本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

当初予算240億円 北秋田市19年度 し尿施設建設や鷹巣中改修

2019-02-19
当初予算の特徴を説明する津谷市長(北秋田市役所)
 北秋田市は18日、2019年度当初予算案を発表した。一般会計は歳入歳出ともに239億7149万8000円。し尿処理施設建設の本格化に伴い、前年度当初より約12億円増加する見込み。新規事業として鷹巣中校舎大規模改修や、公的証明書をコンビニエンスストアで交付する事業などを盛り込んだ。
 新年度は、市総合計画の重点プロジェクト「まち・ひと・しごと創生総合戦略」(2015~19年度)が最終年度を迎え、施策ごとに設定した数値目標の達成が求められている。津谷永光市長にとっても3期目の後半に入り、選挙公約の実現に向けた「総仕上げ」の性格が濃い予算編成となった。
 一般会計の歳出で、新規事業は宮前町庁舎大規模改修(1億5800万円)、証明書コンビニ交付サービス導入(2789万円)、移住・就業支援事業費補助金(400万円)、多様な農業経営応援補助金(500万円)、森林環境譲与税を活用する事業(1578万円)、20年度に鷹巣南中と統合する鷹巣中の校舎大規模改修(4億1963万円)―など。
 主な継続事業は、し尿処理施設整備(10億8099万円)、市ホームページ更新(1189万円)、住宅リフォーム事業補助金(3000万円)、特定空家等解体撤去事業費補助金(200万円)、「ハローキティ」を活用したセールスプロモーション(1955万円)―などを盛り込んだ。
 歳入は、自主財源となる市税が30億4600万円で前年度当初に比べ2・8%、8200万円余りの増加となった。地方交付税は2億円減の98億円。市の借金にあたる市債は32億4500万円。財政調整基金から13億5700万円余りを繰り入れた。

一般会計は176億円 鹿角市19年度当初予算案 園芸メガ団地整備など

2019-02-19
会見で新年度当初予算を発表する児玉市長(市役所)
 鹿角市は18日、2019年度当初予算案を発表した。一般会計の総額は176億5220万円で、前年度当初と比べて1・2%、2億780万円の減。学校給食センター整備事業の終了などが減少の主な要因。3月定例市議会に提案する。
 児玉一市長は目玉事業について、新年度予算と3月補正で前倒しした事業を合わせて、園芸メガ団地整備事業、鹿角観光ふるさと館「あんとらあ」改修事業、ふるさとライフ移住しごと支援補助金の三つを挙げた。
 園芸メガ団地は、県が産出額1億円以上の大規模園芸団地を推進している取り組み。17年度末で県内20地区で実働し、鹿角地区では今回が初となる。
 経営体は農事組合法人末広ファームの予定。市では野菜等の産出額の拡大を図るため、ネギとキャベツの集出荷施設の建設、農業用機械の導入を支援する。同法人は産地パワーアップ事業で水稲と大豆の生産にも取り組む予定で、市は国、県とともに高収益化に向けた取り組みを総合的に支援する。園芸メガ団地整備事業に1億7850万円、産地パワーアップ事業に1億740万円を計上。
 あんとらあ改修は19、20年度の2カ年で実施する計画。総事業費は11億2000万円の予定で、19年度は4億5894万円を計上し、休憩室、情報コーナー、トイレの増築工事、空調など機械設備の更新を行う。
 ふるさとライフ移住しごと支援補助金は、地方の人手不足への対応などを目的とした国の交付金を活用し、東京圏から鹿角市へ移住する人に移住経費などを最大100万円交付するもの。県のマッチングサイトに掲載した市内の中小企業等への就業などが条件。
 すこやか子育て支援事業では、10月から第1子保育料を無償化。これに伴い、一定の所得制限がかかる0~2歳児を除き、保育料が無料となる。これを受け、9月末でファーストベビー祝い金は廃止する。
 世界遺産登録推進事業では、大湯環状列石を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」の登録を目指し、シンポジウムの開催や、関係自治体と連携した看板やのぼり、マップの作製などを行う。
 商店街店舗創出パワーアップ事業では、クラウドファンディング型ふるさと納税により、空き店舗を活用して起業する人への補助制度を新設する。
 通学対策事業では、小学校が統合される末広地区、草木地区で登下校に合わせたスクールバス運行業務委託料を新たに計上。
 花輪一中大規模改造に4億2691万円を計上。継続事業の2年目として残る校舎棟の改修と外構工事を行う。
 花輪二中大規模改造は21年度に統合する花輪北小と平元小の新校舎としての内外装改修等に向け、実施設計委託料587万円を計上。
 スキーと駅伝のまちづくり事業では、全日本学生スキー選手権大会、昨年台風の影響で中止となった25市町村対抗駅伝「ふるさとあきたラン」などを同市で開催する。
 このほか、鹿角花輪駅前整備事業、公営住宅建設事業(毛馬内住宅等)、地理的表示登録産品PR強化事業、シンテッポウユリ産地拡大推進事業、八幡平地域デマンド交通実証運行、認知症対応型共同生活介護事業所整備事業、新生児聴覚検査などに関する経費を計上した。

