本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

ニプロ 「7回接種」の注射器開発 新型コロナワクチン用 大館工場で5月から製造 本年度5千万本提供へ

2021-04-13
6回接種できる「ローデッドタイプ」㊤と、新たに開発した7回接種可能な「ノンデッドタイプ」㊦の注射器
 医療機器製造のニプロ(本社・大阪市)は12日、米ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチン1瓶当たり7回接種できる新たな注射器を開発したと発表した。大館市二井田の大館工場で5月から製造する。既存の注射器では薬液が先端の隙間や針基に残るため、特殊な製品でも6回接種が限度とされていた。ワクチンの需要増加で供給が十分でない中、貴重な薬液を有効活用する手段として期待がかかる。供給開始は5月末を見込んでおり、小林京悦・常務生産事業部長兼大館工場長は「医療機器メーカーとしての技術を国民のために生かしたい」としている。
 ファイザー社のワクチンは、生理食塩水で薄めて1瓶に2・25㍉㍑が入っており、注射器で1回分当たり0・3㍉㍑を吸い出して筋肉注射を行う。薬液の無駄がなければ1瓶から7回分を採れる計算だが、一般的な注射器では先端部分に薬液が残るため5回分しか採れず、特殊な注射器でも6回分とされていた。
 このため薬液の無駄をなくそうと、ニプロは7回接種可能な注射器「ニプロVAシリンジ」を新たに開発した。薬液の残る先端部分をほとんどなくし、針を注射器に埋め込んで一体化した「ノンデッドタイプ」と呼ばれるもの。残液は1回の接種につき0・002㍉㍑のみで、限りなくゼロに近づけた。
 これまでも針と一体となった注射器としては、糖尿病の治療薬・インスリン用を製造しており、既存製品を基に改良した。針はインスリン用で長さ13㍉、直径0・3㍉だったが、筋肉まで確実に到達するよう長さを25㍉にし、操作性等を考慮して直径は0・5㍉とした。
 3月25日に厚生労働省から製造販売承認を得た。注射器は大館工場のほか、海外の工場でも製造しているが、このうち大館は品質保証体制等が整っているため、早期に量産化できると判断。大館工場で生産を始めることにし、設備の一部改造などを経て準備を整えた。生産本数は5月に50万本を見込み、6月からはタイの工場でも並行して進め、本年度内に約5000万本の提供を目指す。
 同社では、注射器の先端部分を細く突起状にして隙間を少なくし、ワクチンを1瓶当たり6回接種できる「ローデッドタイプ」と呼ばれる製品もタイの工場で製造しており、国からの要請を受けて増産体制を整えたところだった。これまで月50万本だった製造能力を月100万本以上に引き上げ、需要に対応していた。
 小林常務は「ワクチンの無駄をなくし、1人でも多くの人に接種するため、7回接種できる注射器の需要も高まってくる」とみており、「全社一丸となって供給し、国民の感染予防、コロナの収束に向けて技術を提供していきたい」と話している。

災害 全国の事例基に対策 大館市 防災戦略会議立ち上げ 初回は「林野火災」協議

2021-04-13
林野火災の事例を基に、課題や対応策について意見交換した会議(大館市消防本部)
 全国の災害事例を基に課題を出し合って発生時の対応に役立てようと、大館市は12日、第1回防災戦略会議を市消防本部で開いた。本年度初めて企画したもので、年4回の開催を予定。初回は同本部や危機管理課、林政課の担当者11人が出席し、福原淳嗣市長を招いて林野火災をテーマに協議。多角的な情報収集に向けた関係機関の連携構築、山ごとの警防計画策定の必要性などを挙げた。
 管内での災害発生時に被害を最小限に抑えるため、全国の事例を基にしながら課題を洗い出して対策を検討しようと、本年度初めて開催。空気が乾燥して火災が発生しやすい時期を迎えたため、初回は林野火災をテーマとした。
 同本部警防課の石田裕樹課長補佐が、実際の活動状況や災害事例に触れながら課題を説明。2018年4月に同市岩瀬字大石渡で発生した大規模な林野火災について「防災ヘリから散水し、岩瀬川が近くにあったので良かったが、消防水利をどう確保するかが重要。警報をいかに効率的に市民に伝えるかも課題」とした。
 栃木県足利市で2~3月に約100haを焼いた山林火災と同規模の災害が大館市内で発生したと想定し、早期に状況を把握し避難誘導につなげるため、▽ドローンの活用▽山ごとの警防計画策定▽森林管理部門を含めた連携構築―の必要性を指摘した。
 出席者がそれぞれの部門から課題と現状を報告し、「風向き等を考えた避難誘導が必要で、現場からの情報が重要になる。市民に寄り添った活動をするため、さまざまな機関と協力していく」などの声が上がった。
 会議では、季節や全国で発生した事例に応じて毎回テーマを変えて協議していく。福原市長は「北東北の陸援隊として市民、圏域住民の生命財産を守るのが大館消防。意識を共有していくことが大切」と述べた。

