本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

2021年10月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

衆院解散、総選挙へ 19日公示、31日投開票 コロナ対策など争点に

2021-10-15
 衆院は14日午後の本会議で解散された。政府は臨時閣議で衆院選日程を「19日公示、31日投開票」と正式決定。新型コロナウイルスへの対応や経済再生、「政治とカネ」に起因する政治不信の払拭(ふっしょく)などが争点に浮上する中、事実上の選挙戦に突入した。
 衆院選は2017年10月以来4年ぶり。衆院議員の任期満了(10月21日)以降に行われるのは、現行憲法下では初めてとなる。国際情勢が厳しさを増す中、安全保障や憲法改正をめぐる姿勢も問われそうだ。
 4日に就任した岸田首相は「成長と分配の好循環」を掲げ、所得増と経済成長の両立を目指すと強調。「一刻も早く大型で思い切ったコロナ対策と経済対策を実現したい。そのために任せてもらえるのか判断していただき、国民の信任を背景に政治を動かしたい」として解散へ踏み切り、選挙に臨む考えを示した。内閣発足から解散まで10日間は戦後最短。解散から投開票まで17日間も戦後で最も短い。
 自民党は、首相が唱える「新しい資本主義」を公約の柱とし、賃上げに積極的な企業への税制支援やコロナで影響を受けた人の支援を盛り込んだ。感染症対策の強化や農林水産業の成長産業化なども重点施策とした。
 公明党は子育て世帯を支援するため0~18歳の子ども1人あたり10万円相当の給付、マイナンバーカードを活用した消費喚起策「マイナポイント」事業の拡大、観光支援策「新GoToキャンペーン」の実施などを打ち出した。
 立憲民主党は「1億総中流社会」を復活させるとして、時限的な消費税率の5%への引き下げや、低所得者への現金給付などを掲げた。富裕層や大企業に対する課税を強化し、所得再分配を進めるとしている。
 共産党はコロナの影響で収入が減った家計への支援策として、1人あたり10万円を基本とした「暮らし応援給付金」、消費税率5%への引き下げ、最低賃金の時給1500円への引き上げなどを公約としている。
 北鹿地方を含む秋田2区は自民党前職の金田勝年氏(72)、立憲民主党前職の緑川貴士氏(36)が立候補を予定している。9月1日時点の有権者数は25万9595人。前回の当日有権者数に比べ1万6427人減少している。

新型コロナ対策 飲食、宿泊業に支援金 小坂町補正予算 21日に臨時議会招集

2021-10-15
教育長の再任案、一般会計補正予算案などの説明を受けた町議会全員協議会(役場)
 小坂町は14日、臨時町議会を21日に招集することを告示した。議案は、新型コロナ対策として、飲食店と宿泊事業者に給付する支援金を盛り込んだ本年度一般会計補正予算案、教育長の再任案など3件。
 一般補正予算案は1106万4000円。コロナ対策として国が地方自治体を支援する臨時交付金などが財源。コロナ対策として事業継続支援金に600万円を計上した。飲食店に10万円、宿泊事業者には規模に応じて10―50万円を給付する。対象は飲食店が24件、宿泊関連は11件を見込んでいる。
 8月にプレオープンした十和田ふるさとセンター(大川岱)のワーケーション対応設備改修工事を行う。ワーケーションを誘致するため、シャワー室設置やトイレの改修などを予定している。工事費は339万9000円を見込んでいる。テーブルやイスなどの備品購入を計画している。
 水田利活用向上事業補助金に189万円、戦略作物種子購入補助金に220万5000円をそれぞれ追加計上した。ソバの栽培面積が当初見込みより増えたのが要因。このほかに、飼料用米作付け支援事業補助金175万円、住宅リフォーム支援事業補助金300万円を盛り込んだ。
 「特別職の職員で非常勤のものの報酬および費用弁償に関する条例」の一部改正に関する専決処分の承認を提案する。一部改正は国の法律改正に伴うもので、衆院選挙が早まったため、今月5日付で専決処分した。
 議会運営委員会(小笠原憲昭委員長)がこの日開かれ、臨時議会の会期を1日と決めた。

