本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

2021年11月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

県1JA「将来的な目標」 秋田市で県大会 2組織離脱も協議継続

2021-11-27
NEW
第31回県JA大会(秋田キャッスルホテル)
 JAグループ秋田の今後3年間の運営方針などを決める第31回県JA大会が26日、秋田キャッスルホテルで開かれ、持続可能な農業の実現などを柱にした「農業と地域社会の持続力向上」に向けた取り組みを推進することを決議した。前回大会で決定した「県1JA」に向けたグループ組織の再編については、離脱を表明したJAがあることを踏まえ、「将来的な目標」と位置付けた。当面は残るJAで2024年度の統合に向けた協議を進める。
 決議した議案は▽持続可能な農業の実現▽安心して暮らせる豊かな地域社会の実現▽目指す姿を実現する強いJAづくり―の三つが柱。
 持続可能な農業の実現については、多様な農業者の確保、さまざまな経営体に対する支援の強化、園芸作物の栽培拡大、物流体制などの強化による生産コストの低減などを推進する方針。
 豊かな地域社会の実現に関しては、地域の金融機関としての機能拡充、JA秋田厚生連病院を中心にした地域医療や福祉の充実などに取り組む。
 目指す姿を実現する強いJAづくりでは、グループ組織の統合再編について「県1JAを目指す組織再編」の実現に向けて引き続き取り組みを進める方針が示された。統合再編の時期については前回大会と同様、2024年度を目指すとした。
 組織再編については、県内13JAのうち2JAが合併に向けた協議からの離脱を表明しており、現時点では県内全てのJAの統合が困難な状況。大会終了後、取材に応じたJAあきた中央会の斉藤一志会長は「県1JAの必要性は理解されており、いずれは1JAという思いがみんなにあると思う。将来的な県1JAを目指すことに変わりはないが、当面は11JAでの協議を進めていくことになる」と話した。
 議案に対する意見表明を行った県農協青年部協議会の佐藤岳杜委員長(大館市)は、地域農業を維持するためには一体となった取り組みが必要と指摘、「オール秋田なくして実現はない」と県1JAの重要性を訴えていた。来賓として祝辞を述べた猿田和三副知事や柴田正敏県議会議長からも「課題が多いことなどは聞いているが、ぜひ実現を」などと期待する声が上がっていた。

大館学び大学 官民で学び直し推進 NPOが 設立総会 来春の本オープンへ

2021-11-27
NEW
NPO法人大館学び大学の設立総会
 大館市で社会人の学び直しを推進するNPO法人「大館学び大学」の設立総会が26日、開かれた。市は今月3日、講座の情報提供や自主講座を企画するポータルサイトをプレオープン。今後は法人の設立認証などの手続きを進め、NPO法人の運営で来年4月に本オープンを目指し、官民協働による多様な学びの機会を提供していく。
 社会人が学び直し、仕事や暮らしの充実につなげる「大館版リカレント教育」の取り組み。地方創生推進交付金を活用して市が同市のいしころ合同会社に委託し、昨年度はポータルサイトの仕様書作成などを実施。本年度は環境整備を行い、ポータルサイト「大館学び大学」がプレオープンした。
 来年度からは運営主体をNPO法人に移行し、最終的には自立した運営を目指す。担当者は「NPOを立ち上げ、官民協働で事業を行うことで、柔軟な発想による多様な学びの提供が期待される」と話す。
 設立時の会員は行政や教育関係者、民間企業などの10人。設立総会は御成町のわっぱビルヂング内の大館学び大学の拠点、「MARUWWA(マルーワ)となり」で開かれ、定款の確認や役員を選出。理事長に石山拓真・いしころ合同会社代表、副理事長に一関留美子・市教委生涯学習課長、山本多鶴子・同教育監、監事に石山俊智・北鹿新聞社常務取締役を選出した。事務所を同所に置く。
 設立の目的に、「多様な学びを通して人材を育成し、仕事と心の豊かさの両立を生み出し、人と人とのつながりをつくり、人口流出に歯止めをかけ、持続可能なまちを目指す」と掲げた。まちづくり、教育、芸術、就労支援の分野で事業を行い、豊かに働き、暮らしを充実させる循環をつくるとし、具体的にはポータルサイト運営や自主講座の企画・開催、リモート講座用機材などのレンタル、教育ツーリズム企画などの事業を展開する。今後、法人の設立認証や登録申請手続きを進める。
 プレオープンしたポータルサイトでは、「学ぶ学部」「教育学部」の2学部5学科を設置し、市内の講座教室の情報を提供するほか、話し方講座などの自主講座を開いている。