大館に子どもの遊び場を 昨年移住の主婦 署名活動 すでに千人以上協力

2019-02-19
署名活動を展開するメンバーたち、中央が三浦さん母子(北部シルバーエリア)
 昨年4月に大館市に転居した専業主婦が、市に子どもの遊び場づくりを求めるための署名活動を展開している。天候に左右されない、行政が管理する屋内の常設施設。約3週間で1000人あまりが署名する反響ぶりという。25日正午まで賛同者を募り、市長に陳情する予定。
 発起人は、夫の転勤で青森県弘前市から移住した、2歳の娘の母・三浦庸さん(36)。日々遊び場を探しているが、市内公園などは悪天候時や冬季利用は難しく、未就園児の子育て支援の場は開館時間が制限。十二所の北部シルバーエリアは市中心部からは遠方にある。「大館を楽しもうとしているのに、結果的に近隣自治体の複合施設やショッピングモールに行く。買い物や食事もそこで済ませることが多く、居住地にお金を落とせていない」という複雑な思いを抱いていた。
 求めるのは乳幼児の親子らが時間を問わずに安心して集える場所。「市長に宛てた手紙を書こうとしていたら、友人が賛同してくれ動きだした」。SNS(会員制交流サイト)などと活用して1月25日から始めた活動に、1週間で370人超が署名。2月15日現在、1079人が協力している。
 1枚の手紙から1000人以上の市民らの思いになった。中には「大館に帰省しているのに他市に遊びに行く」という母親の意見、ゆかりのない人から「同じ子育てをする身として応援する」という声もあったという。三浦さんは、同じ悩みを抱える子育て関係者が多くいることに驚きと喜びを隠さない。祖父母世代の協力もあり「子どもの」とはうたいつつも、多世代が交流できる場所の必要性を再認識している。
 署名用紙は御成町の映画館オナリ座、曲田の直売所・陽気な母さんの店などに設置。詳細はフェイスブックページ「大館に遊び場を」。問い合わせはメール(oodateasobiba@gmail.com)。

