本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

2022年1月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

災害時要支援者 管理システム運用10年 登録者減で再周知へ 大館市

2022-01-17
NEW
 災害時に自力で避難するのが難しい高齢者や障害のある人ら「要支援者」に関し、大館市が管理システムを運用してから10年になる。現在の登録は730人。対象者の施設入所や死亡などで減少傾向だが、あらためて制度の周知に努めるほか、避難手順や必要な配慮を定める「個別支援計画」の作成に取り組みたい考えだ。
 当初は「災害時要援護者」として避難支援計画を策定。コンピューターを用いて地図やさまざまな情報を管理できるシステムを整備し、2012年度に運用開始した。13年の災害対策基本法改正で「要支援者」の名簿作成が義務づけられ、21年には個別避難計画の作成が努力義務とされた。
 管理システムは17年から統合型GIS(地理情報)システムで運用している。地震や洪水などの災害が起きた場合、検索した要支援者の情報を地図上で確認。市は民生委員に情報伝達し、民生委員から連絡を受けた福祉員や町内会関係者らが避難を支援する。
 福祉課によると、13年時点の登録者は約1300人だった。施設入所や転出、死亡などで毎年減少している。担当者は「20年度に市内17地区の民生委員児童委員協議会に出向き、制度の周知や申請書の配布を行ったが、なかなか登録者が増えない状況」と話す。
 名簿登録は本人の申し出が基本となる。市はあらためて広報やホームページなどで周知に努めるとともに、民生委員や町内会長に名簿を提供する際に協力を求める。
 個別避難計画の作成は全国的に進んでおらず、市も未策定。福祉課は「避難行動を支援する側について、家族や近隣住民である必要がある」としつつ「近所付き合いの希薄化やプライバシーの課題もあり、進めていくにはハードルが高い」との認識を示す。それでも災害弱者の逃げ遅れを防ぐため「先進的な事例を参考に取り組みの方向性を検討したい」としている。
 市生活支援体制整備事業で設置した「支え合い推進会議」で、自ら避難することが困難な高齢者の課題について議論され、地域内で具体的に協議している町内もあるという。昨年3月に策定した地域福祉計画では「地域共生社会の実現」に取り組むとしており、町内会などの地域組織と連携して課題の解決を図る。

除雪用具の品薄続く 年末年始の 大雪で品切れ コロナ禍が生産に影響

2022-01-17
NEW
大型のスノーダンプなどが品薄状態となっている売り場(ジャンボグリーン)
 昨年末から続く大雪の影響で除雪用具の需要が高まり、北鹿地方のホームセンターではスノーダンプなどの品薄、品切れ状態が続いている。売り場の担当者からは「メーカーの生産が間に合っておらず、降雪のピーク時に用具が届かない可能性もある」と懸念する声が聞かれる。
 同市御成町1丁目のジャンボグリーン(畠山一志店長)では、昨年11月上旬から売り場を設置した。最も需要が高い大型のスノーダンプ約100台を用意したが、12月中に売り切れ。月末に約50台を追加したものの大雪が続いたことで品切れとなった。
 売り場には「今季売り切れ」の張り紙が貼っており、残っているのは小型のダンプのみ。雪下ろしの棒も、使い勝手の良い伸縮可能な商品は品切れ状態となっている。
 このほか、柄沢のコメリパワー大館店や大田面のDCMホーマック大館樹海店でも在庫が逼迫(ひっぱく)している。
 ジャンボグリーンの売り場を担当する藤垣晃太係長は「お客さまからも、連日入荷の問い合わせがある」と対応に追われている。新型コロナウイルスの感染拡大で物流に影響が出たことで「メーカーでも資材が届かず、生産が間に合っていなかったり、今季分の生産が終了していたりという状態」とし、「北海道や富山県などの地域で、早い時期から降雪があったため数量が確保できなかった」と話す。
 今後の見通しについては「いつ入荷してくるか分からず、降雪のピーク時を過ぎてからという可能性もある」とし、「ダンプがない場合は、大きめのソリに雪を乗せて運ぶこともできる。在庫は店頭分のみなので早めの購入を」と呼び掛けている。
 秋田地方気象台や大館市消防署比内分署によると、16日午後1時現在の積雪量は大館市で45㌢、北秋田市鷹巣で71㌢、同市阿仁合で93㌢、鹿角市で51㌢。15日までの累積降雪量は大館市で371㌢、北秋田市鷹巣で232㌢、同市阿仁合で324㌢、鹿角市で276㌢となっており、平年より20~40㌢ほど多い。