ゴンドラから絶景 森吉山 紅葉見頃に

2021-10-15
ゴンドラから望む森吉山の紅葉
 北秋田市の森吉山(標高1454㍍)でブナなどの紅葉が見頃を迎えた。紅葉シーズンに合わせ、森吉山阿仁スキー場のゴンドラは今月1日から31日まで毎日運行している。
 森吉山は「花の百名山」に数えられ、多くの高山植物とともに、中腹にはブナやカエデなどの広葉樹林が広がっている。
 ゴンドラは、ブナの木々の上を上っていき、上空から紅葉を楽しめる。スキー場によると、14日は天候にも恵まれ、秋の絶景を楽しもうと、午前中に約500人が訪れる盛況だった。
 NPO法人森吉山の理事や登山ガイドなどを務める生田嶋照雄さん(77)=同市米内沢=によると、中腹の見頃のピークは15~17日ごろとみている。
 ゴンドラの営業は午前8時45分から午後3時30分まで。問い合わせはスキー場(☎0186・82・3311)

敬老補助金 申請78件 大館市 町内会で工夫し長寿祝う 記念品配布し見守り

2021-10-14
町内会の敬老会で記念撮影する77歳以上の住民(御坂町内会館)
 大館市が2年連続で中止した敬老会に代わり、市内の町内会が市の補助金を活用して敬老事業を行っている。新型コロナウイルス感染防止対策を講じて健康づくり講座を盛り込んだ敬老会の開催や、見守りを兼ね記念品を配布するなど、工夫を凝らして住民の長寿を祝っている。市によると12日現在、市内342町内会のうち、78町内会が補助金の申請を行った。
 敬老会中止を受け、市は本年度、「敬老行事事業費補助金」を創設。町内会が9月から来年1月に実施する敬老事業に、77歳以上1人につき1000円を補助する。高齢者の閉じこもり予防を目的に、交流の場づくりや記念品贈呈などの行事が対象となる。
 御坂町内会(越前貞久会長)は10日、町内会館で敬老会を開いた。町内会主催の敬老会は初めてで、77歳以上の住民75人のうち、25人が参加した。町内のサロンで講師を務める工藤一子さんの指導で「いつまでも元気で暮らす方法」と題した講話を聴き、会食はせず、弁当を持ち帰った。
 越前会長は「コロナ禍で記念品を贈る町内が多い中、敬老会を開催できたことは誇り。先輩の皆さんのおかげで、今、元気に町内活動を頑張ることができている。隣近所、仲良く協力し支え合っていきたい」と呼び掛けた。出席できなかった対象者50人には、役員が手分けして記念品のタオルを配布し、健康状態などに注意を払った。
 岩瀬の上軽石野岱町内会(片岡慎悦会長)は77歳以上の住民が9人。自宅を訪れて、記念品の弁当を直接手渡した。片岡会長は「昔からお世話になってきた町内の先輩として、市の敬老会の代わりにお祝いをしたかった」と申請した理由を話す。
 補助金については、「名簿がなく、対象者全員の把握が難しい」「申請できる町内会とできない町内会があり不公平感がある」などの声も上がっている。
 御坂町内会は老人クラブを通じて対象者の8割が把握でき、それ以外は直接出向いて年齢を確認した。最終的に市に相談しながら全員を割り出し、開催にこぎつけた。越前会長は「事業をきっかけに、町内のどこに高齢者が住んでいるのか改めて確認できたことが大きい。今後の見守り活動につながる」と話す。上軽石野岱町内会は「21世帯の町内で全員顔見知り。日頃から何かあれば直接自宅を訪れて連絡しており、弁当の配布もスムーズにできた」という。
 長寿課によると、7月に全町内会長に補助金の内容を通知し、8月に受け付けを開始。9月以降、申請が増加している。担当は「個人情報保護の観点から対象者の情報は提供できないが、困っている町内会の相談に応じながら、申請を支援する」と話した。申請は12月28日まで受け付ける。

