本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

鹿角市12月議会 旧鹿角パークホテル 改修費3億円など補正予算 賛成多数で可決 

2020-11-28
NEW
一般会計補正予算は賛成多数で可決した(鹿角市役所)
 鹿角市の12月定例議会は27日開会し、2019年度各会計決算6件を全会一致で認定したほか、上程議案35件中10件を原案通り可決した。このうち旧鹿角パークホテル再開を支援する補助金3億円を盛り込んだ一般会計補正予算は一部議員から「金額が大きい」と異論が出たが、起立採決の結果、賛成多数で可決。児玉一市長は「私の市長としての政策で、一つの企業誘致だと認識している」とし、理解を求めた。
 一般会計補正予算は歳入歳出それぞれ10億6489万円を追加し、総額を230億9351万円とするもの。旧パークホテルの営業再開に向け、市が改修工事費3億円を負担する中心市街地中核ホテル再生支援事業補助金は、一日も早い再開を目指すため、同補助金とGIGAスクール整備事業費のみを計上する第10号補正として初日に採決した。
 旧パークホテルの新たな経営体は先月設立された鹿角プランニング。社長の佐藤順英(ゆきひで)氏(64)は鹿角市出身。福島県で発電所のプラント関連工事などを手掛ける会社を経営している。市がホテル再開を打診したところ、快諾した。
 再開にあたっては老朽化した施設の改修が必要で、全体工事費は約7億2000万円。このうち3億円を市が補助することとし、17日の市議会全員協議会で説明した。来年3~4月のプレオープン、同6月のグランドオープンを予定する。従業員は25~30人(うち正社員12人程度)の見込み。
 質疑では無会派の吉村アイ、田口裕、戸田芳孝の3議員が補助金額の妥当性やホテル経営の見通しなどについて、当局の見解をただした。
 阿部一弘副市長は「補助金の3億円は結果的に工事費を通じて市内経済に還元される。旧パークホテルの周辺への経済波及効果は年約5億8000万円と非常に大きく、交流人口の拡大や雇用、景観、地価など総合的に鑑みて公益性が高いと判断した」と強調。
 花海義人産業部次長は「鹿角プランニングの役員は8人構成。事業計画を確認したが、うまくいくだろうと判断した。3年目に黒字化を見込んでいる」と説明した。
 児玉市長は「補助金額が高いか安いかは、この後で結果が出るものと思っている。せっかく来てくれる会社なので成功するよう、みんなで温かくお迎えしたい」との考えを示した。
 その上で、安保誠一郎議員(無会派)は▽補助金が巨額でその内容が示されていない▽所管の常任委員会で十分な審査がなされていない▽コロナ対策を最優先すべき―の三つの観点から、一般会計補正予算に対する反対討論を述べた。
 これに対し、栗山尚記議員(鹿真会・公明)は「民間による事業再開という、これ以上ないチャンスを逃すことのないよう、市として最大限の支援を行うのは当然のこと」、中山一男議員(清風会)は「ホテルの再開が遅れるほど地域経済へのダメージは大きくなる。スピード感を持って早期着工し、オープンすることが必要」と賛成討論。議長を除く起立採決の結果、賛成12、反対4の賛成多数で可決した。
 上程したのは予算関係3件、条例関係8件、指定管理者の指定案4件、過疎地域自立促進計画の変更案、市道路線の認定案各1件の議案17件、規約を一部変更する専決処分の報告1件。
 このうち一般会計補正予算や工事請負契約変更6件、特別職、議員、一般職の期末手当を引き下げる条例改正3件の計10件を可決。議案25件と陳情5件を常任委員会に付託し散会した。会期は12月17日まで。

 

