本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

探査車が火星に着陸成功 大丸さん(大館市出身)開発に携わる 「新しい発見に注目を」  NASAプロジェクト

2021-02-26
 米航空宇宙局(NASA)の火星探査車「Mars 2020 Perseverance(パーサヴィアランス)」が19日、火星に着陸した。今後、火星で生命の痕跡を直接的に探すミッションに取り組む。地球以外に生命が存在したと確認されれば、人類にとって大きな発見となるだけに注目が集まる。探査車の開発に携わった大館市出身でジェット推進研究所(JPL)の大丸拓郎さん(31)は北鹿新聞社の取材に応じ、「パーサヴィアランスがもたらす新しい発見や、届けてくれる新しい景色に注目してほしい」と語った。
 探査車を搭載したロケットは昨年7月末、米フロリダ州から打ち上げられた。約7カ月間の航行を経て、時速約2万㌔の速さで火星の大気圏に突入。1300度の高温をくぐり抜け、パラシュートを開いて減速後にカプセルから離れ、地表に近づいたところで母船がケーブルでつながった探査車を降下させた。
 火星にかつて生命が存在できる環境があったかを調べるため、35億年前に湖だったとみられているクレーターで岩石や土壌のサンプルを採取することが大きな役目となる。今後2年以上にわたって調査し、サンプルは2031年に地球に持ち帰られる予定。これまでの探査と異なり、生命の痕跡を直接的に探すもので、人類にとって史上初の発見に期待がかかっている。
 大丸さんは探査車のシステムの設計・製造・試験に携わった。サンプルを詰めるためのチューブの設計も担当した。
 火星に関するミッションのうち実際に着陸に成功したのは約50%にとどまり、極めて難しいとされる。大丸さんは「まずは着陸が成功してホッとしている。これからの探査に期待が湧いている」とした。
 世界的に注目を集める調査となるが、「パーサヴィアランスは火星での探査を通して人類の物理的・知的な境界を広げてくれると思う」と期待。「地球外生命の化石や、生命の痕跡が見つかってほしい。かつて火星に生命が存在できる環境があったのかどうかも気になる」と考えている。
 既に探査車が撮影した火星地表の画像や風の音が公開されるなど、期待は高まっている。「これからが本番なので、ミッションの成功に向けて気を引き締めていく。新しい発見に注目してほしい」と話した。
 【プロフィル】大丸拓郎(だいまるたくろう)1989年5月3日生まれ。大館一中、大館鳳鳴高卒。東北大学工学部機械知能航空学科から東北大学大学院に進み、2017年に工学研究科航空宇宙工学専攻博士課程を修了。その後、米ロサンゼルスにあるNASAジェット推進研究所の職員として、熱流体システム・ミッションオペレーションのサーマルエンジニアを務めている。
火星に着陸した探査車のイメージ図(NASA/JPL―Caltech)
探査車の開発に携わった大丸さん(NASA/JPL―Caltech)

新人の関氏が出馬へ 鹿角市長選 農水省OB きょう正式表明

2021-02-26
 任期満了(7月2日)に伴う鹿角市長選で、元農林水産省職員で新人の関厚氏(67)=花輪字上花輪=が立候補する意思を固め、26日に出馬を表明する。市長選にはこれまで新人の岩船勝広氏(60)=花輪字妻ノ神=が出馬を表明。関氏が2人目で、選挙戦になることが確実な状況となった。
 関氏は「市民と対話しながら情報を共有し、市民みんなで団結して力を結集する。そうすることで市政を変え、活性化させていきたい」と出馬理由を話した。
 広域連携の再構築や、国・県と地域とのパイプづくり、品格・風格あるまちづくりなどに力を入れて取り組みたい考え。
 26日は市内で記者会見を開き、正式に出馬を表明する。
 関氏は鹿角市生まれ。花輪高から京都大に進み、卒業後に現農林水産省入り。51歳まで勤めた後、日本森林技術協会勤務を経て4年前に帰郷。林業技師(森林評価士)のほか、市民グループ「鹿角産業文化研究所」代表、花輪高同窓会長などを務めている。
 一昨年、JR鹿角花輪駅前広場から歴史民俗資料館前に移設された声良鶏銅像を巡り、「鹿角のシンボルを駅前に残したい」と市民団体の一員として要望活動を行った。

