本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

大館市が配達サービス 来月から「食タクシー」 飲食店の商品、家庭などへ

2020-05-24
1日から実施する「大館の食タクシー」のチラシ
 大館市は6月1日から、タクシーによるお持ち帰りグルメ配達サービス「大館の食タクシー」を始める。新型コロナウイルスの影響で打撃を受けている地域経済を支援する事業で、注文を受けた飲食店がタクシー会社に依頼し、商品を利用者に届ける仕組み。対象は市内全域で、利用者は商品代のほかに1回300円の配達料を支払う。タクシー会社では「お客を乗せるサービスが減っている中、多くの利用に期待したい」としている。27日まで登録する飲食店を募集している。
 本県では緊急事態宣言が解除されたものの、外出自粛の流れは続きそうにある。テークアウト商品を販売する飲食店、利用者が激減しているタクシー業界を支援しようと、市が配達料の大半を補助する。予算は428万1000円。利用者の負担は定額300円だけ。
 利用の流れは、サービスに登録している飲食店に利用者が注文し、飲食店がタクシー会社に配達を依頼。利用者の元へ配達し、利用者は商品代金と定額配達料をドライバーに支払う。配達時間は午前11時から午後7時。期間は6月1日から9月30日までで、感染状況次第で延長する場合もある。
 タクシーが店舗からの依頼で貨物を運ぶ場合は「有償貨物運送」の許可が必要。通常は対象が過疎地などの制限があるが、国交省が「新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえたタクシー事業者による有償貨物運送」の特例措置(9月30日まで)を講じたため、今回のサービス実施につながった。
 市内では5社が対象になる予定。その中で希望のタクシー会社があれば注文時に飲食店へ伝えることができる。県ハイヤー協会大館支部の髙橋紀博支部長(冨士タクシー)は「お客さんを乗せるサービスが減っており、配達で少しでも事業の足しにしたい。市内の動きはまだ見えないが、比内、田代地域からは便利だという声を聞く。多くの利用に期待したい」と話している。
 利用は自宅のほか、職場からも可。市では27日まで登録飲食店を募集している。申し込み、問い合わせは観光課(電話0186・43・7072)。

過去10年で最高益に かづの観光物産公社 19年度 コロナ影響、本年度は厳しい見通し

2020-05-24
19年度決算などを承認した株主総会(鹿角観光ふるさと館)
 鹿角市の第三セクターで道の駅かづの・あんとらあを管理運営する、かづの観光物産公社(岩船勝広社長)は22日、鹿角観光ふるさと館で定時株主総会を開いた。2019年度(第26期)は新型コロナウイルスの影響を受けたものの、10月以降の国内旅行団体の増加などにより、当期利益は421万円と過去10年で最高となった。
 本年度は上半期に新型コロナによる大きな打撃が避けられないが、収束後のV字回復を可能にする事業展開に努める。
 19年度の純売上高は18年度に比べ1487万円減の3億558万円。仕入れ高等を差し引いた売上総利益は1億2890万円だった。販売費および一般管理費1億2975万円、営業外収益・費用などを換算した当期利益は前年度比371万円増の421万円だった。3期連続の黒字で、過去10年の最高益を更新した。
 営業報告によると、19年度は今年2月下旬から新型コロナの影響があり、3月からはインバウンド(訪日外国人旅行客)の予約が全てキャンセル、国内客も9割以上がキャンセルとなる大打撃を受けた。その一方で、10月以降の紅葉や種苗交換会(大館市)などにより国内団体の飲食や売店の利用が増え、収益増加につながった。
 本年度は、昨年4月から2カ年計画で進めているあんとらあ大規模改修工事で今年7月にレストランの移設が完了するため、社会情勢を鑑みながらリニューアルオープンイベントを計画する。
 一方、工事に伴い売店・産直は売り場が縮小となるほか、例年実施している館内イベントはほとんど実施できず、市内外のイベントの多くも中止される状況。大幅な減収が予測され、経費節減による利益確保に努める。近年、右肩上がりで推移していたインバウンドは「ゼロからの再出発」との認識に立ち、営業活動を展開する。
 売上高は例年の5~6割に当たる1億8600万円を目標として設定し、経常利益はマイナス1600万円と厳しい見通しを立てている。
 岩船社長は「正直こういう数字は出したくなかったが、どうやってプラスに近づけていくかが課題。コロナの状況がいつ改善されていくか分からないが、準備だけはしっかりとしていきたい」と収束後を見据えた。

