本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

忠犬ハチ公 屈託のない笑顔 新たな写真見つかる 渋谷区博物館で初公開

2019-02-18
新たに見つかったハチ公の写真(白根記念渋谷区郷土博物館・文学館提供)
 大館市生まれの忠犬ハチ公が笑っているような写真が新たに見つかり、白根記念渋谷区郷土博物館・文学館(東京)で初公開されている。ハチ公の写真は約70枚現存するとされるが、「屈託のない笑顔」は珍しい。生前のハチを知る女性が2017年5月に寄贈したもので、同館の担当者は「世の人に『幸せに暮らしている』と伝えているようだ」と話す。
 寄贈したのは、ハチの飼い主だった上野英三郎博士宅の近くに住んでいた大木八重子さん(96)。上野博士の急逝後、ハチは植木職人に引き取られ、博士の教え子だった大木さんの父が預かることも多かった。大木さんは小学生のころ、学校から帰るとハチと遊んだ。「とても賢くかわいい犬だった」という。
 大木さんの父はハチを何度も撮影し、数多くの写真を持っていたとみられるが、戦災で全て焼失。しかし、1933年ごろに撮ったハチと大木さんが並んだ写真を親戚に渡していたため、辛うじて1枚だけ残った。ハチの部分だけ切り取り、保管していた。
 同館によると、数年前にハチ公関連の資料展を開いた際、大木さんが来館。「ハチの写真を持っている」と話したことから、松井圭太学芸員が譲り受けたいと申し出たところ、快諾を得た。
 今回の寄贈で、上野邸があった場所は学説通りに渋谷区松濤1丁目と判明。現在は東急百貨店別館が立つ。東急は1934(昭和9)年、初代ハチ公像建設募金集めの際、寄付金付き「ハチ公チョコレート」販売に協力。近年は「東横ハチ公」というキャラクターを作り、土産品販売に力を入れている。
 松井学芸員は「正面から撮影されたハチ公はほとんどなく、口を開いた写真が何枚かあるものの、屈託のない笑顔に見える写真は他にない」と強調。「有名になる前はいじめられるなど、つらい思いをした。そんなハチ公の笑顔を見ると救われる気がする。世の人に『ありがとう』『幸せに暮らしている』と伝えているように感じる」と話した。
 写真は、3月24日まで開催する企画展「新収蔵資料展」で公開している。

 

上小阿仁村 友倉神社裸参り 男女16人参道を駆ける

2019-02-18
石段を上って神社を目指す参加者(友倉神社)
 
 上小阿仁村沖田面の友倉神社で16日から17日にかけて、小正月行事の「裸参り」が行われた。県内外から参加した男女16人がふんどしや長じゅばん姿で水ごりをし、無病息災などを祈願して神社までの約1㌔を走った。
 江戸時代に飢饉(ききん)や疫病などの厄災を払おうとしたのが始まりとされ、350年余りの歴史がある。全国各地の裸参りの中でも夜に行われるのは珍しいという。
 昭和期には毎年50人近くが参加していたが、少子高齢化に伴い年々減少。現在は髙橋旅館(髙橋健生社長)が呼び掛け、村内外からも参加を募って継続している。
 今年は村民や小中学校のALT(外国語指導助手)のほか、北秋田市、東京都から男性15人、女性1人の計16人が参加。16日午後11時過ぎにふんどしや長じゅばん姿に着替えた参加者が、旅館前で冷水を全身に浴びて身を清めた。
 午前0時に合わせ、約1㌔先の友倉神社を目指して出発。降雪や風の影響がほぼなく、石段にうっすらと雪が積もる程度で走りやすい状態。参加者は数人ずつ隊列を組み、勇ましい声を上げながら参道を駆け抜けていった。神社では住民や神主が出迎え、参加者と一緒に祈とうを行った。
 

