本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

2021年10月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

大館市 子どもの遊び場整備へ 子育て会議が 現地視察 市「市民の声反映させる」

2021-10-29
NEW
遊び場を整備する場所を視察する委員(ニプロハチ公ドームパークセンター)
 大館市が子どもの遊び場の整備を計画しているニプロハチ公ドームパークセンターで27日夜、市子ども・子育て会議が開かれた。市は来年12月のオープンを目指し、子育て世代にアンケートを行っており、同会議も現場を視察しながら意見を交わした。市は幼児向け、児童向けの遊び場、休憩スペースを設ける方針で、「市民の声を可能な限り反映させて整備したい」と話す。
 2019年2月、子育て中の母親らが約4500人の署名を集め、市に多世代が集える屋内遊び場の整備を要望。同会議のニーズ調査でも、雨天時に利用できる遊び場を求める声が多く寄せられていた。
 市は本年度から2年がかりで、パークセンター内に遊び場整備を計画。本年度は一部を改修し、8月に乳幼児と家族の交流の場となる「つどいの広場ひよこ」が移転した。
 同会議をパークセンターで開くのは初めてで、委員が館内を視察。事務局の市子ども課が説明した「整備のイメージ」によると、つどいの広場との間に壁を設け、就学前の子どもが対象の「幼児向けスペース」を設置。木製のおもちゃをふんだんに配置する。小学生が対象の「児童向けスペース」は、「体を使って遊べる滑り台など大きめの遊具を置きたい。壁を利用しボルダリングができるようにしたい」と述べた。現在の厨房(ちゅうぼう)は「休憩スペース」に改修し、テーブルや授乳室などを備える方針。
 委員からは「かなり広い空間」「安全面が大事」などの声が聞かれた。管理・運営について事務局は「見守る人がいるのが望ましく、どういう形で配置できるか検討中」と答えた。
 市は子育てイベント参加者や子育て支援団体などにアンケートを実施し、遊び場への要望を聞き取っている。木製おもちゃなど、設置する用具や設備に対し幅広い意見が寄せられているという。
 8月末から基本設計に着手し、来年3月までに設計業務を終える計画で、事務局は「いただいた意見を可能な限り取り入れていきたい」としている。来年度は改修工事を行い、来年12月のオープンを目指す。
 同会議では、任期満了に伴い委員16人に委嘱状を交付。大館北秋田建築士会の1人を臨時委員に委嘱した。会長に梅内孝倫・大館北秋田医師会理事を再任した。次回は12月に開催する予定。

ニホンザリガニ 30匹超確認、定着も安定 大館市の南限生息地 維持存続へ成果

2021-10-29
NEW
人工生息地で行ったモニタリング調査(大館市教委歴史文化課提供)
 大館市教育委員会は、国の天然記念物に指定されているニホンザリガニの南限生息地付近に整備した人工生息地でモニタリング調査を行った。8、9月に水路内を調べた結果、30匹超が生息していた。昨年に続いて個体の定着を確認でき、指定地の維持や、個体群の存続に向けて成果が得られた。
 生息環境の悪化が懸念されてきた南限生息地(通称・八幡沢地区)の保護に向け、生息個体を増やそうと2019年度に人工生息地を整備。指定地付近の民有地を借り受け、全長10㍍弱の水路を造成した。既存の水路と接続して指定地と同じ水系の水を引き込み、水路内に石を詰めたり、水の流れを作ったり、植栽を設置したりして生息に適した環境を整えた。
 20年度に専門業者に委託して個体数調査を初めて行い、2日間とも30匹の姿を確認していた。
 本年度も8月20日、9月30日の2日間で調査を実施。水路内の7カ所から個体を採取して確かめる方法で行い、8月は30匹、9月は32匹の姿を確認した。体長は6~55㍉と幅広く、赤ちゃんザリガニから成熟した個体までさまざまな世代が生息していることが明らかになった。
 歴史文化課は「昨年とほぼ同じ生息数で、個体の入れ替わりがあったとしても安定して生息している様子がうかがえる。個体の定着が順調に進んでいることが確認できた」と手応えを得ている。生息環境としても「設置した草木が成長し日よけになり、他の動物からも見つかりにくい適した環境になっている」とみている。
 2カ所目の人工生息地整備も計画しており、来年度の着工を目指す。「指定地の維持のため、第2生息地についても協議を詰めていく。モニタリング調査は来年度以降も継続していきたい」としている。
 ニホンザリガニは北海道と北東北にのみ生息。環境省のレッドデータブックで絶滅危惧Ⅱ類に登録されている。1934年に大館市の通称・八幡沢地区(桜町南―池内道下の一部)が南限生息地として国の天然記念物に指定された。