1カ月ぶり広々遊び場 親子の笑い声響く 大館市の子育て支援施設 コロナ対策を施し再開

2020-05-24
広い空間でのびのびと遊ぶ親子(つどいの広場ひよこ)
 大館市の地域子育て拠点施設4カ所と児童厚生施設4カ所が21日、自由来館の受け入れを再開した。新型コロナウイルス緊急事態宣言を受け、集団感染防止と予防対策のため4月25日から休館を続けていたが、約1カ月ぶりに開館した。訪れた親子らや職員が顔を合わせ「久しぶり」「大きくなったね」などと再会を喜ぶ一方、「まだまだ気が抜けない」など不安が残るとの声も聞こえた。
 有浦児童館内のつどいの広場ひよこでは、開館時間を短縮して再開。昼前から徐々に親子連れが訪れ、三つの密を避けながらお気に入りの遊具で遊ぶ姿などが見られた。
 大館市の藤嶋美希さん(31)は10カ月の娘・鈴ちゃんと来館。「子どもが歩き始めたばかりなので、広い空間は安心して遊ばせられる。久しぶりにほかの親子や職員さんと交流できてうれしい」と笑顔を見せた。同市の40歳代女性は「休館前は週1~2回は来ていた。これまであまり外に出ず、自宅で遊んでいたので開館が待ち遠しかった」と話し、のびのびと遊ぶ1歳の娘を見守っていた。
 感染防止対策として、入り口に来所前の検温や水分補給以外の飲食禁止といった利用者への注意書きを掲示し、利用する際は住所や電話番号などの個人情報、2週間以内の県外訪問の有無などの記入を求める。おもちゃや絵本などのアルコール消毒も徹底している。
 入館制限はしていないが、職員側も来館者との接触には気を配っている。同館職員の奥山由美子さんは「引き続き対策をしていくが、そのときそのときで対応していかなくてはいけない。緊張が抜けない」と話していた。
 このほか21日から再開した子育て支援施設は、城南子育て相談室「つくしんぼ」(城南保育園分園)、扇田地域子育て支援センター「わいわいキッズ」(扇田保育園)、たしろ子育て支援室「きりん」(たしろ保育園)。児童厚生施設は比内児童館、西館児童館、たしろ児童館、はやぐち児童館が再開した。

