本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

来春知事選 現職佐竹氏が4選出馬 「次世代の秋田の基礎を」 県議会で表明 「情熱持って」と意欲

2020-11-27
NEW
12月県議会で4選出馬を表明した現職の佐竹氏(議場)
 任期満了(2021年4月19日)に伴う来春の知事選について、現職の佐竹敬久氏(73)は26日、4選を目指して立候補することを表明した。同日に開会した12月県議会本会議の冒頭で述べた。新型コロナウイルス感染拡大に伴う時代の大きな変化に対応した次世代の秋田の基礎構築などに取り組みたいとし「私の気力と体力、情熱をもう一度、県政にささげたい」と述べた。
 佐竹氏は「新型コロナウイルス感染の拡大により、この一年、県政は足踏み状態が続いている。落ち着きを取り戻したとしても、時代は大きく変化しようとしている。変化は本県に大きな可能性をもたらすとともに、反作用として負の側面も持つ」などと県政を取り巻く現状を分析。
 「これからの数年は本県にとって極めて大事な時期。次の世代に可能性に満ちた秋田をしっかりと引き継ぐため、ふるさと秋田を守るため、県政にささげたいという気持ちが強くなった。次期知事選への出馬を決意した」と述べた。
 本会議終了後の取材では、「年齢を考えてそろそろかなという気持ちもあった」と3期12年を区切りとする考えもあったことを明らかにし、「新型コロナの関係で時代は変化し、影響は来年以降も続く。どのように対応するかが重要。これまで培ってきた知識、専門的な経験、さまざまなネットワークなどが県政の利益につながるのではと強く思った。情熱を持ってクリアしていきたい」と意欲をみせた。
 知事選への立候補を正式に表明したのは佐竹氏が初めて。
 【佐竹氏の略歴】仙北市角館町出身。東北大工学部卒業後に県庁入り、総務部次長など務めた。1997年の知事選に立候補して落選。2001年から秋田市長を2期務め、09年の知事選で初当選。現在3期目。

味生む煙、もうもうと 北鹿各地 いぶりがっこ作り盛ん

2020-11-27
NEW
ダイコンがいぶされている小屋(とっと工房)
 北鹿地方で秋田の冬を代表する伝統食の一つ「いぶりがっこ」作りが盛んに行われている。各地の作業場で収穫したダイコンをつるし、いぶす光景が見られる。
 大館市比内町達子のとっと工房は、10月末ごろから作業を始めた。同施設に隣接する畑から収穫したダイコンをひもでつるし、煙が立ちこめる小屋の中で約5日間かけてじっくりといぶしていく。作業は7回に分けて行われ、約5000本を加工する。
 まきには昨年切り出し、1年かけて十分に乾燥させたサクラの木を使用。火の上にはトタンをかぶせ、ダイコンに直接火が当たらないようにしている。いぶしあがり、きつね色になったダイコンはザラメや塩、米ぬかなどで漬けて「がっこ」に。がっこは袋詰めし、空気を抜いて殺菌処理をした後、同市の「比内のゆ」で販売される。
 同工房の菊地俊策管理者は「味の評判も良く、東京や仙台などからの注文も毎年10件ほどある」と話した。希望者には、がっこにする前のいぶしたダイコンなどの販売もしている。

枝アメのミズキ伐採 大館市観光協会など アメ市開催は来月判断

2020-11-27
NEW
伐採したミズキを束ねる職員ら(大館市釈迦内)
 来年2月に開催を予定している大館アメッコ市に向け、関係者が「枝アメ」に使用するミズキの伐採作業を行っている。26日は販売用の小さいものから、3・8㍍のジャンボサイズなど約30本を伐採した。
 アメッコ市では、ミズキにピンク、黄、緑のアメをくくりつけた「枝アメ」が会場などを彩る。今年はコロナ禍で開催を検討中で、来月上旬の実行委員会で可否を決める。例年は枝アメをJR秋田駅や弘前駅にも設置しているが、今回は開催する場合は縮小し、おおまちハチ公通り周辺だけにする予定。
 伐採は25日から始まり、大館市観光協会、大館商工会議所、大館市の職員ら7、8人が作業に当たっている。同協会が管理する釈迦内、川口の植林地のほか、国道脇ののり面など5カ所から300本以上を集める。
 26日は、釈迦内の植林地で作業を行い、ミズキをノコギリなどで伐採し、ロープで束ねて手際良く軽トラックに積み込んだ。今後は長さや形を整え、開催が決まったらアメを枝に結び付けていく。