二ツ井今泉道路 早期開通への思い共有 北秋田市 日沿道同盟会 今泉第一トンネル見学

2021-11-27
NEW
建設中のトンネルを見学する参加者(今泉第一トンネル)
 北秋田市日沿道建設促進期成同盟会(会長・津谷永光市長)は26日、日本海沿岸東北自動車道の一部として建設が進む二ツ井今泉道路の現場視察を行った。建設中の「今泉第一トンネル」(全長797㍍)を確認し、開通後の様子に思いをはせた。
 同盟会に加入する民間団体や市議会関係者などが参加した。開会式のあいさつで津谷市長は「きょうの現場視察を通して、全区間の早期開通に向けた思いを皆さんと共有したい。今後も要望活動を続けていこう」と呼び掛けた。
 能代市二ツ井町小繋―北秋田市今泉間の二ツ井今泉道路(延長4・5㌔)は、現在の国道7号の北側に新設。区間内の半分を3本のトンネルが占め、能代市側の小繋トンネル(1152㍍)と北秋田市側の今泉第二トンネル(307㍍)が貫通している。2本の間にある今泉第一トンネルは昨年10月に着工し、工期は来年3月までの見込み。
 参加者は今泉地内改良工事現場、今泉第一トンネル、小繋トンネルの3カ所を視察。能代河川国道事務所の米澤誠建設専門監が工事概要を紹介した。
 今泉第一トンネルでは、施工業者の大豊建設(本社・東京都)が工事の概要を説明。トンネルの幅は約14㍍で、道路面からの高さは約7㍍。掘削には重量100㌧ほどあり電力で稼働する掘削機を使用しており、坑道脇には実際に工事で活躍する重機が並んだ。参加者はめったに見る機会のない舗装前のトンネル内を歩きながら、広さや長さなどを体感した。
 二ツ井今泉道路は2023年度に開通する予定。

特産品送料助成は8千件 大館市の本年度コロナ対策支援状況 食タクシーも利用好調

2021-11-26
 大館市は、新型コロナウイルスの影響を受けた企業や市民らの本年度支援状況をまとめた。来年3月末まで期間を延長した特産品送料助成事業は10月末現在、申請が8000件を超え、飲食店の料理をタクシーで届ける「食タクシー」も約5000件と、利用が好調。感染状況が落ち着きを見せていることから、市内の宿泊施設利用者に地域限定商品券を贈る「泊まってとくとく宿泊事業」を1日に開始し、宿泊需要の喚起を図る。
 特産品の送料助成事業は当初9月末までとしていたが、きりたんぽシーズンの到来や歳暮の発送などに利用してもらおうと、来年3月末まで延長した。登録店から購入した2000円以上の商品の送料が無料となる。登録事業者は昨年度から7社増の54社。10月末の申請件数は8280件となった。
 飲食店とタクシー会社の収入確保と利用拡大を図る「食タクシー」も9月末から、来年3月末までに延長。1店舗当たり購入代金1000円以上で配達する。利用者は商品代金と定額配達料300円をタクシー運転手に支払う。市内47店舗が登録し、10月末で4975件の利用があった。
 本年度2回目となる、帰省を自粛する市出身学生に特産品を届ける「学生応援ふるさと便」の申し込みは935件。あきたこまちなどの特産品と5000円分の地域限定商品券を無償提供する。22日までに特産品の引き換えを終えた。前回実施した7月は申請が約850件で、高いニーズがうかがえる。
 購入額の3割増しで利用できる「プレミアム付き商品券」は本年度2回目の販売を10月下旬に行った。前回(6月)売れ残った2万7259セットに2万3000セットを追加した計5万259セットに対し、6万6153セットの申し込みがあり、抽選の結果5798人が購入。今回の販売で約6億4000万円の消費需要につながり、市は「市民の消費意欲の高まりを実感し、景気回復の着実な進展につながると期待している」と話した。
 実施を延期していた「泊まってとくとく宿泊事業」は、緊急事態宣言解除や県の感染警戒レベル引き下げを踏まえ、今月1日から開始した。市内の登録施設に宿泊した県内在住者に2000円分の地域限定商品券を贈り、「宿泊需要の喚起や観光関連施設の売り上げ減少の下支えを図りたい」としている。