資金繰り、広い業種苦境 影響や対策出し合う 大館市 新型コロナで意見交換会

2020-05-23
経済への影響や対策を出し合った意見交換会(プラザ杉の子)
 大館市は22日、プラザ杉の子で新型コロナウイルス感染拡大による経済や雇用への影響や対策を話し合う意見交換会を開いた。商工団体や農業団体、金融機関、行政などの代表が一堂に会し、飲食業をはじめ幅広い業種の中小事業者らから資金繰りの相談が急増している現状を共有した。支援策として、事業者への家賃補助や「地元で消費し経済を循環させる仕組みをつくってほしい」などの要望が出された。
 市が呼び掛け、大館商工会議所、大館北秋商工会、ハローワーク大館、金融機関・関係団体、JAあきた北、市観光協会、県、市、市議会などから18人が出席。福原淳嗣市長は「一つ目のステージは感染症拡大防止で、私たちは成し遂げようとしている。行動変容、自粛要請と合わせ、緊急経済対策を打つことが二つ目のステージで、情報交換したい。三つ目は、収束後の経済回復に向け、矢継ぎ早な政策を打っていくことだ」と述べた。
 ハローワーク大館は3月末から雇用調整助成金の相談が急増し、大館管内では納品先の東京で商品が販売できないなど、新型コロナ関係で5人ほどが解雇された状況を報告し、「状況に応じて、さらに解雇が出てくるのでは」と懸念した。大館商議所は1月から5月までの廃業を含む会員脱会が53件で「ハイペースで推移している」と指摘。大館北秋商工会は「ひと月の売り上げが前年対比半減した事業者に支給される持続化給付金の電子申請が約50件で、会員の8分の1に相当する厳しい状況」と説明した。
 金融機関・団体は資金繰りや融資の相談が相次いでいるとし、「飲食や小売り、卸売り、製造、サービス業など全業種に近い事業者から相談があり、今後は工期延長などで建設業への影響が懸念される」と述べた。観光協会は小売業全般に触れ「春の異動時期に人の動きが止まり、売り上げゼロの店が多く発生した。金融機関の支援で資金をつないでいる状況だが、3、4カ月後の状況を危惧している」という。
 対策への要望では「事業者への家賃補助を早急に行ってほしい。政府が支援の方針を示しているが、自己負担分の資金も厳しく補助してほしい」「市出身の学生に地元産品を贈る支援や、大館で学ぶ県外出身学生にも支援し、大館をPRしてほしい」などの提案があった。「地元でお金を使って循環させ、地元経済の背中を押してほしい」「経済活動を停滞させず、観光、人の往来をできる範囲で復活させていきたい」などの声も上がった。
 出席団体が実施している支援策などを説明。福原市長は「休業店舗に支給する協力金の対象にならない事業者への支援や、地元消費喚起策を検討している」と述べた。

コミュニティー・スクール 本年度、市内全校で導入 北秋田市

2020-05-23
学校運営協議会委員の委嘱状交付式(鷹巣小)
 北秋田市内の小・中学8校が本年度、学校運営協議会制度(コミュニティー・スクール)を導入する。前年度に導入済みの6校と合わせて全14校で実践することになり、住民と力を合わせ「地域とともにある学校」づくりを市全体で目指す。
 学校運営協は関連法の改正(2017年4月施行)に伴い制度化。設置が各教育委員会の努力義務となり、全国で取り組みが進められている。学校運営に地域の声を積極的に生かし、地域と一体となった特色ある学校づくりが期待されている。
 市教委は1年間の準備期間を経て18年度に小学5校と中学1校に導入していた。本年度は残る鷹巣中央、鷹巣、鷹巣南、米内沢、前田の小学5校と鷹巣、森吉、合川の中学3校で計画した。
 各校が本年度の初会合を順次開催している。委員の委嘱や、今後の協議の前提となる校長の基本方針説明、委員による基本方針の承認を行い、活動をスタートする。
 鷹巣小(木下隆校長)は民生児童委員代表やPTA会長、地域の公民館長、スクールガード、児童館職員、地域コーディネーターら11人を委員に委嘱した。佐藤昭洋教育長が一人一人に委嘱状を手渡し「地域で培ってきた活動をベースに(学校と地域の)双方が活性化することを願う」とあいさつした。
 この後、木下校長が学校教育目標「豊かな心、確かな学力、すこやかな体の子どもの育成」について説明。最重点施策や本年度の重点施策を示し、委員から意見や要望を聞いた。
 文科省のまとめによると、19年5月時点で県内142校が導入済み。北秋田市は最多の秋田市(64校)や由利本荘市(24校)、男鹿市(10校)、にかほ市(7校)に続いて導入が進んでいる。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

