本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

4月のニュース

RSS(別ウィンドウで開きます) 

大館市長選終盤 市の課題は 駅前再整備に誘客期待 中心街は活気なく 旧町の衰退加速

2019-04-20
NEW
旧正札竹村本館棟の解体が進む大町商店街。人通りはまばらだ
 任期満了に伴う大館市長選(21日投開票)が終盤に入った。新人と現職の一騎打ち。人口減少が進む中で有権者は「転換」を望むのか、「継続」を選択するのか。市が直面する課題を追った。
 再整備が進むJR大館駅前(御成町)。駅弁製造「花善」の新社屋が2年前に完成、今月17日にプレオープンした市観光交流施設「秋田犬の里」に続き、2022年に完了を目指す駅周辺整備事業と変化は目まぐるしい。
 駅舎改築や新庁舎建設などで、借金にあたる市債は20年度にピークを迎える見込み。大館商工会議所の会員は5年前から79事業所減った。市財政、地域経済ともに抱える課題は大きく、駅前の在り方が問われる。
 同商議所の中田直文会頭(68)は「北東北で大館の位置を考えると、いろいろな可能性が見えてくる。どんどん人が減るので観光で増やすしかない」と広域に目を向ける。
 施設の活用については、行政主導に対する不満の声もある。中田会頭は「民間としても反省」とした上で「若い人の発想力や行動力を生かすため、行政にアプローチする必要がある。いろんな議論を重ねてほしい」と話す。
  ◇   ◇   ◇
 「老舗百貨店、正札竹村が倒産した01年以降、商店街に活気がなくなった」。市の中心街・大町商店街振興組合の山城久和理事長(58)は語る。「核の店舗がなくなり、来街者はもしかしたらピークの9割減」が実感だ。
 昭和40、50年代に振興組合の加盟店は100店を超えたが、今、営業しているは60店ほど。店主の高齢化や後継者不足、家賃の問題などで特に小売物販の新規出店が難しい。
 「個店の魅力アップ」を掲げて市内の商店街と連携し、店主が講師を務める「まちゼミ」など集客に向けて知恵も絞る。山城理事長は大館駅前の「秋田犬の里」について「観光拠点プラス商業拠点になり得る」と期待する。市民が施設を訪れ、商店街の情報を得て実際に足を運ぶ「中継点」としての活用を提案する。
 大町では、旧正札竹村本館棟の解体工事が進む。跡地について山城理事長は「民間事業者に進出してほしいが、そうでなくてもイベント開催などにぎわいを生む場所に絶対にする」と力を込めた。
  ◇   ◇   ◇
 「行政がどこを見ているのか分からない」。田代地域まちづくり推進協議会の松田正男会長(76)は嘆息する。均衡ある発展を掲げた3市町合併から14年。旧田代町が置き去りにされた感が否めない。
 市は昨年12月、田代診療所を本年度末までに閉所する方針を固めた。患者数の減少や医師の高齢化などが理由。転院先の希望を聞き取りしたり、送迎車の代替手段を検討したりして不安解消に努めているものの、地域住民の思いは複雑だ。
 松田会長は「店も少なくなり、買い物や散髪に出掛けるのが大変な交通弱者が増えた。『合併は失敗だった』という声も聞く。それでも限界集落の中で生きていかなければならない」とした上で、地元NPO法人が事業化を目指す自家用有償運送サービスに期待を寄せる。「高望みはしない。田代岳をはじめとした豊かな地域資源を生かして、稼ぐ仕組みを整えてもらえないだろうか」。訴えは切実だ。

