本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

2021年11月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

思い思いに初シュプール 秋田八幡平スキー場 今季のリフト運行始まる

2021-11-28
家族連れらでにぎわう八幡平スキー場(秋田八幡平スキー場)
 鹿角市の秋田八幡平スキー場で27日、リフトの運行が始まり、本格的なスキーシーズンが到来した。午前中からスキーヤーやスノーボーダーなど約100人が来場。早速、ゲレンデに思い思いのシュプールを描いていた。
 本格オープンは例年、12月上旬ごろ。昨シーズンのリフト運行は12月14日だったことから、2週間ほど早い。
 今月25日からのまとまった雪で、27日朝には積雪80㌢となり、リフトの運行を開始した。午前9時のリフト運行に合わせて地元のスキー客らが次々と来場。スノーボードを友達同士で楽しむ様子や、クロスカントリーで合同練習する姿も見られた。
 運営する秋八高原リゾート合同会社の浅石敦幸社長は「予想以上に雪が積もり、例年より早くオープンできた。楽しんでほしい」と話した。
 スキーの練習で訪れたという藤本伊吹さん(鷹巣中2年)は「滑りやすく気持ちよかった。今年は全ての大会が開催されてほしい」と話していた。
 問い合わせは秋田八幡平スキー場(電話0186・31・2020)。

高齢者の除雪支援 「ふれあい事業」116町内申請 大館市 過去5年間で最多 共助の輪が広がる

2021-11-28
 除雪車出動日に高齢者世帯などの間口除雪を担う町内会に助成する大館市の「地域ふれあい除雪支援事業」は本年度、116町内会が申請した。過去5年間で最も申請が多く、市は「地域の支え合いが広がっている」と話す。2015年度に始めた屋根の雪下ろし費用の一部を助成する事業は昨年度、最多の12世帯が利用した。市は本年度も「軽度生活援助事業」と合わせた3事業で、高齢者の冬季の生活を支える。
 地域ふれあい除雪は65歳以上の高齢者世帯、身体障害者手帳1、2級所持者のみの世帯が対象。主に除雪車が出動した日に、道路に面した出入り口部分の除雪を町内会が担う。市は実施町内会に1世帯当たり7000円を助成する。本年度は11月8日に締め切り、116町内会、652世帯から申請があった。
 近年の実施は▽16年度=101町内、664世帯▽17年度=99町内、623世帯▽18年度=100町内、596世帯▽19年度=95町内、554世帯▽20年度=109町内、604世帯。本年度の申請は前年と比べ、7町内、48世帯増えた。
 長寿課は「除雪を担う住民も高齢化しているが、共助や支え合いの意識が高まり、新規で取り組む町内会が増えているのではないか」と話す。申請忘れや降雪後に参加を希望する町内会もあるとみられ、締め切り後も相談に応じている。
 雪下ろし支援は、自力で屋根の雪下ろしが困難な高齢者世帯が市内の業者に委託した際、費用の2分の1、上限3万円を助成する事業。一戸建ての持ち家に住む、市民税非課税世帯などが対象となる。事業を開始した15年度と16年度、19年度は利用がなく、17年度は7世帯、18年度は6世帯が利用した。
 19年度に制度を見直し、助成額の増額や、これまで作業前だった申請を作業後にもできるようにした。降雪が多かった昨年度は最も多い12世帯の利用があり、長寿課は「持ち家に住む人や、申請は年度内1回のみと限りはあるが、対象者へ利用を促していきたい」としている。
 このほか、「軽度生活援助事業」では、65歳以上の非課税世帯を対象に、登録した事業者や団体が降雪時、利用者の自宅出入り口から道路まで歩くことができる程度の除雪を行い、市が一部を補助する。

