本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

2021年11月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

思い思いに初シュプール 秋田八幡平スキー場 今季のリフト運行始まる

2021-11-28
家族連れらでにぎわう八幡平スキー場(秋田八幡平スキー場)
 鹿角市の秋田八幡平スキー場で27日、リフトの運行が始まり、本格的なスキーシーズンが到来した。午前中からスキーヤーやスノーボーダーなど約100人が来場。早速、ゲレンデに思い思いのシュプールを描いていた。
 本格オープンは例年、12月上旬ごろ。昨シーズンのリフト運行は12月14日だったことから、2週間ほど早い。
 今月25日からのまとまった雪で、27日朝には積雪80㌢となり、リフトの運行を開始した。午前9時のリフト運行に合わせて地元のスキー客らが次々と来場。スノーボードを友達同士で楽しむ様子や、クロスカントリーで合同練習する姿も見られた。
 運営する秋八高原リゾート合同会社の浅石敦幸社長は「予想以上に雪が積もり、例年より早くオープンできた。楽しんでほしい」と話した。
 スキーの練習で訪れたという藤本伊吹さん(鷹巣中2年)は「滑りやすく気持ちよかった。今年は全ての大会が開催されてほしい」と話していた。
 問い合わせは秋田八幡平スキー場(電話0186・31・2020)。

高齢者の除雪支援 「ふれあい事業」116町内申請 大館市 過去5年間で最多 共助の輪が広がる

2021-11-28
 除雪車出動日に高齢者世帯などの間口除雪を担う町内会に助成する大館市の「地域ふれあい除雪支援事業」は本年度、116町内会が申請した。過去5年間で最も申請が多く、市は「地域の支え合いが広がっている」と話す。2015年度に始めた屋根の雪下ろし費用の一部を助成する事業は昨年度、最多の12世帯が利用した。市は本年度も「軽度生活援助事業」と合わせた3事業で、高齢者の冬季の生活を支える。
 地域ふれあい除雪は65歳以上の高齢者世帯、身体障害者手帳1、2級所持者のみの世帯が対象。主に除雪車が出動した日に、道路に面した出入り口部分の除雪を町内会が担う。市は実施町内会に1世帯当たり7000円を助成する。本年度は11月8日に締め切り、116町内会、652世帯から申請があった。
 近年の実施は▽16年度=101町内、664世帯▽17年度=99町内、623世帯▽18年度=100町内、596世帯▽19年度=95町内、554世帯▽20年度=109町内、604世帯。本年度の申請は前年と比べ、7町内、48世帯増えた。
 長寿課は「除雪を担う住民も高齢化しているが、共助や支え合いの意識が高まり、新規で取り組む町内会が増えているのではないか」と話す。申請忘れや降雪後に参加を希望する町内会もあるとみられ、締め切り後も相談に応じている。
 雪下ろし支援は、自力で屋根の雪下ろしが困難な高齢者世帯が市内の業者に委託した際、費用の2分の1、上限3万円を助成する事業。一戸建ての持ち家に住む、市民税非課税世帯などが対象となる。事業を開始した15年度と16年度、19年度は利用がなく、17年度は7世帯、18年度は6世帯が利用した。
 19年度に制度を見直し、助成額の増額や、これまで作業前だった申請を作業後にもできるようにした。降雪が多かった昨年度は最も多い12世帯の利用があり、長寿課は「持ち家に住む人や、申請は年度内1回のみと限りはあるが、対象者へ利用を促していきたい」としている。
 このほか、「軽度生活援助事業」では、65歳以上の非課税世帯を対象に、登録した事業者や団体が降雪時、利用者の自宅出入り口から道路まで歩くことができる程度の除雪を行い、市が一部を補助する。