音声通報が困難な人へ 「NET119」使って 北秋田市消防3月から 事前登録呼び掛け

2021-02-26
3月から運用開始となる「NET119緊急通報システム」(北秋田市消防本部)
 北秋田市消防本部は3月1日から、音声による119番通報が困難な人を対象とした「NET119緊急通報システム」の運用を開始する。スマートフォンや携帯電話のインターネット接続機能を活用し、操作のみで簡単に緊急通報を行うことができる。利用には事前の登録が必要で、北秋田市や上小阿仁村の在住者などの申請を受け付けている。
 同本部ではこれまで、電話による音声通報や安心電話の通報機能のほか、ファクスでの通報に対応。消防庁が全国各地の消防本部で導入を進めているNET119も運用することとなった。県内では11消防本部でシステムを導入しており、北鹿地方での導入は鹿角に続く2番目。
 利用対象は聴覚、言語機能に障害があるなどの理由で119番が難しい人。通報時はスマートフォンなどからウェブサイトに接続。画面に表示される「火事」「救急」や「自宅」「外出先」などを選び、情報を消防本部に知らせる。消防本部が用意した質問の選択肢に答えたり、チャット機能を使ったりすることで詳しい情報を伝えられる。
 外出時には衛星利用測位システム(GPS)を利用して位置情報を消防本部に送信することも可能。登録者が消防本部の管轄地域外から通報した場合でも、NET119を導入している消防本部に緊急通報ができる。このほか操作を事前に体験する通報練習機能も備えている。
 市消防本部では北秋田市と上小阿仁村の居住者か、通勤、通学している人からの登録申し込みを受け付けている。担当者は「音声による通報が困難な人たちの安心材料になれば」と話している。
 申し込み方法や登録用QRコードは市のホームページに掲載している。問い合わせは市消防本部警防課通信指令係(電話0186・62・1119)。

大会中止で宿泊業支援 かづのパワー支援補助金も 鹿角市2月議会 全議案可決し閉会

2021-02-25
全議案を可決、閉会した鹿角市2月議会(市役所)
 鹿角市の2月定例議会は24日、最終本会議を開き、委員会に付託していた議案28件のほか、この日追加提案された一般会計補正予算案など4件を原案通り可決し、閉会した。補正予算にはインカレスキー大会中止に伴う宿泊事業者応援事業費や、地域電力小売会社「かづのパワー」を支援する補助金などを盛り込んだ。
 追加提案の2020年度一般会計補正予算(第15号)は歳入歳出それぞれ4億4695万円を追加し、総額を235億9257万円とした。また、21年度一般会計補正予算は歳入歳出それぞれ1億6836万円を減額し、総額を170億1963万円とした。
 国の3次補正予算に財源が措置された補正費用に係る経費を、21年度予算から20年度予算に前倒して組み替え計上するなどした。
 インカレ中止に伴う宿泊事業者応援事業には3591万円を計上し、宿泊のキャンセルが生じた市内18宿泊施設に支援金を措置する。支給金額は素泊まり6泊分の2分の1相当額。財源は地方臨時交付金。また、鹿角冬季国体の中止に関しては県が26事業者への支援金を措置する。支給金額は素泊まり5泊分の2分の1相当額。宿泊業者以外に影響を受けた事業者の支援について市は「今後検討する」とした。
 かづのパワーは市などが出資する第三セクター。仕入価格と連動している電力市場価格の急騰などが影響し、今月14日で事業を休止した。こうした中、市が支援をしながら2022年3月末まで会社を存続させ、その間に小売電気事業の再開に向けた検討を行うことにした。
 今回は存続に向けた補助金3500万円を計上。電気小売事業で6100万円、事業モデル構築で500万円の計6600万円の支出を見込んでおり、会社の自己資金3100万円と補助金でまかなう予定。事業期間は24日から22年3月31日までを想定している。
 田口裕議員は「公金投入は慎重にするべき。市民に説明する場が必要だ」と指摘。これに対し花海義人産業部次長は「全員協議会を2回開き説明した。経営陣は責任を痛感しているようだが、市としては想定外の事態で放漫経営とは捉えていない」とした。
 戸田芳孝議員は「補助金は出資割合に応じて負担するべき」と指摘。花海次長は「市が中心となって設立した会社。想定外の事案なので市が全て支援する形にした」と答えた。
 このほか可決したのは2021年度当初予算5件、20年度補正予算6件、条例関係18件、市道路線の変更案1件の議案30件。

