団体が一堂に会した。
 小坂町の体験型観光施設・小坂鉄道レールパークの運営に協力する「小坂鉄道保存会」の亀沢修総務企画局長が講演し、鉱山専用鉄道として1908年に開通したことや、旅客営業前提で建設された歴史などを紹介した。
 パネル討論のテーマは「レールが結ぶ未来への物語 今、可能性と希望を語ろう」。岱野駅前プロジェクト事務局の三浦孝志さん、旧大館駅の跡地に建設された市観光交流施設・秋田犬の里の佐藤和浩館長、大館・小坂鉄道レールバイクの近藤理事長と小棚木政之事務局長、亀沢局長の5人が臨み、三浦館長がコーディネーターを務めた。
 三浦さんは旧岱野駅周辺にアジサイ3000本を植える計画を説明しながら、「子どもたちがアジサイを大切にしようという気持ちになっている」と地域に対する愛着心が芽生えてきたことを紹介。佐藤館長は廃線を活用した「手こぎトロッコ」の利用者が増加傾向にあることを示し、さまざまな活動の連携で相乗効果が高まることを強調した。
 近藤理事長は10年目に入った活動を紹介し、「月別で見ると5・8・9月に多くの利用があるが、6月と7月は少ない。アジサイの取り組みが発展すればレールバイクにも立ち寄ってくれるのではないか」と期待を寄せた。小棚木事務局長は「廃線を維持するのは想像以上に大変だが、地域の力を結集すれば行政も動きやすくなる。全線を活用するんだという意識を皆で共有する必要がある」と訴えた。
 亀沢局長は「産業遺産を未来に引き継ぐことを目的としている」とし、「皆でまちづくりに取り組むことが目標」と語った。

自然の癒やし感じて 十和田ふるさとセンター 2年ぶりプレオープン 体験メニューの準備進む

2021-09-24
プレオープンした十和田ふるさとセンターの館内
 小坂町の十和田ふるさとセンター(十和田湖大川岱)が、2年4カ月ぶりに再開した。本格的なオープンは来年4月で、湖畔周辺のトレッキング、登山ガイド、カヌーなど自然体験メニューの実施へ向け、準備を進めている。
 同センターは1984年、町民の保養施設、環境拠点として緑地園地内に完成した。近くには湖畔の遊歩道や大川岱桟橋が整備され、訪れた人の食事や休憩などに利用されてきた。鉄筋コンクリート、鉄骨造りの2階建て。毎年、12月から3月までは冬季休業している。
 管理、運営していた指定管理者が撤退し、19年4月からは冬季休業後に再開できないまま、休止となった。町は新たな指定管理者を募集したが、応募がない状態が続いていた。今回応募したのは、新会社「十和田湖西湖岸地域開発合同会社」(同町荒谷字上ノ平、佐藤宏美代表社員)。秋田市、鹿角市、大館市に居住する、イベント企画や林業などを専門とする4人が4月に設立した。
 センターは8月にプレオープン。玄関から入ると、ロビーが広がり、正面には大きな暖炉が来館者を迎える。自然の中でゆったりと休憩できる雰囲気。計画によると、十和田湖西湖畔周辺のトレッキング、登山ガイド、専用のボードに乗ってパドルでこぎ進むウオータースポーツのSUP(サップ)、カヌーなどの自然体験型イベントを予定。来年4月の本格的なオープンへ向け、準備を進めている。
 同社の役員川又伸文さん(46)=鹿角市=は「波の音など自然の静けさが魅力。にぎやかな休屋に比べ、西湖畔周辺は静かさがあり、ストレスフリー、癒やしを感じられるエリア」と大川岱湖畔の魅力を語り、「寒い時は暖炉に火を付けている。好評です」とPRする。
 日曜日には、キッチンカーが出店し、ホットドッグ、コーヒー、ソフトドリンクを販売している。開館時間は午前10時から午後3時まで。休館日は月、火曜日。天候状況などにより、開館時間や休館日を変更する場合がある。ツイッターなどSNSで情報を発信している。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る