鹿角初の園芸メガ団地 末広ファーム 一連の施設が完成 地域農業のけん引役に

2020-11-26
完成した末広ファームの施設(鹿角市十和田末広)
 鹿角市の農事組合法人・末広ファーム(柳沢義一理事長)が実施主体となって十和田末広地区で建設を進めてきた穀物乾燥調製施設(ライスセンター)や野菜集出荷施設などが完成し、25日、現地で竣工(しゅんこう)式が行われた。鹿角地域では初めてとなる園芸メガ団地。主要作目のネギの作付面積は来年度、単独の経営体では県内最大規模となる見込みで、地域農業のけん引役として期待が寄せられている。
 園芸メガ団地はコメ依存から脱却し、野菜や花卉(かき)などの生産を飛躍的に向上させることを目的に、県が2014年度から整備を推進している。
 末広ファームは、15~19年度に末広地区で行われた圃場整備を契機に、園芸メガ団地整備事業に取り組むことになった。19年度から国・県・市の支援を受け、野菜集出荷施設(延べ床面積635平方㍍)の建設や農業用機械の導入などを実施。さらに、高収益化に向けた取り組みを総合的に支援する農水省の産地パワーアップ事業で穀物乾燥施設(630平方㍍)の建設なども進めてきた。末広小学校グラウンド跡の市有地を借用。
 野菜集出荷施設や穀物乾燥施設は昨年夏に本格着工し、今年3月下旬に完成。ネギの根葉切り・皮むき機や、太さ別に分ける選別機、穀物の乾燥機や選別機、トラクター、圃場の石を砕くストーンクラッシャーなどの機械設備を導入した。その後、厚生棟の建設や外構工事を進め、一連の施設が今月完成した。総事業費は約5億円。
 野菜集出荷施設は一足早く4月下旬に稼働を開始している。従業員は10人(社員4人、役員6人)が常勤で、必要に応じてパートを雇う。
 園芸メガ団地、産地パワーアップの事業実施期間は19年度から21年度までの3年間。作付面積は本年度が92ha(コメ80ha、ネギ5ha、キャベツ2ha、大豆5ha)。21年度は120ha(コメ84ha、ネギ13ha、キャベツ3ha、大豆20ha㌶)を計画し、ネギは単独の経営体では県内最大規模となる。ネギとキャベツを合わせた販売目標額は1億2000万円。
 竣工式には県、市、JAの関係者、設計施工業者など約30人が出席。来賓の児玉一市長が「柳沢理事長を先頭に力を合わせて鹿角農業をリードして」、鹿角地域振興局の岡崎佳治局長は「第2、第3の末広ファームの出現に期待したい」と期待を述べた。
 柳沢理事長は「来年度は今まで経験したことのない経営面積となる。目標達成に向けて努力したい」と決意。また「今後、社員や経営面積を増やし、地域を活性化させたい」と意欲を語った。