内陸線 阿仁前田温泉駅 新たに「駅メロ」を導入 「四季美湖物語」 ダックスムーン制作

2022-01-17
NEW
スイッチを押して駅メロをお披露目する関係者(秋田内陸線阿仁前田温泉駅)
 北秋田市小又にある秋田内陸縦貫鉄道(吉田裕幸社長)の阿仁前田温泉駅の駅メロディー(駅メロ)として、森吉山ダムをテーマにした曲「四季美湖物語」の放送が15日から始まった。ダム湖の四季美湖の最寄り駅であることから、玄関口としての知名度向上などを狙いに導入。15日に駅舎でお披露目会が開かれ、参加者約60人が新たな駅メロの誕生を祝った。
 「四季美湖物語」は、大館市のポップスデュオ・ダックスムーンの書き下ろし楽曲で、昨年4月に四季美湖地域づくりネットワーク森吉山(佐藤慶博チーフ)が発表。「命を守る永遠のダム湖 四季美湖の輝き」をコンセプトに、ダム建設に協力して古里を離れた人や、現在ダムに携わる人の気持ちを表現している。動画投稿サイトのユーチューブにも動画とともに投稿し、ダム湖をPRしている。
 駅メロへの導入は、同ネットワークが四季美湖の情報発信をさらに強化しようと秋田内陸縦貫鉄道に打診し決まった。秋田内陸線の駅メロの採用は、阿仁合、鷹巣、米内沢駅に続く4駅目。
 阿仁前田温泉駅では、出発時刻の3分前に曲の後半サビ(1分間)を列車接近メロディーとして放送する。発車時は約20秒間、特別アレンジしたサビのメロディーを流す。
 お披露目会にはネットワークや同鉄道、駅舎に併設する温泉施設「クウィンス森吉」の関係者や、住民ら約60人が来場。来賓の津谷永光市長は「優しく温かい気持ちが伝わる曲。駅メロが多くの人に愛され、活用していくことにより地域に活力が生まれることを願っている」とあいさつした。同鉄道の吉田社長は「新たな駅メロを力に、さまざまな人に応援してもらえたら」と述べた。
 関係者がスイッチを点灯させ、「四季美湖物語」の駅メロを披露。ダックスムーンによる駅メロ3曲の記念ミニライブが行われ、参加者が四季美湖に対する思いがこもった歌に聴き入った。演奏後には角館行きの列車が到着し、実際に駅メロを放送。参加者が手を振って列車を見送った。
 ネットワークの佐藤チーフは「駅メロを通じて四季美湖や湖周辺のイメージ向上を図りたい。宝物である地域の歴史や文化、自然を次世代に伝えていく」と話していた。今後は秋田内陸線やクウィンス森吉と合同でのイベント開催も検討している。