新型コロナワクチン接種 対象者7割の予算計上 北秋田市3月議会市民福祉委

2021-02-25
新型コロナワクチン接種事業などを審議した市民福祉委(北秋田市役所)
 北秋田市の3月定例議会は24日、市本庁舎で委員会審査を継続した。市民福祉常任委員会(佐藤文信委員長)では、2021年度当初予算案の新型コロナウイルスワクチン接種事業で、接種対象者全員分の予算が計上されていない理由について質疑があり、当局は「想定される接種率に応じて計上し、不足分は増額補正をする手法をとりたい」と答弁した。
 市は新年度当初予算案で、ワクチン接種事業分として7584万5000円を計上。接種対象者は16歳以上の2万8494人で、4月から9月まで市内2会場での集団接種や個別接種を予定している。
 今回計上されたのは集団、個別予防接種合わせて2万1297人分。1月に行われた臨時議会で本年度の補正予算として計上済みの分と合計すると計2万3052人分となることから、委員から「ワクチンが不足する5442人分の予算を措置しないのはなぜか」と質問が上がった。
 当局は新型コロナワクチンの接種は「あくまで任意」とし、対象者の7割程度が接種することを目標にしていると説明。「予算範囲内で接種できる形で進めたい。万が一足りない場合は追加で予算を計上する」と答えた。
 このほか、予定する期間内に接種が終わらない可能性を危惧する意見も上がり、当局は「医療健康課の職員のほか、他課からも延べ500人の協力が必要。全庁挙げての体制を組み、万全の体制で臨む」と説明した。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

クラシカル男子成年A 田中(花輪高出)が5度目V 県体スキー 女子少年は畔上(北鷹高)が初優勝

2021-01-23
少年女子を制し、総合順位でも頂点に立った北鷹の畔上(花輪スキー場)
  初日の22日は、鹿角市の花輪スキー場でクラシカルの男女7部門を行った。北鹿勢の男子は成年A10㌔で田中聖土(自衛隊体育学校・花輪高出)が5連覇、少年同で山田龍輔(秋田北鷹高3年)が連覇。成年B同は木村貴大(北鷹レーシング)が4年ぶりに頂点に立った。成年C5㌔では堀内幸大(北秋田市スキー連盟)が優勝した。女子は少年同で畔上凜花(北鷹高2年)が初優勝。成年A同は米田菜緒(小坂高―日大4年)、成年B同は石垣寿美子(秋田ゼロックス・十和田高出)が制した。第2日の23日は、同スキー場で距離フリーや大回転など男女15部門を実施する。
 女子全体でトップ 女子少年5㌔クラシカルは畔上凜花(北鷹高2年)が優勝。総合タイムでも成年組を押しのけて頂点に立ち「県の高校大会から良い流れに乗れた。100%の力を出し切れた」と喜んだ。
 この日は「中盤の上りまでが頑張りどころ。そこまでは気持ちを切らさないようにする」と作戦を立てた。勝負どころとなったのは3㌔地点の上り坂。この場面で「一番長い上りで他の選手もきついはず。ここで差を付ける」と全力で上った。ハイペースで難所を通過すると、後半は下りを利用し、ゴールまで一気に駆け抜けた。試合後は「平地が苦手な分、上りで稼げたのが勝因」と語った。
 同じコースで成年組のレースも実施された。同世代以外の選手と共に滑る機会は多くなく「尊敬する方々と一緒に走れて、すごく良い経験になった」。さらにはそのトップ層の選手らを押しのけ、総合タイムでも首位。「勝てるとは思っていなかったので驚いている。でも自信が付いた」と笑顔を見せた。
 次戦のフリーには部門の区別がなく、本当の意味で成年組と競り合う。しかし「大人たちと戦える、またとない特別な機会」と意気込む。「100%の力を発揮して優勝したい」と闘志を燃やした。

