本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

中学生研修タイにも 大館市総合教育会議 「木育ひろば」来月23日開設

2019-11-22
NEW
教育施策を協議した会議(大館市役所)
 大館市は21日、総合教育会議を市役所で開き、福原淳嗣市長と教育委員会が2020年度以降の重点施策について協議した。英語教育の推進では中学生向け海外研修について、ニュージーランドに加えてタイにも生徒を派遣する方針。地元産の木に親しむ「木育」推進事業として整備する女性センターの「木育ひろば」は12月23日にオープン予定と報告があり、子育て環境の充実や木材利用促進を求める意見が出た。
 20年度からの新学習指導要領で小学5・6年生の英語が教科化されることを受け、現在の外国語活動支援員7人体制に4人増員し、1・2年生にも英語体験の環境を整えたい考え。
 タイへの海外研修は実践的な教育を推進する狙いがある。4月にワチュラウッド王立学校(小中高一貫校)と交流拡大に向けた趣意書を締結し、相互訪問を検討していた。
 木育推進事業は農林課の森林整備事業を活用するもので、女性センターを拠点として家庭教育推進など多様な事業で木育に取り組む。仕事や生活に生かすための社会人の学び直し(大館版リカレント教育)については3061人にアンケートを行い、2906人(95%)から回答を得たことから分析した上でプログラムを構築する。
 第2次学校教育環境適正化計画の素案は3月までに作成する見込みで、住民説明会を開催した上で成案をまとめる。福原市長に「統廃合のビジョンは」と尋ねられ、高橋善之教育長は「小学校は地域との関わりを含めて極力残したい。中学校の在り方を先に考えていかなければならない」と述べた。
 県指定有形文化財・鳥潟会館(花岡町)については国名勝指定を目指しており、年5月に全国の文化財庭園保存技術者を対象とした実技研修会が同館で開かれることになった。歴史文化課は「文化財としてさらに評価される可能性がある庭園として、文化庁が推薦した」と報告し、せん定技術の一般公開などが予定されていることを紹介した。
 市長が2期目の公約に掲げた「スポーツコミッション」については、総合型スポーツクラブや体育協会などの団体、スポーツ産業、観光産業など民間企業・教育機関が一体となり、市民も参画する形で設立すると説明。「(コンピューターゲームの腕前を競う)eスポーツも入れてほしい」との意見があった。

森吉山の魅力語り合う 阿仁合駅で シンポジウム 人材の重要性も指摘

2019-11-22
NEW
森吉山の魅力を語り合ったシンポジウム(内陸線阿仁合駅)
 「森吉山!の魅力再発見シンポジウム」が21日、北秋田市の秋田内陸線阿仁合駅の「北秋田森吉山ウエルカムステーション」で開かれた。講演やパネルディスカッションを通し、来場者約50人が観光素材の豊富な森吉山を再認識した。
 森吉山阿仁スキー場を運営するNPO森吉山(片岡信幸理事長)、秋田内陸縦貫鉄道(吉田裕幸社長)の共催。「森吉山観光の情報発信の場」として今年4月にオープンしたウエルカムステーションでの本格的なイベント開催は今回が初めてという。
 ふるさとあに観光案内人の会の戸嶋喬会長が「森吉山!の魅力再発見について」と題して講演。後半のパネルディスカッションは「森吉山の魅力」をテーマに語り合った。
 登壇したのは吉田社長、スキー場の吉田茂彦支配人、森吉山の管理人・鈴木英雄さん、山岳ガイドの大川美紀さん。戸嶋さんの進行で、それぞれの立場から魅力を紹介した。
 森吉山を核とする周辺観光は高山植物、樹氷、鉱山文化など人を引きつける素材が豊富。「この地域にはまだ光り輝いていない宝物がある」「観光客に求められたことに地域がどのくらい応えていけるか」「スキー場の秋田犬を目当てに来てくれる」などと語った。
 共通したのは「人とのつながり」の大切さ。台湾の観光事情を知る大川さんは「行きたいエリアが複数ある時に(旅先として)選ばれるのは誰がいるかだ」と指摘。鈴木さんも「人との付き合いは思い出に残る」と述べた。ガイドや観光関係者らが参加し熱心に聴講した。

