本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

休館から1年 再開めど、いまだ立たず クラウンパレス秋北(大館市) 各方面から懸念の声

2021-04-19
休館から1年が経過したクラウンパレス秋北。営業再開のめどはいまだ立っていない(大館市片町)
 大館市片町のホテルクラウンパレス秋北が休館して19日で1年となる。運営会社によると建物や設備の老朽化に伴い改修が必要とされるが、新型コロナウイルスの影響で本格的な工事に着手できていない状況。広報担当者は「営業再開に向けた方向性はまだ決まっておらず、当面は休館のままとなる」としており、各方面への影響が続いている。
 当初は新型コロナの感染防止のため昨年4月19日から6月30日まで臨時休館し、7月1日に再開する予定だった。運営するホテルマネージメントインターナショナル(HMI、東京)が臨時休館中に施設内を点検したところ、老朽化が著しく大規模改修が必要と判断し長期休館を決めた。全従業員は解雇し、テナントも撤退した。
 HMIによると、当初は休館から1年程度を様子見の期間とし、コロナの感染状況がある程度落ち着くとの想定の下、随時改修工事などに着手する方針だったという。しかし大阪府のほか宮城県など東北でも感染が再拡大していることを受け、いまだ着工のめどは立っていない。広報担当者は「点検作業で定期的に業者が出入りはしているが、方向性は決まっていない。前例がなく予測の立てようがない」としている。
 同ホテルは長年、宿泊のほか宴会や結婚式などで利用されてきた。再開のめどが立たないことで、各方面で今後の影響を心配する声が出ている。
 例年、同ホテルを会場に500人以上の規模で商工業界新年会を開いていた大館商工会議所(佐藤義晃会頭)は、今年の新年会を規模縮小した上、同市のプラザ杉の子に会場を変更した。
 宿泊を伴う数百人規模の研修会を行うことができる施設は同ホテルを除き市内にはほぼなく、齋藤研太事務局長は「大規模な団体イベント等を誘致する上で、会場確保に大きく影響する」と話す。さらに「建物の老朽化で外壁等が落下する危険性がないか心配。休館が今後も長く続けば、5月に開庁する市役所新庁舎を中心とする街並みの景観を損なうのではないか」と警鐘を鳴らす。
 宿泊受け入れ能力の大きさから、スポーツ、観光面への影響も大きい。同市観光協会の山城久和会長(山城運動具店代表)は「今はコロナ禍でインバウンド(訪日外国人客)等の需要が減少しているものの、観光面での機会損失は小さくない」と話す。また「休館のまま放置されている現在の状態は印象的にマイナス」と心配する。
 大館市は東京五輪・パラリンピックのタイのホストタウンに指定されており、同ホテルは当初、選手団の宿泊場所として選定されていた。2019年に市内で行われた事前合宿の際には、選手たちが10泊11日の日程で宿泊。同市スポーツ振興課によると、脳性まひを抱えるパラ選手の中には専用ベッドの持ち込みが必要な人もおり、結婚式用の控室などを活用すれば対応可能なため、重宝していたという。
 今年7月に再び同市内で予定されている事前合宿では、代替施設で対応せざるを得なくなった。
 今年新たに始動した官民連携組織「スポーツコミッション大館」では大会や合宿誘致に力を入れる計画も進んでおり、事務局長の佐藤税・スポーツ振興課長は「ホテルの収容能力は大きかった。今後大きな大会を誘致する際は近隣市町村への誘導なども検討しなければならない」と話している。
 同ホテルは1973年に秋北バス(大館市)直営の「秋北ホテル」として開業。85部屋の客室や6カ所の宴会場、展望食堂を持つ。2003年に運営が秋北バスからHMIに移り、08年には全国植樹祭出席のため当時の天皇、皇后両陛下(現在の上皇ご夫妻)が宿泊された。