秋田内陸線 「内陸線走る風景」守る 全線開業30周年で式典 社員の「宣言」も

2019-04-20
NEW
「社員宣言」が行われた全線開業30周年記念式典(阿仁ふるさと文化センター)
 秋田内陸縦貫鉄道(秋田内陸線、本社・北秋田市)の全線開業30周年記念式典が19日、北秋田市の阿仁ふるさと文化センターで開かれた。関係者ら150人が出席し、「内陸線が持つ力」を引き出しながら「内陸線の走る風景」を守り続けていくため、沿線地域と会社が一体となって取り組んでいくことを誓い合った。
 同社は、旧国鉄の阿仁合線を引き継いだ北線と角館線を引き継いだ南線で、1986年11月1日に先行開業。未開通だった松葉―比立内間の建設工事が進められ、1989年4月1日に全線(営業距離94・2㌔)が開業した。内陸部の生活に欠かせない交通手段として利用され、初年度の輸送人員は107万8507人を記録した。
 しかし、その後は少子高齢化などの影響から、厳しい経営状態が続いた。一方で、近年はインバウンド(訪日外国人客)の利用が増加。新たな動きとして期待されている。
 式典は、同市阿仁の「吉田かざはり太鼓」の勇壮な演奏で幕開け。同社の吉田裕幸社長は式辞で「4月1日に、内陸線は30歳の誕生日を迎えることができた。未来への期待とたくさんの笑顔を運び続け、大きな事故なく走り続けてこられたのは、延べ2160万人の利用者と地域で励まし続けてくれた全ての人の支えがあってのこと。深く感謝する」と述べた。
 そして「内陸線は地域を元気にするためにある鉄道。地域の発展なくして内陸線の未来はない」としながら「内陸線が持つ鉄道の力をもっと磨き、より高めていく。名実共に、地域になくてはならない鉄道を目指す」との決意を表明。「内陸線が走る風景を守りたい。これまで以上の応援を願う」などと呼び掛けた。
 来賓の祝辞、支援活動等に対する感謝状の贈呈に続き、同社の若手社員が「これからの会社の価値向上に向けて」をテーマに、社内での取り組みを紹介しながら「社員宣言」を発表。「地域に寄り添える会社になる」「日本一のおもてなしを目指す」などと力強く宣言した。
 このあと、同市在住のシンガー・ソングライター・本城奈々さんの弾き語りが行われ、閉式。秋田内陸線支援団体連合会(藤島二三夫会長)が主催する記念講演会では、石破茂衆院議員が「ローカル鉄道と地方再生」と題し講演した。

混戦のまま運動最終日 上小阿仁村 村長選・村議選 あす投開票

2019-04-20
NEW
 任期満了に伴い16日に告示された上小阿仁村長と村議会議員選挙は、21日に投開票が行われる。現職と前職、新人が立候補した村長選は連日、村内各所で激しい舌戦を展開。定数8を3上回る11人が立候補した村議選の各候補者も、それぞれに一歩も譲らない戦いを繰り広げるなど、いずれも混戦のまま運動期間の最終日を迎えた。
 村長選は届け出順に、現職で再選を目指す小林悦次候補(64)=五反沢、元職で返り咲きを狙う会社役員の中田吉穂候補(68)=沖田面、新人で洋菓子店経営の鵜野浩一郎候補(42)=沖田面=の、いずれも無所属の3人が立候補。6期24年を務めた故北林孝市氏が引退した直後の2007年と前回15年に続く、三つどもえ戦となっている。
 選挙戦は、三者がそれぞれの方法で政策を訴え。小林陣営は「事業の継続や新たな計画の実施により花を咲かせたい」と村政の継続を掲げた一方、中田陣営は「一人の考えだけで村政が動くというのはいかがなものか」、鵜野陣営は「村長が独断で決めることではない。協議してより良い村をつくりたい」などと、それぞれに「村長の交代」を訴えている。
 現職8人と元職1人、新人2人の計11人が立候補した村議選も、村長選に引けを取らない、し烈な戦いが続いている。前回は候補者がいなかった沖田面から2人の新人が立候補したこともあり、各陣営の勢力図に少なからず影響を与えている様子。票の掘り起こしと上積みに向けて、積極的に選車を走らせている。
 投票は21日午前7時から午後7時(八木沢投票所は午後6時)まで、村内8カ所の投票所で行われ、午後8時から村健康増進トレーニングセンターで即日開票される。大勢の判明は午後9時ごろが見込まれている。
 村選挙管理委員会がまとめた15日現在の有権者数は男性994人、女性1126人の計2120人。