鹿角市十和田 仲間と雪に親しむ 多彩にレク 2地区でスキー大会

2019-02-18
吉田輝星投手のだるまが登場し盛り上がった雪上だるま作り大会(十和田市民センター前広場)
 鹿角市十和田地区の「雪に親しむレクリエーション」が17日、十和田市民センター前広場で行われた。老若男女約150人が参加、雪だるま作りや雪上かるた大会などで雪を楽しんだ。
 十和田地域づくり協議会(中村隆俊会長)の主催。競技主体だった十和田地区の市民スキー大会を、十数年前からレクリエーション主体に変更した。開会式で中村会長は「雪を楽しむ機会が少なくなってきた。このイベントでチームと地域の親睦を図ってほしい」とあいさつした。
 種目は雪だるま作り大会、雪上かるた大会、雪上綱引き大会、宝さがし。だるま作りは1チーム3人以内で、制限時間60分以内に「3段式雪だるま」を作る。アイデアやバランス、完成度が審査のポイント。
 参加したのは小学生、一般(中学生以上)、親子の3部門に計20チーム。昨年の倍近いチームが参加し、例年以上の盛り上がり。昨年の夏甲子園で活躍した金足農野球部・吉田輝星投手のだるまが登場。腕に見立てた木の枝に雪のボールを握らせるポーズに仕上げていた。
 雪上かるたは「鹿角観光いろはカルタ(十和田版)」の大判かるたを使用。子どもたちは目指す札に向かい、新雪に飛び込んだりしながら楽しく取り合っていた。
 この日は八幡平と尾去沢の2地区で市民スキー大会が開かれ、工夫を凝らした種目で雪に親しみ、交流を深めた。

 

本県1・4秒届かず銀 札幌スキー国体女子リレー 北鹿勢4人が躍動

2019-02-17
女子リレー、本県は1走の田中が首位で平川にリレー(白旗山競技場)
 第3日の16日は距離リレー、大回転、複合の3部門をそれぞれ行い、北鹿勢は女子リレーで本県が2年連続で準優勝となった。複合は入賞ラッシュ。成年男子Bで湊祐介(シード・鷹農高出)が2年ぶりに頂点に立った。少年男子は木村幸大(花輪高2年)が準優勝し、小舘冬歩(同)が8位入賞した。成年男子Aでは湯瀬瞬(小坂高―日大2年)が6位、木村吉大(花輪高―専修大2年)が8位でそれぞれ入賞を果たした。大回転は入賞に至らなかった。
 北鹿勢4人で挑んだ女子リレーは本県が2位。昨年の女王・長野へのリベンジを果たそうとメンバー間の士気は高かったが、あと一歩のところで捉えきれなかった。
 1走は田中星那(花輪3年)。フリーの1走は初めてで不安はあったが「どんな展開でも自分の役割を果たすだけ」と意気込んで臨んだ。2・5㌔コースの1周目は体力を温存し、2周目の終盤上りで勝負を仕掛け、首位で中継した。
 2走の平川歩未(北鷹同)は個人種目1位の祖父江凜(長野)に逆転を許したものの、得意の上り坂では差を詰める粘りで、大逃げを許さなかった。3走の本田千佳(花輪2年)も序盤に差を広げられはしたが、必死に食らいつき逆転圏内でつないだ。
 アンカーの石垣寿美子(秋田ゼロックス・十和田高出)は中継時に約19秒あった差を巻き返し、2周目残り1㌔でついに背中を捉えた。しかしゴール前で逃げ切られ、わずか1・4秒届かなかった。「高校生の頑張りに報いることができなくて申し訳ない」と悔しさをにじませた。
 昨年と同じメンバーで挑戦。それぞれリベンジを達成できなかったことを悔やんだが、「良い雰囲気でやれた。皆が頼もしかった」と田中と本田。平川は「普段はライバルだけどきょうは団結して戦えて良かった」。石垣は「大会中は後輩たちに元気をもらった。あれだけの選手を相手によく戦ってくれた」などと共に戦った仲間をたたえ合った。