忠犬ハチ公 屈託のない笑顔 新たな写真見つかる 渋谷区博物館で初公開

2019-02-18
新たに見つかったハチ公の写真(白根記念渋谷区郷土博物館・文学館提供)
 大館市生まれの忠犬ハチ公が笑っているような写真が新たに見つかり、白根記念渋谷区郷土博物館・文学館(東京)で初公開されている。ハチ公の写真は約70枚現存するとされるが、「屈託のない笑顔」は珍しい。生前のハチを知る女性が2017年5月に寄贈したもので、同館の担当者は「世の人に『幸せに暮らしている』と伝えているようだ」と話す。
 寄贈したのは、ハチの飼い主だった上野英三郎博士宅の近くに住んでいた大木八重子さん(96)。上野博士の急逝後、ハチは植木職人に引き取られ、博士の教え子だった大木さんの父が預かることも多かった。大木さんは小学生のころ、学校から帰るとハチと遊んだ。「とても賢くかわいい犬だった」という。
 大木さんの父はハチを何度も撮影し、数多くの写真を持っていたとみられるが、戦災で全て焼失。しかし、1933年ごろに撮ったハチと大木さんが並んだ写真を親戚に渡していたため、辛うじて1枚だけ残った。ハチの部分だけ切り取り、保管していた。
 同館によると、数年前にハチ公関連の資料展を開いた際、大木さんが来館。「ハチの写真を持っている」と話したことから、松井圭太学芸員が譲り受けたいと申し出たところ、快諾を得た。
 今回の寄贈で、上野邸があった場所は学説通りに渋谷区松濤1丁目と判明。現在は東急百貨店別館が立つ。東急は1934(昭和9)年、初代ハチ公像建設募金集めの際、寄付金付き「ハチ公チョコレート」販売に協力。近年は「東横ハチ公」というキャラクターを作り、土産品販売に力を入れている。
 松井学芸員は「正面から撮影されたハチ公はほとんどなく、口を開いた写真が何枚かあるものの、屈託のない笑顔に見える写真は他にない」と強調。「有名になる前はいじめられるなど、つらい思いをした。そんなハチ公の笑顔を見ると救われる気がする。世の人に『ありがとう』『幸せに暮らしている』と伝えているように感じる」と話した。
 写真は、3月24日まで開催する企画展「新収蔵資料展」で公開している。

 

上小阿仁村 友倉神社裸参り 男女16人参道を駆ける

2019-02-18
石段を上って神社を目指す参加者(友倉神社)
 
 上小阿仁村沖田面の友倉神社で16日から17日にかけて、小正月行事の「裸参り」が行われた。県内外から参加した男女16人がふんどしや長じゅばん姿で水ごりをし、無病息災などを祈願して神社までの約1㌔を走った。
 江戸時代に飢饉(ききん)や疫病などの厄災を払おうとしたのが始まりとされ、350年余りの歴史がある。全国各地の裸参りの中でも夜に行われるのは珍しいという。
 昭和期には毎年50人近くが参加していたが、少子高齢化に伴い年々減少。現在は髙橋旅館(髙橋健生社長)が呼び掛け、村内外からも参加を募って継続している。
 今年は村民や小中学校のALT(外国語指導助手)のほか、北秋田市、東京都から男性15人、女性1人の計16人が参加。16日午後11時過ぎにふんどしや長じゅばん姿に着替えた参加者が、旅館前で冷水を全身に浴びて身を清めた。
 午前0時に合わせ、約1㌔先の友倉神社を目指して出発。降雪や風の影響がほぼなく、石段にうっすらと雪が積もる程度で走りやすい状態。参加者は数人ずつ隊列を組み、勇ましい声を上げながら参道を駆け抜けていった。神社では住民や神主が出迎え、参加者と一緒に祈とうを行った。
 
RSS(別ウィンドウで開きます) 

地域の宝火から守れ 北秋田市消防 文化財防火デー

2019-01-20
バケツリレーによる初期消火を訓練する住民たち(浦田神社)
 北秋田市浦田の浦田神社(藤本寛教宮司)で19日、火災の発生を想定した訓練が行われた。26日の文化財防火デーに合わせて北秋田市消防本部が実施。地域住民らが参加してバケツリレーによる初期消火などを行い、防災意識を高めた。
 文化財防火デーは、1949年に法隆寺金堂で火災が発生し壁画が焼損したことを受けて制定。この日に合わせて毎年、全国各地で防火訓練などが行われており、文化財保護に対する意識を高めている。
 市消防本部は毎年、文化財防火デーに合わせて管内の各地区で訓練などを実施。本年度は19日を皮切りに27日まで、市内4地区と上小阿仁村の神社や寺院などで訓練を実施する。
 浦田神社では神社本殿から出火したとの想定で住民ら自治会員によるバケツリレー、消防団による放水などを行った。バケツリレーでは住民たちが参道に並び、火元に向けて次々と水の入ったバケツを送っていた。
 消防署員による消火器の使い方講習も行われた。実際に消火器を扱う体験もあり住民たちは署員の指導で消火器の正しい使い方を身に付けていた。

