本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

震災から10年 親子で「防災」再確認 大館の気仙沼プロジェクト WSで備えを学ぶ

2021-02-28
NEW
木のおもちゃ用の秋田杉やメッセージなど、被災地に送る物品を詰め込んだ参加者たち
 大館市民有志で東日本大震災の被災地住民との交流活動を続ける「気仙沼出前交流プロジェクト実行委員会」(浅利博樹委員長)は27日、市北地区コミュニティセンターで「おやこで学ぼう! 防災講座」を開いた。3月で震災から10年の節目となるが、新型コロナウイルスの影響で現地訪問を見送らざるを得ない状況となり、代替企画として初めて開催。親子9組約30人が防災グッズ、カレー作りなどのワークショップに取り組み、日頃の備えの大切さを感じた。
 実行委は、市が震災翌年の2012年度から続けてきた被災地訪問事業を引き継ぎ、18年度から宮城県気仙沼市の住民との交流活動を実施。本年度は新型コロナ感染拡大の影響を考慮し、現地訪問を見送った。代替として震災から10年の節目に合わせて、記憶の継承と防災意識高揚のため、防災講座を開くことにした。
 ワークショップでは、親子が▽ビニール袋を使ったカレーづくり▽新聞紙を使ったスリッパづくり▽ペットボトルを使ったランタンづくり―に挑戦。ハサミやセロハンテープを使いながら、身近にある生活用品で被災時、停電時に必要となる防災グッズを製作した。協力しながら取り組み、カレーの試食では「おいしい」と歓声を上げていた。
 この日参加者は「みんなでがんばろう」「はなれていても心はつながっているよ」「いつかみんなで笑いあおうね」などとつづった被災地へのメッセージカードを持ち寄った。木のおもちゃづくり用に大館工芸社、能代市木の学校から提供を受けた秋田杉の端材、協賛企業から提供された菓子と一緒に段ボール箱に詰め込み、現地住民への思いを込めた。3月11日までに被災地へ届くように送る予定。
 参加した三沢孝生ちゃん(6)=大館市=は「ビニール袋でカレーを作るのは初めてだったけど、上手にできた。ランタンはおうちでも作ってみたい」と話した。
 実行委では今後、被災地住民とのオンライン交流会なども検討する。浅利委員長は「災害はいつどこで起きるか分からない。つながりがあるから助け合うことができる。普段から、人ごとでなく自分事と考えられるかが大事。日常の少しの工夫で乗り越えられることもあると広めていきたい」と語った。
 会場には震災当時の被災地や、実行委の交流活動の様子などを収めた写真枚も展示した。