旅行需要 回復傾向に 北鹿地方 宣言解除で予約5倍も 行き先は県内から首都圏に

2021-10-14
旅行の予約、問い合わせ増加に対応している窓口(秋北航空サービス大館営業所)
 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言等が全面解除され、県の定める警戒レベルも引き下げられたことを受け、旅行業界では冷え込んでいた需要が回復傾向にある。大館市の旅行会社では、予約・問い合わせが宣言期間中の約5倍に増加。県内中心だった行き先も首都圏が目立つようになってきている。
 大館市の秋北航空サービス大館営業所では、9月日に緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が全面解除となったことに伴い、旅行の予約・問い合わせが急増。宣言期間中だった9月と比べると、10月は約5倍に上る。「これまでは問い合わせもなかったが、日がたつごとに予約が増えている」という。
 利用客は50~60歳代が中心で、個人や夫婦など1~2人の少人数で予約する人が目立つ。公共交通機関の乗車券や航空券と宿泊施設をセットで求める人が多くなっている。
 県の「旅して応援!あきた県民割キャンペーン」の影響もあり、これまでは県内での日帰り旅行が好調で、目的地は県内が約9割を占めていた。10月に入ってからは一転して首都圏、東京方面を選択する利用客がほとんどとなった。
 同社の照井良浩営業部長は「コロナ禍前の2019年に比べるとまだまだ厳しいが、宿泊を伴う予約が増えてきている」と話す。「今は県外が全体の9割」というほど状況が一変している。
 県の警戒レベルが「4」から「3」に引き下げられ、県外との往来を含む行動制限も緩和されたことが需要回復につながった。「影響をとても感じている。感染者も少なくなり、ワクチン接種が進んでいることもあるのでは」とみている。
 旅行商品については今後も感染対策の徹底が求められることになるとし、「対策をしっかり行っている施設の利用、感染リスクを低減できるツアー・プランを提案していく。行政の補助制度も周知しながら、ウィズコロナ時代に対応した魅力的な旅行を提供していきたい」と展望を語った。

2021年9月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

アメシロ大発生 「近年まれにみる状態」 大館市 地域ぐるみで防除呼び掛け

2021-09-03
アメシロの被害に遭った樹木の葉(釈迦内小)
 大館市で樹木の葉を食い荒らすアメリカシロヒトリ(アメシロ)の発生が増加している。市林政課によると8月中旬から駆除の問い合わせが相次ぐようになり、被害は広範囲に及ぶという。市は町内会などによる地域ぐるみでの防除を呼び掛けている。
 アメシロはガの一種で北米が原産地。戦後、物資について渡来したとされる。毒毛針がないため人への直接被害はないが、大量発生すると街路樹や庭木、草花を食い荒らすため害虫として扱われている。
 幼虫はサクラやウメ、クワなどを好み、6~7月、8~9月の年2回発生時期がある。林政課によると今年6~7月の発生はほぼなかったが、8月中旬から発生の報告が増え始め、現在では1日に10件近く問い合わせがあり「近年まれに見る状態」という。
 同市釈迦内小学校(花田一雅校長)では敷地内で大発生。業者に依頼し、夏休み前に1回、8月に入ってからは2回駆除の薬剤をまいたが、「いまだに発生はやまない」(花田校長)。中でも体育館裏のクルミの木からは、風で飛ばされたアメシロが校舎内に入ってきており「嫌悪感を示す児童もいるので、今月中にもう一度、薬剤をまかなくては」と話した。
 被害を未然に防ぐためにも林政課は「幼虫が作る巣あみを、枝ごと切除したり焼却したりするのが効果的」という。地域ぐるみでの防除を呼び掛けており、希望者には薬剤の噴霧器や枝切りばさみを貸与している。
 問い合わせは同課(☎0186・43・7147)。

