本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

2022年1月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

災害時要支援者 管理システム運用10年 登録者減で再周知へ 大館市

2022-01-17
NEW
 災害時に自力で避難するのが難しい高齢者や障害のある人ら「要支援者」に関し、大館市が管理システムを運用してから10年になる。現在の登録は730人。対象者の施設入所や死亡などで減少傾向だが、あらためて制度の周知に努めるほか、避難手順や必要な配慮を定める「個別支援計画」の作成に取り組みたい考えだ。
 当初は「災害時要援護者」として避難支援計画を策定。コンピューターを用いて地図やさまざまな情報を管理できるシステムを整備し、2012年度に運用開始した。13年の災害対策基本法改正で「要支援者」の名簿作成が義務づけられ、21年には個別避難計画の作成が努力義務とされた。
 管理システムは17年から統合型GIS(地理情報)システムで運用している。地震や洪水などの災害が起きた場合、検索した要支援者の情報を地図上で確認。市は民生委員に情報伝達し、民生委員から連絡を受けた福祉員や町内会関係者らが避難を支援する。
 福祉課によると、13年時点の登録者は約1300人だった。施設入所や転出、死亡などで毎年減少している。担当者は「20年度に市内17地区の民生委員児童委員協議会に出向き、制度の周知や申請書の配布を行ったが、なかなか登録者が増えない状況」と話す。
 名簿登録は本人の申し出が基本となる。市はあらためて広報やホームページなどで周知に努めるとともに、民生委員や町内会長に名簿を提供する際に協力を求める。
 個別避難計画の作成は全国的に進んでおらず、市も未策定。福祉課は「避難行動を支援する側について、家族や近隣住民である必要がある」としつつ「近所付き合いの希薄化やプライバシーの課題もあり、進めていくにはハードルが高い」との認識を示す。それでも災害弱者の逃げ遅れを防ぐため「先進的な事例を参考に取り組みの方向性を検討したい」としている。
 市生活支援体制整備事業で設置した「支え合い推進会議」で、自ら避難することが困難な高齢者の課題について議論され、地域内で具体的に協議している町内もあるという。昨年3月に策定した地域福祉計画では「地域共生社会の実現」に取り組むとしており、町内会などの地域組織と連携して課題の解決を図る。

除雪用具の品薄続く 年末年始の 大雪で品切れ コロナ禍が生産に影響

2022-01-17
NEW
大型のスノーダンプなどが品薄状態となっている売り場(ジャンボグリーン)
 昨年末から続く大雪の影響で除雪用具の需要が高まり、北鹿地方のホームセンターではスノーダンプなどの品薄、品切れ状態が続いている。売り場の担当者からは「メーカーの生産が間に合っておらず、降雪のピーク時に用具が届かない可能性もある」と懸念する声が聞かれる。
 同市御成町1丁目のジャンボグリーン(畠山一志店長)では、昨年11月上旬から売り場を設置した。最も需要が高い大型のスノーダンプ約100台を用意したが、12月中に売り切れ。月末に約50台を追加したものの大雪が続いたことで品切れとなった。
 売り場には「今季売り切れ」の張り紙が貼っており、残っているのは小型のダンプのみ。雪下ろしの棒も、使い勝手の良い伸縮可能な商品は品切れ状態となっている。
 このほか、柄沢のコメリパワー大館店や大田面のDCMホーマック大館樹海店でも在庫が逼迫(ひっぱく)している。
 ジャンボグリーンの売り場を担当する藤垣晃太係長は「お客さまからも、連日入荷の問い合わせがある」と対応に追われている。新型コロナウイルスの感染拡大で物流に影響が出たことで「メーカーでも資材が届かず、生産が間に合っていなかったり、今季分の生産が終了していたりという状態」とし、「北海道や富山県などの地域で、早い時期から降雪があったため数量が確保できなかった」と話す。
 今後の見通しについては「いつ入荷してくるか分からず、降雪のピーク時を過ぎてからという可能性もある」とし、「ダンプがない場合は、大きめのソリに雪を乗せて運ぶこともできる。在庫は店頭分のみなので早めの購入を」と呼び掛けている。
 秋田地方気象台や大館市消防署比内分署によると、16日午後1時現在の積雪量は大館市で45㌢、北秋田市鷹巣で71㌢、同市阿仁合で93㌢、鹿角市で51㌢。15日までの累積降雪量は大館市で371㌢、北秋田市鷹巣で232㌢、同市阿仁合で324㌢、鹿角市で276㌢となっており、平年より20~40㌢ほど多い。

