本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

復興への思いを筆に 桂桜美術部書道班 東北6県交流展に出展 被災地へメッセージ

2021-03-01
NEW
 東日本大震災の発生から10年を迎え、大館桂桜高校(片岡俊仁校長)の芸術部・書道班の生徒4人が書道で被災地へのメッセージを送った。部員たちが鎮魂・復興・希望の思いを筆に乗せ作品をしたためた。作品は東北6県高校書道交流展「絲(いと)ITO」(宮城県)で展示される。
 同展の担当者が同班の活動を聞き、出展の依頼があった。部員も「書道を通じて貢献できるなら」と快諾した。各県から2校がエントリーし、北鹿からは同校だけ。
 同校は2作品を出展。1月から構想を練り、制作に1週間をかけた。縦4㍍×横6㍍の作品には「過去と未来をつなげる糸」と書かれ、震災から前に踏み出し、続けた歩みを応援する言葉が力強い筆致でつづられる。2㍍×3㍍の作品ではコロナ禍に焦点をあて「一緒に生きていこう」と書かれている。
 部員らは「震災で大切な家族や友達、恋人を失ってしまった方々の心に少しでも寄り添えるような作品制作を目標にした。心を込めて取り組んだ」とコメントを寄せた。
 展示のテーマは「絲」。一本の糸は細く弱くとも、二本、三本とより合わせれば、太く強くなり、織ると強い布になる。個の力は小さくとも、東北6県の高校生で連携すれば震災やコロナ禍を乗り越えられる存在になれると考案された。
 「過去と未来をつなげる糸」はせんだいメディアテーク6階Bギャラリー(仙台市青葉区、3日まで)で展示。「一緒に生きていこう」は瑞巌寺(ずいがんじ)(松島町)で19日から24日まで。
「過去と未来をつなげる糸」(同校提供)
「一緒に生きていこう」(同校提供)

市民参加の舞台劇 開館5周年で記念上演 俳優はリモート出演 鹿角市のコモッセ

2021-03-01
NEW
舞台右側のスクリーンに映し出されたキンさん、カンさんを前にダンスを披露する園児たち(コモッセ)
 鹿角市文化の杜交流館「コモッセ」開館5周年記念事業のミュージカル風市民舞台劇「輝く未来、この空の下で」が28日、同館で上演された。東京からリモート出演の俳優と市民、保育園児たちが鹿角の歴史をテーマに熱演した。
 脚本はコモッセのスタッフ鵜目陽さんで、演出は劇団スパー・エキセントリック・シアター(劇団SET)の山崎大輔さん。「市民参加型」をテーマの一つとしており、市内5保育園の園児を含め市民約120人が参加した。
 百寿と白寿を迎える姉妹キンさんとカンさんの2人が、思い出を語りながら鹿角市の歴史を振り返り、輝く未来を願う―というストーリー。キンさん役の白士直子さん(劇団SET)、カンさん役の丸山優子さん(同)はリモート出演となった。
 舞台右側にスクリーンを設置、キンさんとカンさんが画面に映し出され、その前で園児たちが長寿を祝うダンスを披露した。画面の出演者と舞台の園児たちが一体化し、「コロナ禍の新たな舞台表現」ともなった。
 コモッセは2015年4月にオープン。文化芸術活動や交流の拠点としてさまざまなイベントが開かれ、多くの市民が利用している。延べ来館者は約180万人。コロナ対策で入場者数は客席数の50%に制限した。