都市と農村 食で交流 鹿角市と 東京・四つ木 「まつり」に8千人の人出

2019-11-22
NEW
鹿角の農産物等が人気を集めた「食の交流まつり」(四つ木商店街)=鹿角市提供
 鹿角市と長年にわたって都市農村交流を行っている東京都葛飾区四つ木地区で16、17の両日、恒例の「かづの食の交流まつり」が開かれた。今年も延べ約8000人の人出でにぎわう中、鹿角の農産物などを大いにPRした。
 今年で35年目を迎えた鹿角市とよつぎ小との都市農村交流事業の縁もあって、毎年この時期に開催している。
 参加したのは十和田八幡平観光物産協会や直売所など実行委員会のメンバー約20人。市農業農村支援機構の若手農業者人材育成塾「ネクスト農(みのり)塾」の塾生も研修の一環で昨年に続いて参加した。
 16日はよつぎ小体育館、17日はまいろーど四つ木商店街に出店。好天に恵まれ、2日間で過去最高だった昨年と並ぶ約8000人が来場した。
 恒例のきりたんぽ鍋無料試食には長蛇の列ができ、計900食が振る舞われたほか、夏の交流事業で来鹿した児童らが販売のお手伝いで活躍したこともあって、「鹿角りんご」「淡雪こまち」の新米、野菜、キノコなどの売れ行きも好調だった。
 新企画として四つ木商店街のパン屋とコラボした特製「鹿角りんごプチパン」を来場者にプレゼント。農塾生が提供した鹿角りんごとカスタードクリームが入った逸品で、好評だった。
 鹿角の土付きジャガイモの詰め放題、お米計量クイズ、たんぽ小町ちゃん塗り絵コーナーなども人気を集めた。

北秋田市 消防 合川、森吉分署を統合へ 旧合川東小に新分署 再編計画示す

2019-11-21
消防再編計画を全員協議会に示す津谷市長(中央)=北秋田市役所
 北秋田市は20日、施設の老朽化が著しい市消防署合川、森吉の両分署を統合し旧合川東小野球グラウンド(下杉)に新たな分署を2021年度中に建設する計画を明らかにした。統合により消防署を現行の5署から4署に再編する。分署の配置人員数や担当エリアを見直し慢性的な隊員不足解消も図る方針。
 津谷永光市長や中嶋誠消防長らが同日、市役所で開催した市議会全員協議会に再編計画を示した。
 計画によると、統合分署の建設予定地は現行の森吉分署(米内沢)と合川分署(新田目)の間に位置する。旧合川東小校舎から道路を挟んだ北側の野球グラウンドで広さは約1万3000平方㍍。北秋田市民病院に近いアクセス面や、合川と森吉の地理的なバランスを考慮して選んだ。
 統合分署には消防車、救急車を各2台置く。隊員を常時最低7、8人配置する予定で2隊が同時出場できる態勢を確保する。現在は各分署に1隊4人しか配置されておらず、1回出場すると分署が無人化していた。
 救急隊などが現場到着する時間は現行より「平均で2、3分遅れる」と試算した。場所によっては短縮できるという。阿仁分署や上小阿仁分署の担当エリアを今後見直し遅延を抑える。
 計画には阿仁分署の移転方針も盛り込まれた。建設予定地は明らかにしなかったが「国道105号沿いの高台」とした。ヘリポートを併設し冬季の使用も目指す。
 設計、建設の費用は統合分署が約4億5000万円。20年度に実施設計、21年度の建設工事を行う予定。阿仁分署は約1億6500万円。21年度の実施設計、22年度の建設工事を予定している。中嶋消防長は「本年度中に住民向け説明会を開催したい」と述べた。
 議員から「再編の短所を含めて住民に説明してほしい」「どの区域で到着時間が変わるのか示して」といった意見が上がった。
 消防署は現在市内4署と上小阿仁分署を含め5署態勢。市内4署はいずれも建設から40年以上が経過している。市内の人口は減っているものの高齢化で救急要請の数は40年ほど前に比べ約3倍に増加しているという。この間、隊員数はほぼ現状維持が続いている。

