本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

2021年10月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

地域内エコシステム構築へ 大館市 森林資源を持続的に循環 公共施設の利用基準策定

2021-10-26
関係者が出席した事業懇談会(大館市北地区コミュニティセンター)
 木質バイオマスエネルギーの燃料供給、製造、利用を市町村など小規模な範囲で循環させ、地域活性化を目指す「地域内エコシステム」のモデル構築事業に大館市が取り組んでいる。本年度林野庁の補助事業に採択され、専門家の支援を受けながら、市公共施設へのペレットボイラー、ストーブの導入基準を新たに作る。事務局は「事業を通して地域全体で木質バイオマス利用意識の向上を図りたい」と話す。
 本年度で5年目となる林野庁の補助事業で、全国で25地域が取り組んでいる。大館北秋田地域林業成長産業化協議会と大館市の連名で申請し、県内で初めて採択された。
 地域内エコシステムは集落や市町村の範囲で、小規模な木質バイオマスエネルギーの熱利用、熱電を供給することで、森林資源を地域内で持続的に循環させる仕組み。林野庁から委託を受けた日本森林技術協会と森のエネルギー研究所が無償で支援し、実証試験や地域の実情に合った計画策定を行う。
 22日に大館市北地区コミュニティセンターで事業懇談会が開かれ、協議会会員が事業の概要について説明を受けた。同協会の担当者は「今まで山に放置されてたC材、D材を使って『川上』から燃料を供給し、『川中』が燃料を作り、『川下』がエネルギーを利用する。地域の理解、合意を形成し、川上から川下まで機能する流通経路の仕組みを構築することで、地域活性化につなげたい」と述べた。
 事務局の大館市林政課によると、市内には木質ペレットの生産工場があり、保育園などの市公共施設にペレットストーブ115基、ペレットボイラー基が設置されている。これまでなかった「木質バイオマス利用施設導入基準」を作ることで、大型のボイラー設置などの推進を目指す。
 同課は「市内の木質バイオマス燃料の消費量は生産量の3分の2で、外に出ている3分の1の少しでも多くを地域内で消費できるようにしたい」と説明。2050年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロにするゼロカーボンシティ宣言の実現に向けた体制整備や、地域全体での利用意識の向上にもつなげたいとしている。
 9月にボイラー更新が予定されている市の3施設で現地調査を行った。3施設の検討結果を検証しながら、今後導入基準を策定。来年2月には事業の成果報告会を予定している。

伊勢堂岱遺跡 保存・活用へ連絡会議 22年度に基本構想策定 北秋田

2021-10-26
県縄文遺跡群保存活用連絡会議・北秋田会議(市民ふれあいプラザコムコム)
 世界文化遺産に登録された伊勢堂岱遺跡の保存・活用を円滑に進めることを目的とした県縄文遺跡群保存活用連絡会議(北秋田会議)の初会合が25日、北秋田市民ふれあいプラザコムコムで開かれた。県や市の関係者のほか、地元で活動する団体などから22人が出席。活用等に向けた取り組みを紹介するとともに、課題などを出し合った。
 伊勢堂岱遺跡を含む北海道・北東北の縄文遺跡群は、7月に世界文化遺産への登録が決定した。連絡会議は、関係者間の連携を強化するとともに、課題や役割等の共有を図ることを狙いとしている。
 会議の議長を務める石川定人県教育次長は「伊勢堂岱遺跡について保存を万全にし、広く活用を図ることを目的に会議を開く。保存・活用の課題について報告いただき、取り組みや課題の共有を図りたい」とあいさつ。続いて、世界文化遺産登録の概要や遺跡の施設と活用、ガイド事業、アクセス、観光・物販について、それぞれ関係する機関・団体が説明した。
 アクセス面では、遺跡周辺での案内標識の設置について報告。「2020年度は秋田道の開通に合わせ、伊勢堂岱インターチェンジ周辺に案内標識を設置した。本年度は、主要交差点の付近の既設標識に、伊勢堂岱遺跡の案内表記を追加する予定」とした。
 また、地元の小ケ田自治会は「クマによる人身事故を受けて、クマよけの電気柵の設置に協力した。毎日の確認作業も行っている」ことを紹介。秋田内陸縦貫鉄道は「小ケ田駅を『縄文小ケ田駅』に改称するとともに、急行列車の停車駅とした。秋田縄文号の運行も開始するなど、PRを図っている」と述べた。
 事務局の県教育庁生涯学習課文化財保護室によると、地域住民を対象に遺跡に関するアンケートも進めている。これらの結果も踏まえ、来年1月下旬に第2回の連絡会議を開催する予定。22年度には、保存活用に関する基本構想を策定する方針だ。

