本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

4月のニュース

RSS(別ウィンドウで開きます) 

福原氏が再選果たす 大館市長選 初の女性候補を破る

2019-04-22
NEW
花束を受け取り、再選の喜びをかみしめる福原氏(大館市向町)
 任期満了に伴う大館市長選と市議選は21日、投票が行われ即日開票された。市長選は現職の福原淳嗣氏(51)が新人で元女性誌編集長の麓幸子氏(57)を破り、再選を果たした。市議選は新人1人が初当選を飾るなど26議席が決まった。
 市長選の投票率は前回2015年の72・29%を8・46ポイント下回る63・83%、市議選も8・46ポイント低い63・82%でそれぞれ過去最低を更新した。投票は午前7時から午後7時まで61カ所で、開票は午後8時30分からタクミアリーナ(樹海体育館)で行われた。
 福原氏は、歴史まちづくりや他地域と連携した交流人口拡大など1期4年の実績をアピール。「大館が持つ歴史文化や伝統、匠(たくみ)、ものづくりの力、物語が持つ力に私たちは気付いた。厳しい未来が待っているからこそ、この『大館力』で次の時代に大館を導きたい」と強調した。出陣式には秋田2区選出国会議員や地元県議、観光面で手を組む県内市町の首長ら9人が駆けつけた。自民党大館、比内、田代各支部と公明党県本部、業界など約40団体、企業約80社から推薦を得た。
 政策を訴える街頭演説に力を入れ、同行した県議も「振り出しに戻さず前に進めていかなければならない」と〝援護射撃〟し、激しく追い上げる麓氏を抑えた。
 市長選初の女性候補となった麓氏は「観光振興も大事だが、優先すべきは足元の暮らしだ」と主張し、安全・安心に生活できるまちづくりや女性活躍、産業振興などを公約に掲げた。2児を育てた経験から子育て支援にも取り組むとして、政党などの支援に頼らず草の根レベルで選挙運動を展開。中高の同期生らで後援会を組織し支持を求めたが、出馬表明の遅れによる準備不足を取り戻せなかった。

中田氏が返り咲き 上小阿仁村長選 現職・小林氏に4票差

2019-04-22
NEW
花束を受け取り安どの表情を見せる中田氏㊧(沖田面公民館)
 任期満了に伴う上小阿仁村長選・村議選は21日、投票が行われ即日開票された。村長選は元職で会社役員の中田吉穂氏(68)=沖田面=が836票を獲得、現職の小林悦次氏(64)=五反沢、新人で洋菓子店経営の鵜野浩一郎氏(42)=沖田面=を破り、返り咲きを果たした。村議選は新人1人が当選、8議席の顔ぶれが決まった。村長選の投票率は前回(88・48%)を2・12ポイント下回る86・36%だった。
 中田氏は、小林村政の4年間を「行き当たりばったりの政策が続いている」と批判。再び村長となり「未来への責任を果たす」ことを訴えて立候補した。その上で「『できること・やれること』『やらねばならぬこと』を実行する」として、村営の移動販売車の運行や移住定住対策などの政策を掲げ選挙戦を展開。告示前に各集落で開いた「座談会」も功を奏し、前回の屈辱を果たして2回目の当選を決めた。
 小林氏は、特別養護老人ホーム「杉風荘」の民営化や集住型宿泊交流拠点施設コアニティーの建設、山林活用100年計画の策定など、4年間の実績を強調しながら「村政の継続」を訴えた。しかし、施策を進める中で村民に「手法が強引」と映ったことや議会と対立したこと、さらには国保診療所で発生した処方箋問題なども影響し、支持を広げられなかった。中田氏との差は4票だった。
 鵜野氏は「施策等は村長が独断で固めることではない。協議してより良い村をつくりたい」などと「村政の交代」を訴え。具体的な政策はあえて持たずに村民との「対話」を重視した選挙戦を展開したが、現職と元職の戦いの前に埋没した。