鹿角 クマ駆除中、襲われけが 猟友会員の男性2人 市街地に出没、射殺

2019-11-21
男性2人を襲った後、猟友会に駆除されたクマ(鹿角市十和田大湯)
 20日午前8時40分ごろ、鹿角市十和田大湯字上ノ湯で、クマの有害駆除のため出動していた鹿角連合猟友会の男性会員2人が、体長約1㍍のクマ(雌)に立て続けに襲われた。79歳の男性が左顔などを引っかかれる軽傷を負い、66歳の男性は右の人さし指と、中指を第一関節からかみちぎられる重傷を負った。2人は市内の病院に搬送されたが、いずれも命に別条はないという。
 鹿角署によると、午前6時5分ごろ、上ノ湯の温泉宿の庭先にクマがいるのを、宿泊客が目撃。クマはうずくまっている状態だったため、通報で駆けつけた署員と猟友会が追い払うと、温泉宿後ろの大湯川沿いを通り、下流の方向へ移動。川沿いのやぶや、住宅街への出入りを繰り返したという。
 署員11人、猟友会4人、市職員4人が行方を追っていると、温泉宿から西側約370㍍の開明橋近くの市道で、猟友会の79歳の男性が背後からクマに襲われた。クマはその場から逃げ去ると、川沿いの保育園裏にいた猟友会の66歳の男性を続けて襲った。
 クマは再び移動して歩き、温泉宿から西側約570㍍の川沿いのやぶにいるのを関係者が発見。警察から指示を受けた猟友会3人が午前8時50分ごろから9発を発射し、クマは射殺された。男性2人が襲われた現場は住宅街だったため、発砲の許可は出されていなかった。
 大湯の市街地では10月4日にも親子クマ3頭が出没し、周辺を騒然とさせた。猟友会の男性が襲われた現場近くに住む70代男性は「びっくりした。こんなの初めてだ」と驚いた様子。クマが射殺された現場近くで働く30代女性は「物々しい雰囲気だった。近くに保育園もあり、まさかここにクマが出るなんて」と恐怖感を口にした。
 市農林課の青山真主査は「冬眠するこの季節にクマが出るのは珍しく、ましてや住宅地に出没するのは異常だ。餌を求め動き回る可能性も考えられるため、小屋などに入り込まれないよう出入り口をしっかり封鎖してほしい」と話した。
 同署管内で今年、クマによる人身被害が発生したのは、10月3日にキノコ採りの男性が襲われたのに続き3件目。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