森林の経営管理 7割超「市に委ねたい」 北秋田市 2地区で意向調査

2021-04-19
 北秋田市は、森林を大切な資源として管理し守っていくことを目的に2019年度からスタートした「森林経営管理制度」について、20年度の取り組み状況をまとめた。前山・黒沢地区の森林所有者のうち40人から「経営管理権集積計画」作成の申し出を受けており、順次、設定のための公告を進めている。
 19年4月から施行された森林経営管理法に基づく「新たな森林管理システム」に対応したもの。森林資源の適切な管理と林業の成長産業化を進めることを目指しており、市町村が主体となって管理を行う新たな森林管理システムが制度化された。
 この制度では、森林所有者が適切な時期に伐採や造林、保育を行うことが明確化されるとともに、所有者が適切な森林管理を行うことができない場合には、市町村が仲介役となって森林を集約し、意欲と能力のある森林事業体へ経営を委ねる。一方で、森林経営に適さない森林は、森林環境譲与税を活用しながら市町村が管理を行っていく。
 市によると、市の面積11万5276haのうち、森林面積は約9万6000ha。民有林は約4万ha。19年度に作成した全体計画では、長期間にわたって伐採等が行われていないなど、事業の対象となる森林面積は1万4493haで所有者数は1万1040人となった。
 前山と黒沢地区では19年度、森林所有者215人(389ha)を対象に意向調査を実施。138人(283ha)が回答した。このうち、「市に経営や管理を委ねることを検討したい」と答えたのは、77・5%に当たる107人(約155ha)だった。
 こうした結果を踏まえ、20年度は個別相談会などを行い、40人から経営管理権集積計画の作成について申し出を受けたという。この計画は、市が「経営管理を行うべき」と判断した森林を取りまとめる際に作成する。森林所有者が計画に同意したあと、公告・縦覧することで森林の経営管理権が市に設定される。
 市は「今後、林業経営に適した森林の経営管理を、意欲と能力のある民間事業者へ再委託する。これが難しい森林の経営計画は市が行うことで、林業の持続的な発展に努めたい」としている。

ペットボトル楽器やワロック楽しむ 鹿角市のコモッセ 開館6周年イベント

2021-04-19
大きな石と交換して笑顔を見せる子どもたち(コモッセ)
 鹿角市花輪のコモッセの開館6周年イベントが18日までの3日間開かれた。多彩な行事が行われ、多くの市民でにぎわった。
 17日は、ワロックジャパンの志田優さん(58)=秋田市=を講師に迎え「石アート・ワロック」が開かれた。定員いっぱいの30人の親子連れが参加し、石に絵を描き、コモッセ内の23カ所に設置した石の交換場所で好きな石と交換した。
 尾去沢小4年の和田一希さんは「石に秋田県の地図を書いた。変わった石と交換できて楽しかった。またやってみたい」と顔をほころばせた。
 18日はペットボトルに豆などを入れて〝楽器〟を作り、演奏を楽しむミニコンサートが開かれた。会場のこもれび広場で上津野ウインドアンサンブルのメンバーが演奏。それに合わせて親子連れが手作り楽器で音を出した。
 会場の一角には、手作り楽器の体験コーナーを設け、ペットボトルと豆やビーズを用意。参加者はビーズを中に入れ、ペットボトルの外側に思い思いにペイントし、「シェーカー」を作った。また、ペットボトルの外側を割り箸でなぞれば、楽器の「ギロ」となった。
 アンサンブルのメンバーは、アニメソングやポップスなどバラードからテンポの速い曲まで幅広い曲を演奏。来場者は、演奏に合わせて、ペットボトルを振るなどして音を出していた。
 母親と一緒に来た片岡巴ちゃん(4)は、「作るのが楽しかった。音を出すことも楽しかった」と話した。アンサンブルの葛西堅代表は「子どもたちに、音楽の楽しさを感じてもらう機会になってほしい」と期待を込めていた。

湖上から眺める外輪山 春の観光が幕開け 遊覧船が運航

2021-04-18
遊覧船に乗り込む団体客(休屋桟橋)
 十和田八幡平国立公園内の十和田湖で17日、遊覧船による本年度の「湖上遊覧」が始まった。新型コロナウイルス感染症対策でセレモニーは中止。初日は小雨の中、団体客などが乗り込み、湖上から雪の残る外輪山と湖などの自然美を堪能した。
 湖上遊覧は十和田湖観光の呼び物。現在は十和田市の十和田観光電鉄(佐藤行洋社長)が休屋発着(距離18㌔、所要時間約50分)と、休屋―子ノ口(同)の2航路で運航している。
 同社の湯瀬功一支配人代理は「コロナ対策で船内に空気清浄機などを設置し、定員も通常の約半分に設定した。コロナが落ち着き皆さんに湖上遊覧を楽しんでもらえるような状態になれば」と今後を見据えた。
 休屋発着の第3便には団体客ら17人が乗船。岡山県から家族で訪れた20代の女性会社員は「東北に来ることはなかなか無いので、雄大な景色を楽しみたい」と話した。
 バスターミナルのJRハウス十和田で、お土産の販売などを行うレークサービスの上田堅吉社長は「13日から八戸、青森行きのバス運行が始まったが、利用者は例年の2~3割ほど」と話していた。
 本年度の運航期間は11月8日まで。2航路で1日最大18便を運航する。11万人の乗船を目指している。



