本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

4月のニュース

RSS(別ウィンドウで開きます) 

第142回種苗交換会 「令和」初開催へ準備 協賛会 事務局設置 大館市で18年ぶり

2019-04-24
県種苗交換会に向け準備を進める協賛会事務局(大館市総合福祉センター)
 今秋、大館市で開催される第142回県種苗交換会に向けて、協賛会事務局が今月から市総合福祉センター内に設置され、準備作業が本格化した。本県最大の農業イベントで、会期は10月30日から11月5日までの7日間。事務局は市農林課とJAから出向した職員の5人体制で、5月下旬に協賛会設立総会を開き、事業計画などを協議する。事務局は「大館開催は18年ぶりで、成功に向けて準備を進めていく」と話す。
 開催地は昨年11月のJA秋田中央会の理事会で正式に決まった。大館開催は2001年の第124回以来、18年ぶり8回目。「21世紀最初」に続き、「令和最初」の開催地となる。124回は01年10月31日から11月6日までの7日間、大館樹海ドーム(現ニプロハチ公ドーム)を主会場に開かれ、会期中の観覧者は76万5000人だった。
 大館市は昨年度、農林課の職員1人を増員し、主催するJA秋田中央会との連絡調整や情報収集を進めてきた。毎年10月にニプロハチ公ドームで開かれてきた大館圏域産業祭は、今年は休止する方針となっている。
 協賛会事務局は市総合福祉センター3階に設置された。市農林課の古川泰幸課長が事務局長を兼務し、農林課職員3人、JAあきた北から出向した2人の計5人体制。JA秋田中央会と調整を行いながら、準備作業を進めていく。
 事務局によると、5月下旬に地元関係者が集まり協賛会の設立総会を開催する予定。事業計画や予算について話し合い、主会場をはじめ、各事業の会場なども示される。
 事務局は今回の種苗交換会のキャッチフレーズを5月10日から27日までの期間で募集する。最優秀作品はポスターなどに使用されることから「市内外に農業や大館の魅力をPRするキャッチフレーズを寄せてほしい」と呼び掛ける。
 種苗交換会は1878(明治11)年9月に秋田市の寺院を会場に開かれた勧業会議が始まり。大戦中も中断することなく続き、農産物品評会としては全国でも例をみない本県の一大イベントとして定着。昨年秋田市で開かれた141回の観覧者は過去最高の125万人だった。

鹿角市 DMO登録を報告 かづの観光物産公社 「稼げる観光」を推進

2019-04-24
日本版DMOの登録証交付を報告する岩船社長㊥と清水さん㊨(市役所)
 稼げる観光地域づくりを推進する観光庁の日本版DMO(地域DMO)に登録された、かづの観光物産公社の岩船勝広社長と清水涼太執行役員・営業部長が23日、鹿角市役所を訪れ、秋田運輸支局から登録証の交付を16日付で受けたことを児玉一市長に報告した。
 日本版DMOは、地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに、誇りと愛着を醸成する観光地経営の視点に立った地域づくりのかじ取り役。主な機能は、地域内外での調査・調整を行うことにより、地域全体としての利益を生み、活性化につなげることとされている。
 かづの観光物産公社は2017年11月に地域DMO候補法人として登録され、今年3月29日に正式登録となった。
 岩船社長は「DMOとしての役割、責任の大きさを痛感しているところだが、これからいろいろなことを仕掛けていきたい」と抱負。
 清水さんは「今は着地型ツアーが中心だが、旅行業を広げていきたい」とし、東北6県と新潟県による広域連携DMO「東北観光推進機構」を通じた国内外への情報発信や、鹿角地域を訪れた観光客層の把握、ターゲットを定めた営業などを柱に取り組んでいく考えを示した。
 主な事業では、ユネスコ無形文化遺産の花輪ばやしや世界遺産登録を目指している特別史跡・大湯環状列石など、観光資源を巡るプレミアムツアーを市と連携して本年度7回実施する。
 清水さんは「花輪ばやしは年1回ではもったいない素晴らしい素材。ツアー等で演奏を披露できる機会を増やしたい」などと「稼げる観光」に向けた意気込みを語った。