扇田病院無床化 当局「時間をかけ検討」 大館市9月議会厚生委 委員から慎重意見

2021-09-02
扇田病院無床化の説明会について報告を受けた厚生委(大館市役所)
 大館市の9月定例議会は1日、4常任委員会を開き、付託議案などの審査を行った。厚生委(日景賢悟委員長)は、市立扇田病院の無床診療所化方針について、市民向け説明会で出された意見の報告を受けた。委員から「市民に受け入れられておらず、踏みとどまってほしい」「1、2年延ばして議論を」など意見が相次いだ。当局は「市民や議会、地域医療構想調整会議の意見を聞き、時間をかけて検討したい」と答えた。
 説明会は7月26日から8月6日まで比内地域4カ所、大館地域3カ所で開き、延べ416人が参加。病院事務局によると、「高齢化社会で必要なのは扇田病院の療養病床。無床化は介護難民をつくる」「扇田、総合病院両方を良くする方向性で考えてほしい」など、検討の在り方や経営面、入院機能などを巡って反対を中心に幅広い意見、質問が出された。
 事務局は「説明会の意見や議会での審議を踏まえ、大館・鹿角地域医療構想調整会議で意見を伺い、市の福祉部門と慢性期医療を必要とする高齢者人口、患者数の推計など、医療、介護全体の受け皿を含めて少し時間をいただきながら、引き続き検討したい」と説明した。
 委員から「今までこれほど市民から反発を受けた計画はなく、受け入れられていない。慎重に審議し踏みとどまることも必要ではないか」「高齢者が減らない中で逆行した進め方。周辺の病院の状況などを加味した上でもう一度検討を」などの意見があった。
 また、「総合病院で患者を受け入れると言うが、急性期と慢性期では役割が違う」との指摘があった。
 事務局は「療養病床を持つ病院が介護医療院に転換するなど介護分野への移行が進み、地域の慢性期病床は減っている」とした上で、「今後10年は75歳以上の人口が増える。人口や患者数が減少し、地域全体で療養病床が足りる状況となるまでの過渡期は、総合病院が本来の機能を弾力的に運用してでも、患者を受け入れなければならない」との考えを示した。
 今後の説明会の予定については、「今の時点では同様の内容での開催は考えていないが、今後市民の意見の伺い方を検討したい」と答えた。
 扇田病院の方向性は、病院事業経営戦略会議が検討し、施設の老朽化が著しいことや赤字が続いている状況などを踏まえ、2024年度までに入院機能を廃止し、診療所とする案を示している。

「黄金色」収穫始まる 大館 早場米「五百川」 11日から新米店頭に

2021-09-02
早場米「五百川」の収穫が始まった(大館市中山)
 早場米「五百川」の稲刈りが1日、大館市内の圃(ほ)場で始まった。JAあきた北が栽培を促進している品種で、管内に導入してから今年で10年目を迎える。気候が安定しなかったものの、稲の生育は良好。11日からいとく全店やタカヤナギの店舗で販売される予定。
 「五百川」は福島県で民間育種されたコシヒカリ系の早生(わせ)品種。田植えから約100日、早ければ8月下旬に収穫できるため台風被害に見舞われる恐れが低いとされる。稲刈り時期の分散による作業効率化や、適期収穫による品質向上につなげようと2012年から同JAが栽培を促進しており、今年は4戸が8haに作付けした。
 石垣博隆さん(43)=中山=が管理する30㌃の圃場で収穫作業を開始。黄金色に実った稲穂を次々とコンバインで刈り取った。春先の低温や夏場の酷暑を受けて生育状況に不安はあったというが、病害虫の被害はなく、実の付きや品質ともに平年並みだという。同JA米穀部の担当者は「いち早く消費者の皆さんにお届けできるのが早場米の魅力」とし、「粒の張りがよく、食感がさっぱりしているのが五百川の特徴。ぜひ新米を楽しんでほしい」と話した。
 主力品種のあきたこまちの稲刈りは今月中旬ごろから本格化する見通し。