商品券交換、900人超に 大館市健康ポイント 交換4月末まで あすは夜間受け付け

2019-02-17
 健診受診など健康活動に取り組んでポイントをため、商品券と交換する大館市の「健康ポイント事業」は、本年度の交換者が900人を超えた。初年度2017年度の706人を上回り、健康課は「口コミで市民に事業が浸透しており、4月末まで終盤の交換を促したい」と話す。来年度は対象を5歳引き下げて「35歳以上」とし、若手の健康づくりを後押しする。
 「働き盛り世代」の健康づくりへの関心を高めようと、17年度から3カ年事業で、40歳以上の市民(公務員除く)を対象に実施。減塩や運動など健康づくりの目標を設定すると10ポイント、実践すると最大20ポイント、特定健診や職場の健診、人間ドック、がん検診受診、健康講座受講に各10~70ポイントが与えられる。100ポイント以上ためると、1000円分の地域限定商品券と交換できる。
 本年度は商品券交換期間を2カ月早めて9月から、市保健センターで受け付けている。健康課によると、地区公民館を巡回した11月は428人が交換を済ませた。その後も1日3~10人ほどが訪れ、交換者は2月14日現在、905人となった。
 健康課は「参加目標1000人」を掲げ、昨年末から事業所を訪問し、ポスターを配布しながら事業をPRしている。職場の健診や人間ドックを受け、「気付かずにポイントがたまっている人も多い」という。担当は「市の健診を受診した場合はポイントカードをもらう機会があるが、社会保険加入者らに事業を知ってもらい来年度につなげたい」と話す。
 事業最終年度の来年度は、対象者を「35歳以上」に拡大する。ポイント付与対象事業を増やし、市が力をいれる大腸がん検診のポイントを増やすことも計画している。
 本年度は3月末までポイントをため、4月26日まで市保健センターで商品券と交換ができる。受け付けは平日午前9時~正午、午後1~4時。毎月第3月曜は「夜間受け付け」とし午後5~7時も対応する。今月は18日。健診結果表を持参するとスタンプを押印する。問い合わせは健康課(電話0186・42・9055)。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

冬山遭難者、救助せよ 北秋田署 県警機動隊と訓練

2019-01-25
ゾンデ棒を使用して遭難者を捜索する訓練を行う隊員(大館能代空港ふれあい緑地)
 冬期間の登山客やスキーヤーの遭難への対応を目的とした冬山遭難救助訓練が24日、北秋田市脇神の大館能代空港ふれあい緑地で行われた。北秋田署員と県警警備部機動隊員が参加し、装備資機材を使用した遭難者の捜索、救助方法を確認した。
 管内で遭難が発生した場合、同署では県警の機動隊に応援を要請するほか、署員10人で構成する山岳遭難救助隊が捜索に当たる。訓練は装備資機材の取り扱いの習熟や救助技術の向上を目的に毎年行っている。
 同署の救助隊員10人と、県警の機動隊員3人が参加した。救助や捜索の際に使用するスノーシューやザイル、スノーボート、ビーコンが用意され、機動隊員が使用方法を説明。ザイルは二つの結び目ができる「二重8の字結び」など用途に合わせたさまざまな結び方を実際に試し、有事に備えた。
 雪に埋もれた遭難者を捜す「ゾンデ棒」を使用した訓練では、一列に並んだ隊員が号令に合わせて棒を雪面に突き立てて確認した。このほか負傷者の搬送訓練が行われ、スノーシューを装着した隊員が負傷者を乗せたスノーボートを引き上げ、協力して斜面を登っていった。