内陸線 阿仁前田温泉駅 新たに「駅メロ」を導入 「四季美湖物語」 ダックスムーン制作

2022-01-17
NEW
スイッチを押して駅メロをお披露目する関係者(秋田内陸線阿仁前田温泉駅)
 北秋田市小又にある秋田内陸縦貫鉄道(吉田裕幸社長)の阿仁前田温泉駅の駅メロディー(駅メロ)として、森吉山ダムをテーマにした曲「四季美湖物語」の放送が15日から始まった。ダム湖の四季美湖の最寄り駅であることから、玄関口としての知名度向上などを狙いに導入。15日に駅舎でお披露目会が開かれ、参加者約60人が新たな駅メロの誕生を祝った。
 「四季美湖物語」は、大館市のポップスデュオ・ダックスムーンの書き下ろし楽曲で、昨年4月に四季美湖地域づくりネットワーク森吉山(佐藤慶博チーフ)が発表。「命を守る永遠のダム湖 四季美湖の輝き」をコンセプトに、ダム建設に協力して古里を離れた人や、現在ダムに携わる人の気持ちを表現している。動画投稿サイトのユーチューブにも動画とともに投稿し、ダム湖をPRしている。
 駅メロへの導入は、同ネットワークが四季美湖の情報発信をさらに強化しようと秋田内陸縦貫鉄道に打診し決まった。秋田内陸線の駅メロの採用は、阿仁合、鷹巣、米内沢駅に続く4駅目。
 阿仁前田温泉駅では、出発時刻の3分前に曲の後半サビ(1分間)を列車接近メロディーとして放送する。発車時は約20秒間、特別アレンジしたサビのメロディーを流す。
 お披露目会にはネットワークや同鉄道、駅舎に併設する温泉施設「クウィンス森吉」の関係者や、住民ら約60人が来場。来賓の津谷永光市長は「優しく温かい気持ちが伝わる曲。駅メロが多くの人に愛され、活用していくことにより地域に活力が生まれることを願っている」とあいさつした。同鉄道の吉田社長は「新たな駅メロを力に、さまざまな人に応援してもらえたら」と述べた。
 関係者がスイッチを点灯させ、「四季美湖物語」の駅メロを披露。ダックスムーンによる駅メロ3曲の記念ミニライブが行われ、参加者が四季美湖に対する思いがこもった歌に聴き入った。演奏後には角館行きの列車が到着し、実際に駅メロを放送。参加者が手を振って列車を見送った。
 ネットワークの佐藤チーフは「駅メロを通じて四季美湖や湖周辺のイメージ向上を図りたい。宝物である地域の歴史や文化、自然を次世代に伝えていく」と話していた。今後は秋田内陸線やクウィンス森吉と合同でのイベント開催も検討している。

小坂町川上地区 定住増加へ手法探る コミュニティ生活圏 報告会に住民ら70人

2022-01-16
定住増加へ意見を出したパネルディスカッション(セパーム)
 県のモデル指定を受け、「コミュニティ生活圏」の形成事業に取り組んでいる小坂町川上地区の報告会が15日、セパームで開かれた。パネルディスカッションなどを通して、次世代の定住増加に向け課題や解決手法を探った。
 川上地区は濁川、野口、余路米、砂子沢の4集落で構成し、昨年月末現在の人口は424人、187世帯で高齢化率は56・8%。川上地区自治会連絡協議会(会長・中村道義濁川自治会長)が中心になって、本年度から事業を始めた。
 報告会には地域住民など約70人が参加。第1部は、一般社団法人・持続可能な地域社会総合研究所(島根県益田市)の藤山浩所長がオンラインで講演した。演題は「2020年代は田園回帰の時代~小坂町地区別人口予測の概要と全国的な先進事例の紹介」。町の人口予測を示し、現在の主力世代は70代前半、と説明。「このまま何もしないと人口減少と高齢化が急速に進行するだけ」と危機感を持つよう促し、具体的な目標を示して取り組むことが大事、と指摘した。
 2部はパネルディスカッションの前に、2回行われたワークショップの内容が報告された。説明したのは川上地区の木村久さん、秋本有子さんの2人。ワークショップでは人口予測を基に地域の強み、弱みを出し合い、人口増へ向けた提言を行った。 
 秋本さんは、子育て世代が定住するためには「住む」「働く」「しゃべる」の3つの場所が必要、と指摘。川上公民館を会場にフリーマーケットを開催し、人を呼び寄せることや、子ども食堂の開設というアイデアを紹介した。雇用の受け皿の1つとして農事法人を挙げた。
 パネリストは、報告した木村さんと秋本さん、緒方瑛さん(町地域おこし協力隊)、本田裕平さん(町総務課)の4人。定住増加の一番の課題として、中央地区への引っ越し・市街地への一極集中、移動手段の確保、雇用の創出などに発言があった。