鹿角農業再生協 メガ団地や集荷施設 本年度 事業 末広でネギとキャベツ栽培

2019-04-24
本年度事業計画などを承認した通常総会(山村開発センター)
 鹿角地域農業再生協議会(会長・田口善浩鹿角市産業部長)は23日、鹿角市山村開発センターで通常総会を開き、2019年度の事業計画を承認した。農業政策推進部会では末広地区の「園芸メガ団地」整備の推進などを盛り込んだ。
 同協議会は、経営所得安定対策の推進や戦略作物の生産振興、コメの需給調整の推進などを目的に、市、小坂町、農業委員会、農協、果樹協会、消費者の会などで組織している。
 業務を円滑に行うため、水田農業振興、担い手育成支援、農業政策推進の3部会を設置。なお、耕作放棄地対策部会は、耕作放棄地再生利用基金の事業完了に伴い同協議会としての業務が完了したことにより18年度で廃止し、市と町が同対策の役割を担っていく。
 農業政策推進部会は17年度に新設。18年度は園芸品目の生産拡大を図るため、販売額1億円を超えるメガ団地構想の可能性と実現に向けた取り組みに特化して事業を実施した。
 本年度は末広ファームにおいて、ネギとキャベツのメガ団地等大規模園芸拠点整備事業を推進し、集荷施設等の整備を実施する。花きの主力であるシンテッポウユリは、栽培地の集約が困難であるためメガ団地整備事業は断念した経緯があるものの、市単独の産地拡大推進事業により新たなブランド産品として集中的に支援していく。
 小坂町では引き続き、加工用ジャガイモの栽培技術の確立、収量や品質調査の検証のため実証栽培を行う計画。

大館市長に再選の福原氏 2期目へ抱負 「令和にふさわしい政を」 バリアフリー推進など

2019-04-23
当選後、初めて大館市役所に登庁し、職員から花束を受け取る福原氏
 大館市長選で再選を果たした福原淳嗣氏(51)は一夜明けた22日、向町の事務所で会見を開き、2期目の市政運営にかける思いを語った。「初心に戻り令和の時代にふさわしい政(まつりごと)をする」とし、「バリアフリーのまちづくり」の推進など政策の方針を掲げた。投票率が前回を8㌽下回ったことにも触れ、「市民に投票の意識を高めるアプローチが必要」と述べた。
 午前2時ごろに就寝し、3時間ほどで起床。知人から100件を超える祝福のメールが届き、遠くはシンガポールからも。午前9時半すぎに登庁すると、市職員約100人が出迎え花束が贈られた。早速、市幹部と定例の会議に臨み、午後にはあいさつまわりと、忙しい一日を送った。
 選挙期間中は「『大館力』の高まりを実感した」とし、「『うちの集落には歴史物語があり、こういうことに取り組むから助けてくれ』と言われた。人口の多い少ないでなく、あるものを磨く。一人一人の未来に対する強い思いがまちづくりにつながる。そのきっかけが高まっている」と語った。
 2期目の取り組みについては、「バリアフリーのまちづくり」を掲げ、庁内にプロジェクトチームが立ち上がり、マスタープラン(基本計画)をつくる考えを示した。「歴史まちづくりで認定された地域の中に、バリアフリーのまちづくりの対象区域を3カ所つくり、つなげることで利便性を確保したい。例えば、大館駅、総合病院、市役所。まずエリアをつくり、比内、田代にも展開する」と述べた。
 5月8日に本オープンする市観光交流施設「秋田犬の里」は、「もう一つの視点は秋田県大館市渋谷村」と強調。「渋谷はIT企業の中心地になりつつあり、サテライトオフィスを大館にもってきてつながっていく。大館を世界に開き、共有しうる渋谷を核とする内外の仲間とまちづくりをしたい」と語った。また、「2期目は市総合計画、総合戦略の達成率を100%に押し上げることに尽きる。そのことを市民に分かりやすく伝えることも重要」と述べた。
 前回、前々回は「推薦がもらえず孤独な選挙だった」が、政党や業界団体から推薦を得た今回は「精神的に違った」という。一騎打ちを戦った麓幸子氏(57)の1万5000票について「市制初の女性候補に対する期待の票だと思う。4年間緊張感を持って仕事をする」と述べた。