コロナ禍の初詣 人出見込み対策へ 北鹿の神社や寺院 分散参拝の周知検討 対人距離確保へ準備

2020-11-26
初詣の対人距離確保に向けて準備を進める大館八幡神社(大館市字八幡)
 新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、初詣に向けて北鹿地方の神社や寺院は感染防止対策に頭を悩ませている。三が日を避ける「分散参拝」への協力呼び掛けや対人距離の確保、「除夜の鐘」突きの手指消毒など対策の徹底に向けて検討を進めている。不特定多数の人が触れる物は取り外しも視野に入れており、この年末年始は例年とは異なる光景が広がりそうだ。
 大館市中神明町の大館神明社(佐藤文人宮司)では例年三が日に1万人以上の人出が見込まれるため、感染防止対策に気を配る。縁起物を頒布する授与所では巫女(みこ)らにマスクを着用してもらうほか、金銭受け渡しの際に直接手が接触しないよう手袋の着用も検討する。不特定多数の人が触れることになる拝殿前の鈴は取り外すことも視野に入れ、手水舎にはひしゃくを置かない予定。大みそかから元日にかけては参拝客が長い列を作るため、佐藤宮司は「なるべく日にちをずらしてお参りしてもらうように周知したい」と話す。
 同市字八幡の大館八幡神社(福原良英宮司)も対策に気をもむ。「帰省客もいると思うので、対応を試行錯誤している」と福原宮司。参道に約2㍍おきに人工芝のマットを敷き、間隔を空けて並んでもらうよう促すほか、一方通行を誘導する順路も明示して対人距離の確保に努めるという。縁起物の頒布所では担当者のマスク、手袋着用を徹底し、消毒液も各所に置く。「頒布所の時間制限も検討しており、3密にならないよう互いに気を付けて三が日を過ごせれば」と考える。
 鹿角市指定有形文化財の梵鐘(釣り鐘)を有する同市花輪の長年寺(松井直行住職)では、対策を徹底した上で参拝客に鐘楼堂を開放し「除夜の鐘」行事を行う予定。例年は大みそかから100人以上が列を作るだけに、地元町内会と協力して対人距離の確保、手指消毒を求めることを検討している。参拝客にはマスク着用を呼び掛ける考えで、例年通りに飲食物の振る舞いが実施できるかどうかも含めて今後詳細を詰めていく。松井祐司副住職は「密にならないよう感染対策を徹底したい」と話している。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

大館市 ふるさと納税事業者会が発足 返礼品、PR充実へ連携 セット商品開発など期待

2020-10-10
事業者会の設立総会(プラザ杉の子)
 大館市のふるさと納税の寄付額拡大に向けて、返礼品を取り扱う68事業者が横の連携を深めようと、「ふるさと納税事業者会」が発足した。2019年度寄付実績約7億9000万円から、今後10億円、15億円へ引き上げることを目指し、事業者の提案による商品開発やPR方法など新たな取り組みの創出を狙う。8日にプラザ杉の子で設立総会を開き、会長に白川懸士さん(あきた六次会)を選出した。
 これまで返礼品登録事業者による組織がなく、事業者の意見を取り入れてふるさと納税制度の拡大・強化を目指そうと会を設立。総会では会則を決め、役員を選任した。年数回、勉強会やセミナーを開きながら、情報交換や事業者側から提案してもらう。
 白川会長は19年度の寄付額が東北1位となった山形県寒河江市の約44億円を取り上げ、「決して到達できない数字ではない。大館には全国に誇る食材や工芸品があり、インターネットで検索してもらったり、選んだお客さまに満足感を与えリピーターに変えたりする努力が必要。知恵を出し合っていこう」と呼び掛けた。
 総会後は、これまでの市、大館商工会議所による「大館市ふるさと納税推進会議」から移行した「同推進協議会」を開催。事業者会の役員が新たに加わって三者で活動し、事業者からの意見や提案を実現化していく。会長には山城久和・大館商議所副会頭が就いた。
 ふるさと納税は出身地や応援したい市町村などに寄付すると、2000円を超える部分が所得税や住民税から控除される。大館の19年度実績は4万3795件、金額は7億9157万9110円で過去最多を更新した。市企画調整課によると、事業者会の設立で、複数事業者によるセット商品や地域の複数箇所を巡る体験商品の開発、PR方法の充実が期待されるという。
 会長以外の各組織の役員は次の通り。
 ◇ふるさと納税事業者会 ▽副会長=石川崇(割烹きらく・プラザ杉の子)花田可(JAあきた北ライフサービス)石川博司(北秋倶楽部)高橋清仁(黎明舎種鶏場)
 ◇ふるさと納税推進会議 ▽副会長=木村勝広(大館商議所)虻川正裕(大館市)白川懸士(ふるさと納税事業者会)
 