アマビエで疫病退散! 北鹿で商品が続々 和菓子や花アレンジ 「少しでも明るい気分に」

2020-04-27
 疫病退散の御利益があるとされる妖怪「アマビエ」。新型コロナウイルスの終息を願いSNS(会員制交流サイト)を中心にイラストが拡散されたり、その姿をかたどった商品などが発売されたりと、閉塞(へいそく)感漂う日々の中、明るい話題を提供してくれている。北鹿地方の商店でも御利益にあやかろうと、愛らしい姿のアマビエが続々と登場している。
 大館市御成町の菓子店・山田桂月堂(山田重晴代表)は、淡い水色やピンクの練り切りでカラフルな上生菓子を製作。きょろっとした目元が特徴で「妖怪なのにかわいい」アマビエをデザインした。ようかんを使用し黒目に光沢感を出したほか、黄色の練り切りを髪に散らし光り輝くさまを表現した。
 全国の和菓子店では、アマビエを製作する「アマビエチャレンジ」が広がっている。「ほかとかぶらないオリジナルのデザインにこだわった。これを見て少しでも明るい気持ちになってほしい」と山田暦人(かずひと)専務。受注生産のみで通販はしない方針という。
 同市大田面の花ドーム(虻川洋行代表)では「アマビエアレンジキット」を発売。カーネーションやディスバッドマムなど8種類の花と、アマビエの顔となる目やくちばし、作り方の用紙をセットにした。「おうち時間が長い今だからこそ家族で一緒に作ってほしい。花をアレンジすることで気持ちも和らぐ」と虻川代表。
 花ドーム本店といとくSC店で29日から5月6日まで販売する。各日20組限定。3000円(税別)。10日の母の日には完成したアマビエアレンジも販売される。
甘くてかわいいアマビエ(御成町の山田桂月堂)
花ドームの「アマビエアレンジキット」

お花見は〝車内〟から 北秋田市鷹巣中央公園 ソメイヨシノ満開

2020-04-27
市道脇の桜を眺めに来園した車両(鷹巣中央公園)
 北秋田市の観桜名所・鷹巣中央公園で26日、ソメイヨシノがほぼ満開となり見頃を迎えた。新型コロナウイルス感染拡大に伴い桜まつりは中止されたものの「気分だけでも楽しみたい」という地元ドライバーが桜並木の〝トンネル〟を続々と通り、車内から眺めた。
 公園内に約800本の桜が植えられ、例年4月下旬から5月上旬にかけて咲き誇る。今年は24日ごろから開花が進んでいた。
 園内の市道は両脇から桜の枝が伸び、満開の花でピンク色のトンネルができた。この日は気温が上がらず肌寒い天気だったこともあって、車から降りる人はごく一部。市道を通り掛かるとスピードを落として車内から観賞した。
 通行車両が途絶えず、駐車場に20台近くが並ぶ時間帯も。ほとんどが「秋田」ナンバーだった。止めた車の中から写真を撮っていた男性ドライバーは「今年は花見も自粛。写真で気分だけでも味わいたい」と話した。
 桜まつり中止に伴い、市は園内での飲食を原則禁止している。感染防止のため「桜を楽しむ際は人ごみを避けて」などと立て札に記し、周知している。

