本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

来年の登録、高まる期待 縄文遺跡群 世界遺産シンポジウム Zoom使用 北鹿3カ所で開催

2020-11-29
世界遺産登録へ期待を込めたシンポジウム(大湯ストーンサークル館)
 秋田縄文遺跡世界遺産推進シンポジウムが28日、ウェブ会議システム「Zoom」を活用して行われた。東京大学名誉教授の西村幸夫さんが基調講演し、遺跡群の特徴などを説明。北鹿地域3カ所をつないで開かれ、来年夏にも予定されているユネスコ世界遺産委員会の審査結果に期待を込めた。
 シンポジウムは鹿角市の大湯ストーンサークル館、北秋田市のコムコム、大館市の中央公民館をつないで開かれ、大湯ストーンサークル館には地元市議、歴史愛好家など約40人が参加した。
 主催した北東北歴史懇話会の藤盛紀明会長は「いよいよ世界遺産登録が近づいてきた。登録へ向けた最後の一押しとなるシンポジウムだ」とあいさつ。鹿角市の児玉一市長、北秋田市の津谷永光市長がビデオメッセージを寄せた。
 講師の西村さんは、日本イコモス国内委員会委員長。「北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録について」と題して講演した。今後の日程について、来年5月ごろに諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)の勧告があり、6月ごろには登録の可否を審査するユネスコ世界遺産委員会が開かれるとの見通しを示した。
 コロナ禍における取り組みとして、西村さんは「海外や遠くからの観光客は見込めない。コロナ後に備え、地元の人たちが遺跡の価値をきっちりと理解し、発信できるようにしてはどうか」とアドバイスした。
 県教委の新海和広さんが遺跡群の価値を説明し、「1万年以上継続した採集、漁労、狩猟による定住は、その過程と精神文化の発達を表し、農耕以前における人類の生活の在り方を示す普遍的な価値を持つ」と指摘した。北秋田市教委の榎本剛治さん、鹿角市教委の赤坂朋美さんもそれぞれ遺跡を説明した。
 

米新品種「サキホコレ」 先行提供を開始 県のキャンペーン 北鹿の宿泊施設でも

2020-11-29
「サキホコレ」と「あきたこまち」を食べ比べる客(ふるさわおんせん光葉館)
 2022年秋の市場デビューを目指す秋田米新品種「サキホコレ」の先行提供キャンペーンが28日、始まった。名称周知とPRのために県が実施するもので、県内外の宿泊施設等25カ所で宿泊客や一般客に試食してもらう。北鹿地方の一部施設でも料理と共に提供され、早速「あきたこまち」との食べ比べを楽しむ客の姿が見られた。
 県が新たなブランド米として開発した「サキホコレ」は、本県産米の主力「あきたこまち」より成熟期が遅い晩生種で、いもち病に強く、高温による品質低下も少ない。▽白さとツヤが際立つ外観▽粒感のあるふっくらとした食感▽上品な香り、深い甘み―が特徴。
 名称は県が4~5月に公募し、国内外から25万893件の応募が寄せられた。専門家らの選考で絞り込まれた最終候補6案から、佐竹敬久知事が「サキホコレ」を選定し、17日に発表。「秋田の地力から生まれた小さな一株が誇らしげに咲き広がって、日本の食卓を幸せにしてほしい」との願いが込められている。
 PRのため県は28日から、県内の宿泊施設22カ所、東京都内の飲食店など3カ所でご飯を試食してもらう先行提供キャンペーンを開始。期間は12月28日まで。北鹿地方では大館市、鹿角市、北秋田市の5施設で味わうことができる。
 このうち、大館市新綱の温泉旅館「ふるさわおんせん光葉館」(小林薫社長)は県から打診を受け、一般客用の日替わりランチ、宿泊客用の朝食で「サキホコレ」と「あきたこまち」を1杯ずつ提供することにした。
 初日は4人が日替わりランチを予約。ご飯を食べ比べ、違いを楽しむようにじっくり味わう姿があった。同市長木川南の男性(66)は「どんな味か興味があった。一粒一粒がはっきりしていて、口に入れると甘みを感じておいしい。食べやすかった」と話した。
 常連客らの関心も高い様子で、小林社長は「販売前にこまちと食べ比べできる機会なので、ぜひ味わってほしい」と語った。
 「サキホコレ」と「あきたこまち」を各1杯提供する日替わりランチは、肉料理か魚料理、秋野菜、みそ汁、小鉢数種類がついて税込み880円。前日夕方までに予約が必要。12月13日までの期間限定。問い合わせは同施設(電話0186・48・4295)。
 このほか県は28日から、県内のスーパーや米穀店、首都圏と中京・関西圏の米穀店など77カ所でサンプル米を配布するキャンペーンも始めた。北鹿地方でもイオンスーパーセンター大館店など3カ所で行う。
 各キャンペーンの対象施設・店舗、日程などは秋田米ウェブサイト「ごはんのふるさと秋田へ」に掲載されている。
 