小坂鉄道レールバイク 2年ぶり営業始まる あいにくの雨も「楽しい」

2021-04-18
レールバイクで旧小坂鉄道を走る観光客(大館市雪沢)
 NPO法人大館・小坂鉄道レールバイク(近藤肇理事長)は17日、今季の営業を開始した。新型コロナウイルスの影響で昨年は運行を全て中止したため、2年ぶり。初日はあいにくの雨となったが、3組の予約があり、約30分の「長木渓谷コース」を疾走した。営業は11月14日まで。
 法人は旧小坂鉄道の線路で四輪自転車「レールバイク」やトロッコを2013年8月から常時運行している。県外や海外から観光客が体験に訪れており、昨年は4月に始める予定だったが、新型コロナ感染拡大で、外出の抑制につなげるため全ての運行を中止した。
 小棚木政之事務局長によると、「再開しないとレールバイクの存在が忘れられ、運行のノウハウが低下する」と今季の運行を決めた。県内外のファンから応援の声が届いたことも後押しとなった。手指消毒や受付時のマスク着用のほか、乗り終わった車両はアルコール消毒するなど感染予防対策を講じる。積極的な宣伝も行わないという。
 雪沢の清風荘前から小坂方面に向かう片道1・8㌔を往復する常設コースで運行。秋田市の会社員、伊藤俊永さん(42)は「インターネットで知り、昨年乗りに来るつもりだったので楽しみにしていた」と、雨がっぱを着て出発した。「疲れたが、景色を楽しめた。天気がいい日にまた来たい」と話した。
 小棚木事務局長は「大型連休の予約が入り始めている。自粛生活でストレスがたまる中、屋外で密にならずに楽しめるレールバイクを楽しんでほしい」と呼び掛けた。毎週水、木曜が定休(祝日を除く)。8月は無休。6、7月は二つの鉄橋を渡り大館方面に向かうコースを運行する。




RSS(別ウィンドウで開きます) 

国の3次補正 小坂町は9600万円 予算特別委 町長選後の財源に

2021-03-02
付託議案11件を原案通り可決すべきもの決定した予算特別委員会(役場)
 小坂町議会の予算特別委員会(椿谷竹治委員長、委員11人)は1日役場で開き、2021年度当初予算など付託された議案11件を原案通り可決すべきものと決定した。国の第3次補正予算について、当局は町への配分は約9600万円で、町長選後の肉付け予算の財源に充てる考えを示した。
 付託されたのは一般会計、特別会計の当初予算10件と下水道事業特別会計への繰り入れの計11件。当初予算は39億4300万円で前年度当初比で9400万円(2・3%)の減となった。4月に任期満了に伴う町長選が行われるため、骨格編成となったのが要因。
 一般会計の総括質疑を行った後、各特別会計を審議した。
 総括質疑では、国から地方に交付される地方創生臨時交付金の規模や使途について質問があった。本年度、同町に配分された地方創生臨時交付金は総額約2億5744万円で、年度内に財源として使用する。
 1月に国会で成立した国の第3次補正予算について、当局は町への配分が約9600万円と答弁。町長選に伴い、当初予算は骨格編成となったことから、選挙後に編成する肉付け予算の財源に充てる考えを示した。
 歯科診療所特別会計は、新年度の歯科診療収入を前年度当初比で744万円の減と見込んでいる。理由について、当局は新型コロナの感染拡大対策として、「患者数を調整しているため、新規患者が減少している」と説明した。
 介護保険特別会計で、介護予防として32自治会で行っている「お元気くらぶ」の運営について、質問があった。当局は、町主導だった運営方式を新年度は見直していく方針を示した。

復興への思いを筆に 桂桜美術部書道班 東北6県交流展に出展 被災地へメッセージ

2021-03-01
 東日本大震災の発生から10年を迎え、大館桂桜高校(片岡俊仁校長)の芸術部・書道班の生徒4人が書道で被災地へのメッセージを送った。部員たちが鎮魂・復興・希望の思いを筆に乗せ作品をしたためた。作品は東北6県高校書道交流展「絲(いと)ITO」(宮城県)で展示される。
 同展の担当者が同班の活動を聞き、出展の依頼があった。部員も「書道を通じて貢献できるなら」と快諾した。各県から2校がエントリーし、北鹿からは同校だけ。
 同校は2作品を出展。1月から構想を練り、制作に1週間をかけた。縦4㍍×横6㍍の作品には「過去と未来をつなげる糸」と書かれ、震災から前に踏み出し、続けた歩みを応援する言葉が力強い筆致でつづられる。2㍍×3㍍の作品ではコロナ禍に焦点をあて「一緒に生きていこう」と書かれている。
 部員らは「震災で大切な家族や友達、恋人を失ってしまった方々の心に少しでも寄り添えるような作品制作を目標にした。心を込めて取り組んだ」とコメントを寄せた。
 展示のテーマは「絲」。一本の糸は細く弱くとも、二本、三本とより合わせれば、太く強くなり、織ると強い布になる。個の力は小さくとも、東北6県の高校生で連携すれば震災やコロナ禍を乗り越えられる存在になれると考案された。
 「過去と未来をつなげる糸」はせんだいメディアテーク6階Bギャラリー(仙台市青葉区、3日まで)で展示。「一緒に生きていこう」は瑞巌寺(ずいがんじ)(松島町)で19日から24日まで。
「過去と未来をつなげる糸」(同校提供)
「一緒に生きていこう」(同校提供)

