本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

2021年11月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

県1JA「将来的な目標」 秋田市で県大会 2組織離脱も協議継続

2021-11-27
NEW
第31回県JA大会(秋田キャッスルホテル)
 JAグループ秋田の今後3年間の運営方針などを決める第31回県JA大会が26日、秋田キャッスルホテルで開かれ、持続可能な農業の実現などを柱にした「農業と地域社会の持続力向上」に向けた取り組みを推進することを決議した。前回大会で決定した「県1JA」に向けたグループ組織の再編については、離脱を表明したJAがあることを踏まえ、「将来的な目標」と位置付けた。当面は残るJAで2024年度の統合に向けた協議を進める。
 決議した議案は▽持続可能な農業の実現▽安心して暮らせる豊かな地域社会の実現▽目指す姿を実現する強いJAづくり―の三つが柱。
 持続可能な農業の実現については、多様な農業者の確保、さまざまな経営体に対する支援の強化、園芸作物の栽培拡大、物流体制などの強化による生産コストの低減などを推進する方針。
 豊かな地域社会の実現に関しては、地域の金融機関としての機能拡充、JA秋田厚生連病院を中心にした地域医療や福祉の充実などに取り組む。
 目指す姿を実現する強いJAづくりでは、グループ組織の統合再編について「県1JAを目指す組織再編」の実現に向けて引き続き取り組みを進める方針が示された。統合再編の時期については前回大会と同様、2024年度を目指すとした。
 組織再編については、県内13JAのうち2JAが合併に向けた協議からの離脱を表明しており、現時点では県内全てのJAの統合が困難な状況。大会終了後、取材に応じたJAあきた中央会の斉藤一志会長は「県1JAの必要性は理解されており、いずれは1JAという思いがみんなにあると思う。将来的な県1JAを目指すことに変わりはないが、当面は11JAでの協議を進めていくことになる」と話した。
 議案に対する意見表明を行った県農協青年部協議会の佐藤岳杜委員長(大館市)は、地域農業を維持するためには一体となった取り組みが必要と指摘、「オール秋田なくして実現はない」と県1JAの重要性を訴えていた。来賓として祝辞を述べた猿田和三副知事や柴田正敏県議会議長からも「課題が多いことなどは聞いているが、ぜひ実現を」などと期待する声が上がっていた。

大館学び大学 官民で学び直し推進 NPOが 設立総会 来春の本オープンへ

2021-11-27
NEW
NPO法人大館学び大学の設立総会
 大館市で社会人の学び直しを推進するNPO法人「大館学び大学」の設立総会が26日、開かれた。市は今月3日、講座の情報提供や自主講座を企画するポータルサイトをプレオープン。今後は法人の設立認証などの手続きを進め、NPO法人の運営で来年4月に本オープンを目指し、官民協働による多様な学びの機会を提供していく。
 社会人が学び直し、仕事や暮らしの充実につなげる「大館版リカレント教育」の取り組み。地方創生推進交付金を活用して市が同市のいしころ合同会社に委託し、昨年度はポータルサイトの仕様書作成などを実施。本年度は環境整備を行い、ポータルサイト「大館学び大学」がプレオープンした。
 来年度からは運営主体をNPO法人に移行し、最終的には自立した運営を目指す。担当者は「NPOを立ち上げ、官民協働で事業を行うことで、柔軟な発想による多様な学びの提供が期待される」と話す。
 設立時の会員は行政や教育関係者、民間企業などの10人。設立総会は御成町のわっぱビルヂング内の大館学び大学の拠点、「MARUWWA(マルーワ)となり」で開かれ、定款の確認や役員を選出。理事長に石山拓真・いしころ合同会社代表、副理事長に一関留美子・市教委生涯学習課長、山本多鶴子・同教育監、監事に石山俊智・北鹿新聞社常務取締役を選出した。事務所を同所に置く。
 設立の目的に、「多様な学びを通して人材を育成し、仕事と心の豊かさの両立を生み出し、人と人とのつながりをつくり、人口流出に歯止めをかけ、持続可能なまちを目指す」と掲げた。まちづくり、教育、芸術、就労支援の分野で事業を行い、豊かに働き、暮らしを充実させる循環をつくるとし、具体的にはポータルサイト運営や自主講座の企画・開催、リモート講座用機材などのレンタル、教育ツーリズム企画などの事業を展開する。今後、法人の設立認証や登録申請手続きを進める。
 プレオープンしたポータルサイトでは、「学ぶ学部」「教育学部」の2学部5学科を設置し、市内の講座教室の情報を提供するほか、話し方講座などの自主講座を開いている。

