本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

ソーラーシェアリング 水稲で県北初の導入 水稲栽培と発電両立 大館市の白神エネルギー

2020-12-01
水田の上に太陽光パネルを設置し、発電を始めた(大館市岩瀬)
 再生可能エネルギーを有効活用しようと、大館市岩瀬で太陽光発電事業を行う白神エネルギー(古家博文代表)は、会社近くの水田で農業と発電事業を両立させる「ソーラーシェアリング」(営農型太陽光発電)を始めた。水田への導入は県内2例目で県北地域では初めて。古家代表は「積雪地帯でも十分に収益が見込めると実証したい。耕作放棄地の解消にもつながる」と話し「いずれは取り組みを地域全体に広めたい」と展望を描いている。
 「ソーラーシェアリング」は、畑や水田などの農地の上に支柱を立てて太陽光パネルを設置。作物に必要な日射を確保して営農への影響を極力小さくしながら、一つの土地で農業と発電事業を両立することを目指す。農業収入を得ることに加え、発電した電気も電力会社に売ることで売電収入を得ることが可能なため、関心が高まっている。
 同社は2014年に設立し、同市内8カ所で太陽光発電事業を展開している。「ソーラーシェアリング」を行う実証圃は、古家代表が所有する同市岩瀬の水田約30㌃。1700万円かけてアルミ製の支柱と太陽光パネル168枚を整備した。年間発電量は一般家庭約24世帯分の年間消費電力に相当する7万2600㌔㍗時。売電収入は年間180万円程度を見込んでおり、初期費用を10年で回収することを目指す。
 耕作は知人の専業稲作農家・北林和彦さん(60)に委託し、来年はあきたこまちを作付けする。太陽光パネルを支える支柱間の幅は約3・5㍍、架台上部までの高さが約3㍍あるため、田植え機やコンバインでの作業も従来通り行うことができる。パネルは約30度の傾斜を付けて設置され、降雪があっても自然に落下するよう設計。最大1㍍の積雪まで耐えることができるという。パネル設置に伴う日照量の影響で、1割程度の減収を見込んでいる。
 政府は2050年までに温室効果ガスの排出をゼロにする方針を示しており、太陽光などの再生可能エネルギーへの注目も高まっている。古家代表は「積雪地域でも収益を出せるというモデルケースになれれば。10年、20年後にこの地域が豊かになるよう、利点を知ってもらい、取り組みを拡大させたい」と期待している。

 
 

上小阿仁村長選から一夜 小林悦次村長が初登庁 公約の実行へ意欲

2020-12-01
NEW
初登庁で花束を受け取る小林悦次村長(上小阿仁村役場)
 29日の上小阿仁村長選で返り咲きを果たした小林悦次村長(66)は一夜明けた30日、村役場へ初登庁した。職員を前にした訓示では「村民に約束したことを事業として実行していく」と公務への意欲を見せた。
 当選後は支持者らと喜びを分かち合った後、午後10時半には就寝したという。普段通りの午前5時前に起き、同9時に初登庁。役場前に並んだ職員から拍手で出迎えられ、受け取った花束を手に「またよろしくお願いします」と声を掛けた。
 村開発センターで村選挙管理委員会の小林宏委員長から当選証書が手渡された。任期は29日から4年間。職員約40人の前で行った訓示では、小林村長は職員に対して「再び一緒に仕事ができることをうれしく思う」と述べ、自身の公約の中で実行が比較的容易なものとして、介護保険料などの引き下げや除雪問題の解決などを挙げた。「首長は住民の審判を受けてこの場に立っている。公約を実行するため、知恵と力を貸してほしい」と呼び掛けた。
 終了後は村長室で報道陣のインタビューに応じた。再び村長席に着き、「全く変わっておらず、あまり違和感はない」と語った。この日は課長会議で議会対応や補正予算の指示などを予定。「村民も職員も困っている。時間的な余裕がないが、やれることを即座にやっていかないと」と緊迫した表情で話した。
 135票差を制し「一生懸命悔いの残らないよう頑張った」と振り返る。住民に公約を理解してもらえるよう繰り返しの説明を心掛けた。
 前回村長を務めた際の反省点について「周囲から見るとワンマンだったのかもしれない」と受け止め、「まず人の話を聞き、事業をどのように進めるか考える」と述べた。議会に対しても「『説明不足』で時間が過ぎていくことのないよう、しっかりとした説明で物事を迅速に進めたい」と話した。
 公約に掲げた中でも要望が多かったという新型コロナウイルス対策の第2弾給付金支給は、「給付金の支給や商品券などさまざまな方法がある。村の経済を動かし、村民に喜んでもらえるよう対応する」と考えを示した。不在のままの副村長については「村民サービスが停滞しないよう、臨時議会などで早めに理解を得たい」と話した。
 