非課税世帯の暖房費助成 1世帯あたり6千円 北秋田市臨時議会 2議案可決閉会

2021-11-26
全議案を可決した北秋田市の臨時議会(市役所)
 北秋田市の臨時議会は25日、開会した。暖房費等助成事業の費用などを計上した一般会計補正予算案と、「市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定」の2件を原案通り可決し、閉会した。
 一般会計補正予算は、歳入歳出に4308万8000円を追加し、総額は243億7444万1000円。歳出には市暖房費等助成事業2643万9000円、市おもてなし宿泊支援事業の補助金1649万4000円などを計上した。
 市暖房費等助成事業は、家庭用灯油の価格高騰に伴い、低所得世帯の負担軽減を図る目的で実施。対象は12月1日現在で市に住民登録、居住し、本年度の住民税が非課税の世帯。対象世帯の住人全員が福祉施設に入所、あるいは医療機関へ入院している場合は除く。対象世帯は4200世帯で、1世帯あたり6000円を助成する。申請は12月13日から来年2月28日まで。
 市では灯油価格が高騰した2013年にも低所得世帯を対象とした灯油代の助成事業を行っている。健康福祉部によると、総務省統計局が実施する家計調査をもとに灯油消費量の差額を計算し、前回実施時より1世帯あたりの助成額を1000円増額した。
 議員からは支給や通知の方法に関する質問があり、当局が対象世帯の申請により口座へ振り込む手順を説明した上で、「地域の民生児童委員や包括支援センターなどを活用しながら周知したい」と答弁した。
 冬期間の誘客促進などを目的とした市おもてなし宿泊支援事業は、第1弾が12月末まで。事業費を追加し、第2弾を来年1月1日から3月20日まで継続する。
 給与に関する条例等の一部改正は、人事院および県人事委員会の勧告により、期末手当の支給割合を0・1カ月引き下げるもの。一般職、会計年度任用職員、市長・副市長・教育長、市議会議員に関する条例を改正する。会計年度任用職員の給与は22年度からの改定。改正により期末手当の所要額は約2000万円の減少となる見込み。

2021年10月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

本場大館きりたんぽまつり ドライブスルーで開幕 予約制で販売 食べ比べセットに舌鼓

2021-10-10
食べ比べセットを受け取るドライバー(ニプロハチ公ドーム駐車場)
 第49回本場大館きりたんぽまつりが9日、大館市のニプロハチ公ドーム駐車場で開幕した。コロナ禍の今回は感染拡大防止対策を講じ、ドライブスルー販売を初実施。事前予約した市民が、市内業者が提供する「きりたんぽ食べ比べセット」を買い求め、「本場」の味を満喫した。
 市や大館商工会議所、民間事業者などでつくる「大館食の祭典協議会」(小松和志会長)が主催。新米が出回るこの時期に例年、ドーム内で開催してきた。コロナ禍の2020年度以降、3密を避けて屋内開催を見送ったが、本年度は「大館を代表する食文化を絶やすまい」と屋外でドライブスルー販売を企画した。
 この日のほか10、16、17の計4日間、食べ比べセット(税込み2000円)や、みそ付けたんぽセット(3本入り、500円)を販売する。16、17の両日販売分は11日まで予約受け付け中。
 メインの食べ比べセットはきりたんぽ業者3社の各1品と、きりたんぽ以外の業者による1品の計4品入り。提供用の丼は容量が約300㌘と1食分より少なめ。市内有名店の味を少量ずつ味わえるよう工夫されている。丼にふたをし、紙トレーの上にのせて固定するなど汁漏れ対策を講じた。
 各社はテントの中で、たんぽを軽く煮込み、注文が入ると手際よく盛り付けた。業者によっては比内地鶏肉をふんだんに入れたり、独自のスープを用意したりし自慢の味を提供していた。
 予約客は車で入場し、案内誘導に従って受け付けへ。予約完了通知をスタッフに示して代金精算を済ませ、10㍍ほど先のテント前で商品を受け取った。車から一度も降りることなく、受け渡しを済ませた。
 そのまま会場を後にする客が大半だったが、会場南側の駐車スペースで食べる姿も。好天に誘われ、車の窓を開けて出来たてのきりたんぽに舌鼓を打った。家族3人で訪れた女性(31)は「新米の季節なので食べに来た。最近は感染者が多くないので、対策を講じた上で開催するのはいいと思う」と話した。 
 初日は300セット余りの予約があり、昼前でも順番待ちの車列は10台程度。受け付けから数分で商品を受け取っていた。まつり実行委員会の伊藤高志委員長は「初めてのドライブスルーだったが、意外とスムーズに運営できた。委員が集まって予約客を迎えることができてうれしい」と話した。