花輪ばやし祭典委 新体制で伝統を継承 新会長に阿部さん 今年は開催前提に準備

2021-02-28
NEW
花輪ばやし祭典委員会の通常総会(鹿角市交流プラザ)
 鹿角市の花輪ばやし祭典委員会は26日夜、市交流プラザで通常総会を開いた。任期満了に伴う役員改選で、新会長に旭町の阿部義弘さん(65)を選任した。任期は2年。コロナ禍により昨年の祭典は戦後初の中止を余儀なくされたが、今年は開催を前提に準備を進め、新体制で伝統を引き継いでいくことを確認した。
 2021年の事業計画は祭典開催を前提に作成し、承認された。
 それによると、今年の花輪ばやしは木、金曜日の平日開催となるほか、コロナ禍の影響もあって観光客の減少が懸念されている。こうした中、まずは感染症対策や交通警備など万全の体制を整え、円滑な運営、運行に努める方針を掲げた。
 鹿角花輪駅前広場の完成後初めてとなる駅前行事は、昨年から若者頭協議会を中心に屋台運行や演出方法等について議論を重ねており、これまで以上に魅力あふれる祭りを披露する計画。
 専門誌「花輪ばやしマガジン」の発行やマスコミを通じた宣伝、オンラインを含めた各種イベント出演など、新たなファンの掘り起こしと情報発信に力を入れる考え。
 補助金を活用し、笛・三味線の講習会や屋台修理事業などにも取り組む。今年は4台目となる舟場町の屋台修理に着手し、2年かけて完成する予定。
 役員の任期満了で、会長の戸澤正英さん(72)が退任。副会長を務めていた阿部さんが、町内の代表から互選された。
 阿部新会長は戸澤前会長に対し「長年、各方面から花輪ばやしの活性化に尽くしてくださった。祭りに懸ける情熱は誰にも負けないと思う」と感謝。
 今年の祭りに向け「コロナ禍はまだ続いているが、祭りの実施は私たちの願いでもあるので、ぜひとも実施したい」とした上で「何よりも人々の安全と健康を最優先し、関係機関の指導を受けながら適切な時期に適切な判断をしていきたい」との考えを示した。
 会長以外の主な役員は次の通り。
 ▽副会長=髙瀬幸広(舟場町)田中奨(横丁)▽監事=千葉潤一(十和田八幡平観光物産協会長)佐々木久則(鹿角金融団理事長・秋田銀行花輪支店長)▽事務局長=石鳥谷雅人(新田町)▽同次長=栗山尚記(新町)佐藤邦治(旭町)佐藤正樹(横丁)田子英幸(事務局)

伊勢堂岱遺跡 保存運動「誇り持って」 北秋田市縄文館講座 26年前の調査担当者講演

2021-02-28
NEW
五十嵐さんの講演を聴いた縄文館講座(コムコム)
 北秋田市教委主催の伊勢堂岱縄文館講座が27日、市民ふれあいプラザ「コムコム」で開かれた。県教育庁の文化財保護室副主幹・五十嵐一治さんが「空港アクセス道建設に伴う遺跡の調査」と題して講演。県が建設計画を変更し遺跡保存を決断した26年前の経緯を振り返り「地元の保存運動で残った。誇りを持って語り継いでほしい」と語った。
 遺跡の一般公開を休止している冬季にガイダンス施設の同館の利用促進を図り、遺跡の世界遺産登録に向けた機運を高めようと毎年開催している。本年度の1回目。
 演題になった道路建設は1995年の発掘調査を契機に、県が遺跡を避けるルートに変更。遺跡保存やその後の世界遺産登録運動につながった転換点として県民に広く知られている。一方で調査から26年が経過したことで記憶が薄らぎ、経緯を知らない世代も増えたことから、調査担当者だった五十嵐さんにあらためて解説を依頼した。
 五十嵐さんは調査を始めてすぐに貴重な遺跡だということが分かったと回顧。ただ、すでに一部の工事が始まるなど「建設工事が優先だろう」という雰囲気が強かったという。その工事の名残であるコンクリート製の構造物は現在も縄文館脇に残っている。
 環状列石は移設されることになり、そのための精密な測量も計画されていた。ところが調査が進み、環状列石が完全な形であることが判明。次第に保存の機運が高まっていったという。五十嵐さんは「完全な形と分からなければ保存運動に結び付かなかったかもしれない」と転機を振り返った。
 95年9月ごろから、遺跡の価値に注目した報道陣や行政関係者、研究者が続々と来跡した。世間の注目が集まり、11月には当時の佐々木喜久治県知事も足を運び、遺跡の現地保存決定に至った。五十嵐さんは「遺跡の価値を残すために頑張った人たちの延長に遺跡がある。誇りを持って語り継いでほしい」と締めくくった。
 約30人が受講。県の大事業である道路建設を動かした調査の内容を熱心に聞き、当時の保存運動などに思いをはせていた。
 市内で英語教室を営む三浦美由紀さん、県北秋田地域振興局地域企画課主事の柴橋知里さんによる活動報告「世界遺産(候補)ガイドの外国語サポート事業について」も行われた。