鉄道遺産を地域の宝に 小坂町で全国シンポジウム 保存・活用の事例報告も

2021-11-28
鉄道遺産の可能性を考えた全国近代化遺産連協の鉄道遺産部会(小坂町の康楽館)
 近代化遺産が所在する市町村などで組織する全国近代化遺産活用連絡協議会の鉄道遺産部会のシンポジウムが27日、小坂町の康楽館で開かれた。「地域×遺産=∞ 未来への展望」をテーマに地域の「宝」としての保存や活用について考えた。
 協議会は、近代化遺産の保護と活用を目的に1997年に設立した全国ネットワーク団体。全国47市町村が加盟している。県内では秋田市、五城目町、小坂町の3市町が加盟。鉄道遺産部会には小樽市、桐生市、京都市、大牟田市などが参加している。
 小坂町のレールパークで保存活動を続けている小坂鉄道保存会が、国土交通省大臣の手づくり郷土賞大賞部門に選ばれ、高い評価を受けていることなどから、遺産部会の会場に決まった。同町で同部会が開かれるのは2016年以来5年ぶり。新型コロナ禍で参加人数を制限し、オンラインを含め約50人が参加した。
 協議会会長の多々見良三・舞鶴市長のメッセージが読み上げられた後、地元小坂町の細越満町長が「近代化遺産は、地域の観光振興などに無限の可能性を秘めている。どのように未来につなげていくのか、考えたい」とあいさつした。
 事例報告が行われ、NPO法人北海道鉄道文化保存会の清水道代理事長とNPO法人愛岐トンネル群保存再生委員会の村上真善理事長、若桜町教委の津川尚貴主任(オンライン参加)が、活動を説明した。
 北海道鉄道文化保存会(小樽市)の清水理事長は「歴史的建造物は地域の宝」として、市民の関心を高めるため、町内会の参加を呼び掛けたことを報告。若桜町教委(鳥取県)の津川主任は鉄道の保存、活用策として、観光列車への改修、駅舎を改修しカフェを開設、駅祭りの開催―などに取り組んでいることを報告した。
 パネリストは、北海道鉄道の清水理事長、愛岐トンネルの村上理事長、若桜教委の津川さん、小坂町町史編さん室の亀沢修さんの4人。コーディネーターは公益社団法人横浜歴史資産調査会の常務で事務局長の米山淳一さんが務め、鉄道遺産の保存と活用の現状、課題、未来について考えた。

県1JA「将来的な目標」 秋田市で県大会 2組織離脱も協議継続

2021-11-27
第31回県JA大会(秋田キャッスルホテル)
 JAグループ秋田の今後3年間の運営方針などを決める第31回県JA大会が26日、秋田キャッスルホテルで開かれ、持続可能な農業の実現などを柱にした「農業と地域社会の持続力向上」に向けた取り組みを推進することを決議した。前回大会で決定した「県1JA」に向けたグループ組織の再編については、離脱を表明したJAがあることを踏まえ、「将来的な目標」と位置付けた。当面は残るJAで2024年度の統合に向けた協議を進める。
 決議した議案は▽持続可能な農業の実現▽安心して暮らせる豊かな地域社会の実現▽目指す姿を実現する強いJAづくり―の三つが柱。
 持続可能な農業の実現については、多様な農業者の確保、さまざまな経営体に対する支援の強化、園芸作物の栽培拡大、物流体制などの強化による生産コストの低減などを推進する方針。
 豊かな地域社会の実現に関しては、地域の金融機関としての機能拡充、JA秋田厚生連病院を中心にした地域医療や福祉の充実などに取り組む。
 目指す姿を実現する強いJAづくりでは、グループ組織の統合再編について「県1JAを目指す組織再編」の実現に向けて引き続き取り組みを進める方針が示された。統合再編の時期については前回大会と同様、2024年度を目指すとした。
 組織再編については、県内13JAのうち2JAが合併に向けた協議からの離脱を表明しており、現時点では県内全てのJAの統合が困難な状況。大会終了後、取材に応じたJAあきた中央会の斉藤一志会長は「県1JAの必要性は理解されており、いずれは1JAという思いがみんなにあると思う。将来的な県1JAを目指すことに変わりはないが、当面は11JAでの協議を進めていくことになる」と話した。
 議案に対する意見表明を行った県農協青年部協議会の佐藤岳杜委員長(大館市)は、地域農業を維持するためには一体となった取り組みが必要と指摘、「オール秋田なくして実現はない」と県1JAの重要性を訴えていた。来賓として祝辞を述べた猿田和三副知事や柴田正敏県議会議長からも「課題が多いことなどは聞いているが、ぜひ実現を」などと期待する声が上がっていた。