 
RSS(別ウィンドウで開きます) 

小林悦次氏が返り咲き 上小阿仁村長選 前議長との一騎打ち制す

2020-11-30
万歳三唱し返り咲きを喜ぶ小林悦次氏㊥(五反沢児童館)
 中田吉穂村長の死去に伴う上小阿仁村長選挙は29日、投開票が行われ、前職で農業の小林悦次氏(66)=五反沢=が886票を獲得、新人で会社員の小林信氏(59)=小沢田=を破り、村長の座に返り咲いた。投票率は前回(86・36%)を1・31ポイント下回る85・05%だった。
 小林悦次氏は「村長が不在で、副村長や監査委員もいない現在の緊急事態を、早急に正常化する。村長の経験を生かしすぐ対応できる」などと訴え、豊富な行政経験と中田氏の前に町長を1期務めた実績をアピール。少子高齢化対策や農林業に関する政策に加え、新型コロナウイルスへの対応なども公約に掲げた選挙戦を展開した。加えて、中田氏が地盤とした大票田の沖田面地区に選挙事務所を置いたことも奏功し、支持を拡大。勝利をつかみ取った。
 一方、小林信氏は議会議員や議長を務めた実績を強調しながら「村にとって危機的状況の中、混迷を起こした人に村政を任せていいものか。立て直すには、住民と行政、議会が1つになることが大切。前進させたい」と訴えた。政策面では高齢者の生活支援や働く場の創設、若者定住の環境づくりなどを掲げ、地盤とする小沢田など村北部の集落に加えて中田氏が地盤とした沖田面地区でも積極的な運動を展開したが、135票届かなかった。
 

「ニンギョ様」で疫病退散 大館市松峰で「まつり」 住民が担ぎ練り歩く

2020-11-30
人形を担いで町内を練り歩く住民ら(大館市松峰)
 大館市松峰地区で29日、伝統行事の「ニンギョ様まつり」が行われた。地域住民が武将を模した人形を担いで町内を巡行し、疫病退散などを願った。
 悪霊や疫病などが入ってこないように地区の入り口3カ所に人形が置かれていたことが発祥とされるまつりで、約450年の歴史があるとされる。現在は松峰神社氏子会(畠山米藏総代)が伝承している。多くの住民に参加してもらおうと、11月の最終日曜日に実施している。
 人形は高さ約2㍍、重さ約40㌔。28、29の2日間、住民らが松峰児童館で「武将の力を借りて疫病をはらう」という意味を込め、「武蔵坊弁慶」「源義経」「那須与一」の3体をワラなどで作った。
 神事の後、午後4時に同児童館を出発し、ほら貝や太鼓の音とともに人形を背負った氏子らが約2時間、町内を練り歩いた。付近住民がろうそくやお神酒を供えて無病息災、特に新型コロナウイルスの一日も早い終息を願った。
 

スキー用品を安価に 鹿角市でバザー 親子連れでにぎわう

2020-11-30
大勢の家族連れが訪れた再利用バザー(鹿角市記念スポーツセンター)
 家庭で眠っているスキー用品を集めた「ウインタースポーツ用品 再利用バザー」が29日、鹿角市記念スポーツセンターで開かれた。市内外から大勢の家族連れが訪れ、子どもがこれから使用する道具を買い求めた。
 「スキーのまち鹿角」の推進役となっている鹿角スキースポーツ少年団が年前から主催している。近年のスキー離れの一因である「用具さえあれば」という声に応えようと、家庭に無料での提供を呼び掛け、毎年この時期に行っている。
 出品はスキー板、ストック、ブーツ、ウエア、手袋、ヘルメットなど約900点。昨年の約700点から200点ほど増えた。価格の主流はスキー板が2000~3000円、ブーツとストックが各200~300円。4000円あれば、一式をそろえることが可能。子育て家庭の家計にやさしい価格設定となっている。
 開場の午前9時半には、約200人が並び、会場のドアが開けられると、お目当ての用品コーナーに進み、家族と品定めをして、買い求めていた。午前6時すぎに会場に到着したという市内の代男性は「小学4年の娘のクロスカントリースキーを買いたいと思って来た。(このようなイベントは)助かりますね」と話した。
 主催団体代表の海沼知行さん(62)は、「まずスキーに親しんでほしい。そのうえで、スポーツ少年団に入ってくれれば、と思っている」と話している。コロナ対策として、検温、手指の消毒、氏名・連絡先の記入を行い、スタッフはマスクにフェースシールドを着用した。
 