鉄道遺産を地域の宝に 小坂町で全国シンポジウム 保存・活用の事例報告も

2021-11-28
鉄道遺産の可能性を考えた全国近代化遺産連協の鉄道遺産部会(小坂町の康楽館)
 近代化遺産が所在する市町村などで組織する全国近代化遺産活用連絡協議会の鉄道遺産部会のシンポジウムが27日、小坂町の康楽館で開かれた。「地域×遺産=∞ 未来への展望」をテーマに地域の「宝」としての保存や活用について考えた。
 協議会は、近代化遺産の保護と活用を目的に1997年に設立した全国ネットワーク団体。全国47市町村が加盟している。県内では秋田市、五城目町、小坂町の3市町が加盟。鉄道遺産部会には小樽市、桐生市、京都市、大牟田市などが参加している。
 小坂町のレールパークで保存活動を続けている小坂鉄道保存会が、国土交通省大臣の手づくり郷土賞大賞部門に選ばれ、高い評価を受けていることなどから、遺産部会の会場に決まった。同町で同部会が開かれるのは2016年以来5年ぶり。新型コロナ禍で参加人数を制限し、オンラインを含め約50人が参加した。
 協議会会長の多々見良三・舞鶴市長のメッセージが読み上げられた後、地元小坂町の細越満町長が「近代化遺産は、地域の観光振興などに無限の可能性を秘めている。どのように未来につなげていくのか、考えたい」とあいさつした。
 事例報告が行われ、NPO法人北海道鉄道文化保存会の清水道代理事長とNPO法人愛岐トンネル群保存再生委員会の村上真善理事長、若桜町教委の津川尚貴主任(オンライン参加)が、活動を説明した。
 北海道鉄道文化保存会(小樽市)の清水理事長は「歴史的建造物は地域の宝」として、市民の関心を高めるため、町内会の参加を呼び掛けたことを報告。若桜町教委(鳥取県)の津川主任は鉄道の保存、活用策として、観光列車への改修、駅舎を改修しカフェを開設、駅祭りの開催―などに取り組んでいることを報告した。
 パネリストは、北海道鉄道の清水理事長、愛岐トンネルの村上理事長、若桜教委の津川さん、小坂町町史編さん室の亀沢修さんの4人。コーディネーターは公益社団法人横浜歴史資産調査会の常務で事務局長の米山淳一さんが務め、鉄道遺産の保存と活用の現状、課題、未来について考えた。

県1JA「将来的な目標」 秋田市で県大会 2組織離脱も協議継続

2021-11-27
第31回県JA大会(秋田キャッスルホテル)
 JAグループ秋田の今後3年間の運営方針などを決める第31回県JA大会が26日、秋田キャッスルホテルで開かれ、持続可能な農業の実現などを柱にした「農業と地域社会の持続力向上」に向けた取り組みを推進することを決議した。前回大会で決定した「県1JA」に向けたグループ組織の再編については、離脱を表明したJAがあることを踏まえ、「将来的な目標」と位置付けた。当面は残るJAで2024年度の統合に向けた協議を進める。
 決議した議案は▽持続可能な農業の実現▽安心して暮らせる豊かな地域社会の実現▽目指す姿を実現する強いJAづくり―の三つが柱。
 持続可能な農業の実現については、多様な農業者の確保、さまざまな経営体に対する支援の強化、園芸作物の栽培拡大、物流体制などの強化による生産コストの低減などを推進する方針。
 豊かな地域社会の実現に関しては、地域の金融機関としての機能拡充、JA秋田厚生連病院を中心にした地域医療や福祉の充実などに取り組む。
 目指す姿を実現する強いJAづくりでは、グループ組織の統合再編について「県1JAを目指す組織再編」の実現に向けて引き続き取り組みを進める方針が示された。統合再編の時期については前回大会と同様、2024年度を目指すとした。
 組織再編については、県内13JAのうち2JAが合併に向けた協議からの離脱を表明しており、現時点では県内全てのJAの統合が困難な状況。大会終了後、取材に応じたJAあきた中央会の斉藤一志会長は「県1JAの必要性は理解されており、いずれは1JAという思いがみんなにあると思う。将来的な県1JAを目指すことに変わりはないが、当面は11JAでの協議を進めていくことになる」と話した。
 議案に対する意見表明を行った県農協青年部協議会の佐藤岳杜委員長(大館市)は、地域農業を維持するためには一体となった取り組みが必要と指摘、「オール秋田なくして実現はない」と県1JAの重要性を訴えていた。来賓として祝辞を述べた猿田和三副知事や柴田正敏県議会議長からも「課題が多いことなどは聞いているが、ぜひ実現を」などと期待する声が上がっていた。