上小阿仁村長選から一夜 「急激な変化しない」 返り咲きの中田氏 前回の反省踏まえ意欲

2019-04-23
質問に答える中田吉穂氏(上小阿仁村内)
 21日に投開票が行われた上小阿仁村長選で、前回の雪辱を果たして2回目の当選を決めた中田吉穂氏が22日、村内でインタビューに応じた。4票差の結果には「村長になる、という気持ちが相手を上回ったのでは」などと説明。村政の運営は「前回は急ぎ過ぎた面があった。今回は、早急に取り組むべきは進め、じっくり取り組むものはじっくりと進めたい。急激な方針変化はしない」と述べた。
 祝勝会のあと、就寝したのは日付が変わった午前1時すぎ。それでも、午前5時ごろから電話が鳴り始め、対応に追われたという。「どの人の声も、喜びにあふれていた。本当にありがたい」と話した。
 勝因については「勝つしかない、という気持ちが強かった。さらに、告示前に各集落で開いた座談会で、村づくりに関心を持ってもらったことも大きい」などと分析。「座談会では、私の親しみやすさを知ってもらえたのではないか」とも話した。
 選挙戦で公約に掲げた「移動販売車」については「最初に取り組みたい。まずは、国の補助制度で使えるものがないかを確認し、どのような形で応募してもらえるかを検討していく」とした。「お年寄りからは『家のそばで買い物できるようにしてほしい』と強く求められた。各集落ともに、店の数が少なくなるなど不自由な暮らしをしている」と述べた。
 また「小学校は今年から、複式学級になった。保護者からは、講師を増やして複式学級を解消してほしい、との声が上がっている」としながら、「児童数が増えれば解消される。家族連れで移住できる施策に取り組んでいく」との考えも示した。集住型宿泊交流施設「コアニティー」については「現状では、利活用できていない。特に、地域の住民が利活用できていない」との見方を説明。「議会や村民と相談しながら、活用方法を考えていく」とした。
 選挙戦が結果的に、村を二分する形となったことについては「数字にはこだわらない。あまり気にしないことにした。公約したことを粛々と取り組んでいく」との考えを表明。村政の運営については「急激な進路変更は行わない。理解を得てもらいながら、じっくりと進めていく。前回は急ぎ過ぎた」とした一方、「今、取り組まなければならないものは、すぐに進めていく」と述べた。

3月のニュース

RSS(別ウィンドウで開きます) 

地域包括支援センター 二井田・真中に新設 大館市 南ガーデン内に「大館南」

2019-03-31
大館南ガーデン1階に開所する「地域包括支援センター大館南」(大館市下川原)
 大館市は4月1日、二井田・真中地区に地域包括支援センターを新設する。センターは高齢者の相談窓口で、これまでは市内6カ所に設置されてきた。新たな「地域包括支援センター大館南」は、下川原の特別養護老人ホーム大館南ガーデン内に設置。担当エリアを細分化することで、充実したサービスの提供やセンター機能の充実を図りたいとしている。
 地域包括支援センターは高齢者への総合的な生活支援窓口。市から業務委託された各社会福祉法人が6センターを運営している。
 市内6センター生活圏域の高齢化率(昨年7月1日現在、施設入所者除く)は、「地域包括支援センターかつら」(大館一中学区、下川沿地区)が35・26%、「水交苑」(大館東中学区、長木地区)が31・76%、「神山荘」(釈迦内、花岡、矢立地区)が40・93%、「おおたき」(上川沿、真中、二井田、十二所地区)が41・09%、「ひない」(比内地域全域)が38・87%、「長慶荘」(田代地域全域)が41・93%。
 2017年度に6センターが受け付けた相談件数は3万2027件。18年度は12月末現在、2万3958件で、相談内容は介護保険、総合事業、医療健康、在宅福祉、施設入所の順となっている。
 センターの新設は、第7期介護保険事業計画(18~20年度)の施設整備に盛り込まれた。十二所の「おおたき」が担当するエリアのうち、距離が離れている二井田・真中地区を分け、大館圏域ふくし会に業務を委託した。
 大館圏域ふくし会によると、大館南ガーデン1階の一室を改修してセンターを開設する。職員は2人体制で、年明け以降、「おおたき」から業務の引き継ぎ作業を進めてきた。高齢者の相談業務や介護の要支援者に対するケアプラン作成、公民館などでの介護予防教室を継続して行う。南ガーデンの山本まき子施設長は「身近な場所に相談窓口ができ、二井田・真中地区の住民にセンターを知ってもらい、利用を働き掛けていきたい」と話した。

