本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

ニプロ 「7回接種」の注射器開発 新型コロナワクチン用 大館工場で5月から製造 本年度5千万本提供へ

2021-04-13
6回接種できる「ローデッドタイプ」㊤と、新たに開発した7回接種可能な「ノンデッドタイプ」㊦の注射器
 医療機器製造のニプロ(本社・大阪市)は12日、米ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチン1瓶当たり7回接種できる新たな注射器を開発したと発表した。大館市二井田の大館工場で5月から製造する。既存の注射器では薬液が先端の隙間や針基に残るため、特殊な製品でも6回接種が限度とされていた。ワクチンの需要増加で供給が十分でない中、貴重な薬液を有効活用する手段として期待がかかる。供給開始は5月末を見込んでおり、小林京悦・常務生産事業部長兼大館工場長は「医療機器メーカーとしての技術を国民のために生かしたい」としている。
 ファイザー社のワクチンは、生理食塩水で薄めて1瓶に2・25㍉㍑が入っており、注射器で1回分当たり0・3㍉㍑を吸い出して筋肉注射を行う。薬液の無駄がなければ1瓶から7回分を採れる計算だが、一般的な注射器では先端部分に薬液が残るため5回分しか採れず、特殊な注射器でも6回分とされていた。
 このため薬液の無駄をなくそうと、ニプロは7回接種可能な注射器「ニプロVAシリンジ」を新たに開発した。薬液の残る先端部分をほとんどなくし、針を注射器に埋め込んで一体化した「ノンデッドタイプ」と呼ばれるもの。残液は1回の接種につき0・002㍉㍑のみで、限りなくゼロに近づけた。
 これまでも針と一体となった注射器としては、糖尿病の治療薬・インスリン用を製造しており、既存製品を基に改良した。針はインスリン用で長さ13㍉、直径0・3㍉だったが、筋肉まで確実に到達するよう長さを25㍉にし、操作性等を考慮して直径は0・5㍉とした。
 3月25日に厚生労働省から製造販売承認を得た。注射器は大館工場のほか、海外の工場でも製造しているが、このうち大館は品質保証体制等が整っているため、早期に量産化できると判断。大館工場で生産を始めることにし、設備の一部改造などを経て準備を整えた。生産本数は5月に50万本を見込み、6月からはタイの工場でも並行して進め、本年度内に約5000万本の提供を目指す。
 同社では、注射器の先端部分を細く突起状にして隙間を少なくし、ワクチンを1瓶当たり6回接種できる「ローデッドタイプ」と呼ばれる製品もタイの工場で製造しており、国からの要請を受けて増産体制を整えたところだった。これまで月50万本だった製造能力を月100万本以上に引き上げ、需要に対応していた。
 小林常務は「ワクチンの無駄をなくし、1人でも多くの人に接種するため、7回接種できる注射器の需要も高まってくる」とみており、「全社一丸となって供給し、国民の感染予防、コロナの収束に向けて技術を提供していきたい」と話している。

災害 全国の事例基に対策 大館市 防災戦略会議立ち上げ 初回は「林野火災」協議

2021-04-13
林野火災の事例を基に、課題や対応策について意見交換した会議(大館市消防本部)
 全国の災害事例を基に課題を出し合って発生時の対応に役立てようと、大館市は12日、第1回防災戦略会議を市消防本部で開いた。本年度初めて企画したもので、年4回の開催を予定。初回は同本部や危機管理課、林政課の担当者11人が出席し、福原淳嗣市長を招いて林野火災をテーマに協議。多角的な情報収集に向けた関係機関の連携構築、山ごとの警防計画策定の必要性などを挙げた。
 管内での災害発生時に被害を最小限に抑えるため、全国の事例を基にしながら課題を洗い出して対策を検討しようと、本年度初めて開催。空気が乾燥して火災が発生しやすい時期を迎えたため、初回は林野火災をテーマとした。
 同本部警防課の石田裕樹課長補佐が、実際の活動状況や災害事例に触れながら課題を説明。2018年4月に同市岩瀬字大石渡で発生した大規模な林野火災について「防災ヘリから散水し、岩瀬川が近くにあったので良かったが、消防水利をどう確保するかが重要。警報をいかに効率的に市民に伝えるかも課題」とした。
 栃木県足利市で2~3月に約100haを焼いた山林火災と同規模の災害が大館市内で発生したと想定し、早期に状況を把握し避難誘導につなげるため、▽ドローンの活用▽山ごとの警防計画策定▽森林管理部門を含めた連携構築―の必要性を指摘した。
 出席者がそれぞれの部門から課題と現状を報告し、「風向き等を考えた避難誘導が必要で、現場からの情報が重要になる。市民に寄り添った活動をするため、さまざまな機関と協力していく」などの声が上がった。
 会議では、季節や全国で発生した事例に応じて毎回テーマを変えて協議していく。福原市長は「北東北の陸援隊として市民、圏域住民の生命財産を守るのが大館消防。意識を共有していくことが大切」と述べた。