小坂町川上地区 定住増加へ手法探る コミュニティ生活圏 報告会に住民ら70人

2022-01-16
定住増加へ意見を出したパネルディスカッション(セパーム)
 県のモデル指定を受け、「コミュニティ生活圏」の形成事業に取り組んでいる小坂町川上地区の報告会が15日、セパームで開かれた。パネルディスカッションなどを通して、次世代の定住増加に向け課題や解決手法を探った。
 川上地区は濁川、野口、余路米、砂子沢の4集落で構成し、昨年月末現在の人口は424人、187世帯で高齢化率は56・8%。川上地区自治会連絡協議会(会長・中村道義濁川自治会長)が中心になって、本年度から事業を始めた。
 報告会には地域住民など約70人が参加。第1部は、一般社団法人・持続可能な地域社会総合研究所(島根県益田市)の藤山浩所長がオンラインで講演した。演題は「2020年代は田園回帰の時代~小坂町地区別人口予測の概要と全国的な先進事例の紹介」。町の人口予測を示し、現在の主力世代は70代前半、と説明。「このまま何もしないと人口減少と高齢化が急速に進行するだけ」と危機感を持つよう促し、具体的な目標を示して取り組むことが大事、と指摘した。
 2部はパネルディスカッションの前に、2回行われたワークショップの内容が報告された。説明したのは川上地区の木村久さん、秋本有子さんの2人。ワークショップでは人口予測を基に地域の強み、弱みを出し合い、人口増へ向けた提言を行った。 
 秋本さんは、子育て世代が定住するためには「住む」「働く」「しゃべる」の3つの場所が必要、と指摘。川上公民館を会場にフリーマーケットを開催し、人を呼び寄せることや、子ども食堂の開設というアイデアを紹介した。雇用の受け皿の1つとして農事法人を挙げた。
 パネリストは、報告した木村さんと秋本さん、緒方瑛さん(町地域おこし協力隊)、本田裕平さん(町総務課)の4人。定住増加の一番の課題として、中央地区への引っ越し・市街地への一極集中、移動手段の確保、雇用の創出などに発言があった。

豊作願い「雪中田植え」 JA秋田たかのす 小正月の伝統行事

2022-01-16
豊作など願い込めて、わらを植える小坂さん(北秋田市の大太鼓の館前)
 今年の稲作の豊凶を占う「雪中田植え」が15日、北秋田市綴子の大太鼓の館前で行われた。JA秋田たかのす青年部(鈴木豊部長)の部員が豊作を願って田んぼに見立てた雪にわらを植えた。
 雪中田植えは、稲作の豊凶を占う「庭田植え」として各地で行われていた小正月の行事。綴子地区では一時途絶えていたものを、1983年に篤農家として知られた高橋佐一郎さんが復活させた。
 その後、高橋さんが亡くなり再び途絶えたが、88年に旧綴子農協青年部が再復活。現在はJA秋田たかのす(小笠原隆志組合長)の青年部が受け継いでいる。
 開会行事のあいさつで、鈴木部長は「新型コロナウイルスの影響など、めまぐるしく変わる世の中ではあるが、私たち生産者がへこたれることなく、よりよい農産物を作れるよう、今後も日々農作業に従事していく」と述べた。
 田植え人は今回が3回目となる小坂亮太さん(28)=同市栄=。みの、すげがさを身に着け、しめ縄で囲まれた6尺(1・8㍍)四方の雪田に入ると、稲わらや豆がらなどで作った束16本を苗に見立て、植え付けた。
 田植えの後は、わらぼうきで苗をはらって虫よけを行い、雪田の中心に逆さに立てたほか、雪田の前にダイコンの煮しめやなます、お神酒を供え、豊作を祈願した。
 小坂さんは「天候に恵まれ、秋には豊作となってほしい。みんなが元気で喜べる年になるよう、願いを込めて植えた」と話した。
 豊凶を占う「稲刈り」は来月1日、同所で行われる。

2021年12月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

コロナ収束、平常の生活を 小坂町老人ク しめ縄に願い

2021-12-30
細越町長にしめ縄を贈る老人クラブ連合会の役員ら(役場)
 小坂町老人クラブ連合会(成田俊昭会長)は28日、役場など9カ所に、自分たちで作った大しめ縄を贈った。
 社会奉仕活動の一環として、20年以上前から続けられている。24日に会員25人が参加し、長さ約5㍍、中心の直径が約20㌢のしめ縄を9本作った。
 役場には成田会長ら4人が訪れ、細越満町長に寄贈。成田会長は「新年が良い年であるように、新型コロナが収束し、平常に戻り、いつも通りの生活を送れるように、願いを込めた」と話した。
 細越町長は「新型コロナの影響で町内の行事、イベントが思うように開くことができなかった。来年度は、ある程度収束して、通常通り開催できることを期待している。毎年贈ってもらい、感謝している」と感謝の言葉を述べた。
 寄贈されたしめ縄は、役場の正面玄関に飾られた。