市民参加の舞台劇 開館5周年で記念上演 俳優はリモート出演 鹿角市のコモッセ

2021-03-01
舞台右側のスクリーンに映し出されたキンさん、カンさんを前にダンスを披露する園児たち(コモッセ)
 鹿角市文化の杜交流館「コモッセ」開館5周年記念事業のミュージカル風市民舞台劇「輝く未来、この空の下で」が28日、同館で上演された。東京からリモート出演の俳優と市民、保育園児たちが鹿角の歴史をテーマに熱演した。
 脚本はコモッセのスタッフ鵜目陽さんで、演出は劇団スパー・エキセントリック・シアター(劇団SET)の山崎大輔さん。「市民参加型」をテーマの一つとしており、市内5保育園の園児を含め市民約120人が参加した。
 百寿と白寿を迎える姉妹キンさんとカンさんの2人が、思い出を語りながら鹿角市の歴史を振り返り、輝く未来を願う―というストーリー。キンさん役の白士直子さん(劇団SET)、カンさん役の丸山優子さん(同)はリモート出演となった。
 舞台右側にスクリーンを設置、キンさんとカンさんが画面に映し出され、その前で園児たちが長寿を祝うダンスを披露した。画面の出演者と舞台の園児たちが一体化し、「コロナ禍の新たな舞台表現」ともなった。
 コモッセは2015年4月にオープン。文化芸術活動や交流の拠点としてさまざまなイベントが開かれ、多くの市民が利用している。延べ来館者は約180万人。コロナ対策で入場者数は客席数の50%に制限した。

随意契約「一者と複数年」19件 北秋田市監査委 「公正な運用を」と指摘

2021-03-01
 北秋田市監査委員は本年度の行政監査結果をまとめ公表した。特定の相手と一者随意契約を複数年にわたって繰り返しているケースが19件あり、「公正の確保を重視した運用が求められる」と指摘した。
 行政監査は地方自治法に基づき、北秋田市が締結した随意契約の運用実態を把握し公正な契約事務執行を目的に、昨年10月から今年2月17日まで行った。監査対象は水道局を除く全部局で昨年4~7月末までに締結した随意契約。市の監査委員3人が連名で監査結果報告書を市や市議会などに提出した。
 報告書によると、各部局から提出を受けた監査対象は1139件。契約事務を主管する財政課から全庁の事務改善に早急に取り組む内容の説明があったため、初歩的な誤りについては来年度以降の監査で改善状況を確認することにした。
 その上で詳細調査の対象とした26件について随意契約理由書などの追加提出を求め、所管課から説明を聞いた。
 業務に精通するなど過去の実績を理由にしたものは「太平湖遊覧船修繕」など9件あり、いずれも一者随意契約だった。「サービス提供者が限定される」という理由では7件あり、うち5件が一者随意契約だった。 
 他にも「業務の専門性」や「その他」の理由で一者随意契約だったケースが複数あり、監査委は「具体的な事情を考慮しても記載内容は合理性に乏しく、法令との適合性は希薄と思われるものが多数見受けられた」とした。
 監査委は「競争入札が原則」「随意契約はあくまでも例外的な契約方法であることをあらためて認識し直さなければならない」と指摘。監査対象1139件のうち、6割超の707件が一者との随意契約だったことなどから「他者の参入を阻み、地方公共団体にとって不利な条件で契約を締結する恐れがあることを踏まえた対処が肝要」と意見した。
 詳細調査の26件のうち、19件が特定の相手と一者随意契約を複数年にわたって繰り返していたことにも触れ、「随意契約の理由などの合理性、妥当性について定期的な点検が必要」とし「公正の確保を重視した運用が求められる」と結論付けた。
 随意契約の運用についてはこれまで市に指針となるものがなく、所管課や担当職員によって理解の相違が見受けられたという。「全庁共通の運用指針が必要」と対応を求めた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る