癒やしのふるさと応援 八幡平温泉郷をPR 秋田産業サポータークラブ 首都圏の駅にポスター

2021-10-26
有楽町駅に掲載されたポスター(有楽町=食と美と健康WG提供)
 首都圏在住で本県にゆかりのある産業界のリーダーらで組織する「秋田産業サポータークラブ」の「食と美と健康ワーキンググループ(WG)」は、秋田八幡平温泉郷をPRするポスターを作成し首都圏のJR東日本主要7駅に掲出した。11月12日まで。
 クラブは2006年に設立され、七つのWGが目的ごとに活動を行っている。同WGは秋田ならではの食、温泉、自然、文化、伝統などをもとに、「美と健康」に関するビジネスの創出を検討している。
 WGの千葉良子主査 は「八幡平は一般に岩手県側にスポットライトが当てられることが多く、秋田八幡平はその陰に隠れがち」とした上で「秋田八幡平温泉郷を訪れ各温泉の効能などを調査し、温泉郷の良さをストレートにアピールするデザインでポスターを作成した」と話した。
 ポスターは有楽町、池袋、新宿、渋谷、大宮、浦和、川口のJR7駅で掲出されている。
 千葉主査は「新型コロナ収束後、癒やしの『ふるさと』として秋田幡平温泉郷に出会ってほしいという思いで作成した。今後もふるさと秋田を応援したい」と抱負を述べた。

選挙サンデー舌戦熱く 衆院選秋田2区 2候補、支持拡大へ奔走 秋晴れに各地で訴え

2021-10-25
候補者の演説に耳を傾ける有権者(小坂町小坂)
 衆院選(31日投開票)は24日、期間中唯一の「選挙サンデー」で前半戦を締めくくった。北鹿地方を含む秋田2区の候補者2人は各地を精力的に回り、市街地や集落などで「お願いコール」を連呼。青空が広がる秋晴れの下、感染症対策で有権者とグータッチしながら支持拡大を訴え、後半戦に向けて弾みをつけた。
 秋田2区は届け出順に、自民党前職の金田勝年候補(72)と立憲民主党前職(比例東北)の緑川貴士候補(36)の一騎打ち。新型コロナウイルス対策や経済立て直しを最大争点に安全保障や人口減、社会保障、米価下落などの課題をめぐって論戦を繰り広げている。
 金田候補は公示後初めて三種町入り。琴丘地区を皮切りに山本地区、八竜地区で選挙カーを走らせた。強固な後援会組織をフル稼働して、衆院予算委員長を務めた実績などをアピールしながら「郷土を守り抜く」と訴えた。前半戦は票田の大館市を重点的に遊説しており、25日は北秋田市の阿仁地域や能代市、潟上市を回る予定。
 緑川候補は小坂町や鹿角市を走り回った。有権者を見つけるたびに駆け寄るフットワークの軽さで、対話を重視。小坂町みんなの運動公園では「暮らし目線の政治を取り戻したい」と訴え、「コロナ禍で地方に光が当たっている。希望を持って挑戦できる人生100年時代を目指す」と強調した。25日は大館市や北秋田市で遊説を予定している。
 候補者の演説を聴いた小坂町の60代男性は「公約を当選後に実行できるかどうかが重要。コロナで落ち込んだ観光や地域経済の回復策を見極めたい」と話した。
 比例東北ブロックに立候補した共産党新人の藤本友里候補(42)=北秋田市=は22日から北鹿地方を遊説しており、24日は大館市で街頭演説を行った。