新型コロナ 警戒レベルを引き上げ 県対策本部 新規感染者の増加で

2021-04-13
警戒レベルの引き上げを決めた対策本部会議(災害対策本部室)
 新型コロナウイルスの新規感染が先月下旬以降、県内で増加していることを受けて県は12日、独自に定めた警戒レベルを特措法に基づく人の移動や外出自粛を要請できる「レベル3」に引き上げた。同日、県災害対策本部室で開いた対策本部会議で決定。県民に対して不要不急の県外との往来自粛を求めたほか、県内で拡大の要因となっている「家庭内感染」への注意を呼びかけた。
 県内の感染状況は先月中旬、約40日ぶりに新規感染が確認されて以降、大仙保健所管内を中心に増加傾向にあり、今月5~11日の1週間には警戒レベル2の指標を大幅に超える30人を確認。感染力が強いとされる変異ウイルスの感染も発生している。
 新規感染者の急増で入院患者や宿泊療養者も増加しており、病床確保計画のフェーズも2から3に引き上げた。即時に対応できる病床数は現在の98床から123床になる。11日現在の療養者数は入院21人、宿泊療養21人、調整中3人。フェーズ2の基準に対する病床使用率は21・4%でひっ迫した状況にないが、新規感染の急増を受けて早めに対応した。
 会議では、東北地方の宮城を含めた1都2府3県に「まん延防止等重点措置」が適用されたことや変異ウイルスが全国的に広がっていることを踏まえ、警戒レベルの引き上げを決めた。
 引き上げにより、県民に対して「仕事や試験、冠婚葬祭などを除いた県外との往来」について自粛するよう要請。また、大仙管内の感染拡大は家庭内での感染によるものが多いことから、ウイルスを家庭に持ち込まないための対策徹底を呼び掛け。会食についても▽マスク会食の実践▽対策が不十分な状況下でのカラオケ自粛―などを訴えた。
 会議終了後に佐竹敬久知事は臨時会見を行い、「ワクチン接種の開始に向けて感染を抑え込むことが重要」などと述べ、県民に理解と協力を呼びかけた。感染拡大に伴い誹謗(ひぼう)中傷も増えているとし、「誰もが感染する可能性はある。誹謗中傷や差別は絶対にやめて」と訴えた。

コロナワクチン集団接種 総合病院で模擬訓練 大館市 まず90歳以上、24・25日

2021-04-11
 大館市は10日、市立総合病院で90歳以上の市民に先行して行う新型コロナウイルスワクチン集団接種のシミュレーションを実施した。1回目の接種は今月24、25日、同病院正面玄関ホールで行う。1日約500人の接種を想定し、3カ所の接種ブースを設けるなど市職員が会場を設営し、課題を確認した。12日に対象となる市民約3000人に接種券を発送し、電話での予約受け付けを開始する。
 ワクチンの入荷が限定的で、市では高齢者の優先接種のうち、重症化のリスクが高い90歳以上から先行して行う。対象は1932年4月1日以前に生まれた市民。接種日は土、日曜に設定し、1回目が4月24日、25日、2回目が5月15日、16日。接種は無料。
 接種者は正面玄関から入り、発券機で整理番号を受け取り、ロビーに並べたいすで番号を呼ばれるのを待つ。受け付けで予診票や本人確認などを行った後、接種ブースへ進む。
 接種ブースは5㍍×5㍍の広さで、3カ所設置。各ブースに予診医と接種医の医師2人、看護師1~2人、事務職員2人を配置する。接種後、外来の待合室で経過を観察する。病院にはワクチンを保管する超低温冷凍庫が設置されており、希釈したものを各ブースへ運ぶ。
 市新型コロナワクチン接種対策室によると、両日とも午前200人、午後300人への接種を想定。医療従事者や市職員計80人体制で対応する。
 シミュレーションには職員20人以上が参加し、間仕切りを並べて接種ブースを設営し、動線などを確認した。安保透室長は「ワンフロアの会場で接種者の負担が減り、職員は全体が見通せる。30分で約50人の接種を進める計画で、職員を多めに配置して安全安心に行いたい」と話した。
 対象者に12日、接種券や予診票を同封した「予防接種のお知らせ」を郵送する。コールセンター業務は委託し、12日以降予約を受け付ける。市に到着する第1弾のワクチンは975回分で、先着順で締め切る。
 65歳以上の市民の接種はニプロハチ公ドームで実施する。ワクチンの入荷状況により、今後実施日などを決める。