鹿角 「きこり体験」初試行 インバウンド 誘客目指し DMOがモニターツアー

2021-10-29
NEW
まき割りを体験するインフルエンサー(鹿角市八幡平松館)
 インバウンド(訪日外国人客)からの関心が高まりつつある観光資源をSNS等で効果的に発信し、誘客につなげることを目的としたモニターツアーが26日、鹿角市などで行われた。SNS等で活躍するインフルエンサー2人が参加。まき割りなど「きこり体験」を通じて、アウトドアのツアー商品開発の可能性を探った。
 観光庁の「地域の観光資源を活用したプロモーション事業」の一環。大館、北秋田、小坂、上小阿仁4市町の観光地域づくり法人(DMO)・秋田犬ツーリズムと鹿角市のかづの観光物産公社を含む北東北3県の4DMOが中心となって企画・提案し、ジェイアール東日本企画が事業委託を受けている。
 モニターツアーは8月に初開催し、レンタカーを活用して北東北を周遊するプランをこれまで2回実施。第3弾の今回は初の試みとしてインバウンド向けのアウトドアプランを企画した。
 インフルエンサーの男性2人は台湾出身で日本在住の30代。東北運輸局やDMOなどの関係者が同行した。
 鹿角市は3泊4日の行程の2日目に訪問。「きこり体験」は、まき販売などを手掛ける「LumberJack(ランバージャック)」の小田島隆臣さんと、農業や支障木伐採といった作業請負などを手掛ける「ツカイテ」の早川航さんが講師を務めた。場所は八幡平松館のツカイテ。
 インフルエンサーたちは、まき割りやコースター作りなどを体験。まき割りでは、おのの安全な使い方を教わりながら、徐々に太いまきにチャレンジしていた。
 大阪市のブロガーの男性(34)は「新型コロナの影響で台湾でも山登りやサイクリング、キャンプなどアウトドアに親しむ人が多くなった。きこり体験は、やったことがない人がほとんどなのでプラス材料になると思う」と話した。
 かづのDMO推進室の清水涼太室長は「アウトドアは特に若い人たちからのニーズが高いこともあって企画した。今回のモニターツアーをベースに商品開発を進めたい」と誘客促進に期待した。