二ツ井今泉道路 早期開通への思い共有 北秋田市 日沿道同盟会 今泉第一トンネル見学

2021-11-27
NEW
建設中のトンネルを見学する参加者(今泉第一トンネル)
 北秋田市日沿道建設促進期成同盟会(会長・津谷永光市長)は26日、日本海沿岸東北自動車道の一部として建設が進む二ツ井今泉道路の現場視察を行った。建設中の「今泉第一トンネル」(全長797㍍)を確認し、開通後の様子に思いをはせた。
 同盟会に加入する民間団体や市議会関係者などが参加した。開会式のあいさつで津谷市長は「きょうの現場視察を通して、全区間の早期開通に向けた思いを皆さんと共有したい。今後も要望活動を続けていこう」と呼び掛けた。
 能代市二ツ井町小繋―北秋田市今泉間の二ツ井今泉道路(延長4・5㌔)は、現在の国道7号の北側に新設。区間内の半分を3本のトンネルが占め、能代市側の小繋トンネル(1152㍍)と北秋田市側の今泉第二トンネル(307㍍)が貫通している。2本の間にある今泉第一トンネルは昨年10月に着工し、工期は来年3月までの見込み。
 参加者は今泉地内改良工事現場、今泉第一トンネル、小繋トンネルの3カ所を視察。能代河川国道事務所の米澤誠建設専門監が工事概要を紹介した。
 今泉第一トンネルでは、施工業者の大豊建設(本社・東京都)が工事の概要を説明。トンネルの幅は約14㍍で、道路面からの高さは約7㍍。掘削には重量100㌧ほどあり電力で稼働する掘削機を使用しており、坑道脇には実際に工事で活躍する重機が並んだ。参加者はめったに見る機会のない舗装前のトンネル内を歩きながら、広さや長さなどを体感した。
 二ツ井今泉道路は2023年度に開通する予定。

特産品送料助成は8千件 大館市の本年度コロナ対策支援状況 食タクシーも利用好調

2021-11-26
 大館市は、新型コロナウイルスの影響を受けた企業や市民らの本年度支援状況をまとめた。来年3月末まで期間を延長した特産品送料助成事業は10月末現在、申請が8000件を超え、飲食店の料理をタクシーで届ける「食タクシー」も約5000件と、利用が好調。感染状況が落ち着きを見せていることから、市内の宿泊施設利用者に地域限定商品券を贈る「泊まってとくとく宿泊事業」を1日に開始し、宿泊需要の喚起を図る。
 特産品の送料助成事業は当初9月末までとしていたが、きりたんぽシーズンの到来や歳暮の発送などに利用してもらおうと、来年3月末まで延長した。登録店から購入した2000円以上の商品の送料が無料となる。登録事業者は昨年度から7社増の54社。10月末の申請件数は8280件となった。
 飲食店とタクシー会社の収入確保と利用拡大を図る「食タクシー」も9月末から、来年3月末までに延長。1店舗当たり購入代金1000円以上で配達する。利用者は商品代金と定額配達料300円をタクシー運転手に支払う。市内47店舗が登録し、10月末で4975件の利用があった。
 本年度2回目となる、帰省を自粛する市出身学生に特産品を届ける「学生応援ふるさと便」の申し込みは935件。あきたこまちなどの特産品と5000円分の地域限定商品券を無償提供する。22日までに特産品の引き換えを終えた。前回実施した7月は申請が約850件で、高いニーズがうかがえる。
 購入額の3割増しで利用できる「プレミアム付き商品券」は本年度2回目の販売を10月下旬に行った。前回(6月)売れ残った2万7259セットに2万3000セットを追加した計5万259セットに対し、6万6153セットの申し込みがあり、抽選の結果5798人が購入。今回の販売で約6億4000万円の消費需要につながり、市は「市民の消費意欲の高まりを実感し、景気回復の着実な進展につながると期待している」と話した。
 実施を延期していた「泊まってとくとく宿泊事業」は、緊急事態宣言解除や県の感染警戒レベル引き下げを踏まえ、今月1日から開始した。市内の登録施設に宿泊した県内在住者に2000円分の地域限定商品券を贈り、「宿泊需要の喚起や観光関連施設の売り上げ減少の下支えを図りたい」としている。