来年の登録、高まる期待 縄文遺跡群 世界遺産シンポジウム Zoom使用 北鹿3カ所で開催

2020-11-29
世界遺産登録へ期待を込めたシンポジウム(大湯ストーンサークル館)
 秋田縄文遺跡世界遺産推進シンポジウムが28日、ウェブ会議システム「Zoom」を活用して行われた。東京大学名誉教授の西村幸夫さんが基調講演し、遺跡群の特徴などを説明。北鹿地域3カ所をつないで開かれ、来年夏にも予定されているユネスコ世界遺産委員会の審査結果に期待を込めた。
 シンポジウムは鹿角市の大湯ストーンサークル館、北秋田市のコムコム、大館市の中央公民館をつないで開かれ、大湯ストーンサークル館には地元市議、歴史愛好家など約40人が参加した。
 主催した北東北歴史懇話会の藤盛紀明会長は「いよいよ世界遺産登録が近づいてきた。登録へ向けた最後の一押しとなるシンポジウムだ」とあいさつ。鹿角市の児玉一市長、北秋田市の津谷永光市長がビデオメッセージを寄せた。
 講師の西村さんは、日本イコモス国内委員会委員長。「北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録について」と題して講演した。今後の日程について、来年5月ごろに諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)の勧告があり、6月ごろには登録の可否を審査するユネスコ世界遺産委員会が開かれるとの見通しを示した。
 コロナ禍における取り組みとして、西村さんは「海外や遠くからの観光客は見込めない。コロナ後に備え、地元の人たちが遺跡の価値をきっちりと理解し、発信できるようにしてはどうか」とアドバイスした。
 県教委の新海和広さんが遺跡群の価値を説明し、「1万年以上継続した採集、漁労、狩猟による定住は、その過程と精神文化の発達を表し、農耕以前における人類の生活の在り方を示す普遍的な価値を持つ」と指摘した。北秋田市教委の榎本剛治さん、鹿角市教委の赤坂朋美さんもそれぞれ遺跡を説明した。
 

米新品種「サキホコレ」 先行提供を開始 県のキャンペーン 北鹿の宿泊施設でも

2020-11-29
「サキホコレ」と「あきたこまち」を食べ比べる客(ふるさわおんせん光葉館)
 2022年秋の市場デビューを目指す秋田米新品種「サキホコレ」の先行提供キャンペーンが28日、始まった。名称周知とPRのために県が実施するもので、県内外の宿泊施設等25カ所で宿泊客や一般客に試食してもらう。北鹿地方の一部施設でも料理と共に提供され、早速「あきたこまち」との食べ比べを楽しむ客の姿が見られた。
 県が新たなブランド米として開発した「サキホコレ」は、本県産米の主力「あきたこまち」より成熟期が遅い晩生種で、いもち病に強く、高温による品質低下も少ない。▽白さとツヤが際立つ外観▽粒感のあるふっくらとした食感▽上品な香り、深い甘み―が特徴。
 名称は県が4~5月に公募し、国内外から25万893件の応募が寄せられた。専門家らの選考で絞り込まれた最終候補6案から、佐竹敬久知事が「サキホコレ」を選定し、17日に発表。「秋田の地力から生まれた小さな一株が誇らしげに咲き広がって、日本の食卓を幸せにしてほしい」との願いが込められている。
 PRのため県は28日から、県内の宿泊施設22カ所、東京都内の飲食店など3カ所でご飯を試食してもらう先行提供キャンペーンを開始。期間は12月28日まで。北鹿地方では大館市、鹿角市、北秋田市の5施設で味わうことができる。
 このうち、大館市新綱の温泉旅館「ふるさわおんせん光葉館」(小林薫社長)は県から打診を受け、一般客用の日替わりランチ、宿泊客用の朝食で「サキホコレ」と「あきたこまち」を1杯ずつ提供することにした。
 初日は4人が日替わりランチを予約。ご飯を食べ比べ、違いを楽しむようにじっくり味わう姿があった。同市長木川南の男性(66)は「どんな味か興味があった。一粒一粒がはっきりしていて、口に入れると甘みを感じておいしい。食べやすかった」と話した。
 常連客らの関心も高い様子で、小林社長は「販売前にこまちと食べ比べできる機会なので、ぜひ味わってほしい」と語った。
 「サキホコレ」と「あきたこまち」を各1杯提供する日替わりランチは、肉料理か魚料理、秋野菜、みそ汁、小鉢数種類がついて税込み880円。前日夕方までに予約が必要。12月13日までの期間限定。問い合わせは同施設(電話0186・48・4295)。
 このほか県は28日から、県内のスーパーや米穀店、首都圏と中京・関西圏の米穀店など77カ所でサンプル米を配布するキャンペーンも始めた。北鹿地方でもイオンスーパーセンター大館店など3カ所で行う。
 各キャンペーンの対象施設・店舗、日程などは秋田米ウェブサイト「ごはんのふるさと秋田へ」に掲載されている。
 