鹿角市長選 新人関氏が出馬表明 市民と対話、鹿角を変える 選挙戦が確実に

2021-02-27
市長選へ出馬を表明する関氏(関善にぎわい屋敷)
 任期満了(7月2日)に伴い6月に見込まれる鹿角市長選で、元農林水産省職員で新人の関厚氏(67)=花輪字上花輪=が26日、無所属で立候補することを表明した。市長選にはこれまで新人の岩船勝広氏(60)=花輪字妻ノ神=が出馬を表明しており、選挙戦が確実となった。
 花輪の関善にぎわい屋敷で会見した関氏は、鹿角市の現状を「急激な人口減少、生まれる赤ちゃんの激減、若者の県外流出など危機的な状況」とし、「鹿角の人たちのポテンシャルの高さや豊かな自然、文化、産業技術を生かしながら地域を活性化していきたいと考え、立候補を決意した」と語った。
 地域づくりの基本的な考え方として「鹿角市は北東北の中心に位置し、半径100㌔圏に200万人の人口を有しており、豊かな自然と文化に恵まれている、この利点を最大限に発揮したい。また、国家公務員としての長年の経験と人的ネットワークを活用したい」とした。
 目標とする政策は▽市民との対話により鹿角の力を結集し鹿角を変える▽国、県とのパイプを生かし、経済活性化と若者が住み続ける明るい鹿角にする▽豊かな自然と文化で風格と品格のあるまちづくり▽女性の声を市政に反映、未来に輝く鹿角をつくる▽市民が健康で安心して暮らせる鹿角にするため医療体制の充実を強力に進める―。
 具体的に医師確保では「産婦人科をかづの厚生病院に戻す。国や県と連携し、市民団体を応援していく中で早期に実現する」、大学の誘致では「森林セラピー、温泉、文化、農林業の技術などの分野が想定される」と説明した。
 現市政について「きりたんぽ発祥の地、スキーと駅伝のまちづくりは効果があった」との認識を示した一方、「ここ10年を見ると人口や農業生産額の減少など、今までの政策では足りない部分もある。特に国、県や近隣市町村との広域連携は新しい政策として取り組むべきだ」と強調した。
 支持拡大について「知名度、地盤は全くない形でスタートする」とした上で、声良鶏銅像の移設を巡り要望活動を一緒に行った市民や、鹿角の良さを勉強する「鹿角学」の参加者を挙げ、「つながりを大事にして運動していきたい」と語った。



ワクチン 集団接種ドーム10ブースで  大館市の福原市長 高齢者「早くて5月から」

2021-02-27
会見する福原市長(大館市役所)
  大館市の福原淳嗣市長は26日の定例会見で、ニプロハチ公ドームで集団接種方式で実施する新型コロナウイルスワクチンについて、65歳以上高齢者は4月17日以降の土、日曜日を予定しているが、「ワクチンの供給量により4月26日の週から、早くても5月になるのではないか」との見通しを示した。10ブースを設け、1日数千人規模で進める計画で、「一日も早く市全体の集団免疫を獲得するために最も有効な手法」と話した。
 市が実施するワクチン接種は、1957年4月1日以前に生まれた65歳以上高齢者、高齢者以外の基礎疾患のある人、高齢者施設の従事者、接種日時点で満16歳以上の人の順で進める。対象者にクーポン券が届き、市が委託するコールセンターで予約する。送迎バスの運行も検討している。
 福原市長は「市立総合病院の医師だけでなく、開業医も一緒に動いてもらうために土日に実施する。終日ではなく、集中して半日程度で行い、10チーム態勢でまわしていく」と述べた。接種後15~30分程度、待機して副反応の有無を観察する必要があり、「スタンドもあり、ドームは広いので対応できる」と述べた。各ブースに医師1~2人が入り、救急救命班も待機して具合が悪くなった場合は、病院に搬送する想定。
 市の開始は4月17日以降の予定だが、政府は高齢者への接種を同12日に開始し、同26日の週から全市町村に行き渡るワクチンの量の配送を目指すとしている。
 市長は「ある程度ワクチンの量がないと、集団接種の効率が悪い。大型連休は医師の都合が合わない。届く量に合わせて柔軟に対応する」と強調。課題として「接種前の問診が一番時間がかかると思う。4、5月は高齢者にとってまだ寒い時期で、服装などの協力もお願いする必要がある」と述べた。
 知事選(3月18日告示、4月4日投開票)については、立候補を表明している現職の佐竹敬久氏を支持するとし、「有事のときこそ経験が求められる」と述べた。