大館学び大学 官民で学び直し推進 NPOが 設立総会 来春の本オープンへ

2021-11-27
NPO法人大館学び大学の設立総会
 大館市で社会人の学び直しを推進するNPO法人「大館学び大学」の設立総会が26日、開かれた。市は今月3日、講座の情報提供や自主講座を企画するポータルサイトをプレオープン。今後は法人の設立認証などの手続きを進め、NPO法人の運営で来年4月に本オープンを目指し、官民協働による多様な学びの機会を提供していく。
 社会人が学び直し、仕事や暮らしの充実につなげる「大館版リカレント教育」の取り組み。地方創生推進交付金を活用して市が同市のいしころ合同会社に委託し、昨年度はポータルサイトの仕様書作成などを実施。本年度は環境整備を行い、ポータルサイト「大館学び大学」がプレオープンした。
 来年度からは運営主体をNPO法人に移行し、最終的には自立した運営を目指す。担当者は「NPOを立ち上げ、官民協働で事業を行うことで、柔軟な発想による多様な学びの提供が期待される」と話す。
 設立時の会員は行政や教育関係者、民間企業などの10人。設立総会は御成町のわっぱビルヂング内の大館学び大学の拠点、「MARUWWA(マルーワ)となり」で開かれ、定款の確認や役員を選出。理事長に石山拓真・いしころ合同会社代表、副理事長に一関留美子・市教委生涯学習課長、山本多鶴子・同教育監、監事に石山俊智・北鹿新聞社常務取締役を選出した。事務所を同所に置く。
 設立の目的に、「多様な学びを通して人材を育成し、仕事と心の豊かさの両立を生み出し、人と人とのつながりをつくり、人口流出に歯止めをかけ、持続可能なまちを目指す」と掲げた。まちづくり、教育、芸術、就労支援の分野で事業を行い、豊かに働き、暮らしを充実させる循環をつくるとし、具体的にはポータルサイト運営や自主講座の企画・開催、リモート講座用機材などのレンタル、教育ツーリズム企画などの事業を展開する。今後、法人の設立認証や登録申請手続きを進める。
 プレオープンしたポータルサイトでは、「学ぶ学部」「教育学部」の2学部5学科を設置し、市内の講座教室の情報を提供するほか、話し方講座などの自主講座を開いている。

2021年10月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

コロナ禍も知恵出し光明 大館きりたんぽまつり 「新たなサービス提供できた」

2021-10-18
青空がのぞいた最終日のドライブスルー会場(ニプロハチ公ドーム駐車場)
 第49回本場大館きりたんぽまつり(大館食の祭典協議会主催)は17日、計4日間の日程を終えて閉幕した。新型コロナウイルスの感染リスクを考慮し、極力接触を避けるドライブスルー形式の予約販売を初めて実施。来場客の反応も良く、祭典協は「新しいサービスを提供できた」とコロナ下に光明を見いだしていた。
 例年はドーム内に出店ブースを連ね、県内外から10万人以上を呼び込んで開催した。コロナ下の昨年以降、感染防止の観点から屋内開催を見送り、規模を縮小。今年はニプロハチ公ドーム駐車場を会場に9、10、16、17の4日間、市民限定の完全予約制で開催した。
 きりたんぽなど4品の「食べ比べセット」(税込み2000円)が次第に評判を呼び、期間後半ほど予約数が伸びた。祭典協事務局によると、各日400セットの販売計画に対し、最終日は約380セットの予約があり、ほぼ完売状態。4日間の累計は1500セット近いという。市内有名店のセットを、長時間並ぶことなく購入でき、食べ比べできることが人気を集めたとみている。
 期間前半は好天に恵まれ、車の窓を開放して早速、舌鼓を打つ客も。イベントの自粛が続いたこともあって、客から「久しぶりにイベント気分を楽しめた」の声が聞かれた。
 後半の日は降雨、17日はこの秋一番の冷え込みに見舞われた。祭典協のボランティアスタッフは大きな傘を手に車両誘導したり、商品がぬれないように気遣いながらドライバーに手渡したりした。
 出店業者は「予約制だったため、少ないスタッフ数で混乱なく対応できた」などと振り返った。
 きりたんぽは鍋料理という性質上、これまでテークアウトは避けられてきた。今回は汁漏れ防止のふたを付けるなど対策を講じ、ドライブスルー販売に道筋を付けた。小松和志会長は閉幕後「混乱なくスムーズに運営できた」と総括。「コロナ下でテークアウトという新しいサービスを提供でき、今後のまつりのヒントになる」と締めくくった。