再生可能エネファンド設立 関連企業に投資へ 北秋田市も支援

2019-01-24
手を取り合って連携を誓う北林理事長㊥たち(北秋田市役所)
 秋田県信用組合(北林貞男理事長)などが出資する「秋田再生可能エネルギー投資事業有限責任組合(ファンド)」が設立され23日、北秋田市役所で会見が行われた。主に木質バイオマス発電や小水力発電などに取り組む県内の中小企業に対し、資金供給して経営支援する予定。
 ファンドは県信用組合や上部団体の全国信用協同組合連合会(全信組連)、秋田県信用保証協会、けんしん元気創生、ベンチャーキャピタル「FVC Tohoku」が計2億1000万円を出資し今月11日に設立した。県内全域で2026年12月末までの8年間、再生可能エネルギー分野の中小企業、創業しようとする企業を発掘し投資する計画。
 ファンドの管理運営は「元気創生」と「FVC」の2社が担当する。会見で「FVC」の小川淳社長は「資金供給後も経営をサポートすることが大きな特徴」と説明。投資先は現段階で「未定」ながら、候補として数社を見込み「多くは北秋田市がメーンになる」と述べた。
 設立の背景には再生可能エネルギー企業の経営基盤を強化する狙いがあるという。北林理事長は「米代川流域に関連企業がたくさんある」とし投資先として主に「木質バイオマスや小水力による発電に取り組む企業」と述べた。
 県信用組合などは投資先を一部の企業に限定したファンドを4年前にも設立したが、今回はより多くの企業を見込む。全信組連の米谷達哉専務は「大企業や上場を目指す企業ばかりに投資するのではなく、零細企業を支えるファンド」と意義を強調した。
 支援機関として北秋田市も名を連ねた。県信用組合と2016年3月、地方創生包括連携協定を結んだ縁があり、津谷永光市長は「市の面積の8割が森林。有効活用した産業の振興を推進したい」「さまざまな施策で支援したい」と述べた。
 

インフルエンザ猛威 学校から家庭、職場へ 感染拡大防止呼び掛け

2019-01-24
 北鹿地方でインフルエンザが猛威を振るっている。大館、北秋田両保健所管内に「注意報」が発令される中、今週に入り、小中学校の学級・学年閉鎖が相次いでいる。大館保健所は「学校の冬休み明けから患者が増え、家庭、職場へと感染が広がっている」と話す。手洗いやマスクなど予防の徹底に加え、「早めの受診や出席・出勤停止期間を守るなど、感染拡大防止を心掛けてほしい」と呼び掛ける。
 県感染症発生情報では7~13日の1週間、インフルエンザの1定点医療機関当たりの患者報告数は大館管内が16・86人(前週5・14人)、北秋田管内が10人(同5人)と急増。大館、北秋田を含め、県内全9保健所管内に注意報が出された。
 北鹿地方では今週に入り、学校で感染が広がり、22日までに大館市、鹿角市、北秋田市、小坂町の小中学校11校で学級・学年閉鎖の措置を取ることが決まった。大館保健所健康・予防課は「冬休みが明けて1週間がたち、患者が急に増えた。学校で子どもが感染し、家庭内の家族、そして学校、職場と感染が広がっているのではないか」と話す。患者のほとんどがA型で、高熱などの症状がみられるという。
 流行期に入り、「手洗いやうがい、マスクの着用など予防接種を終えた人も含めて、一人一人が日常生活に気を付けてほしい」と強調。学校では学校医の判断で学級閉鎖などの措置が取られるが、職場では難しいため、「医師の指示に従い、出勤停止期間を必ず守ってほしい」と話した。