RSS(別ウィンドウで開きます) 

クラシカル男子成年A 田中(花輪高出)が5度目V 県体スキー 女子少年は畔上(北鷹高)が初優勝

2021-01-23
少年女子を制し、総合順位でも頂点に立った北鷹の畔上(花輪スキー場)
  初日の22日は、鹿角市の花輪スキー場でクラシカルの男女7部門を行った。北鹿勢の男子は成年A10㌔で田中聖土(自衛隊体育学校・花輪高出)が5連覇、少年同で山田龍輔(秋田北鷹高3年)が連覇。成年B同は木村貴大(北鷹レーシング)が4年ぶりに頂点に立った。成年C5㌔では堀内幸大(北秋田市スキー連盟)が優勝した。女子は少年同で畔上凜花(北鷹高2年)が初優勝。成年A同は米田菜緒(小坂高―日大4年)、成年B同は石垣寿美子(秋田ゼロックス・十和田高出)が制した。第2日の23日は、同スキー場で距離フリーや大回転など男女15部門を実施する。
 女子全体でトップ 女子少年5㌔クラシカルは畔上凜花(北鷹高2年)が優勝。総合タイムでも成年組を押しのけて頂点に立ち「県の高校大会から良い流れに乗れた。100%の力を出し切れた」と喜んだ。
 この日は「中盤の上りまでが頑張りどころ。そこまでは気持ちを切らさないようにする」と作戦を立てた。勝負どころとなったのは3㌔地点の上り坂。この場面で「一番長い上りで他の選手もきついはず。ここで差を付ける」と全力で上った。ハイペースで難所を通過すると、後半は下りを利用し、ゴールまで一気に駆け抜けた。試合後は「平地が苦手な分、上りで稼げたのが勝因」と語った。
 同じコースで成年組のレースも実施された。同世代以外の選手と共に滑る機会は多くなく「尊敬する方々と一緒に走れて、すごく良い経験になった」。さらにはそのトップ層の選手らを押しのけ、総合タイムでも首位。「勝てるとは思っていなかったので驚いている。でも自信が付いた」と笑顔を見せた。
 次戦のフリーには部門の区別がなく、本当の意味で成年組と競り合う。しかし「大人たちと戦える、またとない特別な機会」と意気込む。「100%の力を発揮して優勝したい」と闘志を燃やした。