新型コロナで影響 林産業支援に6助成 大館市 地域材活用やICT促進 需要、販路など回復へ

2021-01-22
  大館市は、新型コロナウイルス感染拡大による経済活動停滞で影響を受けている林業や木材産業関係の支援策を展開している。木材需要の回復に向け、新築や改築する住宅に地域材を活用する施主や工務店に助成するほか、林業者のICT(情報通信技術)機器導入や丸太・木材の運搬費助成など6事業を実施。林政課は「川上(林業)、川中(木材産業)、川下(建築業)への支援を行い、感染拡大のリスクに強い林産業の実現を目指したい」と話す。
 「木材需要回復支援事業」は市・県産材を活用した住宅の木造、木質化を後押しするため、住宅新築や事務所のリフォームなどを行う個人や法人を支援する。助成額は構造材や内装材などの項目があり、住宅の壁・天井に市産材を使用する場合は1平方㍍当たり3000円。施工側には「木材利用奨励金」を設け、工務店は1件につき10万円、設計者には5万円を助成している。
 市の本年度の建築確認申請状況によると、一戸建て新築住宅は10月末現在、102件で、前年同期を49件下回っている。林政課は「木材需要回復支援は昨年末で15件に交付し、地域材の利用を促すきっかけづくりにしたい」と話す。3次元カメラやVR(仮想カメラ)を活用した木造住宅の内覧会を開催する住宅の施工・販売業者に経費の助成も行っている。
 「木材製品販路回復支援事業」は、市内の木材製造・加工・販売業者を対象に、販路開拓や木材の高付加価値商品開発に対する費用を、1事業200万円を上限に助成する。これまで新製品開発など3件の申請があった。
 「林業省力化等支援事業」は、低コスト化を図るスマート林業の導入費用を助成する。森林資源や境界情報のデジタル化を行うレーザー計測器やドローン(小型無人飛行機)などの導入費用の3分の2以内、1事業につき500万円を限度に助成する。これまでに2事業者に対し約340万円を助成した。
 「木材サプライチェーン強靱(きょうじん)化事業」は、市内で伐採された樹木を原料とした丸太や建築用木材などの運送費を助成する。対象は市内に事業所がある業者。補助単価は、県内を除く東北への出荷が1立方㍍当たり700円、東北以外は同1200円など。
 林政課によると、住宅建築などの需要低迷で製材や加工業者の受注が減少し、山林からの切り出しが減るなど一時期、荷動きが低調だった。冬場に入り、丸太の値段が回復傾向にある中、各事業の利用を呼び掛けている。事業の実施期間は、木材需要回復支援事業と木材利用奨励金が3月15日まで、サプライチェーン強靱化事業は対象期間が3月末まで。そのほかは2月26日まで。

大館への分娩集約 2年経過し課題など協議 鹿角医療懇 助成金の実績報告も

2021-01-22
分娩集約後の状況などについて意見を交わした懇談会(市交流センター)
  県や鹿角市、小坂町、医療・福祉の関係機関・団体の関係者が地域医療の在り方について意見交換する「かづの地域医療懇談会」が20日夕、市交流センターで開かれた。かづの厚生病院の出産取り扱い機能が2018年10月から大館市立総合病院へ集約され、2年経過後の状況などについて報告が行われ、委員らが課題などを協議した。
 同会は鹿角地域で安定した医療サービスを将来にわたり供給できるよう、地域医療の充実に関する事項を意見交換する目的で10年に設立された。
 事務局の報告によると、19年度の大館市立総合病院の分娩(ぶんべん)取扱数は月平均49・4件。このうち鹿角市からの受け入れは同11・0件、小坂町同1・3件。20年度(4~11月)の同院の分娩取扱数は月平均45・3件、鹿角市同9・6件、小坂町同1・0件でいずれも減少している。
 鹿角市は妊婦健診の受診等にかかる交通費と、出産直前にホテル等に宿泊した場合の費用を一部助成し、妊婦の経済的、精神的な負担軽減を図っている。
 これらの助成金の実績(20年4~11月)は、交通費助成(最大1万2000円)が71件。宿泊費助成(最大1万5000円)は19年度に続いて、利用がなかった。
 県内の病院・診療所間で患者の診療情報を安全に共有できるネットワーク「あきたハートフルネット」のかづの厚生病院の登録数(20年4月~11月)は13人。
 緊急時の救急搬送がスムーズに進むために妊婦の情報を事前登録する制度「ママ・サポート119」登録は40件。救急車による搬送事例は発生していない。
 委員は「2人目以降の出産では、第1子の面倒を見てもらえるようなきめ細やかなシステムがあれば」と要望した。
 鹿角市内での出産取り扱い機能の再開を目指して市は「市出身医師やふるさと納税者などに市の状況を周知していく。市の医師修学資金等の制度周知や修学資金利用者と積極的に交流していく」と語った。
 県の医師確保計画や医師不足への対応などについても意見を交換した。