投票率の行方は 大館市 前回市長選 72・29%で過去最低

2019-04-19
 21日に投開票される大館市長選挙は、運動期間の終盤を迎えた。現職、新人一騎打ちの選挙戦は激しさを増しており、29人が26の議席を目指す市議選と合わせ、有権者の関心が高まっている。ここで気になるのは投票率の行方。今回と同様に現職に新人が挑む一騎打ちを展開した前回2015年の市長選の投票率は、72・29%で過去最低を記録しており、有権者の投票行動が注目される。
 大館市長選は、1951(昭和26)年の市制施行時から、2015年の前回まで17回行われ、今回が18回目。1963年と95年、99年、2007年の4回は無投票となっていた。
 過去、最も投票率が高かったのは旧大館町と釈迦内村が合併し、初代市長を決めることになった1951年の95・67%。この時は、旧町・村の首長に新人が挑む三つどもえの戦いが繰り広げられた。
 その後、ゆるやかな低下を続けながらも83年までは90%台を維持。しかし、87年は89・49%、平成最初の91年は88・44%に下落した。2回の無投票を経て、2003年は77・29%となった。
 旧比内、田代両町との合併後、初の選挙となった2007年は市長選が無投票となり、市議選が単独で行われた。前々回の11年は、現職に2新人が挑む三つどもえ戦となったが、東日本大震災の直後だったこともあり、74・17%に下落。現職と新人の一騎打ちとなった前回の15年は72・29%で、過去最低を更新し続けている。 前回同様、現・新一騎打ちの今回、期日前投票は前回を下回るペースで推移。1日目の15日は980人(前回1136人)、2日目の16日は2005人(同2000人)、3日目の17日は2760(同2749人)で、合計は5745人(同5885人)。3日目で140人下回っている。
 市選管が13日にまとめた有権者数6万3211人に対する投票率は9・08%で、前回同期と比較し0・02㌽下回っている。
 最近の選挙では、期日前投票は増加しても投票率が伸びない傾向が続いている。今回は期日前投票も伸び悩むのか、有権者の投票行動に注目が集まっている。
 期日前投票は20日まで▽市役所本庁▽比内総合支所▽田代総合支所▽いとく大館ショッピングセンター(2階)―の各投票所で行われている。

小坂鉄道レールパーク あけぼの〝ピカピカ〟 宿泊は 27日から あすから車内公開

2019-04-19
冬期間の保管を終えて姿を現した「あけぼの」(小坂鉄道レールパーク)
 春はあけぼの―。小坂町の体験型観光施設「小坂鉄道レールパーク」で、冬の間機関車庫に保管されていた旧寝台特急「あけぼの」が姿を現した。小坂鉄道保存会(千葉裕之会長)がひと冬かけて整備や塗装に取り組み、〝化粧直し〟した姿で登場。20日からB寝台開放車両の車内公開が再開し、宿泊は27日から始まる。
 あけぼのは、町が2015年度にJR東日本から、グレードの高い個室をそろえたA寝台、上下段個室のB寝台ソロ、B寝台開放、電源車の4両を譲り受けた。簡易宿泊施設「ブルートレインあけぼの」として活用し、A、B寝台の2両は宿泊車両、B寝台開放は休憩車両と一般客への公開車両として活躍している。
 宿泊営業を終えた冬期間は、同施設から約2・5㌔離れた旧小坂鉄道の1号トンネルを車庫代わりに活用し、車両を保管してきたが、18年度はトンネルまでの軌道の状態が悪く断念。同施設内の機関車庫に保管した。
 保管場所が従来のトンネルから車庫内へと変わったのを機に冬の間、同保存会はオープン以来手が付けられていなかった車両床下の塗装や整備、室内照明器具の清掃などに取り組み、本年度の活躍に備えていた。
 本年度は、冬期間の休園明けの翌日2日に車庫から出して連結。現在は小坂駅舎の脇に設置し、外観が自由に見学できるようになっている。20日からB寝台開放の車内公開が始まり、本年度の宿泊営業は27日から11月3日までの金・土曜日、祝日の前日。18年度の宿泊客は前年比190人増の2070人だった。
 同施設は「昔ながらの寝台車両の雰囲気を楽しんでもらいたい」と話している。
 また、同施設の乗り物の運行も27日に再開される。
 宿泊予約などの問い合わせは、同施設(☎0186・25・8890)。

3月のニュース

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「新たなスタート」へ 総選挙で役員22人 大館市土改区 合併後初の総代会