非課税世帯の暖房費助成 1世帯あたり6千円 北秋田市臨時議会 2議案可決閉会

2021-11-26
全議案を可決した北秋田市の臨時議会(市役所)
 北秋田市の臨時議会は25日、開会した。暖房費等助成事業の費用などを計上した一般会計補正予算案と、「市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定」の2件を原案通り可決し、閉会した。
 一般会計補正予算は、歳入歳出に4308万8000円を追加し、総額は243億7444万1000円。歳出には市暖房費等助成事業2643万9000円、市おもてなし宿泊支援事業の補助金1649万4000円などを計上した。
 市暖房費等助成事業は、家庭用灯油の価格高騰に伴い、低所得世帯の負担軽減を図る目的で実施。対象は12月1日現在で市に住民登録、居住し、本年度の住民税が非課税の世帯。対象世帯の住人全員が福祉施設に入所、あるいは医療機関へ入院している場合は除く。対象世帯は4200世帯で、1世帯あたり6000円を助成する。申請は12月13日から来年2月28日まで。
 市では灯油価格が高騰した2013年にも低所得世帯を対象とした灯油代の助成事業を行っている。健康福祉部によると、総務省統計局が実施する家計調査をもとに灯油消費量の差額を計算し、前回実施時より1世帯あたりの助成額を1000円増額した。
 議員からは支給や通知の方法に関する質問があり、当局が対象世帯の申請により口座へ振り込む手順を説明した上で、「地域の民生児童委員や包括支援センターなどを活用しながら周知したい」と答弁した。
 冬期間の誘客促進などを目的とした市おもてなし宿泊支援事業は、第1弾が12月末まで。事業費を追加し、第2弾を来年1月1日から3月20日まで継続する。
 給与に関する条例等の一部改正は、人事院および県人事委員会の勧告により、期末手当の支給割合を0・1カ月引き下げるもの。一般職、会計年度任用職員、市長・副市長・教育長、市議会議員に関する条例を改正する。会計年度任用職員の給与は22年度からの改定。改正により期末手当の所要額は約2000万円の減少となる見込み。

2021年10月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

十和田湖が錦秋 湖畔の紅葉見頃 鹿角

2021-10-25
カヌー上から見る十和田湖の紅葉(十和田湖よどの岬の周辺)
 小坂町と青森県境の十和田湖は、湖畔一帯の紅葉が見頃を迎えている。赤や黄色に染まった木々の葉が山肌を彩り、観光客の目を楽しませている。
 青空の広がった24日、小坂町側の西湖畔を訪れた人たちは、赤や黄色など鮮やかに彩られた山並みを一望して、カメラのシャッターを切っていた。
 友人2人で訪れた40代の女性=大館市=は「初めて十和田湖の西湖畔に来た。八甲田の雪と外輪山の紅葉がきれい」と見入っていた。
 町の十和田ふるさとセンターを指定管理する「十和田湖西湖岸地域開発合同会社」によると、十和田湖の紅葉は平年並みに進んでいる。十和田湖畔と名所の奥入瀬渓流が見頃を迎えており、11月初めごろまで楽しめるという。
 カヌー体験を行っている同社の川又伸文さんは「西湖畔の水底の緑色凝灰岩(グリーンタフ)の影響でエメラルドグリーンに見える湖水と紅葉を楽しんでほしい。カヌーで湖上から眺める紅葉は格別」と話していた。