除雪総延長876㌔ 大館市の今冬計画 作業状況をHPで公開 関連経費4億7千万円

2021-10-28
 大館市は、今冬の道路除排雪計画をまとめた。歩道を含む除雪総延長は876・4㌔で前年度から7㌔延び、このうち769㌔(87・7%)を民間72業者に委託する。昨冬は豪雪に見舞われ要望・苦情が多かったことから、除雪車運行管理システムを活用しながら的確に出動するとともに、市ホームページで作業状況を公開する。
 車道除雪は市内を19ブロック(大館地域9、比内・田代地域各5)に分け、職員のパトロールや降雪センサーやモニター、気象予報を基に出動指示を出す。原則として午後10時にエリアごとに10㌢の降雪か、早朝までに10㌢を超えると判断した場合、作業は午後11時から午前6時としている。
 午前3時に15㌢以上の降雪があった場合、幹線道路の除雪を午前7時まで実施するよう指示した上で、その他の道路については通勤・通学時間帯を考慮し、午前9時から作業する。歩道除雪は、降雪10㌢か早朝までに10㌢を超えると判断した場合、担当業者が自社判断で午前7時までに行う。
 県と連携し、市道御成町片山根下戸線(片山―御成町)2・9㌔を除雪してもらう一方、県道4カ所(大館市十二所、大滝温泉駅前―大滝、花岡町字前田―花岡町字二井山、扇田駅前―比内田代線)計2・7㌔は市が担う。
 雪置き場は▽長木川河川敷(鳳凰大橋下流)▽沼館(エコプラザ脇)▽長木川河川敷(天神)▽柄沢(秋田地方法務局大館支局隣)▽松峰(松峰橋花岡側)▽犀川河川敷(森越橋上流)▽同(中野―柄井沢)▽同(川久保)▽同(犀川橋上流)▽米代川河川緑地(外川原橋下流)▽早口川河川敷(高岨橋下流)▽岩瀬川河川敷(岩瀬橋下流)▽同(越山橋下流)▽山田川河川敷(前田橋下流)―の14カ所。住宅街に近い場所の開放時間は午前8時半から午後7時と設定、受け入れ許容量が少ない柄沢については2㌧車までの搬入に制限する。深夜排雪を希望の場合は松峰を開放する。
 9月補正予算で措置した除雪費・除雪関連経費は4億6900万円。除雪出動式は11月19日に比内除雪ステーション、田代地域の建設機械車庫、観音堂地内の自動車車庫で行う予定。
 2020年度の累計降雪量は448㌢で前年の2・2倍となり、除排雪経費は過去3番目に多い8億1295万円だった。要望や苦情は1224件で、少雪だった前年に比べ1018件増えた。

プレミアム商品券 冷え込んだ消費刺激を 大館市 第2弾の販売始まる

2021-10-28
商品券やテークアウトサイトのチラシを受け取る市民㊨(大館商工会議所)
 新型コロナウイルス感染長期化に伴う経済対策として、大館市が発行するプレミアム付き商品券の販売が27日、市内6カ所で始まった。ワクチン接種が進み、感染状況が落ち着いた中での発行に、商業関係者は「冷え込んだ消費を刺激してほしい」と期待。市民の関心も高く、初日から買い求める人が相次いだ。
 本年度2回目となる販売で、前回(6月)売れ残った2万7259セットに2万3000セットを追加。計5万259セットを用意した。購入希望者が相次ぎ、発行数を約1万6000セットも上回る申し込みが相次ぎ、抽選となるなど関心を集めた。
 販売会場の一つ、御成町の旧大型店跡地は車に乗ったまま購入でき、毎回来場者が多い。当選者は全員買えるが、この日は午前9時の開始前から数台が待機。順番を待つ列は次第に伸び、約50台が並んで混雑する時間帯もあった。近くの大館商工会議所会場でも午前中、買い求める人が絶えなかった。
 上限いっぱいの10セットを購入した同市有浦の女性(75)は「灯油代やガス代に充てたい。今冬は燃料費が高いので、商品券があると助かります」と話した。釈迦内の男性(65)は「掃除機や乾燥機を買い換えるのに使うつもり」と消費意欲いっぱいの様子だった。
 買い物に積極的な市民に触れた商工会議所の担当者は「経済活動再開の兆しだろうか」と受け止めた。コロナ禍の飲食業者を支援しようと、テークアウトや宅配サービスの情報発信サイト「テイクdeエール」を無料公開したばかりで、PRチラシも作成。二つの会場で商品券と一緒にチラシを手渡した。
 販売は31日まで。利用期間は来年2月末までで、市商工課の職員は「感染状況が落ち着いたタイミングで商品券が利用でき、消費喚起の〝カンフル剤〟になると期待している」と話した。
 商品券は1枚1000円の13枚組を1万円で購入でき、3000円分がお得。使用できる事業所数は27日時点で市内762。

