本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

大館 ハチ公小径盛り上げる 「人があふれる場所に」 19年に移住の中沢さん おにぎり専門店が開店

2021-04-23
NEW
おにぎり専門店をオープンさせた中沢さん(ハチ公小径)
 ハチ公小径から大館を盛り上げるストーリーを描きたい―。大館市大町のハチ公小径に今月、おにぎり専門店「むりん庵」が開店した。営業するのは1級建築士の資格を持ち、2019年春に移住した中沢雄大さん(37)=大館市比内町、旧角館町出身。一口サイズを安価で販売し、誰でも気軽に手に取れるようにした。中心街にあり自由度の高いハチ公小径に、建築士の視点からチャンスを感じた。周囲と協力しながら「人があふれるような場所をつくりたい」と決意を込める。
 警察官から建築士、飲食店開業と、異色の経歴の持ち主。角館高校卒業後、県警で5年ほど勤務したが、幼い頃からの夢だった建築の仕事を諦められず、秋田市の専門学校で学び、大館市の建設会社に就職。6年務めてから東京の派遣会社へ転職し、大手ゼネコンで施工図作成の仕事に汗を流した。1級建築士の資格を取ると、独立開業の地に選んだのは縁のある大館市だった。19年4月にAターンし、6月に建築事務所を開設した。
 移住して改めて、街の可能性や魅力に気付いた。「伝統工芸、歴史、食と良い素材がたくさんあり、伸びしろがある。チャンスが眠っている街。建築家としては面白い場所」。同時期に移住した友人がハチ公小径に飲食店を開業する準備に携わり、5区画全てが空いている状況を知った。「雰囲気の良い場所なのにもったいない。なんとか盛り上げたい」との思いが湧いた。
 周囲の店舗と連携した活性化を模索し、「気軽に、飲み屋帰りの人も立ち寄れそうな店」として「おにぎり屋」を選んだ。21年になって小径に3店舗がそろう見込みとなり、「やるならこのタイミング」と開店を決意。仕事の傍ら、内装工事を自ら行って準備を進め、19日にオープンさせた。
 「他にはなく、食べやすく、手に取りやすい商品」を意識し、一口サイズのおにぎり4個を200円(税込み)で販売する。味は週替わりで、常時6種類を用意している。
 開店を知った地域住民が徐々に訪れており、「まずまずの反響」という。随時レシピの提供を呼び掛け、今後は高校生とのコラボ商品開発なども検討する。「店舗を使って子どもたちのキャリア教育の場にもしたい」と意気込む。
 中沢さんには目標がある。「いずれ店を別の人に引き継ぐ考えがある。だから比較的手軽なおにぎりを選んだ」と語る。「真の目的は街づくり。自分が一歩を踏み出すことで、ハチ公小径を盛り上げるストーリーを描けたら。これまでにないものを生み出し、大館の活性化に貢献したい」と目を輝かせている。
 おにぎり専門店「むりん庵」は、昼の営業が午前11時30分から午後2時30分まで。夜が午後10時から翌午前1時まで。いずれも不定休。