RSS(別ウィンドウで開きます) 

「青ガエル」を全面塗装 冬期間の耐性強化 大館市 費用の一部「GCF」、寄付募る

2020-10-06
8月に渋谷から秋田犬の里に移設された青ガエル
 大館市は、市観光交流施設・秋田犬の里に設置している鉄道車両「青ガエル」のメークアッププロジェクトを実施する。渋谷駅前の観光案内所として長年活躍した車両は外装に劣化が目立つため、雪国の環境に適応させようと全面塗装を行う。ふるさと納税のガバメントクラウドファンディング(GCF)を活用し、資金の一部に充てる。11月に一般公開した後、補修作業に入り、来年3月下旬のお披露目を目指す。
 車両は同駅前に設置されていたときに壁側だった外装が特に劣化しており、全体的にもさびや腐食がみられる。冬期間、大館の氷点下の環境で設置を続けると、さらに劣化が進むと判断し、下地の腐食が激しい部分の修繕や全体のさび落とし、防さび処理を行った後、全面塗装を行う。
 修繕費1188万円のうち、1000万円はふるさと納税とGCFを活用する。GCFは自治体が抱える問題解決のため、ふるさと納税の寄付金の使い道を具体的にプロジェクト化するもの。ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」のGCFから寄付できる。目標額は118万円で期間は5日から12月31日まで。返礼品は大館産あきたこまち、きりたんぽ鍋セットのほか、青ガエルの「メークアップ体験」などがある。
 補修実施前に、車両内に移設時の映像や渋谷区との交流時の写真などを展示し、11月1日から8日まで一般公開する。その後、業者工場に移し、来年3月下旬の公開を目指す。市観光課では「車両を長持ちさせるための補修。きれいな状態で公開できるまで、楽しみに待ってほしい」としている。
 青ガエルは、渋谷に本社を置く東急電鉄(現・東急)が、1954年から86年まで運用していた旧5000系の鉄道車両。2006年の運用終了後に渋谷区の観光案内所として利用されていた。渋谷駅前の再開発に伴い、大館との交流の証しとして8月に移設された。
 

