本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

2021年10月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

前職同士の一騎打ちへ コロナ、経済対策争点 あす公示 4年ぶりの政権選択

2021-10-18
 衆院選は19日に公示され、31日の投開票に向けて12日間の戦いが展開される。北鹿地方を含む秋田2区は、前職同士の一騎打ちとなる構図が濃厚。新型コロナウイルスへの対応や経済を立て直す成長戦略、安全保障政策の在り方、9年近く続いた安倍・菅政権の政治姿勢などが争点に挙げられる中、4年ぶりの政権選択選挙となる。
 秋田2区に立候補を予定しているのは、自民党前職の金田勝年氏(72)と、立憲民主党前職の緑川貴士氏(36)=比例東北。共産党は独自候補の擁立を見送り、立民と競合しないよう合意した。
 党幹事長代理、衆院予算委員長を務めた金田氏は「国と地元をつなぐ架け橋として頑張ってきた。引き続き郷土を守り抜く」と強調する。2区の15市町村長が国に財政支援などを要望する際、必ず同行して関係省庁の担当者に引き合わせる取り組みをアピールしながら「政策を語るのは誰でもできる。実現する力が最も大切だ」と訴える。
 後援会は9月下旬、大館市御成町の旧ジャスコ跡地に事務所を開設した。前回選で北鹿地方は、北秋田市と上小阿仁村で緑川氏の得票を上回ったものの、大館市で3351票、鹿角市で55票、小坂町で393票の差をつけられており、巻き返す狙いがある。第一声はこれまで能代市だったが、今回は大館市の事務所前で行う力の入れようだ。午前8時30分から神事、9時から出陣式を予定している。
 元民放アナウンサーの緑川氏はこまめに選挙区を回り、行事にも足を運んで地域の声に耳を傾けてきた。「暮らしに対する支援は十分でない」として、さまざまな思いを直接受け止めながら国会で質疑。合間を縫ってつじ立ちも重ね、有権者への浸透を図った。
 前回選は旧希望の党から立候補し、全体で金田氏に1672票差まで猛追、比例復活で初当選した。共産党候補が1万3000票余を得ており、「自公政権の国民に向き合おうとしない姿勢に対して共産党の思いも同じ。互いに切磋琢磨(せっさたくま)する土台をつくっていけたらいい」と語る。「保守的な無党派層は自民に期待する声が強い」と警戒しつつ、「いかに地域に愛着を持って接することができるか信頼の勝負」と力を込める。第一声は午前9時30分から大館市三ノ丸の事務所前で行う。

コロナ禍も知恵出し光明 大館きりたんぽまつり 「新たなサービス提供できた」

2021-10-18
青空がのぞいた最終日のドライブスルー会場(ニプロハチ公ドーム駐車場)
 第49回本場大館きりたんぽまつり(大館食の祭典協議会主催)は17日、計4日間の日程を終えて閉幕した。新型コロナウイルスの感染リスクを考慮し、極力接触を避けるドライブスルー形式の予約販売を初めて実施。来場客の反応も良く、祭典協は「新しいサービスを提供できた」とコロナ下に光明を見いだしていた。
 例年はドーム内に出店ブースを連ね、県内外から10万人以上を呼び込んで開催した。コロナ下の昨年以降、感染防止の観点から屋内開催を見送り、規模を縮小。今年はニプロハチ公ドーム駐車場を会場に9、10、16、17の4日間、市民限定の完全予約制で開催した。
 きりたんぽなど4品の「食べ比べセット」(税込み2000円)が次第に評判を呼び、期間後半ほど予約数が伸びた。祭典協事務局によると、各日400セットの販売計画に対し、最終日は約380セットの予約があり、ほぼ完売状態。4日間の累計は1500セット近いという。市内有名店のセットを、長時間並ぶことなく購入でき、食べ比べできることが人気を集めたとみている。
 期間前半は好天に恵まれ、車の窓を開放して早速、舌鼓を打つ客も。イベントの自粛が続いたこともあって、客から「久しぶりにイベント気分を楽しめた」の声が聞かれた。
 後半の日は降雨、17日はこの秋一番の冷え込みに見舞われた。祭典協のボランティアスタッフは大きな傘を手に車両誘導したり、商品がぬれないように気遣いながらドライバーに手渡したりした。
 出店業者は「予約制だったため、少ないスタッフ数で混乱なく対応できた」などと振り返った。
 きりたんぽは鍋料理という性質上、これまでテークアウトは避けられてきた。今回は汁漏れ防止のふたを付けるなど対策を講じ、ドライブスルー販売に道筋を付けた。小松和志会長は閉幕後「混乱なくスムーズに運営できた」と総括。「コロナ下でテークアウトという新しいサービスを提供でき、今後のまつりのヒントになる」と締めくくった。