北秋田 「クロモジ茶いかが?」 大阿仁小 道の駅で販売会

2021-10-18
販売活動に励む児童たち(道の駅あにマタギの里)
 北秋田市大阿仁小学校(奥山法子校長)は17日、道の駅「あにマタギの里」で、「クロモジ茶」の販売会を開いた。商品化に関わった3~6年生11人が、地域で昔から親しまれているお茶をPRしながら、販売活動に励んだ。
 クロモジ茶は阿仁地区に自生するオオバクロモジの枝や葉を乾燥させたもの。同校では地域の自然を生かしたお茶を通じて、ふるさとを知るきっかけを作ろうと、総合的な学習の一環でクロモジ茶をテーマにした体験活動に本年度から取り組んでいる。
 児童たちは7月から、クロモジ茶を販売する自営業の益田光さん(27)=同市阿仁中村=の自宅兼工房で、加工作業やパッケージ作りに挑戦。増田さんの指導の下、お茶作りを学んできた。
 出来上がったクロモジ茶は、箱入りセット(ティーバッグ10袋入り)で、1箱2000円(税込み)。パッケージデザインには、児童たちがアイデアを出し合って描いた絵や文字が使われている。
 販売会では、100箱用意し、道の駅出入り口付近に設けたコーナーで、児童たちが午前と午後の2回売り出した。児童たちは試飲用のお茶を配りながら、「クロモジ茶いかがですか」「ぜひ買ってください」と元気にアピール。地域住民や館内の来店者が次々と立ち寄り、買い求めていた。
 高堰佳祐さん(5年)は「初めての販売体験だったけど、お客さんの喜んだ顔がうれしかった。楽しかったし、来年以降も続けていきたい」と笑顔を見せた。
 今回の売上金の一部は、児童の学習活動費に充てられる。活動内容について今後、児童たちが話し合って決める予定。益田さんは「自分たちで商品を考え、販売するという貴重な経験を今後の学習に生かしてほしい」と話した。

大館市 木育推進の旗振り役に インストラクター養成に力 本年度は高校生ら38人

2021-10-17
福島さん㊧から木育の意義を学ぶ受講者(比内公民館)
 大館市は木に親しむ活動を通じ、木や森の良さ利用の意義を伝える「木育インストラクター」の養成に力を入れている。本年度の講座が16日に比内公民館で開かれ、高校生を含む市民38人が木育のプログラム作りなどを学び、認定証を取得した。講座は3年目を迎えて受講者が100人を超え、市は「幼少期から木を使う喜びを体験、提供することで、将来の木材需要にもつなげたい」と期待する。2023年度までに160人の養成目標を目指している。
 市は19年度にNPO法人芸術と遊び創造協会・東京おもちゃ美術館(東京)と協力し、暮らしに木を取り入れる木育活動「ウッドスタート宣言」を行った。市女性センターに木育ひろばを開設し、20年度から誕生祝い品に木のおもちゃを贈る事業を行っている。ニプロハチ公ドームパークセンターに来年度開設する「子どもの遊び場」は、木材をふんだんに使った木育空間としての整備が検討されている。
 木育推進に向けて、同協会が認定機関のインストラクター養成にも力を入れる。養成講座は19年度に始まり、初年度は40人、20年度は27人が受講。毎年度40人程度の受講を想定し、市木材利用促進計画では年度までに160人を目標に掲げている。
 本年度は保育や生涯学習に携わる市民のほか、初めて高校生が受講した。講師は共育工房IPPO主宰で、ぎふ木育推進員の福島計一さん=岐阜県美濃市=が務め、「国土面積の約7割が森林の日本は昔から木を生活に取り入れてきた『木の文化の国』。木に囲まれているのに無関心の人が増え、森林、暮らしの危機」と現状を説明。「木を使うことで、その裏側の暮らしに目を向ける子どもたちを育てる木育が大切」と強調した。
 木育プログラムの体験や企画など実習を盛り込んだ5時間の講座を終え、認定証が手渡された。保育関係の仕事を目指しているという因幡茜さん(大館桂桜高3年)は「木育という言葉は知っていたが、詳しい内容を学び、将来に生かしたい」と話した。
 受講者は今後身近で木育に取り組むほか、市のイベントなどに協力する。市林政課の古川泰幸課長は「今後は高校生や大学生の受講を後押しし、周囲に木育の考え方を広めてほしい。幼少期から木を使う喜びを知ることで、市民が大人になった時に暮らしに木を取り入れ、将来の木材需要にもつなげたい」と話した。