予診を終えた後、移動して接種をするシミュレーション(大館市立総合病院)
12日に対象者に発送する封筒や接種券の見本

和の風情でイベント 大館の桜櫓館 きょうまで手作り市 耐震改修後初の貸館

2021-04-11
大広間で開かれた手作り市(桜櫓館)
 大館市字中城の国登録有形文化財・桜櫓館で10日、耐震改修後、初の貸し館イベントとなる「花咲く頃の手作り市」が始まった。昭和初期の本格木造建築の風情あふれる空間に、同市と能代市の9人が布作品や陶器などを展示。来場者は作品を手に取ったり、館内を見学したりしながら楽しんだ。11日まで。
 大館町長を務めた桜場文蔵氏が1933年に建てた木造2階建ての和風住宅。ケヤキの大梁(はり)と長尺・幅広の床板、秋田杉の長押(なげし)も継ぎ足すことなく長尺が使われた。部屋の障子や階段の手すりにも高度な技術が施され、2階の屋根から突き出た展望台もある。99年7月に登録文化財となった。
 2019年度の耐震診断で耐力壁の不足が判明し、市が昨年5月から改修工事を実施。文化財の価値を守ることと安全性確保の両立を目指し、建設当時の材料も可能な限り使用。今月1日に開館した。
 手作り市は布作品を制作する能代市の渡辺みや子さん(71)が知人に呼び掛けて開催。32・5畳の大広間にバッグや衣類、ステンドグラス作品、陶器などを並べ、販売した。渡辺さんは「以前もここで作品展を開いたことがあり、リニューアルを知って利用しようと思った。雰囲気のある建物で、庭もすばらしい。コロナ禍でイベント自粛が続いていたので、出展者も来場者も喜んでいる」と話した。最終日は午前10時30分から午後4時まで。
 桜櫓館の見学は無料。月曜休館(祝休日の場合は翌日)。大広間の使用料は1時間220円。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

国の3次補正 小坂町は9600万円 予算特別委 町長選後の財源に

2021-03-02
付託議案11件を原案通り可決すべきもの決定した予算特別委員会(役場)
 小坂町議会の予算特別委員会(椿谷竹治委員長、委員11人)は1日役場で開き、2021年度当初予算など付託された議案11件を原案通り可決すべきものと決定した。国の第3次補正予算について、当局は町への配分は約9600万円で、町長選後の肉付け予算の財源に充てる考えを示した。
 付託されたのは一般会計、特別会計の当初予算10件と下水道事業特別会計への繰り入れの計11件。当初予算は39億4300万円で前年度当初比で9400万円(2・3%)の減となった。4月に任期満了に伴う町長選が行われるため、骨格編成となったのが要因。
 一般会計の総括質疑を行った後、各特別会計を審議した。
 総括質疑では、国から地方に交付される地方創生臨時交付金の規模や使途について質問があった。本年度、同町に配分された地方創生臨時交付金は総額約2億5744万円で、年度内に財源として使用する。
 1月に国会で成立した国の第3次補正予算について、当局は町への配分が約9600万円と答弁。町長選に伴い、当初予算は骨格編成となったことから、選挙後に編成する肉付け予算の財源に充てる考えを示した。
 歯科診療所特別会計は、新年度の歯科診療収入を前年度当初比で744万円の減と見込んでいる。理由について、当局は新型コロナの感染拡大対策として、「患者数を調整しているため、新規患者が減少している」と説明した。
 介護保険特別会計で、介護予防として32自治会で行っている「お元気くらぶ」の運営について、質問があった。当局は、町主導だった運営方式を新年度は見直していく方針を示した。

復興への思いを筆に 桂桜美術部書道班 東北6県交流展に出展 被災地へメッセージ

2021-03-01
 東日本大震災の発生から10年を迎え、大館桂桜高校(片岡俊仁校長)の芸術部・書道班の生徒4人が書道で被災地へのメッセージを送った。部員たちが鎮魂・復興・希望の思いを筆に乗せ作品をしたためた。作品は東北6県高校書道交流展「絲(いと)ITO」(宮城県)で展示される。
 同展の担当者が同班の活動を聞き、出展の依頼があった。部員も「書道を通じて貢献できるなら」と快諾した。各県から2校がエントリーし、北鹿からは同校だけ。
 同校は2作品を出展。1月から構想を練り、制作に1週間をかけた。縦4㍍×横6㍍の作品には「過去と未来をつなげる糸」と書かれ、震災から前に踏み出し、続けた歩みを応援する言葉が力強い筆致でつづられる。2㍍×3㍍の作品ではコロナ禍に焦点をあて「一緒に生きていこう」と書かれている。
 部員らは「震災で大切な家族や友達、恋人を失ってしまった方々の心に少しでも寄り添えるような作品制作を目標にした。心を込めて取り組んだ」とコメントを寄せた。
 展示のテーマは「絲」。一本の糸は細く弱くとも、二本、三本とより合わせれば、太く強くなり、織ると強い布になる。個の力は小さくとも、東北6県の高校生で連携すれば震災やコロナ禍を乗り越えられる存在になれると考案された。
 「過去と未来をつなげる糸」はせんだいメディアテーク6階Bギャラリー(仙台市青葉区、3日まで)で展示。「一緒に生きていこう」は瑞巌寺(ずいがんじ)(松島町)で19日から24日まで。
「過去と未来をつなげる糸」(同校提供)
「一緒に生きていこう」(同校提供)