冬道の恐さ体験 鹿角 運転初心者ら講習

2019-01-24
雪道でのスラローム走行などを体験した講習会(ふるさと館大駐車場)
 降雪や路面凍結などによる追突事故やスリップ事故が多発する冬期間の交通事故防止を目指した「雪道体験型講習会」が23日、鹿角市花輪の観光ふるさと館大駐車場であり、参加者が運転実技で雪道での滑走などを体感し、速度を抑えての慎重な運転意識を高めた。
 各事業所でつくる鹿角地区安全運転管理者協会(吉田孝司会長)、同事業主交通安全推進協会(米村茂会長)の主催による恒例事業。雪道運転の経験の少ない若手や転勤してきたばかりの社員などを対象にしており、10~60代の男女38人が参加した。
 実技では前輪駆動と四輪駆動の普通車を一人一人が運転し、速度50~60㌔で走行。急ブレーキを踏む急制動、コース内に設置されたパイロンを急ハンドルで避けるスラローム走行を体験し、予想以上に停止するまでの制動距離の長さを感じた。
 免許を取得してから初めての冬を迎えている舘花日和さん(19)は「滑ってハンドルを取られたことがある」と冬道の危険性を経験。急制動の体験では「怖かったが60㌔で走行し、なかなかうまく停止できなかった。道路状況に合わせて安全運転をしたい」と気を引き締めていた。
 鹿角署交通課の菊地隆春交通係長によると、昨冬に発生した事故のうち、3割以上が滑走事故で、約半数が追突事故だという。「信号待ちなどで止まれると思ってブレーキが遅れがちなので、あらかじめ減速して早めにブレーキをかけてほしい。ふわっとした雪でも凍結していることがあるので油断しないで」と注意を呼び掛けている。

 

豪風引退 17年間の現役生活に幕 小さな体に不屈の闘志

2019-01-23
17年間の現役生活に幕を引いた豪風(昨年2月、北鹿新聞社で)
 北鹿の郷土力士として、長年にわたって愛されてきた豪風(39)=本名・成田旭、尾車部屋。17年間の現役生活にピリオドを打ち、年寄「押尾川」として新たなスタートを切る予定。小さな体も不屈の闘志で土俵を沸かせた、ベテラン力士の歩んだ道のりを振り返る。
 森吉中から金足農業高に進み、中央大では4年時に全国学生相撲選手権大会で優勝し、学生横綱に輝いた。その後、尾車部屋に入門し、2002年5月に幕下15枚目格付け出しで初土俵。わずか2場所で新十両に昇進すると、2003年3月で新入幕のスピード出世を果たした。
 2008年1月場所では自己最高の12勝を挙げ、初めて三賞の敢闘賞を受賞。3月場所で小結に昇進した。2014年7月場所では日馬富士を破り、初金星を獲得。35歳1カ月での金星は、年6場所制となった1958年以降の最年長記録。翌9月場所では戦後最年長の新関脇となった。通算成績(100場所)は687勝745敗46休。幕内成績(86場所)は590勝669敗31休。幕内在位は学生相撲出身では歴代1位。2016年に県民栄誉章を受けた。
 度重なるけがにも、年齢の壁にも不屈の闘志で立ち向かった。2004年に網膜剥離の手術、2015年には左上腕二頭筋断裂、2017年には右肘の手術など、特に晩年は成績に影響するようになり、2018年3月場所で十両に陥落した。進退が注目されるようになったが、同年2月に北鹿新聞社を訪れ、「気持ちが動き出した。一分一秒も無駄にせず、質の高い稽古をし、生活をし、最高の準備を迎える以上はない」と現役続行を表明。5月場所は38歳10カ月で再入幕し、39歳6カ月の安美錦に次ぐ昭和以降2位の高齢再入幕となった。
 172㌢、152㌔と恵まれた体格ではないが、押し相撲を持ち味に勝ち星を重ねた。中学時代に取り組んだ柔道の影響で、一本背負いを複数回決めるなど、体格を生かした相撲で観衆を沸かせた。
 2010年には19代押尾川親方が退職したことに伴い、年寄名跡「押尾川」を取得。長く相撲を続けることに「相応の経験がないと、説得力がなくなる。10年後、20年後、自分と同じ立場の力士が出た場合、『親方はあそこでやめたのに』と言われれば、何も話せない」などと話し、後進の指導を常に意識してきた。現役生活に幕を引いた今、ベテランの魂は若き力士に引き継がれていく。

 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る