「結婚コーディネーター」募集へ 北秋田市9月議会決算特別委 総括質疑で津谷市長

2020-10-06
一般会計決算特別委の総括質疑(北秋田市役所)
 北秋田市の9月定例議会は5日、決算特別委員会で津谷永光市長らに出席を求めての総括質疑が行われた。一般会計決算特別委(杉渕一弘委員長)では、財政運営についての「監査委員の意見に対する対応」に質問があり、市長は「大変重く受け止めている」と答弁。今後の少子化対策では「『結婚コーディネーター』の肩書の地域おこし協力隊を募集する」との考えも示した。
 市監査委員(中川真一代表監査委員)は2019年度の一般・特別会計決算審査意見書で、一般会計について「財政状況が改善に向かっている兆しは見当たらない」などと指摘。「例外や聖域のない事務事業の改善、改革に取り組むことを期待する」と求めていた。
 委員から「指摘をどう受け止め、どのように改善していくのか」と質問された市長は「指摘に対して、大変重く受け止めている」とした一方、要因には「一般財源となる歳入が、地方交付税の算定特例措置の終了に伴い減少しているのに対し、歳出が歳入並みに圧縮できていない」ことにあると説明した。
 今後については「市民サービスの低下に留意しつつ、今まで以上に歳出の抑制に努め、市有施設の集約や廃止、事業の見直しや廃止など、行財政改革を徹底して推進する」とした。あわせて「職員一人一人の意識改革にも力を入れて取り組んでいく」との考えも示した。
 キャラクターを活用したプロモーション事業について、事業の効果などを聞く質問があった。市長は事業の狙いを「市には自然・観光・文化などの誇れる資源が数多くあるが、素材を売り出すだけでは注目されづらい状況にあった。発信力や話題性を高める方法として実施した。ハローキティの宣伝力を借りて、他自治体と差別化してPRする広告手法を採用した」と説明。「政策の中の一つとして、適切に実施されていると認識している」と述べた。
 また、少子化対策に関連して「今後の対策」を問う質問に市長は「結婚支援をより充実するために『結婚コーディネーター』という肩書の地域おこし協力隊を募集する」との考えを明らかにするとともに、「さまざまな取り組みをプロデュースして、若者の結婚につなげたい」などと述べた。
 

日本画の福田豊四郎 革新画家の変遷 小坂町で特別展、予想以上の人気

2020-10-06
多くのファンが訪れている福田豊四郎の没後50年特別展(総合博物館郷土館)
 小坂町出身の日本画家・福田豊四郎(1904~70年)の没後50年特別展が、町総合博物館郷土館で開かれている。大正から昭和にかけ新日本画の担い手として活躍し、日本画壇に大きな足跡を残した。画風を確立するまでの歳月を振り返る貴重な機会となっており、〝豊四郎ファン〟が訪れ、堪能している。
 福田は、東京の川端龍子や京都の土田麦僊という、革新的な2人の日本画家に師事。大正から昭和にかけて、日本画に新風を吹き込んだ。1930(昭和5)年の帝展で「早苗曇り」が特選となり、画壇での地位を確立。故郷の生活風景などを精力的に描き続けた。
 特別展は「没後50年 革新の日本画家 福田豊四郎」のタイトルで先月日から始まった。絵画や書簡、挿絵の原画など約120点が展示されている。
 第1章は「新しい日本画への歩み」。豊四郎は新しい日本画を目指し、仲間と一緒に山樹社、新美術人協会など多くの団体を設立。合流と解散を繰り返し、革新の道を歩んだ。展覧会の出品作を中心に展示し画風の変遷をたどっている。
 第2章は「制作年代と落款の変遷」。画風も落款も時代とともに変遷しており、年代別に並べられ、その変化が興味深い。第3章は「豊四郎―時代、仕事、家族」。取り巻く時代や仕事、家族、友人とどう向き合ったかをたどっている。
 目を引くのが、本年度町が購入した「秋に啄(ついば)む」。1933年、第1回春の青龍展に出品されたもので、その後、公開された記録はなく、実に87年ぶりの公開になるという。
 開会してから1週間ほどで135人余りが訪れ、予想以上の反応となっている。12月19日まで。今月31日にはギャラリートークが行われる。 
 開館時間は午前9時から午後5時まで。休館日は毎週月曜日(祝日の場合は翌日)。入館料は一般500円。団体(15人以上)は300円。小坂町民、高校生以下は無料。問い合わせは同館(電話0186・29・4726)。
 