混戦の中、運動最終日 上小阿仁村長選挙 あす投票 激しい舌戦が続く

2020-11-28
上小阿仁村長選挙のポスター掲示場
 中田吉穂村長の死去に伴って24日に告示された上小阿仁村長選挙は、29日に投開票が行われる。前職と新人の一騎打ちとなり、村内の各所で激しい舌戦を展開。混戦が続く中、運動期間の最終日を迎えた。
 立候補したのは届け出順に、前職で返り咲きを狙う農業の小林悦次候補(66)=五反沢字五反沢=と、前村議会議長の新人で会社員の小林信候補(59)=小沢田字釜渕=の、いずれも無所属の2人。
 小林悦次候補は、村職員や村長の経験をアピールしながら「村長不在の非常事態を早急に正常化する。村長の経験を生かしてすぐに、対応することができる」などと訴え。年金生活者への支援やインフルエンザ予防接種無料化のほか、第2弾の給付金支給などを公約に掲げている。
 小林信候補は、村議会議長などの政治経験をアピール。「村は危機的状況。立て直すには住民と行政、議会が一つになることが大切」と訴えるとともに、「幼児教育と保育環境の充実」や「高齢者の生活支援の充実」「事業所支援と働く場の充実」などの実現を目指すとしている。
 同村の村長選挙は、1983年から連続6期を務めた故北林孝市氏が勇退した2007年の選挙以降、4回連続で村長が交代する激しい選挙が繰り広げられてきた。ただ、投票率は新人同士の一騎打ちを制して北林氏が初当選した83年が96・42%、07年は92・70%だったものの、11年は90・48%、15年は88・48%、19年は86・36%と低下傾向をたどっている。
 今回は、前回から1年7カ月しか経過していない中での選挙であることや、統一地方選の中で行われたこれまでと違い、議会議員選挙とは別日程になったこと、さらには新型コロナウイルス感染症の影響などで、投票率はもう一段、低下することが懸念されている。両陣営ともに票読みには苦慮しながらも、運動期間の最後まで、票の上積みを目指していく構えだ。
 投票は29日午前7時から午後7時(八木沢は午後6時)まで、村内8カ所で行われ、午後8時から村健康増進トレーニングセンターで開票。午後9時までには、大勢が判明する見通しだ。
 村選挙管理委員会が23日現在でまとめた有権者数は2033人(男974人、女1059人)。

 

来春知事選 現職佐竹氏が4選出馬 「次世代の秋田の基礎を」 県議会で表明 「情熱持って」と意欲

2020-11-27
12月県議会で4選出馬を表明した現職の佐竹氏(議場)
 任期満了(2021年4月19日)に伴う来春の知事選について、現職の佐竹敬久氏(73)は26日、4選を目指して立候補することを表明した。同日に開会した12月県議会本会議の冒頭で述べた。新型コロナウイルス感染拡大に伴う時代の大きな変化に対応した次世代の秋田の基礎構築などに取り組みたいとし「私の気力と体力、情熱をもう一度、県政にささげたい」と述べた。
 佐竹氏は「新型コロナウイルス感染の拡大により、この一年、県政は足踏み状態が続いている。落ち着きを取り戻したとしても、時代は大きく変化しようとしている。変化は本県に大きな可能性をもたらすとともに、反作用として負の側面も持つ」などと県政を取り巻く現状を分析。
 「これからの数年は本県にとって極めて大事な時期。次の世代に可能性に満ちた秋田をしっかりと引き継ぐため、ふるさと秋田を守るため、県政にささげたいという気持ちが強くなった。次期知事選への出馬を決意した」と述べた。
 本会議終了後の取材では、「年齢を考えてそろそろかなという気持ちもあった」と3期12年を区切りとする考えもあったことを明らかにし、「新型コロナの関係で時代は変化し、影響は来年以降も続く。どのように対応するかが重要。これまで培ってきた知識、専門的な経験、さまざまなネットワークなどが県政の利益につながるのではと強く思った。情熱を持ってクリアしていきたい」と意欲をみせた。
 知事選への立候補を正式に表明したのは佐竹氏が初めて。
 【佐竹氏の略歴】仙北市角館町出身。東北大工学部卒業後に県庁入り、総務部次長など務めた。1997年の知事選に立候補して落選。2001年から秋田市長を2期務め、09年の知事選で初当選。現在3期目。

味生む煙、もうもうと 北鹿各地 いぶりがっこ作り盛ん

2020-11-27
ダイコンがいぶされている小屋(とっと工房)
 北鹿地方で秋田の冬を代表する伝統食の一つ「いぶりがっこ」作りが盛んに行われている。各地の作業場で収穫したダイコンをつるし、いぶす光景が見られる。
 大館市比内町達子のとっと工房は、10月末ごろから作業を始めた。同施設に隣接する畑から収穫したダイコンをひもでつるし、煙が立ちこめる小屋の中で約5日間かけてじっくりといぶしていく。作業は7回に分けて行われ、約5000本を加工する。
 まきには昨年切り出し、1年かけて十分に乾燥させたサクラの木を使用。火の上にはトタンをかぶせ、ダイコンに直接火が当たらないようにしている。いぶしあがり、きつね色になったダイコンはザラメや塩、米ぬかなどで漬けて「がっこ」に。がっこは袋詰めし、空気を抜いて殺菌処理をした後、同市の「比内のゆ」で販売される。
 同工房の菊地俊策管理者は「味の評判も良く、東京や仙台などからの注文も毎年10件ほどある」と話した。希望者には、がっこにする前のいぶしたダイコンなどの販売もしている。