クマ人身事故防止 十和田高原27日から入山規制 鹿角市鳥獣被害対策協 新たにイノシシなど対策

2021-04-23
NEW
本年度の事業計画を決めた総会(鹿角市役所)
 鹿角市鳥獣被害防止対策協議会(会長、北方康博・市農地林務課長)は22日、市役所で総会を開き、本年度の事業計画を決めた。2016年度にクマによる死亡事故が発生した十和田高原地区は要所にバリケードや看板などを設置して27日から入山規制を実施する。ここ数年、出没情報があるイノシシやニホンジカ等の被害対策に新たに取り組む。
 同協議会は、クマなど野生動物による人身被害や農作物被害の防止を目的に関係機関・団体で組織している。
 北方会長はあいさつの中で、昨年度にクマによる人身被害1件、子牛2頭の食害が発生したことに触れ、「本年度はすでにクマ2頭を捕獲したほか、牛舎内の飼料の食害が発生。田畑ではないが、イノシシとみられる掘り起こし事象も確認されている」とし、「クマのみならず、イノシシ、ニホンジカの被害防止対策にも注力していかなければならない」と協力を呼び掛けた。
 これまで市内ではイノシシ被害は確認されていないが、今月上旬に八幡平地区の公園で土を掘り起こした事例があり、イノシシとみられる爪痕が確認されている。
 市は本年度、イノシシ捕獲用の箱わな、くくりわなを新たに購入し、設置する。捕獲技術の普及啓発を図るため県の支援を受けて講習会を開催する。生息状況を把握するための監視カメラも設置する。
 入山規制は、十和田高原地区が27日から市道2路線、林道7路線の通行止めなどを実施。仙北市境付近は、国道341号の市境から鹿角市八幡平の澄川地熱発電所管理道路入り口まで約4㌔の区間で看板、バリケード、観光用駐車場の封鎖などを5月下旬から実施する予定。
 入山禁止措置の継続に伴い、市広報への周知記事掲載、注意喚起キャンペーン、隣接市町村への注意喚起依頼、周辺住民や関係事業者に対する説明会なども計画している。
 このほか、小中学校、保育所等でのクマ被害防止対策教室、新規狩猟免許取得費用の助成、電気柵等設備導入経費の助成、県事業を活用した小中学校周辺での緩衝帯整備や自治会単位でのクマ出没対策の支援、市街地等にクマが出没した想定での避難訓練などに取り組む。

市内居住で報奨金 津谷市長会見 「北秋田市で暮らすど!フレッシャーズ応援」

2021-04-23
NEW
 北秋田市の津谷永光市長は22日、市役所で開かれた定例記者会見で、27日の召集を告示した臨時議会へ提出する一般会計補正予算案の概要を発表した。新規事業の「北秋田市で暮らすど!フレッシャーズ応援事業」については「若者の定住促進や人材の確保のため、北秋田市に住んでもらうことを目指したい」などと説明した。
 一般会計補正予算案は、歳入歳出にそれぞれ12億103万4000円を追加し、総額を229億2250万8000円とする。本年度の当初予算は、市長選挙に伴って骨格的予算として編成したことから、今回の補正では「新型コロナウイルス感染症に係る緊急経済対策とともに、政策的経費の追加を行った」としている。
 政策的経費のうち、新規の事業として計上した北秋田市で暮らすど!フレッシャーズ応援事業は、中学校・高校・大学等を卒業後に市内へ居住した就労者(新社会人)に、報奨金を交付しようとするもの。金額は1人10万円で、勤務地が市内または市内で起業した場合は5万円を加算。予算額は750万円。
 会見で市長は、事業のねらいについて「若者の定住促進や、企業等の人材確保につなげたい。まずは、北秋田市に住んでもらいたい、という思いから事業化した」などと説明。「都市部との賃金格差などの課題もある。若い人たちが市に住みたい、というきっかけになれば」とも述べた。
 補正予算案にはこのほか、新型コロナウイルスワクチン接種事業に4904万1000円、住宅リフォーム支援事業に1890万円、合川公民館整備事業に5億8433万3000円、キャラクターを活用したセールスプロモーション事業に1525万円などを計上した。
 新型コロナウイルス感染症に係る緊急経済対策事業には、飲食店等事業継続緊急支援事業補助金や学生生活支援事業補助金、比内地鶏応援ありがとう事業など14事業で2億746万9000円を措置している。