高校生「働く場、遊び場少ない」 移住者「人温かくストレスない」 北秋田市「市長と語ろう」

2020-11-29
高校生と移住者、市長が意見を交わしたタウンミーティング(コムコム)
 北秋田市の「市長と語ろう! タウンミーティング」が28日、市民ふれあいプラザコムコムで開かれた。同市在住の高校生8人が日頃感じることや改善方法などを津谷永光市長へ提案したほか、移住者2人の目線で見る市について理解を深め、将来の北秋田市の在り方を探った。
 高校生を対象としたタウンミーティングは3年前から開催。今年は移住者と高校生が互いに市の魅力などを語ることで、新たなつながりを生み出そうと実施した。
 参加者は秋田北鷹、大館鳳鳴、能代の3高校に通う生徒8人と、阿仁地区に夫婦で移住した張了了さん、市の地域おこし協力隊員として移住定住促進に取り組む斎藤美奈子さんと津谷市長。コーディネーターは市出身の武田昌大さんが務めた。住民ら約40人が来場した。
 高校生は市の魅力について、人の温かさや農業などの1次産業を挙げる一方、「働く場所や若者が遊べるところが少ない」「市から出て行く人が多い」と課題を述べた。このほか「鷹巣駅をSNS映えスポットにする」「移動販売や街中、病院への送迎車を用意する」などの具体的な提案も行った。
 移住者に対して高校生が質問する場面では、「出身地と北秋田市のどちらが住みやすいか」と質問が上がった。中国・上海市出身の張さんは「北秋田市は人が温かく、ストレスを感じない」と市で暮らして感じた長所を語った。斎藤さんは高校生に対して「地元から離れると魅力や大切さが分かる。若いうちにさまざまな文化や習慣に触れてみて」と呼び掛けていた。
 津谷市長は「皆さんが普段の生活の中で市の問題点を把握したり、将来に向かって考えたりしていると分かった」と述べ、「市を持続させるためには皆さんの力が必要。将来を担う小中高生が一緒になってまちづくりに参画してもらえる施策を展開していきたい」とまとめた。
 