大館学び大学 官民で学び直し推進 NPOが 設立総会 来春の本オープンへ

2021-11-27
NPO法人大館学び大学の設立総会
 大館市で社会人の学び直しを推進するNPO法人「大館学び大学」の設立総会が26日、開かれた。市は今月3日、講座の情報提供や自主講座を企画するポータルサイトをプレオープン。今後は法人の設立認証などの手続きを進め、NPO法人の運営で来年4月に本オープンを目指し、官民協働による多様な学びの機会を提供していく。
 社会人が学び直し、仕事や暮らしの充実につなげる「大館版リカレント教育」の取り組み。地方創生推進交付金を活用して市が同市のいしころ合同会社に委託し、昨年度はポータルサイトの仕様書作成などを実施。本年度は環境整備を行い、ポータルサイト「大館学び大学」がプレオープンした。
 来年度からは運営主体をNPO法人に移行し、最終的には自立した運営を目指す。担当者は「NPOを立ち上げ、官民協働で事業を行うことで、柔軟な発想による多様な学びの提供が期待される」と話す。
 設立時の会員は行政や教育関係者、民間企業などの10人。設立総会は御成町のわっぱビルヂング内の大館学び大学の拠点、「MARUWWA(マルーワ)となり」で開かれ、定款の確認や役員を選出。理事長に石山拓真・いしころ合同会社代表、副理事長に一関留美子・市教委生涯学習課長、山本多鶴子・同教育監、監事に石山俊智・北鹿新聞社常務取締役を選出した。事務所を同所に置く。
 設立の目的に、「多様な学びを通して人材を育成し、仕事と心の豊かさの両立を生み出し、人と人とのつながりをつくり、人口流出に歯止めをかけ、持続可能なまちを目指す」と掲げた。まちづくり、教育、芸術、就労支援の分野で事業を行い、豊かに働き、暮らしを充実させる循環をつくるとし、具体的にはポータルサイト運営や自主講座の企画・開催、リモート講座用機材などのレンタル、教育ツーリズム企画などの事業を展開する。今後、法人の設立認証や登録申請手続きを進める。
 プレオープンしたポータルサイトでは、「学ぶ学部」「教育学部」の2学部5学科を設置し、市内の講座教室の情報を提供するほか、話し方講座などの自主講座を開いている。

2021年10月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

審判待つ両陣営 大館で「最後のお願い」 きょう投開票 投票所は感染対策

2021-10-31
投票所を設営する職員(大館一中体育館)
 第49回衆院選は31日、投票が行われ、即日開票される。北鹿地方を含む秋田2区に立候補したのは届け出順に、自民党前職の金田勝年候補(72)と立憲民主党前職(比例東北)の緑川貴士候補(36)。最終日の30日は2人とも大票田の大館市を遊説し、12日間の運動を打ち上げた。
 今回の衆院選は新型コロナウイルス対策や経済立て直しを最大争点に、安全保障や人口減、社会保障、米価下落などの課題をめぐって論戦を繰り広げている。
 運動最終日の30日、金田候補は鹿角市から大館市に入り、御成町の事務所前で最後の演説を行った。鈴木洋一総括責任者・選対本部長は「厳しい戦いだが反応はよく、確かな手応えを感じている。国会議員としてのこれまでの実績や実力を取り上げながら、この地域に絶対必要な政治家だ、金田候補でなければダメなんだとの訴えが確実に届いている」とコメントした。
 緑川候補は終日大館市を回り、三ノ丸の事務所前で最後の訴えを行った。大坂谷諭・選対本部長は「地域の方々の応援に背中を押され、選挙戦を走り続けた。一人一人に丁寧に訴え、候補者のまっすぐな政治姿勢、人柄をアピールでき、若い世代の期待の声は日増しに大きくなった。候補者の思いは届いたと確信している」とコメントした。
 各投票所では設営作業が行われた。このうち61カ所で投票が行われる大館市内では、市職員が投票用紙の記載台や投票箱を設置した。市選挙管理委員会は新型コロナウイルス感染防止対策として、来場する際のマスク着用、出入り口での手指消毒を呼び掛けている。1人ずつ消毒済みの鉛筆を手渡し、記載台を定期的に消毒する。
 県選管によると、18日時点の2区有権者は在外を含め、25万9424人となっている。前回2017年衆院選の2区小選挙区の投票率は60・12%だった。