新型コロナ緊急事態 県の休業要請始まる 来月6日まで 事業者「収束信じ耐える」

2020-04-26
レジに距離をとって並ぶ客(イオンスーパーセンター大館店)
 新型コロナウイルス感染拡大防止に向け、県の事業者に対する休業要請期間が25日、始まった。北鹿地方ではカラオケ店、パチンコ店、学習塾、旅館など多くの店舗が休業し、飲食店は営業時間の短縮に踏み切った。スーパーなどは感染対策を徹底して営業を続けている。要請期間は5月6日まで。
 緊急事態宣言の全国拡大を受けた県の「緊急事態措置」。「社会生活の維持に必要な施設」を除く幅広い業種に休業を要請した。全面的に応じた事業者に協力金が支払われる。
 大館市のいとく大館ショッピングセンターは、25日から3階のゲームセンターを休業。飲食店3店舗は営業時間を短縮している。畠山勝商品店長によると、緊急事態宣言拡大後、午前9時~同11時の来店者が前年同期より2~3割増えた。店員はマスクと手袋を着用し、透明シート越しに接客。各売り場を2時間おきに消毒している。「お客さまは朝に集中し、午後になれば比較的すいている。3密(密集、密閉、密接)状態を緩和するため、分散して来店してほしい」と話した。伊徳本社によると、27日から店舗ごとに時短営業を検討している。
 イオンスーパーセンター大館店は、ゲームコーナーを休止、テナントごとに時短営業や休業している。買い物かごやカートを消毒液で拭き、店舗出入り口を開放して換気を行う。客には1人や少人数での来店、レジには距離をとって並ぶよう協力を求める。状況によって入場制限を実施する場合もあるという。藤川慎一郎店長は「午前11時前後が混み合うため、午後2時以降の買い物を推奨したい」と話した。
 飲食店の多くは午後8時までの営業に短縮。酒類の提供は午後7時までとする。同市向町の焼き肉店・大昌園の瓜田もり子さんは「過去も大変な時期があったが、お客さんに支えられて何とか乗り越えてきた。いつか落ち着くと信じて耐えたい」とし、近隣住民の要望で弁当のテークアウトに力を入れる。
 大館東台温泉東の湯(同市東台)は、県が挙げた「温泉休憩施設」に該当すると判断した。福岡龍彦支配人は「例年、大型連休中は帰省客で混み合う。脱衣所ではマスクをする人が少なく、感染防止の観点から休業が必要と考えた」と話す。「利用客には不便を掛けるが、地域から絶対に感染者を出さないという決意」と理解を求めた。
 北鹿地方ではカラオケ店やゲームセンター、パチンコ店などの多くがこの日から休業。ファミリーレストラン、家電量販店、ドラッグストアなどでは25日以前から時短営業を行っている店舗もある。
 県が休業を要請した施設は▽遊興施設等▽運動施設・遊戯施設▽劇場等▽集会場、展示場等▽大学、専修学校等▽学習塾、その他の学習支援施設▽ホテル、旅館、休憩施設等▽商業施設―。営業時間の短縮を求めるのは食事提供施設。

コロナ拡大 献血バス中止で協力者減 大館ではキャンペーン JC呼び掛けに市民58人

2020-04-26
献血への協力を呼び掛ける大館JCの会員(いとく大館ショッピングセンター)
 新型コロナウイルス感染拡大が続く中、献血の協力者が減っている。県赤十字血液センター(秋田市)によると、企業や施設が外部からの出入りを制限し、献血バスの受け入れも中止している。東北管内では輸血用血液の適正な在庫量が「ぎりぎりの状態」で、担当者は「献血は不要不急の外出にあたらない」として協力を求める。市民団体が会場を確保し、献血キャンペーンを行う動きも出ている。
 大館青年会議所(JC、土舘一弘理事長)は24日、大館市のいとく大館ショッピングセンター駐車場でキャンペーンを展開。献血バスの派遣を受け、JCの会員が旗を手に、買い物客らに協力を呼び掛けた。バス内ではマスク着用や手指の消毒を徹底し、看護師と献血者の間をシートで区切る感染予防対策を取った。
 午前9時から休憩を挟んで夕方まで行い、58人が協力。市内の男性(61)は「年2回献血をし、94回目。必要なこの時期に自分ができることで役に立てたら」と話した。定期的に献血バスを受け入れている施設の職員も交代で訪れた。土舘理事長は「目標の40人を上回り、これを機会に献血に足を運ぶ人が増えてほしい」と今後に期待を寄せた。
 県赤十字血液センターの担当者によると、「多くの施設や企業が外部からの出入りを避けており、献血バスの受け入れを断るケースが増えている」と話す。東北全体では、2月末から4月2日までの期間に、130カ所で献血バスが中止された。
 輸血用血液の確保は東北全体でカバーし合っている。特に宮城県で協力が進まず、「極端に減った訳ではないが、ここ1、2週間は常にぎりぎりの状態」という。東北ブロック血液センターのまとめによると、4月1~22日の期間、400㍉㍑献血で1万4891人相当を計画していたが、実績は1万2470人相当で、2421人相当足りなかった。「今後さらに献血者が減少すると、供給に支障をきたす恐れがある」としている。
 県赤十字血液センターの担当者は「献血バスの行き先に困っている中、キャンペーンを企画していただきありがたい」とした上で、地域住民に対し「献血バスの日程は日に日に状況が変わるため、ホームページを確認し、近くに来る時は協力してほしい。今後も継続的な協力をお願いしたい」と強調した。