市民参加の舞台劇 開館5周年で記念上演 俳優はリモート出演 鹿角市のコモッセ

2021-03-01
舞台右側のスクリーンに映し出されたキンさん、カンさんを前にダンスを披露する園児たち(コモッセ)
 鹿角市文化の杜交流館「コモッセ」開館5周年記念事業のミュージカル風市民舞台劇「輝く未来、この空の下で」が28日、同館で上演された。東京からリモート出演の俳優と市民、保育園児たちが鹿角の歴史をテーマに熱演した。
 脚本はコモッセのスタッフ鵜目陽さんで、演出は劇団スパー・エキセントリック・シアター(劇団SET)の山崎大輔さん。「市民参加型」をテーマの一つとしており、市内5保育園の園児を含め市民約120人が参加した。
 百寿と白寿を迎える姉妹キンさんとカンさんの2人が、思い出を語りながら鹿角市の歴史を振り返り、輝く未来を願う―というストーリー。キンさん役の白士直子さん(劇団SET)、カンさん役の丸山優子さん(同)はリモート出演となった。
 舞台右側にスクリーンを設置、キンさんとカンさんが画面に映し出され、その前で園児たちが長寿を祝うダンスを披露した。画面の出演者と舞台の園児たちが一体化し、「コロナ禍の新たな舞台表現」ともなった。
 コモッセは2015年4月にオープン。文化芸術活動や交流の拠点としてさまざまなイベントが開かれ、多くの市民が利用している。延べ来館者は約180万人。コロナ対策で入場者数は客席数の50%に制限した。

随意契約「一者と複数年」19件 北秋田市監査委 「公正な運用を」と指摘

2021-03-01
 北秋田市監査委員は本年度の行政監査結果をまとめ公表した。特定の相手と一者随意契約を複数年にわたって繰り返しているケースが19件あり、「公正の確保を重視した運用が求められる」と指摘した。
 行政監査は地方自治法に基づき、北秋田市が締結した随意契約の運用実態を把握し公正な契約事務執行を目的に、昨年10月から今年2月17日まで行った。監査対象は水道局を除く全部局で昨年4~7月末までに締結した随意契約。市の監査委員3人が連名で監査結果報告書を市や市議会などに提出した。
 報告書によると、各部局から提出を受けた監査対象は1139件。契約事務を主管する財政課から全庁の事務改善に早急に取り組む内容の説明があったため、初歩的な誤りについては来年度以降の監査で改善状況を確認することにした。
 その上で詳細調査の対象とした26件について随意契約理由書などの追加提出を求め、所管課から説明を聞いた。
 業務に精通するなど過去の実績を理由にしたものは「太平湖遊覧船修繕」など9件あり、いずれも一者随意契約だった。「サービス提供者が限定される」という理由では7件あり、うち5件が一者随意契約だった。 
 他にも「業務の専門性」や「その他」の理由で一者随意契約だったケースが複数あり、監査委は「具体的な事情を考慮しても記載内容は合理性に乏しく、法令との適合性は希薄と思われるものが多数見受けられた」とした。
 監査委は「競争入札が原則」「随意契約はあくまでも例外的な契約方法であることをあらためて認識し直さなければならない」と指摘。監査対象1139件のうち、6割超の707件が一者との随意契約だったことなどから「他者の参入を阻み、地方公共団体にとって不利な条件で契約を締結する恐れがあることを踏まえた対処が肝要」と意見した。
 詳細調査の26件のうち、19件が特定の相手と一者随意契約を複数年にわたって繰り返していたことにも触れ、「随意契約の理由などの合理性、妥当性について定期的な点検が必要」とし「公正の確保を重視した運用が求められる」と結論付けた。
 随意契約の運用についてはこれまで市に指針となるものがなく、所管課や担当職員によって理解の相違が見受けられたという。「全庁共通の運用指針が必要」と対応を求めた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る