露熊山峡 鍋岩見学やなべっこ楽しむ 北秋田市の荒瀬かだまり 本年度の集大成企画で

2021-10-25
巨大な鍋岩周辺を散策する参加者(露熊山峡)
 北秋田市阿仁荒瀬地区の露熊山峡で24日、「紅葉狩り&大鍋っこ会」が開かれた。景勝地復活へ整備活動に取り組む地元の住民団体「荒瀬かだまり」(佐々木修会長)が、本年度の活動の集大成として企画。地元住民やALT、活動の協力者らが参加し、山峡の自然を満喫した。
 露熊山峡は荒瀬地区の国道105号から西に約3㌔の地点にあり、奇岩や巨岩が点在する景勝地として知られていた。人が訪れなくなった山峡の再活性化に向けて昨年度、荒瀬かだまりが「露熊プロジェクト」を立ち上げて整備を進めてきた。
 4月末から始動し、メンバーらが毎月1回集まって作業を行ってきた。本年度は主にアクセス道路や登山道の整備に着手。車両が通行する林道に敷き詰めた砂利が雨で流れないようゴム板を埋め込んだほか、かつてはハイキングなどで住民らが訪れたブナ岱(標高468㍍)山頂に向かう登山道の草刈りを行った。
 この日は約50人が参加。バスで山峡に到着すると、希望者は散策路を下って高さ約30㍍の「鍋岩」へ向かった。道中には団体が「万三郎滝」と名付けた滝があり、今年6月に散策路から見学できるよう整備している。下側が水で大きく削れた鍋岩の迫力に圧倒されながら、参加者は鍋岩周辺の散策を楽しんでいた。
 旧キャンプ場で行われた鍋っこ会では、地元の食材を使っただまこ鍋や漬物などが振る舞われた。紅葉は見頃まで間もなくという状態だったものの、参加者たちは自然の中で食事を味わい交流を深めていた。このほか、かつて集落や炭鉱があった跡地や奇岩を巡るバスツアーを行った。
 活動2年目の本年度は地元のメンバー以外にも地域おこし協力隊員や地元企業が参加するなど、活動の輪が広がっているという。本年度の活動は冬囲いなどを行う月で終了予定。事務局の柏木静男さん(61)は「活動に協力する人や露熊山峡を発信する機会も増えてうれしい。今後も活動を継続したい」と話している。

2021年9月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

きりたんぽ 「本場大館」シーズン到来 コロナ禍も 文化継承 新米出回りアピール

2021-09-17
いろりの炭火できりたんぽ鍋を調理する女性たち(鳥潟会館)
 本年産の新米を使ったきりたんぽ作りが16日、大館市花岡町の県指定有形文化財・鳥潟会館で行われた。秋田名物本場大館きりたんぽ協会(石川博司会長)の会員ら約20人がいろりを囲み、昔ながらの調理方法を再現。新型コロナウイルス禍での商売繁盛や食文化継承を願い、シーズン到来をPRした。
 新米が出回り、本場大館きりたんぽまつり(10月)を控えたこの時期に協会やまつり実行委員会が例年、実施している。今年は感染拡大防止の観点から、ニプロハチ公ドーム内での開催は見送り、駐車場でのドライブスルー販売に変更したため、協会単独でPRの場を設けた。
 京風庭園が広がる鳥潟会館に、料亭経営の石川会長やかすり姿の女性会員、市地域おこし協力隊員らが集まった。
 早場米「五百川」の新米3升を炊き、柔らかくすりつぶしてから、木の棒に握り付けるなど昔ながらの方法でたんぽ50本を作った。
 食材はほとんどが県産でネギ、セリ、ゴボウ、比内地鶏肉、マイタケを用意。いろりに鍋をかけ、しょう油ベースのスープで煮込んだ。調理の様子は報道陣に公開され、モデル役の女性たちが撮影に応じた。会員の石垣一子さん(67)は「昭和40年代ごろまで農家はいろりの前できりたんぽを作っていた。家族みんなで手伝い、調理法などを教わったものです」と話す。
 伝統料理のきりたんぽは各家庭で味が受け継がれてきたが、「本場」を名乗る大館市内では料亭街でも発展したとされる。
 石川会長によると、コロナ禍で会食の自粛傾向が続き、きりたんぽ鍋の消費が落ち込んでいる。一方、贈答用として食材セットを県外発送する注文が増加傾向という。石川会長は「今年も旅行客や宴会客の需要は期待できず、きりたんぽ業界は、かつてない厳しい状況。セット販売を増やして乗り越えたい」と話した。