「#」ハッシュタグでPRを 地元の飲食店SNSで応援 鹿角市の阿部さん呼び掛け

2020-04-26
「#鹿角テイクアウト」の周知を図る画面=阿部さん提供
 会員制交流サイト(SNS)を活用し、新型コロナウイルス感染拡大で売り上げが減少している鹿角市の飲食店を応援しようと、市民レベルでの活動が広まっている。市民活動を紹介するサイト「かづのの元気」を管理し、旅館業を営む阿部湖十恵(ことえ)さん(32)は「SNSで検索しやすいよう、お店の人、利用した人は『#(ハッシュタグ)鹿角テイクアウト』を付けて発信してほしい」と呼び掛けている。
 SNS上でのハッシュタグは、「#」の後にキーワードを入力して投稿するとタグ化(札が付く)される。膨大な投稿数の中から特定のものを探す機能。検索機能で#とキーワードを入力すると、同じワードでの投稿を一覧で、見ることができる。
 外出自粛、休業要請で、市内では新たにテークアウト事業に乗り出す飲食店が出始めた。これに伴い、店を応援しようと市民らが個々にSNSに投稿。阿部さんは、統一の#を付け、情報の集約、拡散向上を図ろうと呼び掛けを始めた。知人らに周知したところ徐々に広がり、店主のほか、購入者も利用している。25日正午現在、インスタグラムでは34件の投稿があった。他の2種類のSNSでも複数の投稿がある。
 阿部さんのサイトには、三つのSNSや、店を応援する個人や団体のホームページのリンクが添付してある。スマートフォン、パソコンで閲覧可。「集約されれば見る人が楽しく、思いがけない情報に出合えるかも。今だけでなく、収束後もお店の役に立てるはず」と期待を寄せていた。
 問い合わせは阿部さん(Eメールkazunogenki@gmail.com、「かづのの元気」https://kazunogenki.wixsite.com/akita/event)。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

大館市 新ポスト「理事」設置 北林総務部長を再任用 司令塔として総合的調整

2020-03-31
  大館市は2020年度から、市長部局内に新たなポストの「理事」を設置し、本年度末で定年退職する北林武彦総務部長(60)=岩瀬=を充てると30日、発表した。第2期総合戦略に基づく地方創生の取り組みを深化させるため、司令塔と各部局間の総合的な調整を図る役割を担う。発令は4月2日付。
 30日に開いた定例会見で福原市長が説明した。理事は特別職ではなく、一般職(部長級待遇)の任期付き職員。任期は22年度末までの3年間。
 北林氏は1981年4月、田代町採用。市の財政課長、教育委員会教育次長などを歴任し、2015年10月から総務部長を務めている。
 福原市長は「通常、市町村の部長は1、2年で変わるが、総務部長を4年6カ月務め、だからこそ大館市ならではの行財政運営ができた」と評価。「地方創生の取り組みの中心的役割を担ってきたため、これまでの経験を生かし、司令塔として総合的な調整を行ってほしい」と述べた。
 新年度創設する観光交流スポーツ部などの業務に触れ、「『内に優しく、外に強く』という観点からも、福祉部の長寿課や健康課の事業に、スポーツ振興課が関わってくる。横串を指さなければならない事業が増え、今まで以上に俯瞰(ふかん)の視点で特別職をサポートできるポジションが必要」と強調した。
 理事設置にあたっては県の人事を参考にしたとし、「市の観光分野は業務量が伸び、関係性が多大になっている。これまで培ってきた知見やノウハウを後進の指導に生かし、次の人材を育成するという意味でも、活躍してもらった方が組織にとって良いと考えている」と述べた。
 