大館市の小中学校 来夏使用へエアコン設置 全普通教室と中学理科室など 543台、年度内に

2020-10-05
オープンスペースの教室には出力の大きいエアコン設置を計画している(城西小)
 大館市は来夏の使用に向け、小中学校25校の普通教室などにエアコンを設置する。設置台数は25校全ての普通教室と一部を除くランチルーム、中学校理科室の計543台。新型コロナウイルスの感染拡大で夏場も授業中のマスク着用が考えられ、安全な学びの環境を確保するため計画した。市教育委員会は「学習環境に合わせて柔軟に対応しつつ、過度な使用にならないよう運用基準を検討したい」と話している。
 教育総務課によると、小中学校ではパソコン室や保健室、職員室、校長室にエアコンが設置済み。普通教室への設置は検討されていなかったが、「新型コロナによる臨時休校で夏休みを短縮した場合、猛暑の中での授業や、マスク着用で受けざるを得ない状況を踏まえて計画した」と話す。
 事業費は工事費やエアコン購入費など4億3410万円で、9月補正予算に計上した。新型コロナ対応地方創生臨時交付金を活用する方針。
 計画では、小学17校、中学8校の普通教室に470台を設置する。1室に18畳用を2台、扉などで仕切ることができないオープンスペースの教室には26畳用を2台設置予定。このほか、ランチルームに計43台、中学校の理科室に計30台を設置する。西館小ランチルームは広さから冷風機の設置を検討中。同課は「中学校理科室は使用頻度が高く、実験で室温が上がることを踏まえ設置を決めた」と説明する。
 設置に伴う電気料について、同課は「あくまでも机上の計算」とした上で、7、8月に夏休みを除く25日間、各校で毎日7時間使用した場合、1年間に増える電気料は2300万円程度と試算する。今後、使用の目安や設定温度などの運用基準を検討していく。
 今年は9月に35度を超える猛暑日があり、各校では首にかける冷感タオルの持参やエアコンのある教室の使用、校長室を開放するなどの熱中症対策をとった。同課は「市庁舎のエアコン使用目安は室温28度だが、学習環境に合わせ、温度や9月以降の暑い日も使用できるようにするなど柔軟に対応したい」と話す。9月定例議会の一般質問では高橋善之教育長が「快適ばかりがいい環境ではなく、暑さに耐える力も必要と考えている。基準を決めた上で、過度な運用にならないようにしたい」と答弁している。
 現在、実施設計発注の準備を進めており、設計ができ次第、来年1月から設置工事を始め、年度内に完了する予定。
 文部科学省が発表した公立学校のエアコン設置状況(9月1日現在)では、大館市の小中学校の普通教室はゼロ、特別教室は7・3%の28教室に設置済み。小中学校普通教室の本県の設置率は25・9%で、本県、青森、北海道を除く都道府県は8割を超え、全国平均は92・8%となっている。
 

ニホンザリガニ 人工生息地に30匹 大館市の「南限」付近 自然定着「想定より早く」

2020-10-05
人工生息地の水路内で確認されたニホンザリガニ(大館市教委歴史文化課提供)
 大館市教育委員会が国の天然記念物に指定されているニホンザリガニの南限生息地付近に新たに整備した人工生息地で、水路内に個体が定着していることが確認された。8~9月に調査した結果、30匹が生息していた。南限地を守るため、市では将来的に人工生息地の追加指定を目指す方針で、「想定よりも短期間で定着につながり、地域個体群の存続に向けて良い環境が整えられた」と手応えを得ている。
 ニホンザリガニは北海道、青森、本県などに分布し、水温20度以下の冷たくきれいな水でのみ生息できる。環境省レッドデータブックで絶滅危惧Ⅱ類に登録されている。
 1934年に大館市の通称・八幡沢地区(桜町南―池内道下の一部)が、南限生息地として国の天然記念物に指定された。しかし宅地化の進展で生息環境が悪化し、近年は指定地付近での個体数減少が懸念されてきた。
 このため、市教委は2017年度に「天然記念物ザリガニ生息地再生委員会」を設立。指定地付近での生息個体を増やそうと、19年度に人工生息地を整備した。民有地を借り受け、19年10月まで約4カ月をかけて全長10㍍弱の水路を造成。既存の水路と接続して指定地と同じ水系の水を引き込み、水路内に石を詰めたり、水の流れをつくったり、植栽を設置したりして生息に適した環境を整えた。
 完工後の人工生息地では、20年3月から徐々に個体の姿が見られるようになった。8月26日と9月30日の2日間、県外の専門業者に委託して個体数調査を行ったところ、両日とも30匹の姿を確認。石の隙間などに生まれたばかりの赤ちゃんザリガニや、体長5㌢以上の成熟した個体がいるのを見つけた。
 市教委歴史文化課は「想定より短期間で、大小さまざまな多くの個体が水路に入ってきてくれた。これまでは狭い範囲にしか生息しておらず絶滅の恐れもあったが、これで将来的な生息も見込める」と成果を感じている。
 9日に開かれる生息地再生委員会の会合で、事業の進捗(しんちょく)状況等を報告する。当初は人工生息地への個体の放流を検討していたが、定着が確認できたため、このまま推移を見守る。「生息に適した環境ができたので、今後は日常の維持管理をしっかりしていきたい」としている。
 人工生息地はさらにもう1カ所整備する計画で、22年度からの工事着手を予定している。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る