ツキノワグマ出没「例年より早い」 県連絡会議  人身被害で注意喚起

2021-04-22
被害防止対策を協議した連絡会議(県第2庁舎)
 県ツキノワグマ被害防止連絡会議が21日、県第2庁舎で開かれ、関係団体が本年度に実施する被害防止対策について協議した。北鹿地方ではクマによる人身被害がすでに発生しており、県自然保護課は4月に複数の人身被害が発生した過去の例を説明。「冬眠から覚めた状態にあり、出没してもおかしくない」として注意を呼びかけた。
 山菜採りなどで入山が増え、クマと遭遇するケースが増える時期を前に、関係団体が被害防止対策を確認し、県民に向けて注意喚起しようと開催。北鹿地方では20日に大館市内で、山菜採りの男性がクマに襲われ重傷を負う被害が発生。鹿角市では飼料が食い荒らされる被害が確認されるなど、注意が必要な時期に入っている。
 会議には県と市町村、東北森林管理局、県警、猟友会などの関係者約80人が出席。県自然保護課の澤田智志課長は「大館市では人身被害、鹿角市では食害が確認されるなど例年より被害の発生は早い。耕作放棄地の増加や人口減少などで、クマが人里近くまで来るようになっている。山に入る機会の増加に向け、対策にあたって」などと訴えた。
 続いて県自然保護課、水田総合利用課、森林整備課、県警、東北森林管理局の担当者が本年度実施するクマの被害防止対策を説明した。
 自然保護課は、2018年4月に2件の人身被害が発生したことを紹介しながら「例年より早いとされているが、クマはこの時期、冬眠から覚めており、出没してもおかしくない状況」とし、入山者に注意するよう呼びかけた。
 今後の対策については、▽人里での人身被害増加▽集落や市街地への出没の多発▽被害対策を担う人材の確保―などが課題になるとし、市町村などと連携して地域の実情に合わせた取り組みを展開する方針を示した。
 クマ出没の増加を受けて、県が昨年度開設した被害対策支援センター職員による事故の未然防止と、出没時の対応をテーマにした講話も行われた。



修学旅行 東京、函館は断念 新型コロナ再拡大で 大館市の小中学校

2021-04-21
 新型コロナウイルス感染が全国的に再拡大していることを受け、大館市内の小・中学校が、5月以降に計画している修学旅行の目的地を変更するなど対応を余儀なくされている。市教委によると、ほとんどの学校が新たな目的地として、比較的拡大していない県内や、岩手と青森両県を含む北東北方面を選んでいる。
 市立の中学8校は5月中旬から6月上旬までの間に実施する計画だった。目的地は東北地方が目立った。小学17校は6月上旬から10月上旬までの間、大半が北海道函館市方面で計画していた。
 いずれも3月1日時点の計画。現在ほど感染者数が増加していなかった時期で、一昨年までの首都圏や北海道を目的地に選ぶ学校もあった。県が独自の警戒レベルを「3」に引き上げた4月12日の段階で、ほとんどの学校が県内や北東北に変更したという。
 5月19日から東京方面に行く予定だった北陽中は県内で再調整している。伊多波卓美校長は「東京方面は2月ごろから諦めかけていた。北東北方面に変更するつもりでいたが感染が相次いだため、現在は県内で検討中。今月末までには決めたい」と話す。
 東京・千葉方面の予定だった下川沿中は岩手・宮城方面に変更した。仙台市は感染が急拡大し4月5日から1カ月間、まん延防止等重点措置の重点区域に指定されている。山崎悟校長は「同じ宮城県でも感染者数の少ない市町村をコースに選んだ。宿泊先には特に気を使った」と説明する。
 県立の国際情報学院中は国際理解を図る目的で、11月に台湾での修学旅行を予定したが「渡航自体が難しい」(村上清秀校長)ため、国内に変えた。具体的な目的地は今後の感染状況を踏まえた上で検討するという。
 市教委によると、昨年度はコロナ禍で1校が修学旅行を中止。他は秋に延期するなどして実施した。目的地は北東北方面が多かった。本年度については時期を大きく変えず、目的地を変更して実施する方針で、実施の可否は各校の校長が判断する。山本多鶴子教育監は「各校が行き先の感染状況を精査し感染防止対策を立てた中でコースを選んでいる。そのコースも2案、3案を持ってもらっている」と話した。