ソメイヨシノ 大館で開花宣言 昨年より1日早く

2019-04-22
NEW
開花したソメイヨシノの基準木(21日午前11時ごろ、大館市中城)
 大館市が桜開花の基準木としている秋田地裁大館支部敷地内のソメイヨシノが咲き、市は21日、開花宣言をした。この日、同市では最高気温が20度を超え、陽気に包まれてさわやかな青空が広がった。
 市観光課の職員が同日午前8時半ごろ、5、6輪の開花を確認した。昨年より1日早く、例年と比べて2日早い。同課によると、例年は開花から1週間ほどで満開を迎える。担当者は「天候や気温にもよるが、「大館桜まつり」(実行委主催、山城久和会長)開催期間中に見頃を迎えるのでは」と予想している。
 まつりが開かれている桂城公園では、まだつぼみがピンクに色づいてきたばかりだが、約20店の露店が立ち並び、軽快な音楽が流れるなど祭りムードに包まれている。来場者はベンチで飲食したり、散策したりと祭りを楽しんでいた。
 秋田地方気象台によると、この日の最高気温は大館市で21・7度(午後2時30分)、北秋田市鷹巣で20・8度(同2時38分)、鹿角市で19・8度(同2時35分)。平年より3~5度高く、5月上旬から下旬並みだった。北鹿3地点で20度以上を観測した。今後1週間の天気は、期間のはじめと終わりは高気圧に覆われて晴れるが、中頃は低気圧や前線の影響で、雨が降るところがあると予想している。

大館市 きょう投開票 継続か、転換か 大勢判明は午後10時前 市議11時すぎか

2019-04-21
投票所を設営する市職員(大館市中央公民館)
 任期満了に伴う大館市長選と市議選は20日、選挙運動期間の最終日を迎えた。選挙カーで各地を巡り、票の上積みに向け「最後のお願い」に奔走。市選挙管理委員会は投票所や開票所を設営した。いずれも21日に投票が行われ、即日開票される。市長選は午後9時50分ごろ、市議選は同11時10分ごろに大勢が判明する見通し。
 市長選に立候補したのは、届け出順に新人で元女性誌編集長の麓幸子候補(57)=比内町扇田=と、現職で再選を目指す福原淳嗣候補(51)=柄沢字狐台=の2人。いずれも無所属で、前回選と同様に新人が現職に挑んでいる。同選挙に女性が立候補したのは1951年の市制施行以来初めて。
 市議選は定数26に対し、現職23人と元職3人、新人3人の計29人が立候補した。党派別では公明2人、社民2人、共産1人、無所属24人。
 運動最終日の20日は朝から選挙カーが駆け回り、大票田の中心部や各候補の地盤などを重点に遊説。最後の訴えで票固めに力を入れていた。各投票所では設営作業が行われ、投票用紙の記載台や投票箱を設置して準備を整えた。
 投票は21日午前7時から午後7時まで61カ所で行われ、タクミアリーナ(樹海体育館)で午後8時30分から開票する。選挙年齢が18歳以上に引き下げられて初めての統一地方選。13日時点の有権者は6万3211人。

北秋田市 伊勢堂岱遺跡 「ゴールは世界遺産」 今季の一般公開始まる

2019-04-21
今季の一般公開が始まった伊勢堂岱遺跡(北秋田市脇神)
 北秋田市脇神の国史跡「伊勢堂岱遺跡」の一般公開が20日から始まった。同遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産への推薦を目指し、関係者がさらなる来場者増に期待を寄せた。
 伊勢堂岱遺跡は縄文時代後期前半の遺跡で、四つの環状列石が1カ所に集中している。遺跡周辺ではクマ出没対策として杉林を伐採した緩衝地帯や電気柵を設置しており、見学に訪れた人たちの安全確保に努めている。見学前の巡視活動は小ケ田自治会に引き継いで本年度も実施する。
 この日は職員らが遺跡周辺を見回って最終確認を行い、午前9時から一般公開を開始した。遺跡ワーキンググループの佐藤善壽会長は「世界遺産登録という来るべきゴールに向けて決意を新たにし、訪れた人のニーズに合った対応をしていきたい」と話した。
 遺跡の公開期間は10月31日まで。見学無料。遺跡の見学には縄文館での受け付けが必要。受付時間は午前9時から午後4時(見学は4時半まで)。縄文館が休館する月曜日と、祝日と重なる月曜の翌日は遺跡を閉鎖する。
 昨年度から試験的に無料としていた縄文館展示室の観覧料は、来館者の増加など効果がみられたため本年度から本格的に無料化。遺跡とともに来場を呼び掛けている。
 土日祝日は遺跡ワーキンググループがガイドを担当。大型連休期間(27日~5月6日)には小中高生のジュニアボランティアガイドが遺跡や縄文館を案内する。団体の見学希望は縄文館(☎0186・84・8710)。