枝アメのミズキ伐採 大館市観光協会など アメ市開催は来月判断

2020-11-27
伐採したミズキを束ねる職員ら(大館市釈迦内)
 来年2月に開催を予定している大館アメッコ市に向け、関係者が「枝アメ」に使用するミズキの伐採作業を行っている。26日は販売用の小さいものから、3・8㍍のジャンボサイズなど約30本を伐採した。
 アメッコ市では、ミズキにピンク、黄、緑のアメをくくりつけた「枝アメ」が会場などを彩る。今年はコロナ禍で開催を検討中で、来月上旬の実行委員会で可否を決める。例年は枝アメをJR秋田駅や弘前駅にも設置しているが、今回は開催する場合は縮小し、おおまちハチ公通り周辺だけにする予定。
 伐採は25日から始まり、大館市観光協会、大館商工会議所、大館市の職員ら7、8人が作業に当たっている。同協会が管理する釈迦内、川口の植林地のほか、国道脇ののり面など5カ所から300本以上を集める。
 26日は、釈迦内の植林地で作業を行い、ミズキをノコギリなどで伐採し、ロープで束ねて手際良く軽トラックに積み込んだ。今後は長さや形を整え、開催が決まったらアメを枝に結び付けていく。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

11月末まで20校889人 秋田内陸線 県内小中高校の利用増 修学旅行の行き先変更で

2020-10-03
修学旅行で内陸線のお座敷列車に乗った鷹巣東小6年生(同校提供)
 新型コロナウイルスの影響で修学旅行先を県内へと変更する学校が増える中、北秋田市―仙北市間を走る秋田内陸線で県内小中高校の団体利用が増えている。秋田内陸縦貫鉄道(本社・北秋田市、吉田裕幸社長)によると、1日時点で小中高校20校、計889人が11月末までに乗車する予定。例年にない需要に、同社は「リピーターが増えるきっかけになれば」と期待を寄せている。
 同社によると、実施済みの学校も含め、9月上旬から月末にかけて小学校12校、中学校7校、高校1校の計20校が利用する見込み。これまで沿線地域や秋田市の学校が日帰りの学校行事で利用することはあったが、修学旅行で県内の学校が利用することはなかったという。
 貸し切り列車の利用が多いほか、児童生徒数によって一般客の乗る車両に少人数で乗り込んだり、臨時列車を運行する場合も。利用は角館―鷹巣駅間の片道が大半。日程の短さもあり、途中下車や沿線の観光には結びついていないというが、移動手段も兼ねながら、田んぼアートや秋の紅葉など車窓から沿線の魅力を感じてもらう機会となっている。
 北秋田市鷹巣東小学校(佐藤博志校長)の6年生14人は県内を巡る修学旅行の帰路で内陸線を利用。24、25日から1泊2日の日程で男鹿市、横手市を巡った後、角館駅から貸し切りのお座敷列車に乗り込んだ。
 同校では7月ごろから県内での修学旅行のルートを児童とともに考えたといい、地域資源を活用しようと内陸線の利用を日程に組み込んだ。児童は列車内から田んぼアートを観賞したり、日が暮れてからはテーブルでカードゲームを楽しんだりと、終点の鷹巣駅までのびのびと過ごしたという。
 6年生担任の津谷美穂子教諭は「秋田の魅力を再発見する機会になったと思う」と振り返った。萩野愛さん(6年)は「友達と一緒に内陸線に乗ることができて思い出になった。違う田んぼアートを見るためにまた乗りたい」と話していた。
 同社は「これまで乗る機会がなかった児童生徒にも、内陸線の存在を知ってもらいたい。修学旅行の思い出が残り、家族との乗車につながれば」と話している。
 