道の駅あんとらあ 直売所など新装オープン 鹿角 来春の完成へ整備進む

2020-10-10
リニューアルオープンしたきりたんぽ館(道の駅あんとら)
 鹿角市が進めている鹿角観光ふるさと館(道の駅かづの)あんとらあ大規模改修工事は9日、売店と産地直売所、きりたんぽ館、軽食コーナーのそば屋が相次いでリニューアルオープンした。4月のトイレ・休憩室、7月のレストランに次ぐ、リニューアル第3弾。来春の完成へ向け整備が進んでいる。
 あんとらは、建設から30年以上が経過し老朽化が進んでいることから、市は2019、20年度の2カ年で改修を進めている。
 主に、▽旧手作り体験館の位置に団体食堂▽旧事務室・会議室・添乗員室にレストラン▽旧トイレ・倉庫の場所に体験コーナーを備えたきりたんぽ館・軽食コーナー▽旧レストランの位置にマルシェ(産地直売所)―などをそれぞれ配置する。総事業費は11億2000万円の見込み。工期は来年3月17日。
 完成次第、順次供用を始めており、4月にトイレ・休憩室・情報コーナー棟が完成。7月にはレストランと団体食堂が同時にリニューアルオープンした。レストランは151平方㍍で、以前に比べて1・5倍の広さだが、客席数は8減の62席とし、1人当たりのスペースを広く取った。
 直売所、きりたんぽ館、軽食コーナーのそば屋は第3弾。工事中のため売店は旧レストランの場所で仮オープンしている。きりたんぽ館は体験コーナーを備え、個人でも利用できるようにした。きりたんぽ鍋、みそ付けたんぽ、鶏肉で作った山子たんぽを提供。そば屋ではそば、うどんのほか人気のかづの牛コロッケ、北限の桃ソフトクリームなどを販売している。
 さらに整備が進めば、売店は以前の場所に移り、広いスペースでリニューアルオープン。その跡には、直売所を拡張する。
 

「応援チケット」は11月から 北秋田市9月議会 全議案可決し閉会

2020-10-09
全議案を可決、閉会した北秋田市の9月定例議会本会議(市役所)
 北秋田市の9月定例議会は8日、本会議を再開し、本年度の一般会計補正予算や市景観条例の制定など議案11件を原案の通り可決、一般会計や病院事業会計など2019年度の決算23件を認定したほか、この日追加提案した人事案2件に同意、議員発議による「地方税財源の確保を求める意見書」なども可決し、閉会した。
 可決した議案のうち、初日に提出した一般会計補正予算は、歳入歳出ともに9億9939万4000円の追加。歳出では、新型コロナウイルス感染症に伴う緊急経済対策として5億8867万5000円を計上した。
 市独自対策の第4弾となるもので、スーパープレミアム付応援チケット(50%上乗せ)事業を夏に続いて実施。販売額は1セット5000円で、7500円分を使用できる。期間は11月中旬から1月末までを予定。宿泊者半額応援事業も再度、実施する。
 また、先月15日の本会議で提出した一般会計補正予算は、歳入歳出にそれぞれ3922万1000円を追加し、補正額の全額を予防接種の委託料として計上した。補正後の総額は291億2162万4000円。65歳以上の高齢者および6カ月から18歳までの子ども、妊婦を対象に、インフルエンザの予防接種にかかる料金の全額を助成する。
 市景観条例の制定は、景観法の規定に基づく規制の範囲を伊勢堂岱遺跡周辺から市全域へ広げるもの。制定に伴って、市伊勢堂岱遺跡景観条例は廃止する。
 認定された19年度決算のうち、一般会計は歳入総額244億1995万円、歳出総額237億1816万円で差引残額7億179万円。本会議では一般会計と病院事業会計について反対討論が行われたが、採決の結果、全ての決算を賛成多数で認定した。
 綴子財産区管理委員の選任は、欠員者の後任として三沢晃氏(59)=綴子字大堤、人権擁護委員候補者の推薦は佐藤周子氏(62)=坊沢字屋敷=にそれぞれ同意した。「市在住の保育に欠ける児童に市内の保育所を使用させることについて」を専決処分したことも報告した。
 「新型コロナウイルス感染症の影響に伴う地方財政の急激な悪化に対し地方財源の確保を求める意見書」案は、議会運営委員会の小笠原寿委員長が提出。黒澤芳彦議長名で、衆参両院議長や各大臣へ提出する。
 