3月のニュース

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ふるさと納税300万円増 北秋田市 2月末現在2600万円

2019-03-09
 北秋田市の2018年度のふるさと納税(きたあきたふるさと寄附金)は2月末現在で、1025人から2500万円を超える申し込みがあった。前年度の実績をすでに、280万円余り上回っている。新年度は、国内外で人気を集めるキャラクターをデザインしたポロシャツ等を返礼品に加える方針。「PRに努めながら、寄付金額のアップも目指したい」としている。
 同市のふるさと納税は、市への直接の申し込み(電話、ファクス、郵送含む)のほか、インターネットの納税サイト(ふるさとチョイス、ANAのふるさと納税)で受け付け。返礼品は現在、110点を掲載している。
 総務部総合政策課によると、本年度は2月末までのまとめで、1025人から2586万3970円の申し込みがあった。前年度は1080人から2303万9500円だったことから、282万4470円上回っている。
 寄付金の使途については、565件(999万5000円)が「豊かな自然環境に育まれるふるさとづくり事業」を指定。「活気あふれるふるさとづくり事業」は221件(437万円)、「ふれあいとぬくもりのふるさとづくり事業」は178件(475万5000円)、「市長が必要と認める事業」は287件(674万3970円)。一つの申し込みで複数の対象事業への選択があるため、件数の合計は1251件となっている。
 返礼品では、コメや珪藻(けいそう)土バスマット、比内地鶏きりたんぽセット、肉のセット、白神フルーツ黒にんにくなどが人気。期間限定で「秋田内陸100㌔マラソン参加券」なども用意された。
 19年度は、市のプロモーション事業で活用している「ハローキティ」をデザインしたオリジナルのポロシャツまたはTシャツを新たに製作。返礼品として活用することにしており、市の知名度向上と合わせて寄付金額のアップも目指したいとしている。

中期財政計画 20年度に市債ピーク 「人口減に見合う予算を」 大館市3月議会・常任委

2019-03-08
中期財政計画が示された総務財政委(大館市役所)
 大館市の3月定例議会は7日、前日に続き議案審査を行った。総務財政委(藤原明委員長)では中期財政計画(2019~23年度)が示され、借金にあたる市債は20年度にピークを迎えると試算。委員から「人口が減少する中で、それに見合った予算規模にすべきではないか」との意見が出された。
 計画は毎年度、情勢の変化などを踏まえて見直している。これまで市税、普通交付税の減少率を3段階で試算したが、今回は歳入実績などに基づく「現実的な見通し」に改めた。会計単位は一般会計と一部特別会計を合わせた「普通会計」から一般会計に、決算ベースから当初予算ベースにそれぞれ試算方法を変更した。
 市長・市議選に伴う骨格型の19年度当初予算案は324億円、20年度353億円、21年度337億円、22年度331億円、23年度329億円と推計。
 市税収入は景気回復基調と納税義務者の増加傾向があるものの、消費税率引き上げに伴う税制改正で法人市民税率が引き下げられる予定だとして、20年度以降の減収を見込んだ。地方交付税は臨時財政対策債を含めた実質的な交付額で減少が続き、21年度からの普通交付税の一本算定化に向け縮減が進むとした。
 一方、人件費は減少傾向で推移するが、扶助費は少子高齢化などへの対応で増加する見込み。大規模事業の償還が始まることで公債費が増え、義務的経費全体は増加傾向で推移するとみている。投資的経費は、継続費を設定している本庁舎建設事業や大館駅周辺整備事業の進展で20年度にピークを迎え、21年度以降は徐々に減少する見通し。
 市債の借り入れは、19年度25億円に対して20年度44億円。各年度の元金償還額を踏まえた市債残高は19年度287億円、20年度301億円、21年度306億円、22年度306億円、23年度307億円と試算した。