11カ月ぶり活気戻る 小坂町康楽館創建110年特別公演 小坂鉱山の復活劇

2020-10-03
特別公演が開幕。11カ月ぶりの舞台に大きな拍手が送られた(康楽館)
 小坂町の明治の芝居小屋・康楽館で2日、創建110年特別公演「リトライ!風そよぐ町から」が初日を迎えた。コロナ禍で9月までの常打芝居を休演したため、昨年11月以来の舞台。待ちに待った町民やファン約150人(2公演)が久々の公演を楽しんだ。芝居は小坂鉱山を閉山の危機から救った久原房之助を主人公にした現代劇となっている。31日まで。
 康楽館の常打芝居は、2006年から松井誠さん監修の下町かぶき組が出演している。特別公演は、劇団誠流座長の星誠流さんが脚本・演出を担当した書き下ろし作品。星さんのほか、主演の劇団三峰組座長の三峰達さん、劇団岬一家座長の岬寛太さんの3座長をはじめ、計11人の豪華メンバーが登場する。
 舞台は明治中期。貿易会社社員としてニューヨーク勤務を勝ち取るも、小坂鉱山へ赴任することになった失意の久原が立ち上がり、仲間や恋人の存在を力に鉱山を閉山の危機から救う物語。歌やダンスも盛り込まれている。
 開演に先立ち、小坂町の細越満町長が「今年は110年の記念すべき年。昨年からふさわしい特別公演を企画してきた。芝居に登場する人物たちがいなかったら、今日の小坂町はなかったと言える。小坂町の歴史に触れ、どのように発展したか理解を深めてほしい。1カ月のみの公演だが、多くの方々に楽しんでもらいたい」とあいさつした。
 ベルが鳴り、緞帳(どんちょう)が上がると、会場からは大きな拍手が送られた。後半は舞踊ショーが行われ、華やかなステージを展開。11カ月ぶりに芝居小屋に活気が戻った。北秋田市の30歳代女性は「幕が上がった瞬間、康楽館や役者さんの苦労が実った感じがした。いろいろな意味での特別公演。感動をもらえた」と話していた。
 康楽館は、小坂鉱山を経営していた藤田組の従業員慰安施設として1910年に創建。老朽化などで70年に一般興行を中止するも、修復工事を行い、86年に復活した。2002年には国重要文化財指定を受けた。
 例年は4月から11月まで常打芝居を上演しているが、コロナ禍のため9月まで休演。11月に予定していた特別公演を前倒しし、今年は1カ月間のみの公演となる。感染対策のため、1公演の入館者数を定員の5分の1、120人に制限。午前、午後の部2回公演で、休演日は16日。座席の予約を薦めている。問い合わせは康楽館(電話0186・29・3732)。
 

「大館能代」は静かなスタート 東京追加のGo To トラベル 初日は観光客まばらも

2020-10-02
ビジネス客に交じって観光客の姿も見られた1日の大館能代空港
 政府の観光支援事業「Go To トラベル」が1日、東京を発着する旅行を対象に加えて本格スタートした。新型コロナウイルス感染の影響で冷え込んだ観光需要を呼び起こすと期待され、北鹿地方の空の玄関口・大館能代空港(北秋田市)でも観光客の姿が若干見られた。
 「Go To」は国内旅行代金の総額から2分の1を補助する事業。補助上限は1泊当たり最大2万円。旅行代金から割り引かれたり、クーポン券がもらえたりし、観光客にお得な仕組みとなっている。
 7月に始まったが、感染増加を受けて、東京行きの旅行と都民は対象から除外されていた。最近の感染状況を踏まえ、今月1日から東京発着の旅行が対象に追加。人口の多い都内から観光に出掛ける人が増え、観光需要の喚起が期待される一方、感染対策の徹底が求められている。
 大館能代は現在、全日空便が羽田との間を1日1往復している。午前中に羽田から到着した便も、その折り返し便も搭乗客は40人程度。コロナ禍に見舞われた春や夏に比べ客数は回復傾向にあるものの、秋の観光シーズンとしては例年より少ないという。
 この日は大半がスーツ姿のビジネス客。「Go To」の支援を受けられる観光客は数組とみられ、東京追加初日は静かなスタートとなった。都内在住の女性2人組は取材に対し「青森県弘前市方面で観光を楽しんできたい」と話した。
 空港ターミナルビルの一部店舗では「Go To」の地域共通クーポンを取り扱っている。クーポンの使用期限は旅行期間中に限られるため、2階土産品店の従業員は「あちこちの旅先でクーポンを使い、余ったら最後にここで使い切ってもらえるのではと期待している」と話した。
 