町の将来、どう描く 小坂町総合計画 議会全員協 IT企業の誘致など要望 広域圏見据えた施策も

2020-10-09
 小坂町議会の全員協議会は8日役場で開き、町が策定中の第6次総合計画について意見を出し合った。人口減少が大きな課題だとして、広域圏を見据えた施策、IT企業の誘致、外国人労働者の確保へ向けた取り組みなど意見、要望が出た。
 総合計画は、まちづくりの指針となる重要な計画で、現行の第5次総合計画が本年度で終了するため、新計画の策定作業を進めている。計画期間は2030年までの10年間とする。構成案をまとめ、議会に提示している。
 議員からは、人口減少が進行する中、若年層が定着し、子育てしやすい町づくりをいかに進めるが大きな課題だとして、「この町で安心して、ゆっくりと暮らせるという風土を守らなければならない」との指摘があった。大館市、鹿角市など広域圏を見据えた施策が必要だとする一方、「広域圏の中に埋もれるのではなく、町の主張はしっかり出していってほしい」との要望も出された。
 産業振興に関する予算が不十分だとして、新たな産業創出へ向けた取り組みの強化も求めた。具体的には、新型コロナ対策としてテレワークなど働き方改革が進んでいることを踏まえ、IT企業の誘致を提案。高速道路が通り、高い技術の企業が立地し、「小坂町は不利ではない。地方でも仕事ができるIT関連企業を誘致して、若い人を呼び込んでほしい」と述べた。将来は労働力不足が予想されることから、外国人労働者を確保するための施策を考えてほしい、と促した。
 計画の記述の仕方に注文があった。2017年度の1人当たりの町民所得は302万円と書かれていることを取り上げ、所得の具体的な中身はどうなのか、「記載されている数字に実感が湧かない。数字を列挙するだけでなく、町民が分かりやすいものを示してほしい」との意見があった。
 総合計画の基本構想は、12月定例会に提案する予定。
 

JR大館駅と秋田犬の里 玄関口を花で彩る 県花卉小売組合青年部 モニュメント制作しPR

2020-10-09
 県内にある生花店の若手経営者で作る県花卉(かき)小売商業協同組合青年部(牧野真美部長)は8日、大館市のJR大館駅と観光交流施設・秋田犬の里でフラワーモニュメントの制作を行い、展示を始めた。ダリアやキクなど旬の花々が飾り付けられ、大館の玄関口を華やかに彩っている。
 8~11月に県内の空港、駅など6カ所に順にモニュメントを展示する企画。新型コロナウイルスの影響でイベントや結婚式、葬儀などの中止・縮小が相次いで花の消費が落ち込む中、地域住民にPRして需要喚起につなげる狙い。県の事業の一環で、農林水産省の助成金を活用した。
 この日は県内各地の生花店から部員12人が集まり、牧野部長のデザインを基に制作作業に取りかかった。本県産のダリアやキク、リンドウなど約1500本を使用し、午前11時から約4時間かけて2施設で完成させた。
 JR大館駅の改札脇には、高さ約2・2㍍、幅約2・5㍍のモニュメントを設置。色鮮やかな数種類のダリアを中心に使用し、華やかに仕上げた。秋田犬の里では幅約80㌢、奥行き約80㌢、高さ約110㌢の作品を制作。主に白色のキクを使い、かまくらを表現した。
 牧野部長は「旬の花々を使って写真映えするように意識して作った。たくさんの人に見てもらい、フォトスポットにもなればうれしい。明るい花を見て、生花店にも足を運んでもらえれば」と話した。
 展示は今月中旬までの予定。
 
JR大館駅には、部員たちが色鮮やかなダリアを中心に飾り付けた
白色のキクを中心に使用してかまくらを表現したモニュメント(秋田犬の里)
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る