県種苗交換会 開幕 本県農業の底力示す 農産物1832点 大館で18年ぶり

2019-10-31
1832点の農産物が並んだ展示会場(タクミアリーナ)
 第142回県種苗交換会が30日、大館市で開幕した。出品農産物は前年を294点下回る1832点。今年は高温、少雨傾向で生育に影響を及ぼす天候となったが、主会場・タクミアリーナには、生産者が丹精込めて育てた農産物が並んだ。審査の結果、北鹿地方から3人が農林水産大臣賞に輝いた。
 同市での開催は2001年以来、18年ぶり8回目。「集え大館 令和に紡ぐ 秋田の農業」をキャッチフレーズに、11月5日までの7日間、多彩な行事が行われる。JA秋田中央会主催、市協賛会協賛。市協賛会は期間中、80万人の人出を見込んでいる。
 タクミアリーナで行われたオープニングセレモニーでは、JA秋田中央会の船木耕太郎会長が「明治から続く交換会が一つの時代を超えて紡がれていくことに深い感銘を覚える。本県農業の底力を感じていただき、食と農への理解が深まることを期待する」、市協賛会長の福原淳嗣市長が「新元号令和の時代に、秋田が持つ農業の魅力、素晴らしさを伝えていきたい」とあいさつ。関係者がテープカットを行った。
 出品された農産物は▽水稲=56点▽畑作物及び工芸作物=245点▽果樹=243点▽野菜=851点▽花き=308点▽農林園芸加工品=60点▽畜産及び飼料=38点▽林産品=31点―。地区別では、北秋田が587点で全県8地区で最も多く、鹿角からは130点となった。
 農水大臣賞を受賞したのは、池田貴宏さん(鹿角市)のリンゴ「秋田紅あかり」、松澤幹基さん(大館市)のヤマノイモ「大館1号」、渡辺寛子さん(大館市)の切り花・ダリア「NAMAHAGE MASARU」。展示会場には午前中から多くの人が詰めかけ、農産品を一品一品鑑賞。農業機械化ショーや植木苗木市、飲食物露天販売などが行われる協賛第1会場のニプロハチ公ドームもにぎわいを見せた。
 ほくしか鹿鳴ホールでは新穀感謝農民祭、開会式が行われ、1878(明治11)年から続く歴史と伝統を誇る農業の祭典の幕開けを関係者が喜び合った。
 31日は午前9時30分から、メモリスあきた北で「農業生産拡大に向けた労働力確保対策について」をテーマに、談話会が行われる。

秋の鹿角をPR タイから 旅行関係者 リンゴ狩りも体験

2019-10-31
リンゴ狩りを楽しむタイの旅行代理店関係者(十和田関上の佐藤秀果園)
 国立公園八幡平エリアを海外の観光客に売り込む招へいツアーが、鹿角市と隣接する岩手県八幡平市で行われている。インバウンドターゲット国としているタイの旅行代理店関係者6人を招待し、秋の魅力をアピールしている。
 両市が連携して、タイから旅行関係者を招くのは、2回目。前回は冬の魅力を発信するため3月に実施。今回は秋に設定した。29日から11月2日まで4泊5日の日程。
 招待したのは、旅行エージェント4人とSNSで発信して影響力のあるインフルエンサー2人の計6人。一行は29日、羽田空港から空路で大館能代空港に到着し、鹿角市内の道の駅あんとらあ、史跡尾去沢鉱山を回った。千歳盛酒造では日本酒を試飲した。
 30日は午前、後生掛自然研究路を散策し、午後は十和田関上の佐藤秀果園でリンゴ狩りを体験した。経営する佐藤一さん(70)によると、台湾など海外観光客の利用は多く、木に実っているリンゴを間近にして体験できるとあって、喜んで帰るという。
 参加者は、赤く実ったリンゴをもぎ取った後試食し、「おいしい、おいしい」を連発していた。タイにおける鹿角の認知度はこれからだが、男性は「この2日間のコースは、鉱山があり、後生掛の自然、フルーツ、温泉と、トータルとしてよくできている」と話した。この日はホテル鹿角に宿泊した。
 31日から八幡平市に入り、11月2日に盛岡市から羽田空港に向かう。