2019-03-30
当選証書を受け取る新役員(大館市北地区コミュニティセンター)
 大館市内の大館市、十二所、南、比内町の旧4土地改良区が合併して1月に発足した「大館市土地改良区」(佐藤恭一理事長)は29日、初の総代会を市北地区コミュニティセンターで開いた。定款や規約の一部変更、2019年度事業計画案など議案18件を可決、承認。合併に伴う役員総選挙を行い、無投票当選した理事19人、監事3人に証書を交付した。
 佐藤理事長は「新たなスタートを切ることになり、組合員のため今まで以上に役員、総代が一丸となって頑張らないといけない。各地区の良いところを共有しながらやっていきたい」とあいさつした。
 4月からの改正土地改良法施行に基づく定款、規約の一部変更や、合併に伴う諸規定の設定、19年度事業計画案、19年度一般会計当初予算案など18議案を審議。いずれも原案通り可決、承認した。
 席上、役員総選挙を実施。立候補者数が定数と同じだったため、理事19人、監事3人が無投票当選した。任期は19年4月1日から4年間。
 新たな理事長、副理事長などは4月1日の理事会で互選する。
 役員は次の通り。
 ◇理事
 ▽第1被選挙区(大館、定数8)=田山弘一、中島貞雄、小松圏悦、齋藤新昭、齋藤隆蔵、小笠原利雄、岩谷典雄、渡辺修作
 ▽第2被選挙区(十二所、定数2)=畠山宏秀、髙松忠芳、
 ▽第3被選挙区(南、定数5)=虻川金義、富樫安民、本多貞利、戸田千賀雄、加賀谷久
 ▽第4被選挙区(比内、定数4)=野呂俊一、滝口博孝、菅原一成、畠山清俊
 ◇監事(全区、定数3)=佐々木成一、田中良男、工藤正宏

北鹿3選挙区 定数超は鹿角だけか 県選管 各分室 受け付けリハーサル きょう告示

2019-03-29
リハーサルで立候補受け付けの手順を確認する職員(県選管大館分室)
 統一地方選前半の県議会議員選挙は29日、告示される。北鹿地方の3選挙区のうち、鹿角市・郡選挙区(定数2)は現職2人と新人1人が立候補を表明し、激戦となる見通し。各陣営は午前8時半からの立候補届け出手続きを経て、選挙戦をスタートさせる。告示前日の28日は、県選挙管理委員会の各分室で受け付けのリハーサルが行われ、担当職員が手順や交付書類などの確認を行った。投開票は4月7日。
 立候補を表明しているのは、鹿角市・郡選挙区が、現職が6選を目指す川口一氏(68)=自民=と再選を目指す石川徹氏(54)=無所属、新人が前鹿角市議の児玉政明氏(47)=自民。
 大館市選挙区(定数3)は、8期目に挑む鈴木洋一氏(74)=自民、4選を目指す佐藤賢一郎氏(71)=同、7回目の当選を狙う石田寛氏(72)=社民=の現職3人。このまま候補が定数を上回らない場合、同選挙区ができた1951年以降初の無投票となる。
 北秋田市・郡選挙区(定数2)は、いずれも自民現職で4選を目指す近藤健一郎氏(63)、北林丈正氏(58)の2人。無投票となれば、2003年以来16年ぶりとなる。
 立候補の届け出は29日午前8時半から午後5時まで、総合県税事務所北秋田支所(大館市)、鹿角地域振興局、北秋田地域振興局に設けた県選管の各分室で受け付ける。大館分室では28日午後、立候補受け付けのリハーサルが行われ、職員らが当日の手順や配布書類などを確認した。

上小阿仁村臨時議会 村長処分案など可決 減給10分の1 1カ月に 薬局への損害賠償も

2019-03-29
村長の処分案などを可決した上小阿仁村の臨時議会(村役場)
 上小阿仁村の臨時議会は28日開会し、会期をこの日1日と決めたあと、村立国保診療所での無診察による処方箋発行問題を受け、開設者である小林悦次村長の処分として4月分の給料を10分の1減額する条例の改正案など、議案3件を原案の通り可決し、閉会した。
 提案したのは、2018年度上小阿仁村国民健康保険診療施設勘定特別会計補正予算案、損害賠償の額の決定について、特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正案。
 損害賠償の額の決定は、処方箋に基づいて薬を処方した薬局が、国から調剤料や薬剤費を受け取ることができなくなるとして、患者46人分について村が支払うもの。賠償額は、村内の薬局が31万9790円、北秋田市の薬局が1万9180円の計33万8970円。特別会計補正予算案は、薬局への支払い分について3月定例会の時点では予備費からの流用を予定していたが、「賠償金」の項目に移して計上した。
 この問題で村は、26日付で診療所の管理者で所長の男性医師(80)を減給10分の1、1カ月、事務長(56)と事務長補佐(49)をそれぞれ訓告とした。
 議会に提案された村長の処分案は、減給10分の1、1カ月。本会議に先立ち開かれた議会運営委員会では「村長の処分は当然」とする一方、「医師への処分は重いのではないか」との意見が出された。本会議で簡易採決の結果、全会一致で可決した。
 閉会後、小林村長は北鹿新聞などの取材に対し「村民に迷惑と心配をかけ、本当に申し訳なく思っている。今後、こうしたことが起きないよう対応したい」とコメント。再発防止策には「緊急時などのマニュアルを作成し、報告、連絡、相談を徹底させる。法令の認識不足もあったことから、指導を受ける」ことなどを挙げた。