大館市 旧本庁舎姿消す 解体工事が終盤 発掘調査経て駐車場に

2021-12-29
上屋が解体された旧本庁舎(大館市中城)
 大館市の旧本庁舎解体工事が終盤に入った。大火からの復興へ期待を背負い、1954年に建設された鉄筋コンクリート3階建てが姿を消した。周辺の道路から現庁舎が見えるようになり、存在感を増している。来年3月までの工期となっており、発掘調査を経て駐車場を整備する。一連の事業は2024年度完了を見込んでいる。
 旧庁舎は延べ床面積4648平方㍍。東側1891平方㍍は76年、81年、89年に増築した。西側はドーム型の天井とらせん階段が特徴的だった。1953年4月の片町大火(被害戸数137棟)を受け、不燃建築物の象徴とされた。
 老朽化が進んだことから09年、10年度に耐震診断を実施。基準を満たしていないことが判明し、当時は補強する方針だった。
 11年3月の東日本大震災で防災拠点の在り方について再検討を迫られ、有識者や公募市民による検討委員会、議会特別委員会で審議を重ねた結果、建て替えに方針転換した。現庁舎は19年4月に着工し、今年5月に開庁した。
 事務机やロッカーなど旧庁舎で使われていた備品は現庁舎や支所、学校などで再利用しているほか、不要となった485点を町内会やNPO法人など30団体に無償譲渡、553点を市民や市内事業所に計20万5720円で売り払った。
 解体工事は旧本庁舎のほか倉庫、公用車車庫など計16棟。アスベスト(石綿)除去や樹木伐採、外構工作物撤去なども含む。白川建設(大館市)と2億1973万円で契約した。12月末時点の進捗(しんちょく)率は77・4%。年明けから東側の鉄柱、西・東棟土間などの撤去を進める。
 発掘調査は10月に着手し、23年度まで行う予定。駐車場は112台分を設ける計画で、観光バスやタクシーなどが寄りつけるようにする。建物周辺は歩道として明確に歩車分離を行い、安全性を高める。現庁舎西側出入り口から近い場所には、障害がある人や妊産婦ら向けの「思いやり駐車場」を確保し、雨にぬれないよう庇(ひさし)を設ける。

北鹿地方 帰省ラッシュ始まる コロナ禍 2年ぶりの再会も

2021-12-29
帰省や出迎えでにぎわう到着ロビー(大館能代空港)
 年末年始を故郷で過ごす人たちの帰省ラッシュが28日、北鹿地方で始まった。昨年は新型コロナウイルスの流行で多くの人が移動を控え、帰省ラッシュは見られなかったが、今年の大館能代空港到着ロビーは、再会を待ちわびた家族らでにぎわった。Uターンラッシュは、1月2日から本格化すると見込まれる。
 秋北航空サービスなどによると、コロナ禍の影響で昨年末の便は空席が目立った。今年は感染状況が落ち着いていることから、28~31日の羽田発、2~5日の大館能代発は、ほぼ満席の状態になっているという。
 東京・池袋―大館間の夜行高速バス「ジュピター号」は28~30日の3日間、4台まで増便運行しているが全て満席。2~4日の大館―東京・池袋間も増便しているが満席状態となっている。
 28日は午前10時台の到着便に145人が搭乗。同空港ロビーには出迎えの人たち約50人が詰め掛け混雑した。
 飛行機は雪などの影響で、予定より30分ほど遅れて着陸。到着ロビーには出迎えた家族で人垣ができ、久しぶりの再会に笑顔があふれた。
 能代市富町の佐藤一義さん(72)は帰省する孫の内山歩和さん(11)=東京都板橋区=を迎えに来た。内山さんは小学1年の頃から、毎年1人で祖父母の家を訪れていたが、昨年はコロナの影響で来ることができなかったため、約2年ぶりの再会となった。
 再会に佐藤さんは「ようやく会えた。たくさん話して、おいしい物をいっぱい食べさせたい」と話した。内山さんは「久しぶりに会えてうれしい。おじいちゃんとおばあちゃんとの時間を思いっきり満喫したい。あとお年玉も忘れずにもらいたい」と笑顔を見せた。
 同社の河田守寛空港ハンドリング部長によると、帰省客は増えているが正月を県外で過ごす人は少なく、年末の同空港発などの利用者は例年の4割程度という。河田部長は「お客さまが気兼ねなく県外に行き来できるよう、今後もコロナ対策に取り組んでいきたい」と話した。