46年の歩みに「感謝」 大館准看護学院 閉院式 歴代講師らを表彰

2019-03-31
思い出を語り合う卒業生ら(ホテルクラウンパレス秋北)
 大館北秋田医師会付属大館准看護学院(佐々木隆幸学院長)の閉院式が30日、大館市のホテルクラウンパレス秋北で開かれた。開学から46年の歴史を持ち、地域の医療や介護分野を支える1121人の人材を輩出した。式には卒業生や元職員、医師会など関係者ら約80人が出席し、思い出を語り合った。
 1973(昭和48)年、県医師会付属大館准看護学院として当時の石田病院(同市御成町)の一部を借り、1期生を迎えた。2年後、同市根下戸新町に医師会館と併設する現校舎が完成し、大館市北秋田郡医師会付属として講義を開始。設立にあたっては、無資格が多かった診療所の従業員に「資格を取得させたい」と地元医師が奔走した。県内唯一の准看護師養成所として存続してきたが、最後の卒業生となる45期生28人を今月6日に送り出した。
 大館北秋田医師会の櫻庭庸悦会長が歴史を振り返りながら、「多くの関係者の協力に感謝したい」と式辞。佐々木学院長は閉院に至った理由を社会ニーズの減少や職員の不足と説明し、「生徒に医学を教え、成長を見守る貴重な経験をさせていただいた」と感謝を述べた。
 卒業生を代表し、16期生で、市立総合病院に勤務する菅原千鶴子さん(49)がお別れの言葉。入学から、戴帽式、病院実習などの日々を語り、「学院で築いた看護の礎と経験を積み、強く歩んでいける。卒業生それぞれが地域医療に貢献できるよう願う」と力を込めた。実習先や歴代講師らに感謝状を贈ったほか、写真のスライドショーが行われた。
 感謝状が贈られた個人、施設は次の通り。
 ▽前愛生会石田病院・石田強▽臨地実習施設=市立総合病院、今井病院、神山荘、長慶荘、水交苑、つくし苑、扇寿苑、東台病院、有浦保育園▽歴代講師・職員=宮崎博文、米澤久美子、榊英雄、武田由美子、山田美保子、船木和子、齋藤令子、渡辺敦子

小坂鉄道レールパーク あすから営業開始 乗り物運行は4月27日から

2019-03-31
機関車庫で保管されている旧寝台特急「あけぼの」(小坂鉄道レールパーク)
 小坂町の体験型観光施設「小坂鉄道レールパーク」は4月1日から、冬期間の休園を終えて新年度の営業を開始する。当面は施設内の見学のみとなり、27日から構内の線路を利用した乗り物の運行を始める。
 レールパークは、2014年6月に開業した旧小坂鉄道の関連施設を活用したテーマパーク。国内でも珍しいディーゼル機関車の運転体験、レールバイクや観光トロッコの乗車体験ができるほか、15年度に開始した旧寝台特急「あけぼの」を活用した宿泊施設「ブルートレインあけぼの」などが話題を呼び、県内外の鉄道ファンや家族連れでにぎわっている。
 町直営を経て17年度から指定管理者制度を導入し、町内の各観光施設などを指定管理する小坂まちづくり会社が運営している。12~3月までの冬期間は休園している。
 19年度の営業は11月24日まで。乗り物の運行は11月4日までを予定。「あけぼの」への宿泊は27日から11月3日までの金・土曜日、祝日の前日で、予約を受け付けている。
 入園料は高校生以上500円、小中学生250円、幼児は無料。乗り物の体験料はレールバイクが高校生以上500円、小中学生250円、観光トロッコは高校生以上300円、小中学生150円、幼児はいずれも無料。証明書の提示で無料となる町民限定の「町民料金」も設けている。
 営業時間は午前9時~午後5時。毎週火・水曜日は乗り物を休止し、見学のみの対応。
 問い合わせは、レールパーク(☎0186・25・8890)。