鹿角地域 4月16日 人手不足の解消に 高齢者採用に意欲 初の合同情報交換会

2019-03-29
 60歳以上の求職希望者を対象にした合同情報交換会が4月16日、鹿角市交流センターで開かれる。人手不足で緊急宣言をしたハローワーク鹿角、市町、商工会などが連携して初めて計画した。高齢者の採用に積極的な事業所と求職者が参加し、採用条件などで意見を交換する。
 「生涯現役・いきいき活躍合同情報交換会」という名称で開く。事業主や事業所の採用担当者、おおむね60歳以上の高年齢求職者が一堂に会し、事業内容、求人条件、求職側の希望条件などについて意見を交換し、情報を収集する機会とする。高年齢求職者の就職促進と求人事業所の人材不足解消を図るのが目的。
 鹿角地域は、雇用失業情勢の改善により、求人が増加する一方で求職者が減少、有効求人倍率は昨年12月に2・09倍となり2倍を突破、今年1月はさらに上昇し2・16倍と県内最高を記録している。
 ほとんどの業種で人手不足が深刻化していることから、ハローワーク、鹿角地域振興局、鹿角市、小坂町、かづの商工会の5団体は1月、地域全体で危機感を共有し人材確保に向け連携強化することを盛り込んだ共同宣言を行い、厳しい現状を訴えた。
 合同情報交換会は、事業所のブースを求職希望者が訪れ、事業内容や求人条件を聞きながら、就職へ向け意見を交換する。介護福祉、医療、製造、サービス、ホテル・旅館などの事業所が参加の意向を示している。
 主催者側は、再就職を希望している人に対し、気軽に会場に足を運んでほしい、と来場を呼び掛けている。問い合わせはハローワーク鹿角(☎0186・23・2173)。

19年度事業計画 販売目標39億7千万に 1JA構想 3か年計画に反映

2019-03-28
2019年度事業計画を決めた臨時総代会(大館市民文化会館)
 JAあきた北は27日、大館市民文化会館で臨時総代会を開き、2019年度事業計画や19年度から21年度までの第8期3カ年計画を決めた。虻川和義組合長は2024年度をめどに県内14JAを一つに統合する組織再編の構想について、「当JAの3カ年計画にも反映し、実現に向けて取り組む」と述べた。
 総代589人のうち、433人(書面を含む)が出席。虻川組合長は全県1JA構想について、「昨年11月に開催された県JA大会では、農業所得の増大と農業生産の拡大をさらに進めること、協同組合らしさを生かし地域の活性化や社会に貢献すること、強固な経営基盤を確立し、既存の枠組みにこだわらない組織再編を目指すことが決議された」と報告。「19年度はJA全中が一般社団法人となり、県中央会も業務を見直した上で連合会に変わる。JAグループの自己改革の成果が問われる変革の年になる」と述べた。
 コメ生産については、「18年産米から始まった産地による生産の目安を基にした作付けは、大館市はほぼ計画通りに進んだ。2年目についても需給と米価の安定のため、引き続き協力をお願いしたい」と呼び掛けた。
 19年度の基本方針は、▽農業者の所得増大と農業生産の拡大▽協同組合の特性を生かした地域の活性化と社会への貢献▽不断の改革を支えるJA組織・経営基盤の確立―の3本柱。事業実施計画には、コメの事前契約数量拡大と需要に応じた生産、農業経営の改善・効率化に向けGAP(農業生産工程管理)推進方針の設定、推進体制の構築などを盛り込んだ。
 販売事業の目標額は、主食用や加工用などのコメは前年度実績見込みとの比較で16・5%増の23億2000万円、エダマメが22・7%増の2億7000万円、アスパラガスが15・5%増の1億3200万円、ヤマノイモが21・6%増の8000万円、トンブリが同額の3370万円、比内地鶏が2・9%減の4億6200万円、全体では10・7%増の39億7880万円とした。
 3カ年計画では、「県1JA構想に向け、農業と地域の発展を目指して組織・事業・経営の改革に取り組む」を掲げ、基本方針や重点方策実施計画を定めた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る