新型コロナ 警戒レベルを引き上げ 県対策本部 新規感染者の増加で

2021-04-13
警戒レベルの引き上げを決めた対策本部会議(災害対策本部室)
 新型コロナウイルスの新規感染が先月下旬以降、県内で増加していることを受けて県は12日、独自に定めた警戒レベルを特措法に基づく人の移動や外出自粛を要請できる「レベル3」に引き上げた。同日、県災害対策本部室で開いた対策本部会議で決定。県民に対して不要不急の県外との往来自粛を求めたほか、県内で拡大の要因となっている「家庭内感染」への注意を呼びかけた。
 県内の感染状況は先月中旬、約40日ぶりに新規感染が確認されて以降、大仙保健所管内を中心に増加傾向にあり、今月5~11日の1週間には警戒レベル2の指標を大幅に超える30人を確認。感染力が強いとされる変異ウイルスの感染も発生している。
 新規感染者の急増で入院患者や宿泊療養者も増加しており、病床確保計画のフェーズも2から3に引き上げた。即時に対応できる病床数は現在の98床から123床になる。11日現在の療養者数は入院21人、宿泊療養21人、調整中3人。フェーズ2の基準に対する病床使用率は21・4%でひっ迫した状況にないが、新規感染の急増を受けて早めに対応した。
 会議では、東北地方の宮城を含めた1都2府3県に「まん延防止等重点措置」が適用されたことや変異ウイルスが全国的に広がっていることを踏まえ、警戒レベルの引き上げを決めた。
 引き上げにより、県民に対して「仕事や試験、冠婚葬祭などを除いた県外との往来」について自粛するよう要請。また、大仙管内の感染拡大は家庭内での感染によるものが多いことから、ウイルスを家庭に持ち込まないための対策徹底を呼び掛け。会食についても▽マスク会食の実践▽対策が不十分な状況下でのカラオケ自粛―などを訴えた。
 会議終了後に佐竹敬久知事は臨時会見を行い、「ワクチン接種の開始に向けて感染を抑え込むことが重要」などと述べ、県民に理解と協力を呼びかけた。感染拡大に伴い誹謗(ひぼう)中傷も増えているとし、「誰もが感染する可能性はある。誹謗中傷や差別は絶対にやめて」と訴えた。

コロナワクチン集団接種 総合病院で模擬訓練 大館市 まず90歳以上、24・25日

2021-04-11
 大館市は10日、市立総合病院で90歳以上の市民に先行して行う新型コロナウイルスワクチン集団接種のシミュレーションを実施した。1回目の接種は今月24、25日、同病院正面玄関ホールで行う。1日約500人の接種を想定し、3カ所の接種ブースを設けるなど市職員が会場を設営し、課題を確認した。12日に対象となる市民約3000人に接種券を発送し、電話での予約受け付けを開始する。
 ワクチンの入荷が限定的で、市では高齢者の優先接種のうち、重症化のリスクが高い90歳以上から先行して行う。対象は1932年4月1日以前に生まれた市民。接種日は土、日曜に設定し、1回目が4月24日、25日、2回目が5月15日、16日。接種は無料。
 接種者は正面玄関から入り、発券機で整理番号を受け取り、ロビーに並べたいすで番号を呼ばれるのを待つ。受け付けで予診票や本人確認などを行った後、接種ブースへ進む。
 接種ブースは5㍍×5㍍の広さで、3カ所設置。各ブースに予診医と接種医の医師2人、看護師1~2人、事務職員2人を配置する。接種後、外来の待合室で経過を観察する。病院にはワクチンを保管する超低温冷凍庫が設置されており、希釈したものを各ブースへ運ぶ。
 市新型コロナワクチン接種対策室によると、両日とも午前200人、午後300人への接種を想定。医療従事者や市職員計80人体制で対応する。
 シミュレーションには職員20人以上が参加し、間仕切りを並べて接種ブースを設営し、動線などを確認した。安保透室長は「ワンフロアの会場で接種者の負担が減り、職員は全体が見通せる。30分で約50人の接種を進める計画で、職員を多めに配置して安全安心に行いたい」と話した。
 対象者に12日、接種券や予診票を同封した「予防接種のお知らせ」を郵送する。コールセンター業務は委託し、12日以降予約を受け付ける。市に到着する第1弾のワクチンは975回分で、先着順で締め切る。
 65歳以上の市民の接種はニプロハチ公ドームで実施する。ワクチンの入荷状況により、今後実施日などを決める。