RSS(別ウィンドウで開きます) 

コロナワクチン 大館市立総合病院に到着 北鹿で初 医療従事者に9日から予定

2021-03-06
 任期満了に伴う鹿角市議選は7日、告示される。定数18に対し、立候補を予定しているのは現職14人、元職1人、新人6人の計21人。3人オーバーの混戦が予想される中、各陣営が前哨戦でしのぎを削っている。
 立候補予定者は地区別に花輪9人、十和田7人、八幡平3人、尾去沢2人。
 現職は在職6期の黒澤一夫氏(70)、田村富男氏(68)、同5期の宮野和秀氏(71)、同4期の浅石昌敏氏(63)、倉岡誠氏(70)、同3期の兎澤祐一氏(66)、同2期の安保誠一郎氏(67)、栗山尚記氏(54)、児玉悦朗氏(65)、舘花一仁氏(54)、中山一男氏(70)、成田哲男氏(65)、同1期の金澤大輔氏(47)、戸田芳孝氏(69)が再選を目指す。
 新人は浅石重美氏(73)、笹本真司氏(35)、奈良努氏(65)、丸岡孝文氏(64)、湯瀬誠喜氏(59)、湯瀬弘充氏(33)が初当選を、元職は石川徹氏(56)が返り咲きをそれぞれ狙う。
 同市は人口減少や少子高齢化、医療体制の充実、商店街の活性化への対応など諸課題に直面。コロナ禍にあっても、市民が安全で安心して暮らせる活力あるまちづくりが求められている。市政に民意を届ける議員選に関心が高まりつつある中、各陣営は前哨戦を経て7日間の本番に臨む。
 立候補の受け付けは7日午前8時半から午後5時まで、市役所第1~3会議室で行われる。1日現在の有権者数は2万6095人。

春そこまで フキノトウ顔出す きょうは啓蟄

2021-03-05
顔を出したフキノトウ(大館市花岡町の鳥潟会館)
 5日は二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」。大地が暖まり、冬眠していた虫が土の中から出てくる頃とされる。4日の北鹿地方は高気圧に覆われ広く晴れた。大館市花岡町の県指定有形文化財・鳥潟会館では、鮮やかな黄緑色のフキノトウが顔をのぞかせ、一足早い春の訪れを告げている。
 秋田地方気象台によると、最高気温(午後3時現在)は大館市で9・5度(午後3時)、北秋田市鷹巣で11度(同3時)、鹿角市で8・1度(同2時21分)を観測。平年より4~7度ほど高かった。
 同館では外壁沿いの地面から、約5㌢のフキノトウが顔を出している。案内人を務める山内常代(つねよ)さん(71)によると、毎年約30株が芽吹き、今年は2月下旬から咲き始めたという。
 山内さんは「長い冬がようやく終わったと感じる。一足早い春の訪れを感じに鳥潟会館にきてほしい」と話した。
 気象台によると5日は、気圧の谷や湿った空気の影響で曇り、昼過ぎから雨の降る所がある見込み。