2021年9月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

大館市基幹相談支援センター 相談件数、過去最多に 20年度4910件

2021-09-20
職員3人で対応している基幹相談支援センター(泉町地域ふくしセンター)
 大館市が障害がある人を支援する総合窓口として泉町地域ふくしセンター内に設置する「基幹相談支援センター」(糸田幸樹管理者)は年々相談件数が増加し、2020年度は延べ4910件で過去最高となった。1回の相談で、健康面や家計など複合的な悩みに対応するケースが多く、コロナ禍で自宅で過ごす時間が増え、通所サービス利用を希望する相談も増えた。10月には市総合福祉センターへ移転し、さらに相談しやすい体制を目指す。
 市が2014年度に大館圏域ふくし会に委託して開設。職員3人で、身体、知的、精神、発達障害など種別を問わず相談支援を一元的に提供している。
 センターによると、20年度に受け付けた相談は延べ4910件。相談人数は児童を含め延べ計1476人。19年度は相談件数延べ4297件、相談者延べ1211人で、利用が伸びた。担当は「年々増加しているが、5000件に迫るのは初めて。イベントで出張相談を行うなど周知に力を入れ、最初の相談先として認知されてきた」と話す。
 20年度の相談を内容別にみると、不安の解消・情緒安定に関する支援が最も多く1299件、福祉サービスの利用等が857件、健康・医療が611件、家族・人間関係が488件、家計・経済が465件、障害や病状の理解に関する支援が436件などと続いた。1回の相談でサービス利用、精神的な不安、家計の悩みなど内容ごとにカウントするため、相談人数より、受付件数が多くなる。
 相談者の多くが在宅で過ごす人で、関わる家族が高齢化し、新たに福祉、医療サービスを受けたいという相談が増加。「コロナ禍で家にいる時間が増え、本人も家族もこのままでいいのかと悩み、通所サービスを探してほしいという声も多かった」という。児童の相談も増えており、「放課後等デイサービスなど利用の選択肢が広がったことも要因ではないか」と分析する。
 本年度の相談は8月末で2836件にのぼる。担当は今後の課題に「他機関からの紹介でひきこもりの相談が寄せられており、家族と本人にどう関わっていくか考えていきたい」と話す。家族の高齢化が進む中、成年後見制度の利用促進も求められる。
 基幹相談支援センターは10月中に市総合福祉センターへ移転する。社会適応訓練の場所や交流サロンと同じフロアで業務を行うことになり、「身近に相談機関があることで、今まで利用したことのない人などが足を運びやすくなると思う」と話した。

五色湖周辺の山道 E―BIKEで軽快に SC大館試乗会 新たな体験創出へ

2021-09-20
電動アシスト自転車で山道を軽快に走行する愛好者たち(田代岳山麓)
 新たな野外体験活動を創出しようと、大館市の五色湖エリアで19日、マウンテンバイク型電動アシスト自転車(E―BIKE)の試乗が行われた。スポーツコミッション大館(SC大館)の呼び掛けで、市内外の愛好者ら12人が未舗装の山道を、電気の力を借りて軽快に走行。大自然に包まれたコースの可能性を探った。
 アウトドアスポーツツーリズムを推進する市は、3月にSC大館が設立したことを受け、スポーツ庁の「スポーツによる地域活性化推進事業」に申請、補助採択を受けた。補助額は1042万3000円。新たな野外体験活動として、湖上でボードを立ちこぎする「スタンドアップパドル」(SUP)とE―BIKEの導入を検討している。
 この日は業者からE―BIKE7台をレンタルした。車体部分にリチウムイオンバッテリーを積み、ペダルをこぐ力を補助する機能が付いている。未舗装路が多い五色湖から田代岳山麓までの片道約10㌔で、性能やコースの安全面を確かめてもらった。
 同市を拠点に活動するファンライドチーム「ABUTOKUc.c」(虻川大輔代表)の会員や市職員が参集。キャンプ場から田代岳方面に向かって試乗した。
 往路はほとんどが上り坂で、電動アシストの付いていない自転車では息を切らす愛好者も。E―BIKEはスイスイと上り、周辺を流れる渓流の音や景色を楽しむ余裕さえ見せていた。
 五色湖エリアでは、市が既存のキャンプ場を活用して「グランピング(魅力的なキャンプ)」施設に再整備する構想がある。そこで提供するサービスの一つにE―BIKEも検討されているという。実現すれば、マウンテンバイク初心者が利用することも想定され、この日体験した成田義智さん(40)は「楽でいい。初めての人でも乗れると思う」と話した。戸沢寛子さん(32)=大館市=は「最初のひとこぎが軽く、スッと進む。キッズ用もあると家族で楽しめそうです」と話した。