随意契約「一者と複数年」19件 北秋田市監査委 「公正な運用を」と指摘

2021-03-01
NEW
 北秋田市監査委員は本年度の行政監査結果をまとめ公表した。特定の相手と一者随意契約を複数年にわたって繰り返しているケースが19件あり、「公正の確保を重視した運用が求められる」と指摘した。
 行政監査は地方自治法に基づき、北秋田市が締結した随意契約の運用実態を把握し公正な契約事務執行を目的に、昨年10月から今年2月17日まで行った。監査対象は水道局を除く全部局で昨年4~7月末までに締結した随意契約。市の監査委員3人が連名で監査結果報告書を市や市議会などに提出した。
 報告書によると、各部局から提出を受けた監査対象は1139件。契約事務を主管する財政課から全庁の事務改善に早急に取り組む内容の説明があったため、初歩的な誤りについては来年度以降の監査で改善状況を確認することにした。
 その上で詳細調査の対象とした26件について随意契約理由書などの追加提出を求め、所管課から説明を聞いた。
 業務に精通するなど過去の実績を理由にしたものは「太平湖遊覧船修繕」など9件あり、いずれも一者随意契約だった。「サービス提供者が限定される」という理由では7件あり、うち5件が一者随意契約だった。 
 他にも「業務の専門性」や「その他」の理由で一者随意契約だったケースが複数あり、監査委は「具体的な事情を考慮しても記載内容は合理性に乏しく、法令との適合性は希薄と思われるものが多数見受けられた」とした。
 監査委は「競争入札が原則」「随意契約はあくまでも例外的な契約方法であることをあらためて認識し直さなければならない」と指摘。監査対象1139件のうち、6割超の707件が一者との随意契約だったことなどから「他者の参入を阻み、地方公共団体にとって不利な条件で契約を締結する恐れがあることを踏まえた対処が肝要」と意見した。
 詳細調査の26件のうち、19件が特定の相手と一者随意契約を複数年にわたって繰り返していたことにも触れ、「随意契約の理由などの合理性、妥当性について定期的な点検が必要」とし「公正の確保を重視した運用が求められる」と結論付けた。
 随意契約の運用についてはこれまで市に指針となるものがなく、所管課や担当職員によって理解の相違が見受けられたという。「全庁共通の運用指針が必要」と対応を求めた。

震災から10年 親子で「防災」再確認 大館の気仙沼プロジェクト WSで備えを学ぶ

2021-02-28
木のおもちゃ用の秋田杉やメッセージなど、被災地に送る物品を詰め込んだ参加者たち
 大館市民有志で東日本大震災の被災地住民との交流活動を続ける「気仙沼出前交流プロジェクト実行委員会」(浅利博樹委員長)は27日、市北地区コミュニティセンターで「おやこで学ぼう! 防災講座」を開いた。3月で震災から10年の節目となるが、新型コロナウイルスの影響で現地訪問を見送らざるを得ない状況となり、代替企画として初めて開催。親子9組約30人が防災グッズ、カレー作りなどのワークショップに取り組み、日頃の備えの大切さを感じた。
 実行委は、市が震災翌年の2012年度から続けてきた被災地訪問事業を引き継ぎ、18年度から宮城県気仙沼市の住民との交流活動を実施。本年度は新型コロナ感染拡大の影響を考慮し、現地訪問を見送った。代替として震災から10年の節目に合わせて、記憶の継承と防災意識高揚のため、防災講座を開くことにした。
 ワークショップでは、親子が▽ビニール袋を使ったカレーづくり▽新聞紙を使ったスリッパづくり▽ペットボトルを使ったランタンづくり―に挑戦。ハサミやセロハンテープを使いながら、身近にある生活用品で被災時、停電時に必要となる防災グッズを製作した。協力しながら取り組み、カレーの試食では「おいしい」と歓声を上げていた。
 この日参加者は「みんなでがんばろう」「はなれていても心はつながっているよ」「いつかみんなで笑いあおうね」などとつづった被災地へのメッセージカードを持ち寄った。木のおもちゃづくり用に大館工芸社、能代市木の学校から提供を受けた秋田杉の端材、協賛企業から提供された菓子と一緒に段ボール箱に詰め込み、現地住民への思いを込めた。3月11日までに被災地へ届くように送る予定。
 参加した三沢孝生ちゃん(6)=大館市=は「ビニール袋でカレーを作るのは初めてだったけど、上手にできた。ランタンはおうちでも作ってみたい」と話した。
 実行委では今後、被災地住民とのオンライン交流会なども検討する。浅利委員長は「災害はいつどこで起きるか分からない。つながりがあるから助け合うことができる。普段から、人ごとでなく自分事と考えられるかが大事。日常の少しの工夫で乗り越えられることもあると広めていきたい」と語った。
 会場には震災当時の被災地や、実行委の交流活動の様子などを収めた写真枚も展示した。