北秋田 「クロモジ茶いかが?」 大阿仁小 道の駅で販売会

2021-10-18
販売活動に励む児童たち(道の駅あにマタギの里)
 北秋田市大阿仁小学校(奥山法子校長)は17日、道の駅「あにマタギの里」で、「クロモジ茶」の販売会を開いた。商品化に関わった3~6年生11人が、地域で昔から親しまれているお茶をPRしながら、販売活動に励んだ。
 クロモジ茶は阿仁地区に自生するオオバクロモジの枝や葉を乾燥させたもの。同校では地域の自然を生かしたお茶を通じて、ふるさとを知るきっかけを作ろうと、総合的な学習の一環でクロモジ茶をテーマにした体験活動に本年度から取り組んでいる。
 児童たちは7月から、クロモジ茶を販売する自営業の益田光さん(27)=同市阿仁中村=の自宅兼工房で、加工作業やパッケージ作りに挑戦。増田さんの指導の下、お茶作りを学んできた。
 出来上がったクロモジ茶は、箱入りセット(ティーバッグ10袋入り)で、1箱2000円(税込み)。パッケージデザインには、児童たちがアイデアを出し合って描いた絵や文字が使われている。
 販売会では、100箱用意し、道の駅出入り口付近に設けたコーナーで、児童たちが午前と午後の2回売り出した。児童たちは試飲用のお茶を配りながら、「クロモジ茶いかがですか」「ぜひ買ってください」と元気にアピール。地域住民や館内の来店者が次々と立ち寄り、買い求めていた。
 高堰佳祐さん(5年)は「初めての販売体験だったけど、お客さんの喜んだ顔がうれしかった。楽しかったし、来年以降も続けていきたい」と笑顔を見せた。
 今回の売上金の一部は、児童の学習活動費に充てられる。活動内容について今後、児童たちが話し合って決める予定。益田さんは「自分たちで商品を考え、販売するという貴重な経験を今後の学習に生かしてほしい」と話した。

大館市 木育推進の旗振り役に インストラクター養成に力 本年度は高校生ら38人

2021-10-17
福島さん㊧から木育の意義を学ぶ受講者(比内公民館)
 大館市は木に親しむ活動を通じ、木や森の良さ利用の意義を伝える「木育インストラクター」の養成に力を入れている。本年度の講座が16日に比内公民館で開かれ、高校生を含む市民38人が木育のプログラム作りなどを学び、認定証を取得した。講座は3年目を迎えて受講者が100人を超え、市は「幼少期から木を使う喜びを体験、提供することで、将来の木材需要にもつなげたい」と期待する。2023年度までに160人の養成目標を目指している。
 市は19年度にNPO法人芸術と遊び創造協会・東京おもちゃ美術館(東京)と協力し、暮らしに木を取り入れる木育活動「ウッドスタート宣言」を行った。市女性センターに木育ひろばを開設し、20年度から誕生祝い品に木のおもちゃを贈る事業を行っている。ニプロハチ公ドームパークセンターに来年度開設する「子どもの遊び場」は、木材をふんだんに使った木育空間としての整備が検討されている。
 木育推進に向けて、同協会が認定機関のインストラクター養成にも力を入れる。養成講座は19年度に始まり、初年度は40人、20年度は27人が受講。毎年度40人程度の受講を想定し、市木材利用促進計画では年度までに160人を目標に掲げている。
 本年度は保育や生涯学習に携わる市民のほか、初めて高校生が受講した。講師は共育工房IPPO主宰で、ぎふ木育推進員の福島計一さん=岐阜県美濃市=が務め、「国土面積の約7割が森林の日本は昔から木を生活に取り入れてきた『木の文化の国』。木に囲まれているのに無関心の人が増え、森林、暮らしの危機」と現状を説明。「木を使うことで、その裏側の暮らしに目を向ける子どもたちを育てる木育が大切」と強調した。
 木育プログラムの体験や企画など実習を盛り込んだ5時間の講座を終え、認定証が手渡された。保育関係の仕事を目指しているという因幡茜さん(大館桂桜高3年)は「木育という言葉は知っていたが、詳しい内容を学び、将来に生かしたい」と話した。
 受講者は今後身近で木育に取り組むほか、市のイベントなどに協力する。市林政課の古川泰幸課長は「今後は高校生や大学生の受講を後押しし、周囲に木育の考え方を広めてほしい。幼少期から木を使う喜びを知ることで、市民が大人になった時に暮らしに木を取り入れ、将来の木材需要にもつなげたい」と話した。