鹿角市12月議会 旧鹿角パークホテル 改修費3億円など補正予算 賛成多数で可決 

2020-11-28
一般会計補正予算は賛成多数で可決した(鹿角市役所)
 鹿角市の12月定例議会は27日開会し、2019年度各会計決算6件を全会一致で認定したほか、上程議案35件中10件を原案通り可決した。このうち旧鹿角パークホテル再開を支援する補助金3億円を盛り込んだ一般会計補正予算は一部議員から「金額が大きい」と異論が出たが、起立採決の結果、賛成多数で可決。児玉一市長は「私の市長としての政策で、一つの企業誘致だと認識している」とし、理解を求めた。
 一般会計補正予算は歳入歳出それぞれ10億6489万円を追加し、総額を230億9351万円とするもの。旧パークホテルの営業再開に向け、市が改修工事費3億円を負担する中心市街地中核ホテル再生支援事業補助金は、一日も早い再開を目指すため、同補助金とGIGAスクール整備事業費のみを計上する第10号補正として初日に採決した。
 旧パークホテルの新たな経営体は先月設立された鹿角プランニング。社長の佐藤順英(ゆきひで)氏(64)は鹿角市出身。福島県で発電所のプラント関連工事などを手掛ける会社を経営している。市がホテル再開を打診したところ、快諾した。
 再開にあたっては老朽化した施設の改修が必要で、全体工事費は約7億2000万円。このうち3億円を市が補助することとし、17日の市議会全員協議会で説明した。来年3~4月のプレオープン、同6月のグランドオープンを予定する。従業員は25~30人(うち正社員12人程度)の見込み。
 質疑では無会派の吉村アイ、田口裕、戸田芳孝の3議員が補助金額の妥当性やホテル経営の見通しなどについて、当局の見解をただした。
 阿部一弘副市長は「補助金の3億円は結果的に工事費を通じて市内経済に還元される。旧パークホテルの周辺への経済波及効果は年約5億8000万円と非常に大きく、交流人口の拡大や雇用、景観、地価など総合的に鑑みて公益性が高いと判断した」と強調。
 花海義人産業部次長は「鹿角プランニングの役員は8人構成。事業計画を確認したが、うまくいくだろうと判断した。3年目に黒字化を見込んでいる」と説明した。
 児玉市長は「補助金額が高いか安いかは、この後で結果が出るものと思っている。せっかく来てくれる会社なので成功するよう、みんなで温かくお迎えしたい」との考えを示した。
 その上で、安保誠一郎議員(無会派)は▽補助金が巨額でその内容が示されていない▽所管の常任委員会で十分な審査がなされていない▽コロナ対策を最優先すべき―の三つの観点から、一般会計補正予算に対する反対討論を述べた。
 これに対し、栗山尚記議員(鹿真会・公明)は「民間による事業再開という、これ以上ないチャンスを逃すことのないよう、市として最大限の支援を行うのは当然のこと」、中山一男議員(清風会)は「ホテルの再開が遅れるほど地域経済へのダメージは大きくなる。スピード感を持って早期着工し、オープンすることが必要」と賛成討論。議長を除く起立採決の結果、賛成12、反対4の賛成多数で可決した。
 上程したのは予算関係3件、条例関係8件、指定管理者の指定案4件、過疎地域自立促進計画の変更案、市道路線の認定案各1件の議案17件、規約を一部変更する専決処分の報告1件。
 このうち一般会計補正予算や工事請負契約変更6件、特別職、議員、一般職の期末手当を引き下げる条例改正3件の計10件を可決。議案25件と陳情5件を常任委員会に付託し散会した。会期は12月17日まで。

 