新型コロナで影響 林産業支援に6助成 大館市 地域材活用やICT促進 需要、販路など回復へ

2021-01-22
  大館市は、新型コロナウイルス感染拡大による経済活動停滞で影響を受けている林業や木材産業関係の支援策を展開している。木材需要の回復に向け、新築や改築する住宅に地域材を活用する施主や工務店に助成するほか、林業者のICT(情報通信技術)機器導入や丸太・木材の運搬費助成など6事業を実施。林政課は「川上(林業)、川中(木材産業)、川下(建築業)への支援を行い、感染拡大のリスクに強い林産業の実現を目指したい」と話す。
 「木材需要回復支援事業」は市・県産材を活用した住宅の木造、木質化を後押しするため、住宅新築や事務所のリフォームなどを行う個人や法人を支援する。助成額は構造材や内装材などの項目があり、住宅の壁・天井に市産材を使用する場合は1平方㍍当たり3000円。施工側には「木材利用奨励金」を設け、工務店は1件につき10万円、設計者には5万円を助成している。
 市の本年度の建築確認申請状況によると、一戸建て新築住宅は10月末現在、102件で、前年同期を49件下回っている。林政課は「木材需要回復支援は昨年末で15件に交付し、地域材の利用を促すきっかけづくりにしたい」と話す。3次元カメラやVR(仮想カメラ)を活用した木造住宅の内覧会を開催する住宅の施工・販売業者に経費の助成も行っている。
 「木材製品販路回復支援事業」は、市内の木材製造・加工・販売業者を対象に、販路開拓や木材の高付加価値商品開発に対する費用を、1事業200万円を上限に助成する。これまで新製品開発など3件の申請があった。
 「林業省力化等支援事業」は、低コスト化を図るスマート林業の導入費用を助成する。森林資源や境界情報のデジタル化を行うレーザー計測器やドローン(小型無人飛行機)などの導入費用の3分の2以内、1事業につき500万円を限度に助成する。これまでに2事業者に対し約340万円を助成した。
 「木材サプライチェーン強靱(きょうじん)化事業」は、市内で伐採された樹木を原料とした丸太や建築用木材などの運送費を助成する。対象は市内に事業所がある業者。補助単価は、県内を除く東北への出荷が1立方㍍当たり700円、東北以外は同1200円など。
 林政課によると、住宅建築などの需要低迷で製材や加工業者の受注が減少し、山林からの切り出しが減るなど一時期、荷動きが低調だった。冬場に入り、丸太の値段が回復傾向にある中、各事業の利用を呼び掛けている。事業の実施期間は、木材需要回復支援事業と木材利用奨励金が3月15日まで、サプライチェーン強靱化事業は対象期間が3月末まで。そのほかは2月26日まで。

大館への分娩集約 2年経過し課題など協議 鹿角医療懇 助成金の実績報告も

2021-01-22
分娩集約後の状況などについて意見を交わした懇談会(市交流センター)
  県や鹿角市、小坂町、医療・福祉の関係機関・団体の関係者が地域医療の在り方について意見交換する「かづの地域医療懇談会」が20日夕、市交流センターで開かれた。かづの厚生病院の出産取り扱い機能が2018年10月から大館市立総合病院へ集約され、2年経過後の状況などについて報告が行われ、委員らが課題などを協議した。
 同会は鹿角地域で安定した医療サービスを将来にわたり供給できるよう、地域医療の充実に関する事項を意見交換する目的で10年に設立された。
 事務局の報告によると、19年度の大館市立総合病院の分娩(ぶんべん)取扱数は月平均49・4件。このうち鹿角市からの受け入れは同11・0件、小坂町同1・3件。20年度(4~11月)の同院の分娩取扱数は月平均45・3件、鹿角市同9・6件、小坂町同1・0件でいずれも減少している。
 鹿角市は妊婦健診の受診等にかかる交通費と、出産直前にホテル等に宿泊した場合の費用を一部助成し、妊婦の経済的、精神的な負担軽減を図っている。
 これらの助成金の実績(20年4~11月)は、交通費助成(最大1万2000円)が71件。宿泊費助成(最大1万5000円)は19年度に続いて、利用がなかった。
 県内の病院・診療所間で患者の診療情報を安全に共有できるネットワーク「あきたハートフルネット」のかづの厚生病院の登録数(20年4月~11月)は13人。
 緊急時の救急搬送がスムーズに進むために妊婦の情報を事前登録する制度「ママ・サポート119」登録は40件。救急車による搬送事例は発生していない。
 委員は「2人目以降の出産では、第1子の面倒を見てもらえるようなきめ細やかなシステムがあれば」と要望した。
 鹿角市内での出産取り扱い機能の再開を目指して市は「市出身医師やふるさと納税者などに市の状況を周知していく。市の医師修学資金等の制度周知や修学資金利用者と積極的に交流していく」と語った。
 県の医師確保計画や医師不足への対応などについても意見を交換した。