「かづの北限の桃」台湾へ 詩の国秋田 1玉1500円、完売も

2021-09-17
「北限の桃」を手に取る買い物客(台北市)(写真提供・詩の国秋田)
 秋田市の地域商社「詩の国秋田」(伊藤晋宏社長)が、「かづの北限の桃」の台湾への輸出を開始した。台湾での市場調査を行い、来年度以降の継続的な輸出を目指している。
 同社は秋田銀行が今年4月に出資して設立した地域商社で、県内の1次産品や加工品などの販路拡大に取り組んでいる。同社が輸出を手がけるのは今回が初めて。
 「かづの北限の桃」は全国のモモ産地では最も遅い9月に出荷される。同社によると台湾では日本産の評価が高く、鹿角市の認知度を上げて継続的に販売する予定。
 10日から12日まで鹿角市産の「川中島白桃」310㌔が台北市などの百貨店3店舗で販売された。台湾の秋の節句「中秋節」の贈答用の需要を見込んで、1玉1500円ほどで販売。
 台北市の「SOGO台北忠孝店」では北限の桃をPRするポスターを掲示し、現地の販売員が秋田産であることなど説明して売り込んだという。
 同社担当者は「中秋節に合わせたため、完売する店舗もあり、売れ行きは好調。購入者からは見た目や甘みが評価されている。調査を継続し、モモの他にリンゴなども提案し、秋田から台湾への流通を構築したい」と話した。

20年度一般・特別会計 コロナ対策「着実に展開」 大館市9月議会 決算委が審査開始

2021-09-16
認定案審査が始まった一般・特別会計決算委(大館市役所)
 大館市の9月定例議会は15日、一般・特別会計決算特別委員会(阿部文男委員長)が決算認定案15件の審査を開始した。福原淳嗣市長は「人口減少の克服と地方創生の深化を念頭に置き、実効性のある予算でさまざまな施策を実施し、経費節減に取り組む一方で新型コロナウイルス感染予防と緊急経済対策を着実に展開した」と説明。「社会保障に関する給付を公正、確実に執行するとともに総合計画後期基本計画などで掲げた目標の達成を目指して積極的に取り組んだ」と述べた。
 付託されたのは一般会計と、▽国民健康保険▽後期高齢者医療▽介護保険▽介護サービス事業▽戸別浄化槽整備事業▽小規模水道等事業▽休日夜間急患センター▽公設総合地方卸売市場▽農業集落排水事業▽温泉開発▽奨学資金▽都市計画事業▽土地取得▽財産区―各特別会計の2020年度決算認定案。
 一般会計は歳入521億6583万円(34・2%増)、歳出500億9263万円(36・3%増)で差引額20億7319万円(2%減)。実質収支は18億2441万円の黒字、実質単年度収支は8357万円の赤字となった。
 14特別会計は歳入205億2379万円(0・6%減)、歳出200億2892万円(0・3%減)。実質収支は4億9335万円の黒字となったものの、単年度収支は5542万円の赤字だった。
 市債残高は364億6026万円で前年度比6・5%、22億2293万円増。市民1人あたり52万円となっている。
 市長は歳入について「個人市民税は微増だったものの、法人市民税が税制改正などの影響で大幅に減収となった。収納率は国保税とともに県内トップを維持。コンビニ・ゆうちょ銀行の公金収納が順調に増えている」と説明。ふるさと納税が9億円を超え、過去最多を更新したことも加えた。
 歳出では子育て支援策の拡充や後期高齢者の疾病予防・生活機能改善、市道・橋補修によるインフラ整備、重点戦略作物作付け推進、企業の生産性を高める資格取得支援などのほか、「東京パラリンピックのホストタウンとしてタイとのつながりを深め、県内初の先導的共生社会ホストタウンに認定された。秋田犬の里と、渋谷区から移設された青ガエルを軸に関係人口拡大の意識浸透を図った」と述べた。
 芳賀利彦代表監査委員は「今後も大館駅周辺整備、新斎場建設など多くの事業を抱えるが、地方交付税減少など一般財源の伸びは期待できない。人口減、少子・超高齢社会への対応にかかる経費の増加が見込まれ、厳しい財政運営が予測される」と意見を述べた。