鷹巣中 統合で大規模改修 教室増築など20年2月完成 北秋田市3月議会常任委

2019-03-08
鷹巣中の大規模改修などを審議した総務文教委(北秋田市役所)
 北秋田市の3月定例議会は7日、前日に引き続き市本庁舎で各常任委員会を開き、議案審査を行った。総務文教委(大森光信委員長)で、2020年度の統合を見据え鷹巣中校舎の大規模改修計画が示された。
 19年度一般会計当初予算案に、大規模改修の関連予算4億1963万8000円が盛り込まれている。
 現校舎は築25年が経過し屋根や外壁に老朽化が目立つことから防水工事などを予定。統合で現・鷹巣南中の生徒と教職員が通うため、特別支援用の通級教室2室とカウンセラー室の計3室を増築し、職員室も拡張する。トイレはすべて洋式化。エアコンを教室や図書室、音楽室に設置する。20年2月末の完成を目指す。
 委員は「授業に支障がないか」などと質問した。同課は「教室のメーン工事は夏休みに行う。空き教室も利用し支障が出ないように改修を進めたい」と述べた。
 統合で遠距離通学になる中学生対象のスクールバスを2台購入する。車体に、市のプロモーション事業で使用している「ハローキティ」のデザインを施す予定。購入費は約1600万円。
 他に、郷土資料集を作成する関連費用計約740万円が盛り込まれた。学校教育課によると、すでにある社会科の副読本とは別に、市の文化や民俗などを網羅した冊子を新たに作る。2500部を印刷し、配布対象は小学1年から中学3年まで。幅広い年齢の児童生徒が読むため、内容が理解しやすいように工夫するという。

イージス反対請願、廃案に 2月県議会 閉会 当初予算など可決

2019-03-08
地上イージス配備計画への反対請願4件は採決の結果、継続審査に(県議会)
 2月県議会は7日、本会議を開き、総額5740億8900万円の2019年度一般会計当初予算案など議案77件を原案通り可決し、閉会した。
 当初予算の総額は18年度当初に比べ約62億円、1・1%の減。人口減少に伴う地方交付税の減収などで、1990年(5478億円)以来29年ぶりの低水準となった。減少は4年連続。人口減少の克服を最重要課題とする「第3期ふるさと秋田元気創造プラン」(2018~21年度)の関連事業費に2562億円を計上した。
 北鹿関係では、比内支援学校の現敷地に新校舎などを整備する事業に14億5459万円を充てている。
 本会議では、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が配備候補地となっている地上迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)について、議会として計画に反対決議するよう求める趣旨の請願4件を採決の結果、継続審査と決定。4月に議員の改選を迎えるため、請願は任期満了(4月)に伴い廃案となる。

東京五輪開会式で「日本の祭り」出演を 花輪ばやしの戸澤会長ら 文化庁長官に訴え

2019-03-07
戸澤会長が東京五輪に関する報告を行った代表者会議(交流プラザ)
 鹿角市の花輪ばやし祭典委員会の戸澤正英会長が先月25日、都内で宮田亮平文化庁長官や東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会の布村幸彦副事務総長らと面会し、花輪ばやしなど「山・鉾(ほこ)・屋台行事」を含む日本の祭りの東京五輪開会式出演について、東京五輪・パラリンピック開閉会式を企画演出する有識者でつくる総合チームに提案するよう働きかけた。これを受け、祭典委員会は5日夜、交流プラザで関係団体等の代表者会議を開き、今後、出演が決まった場合はプロジェクトチームを編成して対応することを申し合わせた。
 戸澤会長は、花輪ばやしを含むユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」の全国連合会と、NPO日本の祭りネットワークの承諾を得た上で、「日本の祭りの代表」として今回の関係機関の聞き取り調査に出向き、五輪開会式出演への思いをアピール。山・鉾・屋台行事を支援する国会議員連盟の副会長を務める金田勝年衆院議員が同行した。
 戸澤会長は宮田長官、布村副事務総長らに対し、「復興五輪なので、山・鉾・屋台行事を含めて日本の素晴らしい祭り、伝統を世界に発信したい。被災地の祭りもぜひ参加させてほしい」と訴えた。また、五輪・パラリンピックの開閉会式と場外イベントに関する企画演出を統括する狂言師の野村萬斎さんら8人で構成する総合チームへの打診も求めた。
 戸澤会長は「宮田長官から個人的な気持ちとして、地方の再生のためにも日本の祭りをやってもらいたいと言われた。出演のオファーは未定だが、手応えは十分なので、オファーが来ることを信じている」と強調。「世界一のおはやしを発信することで、世界から多くの人々が鹿角に集まってくれればいい」と期待を膨らませた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る