混戦の中、運動最終日 上小阿仁村長選挙 あす投票 激しい舌戦が続く

2020-11-28
上小阿仁村長選挙のポスター掲示場
 中田吉穂村長の死去に伴って24日に告示された上小阿仁村長選挙は、29日に投開票が行われる。前職と新人の一騎打ちとなり、村内の各所で激しい舌戦を展開。混戦が続く中、運動期間の最終日を迎えた。
 立候補したのは届け出順に、前職で返り咲きを狙う農業の小林悦次候補(66)=五反沢字五反沢=と、前村議会議長の新人で会社員の小林信候補(59)=小沢田字釜渕=の、いずれも無所属の2人。
 小林悦次候補は、村職員や村長の経験をアピールしながら「村長不在の非常事態を早急に正常化する。村長の経験を生かしてすぐに、対応することができる」などと訴え。年金生活者への支援やインフルエンザ予防接種無料化のほか、第2弾の給付金支給などを公約に掲げている。
 小林信候補は、村議会議長などの政治経験をアピール。「村は危機的状況。立て直すには住民と行政、議会が一つになることが大切」と訴えるとともに、「幼児教育と保育環境の充実」や「高齢者の生活支援の充実」「事業所支援と働く場の充実」などの実現を目指すとしている。
 同村の村長選挙は、1983年から連続6期を務めた故北林孝市氏が勇退した2007年の選挙以降、4回連続で村長が交代する激しい選挙が繰り広げられてきた。ただ、投票率は新人同士の一騎打ちを制して北林氏が初当選した83年が96・42%、07年は92・70%だったものの、11年は90・48%、15年は88・48%、19年は86・36%と低下傾向をたどっている。
 今回は、前回から1年7カ月しか経過していない中での選挙であることや、統一地方選の中で行われたこれまでと違い、議会議員選挙とは別日程になったこと、さらには新型コロナウイルス感染症の影響などで、投票率はもう一段、低下することが懸念されている。両陣営ともに票読みには苦慮しながらも、運動期間の最後まで、票の上積みを目指していく構えだ。
 投票は29日午前7時から午後7時(八木沢は午後6時)まで、村内8カ所で行われ、午後8時から村健康増進トレーニングセンターで開票。午後9時までには、大勢が判明する見通しだ。
 村選挙管理委員会が23日現在でまとめた有権者数は2033人(男974人、女1059人)。

 
RSS(別ウィンドウで開きます) 

伊徳が電子レシートを導入 きょうから受け付け 非接触決済が可能に

2020-10-14
スマホでレシートが確認できる電子レシートシステム
 本県と青森でスーパーを展開するユナイトホールディングスは、スマートフォンと連動した「電子レシートサービス」を伊徳(本社・大館市)とタカヤナギ(同・大仙市)全店で導入する。県内企業では初めての取り組みで、家計管理の効率化、非接触決済などを可能にする。14日から登録を受け付ける。
 利用方法は、東芝テックの電子レシートアプリ「スマートレシート」をダウンロードし、初回のみ各店のサービスカウンターにポイントカードとアプリのバーコードを掲示し、連動させる。翌日以降、レジにポイントカードを掲示すればスマホに電子レシートが届く。希望すると紙のレシートももらうことができる。利用は無料。
 アプリでは過去13カ月分のレシートが確認でき、食品、日用品など9項目に分類することができるほか、購入金額の自動集計機能もある。販促キャンペーンの告知などにも活用される。伊徳ではポイントカード会員の利用率5%で年間約7万㍍の紙レシートを削減できる。
 14日から受け付けを開始し、最短で15日からの使用が可能。同社では12月13日までアプリをダウンロードし、カードと連携した人に100ポイントをプレゼントする入会キャンペーンを実施する。
 商品企画部の担当者は「電子レシートを利用し、ポイントカードを電子マネーとして使用すると、非接触型の決済ができ、感染症対策にもつながる。よりスムーズに会計できる新しい取り組みをぜひ、活用していただきたい」としている。
 

直筆原稿に「書斎」も 北秋田市 渡辺喜恵子展始まる

2020-10-14
執筆風景の写真を元にイメージ化した書斎(北秋田市文化会館)
 北秋田市にゆかりのある直木賞作家・渡辺喜恵子氏の回顧展が11日、同市文化会館で始まった。散逸していた直筆原稿の写しや、親交のあった人との手紙など貴重な資料200点以上が展示され、地元ファンを楽しませている。11月8日まで。
 渡辺氏は1913年、檜木内村(現・仙北市)出身。2歳の時、父親が鷹巣町(現・北秋田市)で木材工場を創業したのを機に移り住んだ。結婚などで本県を離れたが、郷土の思い出を表現した作品を発表。著作「馬淵川」で59年の第41回直木賞を受賞した。97年に83歳で死去。
 著作名を冠し、渡辺氏の功績をたたえる「みちのく子供風土記館」が昨年、建設から30年を経過した記念として市が回顧展を企画した。
 鷹巣で過ごした少女時代の記憶を詩情も豊かに描いた「みちのく子供風土記」は84年に映画化が企画されたが未完に終わった作品。県内で行われた撮影の様子が写真で記録されていて、30枚が公開された。渡辺氏の執筆風景を収めた写真を元に同館がイメージ化した「書斎」も展示され、地元ファンの関心を集めた。
 18日は講演「渡辺喜惠子作品についての講演と朗読」が子供風土記館で行われる。午後1時開始。講師は「あきた文学資料館名誉館長」北条常久さんと、声のグループ「ひいらぎの会」主宰の安倍眞壽美さん。聴講は事前申し込みが必要。11月8日には作品朗読会が風土記館で開かれる。午後1時開始。入場無料。
 