花輪ばやし祭典委 新体制で伝統を継承 新会長に阿部さん 今年は開催前提に準備

2021-02-28
花輪ばやし祭典委員会の通常総会(鹿角市交流プラザ)
 鹿角市の花輪ばやし祭典委員会は26日夜、市交流プラザで通常総会を開いた。任期満了に伴う役員改選で、新会長に旭町の阿部義弘さん(65)を選任した。任期は2年。コロナ禍により昨年の祭典は戦後初の中止を余儀なくされたが、今年は開催を前提に準備を進め、新体制で伝統を引き継いでいくことを確認した。
 2021年の事業計画は祭典開催を前提に作成し、承認された。
 それによると、今年の花輪ばやしは木、金曜日の平日開催となるほか、コロナ禍の影響もあって観光客の減少が懸念されている。こうした中、まずは感染症対策や交通警備など万全の体制を整え、円滑な運営、運行に努める方針を掲げた。
 鹿角花輪駅前広場の完成後初めてとなる駅前行事は、昨年から若者頭協議会を中心に屋台運行や演出方法等について議論を重ねており、これまで以上に魅力あふれる祭りを披露する計画。
 専門誌「花輪ばやしマガジン」の発行やマスコミを通じた宣伝、オンラインを含めた各種イベント出演など、新たなファンの掘り起こしと情報発信に力を入れる考え。
 補助金を活用し、笛・三味線の講習会や屋台修理事業などにも取り組む。今年は4台目となる舟場町の屋台修理に着手し、2年かけて完成する予定。
 役員の任期満了で、会長の戸澤正英さん(72)が退任。副会長を務めていた阿部さんが、町内の代表から互選された。
 阿部新会長は戸澤前会長に対し「長年、各方面から花輪ばやしの活性化に尽くしてくださった。祭りに懸ける情熱は誰にも負けないと思う」と感謝。
 今年の祭りに向け「コロナ禍はまだ続いているが、祭りの実施は私たちの願いでもあるので、ぜひとも実施したい」とした上で「何よりも人々の安全と健康を最優先し、関係機関の指導を受けながら適切な時期に適切な判断をしていきたい」との考えを示した。
 会長以外の主な役員は次の通り。
 ▽副会長=髙瀬幸広(舟場町)田中奨(横丁)▽監事=千葉潤一(十和田八幡平観光物産協会長)佐々木久則(鹿角金融団理事長・秋田銀行花輪支店長)▽事務局長=石鳥谷雅人(新田町)▽同次長=栗山尚記(新町)佐藤邦治(旭町)佐藤正樹(横丁)田子英幸(事務局)
RSS(別ウィンドウで開きます) 

商談もオンラインで 北秋田市商工会 初開催ですでに成果 「スペース」の貸し出し開始

2021-01-19
北秋田市商工会が発行した「バイヤーズ・ガイド」
 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて商談会や見本市の中止等が相次ぐ中、北秋田市商工会(藤本忠会長)はインターネットを活用した「オンライン商談会」の取り組みを進めている。初めて開催した昨年11月の商談会は、新たな取引が始まるなど成果を挙げた。会員企業の取り組みを支援しようと、パソコンなどを用意した「オンライン商談スペース」の貸し出しも開始した。
 昨年の春以降、県外への往来自粛が呼びかけられたり、大規模なイベントの中止が求められたりしたことで、販路の拡大を目指す事業者にとっては思うような活動ができない状況が続いていた。
 こうした中、同商工会は本年度の「伴走型小規模事業者支援推進事業」を活用し「きたあきたのうめ~モノ発掘プロジェクト」を推進。セミナーや個別面談等で商品力や商談力の向上を図るとともに、販路開拓のためのオンライン商談会を開くことにした。
 昨年11月20日のオンライン商談会は、商工会の主催としては県内で初めての開催。バイヤー側は東京都内の百貨店など4社と広島県の商社の計5社、会員からは8社が参加。会員企業とバイヤーによるモニター越しの1対1での商談は、計29回を数えた。
 バイヤー側からは「首都圏にないもの、地元で愛されているものを現代風にアレンジした商品がほしい」といったアドバイスがあったほか、会員企業からも「初めてのオンライン商談で不安だったが、商工会職員がついてくれて、心強かった」「商談後、バイヤー2社から引き合いがあった」などの声が聞かれた。
 同商工会は「新型コロナウイルスの感染が広がる中でも、東京や広島のバイヤーと商談することができた。顔や商品を見ながらのため、商談が進んだ」などと説明。今後の商談に役立てていこうと、商談会に参加した8社を含む計12社の商品を掲載した「バイヤーズ・ガイド」を発行。全国のバイヤー約3000社に送付した。
 オンライン商談会に臨む会員企業を支援しようと、商工会館内に設けた商談スペースの貸し出しを開始した。カメラ・スピーカー付のノートパソコンや、複数人数での参加にも対応する32型モニター、インターネット回線などを用意。機器の使用などは、職員のサポートを受けることもできる。
 利用の際は、商談予定日の7日前までの申し込みが必要。問い合わせは北秋田市商工会(電話0186・62・1850)。