統一地方選スタート 鹿角は選挙戦に突入 4月7日投開票 現・新3人が第一声

2019-03-30
 統一地方選の前半戦となる県議選が29日、告示された。鹿角市・郡選挙区(定数2)には現職2人と新人1人が立候補し、4月7日の投開票まで9日間の選挙戦が始まった。大館市(定数3)、北秋田市・郡(定数2)両選挙区は現職以外に立候補の届け出がなく、無投票当選が決まった。
 鹿角市・郡選挙区に立候補したのは、届け出順に石川徹氏(54)=無所属・現、児玉政明氏(47)=自民・新、川口一氏(68)=自民・現=の3人。最重要課題の人口減少対策などを争点に論戦が繰り広げられている。
 県選管の竹田勝美委員長は「選挙権年齢が18歳以上に引き下げられてから初めての統一地方選であり、幅広い年齢層からの投票を通じて県の進むべき方向を決める重要な選挙。一票の意義を十分に認識し、期日前投票や不在者投票を積極的に活用するなど、棄権することなく投票に参加されるよう願う」との談話を出した。
 大館市選挙区は鈴木洋一氏(74)=自民・現=が8選、佐藤賢一郎氏(71)=自民・現=が4選、石田寛氏(72)=社民・現=が7回目の当選を決めた。北秋田市・郡選挙区は北林丈正氏(58)=自民・現、近藤健一郎氏(63)=自民・現=がともに4選を果たした。両選挙区を巡っては、有権者に選択肢を示したいと擁立を模索する動きもあったが、立候補に至らなかった。
 大館市の無投票は選挙区ができた1951年以降初めて、北秋田市・郡は2003年以来16年ぶり2度目。

ふかわさん「とんぶり大使」に任命 大館の生産組合 魅力知り「唄」制作

2019-03-30
本間副組合長㊨がふかわさんに応援大使の任命状を交付(大館市民舞伝習館)
 大館市の特産品・とんぶりの応援大使に29日、タレントのふかわりょうさんが就任した。出演するテレビ番組で魅力を知り、「とんぶりの唄」を制作した。比内町独鈷の市民舞伝習館を訪れ、大館とんぶり生産組合(羽賀一雄組合長)から任命状を受け取り、「みんなでとんぶりを食べ、歌を口ずさんでほしい」と呼び掛けた。
 ふかわさんは神奈川県出身の44歳。バラエティー番組出演や音楽活動を展開している。自ら作詞作曲し、3月にCD発売した曲は、「とんぶり食べましょう とんぶり入れましょう たっぷりあげましょう 遠慮はしないで」などと優しい曲調で歌い上げる。
 きっかけは、昨年12月、ふかわさんが司会を務める東京MXテレビ放送の番組に、とんぶりを使った料理が登場したこと。出演者が存在を知らなかったため、同月、番組スタッフが産地・比内町独鈷を取材した。生産組合が加工手順などを説明し、その後の放送で「栄養価が高い」など魅力とともに紹介された。「産地を応援したい」との思いから、曲が完成した。
 任命式には、授業でとんぶりを栽培する東館小児童や生産者、JAあきた北職員ら約100人が参集。歓迎に涙ぐむふかわさんに、本間均副組合長が任命状を手渡し、「農家は歌に励まされ、伝統野菜の火を消さないよう頑張る。歌で消費者が興味を持てば販路拡大につながり、若い耕作者が増える」と感謝した。
 ふかわさんは「すばらしい食材。魅力がメロディーに乗って届いたらと、誰に頼まれた訳でもなく曲を作った。今後も応援させてほしい」と語り、会場全体で歌を歌った。
 とんぶりはホウキギの実を原料とした加工品で、その食感から「畑のキャビア」と呼ばれる。国内で継続して栽培している産地は大館市だけとされ、国の「地理的表示(GI)保護制度」に登録された。ピーク時には生産者が100戸を超えたが、高齢化などで現在は10戸、栽培面積は22㌶に減少している。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る