豊作願い「雪中田植え」 JA秋田たかのす 小正月の伝統行事

2022-01-16
豊作など願い込めて、わらを植える小坂さん(北秋田市の大太鼓の館前)
 今年の稲作の豊凶を占う「雪中田植え」が15日、北秋田市綴子の大太鼓の館前で行われた。JA秋田たかのす青年部(鈴木豊部長)の部員が豊作を願って田んぼに見立てた雪にわらを植えた。
 雪中田植えは、稲作の豊凶を占う「庭田植え」として各地で行われていた小正月の行事。綴子地区では一時途絶えていたものを、1983年に篤農家として知られた高橋佐一郎さんが復活させた。
 その後、高橋さんが亡くなり再び途絶えたが、88年に旧綴子農協青年部が再復活。現在はJA秋田たかのす(小笠原隆志組合長)の青年部が受け継いでいる。
 開会行事のあいさつで、鈴木部長は「新型コロナウイルスの影響など、めまぐるしく変わる世の中ではあるが、私たち生産者がへこたれることなく、よりよい農産物を作れるよう、今後も日々農作業に従事していく」と述べた。
 田植え人は今回が3回目となる小坂亮太さん(28)=同市栄=。みの、すげがさを身に着け、しめ縄で囲まれた6尺(1・8㍍)四方の雪田に入ると、稲わらや豆がらなどで作った束16本を苗に見立て、植え付けた。
 田植えの後は、わらぼうきで苗をはらって虫よけを行い、雪田の中心に逆さに立てたほか、雪田の前にダイコンの煮しめやなます、お神酒を供え、豊作を祈願した。
 小坂さんは「天候に恵まれ、秋には豊作となってほしい。みんなが元気で喜べる年になるよう、願いを込めて植えた」と話した。
 豊凶を占う「稲刈り」は来月1日、同所で行われる。

2021年12月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

大館市内 車、歩行者とも減少続く 商議所通行量調査 コロナ禍で外出自粛か

2021-12-31
 大館商工会議所が10月中旬に実施した市内通行量調査で前年に比べ、車両が約6%減少、歩行者は約14%減少したことが分かった。新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛傾向が顕著に表れた前年をさらに下回る結果について、商議所は「全体的に市内の通行量が減っていたところへ、引き続きコロナ禍で外出を控える傾向が反映されたのではないか」と分析している。
 市内主要地点の動向を調査することで今後の商業振興やまちづくりに役立てようと毎年実施している。10月15日(平日)と17日(休日)の午前10時から午後5時まで、調査員が数えた。
 調査地点は歩行者が御成町2丁目と3丁目、大町、扇田の4カ所。車両はこの4カ所に清水町、大田面を加えた6カ所。
 平日の歩行者は2丁目が270人(前年比29・3%減)、3丁目が345人(6・2%増)、大町が282人(4・1%増)、扇田が73人(52・3%減)だった。休日は2丁目が260人(14・5%減)、3丁目が333人(18%減)、大町203人(15・3%増)、扇田が35人(50%減)。
 減少率が2けたに上る地点が目立ち、中でも扇田は平日、休日ともにほぼ半減した。4地点の合計は平日が970人(14・2%減)、休日が831人(13・1%減)だった。
 平日の車両は清水町が5923台(前年比7・1%減)、2丁目が3117台(10・8%減)、3丁目が3852台(3%増)、大町が3681台(10・9%減)、大田面が6827台(5・5%減)、扇田が3333台(3・1%減)。
 休日の車両は清水町が6832台(0・4%減)、2丁目が2569台(7・1%減)、3丁目が3343台(11・8%減)、大町が3317台(11・5%減)、大田面が7892台(4・5%減)、扇田が2647台(4・8%減)だった。
 平日の3丁目を除き、全て減少した。6地点の合計は平日が2万6733台(5・9%減)、休日が2万6600台(5・7%減)となった。
 調査時期は新型コロナワクチン接種が進み、感染拡大が落ち着き始めたころ。商議所は「歩行者は依然と感染予防で外出を控える傾向を反映したものと考えられる」と分析。半減した扇田については地元金融機関の移転に伴い、歩行者の移動経路が変わったとみられる。
 車両については、中心市街地の御成町付近で道路整備などの工事が続いたことから「渋滞を回避するように迂回(うかい)している可能性も考えられる」とした。
 歩行者も車両も平日、休日を問わず減少傾向が続いており、コロナ禍で一層減ったとみられ、「来街者を誘導できるかが重要な課題」「今後の集客効果に期待したい」などとまとめた。