旧竹村解体工事 「正札」の看板取り外す 「繁栄の象徴」郷土博物館へ 大館市

2019-01-19
取り外された「正札」マークの看板(大館市大町)
 大館市が進めている旧正札竹村本館棟の解体工事で18日、街のシンボルとなってきた「正札」マークの看板が取り外された。昨年6月に着工し、12月末現在の進捗(しんちょく)率は36%。現在は壁など内部の解体を終え、建物の解体に向けた準備が進む。市は「看板は市民の思い出が詰まった『昭和』の繁栄の象徴として、大館郷土博物館に保管する」としている。工事は2020年3月末まで。
 正札竹村は嘉永年間(1848~54年)に創業し、県北部を代表する老舗百貨店として栄えた。販売不振で2001年に倒産した。外壁崩落などの危険があるとして、市は05年に土地と建物を購入。新館2棟は改修して県北NPO支援センターなどが入居している。
 1969年完成の本館棟は鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)地上9階地下1階建て、延べ床面積6223平方㍍、敷地面積784平方㍍。長く利活用が議論されたが、市は解体を決め、昨年6月に着工した。壁や天井など内部の解体が終わり、現在本体の解体に向けた作業が進んでいる。
 看板は地上から高さ35㍍、屋上の上屋部分に設置されていた。西と南側の2カ所に掲げられた直径4㍍のオレンジ色の「正札」マークは、遠くからも見ることができ、長年街のシンボルだった。
 撤去は1日で終了し、作業員が足場に上って6つのパーツに分かれた文字部分の金具を外し、慎重に屋上へ運んだ。一部はさびていたが、鮮やかな色が残っていた。北側の時計文字盤の看板は、制作を企画したアートNPOゼロダテが同日撤去した。
 市まちづくり課によると、取り外した看板は21日夜にクレーン車で地上に降ろす予定。作業のため、21日午後8時から22日午前0時まで周辺道路を通行止めにする。看板は22日に郷土博物館に運ぶ。新館棟に設置する案もあったが、「市民の思い出が詰まった建物だが、倒産したためさまざまな思いがあると思う。保管し、何かの機会があれば展示を考えたい」という。解体後の跡地の利活用については「民間事業者の再整備に期待したい」と話した。
 解体工事は伊藤羽州建設が落札し、昨年6月21日に着工。その後、西面外装に石綿(アスベスト)の含有が判明し除去工事が必要となり、市は12月補正予算に追加の工事費を計上した。総工事費は3億4737万円。工期は当初から3カ月延長し、20年3月末まで。

狩猟文化「阿仁マタギ」 日本遺産の認定申請 北秋田市が県に提出

2019-01-19
 北秋田市は、阿仁地域で受け継がれている狩猟文化「阿仁マタギ」の日本遺産への認定に向けて、文化庁への申請の窓口となる県に対して18日までに申請書を提出した。県から文化庁の申請は24日が期限で、今後、県と市で申請内容の最終調整を行うなどして期限までに提出する予定となっている。
 日本遺産は、地域に根付いて世代を超え受け継がれている風習や伝承などを「ストーリー」として文化庁が認定するもので、訪日外国人客の関心を強く引き付ける「クールジャパン戦略」の文化版と位置付けられている。
 北秋田市は、狩猟文化「阿仁マタギ」で日本遺産の認定を目指している。18年度の申請で認定が見送られたことなどを踏まえ、今年に入ってからマタギ文化の関係者らで作る日本遺産事業推進協議会(会長・津谷永光市長)を設立し、申請に向けた協議を進めていた。
 15日に開催した協議会で申請内容などについて最終の協議を行い、19年度の認定を目指して申請手続きを進めていくことを確認。文化庁への申請は県を経由して行うことになっており、市は県への提出期限となる18日までに申請書を提出した。
 市が日本遺産の認定を目指すストーリーのタイトルは「阿仁マタギ―山の恵みは山神様からの授かりもの」。マタギ発祥の地とされる阿仁地域で受け継がれているマタギが深く根付いた生活文化などを詳しく紹介。申請に向けた協議では現役マタギからの情報提供などを踏まえて内容の拡充を図った。
 県から文化庁への申請は24日が期限。認定の可否が示されるのは4月下旬となる見通し。日本遺産について国は、20年度までに100件ほどを認定する方針。これまでに67件が認定を受けており、北秋田市は残る30余りの認定枠の獲得を目指すことになる。