2校の授業実践など発表 北教育事務所 北秋田で学力向上推進協

2021-01-22
尾去沢小など小中2校が実践事例を発表した学力推進協議会(北秋田市交流センター)
  県北教育事務所管内の学力向上推進協議会は21日、北秋田市交流センターで開かれた。管内小中学校教諭ら90人が参加し、実践発表や授業映像の視聴を通じてより良い指導の在り方を探った。
 協議会は各校の校内研究体制の検証や改善と、児童生徒の学力向上につなげようと毎年実施している。各校で研究活動の中心となっている教員や、各市町村の教育委員会関係職員が参加した。
 開会行事で同事務所の和田渉所長は「今後は子どもたちが自立して学び、他者と協働してコミュニティーの課題解決に挑む強さを育てなければならない」とあいさつし、学校への訪問を通して感じたことを述べた。
 本年度設定した協議会のテーマは「子どもの資質・能力を育む授業研究の在り方」。同事務所の職員は学校訪問から浮かび上がった課題として、「児童生徒が物事をどのように対象を捉え、どのように対象に迫るか」を示す「見方・考え方」を働かせて学ぶ授業づくりを挙げた。このほか学校訪問でみられた成果として、リモートでの交流学習やタブレット端末による学習履歴の記録などICT(情報通信技術)の活用を紹介した。
 参加校を代表して、尾去沢小(鹿角市)と北陽中(大館市)の教員が、それぞれの学校で取り組んだ授業などについて、実践事例を発表。授業映像の視聴なども行い、参加者が各校で取り組む研究活動の推進に役立てた。

アメッコ市 作業場に甘い香り 大館の菓子店 アメ作り着々と

2021-01-21
名物「ねじりアメ」などを作る従業員たち(斎作屋菓子舗)
  大館アメッコ市(2月13、14日)を前に、大館市内の菓子店で販売用のアメ作りが始まっている。甘い香りが漂う作業場で、従業員たちが色鮮やかなアメを切り分ける作業に励み、伝統行事を盛り上げようと着々と準備を進めている。作業はイベント直前の10日ごろまで続く見込み。
 同市字中町の斎作屋菓子舗(斎藤宏作店主)では、今月5日から昔ながらの「たんきりアメ」、看板商品の「ねじりアメ」の製作を始めた。今年は観光客の減少を見越して主原料の水アメと砂糖を例年の7~8割の約1・5㌧に減らし、最大6人体制で作業に当たっている。
 鍋で水アメと砂糖を煮詰め、雪の上に置いた鉄板で冷却。適度な硬さになったら、アメ引き機で空気を含ませながら味付けをする。口溶けが良くなるようにこねた後、引き伸ばしてねじりを加えると「ねじりアメ」、球断器で成型すると「たんきりアメ」が完成する。
 時間が経過するとアメは固まってしまうため、従業員たちは手際良くこねて伸ばし、適当な大きさに切り分ける作業に励み、熟練の技で次々と完成させていた。同店では14種の味の「たんきりアメ」「ねじりアメ」を約1万袋分製作予定。このほか「からみアメ」「きなこアメ」「白ひげキャラメル」「ハチ公キャンディー」など多彩な商品を用意する。
 今年のアメッコ市は新型コロナウイルスの感染防止対策として、会場の規模を縮小するほか、販売するアメも事業者に個包装を求めるなどの措置を講じて実施する。同店でも感染予防の観点から、例年実施している量り売りを行うことができなくなり、容量ごとに150円、350円、500円の小袋での提供を計画している。同社の斎藤勇作専務(64)は「風邪封じのアメと言われているので、コロナも封じ込めてほしいという願いを込めて作業に当たっている。大館のアメを食べて喉を潤し、風邪もコロナも吹き飛ばしてほしい」と話していた。
 同店では遠方に住む人への贈答用に、2月1日からアメの発送予約を受け付ける。市の「特産品送料助成事業」の登録店のため2000円以上の購入で送料無料となる。

印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る