新型コロナ 営業継続へ緊急要望書 旅館ホテル組合鷹巣阿仁支部

2020-03-31
津谷市長㊧に要望書を提出する種倉支部長㊥(北秋田市役所)
 県旅館ホテル生活衛生同業組合(松岡讓裕理事長)は30日、北秋田市役所で新型コロナウイルス感染症に伴う宿泊事業の継続危機を乗り越えるための緊急要望書を提出した。宿泊施設への感染防止や経営悪化に対する支援など2項目を求め、津谷市長は「スピード感を持って対応したい」と述べた。
 同組合によると、県内の宿泊業を営む旅館やホテルでは、歓送迎会の自粛や外国人訪日客の宿泊予約のキャンセルによる影響が出ている。現状が続いた場合は「営業の継続が困難となる事業者が現れ、地域経済に深刻な影響を及ぼすことが懸念される」とし、宿泊事業の存続と地域経済の維持に向けて、県内各市町村に要望書を提出している。 
 要望は2項目の計3点。宿泊施設における感染防止の支援は、マスクや消毒薬など宿泊事業の維持継続に不可欠な物資の円滑な供給に対し、できる限りの支援策を講ずるよう求めるもの。
 宿泊客の減少やイベント自粛に伴う経営悪化に対する支援については、事業者に対する税負担の減免を要望。このほか住民活動が過度に萎縮することのないよう適切な情報発信や、感染の沈静化後に市内宿泊施設で利用可能な割引クーポンの発行など、交流人口の回復に向けた「機動的で柔軟性のある取り組み」の実施を求めた。
 同市では5施設が加盟する同組合鷹巣支部と10施設が加盟する阿仁支部が要望書を提出。種倉耕一・阿仁支部長と持地茂樹・鷹巣支部長代理、県組合の塚本民雄副理事長ら4人が市役所を訪れ、種倉支部長が津谷市長に要望書を手渡した。
 種倉支部長は「想像を超える痛手。今までにない状況でどうすればいいか見当が付かない」と深刻な現状を話し、支部として「ご助力をお願いしたい」と述べた。終息後の対応については、他市町村の取り組みに埋もれない対策や、宿泊施設ごとに均等な支援を要望した。
 津谷市長は、据え置き期間の保証料と利息の全額を市が補助する特別融資制度を4月1日から運用開始することなどを説明。「国や県の動向を見ながらスピーディーに対応する。力を合わせ、地域に元気を取り戻せるよう頑張りたい」と話した。

 

大里ファーム 全国そば優良生産表彰 放棄地解消や6次産業化

2020-03-31
児玉市長㊧に受賞を報告する浅石副理事長(鹿角市役所)
 鹿角市八幡平の農事組合法人・大里ファーム(安保春喜代表理事、構成農家50戸)が、2019年度の全国そば優良生産表彰を受賞した。北鹿地方では初めての受賞。30日は浅石昌敏副理事長が市役所を訪れ、児玉一市長に喜びの報告を行った。
 表彰事業は日本蕎麦(そば)協会が1989年度から毎年実施。日本の伝統食、健康食であるソバの栽培について、生産性の向上または経営改善の面から創意工夫を行い、他の範となる生産農家・集団を表彰している。
 31回目の今回は、農林水産大臣賞をはじめ7種類の各賞に12個人・団体が選ばれた。このうち大里ファームは日本麺類業団体連合会会長賞を受賞。
 大里ファームは、市が「そばの里プロジェクト推進事業」を始めた2009年度から、ソバづくりに取り組んでいる。
 作付面積は年々拡大し、19年度は184㌶。内訳は田93㌶、畑91㌶。田は転作田で、畑は原野化していた耕作放棄地16㌶と遊休農地75㌶を活用している。
 毎年9月にはソバの花を見ながら新そばを食べる「新そば祭り」を開催。ユネスコ無形文化遺産の「大日堂舞楽」をモチーフにした乾麺「大日堂そば」の製造販売による6次産業化や、生産効率(単収、質)の向上を図る取り組みも進めている。今回の受賞はこうした取り組みが評価された。
 受賞報告を受けた児玉市長は「長年の耕作放棄地等の解消や6次産業化に向けて、ファームの皆さんが頑張った成果。市としても所得向上につながるよう引き続き応援していきたい」と期待した。
 浅石副理事長は「高齢化やトラクターが壊れたといった理由で、借りていた畑を返す生産者が増えている。遊休農地だった畑75㌶をソバ栽培に活用していなければ、その半分は耕作放棄地になり〝アカシア畑〟になっていたと予想される」と強調。「今後もできる範囲で耕作放棄地等の解消に努めたい」と話した。