鳥潟会館庭園 国名勝 23年度指定目指す 大館市 調査委で専門家が意見交換

2021-10-31
調査報告書などについて意見を出し合った会合(鳥潟会館)
 大館市花岡町の鳥潟会館庭園の国名勝指定を目指して市教育委員会が設置した「名勝地調査委員会」(委員長、尼﨑博正・京都芸術大学教授)の会合が29日、同館で開かれ、作成を進めている調査報告書について意見を出し合った。事業計画についても確認し、2022年度まで4カ年の計画で本調査を行い、23年度中の指定を目指す。
 鳥潟会館は、1600年代初めから旧花岡村の肝いりを代々務めた鳥潟家の住宅。京風の意匠が取り入れられ、随所に各地の良材が使用されている。2011年3月に建物が県有形文化財、庭園が県名勝に指定され、市教委は老朽化していた建物等の修繕計画策定に着手。12~16年度の調査過程で専門家から価値を評価され、建物を含む庭園として国指定を目指すことになった。
 19年度に専門家4人を委員に招聘(しょうへい)して「名勝地調査委員会」を立ち上げた。コンサルティング会社に委託して庭園の地形や水の流れなどを調査したほか、17代当主の医学博士・鳥潟隆三が作成した文献の解読も進めた。当初、本調査は3カ年の予定だったが、新型コロナウイルスの影響で4カ年に延長された。
 この日は委員や事務局の市職員ら15人が出席。22年度中の完成を目指している調査報告書について、委員が意見を出し合った。歴史の証明や年代表記、言葉の表現などについて検討。「名称などを整理して決定版として作るべき」「誤解を生まないような表現を」などと指摘しながら、活発に議論した。
 鳥潟隆三と、鹿角市十和田毛馬内出身の東洋史学者・内藤湖南との関係など、価値の評価についても話し合った。
 事業計画についても確認。本年度は庭園の価値をとりまとめ、図面化作業や補足測量、庭木の調査なども進める。
 造園学・日本庭園史研究の権威として知られる尼﨑委員長は「保存活用できるような基本的な調査を積み重ねることが重要。良い成果が出るよう努力したい」と述べた。

伊勢堂岱遺跡 来館者数が過去最高 一般公開 きょうまで 記録づくめの1年に

2021-10-31
ツアー客をガイドする中嶋館長(左から2人目、伊勢堂岱遺跡)
 北秋田市脇神の伊勢堂岱の環状列石は31日、本年度の一般公開を終了する。世界文化遺産の一つとして登録された本年度、ガイダンス施設・伊勢堂岱縄文館(中嶋俊彦館長)には1万5000人を超える人が来館。来館者数は月間、年間ともに過去最高を更新するなど、記録ずくめの1年となった。
 伊勢堂岱遺跡は今年7月に世界文化遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成遺跡の一つ。同館は環状列石や、縄文人の文化に理解を深めてもらうことを目的に遺跡の保存・活用・公開の拠点として2016年4月に開館した。
 同館によると、世界遺産決定後は来館者が3倍に増えたという。平日は100人、土日祝日は200人を超える日が多く、9月には入館者が5万人を突破。開館以来、6年目での達成となった。
 夏休みの8月には3375人の来館。コロナ禍の中、それまで最高だった18年8月の1469人を超え、月間入場者数の記録を更新した。
 年間来場者数は1万5522人(30日現在)。過去最高だった16年の1万184人の記録を大幅に更新した。
 30日は天候にも恵まれ、朝早くからツアーの団体客など市内外から多くの人が訪れていた。秋田市から妻と2人で訪れた川尻征龍さん(81)は「初めて来たが、きれいに整備された遺跡だと感じた。川が近くにあるのもいい。公開終了前に来られてよかった」と話した。
 30日の来館者数は160人で、10月の月間来館者は3321人。最高を記録した8月をさらに更新する見込みだ。中嶋館長は「最終日にまた記録を更新して、有終の美を飾りたい」と話し、「この勢いを一過性にしないよう、来年度はさらなる活動の充実を図りたい」と意気込んだ。
 遺跡は11月上旬に冬囲いをする計画。11月1日以降、遺跡には入場できないが、同館は開館している。来年度の公開は4月下旬を予定している。