鹿角市八幡平でバイナリー発電 新エネ協で市が報告 岩手の会社が発電所建設 11月から売電予定

2020-10-02
鹿角市の新エネルギー利活用推進協議会(市役所)
 鹿角市新エネルギー利活用推進協議会(委員長、柏谷至・青森大教授)が1日市役所で開かれ、中高温で発電する「バイナリー発電」が同市八幡平切留平で事業化されることが報告された。岩手県の企業が発電所を建設、来月からでも売電を開始する予定。
 バイナリー発電は80~150度の中高温熱水や蒸気を熱源として、沸点が低い代替フロンやアンモニアなどの媒体を気化させ、その蒸気でタービンを回す発電方式。低温の蒸気や熱水を発電に利用できることから、地熱や温泉熱の有効活用としても期待されている。
 市産業活力課によると、事業を進めるのは㈱ジオコンプレックス(岩手県雫石町)。地元の温泉事業者への説明を行った後、2019年9月に噴気試験を実施、今年春から発電所の建設工事を始め、11月から売電を予定している。
 同市の田代平で風力発電事業を計画していた日立造船が、事実上事業を断念したことが報告された。市の事務局は断念の理由について、「3度行われた負担金の見直しにより、事業採算性が見込めなくなった。募集プロセスから撤退し、事実上の事業断念と考えている」と説明した。
 十和田大湯の西村林業が建設し、昨年11月竣工(しゅんこう)式が行われた「近江谷地小水力発電所」は水車のシャフトと羽が破損する故障が発生、メーカーが初期不良として修理することになっているが、新型コロナの影響で修理が長引き、2019年度中には完了できなかった。「再稼働に向け修理を手配中」と報告した。
 協議会では、事業実施状況の報告の後、市が新たに策定するエネルギービジョンについて意見を交換した。現行のビジョンが本年度で10年間の計画期間を終了するため、2021年度から10年間の新ビジョンを策定する。作成の委託業者にあきぎんリサーチ&コンサルティングを選定。アンケートを実施するなど作業を進めている。
 

元気届けるエコバッグ 付箋も開発 4日に日仏同時発売 大館東中と花善コラボ

2020-10-02
地域を盛り上げようとコラボ商品を開発した八木橋社長、メンバーら(大館東中)
 大館市東中学校(小林寿校長)と同市御成町の駅弁製造販売・花善(八木橋秀一社長)は4日、コラボレーションして製作したエコバッグと付箋を学校祭「東中祭」とフランス・パリの同社店舗、市内各店・施設など日仏で同時販売する。同校生徒と同社が、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ日本、古里に元気を届けようと企画。プロジェクトメンバーの生徒18人が中心となり、鶏めしの具材や地元の特産品など大館の魅力を発信する二つの土産品を製作した。同校で29日、会見を開き、力を結集させて完成させた商品を紹介。地域の活性化につなげたいと意気込んでいる。
 新型コロナの影響でイベントの中止やさまざまな活動が制限される状況が続く中、地域を盛り上げたいと、生徒たちは同社と協力して4月から企画に着手した。外部講師を招いた講習会や勉強会を通して、生徒が八木橋社長へプレゼンテーション。アイデアをまとめて開発する商品や図案を考案し、東中生ならではのオリジナル商品を完成させた。
 エコバッグ(縦380㍉、横370㍉)は500円、付箋は200円(いずれも税別)。エコバッグは赤を基調に鶏めしの具材などがデザインされ、折りたたみが可能。商品下げ札には生徒の直筆メッセージが入っている。付箋は「おおだて付箋」と「とりめし付箋」の2種類。いずれも20枚つづりで、大館の名産、鶏めしの具材が描かれている。
 生徒たちは地域の人にも広め、協力してもらおうと販売の準備も進めてきた。同社、秋田犬の里、秋田犬ツーリズム(ECサイト)、いとくショッピングセンターなど市内カ所のほか、パリ花善「1899 Tori Meshi」、ニューデイズ秋田中央口店(JR秋田駅構内)で販売予定。
 会見では高橋善之教育長を招いて、小林校長、八木橋社長、メンバーが商品と取り組みについて説明。メンバーのリーダーを務める福田詩乃さん(3年)は「コロナ禍で落ち込んでいる日本、そして地域の方々に元気を届けようという思いから始まった企画。大館の名産を多くの人に知ってもらえるよう広めていきたい」と語った。
 生徒たちは学校祭のほか、10、11日はいとくショッピングセンター、11月17、18日は秋田犬の里で販売会を開くとしている。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る