ハチ公98歳おめでとう 秋田犬の里で生誕祭 銅像に献花しお祝い

2021-10-10
ハチ公像に献花する武田さん㊧と齋藤さん(秋田犬の里)
 大館市で生まれた忠犬ハチ公の生誕祭が9日、同市御成町の観光交流施設・秋田犬の里で行われた。出席者は銅像へ献花をするなどして98回目の誕生日を祝った。
 忠犬ハチ公銅像および秋田犬群像維持会(富樫安民会長)主催。5月の慰霊祭と同じく新型コロナウイルス対策として規模を縮小して会員ら約20人が出席した。
 富樫会長は「2年後は生誕100年を迎える。記念事業なども考えながら、今後も秋田犬とハチ公を中心としながら地域発展のために尽くしていきたい」とあいさつした。
 来賓の福原淳嗣市長は「忠犬ハチ公の物語はコロナ禍にあっても人と人の心、町と町をつないでいく力があると確信している。生誕100年に向けて渋谷と改めて絆を確認するプロジェクトも考えている。大館の子どもたちが物語を語り継いでいく主役になるよう後押ししていきたい」と述べた。
 ハチ公生家当主の齋藤良作さん(72)=大子内=と武田萌生(めい)さん(南小6年)がハチ公像に花輪を掛けた後、武田さんが「ハチ公への手紙」を朗読。「今年は映画『ハチとパルマの物語』が公開され、ハチは海外の人にも知られる存在になった。ハチや大館の魅力を多くの人に知ってもらいたいし、私もPR活動をしていきたい」と読み上げた。
 秋田犬のハチ公は1923年、大館市大子内生まれ。生後間もなく東京の上野英三郎博士に引き取られた。35年に生涯を閉じたが、渋谷駅で飼い主を待ち続ける物語は世界的に知られている。誕生日は定かではないが、維持会は11月に生まれたとみて、1カ月早いこの時期に生誕祭を行っている。

八幡平小 6校統合し開校50周年 70人参加し記念式典 校史振り返り飛躍決意

2021-10-10
式典で呼び掛けを発表する全校児童(八幡平小)
 鹿角市八幡平小学校(村方聖紀校長、児童153人)の統合50周年記念式典が9日、同校で行われた。半世紀の校史を振り返るとともに、新たな歴史へ第一歩を踏み出した。
 八幡平村時代の1971(昭和46)年4月、宮麓、曙、熊沢、長谷川、湯瀬、夏井の6校が統合して、開校した。恵まれた教育環境の中で学び、各種スポーツ大会で輝かしい成績を上げてきた。今年3月末の卒業生は3727人で、県内外で活躍している。
 式典には全校児童と保護者、来賓などが出席。保護者は各家庭1人に制限し、約70人。式辞に立った村方校長は「それぞれの時代の人たちの、揺るぎない努力によって、50年の歴史と伝統が築かれてきた」と振り返り、児童に対し「たくましく生き抜いていく力を、この伝統ある八幡平小でしっかり身に付けてほしい」と述べた。
 記念事業実行委員会の髙橋紀雄委員長があいさつした後、関厚市長が「八幡平は教育熱心な土地柄。地域の元気の源として、一層の飛躍を期待する」と祝辞を述べた。全校児童が呼び掛けと、歌を披露した。
 式典の席上、感謝状を贈呈した団体、個人は次の通り。
 新東組(佐藤弘毅社長)、戸舘忠、畠山守、阿部藤子、齊藤末治、長嶺老人クラブ(阿部久雄会長)、鹿角地域シルバー人材センター(松岡昇理事長)