本場大館きりたんぽまつり 初のドライブスルー 感染対策で完全予約制 20日に受付開始

2021-09-16
ドライブスルー販売で使用する小ぶりの丼
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、第49回本場大館きりたんぽまつりは10月9、10、16、17の4日間、ドライブスルー形式で行われる。きりたんぽ食べ比べセット(税込み2000円)を各日400セット用意し、ニプロハチ公ドーム駐車場で予約販売する予定。予約は9月20日に受け付け開始する。
 まつりは「大館食の祭典協議会」(小松和志会長)が主催。近年はドーム内で3日間開催し、本場の味を提供している。コロナ前の2019年は、県内外から約11万5000人が来場した。
 感染防止を理由に昨年からドーム内での開催を見送り、代替企画を実施している。ドライブスルー形式は、対面や接触をできるだけ避ける試みで初実施。完全予約制とし、実行委員会(伊藤高志委員長)は「感染リスクを軽減した形で、巣ごもり需要に対応した企画」とPRする。
 食べ比べセットは、きりたんぽ業者3社の各1杯と、きりたんぽ以外の料理1杯の計4杯。事務局によると、提供用の丼は1食分よりやや小さめ。3杯で1~2人前相当という。複数業者の味を少量ずつ楽しんでもらう趣向だ。
 きりたんぽを提供するのは「秋田比内や」、白沢通園センター、北秋くらぶ、ベニヤマきりたんぽ工房、「陽気な母さんの店」の5社。過去のまつりで、来場者投票による「グランプリ」に輝いた業者もおり、いずれも地元を代表する〝行列店〟。各日3社が入れ替わり出店し提供する。
 きりたんぽ以外の料理は駅弁製造「花善」など数社を予定。セットとは別売りで、十字屋きりたんぽ店と山王食品の2社がみそ付けたんぽ3本セット(税込み500円)を販売する。
 受け渡しは各日午前時から午後3時まで。ドライバーは指定日時に、ドーム駐車場の東側出入り口から入場する。乗車したまま受け付け、代金精算、商品の受け渡しを済ませる。原則、車での来場とし自転車は不可。車で来場できず、徒歩を希望する人は予約時点で申し込みが必要。
 会場の南側に約200台が駐車でき、車内飲食が可能。テーブルなどの飲食スペースは設置しない。
 予約は20日から、郵送かファクス、QRコード経由で受け付ける。業者の出店日程などは調整中。受け取り日時(第2希望まで)、受け取る人の氏名と住所、電話番号、メールアドレスなどを記入してもらう。出店日程や申し込み方法は新聞広告やチラシ、祭典協のホームページなどで周知する予定。締め切りは10月4日。

東京・食の交流まつり 今年も中止で代替事業 「きりたんぽ給食」提供など 鹿角市議会

2021-09-16
鹿角市議会の産業建設委(市役所)
 鹿角市9月定例議会は15日、3常任委員会が開かれた。産業建設委員会(児玉悦朗委員長)では、東京都葛飾区四つ木地区で例年開かれていた物産展「かづの食の交流まつり」について、新型コロナウイルスの影響で昨年に続いて今年も中止となったことや、代替事業が実施されることを当局が説明した。
 食の交流まつりは、35年以上続いている鹿角市と葛飾区立よつぎ小学校との都市農村交流事業の縁もあって、一昨年まで毎年秋に開催。十和田八幡平観光物産協会や直売所など実行委員会のメンバーが参加し、鹿角の農産物や加工品などを販売、PRしている。一昨年は2日間で延べ約8000人の人出でにぎわった。
 コロナ禍で今年も中止となり、代替事業として「農産物提供」「給食食材提供」「予約販売」の3事業を実施する。
 農産物提供事業では、交流まつりの地元ボランティア「四つ木鹿角の会」の会員とよつぎ小の全校児童に新米等を無償提供する。11月19日発送予定。
 給食食材提供事業では、よつぎ小の「きりたんぽ給食」に食材を提供する。実施日は「きりたんぽの日」の11月11日の予定。
 予約販売事業は、交流まつり出店者のリンゴやコメといった鹿角産農産物について、よつぎ小PTAが販売数の予約をとりまとめ、商品の受け渡しを行う。11月19日発送、翌20日受け渡し予定。
 花海義人産業部長は「今年も往来はかなわなかったが、事業を通じてPR、交流を図りたい」と述べた。
 3常任委員会では全議案を可決。「辺野古新基地建設の中止と、普天間基地の沖縄県外・国外移転について国民的議論を行い、憲法に基づき公正かつ民主的に解決するべきとする意見書の採択を求める陳情」など2件を継続審査とした。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る