農業功労者 成田さん(鹿角市)と アグリ川田(大館市)に 地域農業をけん引

2019-10-31
関係者らが農業功労者の受賞を祝った(ホテルクラウンパレス秋北)
 県種苗交換会の「農業功労者を称える会」は30日、大館市のホテルクラウンパレス秋北で開かれた。「淡雪こまち」の直播栽培技術の確立に尽力した鹿角市の成田誠さん(72)と、枝豆産地形成に尽くした大館市のアグリ川田(川田将平社長)が受賞。それぞれ喜びを語り、地域の農業のさらなる発展を誓った。
 成田さんは、1976年に稲作主体の農業に従事。JAかづの毛馬内地区稲作愛好会会長、JAかづの理事、鹿角農業士会会長などを務めた。県育成品種「淡雪こまち」の直播栽培における収量の安定化と品質均一化の技術を確立。特産化により農家所得の向上に大きく貢献した。
 同社は、家族経営から企業経営に転換し、2006年に設立。翌年に転作大豆栽培のノウハウを生かし、収益性の高い枝豆栽培を開始した。16年には園芸メガ団地育成事業を活用し、枝豆栽培の大規模化・機械化・安定した収入を確保。栽培面積を40㌶まで拡大した。その後も12品種を組み合わせた独自の播種、栽培計画により、18年度には単一法人として管内最大の75㌶の枝豆栽培を行い、地域の枝豆生産をけん引している。
 成田さんはあいさつで「農業は無我夢中の一言。淡雪こまちは何度も諦めかけたが、仲間に支えられた。栽培は難しいが、これからも続けてほしいという声を聞く。これからも皆と共に頑張りたい」と抱負を述べた。同社の川田社長は「最近は枝豆を栽培する若い人も増えている。今後も秋田の枝豆を頑張っていきたい。受賞は周りの農家や社員のおかげで、自分は修業の身。この先も地域貢献していきたい」などと感謝した。

水道ビジョン 料金見直しなど原案に 大館市 広域・官民連携も 議会建水委で報告

2019-10-30
水道ビジョン原案について報告を受けた建設水道委(大館市役所)
 大館市議会建設水道常任委員会(佐藤眞平委員長)は29日、市役所で開き、長木川河道掘削事業と新水道ビジョン策定状況について報告を受けた。水道ビジョンは人口減や設備更新に伴う費用増を踏まえて料金見直し、広域・官民連携などを原案に盛り込み、11月11日からパブリックコメント(意見公募)を行う。
 外部有識者らでつくる「懇話会」や議会の意見を反映した原案によると、更新需要や財政収支の見通し、理想像、目標設定、実現方策など7章で構成。人口減を背景に水需要と料金収入の減少が予想され、老朽化施設の更新で多額の費用も見込まれており、料金見直し検討の必要性を挙げている。経営基盤の安定化へ官民連携や広域連携も打ち出した。
 料金を据え置くと2035~39年度に赤字となる見通しで、値上げした場合は経営が成り立つと推測。施設の長寿命化を考慮して更新する場合の見直し時期の一例として▽32年=約20%増▽39年=約10%増▽46年=約10%増▽51年=約20%増▽58年=約10%増―と示した。
 広域連携については県主導で具体化すると想定し、「できる限り市も同じ方向で進む」と記載。県内で料金徴収業務の包括委託が進んでいることから段階的に官民連携を推進するとした。民間に運営権を譲渡するコンセッション方式は「現状では現実的でない」と判定、「業界の成熟や市民理解、安全の担保などを見極めながら段階的に推進する」としている。
 パブリックコメントは11月22日まで。市ホームページや水道課(比内総合支所)、市民課(本庁舎)、田代総合支所市民生活係で原案を閲覧できる。1月の懇話会に最終案を示し、年度内の策定を目指す。
 長木川河道掘削事業は県が行うもので、本年度はJR花輪線鉄橋の上流側から県道大館十和田湖線大館橋まで1・5㌔区間、20年度は大館橋から市道有浦東台線鳳凰大橋まで1・5㌔区間の予定。掘削で発生する土砂は旧長根山スキー場など市有地に搬出することにしている。