原木ナメコ 旬の味 夢中で収穫 大館市の 山田部落会 「オーナー」8人が体験会

2021-10-17
原木ナメコの収穫を体験する参加者(大館市山田)
 原木キノコの栽培で地域活性化に取り組む大館市の山田部落会(赤坂実会長)は16日、同市山田の山林で原木ナメコの収穫体験会を開いた。初企画で、本年度創設されたオーナー制度に申し込んだ市内外の住民8人が参加。あいにくの雨天だったものの、会員の助言を受けながら楽しんで旬の味を摘み取った。
 同会は豊富な森林資源を活用して新たな産業を創出しようと、「キノコの里山田プロジェクト」を展開。地域内の山林で原木キノコを露地栽培し、首都圏などに出荷して高評価を得ている。
 マイタケ、シイタケに続き、2015年からは休耕田を使ってナメコの栽培を開始。今年からは収穫できる権利を販売する「オーナー制度」を設けた。総務省の「過疎地域等集落ネットワーク圏形成支援事業」の補助金を活用した。
 制度には大館市や北秋田市、秋田市などの10人が申し込んだ。この日はこのうち8人が参加し、山田集落中心部から北東約4㌔にあるナメコ畑へ向かった。抽選で決まった区画に名札を付けた後、収穫に挑戦した。
 1区画にほだ木が5本用意され、会員から「昨年春に植菌してから約1年半で収穫できるようになった」「夜露で成長するので3日もすれば大きくなる」と説明を受けた。収穫方法については「手を添えてハサミで切って」「ほだ木は動かさないように」などと教わった。
 それぞれの区画でほだ木についたナメコを丁寧に摘み取っていった。夢中で作業する姿が見られ、雨天だったものの、「楽しい」という声も上がっていた。
 オーナーは冬まで自由に収穫できる。ほだ木1本から少なくとも500㌘は採れるという。北秋田市鷹巣の70歳代女性は「ナメコが好きなので楽しみにして来た。思ったよりもたくさん採れた。また収穫しに来たい」と話した。
 同会では今回の体験会の様子を動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開する予定。今後もさまざまな体験企画を検討している。赤坂会長は「地域間交流を促進し、活性化につなげたい。首都圏にも情報発信して体験に来てもらうことで、移住・定住にも結びつけられれば」と話した。

2021年9月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

アメシロ大発生 「近年まれにみる状態」 大館市 地域ぐるみで防除呼び掛け

2021-09-03
アメシロの被害に遭った樹木の葉(釈迦内小)
 大館市で樹木の葉を食い荒らすアメリカシロヒトリ(アメシロ)の発生が増加している。市林政課によると8月中旬から駆除の問い合わせが相次ぐようになり、被害は広範囲に及ぶという。市は町内会などによる地域ぐるみでの防除を呼び掛けている。
 アメシロはガの一種で北米が原産地。戦後、物資について渡来したとされる。毒毛針がないため人への直接被害はないが、大量発生すると街路樹や庭木、草花を食い荒らすため害虫として扱われている。
 幼虫はサクラやウメ、クワなどを好み、6~7月、8~9月の年2回発生時期がある。林政課によると今年6~7月の発生はほぼなかったが、8月中旬から発生の報告が増え始め、現在では1日に10件近く問い合わせがあり「近年まれに見る状態」という。
 同市釈迦内小学校(花田一雅校長)では敷地内で大発生。業者に依頼し、夏休み前に1回、8月に入ってからは2回駆除の薬剤をまいたが、「いまだに発生はやまない」(花田校長)。中でも体育館裏のクルミの木からは、風で飛ばされたアメシロが校舎内に入ってきており「嫌悪感を示す児童もいるので、今月中にもう一度、薬剤をまかなくては」と話した。
 被害を未然に防ぐためにも林政課は「幼虫が作る巣あみを、枝ごと切除したり焼却したりするのが効果的」という。地域ぐるみでの防除を呼び掛けており、希望者には薬剤の噴霧器や枝切りばさみを貸与している。
 問い合わせは同課(☎0186・43・7147)。