予診を終えた後、移動して接種をするシミュレーション(大館市立総合病院)
12日に対象者に発送する封筒や接種券の見本

和の風情でイベント 大館の桜櫓館 きょうまで手作り市 耐震改修後初の貸館

2021-04-11
大広間で開かれた手作り市(桜櫓館)
 大館市字中城の国登録有形文化財・桜櫓館で10日、耐震改修後、初の貸し館イベントとなる「花咲く頃の手作り市」が始まった。昭和初期の本格木造建築の風情あふれる空間に、同市と能代市の9人が布作品や陶器などを展示。来場者は作品を手に取ったり、館内を見学したりしながら楽しんだ。11日まで。
 大館町長を務めた桜場文蔵氏が1933年に建てた木造2階建ての和風住宅。ケヤキの大梁(はり)と長尺・幅広の床板、秋田杉の長押(なげし)も継ぎ足すことなく長尺が使われた。部屋の障子や階段の手すりにも高度な技術が施され、2階の屋根から突き出た展望台もある。99年7月に登録文化財となった。
 2019年度の耐震診断で耐力壁の不足が判明し、市が昨年5月から改修工事を実施。文化財の価値を守ることと安全性確保の両立を目指し、建設当時の材料も可能な限り使用。今月1日に開館した。
 手作り市は布作品を制作する能代市の渡辺みや子さん(71)が知人に呼び掛けて開催。32・5畳の大広間にバッグや衣類、ステンドグラス作品、陶器などを並べ、販売した。渡辺さんは「以前もここで作品展を開いたことがあり、リニューアルを知って利用しようと思った。雰囲気のある建物で、庭もすばらしい。コロナ禍でイベント自粛が続いていたので、出展者も来場者も喜んでいる」と話した。最終日は午前10時30分から午後4時まで。
 桜櫓館の見学は無料。月曜休館(祝休日の場合は翌日)。大広間の使用料は1時間220円。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

宴会場・飲食店、コロナ禍続く 「予約全てキャンセル」 歓送迎会シーズン

2021-03-26
歓送迎会シーズンでも人影がまばらな飲食店街(大館市大町)
 新型コロナウイルス感染拡大の影響が続く中、北鹿地方の宴会場や飲食店では歓送迎会シーズンの需要が伸び悩んでいる。本来は忘・新年会に続く書き入れ時となるはずが、大人数での予約はほとんどなく、「4月の予約は全てキャンセルになった」との声も漏れる。コロナ禍が続いて閉店に追い込まれる店も出てきており、「今は店が持っても、このままでは…」と先行きを不安視するムードが広がる。
 大小5部屋の宴会場を備える大館市有浦のプラザ杉の子では例年3月、卒業式シーズンに合わせて学校関係、企業などから20件前後の予約が入っていたが、今年は5件ほどにとどまる。湊貞之・料飲サービスマネジャーは「例年50人規模の利用も多かったが、今年は多くて20~30人」と話す。
 4月も伸び悩んでおり、「問い合わせはあるが、『状況を見て決める』という声が多く、予約には至っていない。感染対策は万全にしているが、利用を勧めるわけにもいかない。この状況が続くとかなり厳しい」と不安をのぞかせる。
 大館市中心部のある飲食店は、宴会での利用が売り上げの多くを占めるが、今年3月の予約は「例年の半分ほど」という。店主は「4月は予約が全てキャンセルとなり、今のところ全くない。これまでは1組20~30人の利用もあったが、今は3~4人が中心」とこぼす。テークアウトの需要が高まり、行政の発行するプレミアム付き商品券の効果で客足は戻りつつあるが、「客数が少なく、プレミアム商品券がなくなると今後が不安」と漏らす。
 一方、同市大町の秋田比内や大館本店は「来店組数は例年の8割ほどまで戻ってきている」という。しかし、店主は「客数はまだまだ。いつもは20~25人規模の宴会もあった。今は1組4~5人がほとんど」と話す。感染対策として検温、消毒、対人距離を確保した席配置を徹底し、来店待ちの列ができないように工夫もしている。「安心して食事してもらうため、地元客に足を運んでもらうためにさまざまな方法を考えている。違う営業の仕方も考えていないと」と対応を模索する。
 飲食店が並ぶ同市大町の商店街は人影がまばらで、夜の暗さが際立つ。コロナ禍で閉店した店もあり、大町商店街振興組合の山城久和理事長は「店によって影響の大きさが分かれている。にぎわっている店もあるが、『本来は毎日宴会があるのに、全然客が来ない』という声もある。年末年始と3~4月は繁忙期なだけにショックが大きいようだ」と代弁する。「今は店が持ったとしても、この状況が続けば(閉店を)考える店も増えると思う」と心配していた。