北秋田 墓前にささぐ「浜辺の歌」 成田為三の命日 地元合唱団が歌声

2019-10-30
成田の楽曲を歌う合唱グループ(龍淵寺)
 北秋田市出身の作曲家・成田為三の命日に当たる29日、同市米内沢の龍淵寺で墓前演奏会が開かれた。市内の合唱グループなどから約40人が参加し、代表曲「浜辺の歌」を墓前にささげ、功績をたたえた。
 成田は大正から昭和にかけて300曲以上を手掛け、芸術的な童謡作曲の草分けとして知られる。1945年10月29日に51歳で亡くなり、同寺に眠っている。
 その功績と楽曲を後世に伝えようと、墓前演奏が企画されたのは57年。成田が教授を務めた国立音楽大の合唱団有志が披露した。市教委によると、現在のように地元合唱グループが参加して行うようになったのは30年前の89年ごろという。
 没後74年となるこの日は市教委の呼び掛けで浜辺の歌音楽館少年少女合唱団やコール・もりよし、女声合唱団る・それいゆ、秋田声楽研究会カント・アムゼル、同館運営審議委員らが出席した。墓前で奥山亮修住職が読経し、参加者が手を合わせた。
 歌い手たちは伴奏に合わせ「雨」「かなりや」などを披露。清らかな歌声を響かせた。最後に全員で「浜辺の歌」を合唱し、あらためて成田の偉業をかみしめた。
 少年少女合唱団の泉谷優奈さん(14)と藤本奈月さん(15)は「為三先生の曲を歌うことは誇らしい。合唱活動ができることや先生に感謝したい」と語った。
 11月3日には市文化会館で第14回「浜辺の歌音楽祭」も開かれる。午前10時開演。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

馬龍講が御神輿「お迎え」 大館神明社祭典 御旅所で初の試み 歓迎の囃子奏でる

2019-09-12
御神輿と馬龍講が御旅所へ向けて運行した(大館市馬喰町)
 大館神明社祭典は本祭の11日、大館市馬喰町で御旅所(おたびしょ)へ向かう御神輿(おみこし)を馬龍講が「お迎え」した。近年は御神輿の巡幸と曳き山車の運行が別々で行われることが多いが、曳き山車が御神輿を歓迎するという本来の形に近づけようと、御旅所の当番町である馬喰町が初めて企画。にぎやかなお囃子(はやし)で「喜び」を表現した。
 御旅所は御神輿が巡幸する際の休み処(どころ)。神明社の氏子会のまとめ役となっている大町、馬喰町、中町、新町の「四町」が持ち回りで奉仕している。個人の家や飲食店が会場となり、到着すると御神体を建物の中へ入れ、休憩後は、再び御神輿へ移す。
 神明社によると、曳き山車は御神輿と共に行動するのが本来の形。曳き山車は御神輿を歓迎し、お囃子のにぎやかさは喜びを表現しているともいわれる。時代とともに単独で行動することが多くなっており、形を見直そうと、今年の当番町である馬喰町が初めて「お迎え」を提案した。
 正午過ぎ、馬喰町のスカイパーキング前の祭典事務所へ御神輿が到着すると、関係者が低頭で御神輿を迎え入れた。提灯(ちょうちん)を先頭に御神輿がゆっくり前へ進むと、馬龍講がお囃子を奏でながら風呂屋町交差点まで同行した。御神輿はその後、御旅所の「かっぽう大河」へ向かった。
 馬龍講の飯田知孝実行責任者は「御神輿と曳き山車の関係を見直し、奉納行事がただのイベントになってしまわないよう、お祭りとしての役割を果たしたかった。取り組みが来年以降も拡大していけば。初めてのことだったが、うまくやりきれたと思う」、佐藤文人宮司は「曳き山車に御神輿が迎えられることはなかったので、ありがたいこと。今後、御神輿と曳き山車のつながりが深まっていくきっかけになれば」などと話していた。