扇田病院無床化 当局「時間をかけ検討」 大館市9月議会厚生委 委員から慎重意見

2021-09-02
扇田病院無床化の説明会について報告を受けた厚生委(大館市役所)
 大館市の9月定例議会は1日、4常任委員会を開き、付託議案などの審査を行った。厚生委(日景賢悟委員長)は、市立扇田病院の無床診療所化方針について、市民向け説明会で出された意見の報告を受けた。委員から「市民に受け入れられておらず、踏みとどまってほしい」「1、2年延ばして議論を」など意見が相次いだ。当局は「市民や議会、地域医療構想調整会議の意見を聞き、時間をかけて検討したい」と答えた。
 説明会は7月26日から8月6日まで比内地域4カ所、大館地域3カ所で開き、延べ416人が参加。病院事務局によると、「高齢化社会で必要なのは扇田病院の療養病床。無床化は介護難民をつくる」「扇田、総合病院両方を良くする方向性で考えてほしい」など、検討の在り方や経営面、入院機能などを巡って反対を中心に幅広い意見、質問が出された。
 事務局は「説明会の意見や議会での審議を踏まえ、大館・鹿角地域医療構想調整会議で意見を伺い、市の福祉部門と慢性期医療を必要とする高齢者人口、患者数の推計など、医療、介護全体の受け皿を含めて少し時間をいただきながら、引き続き検討したい」と説明した。
 委員から「今までこれほど市民から反発を受けた計画はなく、受け入れられていない。慎重に審議し踏みとどまることも必要ではないか」「高齢者が減らない中で逆行した進め方。周辺の病院の状況などを加味した上でもう一度検討を」などの意見があった。
 また、「総合病院で患者を受け入れると言うが、急性期と慢性期では役割が違う」との指摘があった。
 事務局は「療養病床を持つ病院が介護医療院に転換するなど介護分野への移行が進み、地域の慢性期病床は減っている」とした上で、「今後10年は75歳以上の人口が増える。人口や患者数が減少し、地域全体で療養病床が足りる状況となるまでの過渡期は、総合病院が本来の機能を弾力的に運用してでも、患者を受け入れなければならない」との考えを示した。
 今後の説明会の予定については、「今の時点では同様の内容での開催は考えていないが、今後市民の意見の伺い方を検討したい」と答えた。
 扇田病院の方向性は、病院事業経営戦略会議が検討し、施設の老朽化が著しいことや赤字が続いている状況などを踏まえ、2024年度までに入院機能を廃止し、診療所とする案を示している。

「黄金色」収穫始まる 大館 早場米「五百川」 11日から新米店頭に

2021-09-02
早場米「五百川」の収穫が始まった(大館市中山)
 早場米「五百川」の稲刈りが1日、大館市内の圃(ほ)場で始まった。JAあきた北が栽培を促進している品種で、管内に導入してから今年で10年目を迎える。気候が安定しなかったものの、稲の生育は良好。11日からいとく全店やタカヤナギの店舗で販売される予定。
 「五百川」は福島県で民間育種されたコシヒカリ系の早生(わせ)品種。田植えから約100日、早ければ8月下旬に収穫できるため台風被害に見舞われる恐れが低いとされる。稲刈り時期の分散による作業効率化や、適期収穫による品質向上につなげようと2012年から同JAが栽培を促進しており、今年は4戸が8haに作付けした。
 石垣博隆さん(43)=中山=が管理する30㌃の圃場で収穫作業を開始。黄金色に実った稲穂を次々とコンバインで刈り取った。春先の低温や夏場の酷暑を受けて生育状況に不安はあったというが、病害虫の被害はなく、実の付きや品質ともに平年並みだという。同JA米穀部の担当者は「いち早く消費者の皆さんにお届けできるのが早場米の魅力」とし、「粒の張りがよく、食感がさっぱりしているのが五百川の特徴。ぜひ新米を楽しんでほしい」と話した。
 主力品種のあきたこまちの稲刈りは今月中旬ごろから本格化する見通し。