浸水した山田病院に勤務 帰郷し在宅医療の普及に力 平泉宣さん(62)=大館市扇田病院診療局長

2021-03-05
地元・大館市に帰郷し、訪問診療に力を入れる平泉さん(大館市扇田病院)
 「道具はいらない。聴診器さえあれば」。大館市立扇田病院の診療局長、平泉宣さん(62)=大館市=は東日本大震災の発生当時、岩手県山田町の県立山田病院で副院長を務めていた。自らも被災したが、停電した病院や避難所でけが人の診療を続けた。震災後には年間4000件近くの往診・訪問診療に汗を流した。住民の「笑顔」のために。
 山田病院は2階建てで、海岸から約200㍍の位置にあった。揺れが長引き、津波が襲ってくることを直感した。「三陸沿岸は過去に何度も津波が来ている。大きな被害になる」。病院が停電し、携帯電話もつながらない。看護師、患者、近隣住民ら約120人で屋上に向かった。
 屋上から見えた光景が脳裏に焼きつく。周囲は津波で覆われ、家や自動車が浮いている。孤立した病院が「まるで島のようだった」。病院は1階が浸水した。発電機でテレビをつけると、被害の深刻さが伝わってきた。
 被災から3日後、国道が通れるようになると、けが人が次々と運ばれてきた。真っ暗な手術室に寝泊まりしながら診療を続けた。4日後からは地域を歩きながら巡回診療も始め、4日間で避難所約30カ所を回った。
 11日後、担当患者の安否確認も兼ねて訪問診療も再開した。震災前は往診も含めて年間900~1000件だったが、12年は2000件弱、13、14年は4000件近くまで急増した。常勤医は2人しかおらず、周辺の開業医も被災した状況下で「医療の働きをなんとか残さないといけない」。自らの使命を全うした。
 住民からは「ショックで気分が優れない」「薬がほしい」といった声が漏れる。それでも、診察を受けると安心して笑顔で次に会う約束をする。白衣、長靴姿を見かけ、声を掛けてくれる人も多かった。「先生、大丈夫だったんですか?」「どこに行くの? 車で乗せていくよ」。人々の優しさ、笑顔が印象に残った。「互いの無事を喜んでいた。逆に心配されることも多かった」。だから「皆さんの笑顔が見たい」という気持ちが原動力になった。
 17年に山田病院を離れ、19年9月、地元・大館に44年ぶりに帰郷した。山田町では在宅医療の普及度の指標である在宅死の割合を、全国トップクラスの22・9%まで押し上げたが、大館・鹿角医療圏は10%にも満たないことを知った。「在宅医療が進まないと、病院も大変になる」。扇田病院でも訪問診療に力を入れる。赴任からこの1年間で件数は3倍以上に増えた。
 震災当時は「10年後なんて考えられない」という先の見えない日々だった。時が流れ、今は故郷の未来のために奮闘する。「世の中はもっとよくすることができる。大館に住んで良かった、と思える街にできる」と前を向いている。



鹿角市長選 三つどもえの構図に 新人の藤井氏が出馬表明

2021-03-04
市長選へ出馬を表明する藤井氏(ホテル鹿角)
 任期満了(7月2日)に伴い6月に見込まれる鹿角市長選で、元文部科学省職員で新人の藤井陽光氏(73)=花輪字西町=が3日、無所属で立候補することを表明した。これまで、会社社長の岩船勝広氏(60)=花輪字妻ノ神=と元農林水産省職員の関厚氏(67)=花輪字上花輪=が出馬を表明しており、新人による三つどもえの選挙戦となる公算が高まった。
 藤井氏は十和田大湯のホテル鹿角で会見した。7年前から親族の介護で花輪に居住し、人口減少の状況を目の当たりにしたといい、「もっと危機感を持たないと、都市機能がなくなってしまう。夢と希望を持てる鹿角にしたい」と出馬を決意した。
 最重点の政策には「鹿角に大学を作り、定住人口を増やし、転出をくい止める」を掲げ、市立の「鹿角公立情報大学」の設置構想を提示。「あらゆる産業の中で景気に左右されず一番安定している。欠点が少なく、効果が絶大。鹿角の人は学生を大事にすると思うので最適だ」と語った。
 最先端の人工知能(AI)などが学べる情報系学部で3コース(事務マネジメント、中堅工学技術者、福祉)を構想。定員は400人を目標とし、定住人口は1600人増加すると想定している。
 文科省で大学設置事務を統括する部署のリーダーを務めた経験から「人脈を生かして教員を確保できる」としたほか、財源は「市の年間予算の中から一定程度節約して積み立てる。また、市民や鹿角サポーターに寄付を呼び掛け、基金をつくる」と説明。
 最短で5年後の開学を目指すといい「『スキーと駅伝のまち』に『大学と世界遺産のまち』を付け加えたい」と意欲を示した。
 このほか、観光客数(宿泊と日帰り)を現行から約1・5倍増、就業者の所得を県平均並みまで10%アップ、花輪駅前に足湯(たまり場)の設置、女性副市長制度の導入などの政策を掲げている。
 先に出馬表明した2人と比べ「組織力や地縁はないが、政策の企画力と、それを実行に移す力が強み。政策も2人より若い」と強調。「小中学校の同級生や先輩後輩、主宰している『鹿角文化経済未来研究会』の仲間などと協力し、草の根的に支援を広げていきたい」とした。