「北限の桃」甘い香り 道の駅かづのでフェア カレーなど限定メニューも

2021-09-02
「北限の桃」フェアが始まったあんとらあ(鹿角市花輪)
 国内のモモのうち市場出荷が最も遅い「かづの北限の桃」フェアが1日、鹿角市花輪の道の駅かづの「あんとらあ」で始まった。主力品種「川中島白桃」の販売や「桃カレー」といった限定メニューの販売などを行っている。12日まで。
 市場評価の高い川中島白桃の収穫時期に合わせて毎年、フェアを開催して、特産ブランドの売り込みを図っている。
 あんとらあでは「今年のモモも甘くておいしい。川中島白桃は今週末以降、入荷が本格化する見通し」と話している。予約は先月で終了し、現在は店頭販売のみ行っている。
 レストランや軽食コーナーでは、人気のソフトクリームやカクテルジュースに加え、鹿角産モモをふんだんに使ったカレー、杏仁(あんにん)豆腐、サンデー(デザート)、スムージーといった限定メニューを提供する。
 モモのもぎとり体験も受け付けている。問い合わせは道の駅かづの(電話0186・22・0555)。

扇田病院 無床化方針は撤回せず 福原市長 「議論で可能性探る」 大館市9月議会

2021-09-01
一般質問が行われた本会議(大館市役所)
 大館市の9月定例議会は31日、前日に続いて本会議を開き、4議員が一般質問を行った。扇田病院の無床診療所化方針を白紙に戻すよう問われた福原淳嗣市長は「撤回するのではなく、賛成・反対の立場から建設的な意見やアイデアを出してもらう好機としたい」と強調。「互いに議論することで案にこだわらず新しい可能性を見つけていくこともできる」と述べた。
 登壇したのは佐々木公司議員(令和会)、吉原正議員(市民の風)、田村儀光議員(活性大館)、小畑新一議員(公明党)。2024年度までに扇田病院の入院機能を廃止し診療所にする方針に対し、この日も3人が質問した。
 「総合病院は診療単価も高いが医業収支は厳しい。扇田病院の経営だけ批判されるのはなぜか」との問いに、佐々木睦男病院事業管理者は「機能が大きく異なり、診療報酬体系や全体の診療規模にも大きな差があるため、単年度の純損益で比較することは適当でない」とした上で、「経営を批判するものではない。新たな投資の判断が必要な局面で少しでも改善する方策を考えることによって、将来の安定的な地域医療の提供につながる」と答弁した。
 経営の悪化度を示す資金不足比率については「国に経営健全化計画の提出が義務づけられる20%を超える状態が2017年度から継続していた」とし、「方向性を検討する中で比率改善は欠くことのできない指標の一つ」と述べた。
 「病床存続を願う署名に向き合い、無床化方針は白紙に戻す決断を」との質問に対し、市長は「撤回ではなく、建設的な意見をいただきたい。医療に対する要望や不安があるからこそ声が強いと理解している。署名を重く受け止め、医療を守るため市民の意見に寄り添いたい」と答えた。
 住民向け説明会については「施設の老朽化や経営の現状、患者受け入れにあたって総合病院との連携など本当に心配に思っていることや聞きたいことを質問できなかったという声、数人の特定の参加者が医療者を愚弄(ぐろう)するような発言が多くあったと聞き、心から残念」と語気を強めた。
 新型コロナウイルス患者向け病床について管理者は「総合病院で15床を確保している」と述べ、「抗体カクテル療法はすでに適応となる患者に実施しており、症状改善に効果を上げている」と答えた。
 市民有志の「扇田病院を守る会」が提出した「無床診療所化に反対する請願書」は厚生常任委員会に付託された。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る