大館城跡発掘調査 木杭28本が現存 外敵への 警戒、防御か 外堀に打ち込み跡も

2021-12-31
二ノ丸の端で見つかった杭の打ち込み跡「杭列」(大館郷土博物館提供)
 大館市が本年度に行った大館城(同市字中城)跡の発掘調査で、外堀付近の地中から杭(くい)を打ち込んだ跡「杭列」と、木杭28本が見つかった。外堀の設置経緯などから、外敵の侵入を防ぐ機能を高める目的で、江戸時代初期に設けられたとみられる。歴史的資料の少ない大館城を知る貴重な手掛かりとして、市は引き続き調査し全容解明を進める。
 大館城は中心部の本丸から外に向かって内堀、二ノ丸、外堀、三ノ丸といった構造になっている。杭列は外堀と接する二ノ丸の南端から見つかった。現在解体している旧本庁舎の駐車場付近に位置する。
 発掘範囲の約18㍍内には、東西に伸びる外堀と平行に50~70㌢の間隔を開けて杭列が見つかった。木杭は先端が尖り、地中に突き刺さった状態だった。最も長いもので約90㌢、太さは直径約10㌢。
 調査した大館郷土博物館によると、外敵の侵入を防ぐ柵のような役割を果たしたと考えられる。地上部分は残っておらず、杭の全長や年代、樹種などは調査中。埋蔵文化財専門職員の馬庭和也さんは「外堀を本格的に発掘する調査は今回が初めて。外堀について、具体的な構造の手掛かりを得ることができたのが成果」と話す。
 大館城は北側に崖や長木川があり、地形に守られている。一方、南側は比較的平たん。地の利が少ない分、守りを固める役目として江戸時代の初期、慶長年間に外堀が設けられたという。馬庭さんは「幕府誕生当時はまだ不安定な時期で、軍事的緊張感が残っていた。大館城は津軽や南部の勢力を警戒する城と考えられ、木杭は外堀の防御性を高めたのではないか」と分析。今後の調査で全容解明に期待した。
 調査は市本庁舎建設に伴って実施している。2014年度から一帯を試掘し、16年度から文化財保護法に基づく発掘に取り掛かった。対象は16~18年度が新本庁舎側、19年度が旧・市民体育館側。1年を置いて本年度から3年計画で旧本庁舎側に着手した。
 本年度は当初、3カ所計653平方㍍で計画したが、対象を計340平方㍍に絞って実施した。調査結果は県の報告会(来年3月5日・秋田市)で発表予定。大館市内での特別展も検討している。

大館 スノーレンジャー始動 高齢者宅で除雪作業 年越し前に「安心を」

2021-12-31
屋根から落ちた雪を片付けるスノーレンジャー(大館市下綱)
 大館市の除雪ボランティア「ハチ公スノーレンジャー」が30日、今冬の活動を開始した。下綱の高齢者世帯に市内の社会福祉法人の職員が出動し、屋根から落ちてガラス窓に迫った雪を片付けた。実施主体の市社会福祉協議会によると、連日の降雪で相談が入り始めており、活動は年明けに本格化するとみられる。
 1995年度から続く活動。高齢者や障害者など除雪が困難な世帯を対象に、屋根から落ちた雪の撤去や排気口など危険箇所の雪を片付ける。本年度は企業や福祉施設、高校など38団体、1349人がボランティア登録。対象世帯数は前年度比44世帯減の163世帯となっている。
 88歳と84歳の夫婦宅で社会福祉法人水交苑の職員3人のほか、社協職員、町内会役員計6人が活動。㌢ほど積み上がった屋根からの落雪をスコップで崩し、スノーダンプで運んだ。家主の男性は今年の夏に入院してから、腰に力が入らず、長時間立っていられないといい、「昨年までは自分で除雪ができたが、今年は困っていた。隣家に迷惑がかかると気になっていたのでありがたい」と感謝した。
 担当した水交苑指定居宅介護支援事業所の石垣直人さん(41)は、「地域の人のためにと休日にボランティアで参加している。年を越す前に除雪ができ、安心した様子を見ることができてよかった」と笑顔を見せた。社協担当者は「雪の日が多いが、除雪の相談は3件ほどにとどまっており、年明けに増えるのではないか。ボランティアは経験者が多く態勢は整っているので、今後の依頼に応じていきたい」と話した。