声良鶏銅像 賛成少数で不採択 花輪駅前設置の請願 考える会は運動継続へ 鹿角9月議会

2019-09-12
声良鶏銅像の花輪駅前設置を求める請願などを審査した教育民生委(市役所)
 鹿角市9月定例議会は11日、総務財政、教育民生、産業建設の各常任委員会を開き、当局から所管事項の報告を受けた後、付託案件を審査した。教育民生委(舘花一仁委員長)では、JR鹿角花輪駅前にある声良鶏銅像を歴史民俗資料館へ移設する市の方針に反対している市民団体「声良鶏銅像の設置を考える会」(奈良東一郎代表)が提出した「声良鶏銅像を花輪駅前を離れることなく設置することを求める請願」について、賛成少数で不採択とした。
 声良鶏の銅像は1952(昭和27)年、全日本声良鶏保存会が国天然記念物指定を記念して設置した。花輪出身の故相川善一郎氏の作。
 駅前広場整備事業に伴い、市が駅前から離れた花輪横町の歴史民俗資料館に移設する計画だが、考える会は「鹿角のシンボルとして市民に親しまれてきた」と駅前への設置を求め、要望や署名活動を行っている。署名は11日までに707人分が集まった。
 9日の一般質問で児玉一市長は銅像移設について「歴史民俗資料館は旧鹿角郡公会堂をまちのシンボルとして残してほしいという市民の声をもとに、文化財を生かしたまちなか観光の拠点として整備した。声良鶏の銅像が移設されることで、市の二つのシンボルが同じ場所にそろうことから、施設の魅力向上が図られる」との考えを示している。
 教育民生委では、考える会の請願について委員長を除く委員5人が意見を述べた。
 このうち金澤大輔委員は不採択の立場から「駅前設置の要望書を提出された方々の思いも真摯(しんし)に受け止めるべきだが、教育面、保存・伝承していく使命、将来的な銅像の管理等も考慮した上で、歴史民俗資料館という新天地で鹿角市のシンボルとしての役割を果たしてもらいたい」と述べた。
 採択の立場の田口裕委員は「駅前広場の広くなった場所に銅像を置くことが、そんなに問題になるのか。どうしても資料館に移設する意味が分からない。声良鶏の『市の鳥』としての位置づけや、市民の声、活動された方々の気持ちを大事にするべきだ。再度、駅前設置を検討してもらいたい」とした。
 採決の結果、賛成は田口委員1人で不採択となった。
 傍聴した奈良代表ら会員3人は「不採択となったことや、賛成者がたった1人だったのは残念。一応結果は出たが、市民の強い思いを無視してもらいたくない。議員とも話し合いたい。資料館に移ったとしても、駅前に戻るよう粘り強く運動していきたい」と話した。
 この日、3人は市長との面会などを要望する文書を市に提出した。

山車みこし 秋晴れの出陣 街は祭り一色に 「イヤサカサッサ」の声響く 大館神明社祭典

2019-09-11
にぎやかな囃子の音色とともに曳き山車が街へ繰り出した(大館市大町)
 大館市の大館神明社祭典が10日、開幕した。初日の宵宮は秋晴れとなり、曳き山車14講、子供みこし8講がにぎやかに市内を練り歩いた。囃子(はやし)方や踊り手、曳き手が息を合わせ、「イヤサカサッサ」と掛け声を響かせ、街は祭り一色に染まった。本祭は11日。
 五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全、商売繁盛などを祈願し、400年以上続くとされる祭り。雨が降ることが多く、「雨祭り」の異名で知られるが、今年は爽やかな秋晴れの下で開幕した。
 午前11時に神明社で「余興奉納奉告祭」の神事が行われ、午後からおおまちハチ公通りに各講が集結。これまで大館スカイパーキングを出発点にしていたが、今年初めてハチ公通りを会場にした。安全運行等を祈願する「清祓(きよはらい)式」を行い、曳き山車が各町内へ向けて運行を始めた。「ワッショイワッショイ」「イヤサカサッサ」と威勢の良い掛け声が街中に響き渡った。
 夜は午後7時前後に御成町2丁目で出陣式を行い、新町交差点まで合同運行。長倉交差点付近の坂を重さ1㌧以上の曳き山車が一気に駆け上がる「田乃坂越え」では各講が独自のパフォーマンスで観衆を魅了した。勢いそのままに各地で演奏合戦を繰り広げ、昼夜を問わずにぎわいを見せた。
 本祭の11日は午前8時30分から神明社で例祭。午後0時20分からおおまちハチ公通りで曲げわっぱ太鼓演奏、山車見世、午後6時から大館駅前で大館囃子共演、同6時30分からおおまちハチ公通りで祭典祝い水を行い、フィナーレを迎える。