北鹿5市町村で仕事納め コロナ禍も歩みやめず 大館市 仕事納めで市長訓示

2021-12-29
福原市長が訓示した仕事納め式(大館市役所)
 大館市は28日、本庁舎で仕事納め式を行い、福原淳嗣市長が職員をねぎらうとともに新年の飛躍を誓った。
 三役と部長級職員の14人が出席。式の様子をライブ配信し、課長級以下は職場のパソコンで視聴できるようにした。
 福原市長は新型コロナウイルスワクチンの集団接種に触れ、「各界から多大な評価をいただいた。1年以上前から準備してきた職員、医療従事者に感謝したい」と振り返り、「国難ともいえる感染症の世界的な流行の中でも大館市は歩むことをやめなかった。障害のある人、親子、学びを極めたいあらゆる世代に対し、暮らしをつなぐ『内に優しい』まちづくりを進めてきた」と述べた。
 その上で「昨年、今年を経て大館に人とモノの流れが集まろうとしている。コロナが収束した先を見て、果たさなければならない役割は何かをいま一度かみしめてほしい。年末年始はゆっくりと休み、英気を養おう」と呼び掛けた。

御成町南区画整理 年度末に進捗93% 大館市 歩道新設が本格化 24年度の完了目指す

2021-12-28
土地区画整理事業が行われている県道(大館市御成町)
 大館市の御成町南地区土地区画整理事業は、排水管や電線共同溝の設置などが進み、2021年度末に進捗(しんちょく)率が93・4%となる見込みだ。南北を通る県道大館十和田湖線の歩道新設と融雪化が22年度に本格化する予定で、換地計画や精算手続きを経て24年度完了を目指す。
 市まちづくり課によると、東日本大震災の復興や東京五輪関連などに多額の国費を要した影響で、16年度の補助金交付額は要求の61%、17~19年度は80%台だった。20年度は100%の交付を受けたものの、21年度は81・4%にとどまった。
 雨水排水管は県道東側約80㍍に敷設し、無電柱化に向けた電線共同溝工事は約250㍍区間で進めている。このほか整地工事(約1400平方㍍)、車道舗装や側溝付け替えなどの道路改築(280㍍)、西側の歩道新設・融雪化(約580㍍)を発注し、22年度に繰り越しとなる見通し。東側の歩道融雪設備工事も22年度に行う。
 工事は23年度に終了したい考えで、換地計画づくりを並行して進める。24年度は換地処分手続きや清算金の徴収・交付を計画している。建物移転(対象158戸)が20年度末に終え、街の景色は大きく変わっている。
 御成町南地区は大型店や病院を核として発展してきた。用途の混在が著しく、建物の老朽化と宅地が無計画に伸び広がる「スプロール化」が顕著となっていたため、対象面積6・2ヘクタールで区画整理事業に着手。当初計画は06年度から15年間、総事業費52億円だった。10年度に1億4000万円を増額、補助金減額に伴う工事先送りの影響で16年度に2年延長・6億円増、本年度に2年延長・2億2000万円増と計3回の変更認可を得た。
 区画整理のほか、JR大館駅建て替えや桂城公園を核とした歴史まちづくりを進めており、これらの連携プロジェクトでにぎわいと交流の創出を図る。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る