3年目の森林経営管理事業 本年度は田代4区域で調査 大館市 回答者7割「市に委ねる」

2021-12-30

 手入れが行き届かない私有林を集約して管理する大館市の森林経営管理事業は3年目に入り、所有者への意向調査や市の経営管理権取得が進んでいる。本年度は田代4区域で意向調査を行い、回答者の7割超が「市に管理を委ねる」と回答し、ドローン(小型無人機)などを活用した現地調査を行った。これまで146㌶の管理が市に委託されており、民間事業者へ再委託する準備を進めている。
 2019年4月施行の森林経営管理法に基づく制度。所有者が適切な管理を行う責務を明確化し、管理が難しい場合、市町村が伐採・木材販売・造林を行う権利を預かり、意欲のある林業経営者に貸し出す。採算が厳しく林業に適さない私有林は市町村が間伐や植林を行う。
 3年目の本年度は、5月に十ノ瀬区域250人、蛭沢区域166人、杉ノ沢区域158人、保滝沢区域105人の計679人に意向調査票を送付。6月には対象地区で座談会を行った。林政課によると、11月末現在、56・1%にあたる381人が回答。回答者の73・2%を占める279人が「市に管理を委ねる」と回答した。
 市に委ねたいと答えたものの、森林の境界など状況が分からない所有者も多く、ドローンやタブレット端末を活用した現地調査を行っている。
 初年度の19年度は花岡など、20年度は花岡や田代地域で意向調査を行い、これまでに129件、146㌶で経営管理権集積計画を策定し、市が経営管理権を取得した。このうち花岡地区の1・18㌶を今年4月、民間事業者に再委託した。
 林政課によると、本年度内に新たに50件ほどの経営管理権取得を目指して所有者と協議しており、「順調に進んでいる」と話す。また、19、20年度意向調査分の経営管理権を取得した森林のうち、2件、約20㌶を民間事業者に再委託する準備を進めている。
 林政課の担当は「制度の理解が進んできて、市に管理を任せたいという人が増えていると感じる。市内の対象森林を20年1周期のスパンで事業を行っているが、見直しながらできるだけ前倒しできるよう進めたい」と話した。
 市では総面積の79%を森林が占め、そのうちの17%、私有人工林の約1万2000㌶が事業の対象となる。対象の私有林を20分割し、意向調査を実施しながら、20年を1周期として事業を進める方針。森林環境譲与税を財源とし、本年度は約8000万円が配分される予定。

独特の歯ごたえ人気 鹿角市 芦名沢 年越しそば作りがピーク

2021-12-30
「芦名沢そば」を打つ成田さん(鹿角市十和田山根の作平食品工房)
 鹿角市十和田山根の芦名沢地区に伝わる名物「芦名沢そば」作りが繁忙期を迎えている。伝統の味を守るために地元の成田一博さん(65)と邦子さん(65)の夫妻が2009年に立ち上げた「作平食品工房」では、27日から友人10人ほどで深夜まで作業を続ける。
 「芦名沢そば」は、昭和初期に十一面観音を祭った芦名沢神社の祭典で参拝客をもてなすために茶屋を設け、そばを振る舞ったのが始まりとされる。
 そば作りは毎年11月下旬から翌年3月中旬まで。繁忙期の年末は10人ほどで1日に約800食を打つ。そば打ちから袋詰めまでの一連の作業が、連日深夜まで及ぶ。
 成田さんの畑で生産したそば粉とナガイモを使用し、少量のつなぎを使った十割そばに近い「十一そば」。独特の歯ごたえや風味が根強い人気となっている。
 妻の邦子さんは「そば打ちは重労働だが友人に協力してもらい続けたい」として、「おいしい芦名沢の手打ちそばを届けたい」と話した。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る