露熊山峡 地域の宝・景勝地復活を 北秋田 荒瀬の住民ら50人で鍋っこ 「ナベ岩」や「モッケ岩」見学も

2020-10-13
 北秋田市阿仁荒瀬地区の西側にある景勝地・露熊山峡の再活性化に取り組む住民団体・荒瀬かだまり(佐々木修会長)は11日、露熊山峡の旧キャンプ場で「鍋っこ会」を開催した。荒瀬地区の住民ら約50人が鍋岩周辺を散策したり昼食を味わったりして、整備が進む山峡の現状を体感した。
 露熊山峡は荒瀬地区の国道105号から西に約3㌔の距離にあり、奇岩や巨岩が点在する。かつては霊場や炭鉱、集落があり、小学校の遠足コースとして子どもたちも訪れる場所だったが、約50年前に集落もなくなり人が近づかなくなったという。
 地域の宝である景勝地を復活させようと、旧荒瀬小学校のOBを中心に荒瀬かだまりを結成。「露熊プロジェクト」を立ち上げ、住民からの寄付や協力を呼び掛けながら活動を始めた。7月から3回ほどメンバーが集まって山峡での作業を実施した。車両の通行が困難な状態だった林道は地元企業の協力を得て土砂を撤去。見どころの一つである鍋岩や、キャンプ場までのルートでは手すりや案内看板の設置、周辺の草刈りなどの整備を進めてきた。
 今回は寄付への協力など住民への感謝を込め、本年度の活動の集大成となるイベントを企画。現地の様子を見てもらおうと住民に呼び掛けたところ、荒瀬地区の住民を中心に子どもから70歳代まで約50人が参加。荒瀬地区コミュニティセンターに集合し、マイクロバスで露熊山峡へ移動した。
 鍋岩や集落跡地、キャンプ場への分岐地点でバスから降り、希望者は鍋岩に向かった。手すりが設置された道を下っていくと川音が次第に大きくなり、露熊川沿いに高さ約30㍍の巨大な鍋岩が現れた。
 参加者は崖のように切り立った巨岩を見上げると、自然が作り上げた景観を楽しんだ。子どもの頃の学校行事や日常的に鍋岩へ訪れていたという参加者も多く、「懐かしい」と笑いながら当時の思い出を振り返っていた。
 鍋っこ会では地元の女性たちが作ったきりたんぽ鍋や山菜を使ったおかずが振る舞われ、旧キャンプ場に敷いたゴザの上で味わった。参加者は「紅葉の時期にまた来たい」などと口々に話しながら、楽しいひとときを過ごしていた。
 20年ぶりに山峡へ訪れたという荒瀬自治会長の湊一彦さん(77)は「当時の様子から一変したが、ここに来ると昔の思い出がよみがえる。荒瀬地区の活性化につながるよう今後も活動を長く続けてほしい」と期待を寄せた。このほか露熊集落の跡地や、カエルの形をした「モッケ岩」など名前が付けられた奇岩を見て回るバスツアーも行った。
 荒瀬かだまりによると、今後は冬囲いなどを行って来春以降も現在の状態を維持できるよう備え、本年度の活動を終える予定。来年度もさらに整備を進め、「誰でも簡単に、気楽に行けるようにしたい」と話している。
 