2校の授業実践など発表 北教育事務所 北秋田で学力向上推進協

2021-01-22
尾去沢小など小中2校が実践事例を発表した学力推進協議会(北秋田市交流センター)
  県北教育事務所管内の学力向上推進協議会は21日、北秋田市交流センターで開かれた。管内小中学校教諭ら90人が参加し、実践発表や授業映像の視聴を通じてより良い指導の在り方を探った。
 協議会は各校の校内研究体制の検証や改善と、児童生徒の学力向上につなげようと毎年実施している。各校で研究活動の中心となっている教員や、各市町村の教育委員会関係職員が参加した。
 開会行事で同事務所の和田渉所長は「今後は子どもたちが自立して学び、他者と協働してコミュニティーの課題解決に挑む強さを育てなければならない」とあいさつし、学校への訪問を通して感じたことを述べた。
 本年度設定した協議会のテーマは「子どもの資質・能力を育む授業研究の在り方」。同事務所の職員は学校訪問から浮かび上がった課題として、「児童生徒が物事をどのように対象を捉え、どのように対象に迫るか」を示す「見方・考え方」を働かせて学ぶ授業づくりを挙げた。このほか学校訪問でみられた成果として、リモートでの交流学習やタブレット端末による学習履歴の記録などICT(情報通信技術)の活用を紹介した。
 参加校を代表して、尾去沢小(鹿角市)と北陽中(大館市)の教員が、それぞれの学校で取り組んだ授業などについて、実践事例を発表。授業映像の視聴なども行い、参加者が各校で取り組む研究活動の推進に役立てた。

アメッコ市 作業場に甘い香り 大館の菓子店 アメ作り着々と

2021-01-21
名物「ねじりアメ」などを作る従業員たち(斎作屋菓子舗)
  大館アメッコ市(2月13、14日)を前に、大館市内の菓子店で販売用のアメ作りが始まっている。甘い香りが漂う作業場で、従業員たちが色鮮やかなアメを切り分ける作業に励み、伝統行事を盛り上げようと着々と準備を進めている。作業はイベント直前の10日ごろまで続く見込み。
 同市字中町の斎作屋菓子舗(斎藤宏作店主)では、今月5日から昔ながらの「たんきりアメ」、看板商品の「ねじりアメ」の製作を始めた。今年は観光客の減少を見越して主原料の水アメと砂糖を例年の7~8割の約1・5㌧に減らし、最大6人体制で作業に当たっている。
 鍋で水アメと砂糖を煮詰め、雪の上に置いた鉄板で冷却。適度な硬さになったら、アメ引き機で空気を含ませながら味付けをする。口溶けが良くなるようにこねた後、引き伸ばしてねじりを加えると「ねじりアメ」、球断器で成型すると「たんきりアメ」が完成する。
 時間が経過するとアメは固まってしまうため、従業員たちは手際良くこねて伸ばし、適当な大きさに切り分ける作業に励み、熟練の技で次々と完成させていた。同店では14種の味の「たんきりアメ」「ねじりアメ」を約1万袋分製作予定。このほか「からみアメ」「きなこアメ」「白ひげキャラメル」「ハチ公キャンディー」など多彩な商品を用意する。
 今年のアメッコ市は新型コロナウイルスの感染防止対策として、会場の規模を縮小するほか、販売するアメも事業者に個包装を求めるなどの措置を講じて実施する。同店でも感染予防の観点から、例年実施している量り売りを行うことができなくなり、容量ごとに150円、350円、500円の小袋での提供を計画している。同社の斎藤勇作専務(64)は「風邪封じのアメと言われているので、コロナも封じ込めてほしいという願いを込めて作業に当たっている。大館のアメを食べて喉を潤し、風邪もコロナも吹き飛ばしてほしい」と話していた。
 同店では遠方に住む人への贈答用に、2月1日からアメの発送予約を受け付ける。市の「特産品送料助成事業」の登録店のため2000円以上の購入で送料無料となる。

印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る