捜査用似顔絵 「解決の一助に」と意欲 大館署の長澤さん 県競技会で最優秀賞

2021-01-19
県警現場鑑識競技会の「捜査用似顔絵の部」で頂点に立った長澤さん(大館署)
 県警が主催する現場鑑識競技会(昨年11月24日・秋田市)の「捜査用似顔絵の部」で、大館署地域課の田代駐在所に勤務する長澤美代子巡査長(41)=大仙市出身=が最優秀賞に選ばれ、県警本部長表彰を受けた。事件の容疑者や不審者の特定、行方不明者の捜索等をするために重要な捜査手法の一つとされ、作成技術のある警察官は、人材が限られる中で貴重な存在。全県の署員の中で頂点に立ち、「練習してきて良かった。事件解決のため、これからも機会があれば描きたい」と話している。
 同競技会は鑑識技術の向上、初動捜査の強化を目的に毎年開かれており、2002年からは現場出動の機会の多い地域部門の警察官等を対象にしている。県内14署がそれぞれ3人でチームを編成し、「現場鑑識の部」に2人、「捜査用似顔絵の部」に1人が出場、部門別や総合の順位を競う。
 このうち「捜査用似顔絵の部」は、50分間で目撃者役から犯人役の特徴を聞き出し、鉛筆と消しゴムのみを使用して似顔絵を作成するもの。作画技術、顔の特徴を捉えているかなどを総合的に審査する。
 今回は民家で下着泥棒が発生し、逃げ去る犯人を目撃した人がいる―との想定で実施。県内各署から14人が出場し、長澤巡査長が栄冠に輝いた。「緊張したが、落ち着いてできた」と振り返る。競技会前に約2週間、集中的に指導を受けながら練習しただけに「結果が出せて良かった。終わってホッとした」と喜んだ。大館署チームは総合順位でも頂点に立った。
 中学、高校時代に美術部に所属。しばらく絵画から離れていたが、2005年に捜査用似顔絵の講習会に参加したことで再び筆を握る機会が増えた。基本技術や聞き取り方法などを学び、同年には潟上市での強盗事件で、容疑者の似顔絵を作成して逮捕につなげた経験もある。
 現在、大館署で似顔絵を作成できる署員は5人前後。指導した刑事課鑑識係の熊谷優樹係長は「検挙に至らない事案でも、当事者を特定することで注意、警告につなげられる。警察署によっては描ける人がいない場合もあり、貴重な存在」と話す。
 長澤さんは「機会があれば、これからも似顔絵の作成をしていきたい。学んだ技術がさび付かないよう、練習を続けていく。自分が描いた似顔絵が事件解決の一助になれば」と決意を新たにした。

コミュニティーFM 「ラジオおおだて」開局 県内7局目 地域に根ざした放送局に

2021-01-18
開局を記念して行われた特別放送の様子(大館市提供)
 県内7局目となるコミュニティーFM「ラジオおおだて」が17日、大館市に開局した。コミュニティーFMは放送対象地域を限定したラジオ局で全国に約330局あり、北鹿地方では鹿角きりたんぽFMに続いて2局目となる。周波数は81・4メガヘルツ。初日は特別番組を放送し、福原淳嗣市長らゲストや、18日から日替わりで進行役のパーソナリティーを務める市民が出演。地域に根差した放送局を目指し、第一歩を踏み出した。
 コミュニティー放送局は、市区町村の一部の地域で、地域に密着した情報を提供するためのFMラジオ放送局。きめ細やかな地域情報の提供、福祉活動への利用、防災情報伝達等に役立つと期待されている。
 「ラジオおおだて」の主な放送内容は、同市の天気やイベント、交通と防災など生活情報を中心にし、メイン番組のパーソナリティーは市民に限定。市も新たな情報発信の手段として週3回、1日5分程度の枠内で、イベントや講座の開催情報、市税の納期に関するお知らせや助成制度などさまざまな情報を発信する。
 収録や放送は、大館放送(小山明子代表・局長)が同市釈迦内の大館ゴルフセンター敷地内に設置したスタジオで行う。メイン番組は月~金曜の朝(午前10時~)と夕方(午後5時~)の2本。パーソナリティーは、市民12人と北陽中学校の生徒12人が日替わりで務める。
 17日は開局を記念して特別番組を放送。同市在住のフリーアナウンサーで、毎週火曜日の番組パーソナリティーを担当する真田かずみさんが番組を進行し、福原市長や月~金曜日の担当者らがゲストで出演した。
 福原市長は「行政としては、市民へリアルタイムで適切に情報を出していくことができる」と話し、「イベントに新しい切り口を加えることや、今まで知らなかった情報を届けて、市民が楽しく、心が豊かになる暮らしにつながるようになれば」と、地域活性化の情報源としての役割に期待を寄せた。
 パーソナリティーを代表して真田さんは「大館の豊かさを発信し、暮らしの輝きを未来へつなぐ新たなチャレンジ。市民のみなさんで一緒に作り上げ、育てていきましょう」と呼び掛けた。
 北鹿新聞では18日から、当日の番組表を掲載していく予定。