「北限の桃」甘い香り 道の駅かづのでフェア カレーなど限定メニューも

2021-09-02
「北限の桃」フェアが始まったあんとらあ(鹿角市花輪)
 国内のモモのうち市場出荷が最も遅い「かづの北限の桃」フェアが1日、鹿角市花輪の道の駅かづの「あんとらあ」で始まった。主力品種「川中島白桃」の販売や「桃カレー」といった限定メニューの販売などを行っている。12日まで。
 市場評価の高い川中島白桃の収穫時期に合わせて毎年、フェアを開催して、特産ブランドの売り込みを図っている。
 あんとらあでは「今年のモモも甘くておいしい。川中島白桃は今週末以降、入荷が本格化する見通し」と話している。予約は先月で終了し、現在は店頭販売のみ行っている。
 レストランや軽食コーナーでは、人気のソフトクリームやカクテルジュースに加え、鹿角産モモをふんだんに使ったカレー、杏仁(あんにん)豆腐、サンデー(デザート)、スムージーといった限定メニューを提供する。
 モモのもぎとり体験も受け付けている。問い合わせは道の駅かづの(電話0186・22・0555)。

扇田病院 無床化方針は撤回せず 福原市長 「議論で可能性探る」 大館市9月議会

2021-09-01
一般質問が行われた本会議(大館市役所)
 大館市の9月定例議会は31日、前日に続いて本会議を開き、4議員が一般質問を行った。扇田病院の無床診療所化方針を白紙に戻すよう問われた福原淳嗣市長は「撤回するのではなく、賛成・反対の立場から建設的な意見やアイデアを出してもらう好機としたい」と強調。「互いに議論することで案にこだわらず新しい可能性を見つけていくこともできる」と述べた。
 登壇したのは佐々木公司議員(令和会)、吉原正議員(市民の風)、田村儀光議員(活性大館)、小畑新一議員(公明党)。2024年度までに扇田病院の入院機能を廃止し診療所にする方針に対し、この日も3人が質問した。
 「総合病院は診療単価も高いが医業収支は厳しい。扇田病院の経営だけ批判されるのはなぜか」との問いに、佐々木睦男病院事業管理者は「機能が大きく異なり、診療報酬体系や全体の診療規模にも大きな差があるため、単年度の純損益で比較することは適当でない」とした上で、「経営を批判するものではない。新たな投資の判断が必要な局面で少しでも改善する方策を考えることによって、将来の安定的な地域医療の提供につながる」と答弁した。
 経営の悪化度を示す資金不足比率については「国に経営健全化計画の提出が義務づけられる20%を超える状態が2017年度から継続していた」とし、「方向性を検討する中で比率改善は欠くことのできない指標の一つ」と述べた。
 「病床存続を願う署名に向き合い、無床化方針は白紙に戻す決断を」との質問に対し、市長は「撤回ではなく、建設的な意見をいただきたい。医療に対する要望や不安があるからこそ声が強いと理解している。署名を重く受け止め、医療を守るため市民の意見に寄り添いたい」と答えた。
 住民向け説明会については「施設の老朽化や経営の現状、患者受け入れにあたって総合病院との連携など本当に心配に思っていることや聞きたいことを質問できなかったという声、数人の特定の参加者が医療者を愚弄(ぐろう)するような発言が多くあったと聞き、心から残念」と語気を強めた。
 新型コロナウイルス患者向け病床について管理者は「総合病院で15床を確保している」と述べ、「抗体カクテル療法はすでに適応となる患者に実施しており、症状改善に効果を上げている」と答えた。
 市民有志の「扇田病院を守る会」が提出した「無床診療所化に反対する請願書」は厚生常任委員会に付託された。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る