自治会活動の可能性は 鹿角市花輪 いきいき地域づくり会議 事例発表と意見交換

2019-01-19
自治会長らが参加した「いきいき地域づくり会議」(コモッセ)
 鹿角市花輪地区の自治会活動における諸課題や活性化策などについて意見を交換する「いきいき地域づくり会議」が17日夜、コモッセで開かれた。各自治会の代表らが参加し、自治会でできる少子・高齢化対策や担い手の育成など四つのテーマについて話し合いを進めた。
 花輪地域づくり協議会(賀川満会長)の主催。さまざまな意見を出し合う井戸端会議のような場を設け、自治会活動の可能性を見いだそうという「鹿角!ご近所の底力」事業の一環として開いた。花輪地区78自治会のうち25自治会の役員ら約50人が参加。
 はじめに、尾去沢蟹沢自治会の藤原純一会長が自治会活動について事例発表した。同自治会を母体とする蟹沢自主防災会は毎年、地域ぐるみで総合防災訓練に取り組むなど他地域のモデルとなる先駆的な活動が認められ、2016年に防災功労者内閣総理大臣表彰を受賞している。
 「なぜ発展的に活動ができるのか」という協議会側からの問いに対し、藤原会長は「自治会の9班、195人がとても仲が良いからというのが結論。皆さんが協力的だ。女性が前に出るようにやってきたが、どこでも奥さまを大切にした方が良い自治会になる」と持論を展開した。
 この後、4グループに分かれて意見を交換し、出た意見を発表し合った。テーマは①災害が起きた時のために今から何をしていくか②自治会でできる少子・高齢化対策は③自治会をいきいきさせる組織は機能しているか④これからの自治会活動の担い手を育てるには―。
 担い手育成について「昔は20代でも仕事をしながら当たり前のように自治会を手伝っていた。そうした方々が今でも現役で頑張っている姿を若い人たちが見て、年寄りに任せておけばいいんだと感じているところもあるので、引き際を見極めていくのが大事」「役員は70代で引退し、次の人に譲るという自治会もある。みんなから自治会に入ってもらい、どういう仕事をしているのか分かってもらいたい。その中で担い手を育てていければ」などの意見があった。
 賀川会長は「今日の話を整理し、町内に帰ったら真剣に考えてほしい」と呼び掛けたほか、「この会に参加しない人を、どうやって引っ張り出したらいいのか。お知恵を拝借したい」と述べた。
 会議の内容をまとめた資料は後日、各自治会に配布する。

総販売額24億6700万円 JAかづの生産者大会 出荷減も高値で推移

2019-01-18
大会の席上行われた、優秀な生産者の表彰式(かづのJA会館)
 JAかづの生産者大会が17日、同市花輪のJA会館で開かれた。天候不順の影響を受け、全般的に収穫量は減少したものの、価格が高値で推移、総販売額は前年度を2億円上回る24億6700万円を見込んでいる。特産「北限の桃」は病気と台風の影響をもろに受け、6年間続けてきた1億円台を割り込んだ。
 生産者約200人が参加。菅原俊二組合長は「近年にないほど天候の影響を受けた1年。農産物全品目の収穫量が大きく落ち込んだ」と総括、野菜、果樹、花きの一部では「市場に安定出荷できないという異常な事態となった」と振り返った。鹿角産米は、「評価が高く、この機会をとらえ、安定生産と販売先の確保に努める」と強調した。
 主力の稲作は前年度並みの収量を確保。1等米比率は92・3%で73・8%に落ち込んだ前年から大幅に改善した。リンゴは台風による落果で心配されたが、果実肥大は良好で出荷量は前年を30%上回った。
 「北限の桃」は6月末から7月にかけての雨でせん孔細菌病が多発、さらに出荷前の台風で落果の被害を受けた。販売額は7355万円で6年間続けてきた1億円の大台を割り込んだ。
 コメに次ぐ販売量のキュウリは高値で推移し、出荷量は前年を下回ったものの、販売額は4億6000万円となり、3年ぶりに4億円台を回復した。花きは前年の高値傾向が本年度も続き、販売額は全体で106%となった。
 大会では複合型農業の積極的拡大などを盛り込んだ大会決議を採択した。記念講演は桂三河さんが「笑いの力で鹿角の農業を元気」と題して行った。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る