投票率の行方に注目 前回60・57% 選挙戦折り返し後半へ

2021-10-24
 19日公示、31日投開票の衆院選は24日で6日目を迎え、選挙戦の折り返し地点に差し掛かった。2区は自民党前職の金田勝年氏(72)、立憲民主党前職(比例東北)の緑川貴士氏(36)が一騎打ちを展開。北鹿地方でも連日遊説が行われ、選挙戦が激しさを増す中で投票率の行方にも注目が集まっている。
 4年ぶりの政権選択選挙となり、新型コロナウイルスへの対応や経済を立て直す成長戦略、安全保障政策の在り方、9年近く続いた安倍・菅政権の政治姿勢などが争点に挙げられている。
 金田候補は初日に大館市で第一声を上げ、北秋田市や藤里町、小坂町、能代市、鹿角市を遊説。街頭演説に力を入れ、22日は自民党の二階俊博前幹事長が大館を訪れ、応援演説を行った。フェイスブックをこまめに更新するなど会員制交流サイト(SNS)を活用して支持を訴えている。
 緑川候補も初日は事務所のある大館市で第一声。これまでに北秋田市や、能代市、藤里町、三種町を訪れた。23日は大票田となる大館市を回った。街頭演説よりも地域をこまめに回ることに徹し、有権者から困り事を聞き取るなど、対話を重視しながら支持拡大に努めている。
 平成に入ってからの本県投票率の推移をみると、上昇したのは、第1次森内閣でのいわゆる「神の国解散」による第42回(2000年6月)が前回比2・83㌽上昇の70・13%となったほか、「郵政民営化の是非」を最大の争点に有権者の関心が高まった第44回(05年9月)は、第43回を3・86㌽上回る70・60%。「政権選択」が問われ、結果的に民主党が大勝した第45回(09年8月)は73・27%を記録している。
 前回(17年10月)は、安倍政権の5年間の評価などを主な争点に行われた。師走の選挙などが影響して最低値を記録した前々回(14年12月)と比べると、4・79㌽高くなった。公職選挙法の改正に伴い、選挙権が18歳以上に引き上げられて2回目の衆院選となり、投票率の低下が指摘される若年層の動きも注目される。

北秋田 くまくま園でハロウィーン ヒグマの食事姿を観察

2021-10-24
ガラス越しに間近でヒグマの姿を観察する来場者(くまくま園)
 北秋田市の阿仁熊牧場「くまくま園」で23日、ハロウィーンイベントが始まった。来場者が普段は見ることのできないヒグマの食事姿などを楽しんだ。11月3日まで。
 今季の営業を終了する前に毎年開催しているイベント。冬眠前に餌を食べるヒグマの姿を観察できる「もぐもぐタイム」を企画し、期間中の土日祝日午後1時ごろから行っている。
 イベント初日のもぐもぐタイムにはサザエ、フネ、ケイコ、サチコと名付けられた雌4頭が参加し、運動場内にはリンゴやナスが置かれた。ヒグマはおりから運動場に入ると、地面などに置いたリンゴに引き寄せられるように来場者が集まるガラス張りの通路付近へやってきた。ガラス越しに間近で観察でき、巨大なヒグマの体やリンゴを食べる様子に子どもたちが「すごい」と声を上げていた。
 同園では期間中、来園した幼児から中学生に受付でお菓子をプレゼントする。宝探しも毎日開催し、園内に隠されたカードを見つけた人にはお菓子か、1日3個限定の缶バッジをプレゼントする。

秋季東北高校野球 桂桜、先制も逆転負け 好機であと1本出ず

2021-10-24
3回、1死二塁から先制の二塁適時打を放つ石倉(仙台市民球場)
 第3日の23日は、宮城県の石巻市民、仙台市民両球場で準々決勝を行った。北鹿から唯一出場した大館桂桜(本県第2代表)は八戸工大一(青森県第2代表)と対戦。先制点を奪って序盤を優位に進めたものの、逆転負けを喫して4強入りはならなかった。能代松陽も敗れ、この日までで県勢3校は総敗退した。