 

「きょうの秋田犬」 動画投稿サイトで公開 臨時休館中の楽しみを

2020-03-30
秋田犬のさまざまな表情をカメラに収め、動画を公開している(秋田犬の里)
 秋田犬を飼育する大館市の地域おこし協力隊が、動画投稿サイト・ユーチューブで「きょうの秋田犬」を公開している。秋田犬の里が臨時休館中のため、来館できない人に少しでも秋田犬の魅力を伝えようと企画。散歩の様子など、展示だけでは見ることができない一面を伝えている。
 22日に「秋田犬ふれあい隊in秋田犬の里」のチャンネルを開設し、市で飼育している犬のほか、展示に参加している秋田犬保存会会員の犬の動画を紹介している。
 29日の撮影では、会員の「純」(雌5歳)と「明」(同10カ月)を撮影。散歩で元気いっぱいに走り回る姿や芝生の上でくつろぐ姿など、さまざまな表情をカメラに収めた。
 隊員の加藤瞳さんは「毛色の違いは見た目で分かるけれど、性格は写真だけでは伝わらない。動画で犬の個性を伝えていきたい」と話している。
 今後は秋田犬とともに館内の紹介なども予定している。
 

ネギに続いては キャベツ詰め放題 鹿角市の末広ファーム

2020-03-30
協力してキャベツを詰め込む親子(鹿角市十和田末広)
 鹿角市十和田の農業組合法人・末広ファーム(柳沢義一代表理事)は29日、同所末広字村下の畑で詰め放題のイベント「雪の下キャベツ収穫祭」を開いた。専用の袋を購入した市民らが収穫したてのキャベツを袋いっぱいに詰め込み、抱えるようにして運ぶ姿が見られた。
 地域貢献の一環で実施。昨年12月にネギの詰め放題も行い、2回目のイベント。借り受けた畑2・4㌶にキャベツを植え付けた。暖冬の今年は〝雪の下〟とは言えないものの、数回の積雪と冷え込みがあったことで、甘く、歯ごたえの良いものに仕上がったという。コメ1斗分が入るビニール袋を一つ500円で販売し、購入者が収穫、袋詰めを行った。
 会場の畑は午前10時の開始を前にカッパなどを着た市民らでにぎわった。袋を購入しキャベツを品定め。鎌や包丁の刃を入れて収穫した。揺すったり、伸ばしたりしてスペースを確保した袋に、ぎゅうぎゅうに詰め込んでいた。きょうだいや親戚と分けるという大館市の70歳代女性は「1袋に15玉も詰めることができた。収穫の催し物はなかなかないので楽しい。サラダやロールキャベツなど、毎日キャベツ料理にして、スリムになりたい」と笑顔だった。
 柳沢代表は「思った以上に来場者があり、喜んでもらえてよかった。詰め放題は本年度から始めた事業。若手社員の意見を取り入れるなどして今後も続けていきたい」と話していた。

 
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る