北秋田市 事業の第三者承継広がる 商工会など支援 後継者不足解消へ

2021-09-20
店を受け継いだ佐藤さん(北秋田市松葉町のかんなり塗料店)
 コロナ禍で全国的に廃業する事業者が増える中、北秋田市内で中小企業や個人事業主の第三者承継がじわりと広がっている。地域の経営資源を守る観点から、親族への承継が難しい事業者と経営意欲のある第三者を橋渡しする支援が官民で拡大。起業志望者が後継者となり、地域の力を絶やさずに夢を実現させている。
 第三者承継は親族、従業員以外の人や企業に事業を引き継ぐこと。具体的には、株式会社なら株式の譲渡(売却)、個人事業主ならば事業の全部譲渡という形で事業承継を行う。
 日本政策金融公庫が2019年に全国の中小企業(有効回答数4759件)を対象にしたアンケートでは、すでに後継者が決まっている企業はわずか12・5%。廃業を予定している企業は実に52・6%と半数以上が廃業を見込んでいる。
 東京商工リサーチの調査によると、20年の「休廃業・解散」は4万9698件に達し、00年に調査を開始して以来、最多を記録。コロナ禍が全国に広がり、企業の約6割の当期損益が黒字だったのにも関わらず、休廃業・解散の決断を促す契機になっている。
 中小事業者の事業承継における最も大きな課題として、後継者不足が浮かび上がる中、北秋田市商工会では第三者承継に注目。事業所と創業を希望する人のマッチング支援に取り組み、本年度2事業所の承継を実現させた。
 2事業所のうち、同市松葉町のかんなり塗料店は、4月から佐藤淳一さん(43)=同市綴子=が経営を引き継いだ。 同店は1973年創業。代表だった神成正雄さんが19年10月に亡くなり、妻の慶子さんが店を切り盛りしてきた。
 佐藤さんは市内の住宅設備関連の企業に勤務していたが、いずれは独立・開業したいと考えていた。取引先だった同店の廃業の意向を聞き、昨年末に21年間勤めた会社を退社。事業を受け継ぐことを決断した。
 市商工会と県事業承継・引継ぎ支援センターの協力を得ながら、慶子さんと話し合いを進め、正式に承継することになった。
 同店は現在、佐藤さんの経験を生かして、塗料販売以外にストーブの清掃修理も行っている。
 佐藤さんは「将来的には、石油機器販売取り付け、ハウスクリーニングなど住宅設備も取り組んでいく。これからも長く地域に必要とされる店を目指したい」とさらなる躍進を誓った。