巨大な鍋岩を見上げる参加者(露熊山峡)
きりたんぽ鍋を味わいながら昔の思い出を振り返る住民たち(旧キャンプ場)

ふるさと納税 上半期で3億3千万円 大館市 前年同期比6割増に 最多更新目指す

2020-10-13
 本年度の大館市へのふるさと納税が上半期(4~9月)で3億円を超えた。新型コロナウイルスの影響で外出を控える動きが広がり、食の返礼品に人気が集まったことから前年同期比66%増。9月から市の特設サイトでも寄付金を受け付けており、過去最多の前年度(7億9167万円)を上回る10億円を目指す。
 企画調整課によると、上半期は2万1527件、3億3769万8600円が寄せられた。前年同期に比べ1万845件増、1億3482万3600円増。4月の寄付額は3・1倍、7月は2・2倍だった。
 寄付の居住地は東京都が6290件(9986万円)で最も多く、神奈川県2830件(4497万円)、大阪府1660件(2580万円)、愛知県1404件(2182万円)、埼玉県1330件(2187万円)などと続き、47都道府県全てから寄せられた。平均寄付額は1万5687円。県外の寄付件数は全体の99・3%を占めた。
 寄付者が希望した使い道は「特に指定なし」が8502件(1億2995万円)、「子どもの成長支援」が3687件(5844万円)、「秋田犬関連」が3225件(5043万円)、「子どもの教育支援」が2153件(3346万円)、「環境保全・資源循環」が1846件(2974万円)、「コロナに負けるな!がんばろう大館関連」が1168件(1937万円)、「お年寄りや障害のある人が安心して暮らせるまちづくり」が944件(1625万円)などだった。
 返礼品は約400種類を登録している。きりたんぽセットやコメ、曲げわっぱなどの人気が高い。担当者は「在宅時間が長くなったことで、ふるさと納税の利用も伸びているのではないか」との見方を示した上で、「特設サイトでの受け付けも順調だが、もっとアピールして年間目標10億円達成に努めたい」と話している。
 ふるさと納税は、出身地や応援したい市町村などに寄付すると、2000円を超える部分が所得税と住民税から控除される。
 

大森親山獅子大権現舞 学校祭で生徒披露 鹿角市尾去沢中 保存会「伝承の弾みに」

2020-10-13
生徒たちが披露した「大森親山獅子大権現舞」(尾去沢中)
 鹿角市尾去沢中学校(駒木利浩校長)の「尾中祭」が11日同校で行われ、生徒が地域に伝わる県無形民俗文化財「大森親山獅子大権現舞」を披露した。ふるさと・キャリア教育の一環として練習してきたもので、「伝承へ弾みになれば」と地元保存会は期待を寄せている。
 この神楽は、尾去沢鉱山発見伝説にちなむ「大森親山獅子大権現舞伝記」に由来し、1481(文明13)年ごろから伝承されているといわれている。一時途絶えたが、戦後、若者たちが保存会を結成して復活。毎年、尾去八幡神社の春と秋の例祭で奉納している。
 伝統芸能に取り組んだのは生徒の有志9人。先月から、保存会(黒澤文男会長)の会員に指導を受け、練習を重ねてきた。舞台では太鼓、横笛など生徒が奏でるはやしに乗り、獅子舞を披露した。終了後、黒澤会長は「うまくいった。練習は短時間だったが、よく覚えてくれてありがたい」と話した。
 伝承活動について、黒澤会長は「若い人がなかなかおらず、継承に悩んでいる」とし、今回中学生が練習し学校祭で披露し、「地域の歴史、芸能に興味を持つことは、素晴らしいことだ」を話し、継承の弾みになれば、と期待を込めていた。
 尾中祭は、吹奏楽部の演奏で開幕、初めての企画として生徒が昔語りを行い、「光る怪鳥伝説」と「遣い姫物語」を紙芝居や枝を使いながら、発表した。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る