激戦のまま、あす投開票 衆院選秋田2区 運動きょうまで 両陣営ラストスパート

2021-10-30
 第49回衆院選(31日投開票)は29日、運動期間の終盤を迎えた。北鹿地方を含む秋田2区で一騎打ちを展開する自民党前職と立憲民主党前職の両陣営は、能代山本地区で選挙カーを走らせ、街頭から演説を行ったり支持者へ駆け寄ったりして支持を呼び掛けた。最終日で週末の30日はいずれも午後から大票田の大館市を遊説し、12日間の戦いを締めくくる。
 金田勝年候補(72)=自民・前= 実現力で郷土守り抜く 自民党前職の金田勝年候補(72)は、八峰町と能代市を遊説した。市役所前で街頭演説し、「地域の課題を乗り越える実現力がどちらの候補にあるか見極めてほしい。命がけで頑張り、必ず皆さんに恩返しすることを誓う」と力を込めた。
 八森地区を出発し、午前10時すぎに県種苗交換会が開幕した能代市に入った。夕方は峰浜地区を回った。
 市役所前の演説には支持者ら約100人が参集。齊藤滋宣市長や地元県議・市議も応援に駆けつけ、石井浩郎参院議員は「横一線の大変厳しい戦い。ぜひ支援の輪を広げてほしい」と呼び掛けた。
 金田候補は「生まれ育ったこの地をしっかりと守り抜いていく。郷土の幸せのために、どんな苦労でも乗り越えてみせる。どうか力を貸してほしい」などと訴えた。
 最終日は午前に鹿角市を回り、昼すぎに大館市入り。午後7時30分から御成町の事務所前で最後の演説を行う。
 緑川貴士候補(36)=立民・前= 暮らしの底上げを 立憲民主党前職(比例東北)の緑川貴士候補(36)は、能代市や八峰町で選挙カーを走らせた。有権者を1人でも見つけると、駆け寄って握手。「マラソンでいうと40㌔付近。一段ギアを上げ、さらに加速してゴールまで駆け抜ける」と言葉に力を込めた。
 期間中は朝と夕の2回、つじ立ちを欠かさない。この日は能代市の国道7号沿いの交差点に約2時間立って手を振り続け、ドライバーや道行く市民に支持を呼び掛けた。
 9年間の安倍・菅政権の経済政策を批判し、「経済低迷の要因に長期政権の弊害がある。中間層の底上げが図られず、富の偏在を招き、地方が疲弊し、活性化が進まなかった」と指摘。「一般の世帯の暮らしをしっかりと底上げする。経済政策の転換から、地方の再生、活性化につなげたい」と政治刷新を訴えた。
 最終日は能代市、大館市を回る。午後7時から、大館市三ノ丸の事務所前で最後の訴えを行う。

農の祭典、能代市で開幕 県種苗交換会 農林水産大臣賞に向田大豆種子生産組合(大館)

2021-10-30
1216点の農産物が並んだ県種苗交換会の展示会場(能代市総合体育館)
 第144回種苗交換会が29日、能代市で開幕した。生産者が丹精込めて育てた1216点の農産物が出品された。審査の結果、向田大豆種子生産組合(大館市)の株大豆「リュウホウ」が農林水産大臣賞に選ばれた。
 「白神の空にとどけ!豊穣(ほうじょう)の祈り。大地の恵みを能代から。」をキャッチフレーズに能代市で9年ぶり13回目の開催。昨年は新型コロナウイルスの影響で会期を2日間短縮したが、今年は例年の7日間に戻して11月4日まで行われる。農工商フェアや農機具展示会、中心市街地でのにぎわい創出イベントなどを実施する。
 能代市総合体育館前で行われたオープニングセレモニーで、JA秋田中央会の斉藤一志会長は「能代市を舞台にした歴史と伝統を誇る農業の祭典でより多くの人に本県農業の底力を感じてもらいたい。食と農への理解がますます深まることを期待する」とあいさつ。関係者がテープカットを行った。
 出品された農産物は、水稲35点、畑作物・工芸作物125点、果樹156点、野菜571点、花き204点などの計1216点。今年は1月の大雪、4月下旬の低温、6月の少雨と降ひょう、7月から8月の高温などが影響を及ぼし出品数や生育状況などが懸念されていた。
 総合体育館には、県内農家が丹精込めて育てた農作物などが並んだ。感染症予防のため農産品の間隔を空けて展示。出品数は例年より800点ほど少なくなっており、前年比8点減となった。晴天の下、午前から来場者が多く訪れ、農産品をじっくりと眺めていた。
 30日は午前10時から文化会館でメイン行事となる談話会が開かれる。テーマは「県産ねぎの生産拡大に向けた取組み」。総合体育館前の駐車場では農工商フェア、能代河畔公園周辺では農機具展示会や物産販売展などのイベントが行われる。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る