力を入れてほしい施策 「医療体制の充実」1位 鹿角市民アンケート 4年連続、不安の声

2021-09-19
 鹿角市は、本年度の市民アンケートの結果をまとめた。設問のうち「もっと力を入れてほしいと感じる施策」の1位は4年連続で「地域医療体制の充実」だった。かづの厚生病院の出産取り扱い機能が2018年10月に大館市立総合病院へ集約された産婦人科の問題や、全体的な医師不足と診療科の少なさを不安に思う意見が依然として多かった。
 調査対象は18~74歳の市民700人(無作為抽出)。5月27日から6月17日まで行い、70・9%(20年度73・3%)にあたる496人が回答した。
 設問は自由意見を含む全14。このうち市の施策で「もっと力を入れてほしいと感じるもの」(36施策から五つ選択)の上位は①地域医療体制の充実181人②商店街の活性化139人③雇用の安定136人④地域産業の活性化94人⑤公共交通の確保85人だった。
 「地域医療体制の充実」が最多となった理由について市は「昨年度と同様、医師不足の解消を望む声や診療科の充実、産婦人科医の確保を求める声が年齢や性別にかかわらず寄せられた」と説明。
 「商店街の活性化」は3年連続で2番目に多かった。主な理由は空き店舗の増加による店舗数の減少や、活気が感じられないことなど。市は「空き店舗対策と事業承継を複合的に進め、中心市街地の活性化対策と連動して取り組んでいく必要がある」と考察を加えている。
 5番目の「公共交通の確保」は昨年度の21番目から大幅に上昇。市は「高齢になったときの免許返納後の移動手段を心配する声が多く、数年先を見据えた公共交通対策が必要」と分析している。
 「効果が得られていると感じる施策」(36施策から五つ選択)の上位は①高齢者福祉の充実80人②快適環境の創出76人③子育て支援の充実75人④水道水の安定供給71人⑤健康づくりの推進67人⑤消防・救急体制の充実67人。
 ここ数年ほとんど1位だった「子育て支援の充実」は昨年度から二つ順位を下げた。子育て支援施設の充実や保育・託児サービスが高い評価を得ている一方で、児童手当支給終了年齢の引き上げや支給額の増額を望む声が多かった。また、小児科・産婦人科医の確保を望む声があり、市は「身近に安心して通院できる医療体制の整備が求められている」と分析している。
 「快適環境の創出」は昨年度の7番目から上昇。市は「ごみ処理が適切に実施されている点や、他の自治体よりも分別が簡単なことが評価されている」と分析。「新型コロナウイルス感染症の影響により、自宅で過ごす時間が長くなったことから、本市のごみ処理対策に関心が向いた」とみている。
 このほか「中心市街地の環境に満足している市民の割合」は58・1%(昨年度49・7%)、「鹿角に愛着を持つ人の割合」は69・6%(同68・4%)などだった。

社会教育施設 長寿命化へ計画策定 大館市教委 改修で80年使用目指す

2021-09-19
 大館市の社会教育施設の約3割が建築から40年以上経過して老朽化対策が課題となる中、市教育委員会は本年度、「社会教育施設長寿命化計画」を策定した。計画期間は2021年度から40年間とし、所管の50施設が対象。財政負担軽減のため、不具合が生じる前に改修する「観察保全」に切り替え、耐震化やバリアフリー化も進める。計画的な保全のため改修等の優先順位も示した。市教委は「施設保有量の最適化も図りながら計画を推進していく」としている。
 市では高度成長期を背景に1960~80年代にかけて多くの社会教育施設が建築された。各施設の老朽化が進む中、改修・改築を施してきたが、いまだ約3割の建物が築40年以上経過しており対策が課題となっている。全国的にも公共施設の老朽化は進んでおり、文部科学省では施設の長寿命化を推進する「インフラ長寿命化基本計画」を2015年に策定。これを受けて市も同計画を策定した。
 計画の対象建物は、市教委が主管する集会施設34、児童育成施設6、図書館3、博物館等7の計50棟。このうち旧耐震基準(1981年以前)の建物が18棟、新耐震基準が32棟。築年別整備状況によると多くの建物が築30年以上経過しており、中には50年以上のものも見られるなど老朽化が進んでいる。
 整備の基本的な方針では施設の長寿命化に向けて、不具合が生じてから改修する「事後保全」から、今後は発生前に改修する「観察保全」とすることを掲げた。目標使用年数は80年に設定し、耐震化やバリアフリー化などの機能向上も進めていく。
 維持・更新コストを比較した場合、建築から40年で改築する従来型は今後1年当たり7億4400万円が必要と試算。長寿命化で80年間建物を使用した場合は、1年当たり6億5000万円で、約13%縮減できるとの見通しも示した。
 対象棟の設備や部位については、劣化状況をA~Dの4段階で評価。「早急に対応が必要である」のD評価があった施設は10棟とした。建物の劣化具合や築年数などから、改修優先順位もまとめた。
 今後は利用者の安全性確保や施設機能維持のため緊急性の高い修繕から優先的に行う方針。市教委教育総務課は「利用者や施設の職員などの意見も踏まえながら、どの施設から改修していくかを検討していく」との考えを示す。
 計画では、施設全てを維持していくことは困難としており、同課は「将来的な人口減少を見込んだ施設の配置や規模、運営面などの多面的な見直しを合わせて行い、保有量の最適化を行っていく」としている。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る