森吉山の紅葉始まる 安の滝と桃洞滝 名瀑も秋色へ 見頃は来週末か

2021-10-09
 夏山シーズンの終わりとともに、北秋田市の森吉山(標高1454㍍)には秋風が吹き、山肌が一気に秋色に染まる紅葉の季節がやってきた。今季、見頃のピークは15日ごろと見込まれる。今後、錦秋を堪能できるスポットを紹介する。
 森吉山は「花の百名山」に数えられ、多くの高山植物とともに、中腹にはブナやカエデなどの広葉樹が広がっている。森吉山阿仁スキー場のゴンドラは、ブナの木々の上を上っていき、上空から紅葉を楽しめる。
 例年、紅葉は10月上旬から始まり、中旬にかけて山の上部から山麓に広がっていく。山麓は滝の宝庫でもあり、紅葉と滝が織りなす絶景スポットが訪れる人を魅了する。
 見どころを紹介してくれたのは、NPO法人森吉山の理事でNPO法人森吉山四季美湖の副理事長の生田嶋照雄さん(77)=同市米内沢。
 生田嶋さんは1999年から2010年まで、森吉山阿仁スキー場に勤務。「森吉山紀行」と題して毎年、高山植物や紅葉の色づきの状況を調べ、地元新聞などで紹介。定年退職後も続けており、現在は同市阿仁鍵ノ滝のリゾートホテル「フッシュ」の専属案内人として、宿泊客らのガイドもしている。
 生田嶋さんは「ゴンドラからの一面の紅葉、大小さまざまな滝とともに楽しむ紅葉など、森吉山にはたくさん見どころがある」という。その中でも一推しは安の滝と桃洞滝。「色鮮やかな紅葉と神秘的な滝が息をのむ絶景をつくり出している」。
 安の滝は森吉山南麓エリアにある落差90㍍の滝。「日本の滝百選」などで上位に入る名瀑(めいばく)。周囲はカエデやブナ、ナナカマド、ダケカンバなどに囲まれていて、紅葉はひときわ鮮やか。
 桃洞滝は森吉山の東山麓エリアに位置し、落差は約20㍍と大きくないが、水が岩肌を滑り落ちるように流れる。別名「女滝(めたき)」と呼ばれ、子宝の滝、安産の滝として地元で親しまれている。安の滝と同様、多種の木々に囲まれており、大自然の中で紅葉と滝のコントラストを楽しむことができる。
 生田嶋さんによると、両滝ともに見頃のピークは、15日から17日ごろ。「その期間で、晴れた日の午後2時ごろがベスト。太陽が滝と紅葉を照らしてくれる。自然がつくり出した神秘的な景色を堪能してほしい」と話している。
 安の滝は、安の滝駐車場横にある遊歩道入り口から片道約50分。桃洞滝は森吉山野生鳥獣センターから登山道が整備されている。片道約1時間10分。
紅葉と滝のコントラストを楽しむことができる桃洞滝(10月3日撮影)
周囲の紅葉もひときわ鮮やかになる安の滝(10月7日撮影、生田嶋さん提供)

秋の山の幸 キノコシーズン到来 北鹿地方の店頭にぎわす 天候不順で量は少なめ?

2021-10-09
天然キノコが並ぶ定期市(大館市の柳町児童公園)
 北鹿地方は天然物のキノコシーズンを迎え、市日や直売所などに並んでいる。7日に大館市柳町児童公園で開かれた定期市では、サワモダシ(サモダシ)、ブナハリタケ(ブナカノカ)などがお目見え。旬の味覚を味わおうとじっくり品定めをする市民でにぎわった。
 業者によると、今年は梅雨時期の雨不足と7月中旬から暑い日が続いたため、生育が悪く収穫量も少ないという。「遅く出るはずのキノコが早く出るなど流れが読めない」「朝晩の寒暖差が出てくる今後に期待」などの声も聞かれた。
 出店業者の富樫新幸さん(86)=同市板沢=の店先にはホウキダケ、ムキタケなど8種類のキノコが並ぶ。「ブナカノカやアカキノコなどは量こそ少ないが例年通りの時期に出ている。10月中旬に盛りを迎えるサモダシが10月初めで終わってしまい、全体としても低調」と話す。秋の風物詩マツタケは店頭に並ばず、業者たちも「今年は全然採れない」と声をそろえた。
 田代直売所・たけのこ館には、15㌢ほどのマツタケが並んだ。担当者は「キノコの採れ具合は天候などにより変わるが、今年は振り幅が大きい印象。サモダシはまだ出始め。これからはナメコが並び出す」という。
 ゆきさわ産直センターでは、ハタケシメジやアミタケ(通称イグチ)などが並ぶ。担当者は「収穫する人が減っており、店に並ぶ量も年々少なくなっている」とし「これからはギンダケが出てくる」と話した。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る