大震災10年 被災地から東北活性化へ 復興へ起業支援に力 大館市出身の白川さん

2021-03-04
起業支援事業でチームのメンバーと話し合う白川さん㊥(本人提供)
 東日本大震災の発生から、11日で10年が経過する。大災害からこれまでの時間を北鹿地方の人々はどのように生き、歩んできたのか。震災に直面した人、被災地支援を続けてきた人、震災当日に出産を迎えた人。それぞれが向き合ってきた「3・11」と、被災地への思いに耳を傾ける。
東日本大震災で被災した地域を盛り上げ、東北の活性化につなげるために―。大館市出身で仙台市職員の白川裕也さん(35)は、「日本一起業しやすいまち」を目指して始まった同市の起業支援事業で中心的な役割を担う。震災に直面して変わった価値観。復興に向けて立ち上がる人々の背中を押したいと考えるようになった。「ロールモデルとなる仕組みをつくり、東北全体に広げたい。それが支援への恩返しになる」との思いで走り続ける。
 大館鳳鳴高校から東北大学に進学し、2008年度に入庁。若林区役所に配属されて3年が経過しようとしていた頃、震災が起きた。
 陥没した道路、落下した外壁、ビルから上がる黒い煙。若林区の沿岸部では「見慣れた景色が変わっていた」。当時、自身は庁舎内にいて無事だったが、「家族を亡くした知人もいる。市の職員も津波の警戒広報中に流された。あの時、もし沿岸部にいたら…。どうなるか分からなかった」。
 仙台市では津波等で1000人近くが亡くなり、被害の多くは海に面している若林区や宮城野区だった。「これからどうしよう」。避難所の運営業務に追われる中、住民から聞こえる声には将来を見通せない暗さが漂う。震災後は地域コミュニティーの弱体化、産業の担い手不足、過疎化による公共サービスの低下といったさまざまな社会課題も顕在化してきた。
 変わってしまった街や人。自分には何ができるのか。そんな時、地域外からやって来た人々が支援や課題解決のため、熱意を持って取り組む姿を目の当たりにした。「気持ちを揺さぶられた。被災地のために何かしたいという思いに触れ、応援したいと思った」。ゼロから復興を目指すには新たな事業が不可欠だった。
 2013年度から起業支援業務の主担当となった。開業時の補助金給付ではなく「知識やノウハウを身に付けてもらい、起業後も成長できるようなきっかけをつくりたい」と考えた。関係団体のメンバーとチームを組んで環境づくり、仕組みづくりに力を注いだ。
 13年には起業を目指す人や起業家、支援者らの交流イベントを立ち上げた。第1回は約80人の参加だったが、今では1000人超が集まるほどに成長した。14年には専門家が起業、経営についての無料相談を受け付ける起業支援センターも開設。社会起業家、ベンチャー企業の成長を促す集中支援プログラムも構築した。震災後に20件ほどだった開業件数は、年間100件超にまで急増した。
 復興に向けて勢いを加速させてきた10年間。「震災時の避難所でもそうだが、無我夢中で取り組んできた。あっという間だった」と振り返る。多くの人から支援を受けた被災地の住民として「モデルとなるような取り組みにし、東北全体に広げたい。それが恩返しになる」と信じている。


印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る