 ◇準々決勝
     【仙台市民球場】
大館桂桜
  001010000 2
  00000302× 5
八戸工大一

 ▽三塁打=福田(大)、廣野(八)
 ▽二塁打=石倉(大)
 ▽暴投=桂桜3
 攻守がかみ合った桂桜は先制点を奪い、5回まで優位に立ったが、6回に逆転を許してそのまま押し切られた。
 桂桜は3回、無死から高清水が四球で出塁。髙橋が犠打で送って1死二塁の好機を作り、石倉が左翼線に適時2塁打を放って先制点を挙げた。5回には2死二塁から福田の右中間を破る適時三塁打で2点目を追加した。
 投げては主戦の福田が5回までに5奪三振、無失点の好投。1、4回以外は二塁を踏ませることなく、中盤まで優位な展開が続いた。しかし6回、1死から連打と四球で満塁のピンチを迎えると押し出しと適時打で3点を失い、逆転を許した。
 反撃に出たい桂桜は、8回に1死2塁と一打同点の場面をつくるも後が続かず逸機。その裏2点を追加され万事休した。
 桂桜・高谷勉監督の話 前半はイメージ通りに試合できた。福田に疲れが出たところを突かれた印象。2点は取れたが、もう1本ほしかった。

「古希」祝い飛躍誓う 市制施行70周年 大館市が記念式典 行政協力員らを表彰

2021-10-23
表彰などが行われた記念式典(ほくしか鹿鳴ホール)
 大館市の市制施行70周年記念式典が22日、ほくしか鹿鳴ホールで行われた。関係者約330人が出席。市功労者や行政協力員の表彰、市出身者が寄贈した弦楽器による記念演奏会が開かれ、合併を経て県北の中核となった市の〝古希〟を祝うとともに一層の飛躍を誓い合った。
 式典で福原淳嗣市長は「日本最小の市として産声を上げ、市制施行後だけでも4回にわたる大火に見舞われたほか、度重なる水害など多くの災害を経験してきた。高度経済成長が後押しとなった宅地開発の進展と市街地拡大を遂げる一方、空前の黒鉱ブームに代表される鉱山や農林業の発展と衰退の双方を味わうなど、まさに激動の時代だった」と振り返り、「近年は人口減社会に立ち向かうため、地域間連携による交流人口の拡大を進めてきた」と強調。「輝ける未来に向け、市民が新たな一歩を踏み出す出発点として記念すべき年。限りない発展と飛躍に全力を注ぐ」と式辞を述べた。
 藤原明市議会議長のあいさつに続き、元市議の佐藤健一さん(岩瀬)ら市功労者5人を表彰。受賞者を代表し、市文化財保護協会長の清野宏隆さん(片山町)が「市に貢献できた喜びをかみしめている。地域のさらなる発展を願い、これからも微力ながら協力したい」と謝辞を述べた。
 行政協力員の特別表彰1人、永年勤続表彰27人の功績をたたえた後、来賓3人が祝辞。このうち神部秀行副知事は「県北部の中核都市として移りゆく時代の潮流にしっかりと対応し、古き良き伝統や文化を地域の宝として継承しながら、市民が安心して暮らせる地域社会を築いてほしい」と期待を寄せた。出席者全員で市民歌も斉唱した。
 記念演奏会は、仙台フィルハーモニー管弦楽団で第2バイオリン副首席奏者の小川有紀子さんが主宰する「ハナミズキ室内合奏団」が弦楽器四重奏を披露。市出身のバイオリン製作家、松田鉄雄さん=米シカゴ在住=が市に寄贈したバイオリン2本とビオラ、チェロが使用された。
 大館市は1951(昭和26)年、大館町と釈迦内村が合併し、人口3万56人の日本一小さな市として誕生した。55年3月1日に長木・上川沿・下川沿・二井田・真中の5村、同31日に十二所町を編入。67年には花矢町、2005年に比内町と田代町を編入合併した。今月1日時点の人口は6万9544人。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る