原木ナメコ 旬の味 夢中で収穫 大館市の 山田部落会 「オーナー」8人が体験会

2021-10-17
原木ナメコの収穫を体験する参加者(大館市山田)
 原木キノコの栽培で地域活性化に取り組む大館市の山田部落会(赤坂実会長)は16日、同市山田の山林で原木ナメコの収穫体験会を開いた。初企画で、本年度創設されたオーナー制度に申し込んだ市内外の住民8人が参加。あいにくの雨天だったものの、会員の助言を受けながら楽しんで旬の味を摘み取った。
 同会は豊富な森林資源を活用して新たな産業を創出しようと、「キノコの里山田プロジェクト」を展開。地域内の山林で原木キノコを露地栽培し、首都圏などに出荷して高評価を得ている。
 マイタケ、シイタケに続き、2015年からは休耕田を使ってナメコの栽培を開始。今年からは収穫できる権利を販売する「オーナー制度」を設けた。総務省の「過疎地域等集落ネットワーク圏形成支援事業」の補助金を活用した。
 制度には大館市や北秋田市、秋田市などの10人が申し込んだ。この日はこのうち8人が参加し、山田集落中心部から北東約4㌔にあるナメコ畑へ向かった。抽選で決まった区画に名札を付けた後、収穫に挑戦した。
 1区画にほだ木が5本用意され、会員から「昨年春に植菌してから約1年半で収穫できるようになった」「夜露で成長するので3日もすれば大きくなる」と説明を受けた。収穫方法については「手を添えてハサミで切って」「ほだ木は動かさないように」などと教わった。
 それぞれの区画でほだ木についたナメコを丁寧に摘み取っていった。夢中で作業する姿が見られ、雨天だったものの、「楽しい」という声も上がっていた。
 オーナーは冬まで自由に収穫できる。ほだ木1本から少なくとも500㌘は採れるという。北秋田市鷹巣の70歳代女性は「ナメコが好きなので楽しみにして来た。思ったよりもたくさん採れた。また収穫しに来たい」と話した。
 同会では今回の体験会の様子を動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開する予定。今後もさまざまな体験企画を検討している。赤坂会長は「地域間交流を促進し、活性化につなげたい。首都圏にも情報発信して体験に来てもらうことで、移住・定住にも結びつけられれば」と話した。

秋田北鷹高 伝統引き継ぎ新風を 創立10周年記念式典 さらなる発展へ決意

2021-10-17
創立10周年を迎えた学校の校歌を斉唱する生徒たち(秋田北鷹高校)
 北秋田市の秋田北鷹高校(一関智子校長、全校生徒592人)の創立10周年記念式典が16日、同校アリーナで行われた。全校生徒や教職員、学校関係者ら約700人が出席し、学校のさらなる発展へ決意を新たにした。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮小。出席者を限定し、同窓生や生徒の保護者、実行委員を対象に希望者へ式典の様子を動画配信した。
 一関校長は10年の歩みを振り返り、「これからの歩むべき道をしっかりと見つめながら、地域社会との連携を深め、郷土の発展に貢献できる人材の育成を図る」と決意。生徒に対しては「自らが新たな歴史と伝統を積み重ねる強い決意を持ち、行動することを強く願う」と呼び掛けた。
 生徒を代表して生徒会長の成田侑生(たすく)さん(3年)は「地域に根ざす学校として多くの人に支えられて歩んできた」とし、「4校の伝統を引き継ぎながら、ふるさと秋田に新しい風をおこすことができるよう努力していく」と力強く述べた。
 来賓あいさつの後、学校教育の振興に貢献した歴代校長や寮、農場などの関係者、部活動のコーチなど功労者を表彰。受賞者を代表して初代校長の佐藤英樹さんが、創立10周年記念事業実行委の湊屋啓二委員長から感謝状を受け取った。最後に出席者で校歌を斉唱し、節目を祝った。
 同校は市内の鷹巣、鷹巣農林、合川、米内沢高校が統合し、県北最大規模の学校として2011年4月に開校。これまでの卒業生は計2349人。
 被表彰者は次の通り。
 ▽歴代校長=佐藤英樹、菊池一二三、佐藤清悦、菅原勉、青山仁▽歴代振興会長=髙坂祐司、後藤久美▽特別功労者=藤本忠、本城谷多吉郎、佐藤久江、佐藤久子、加賀谷悦子、小塚勇、小塚あや子▽特別活動功労者=佐藤隆男、三浦祐子、髙坂豊實▽創立10周年キャッチフレーズ表彰者=三沢菜緒
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る