北秋田市 市内全域に拡大へ 伊勢堂岱遺跡景観条例 世界遺産へ環境整備

2019-09-11
 北秋田市は伊勢堂岱遺跡景観条例の規制対象範囲を拡大する方針を示した。同遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録を目指す上で、規制を遺跡周辺に限定した条例を2017年4月に施行済みで今後は市全域とする見込み。市は「保護の最重点は遺跡。市全域の規制は現行条例より緩やかな内容になる」としている。
 景観条例は縄文時代後期の大規模祭祀(さいし)場である遺跡の景観を守る目的で制定した。景観を壊すような建築物や開発行為は届け出制度によって規制、変更の誘導を図る内容。
 指針となる景観計画に、規制の基準について建築物の場合「高さ13㍍」などと明記してある。色彩なども規制対象。主な規制の範囲は遺跡から同心円状の約100㌶としていた。この範囲を遺跡の「緩衝地帯」と位置付け、遺跡と一体的な景観として守っている。
 市は規制対象範囲をさらに広げようと景観計画策定業務委託費(473万円)を一般会計補正予算案に計上し、開会中の9月定例議会に提出した。
 津谷永光市長は定例会見で、遺跡のある13自治体で同様の条例改正に取り組む方針を明らかにした。世界遺産登録に向け、文化庁から拡大の指導があったという。多くの市民が日常生活を送る住宅地や商店街なども含むことになるが、拡大前の建築物などは規制対象にならず、規制内容も現行より緩やかになる予定。
 市生涯学習課は「規制内容については今後業者と協議する」とし、現行と同様に罰則を設ける予定はないという。本年度中の計画完成を目指している。2020年度の市都市計画審議会で承認を受けた後、景観条例改正案の提出を見込む。

保育所 施設の再編を検討 児玉市長 「利便性考慮し進める」 鹿角市9月議会一般質問

2019-09-11
3議員が一般質問を行った9月定例議会(市役所)
 鹿角市の9月定例議会は10日、前日に引き続き一般質問を行った。保育所の再編について、児玉一市長は「老朽化した一部施設を廃止し、利便性を考慮したい」と答え、施設再編を進める考えを示した。花輪北・平元小統合計画の校名と校歌の決定に対し、議員から「児童の思いを考慮したのか」と強い不満の声が出た。
 質問したのは金澤大輔議員(鹿真会・公明)、中山一男議員(清風会)、倉岡誠議員(誠心会)の3人。保育所再編は中山議員が取り上げた。児玉市長は「保育サービスの質を確保する一つの手法として、施設の再編を検討している」と再編に言及した。
 公立保育所5カ所と認定こども園2カ所のうち、「老朽化した一部施設を廃止し、登園の利便性を考慮した施設再編を進めたい」と答弁した。
 県内の中学校で配置が進む部活動指導員の設置を求める質問があった。畠山芳孝教育長は、5月に全中学校を対象に意向調査を行い、5競技について配置の希望があったことを報告。教職員の残業を削減する対策にもなるとして、「部活動顧問の勤務実態などを総合的に精査し、配置に向けた準備を進めていきたい」と答弁した。
 花輪北・平元小統合は倉岡議員が取り上げ、「柴平小」という校名と、校歌の決定までの経過をただした。地元に設置された再編協議会が決定したもので、校名は学区内から一般公募して決めた。校歌は花輪二中で使っているものを引き継ぐ。
 倉岡議員は、旧柴平地域以外の住民の間で校名に不満があることを紹介。校歌についても「中学生向けの校歌は、小学生にふさわしくないのではないか」と見解を求めた。畠山教育長は、協議会の場で他の事例を紹介し情報提供に努めたことを説明し、「教育委員会は、学区内のみなさんの学校に対する思いを聞かせていただく立場。協議会の決定を最大限尊重すべきであると考える」と答えた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る