秋田犬会館観覧者 コロナ禍で半減 収束見据えSNSで発信強化 「犬の日常」注目集める

2021-01-18
看板犬として人気を集める秋田犬のスバル㊨。来館者やSNSの反応も上々だ(秋田犬会館)
 秋田犬保存会(本部・大館市、遠藤敬会長)は、2020年の秋田犬会館(三ノ丸)の観覧者数をまとめた。1年間で6731人にとどまり、19年の1万3010人から半減した。新型コロナウイルス感染拡大で観光客が減ったことが影響した。一方で、アフターコロナを見据えて会員制交流サイト(SNS)での情報発信に力を入れており、秋田犬の日常を撮影した動画は話題を集めている。事務局は「収束後に来館者を呼び込めるよう、認知度を高めていけたら」としている。
 同会館は保存会創立50周年を記念して、1978年に会員からの寄付を財源に建設された。1階に事務室、2階に会議室、3階に博物室があり、保存会が管理運営する。博物室は犬種団体としては国内唯一で、国指定天然記念物・秋田犬の歴史や生態などが詳しく学べる。
 毎年集計している博物室の観覧者数は▽13年=4741人▽14年=5608人▽15年=6228人▽16年=6706人▽17年=1万155人▽18年=1万9691人―と、近年急増。18年は平昌五輪フィギュアスケート女子金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手(ロシア)への子犬贈呈が話題となり過去最多に。19年はブームが落ち着き、市観光交流施設「秋田犬の里」のオープンで観光客を分け合う形となったものの、1万人台を保って好調に推移した。
 事務局によると、20年は新型コロナ感染拡大による観光客減少の影響を大きく受け、4~5月に約2カ月間臨時休館したこともあって前年から半減する結果に。政府の観光支援策「Go To トラベル」が7月に始まり、8~11月は月別で800~900人台まで回復したが、個人客が多く前年には及ばなかった。
 担当者は「近年団体・ツアー客は一度に30~40人を受け入れることもあったが、今年は多くて5~10人。外国人の姿もほとんど見かけなくなった」と話す。小学生の校外学習も密集を避けるため、同会館より広い「秋田犬の里」を勧めるようにしていたという。
 一方でSNSでの情報発信を強化するなど、アフターコロナを見据えた取り組みも始めている。「秋田犬を見たい」という需要に対応するため、館内にいる秋田犬の日常生活を短文投稿サイト・ツイッターで積極的に配信。その愛らしさが注目を集めているほか、受付係もこなす看板犬のスバル(雄、1歳11カ月)が話題となり、テレビ出演の機会も増えている。ファンからは「会いたい」「大館に行きたい」といった反応が見られ、好評を博している。
 事務局は「需要に応えるため、発信回数を増やしてきた。コロナが落ち着いたら観光客を呼び込めるように、認知度向上につなげていけたら」としている。

勝平得之の作品か 鹿角市歴史資料館 所蔵の大湯木彫り人形 技術高く「可能性大」

2021-01-18
大湯木彫り人形の歴史などを説明する藤井館長(歴史民俗資料館)
 鹿角市歴史民俗資料館の企画展「大湯木彫り人形」の説明会が17日、同館で開かれた。藤井安正館長は、市が所蔵する人形4点のうち1点について「技術的に高い」とし、版画家として有名な勝平得之(1904~71年)が制作した可能性が大きいと指摘した。
 大湯木彫り人形は1928(昭和3)年から約10年間、大湯温泉を訪れる観光客のお土産として制作された。地元の若者たちが農業の副業として取り組み、全国的に広がりを見せていた「農民美術運動」の一環とされている。当時の暮らしを題材にした、素朴な木彫りが特徴。企画展では人形32点と解説パネルを展示している。
 説明会は午前、午後の2回開かれた。市は、寄贈を受けた4点の大湯木彫り人形を所蔵している。このうち1点は「勝平」というサインがあり、本県出身で版画家として著名な勝平得之の作品では、と関心を集めている。当時大湯では技術を学ぶため講習会を開いたが、勝平が参加した記録が残っている。
 勝平が制作したとみられる人形は「雪の童女」を題材にしている。他の人形に比べ、ノミの使い方などが技術的に高く、藤井館長は「まゆや目の線が柔らかい。帽子のひもにもこだわっており、他の人形とは異なる。勝平得之の可能性が大きい」と指摘。ただ、「勝平」のサインは専門家にみてもらったところ、本物ではなかったという。当時の関係者が何かの過程で記したとみている。
 企画展は31日まで。問い合わせは同館(電話0186・22・7288)。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る