北秋田市 伝統的「まと火」復活 新田目地区 稲わら使い、18年ぶり

2021-03-25
橋の前に設置された「門構えハサ掛けまと火」を眺める住民
 北秋田市新田目地区で彼岸明けの23日夜、稲わらを使った昔ながらの「まと火」が行われた。地域活性化に取り組む新田目地域推進協議会(小林茂勝会長)が18年ぶりに復活させようと準備を重ねて実施。地区の各家分70個を製作した「モリ」や、門型のまと火が勢いよく燃え、炎や煙で先祖を供養した。
 まと火は合川地区や上小阿仁地区の多くの集落で祝日の春分の日に行われているが、新田目地区では先祖の魂を送り出す意味を込め、彼岸明けの開催を続けている。2003年まではわらの束を使ってまと火を行っていたが、年々稲わらの確保が困難になり、04年から布に油をしみこませた「ダンポ」を使って行うようになったという。
 新田目地域活動推進協では、1年ほど前から稲わらを使った伝統的なまと火の復活を考え、材料の確保など準備に取りかかった。住民らの呼び掛けで同市桂瀬の「森のテラス」から稲わら、市内の製材所から木材など材料の支援を受け、実現した。
 20日に住民18人がまと火の際に燃やす「モリ」作りに参加。モリは、木の棒にわら束3把をかさ状にくくりつけて積み上げ、最上部に1把をくくりつけたもの。高さは2㍍ほどあり、集落にある住宅分の計70個を作製した。初めての住民が多く、大きさや縛り方なども手探りの状態で作り上げた。
 23日は朝から準備作業を開始。阿仁川に架かる新田目橋周辺の川沿いにモリを等間隔に並べたほか、わら束を横に並べた縦4㍍、横3㍍の「門構えハサ掛けまと火」1基を橋の終点に設置。協議会によると、「彼岸の入りに迎えた祖霊が彼岸明けに川を渡り、門を通ってあの世に帰る」という言い伝えに沿って準備を行った。
 点火時刻の午後7時前には、キャンドルライトの明かりがともる橋の周辺に地域住民らが続々と訪れた。合図のほら貝が響く中で点火が開始され、住民15人が一斉にモリや門型のまと火に火を付けた。ダンポを使用したまと火と比べると、稲わらのまと火の点火時間は約5分とあっという間。その分稲わらは一気に燃え上がり、住民たちは炎を見つめながら祖先の霊を供養していた。
 小林会長は「見た人たちにきれいだと言ってもらえてよかった。材料を確保して、また来年もできたら」と話していた。


告示後初の北鹿入り  月内に全陣営  知事選 選挙戦折り返しへ

2021-03-24
候補者の訴えを聞く有権者(大館市早口)
 任期満了に伴う知事選(4月4日投開票)は24日、告示後初めて北鹿地方に新人候補が入り、有権者に政策を訴えた。4選を目指す現職に対し、初の女性を含む新人3人が挑む構図。25日で前半戦を終え、折り返し点にさしかかる。ほかの候補者も月内に北鹿入りする予定で、後半戦で支持拡大を狙う各陣営の主張がさらに熱を帯びる。
 立候補したのは、届け出順に新人で県美容生活衛生同業組合前理事長の山本久博候補(69)、新人で元衆院議員の村岡敏英候補(60)、現職の佐竹敬久候補(73)、新人で新日本婦人の会県本部前事務局長の相場未来子候補(50)=いずれも無所属。
 山本候補は18日から21日にかけて秋田市をくまなく回り、22日から県南を遊説。洋上風力発電の産業化や企業誘致、女性活躍推進などを掲げ、積極的に街頭演説を繰り広げている。29日に北鹿地方で選挙カーを走らせる予定だ。
 村岡候補は初日に秋田市、2日目以降は県南を重点に回った。23日から県北に入り、24日は大館市を遊説。農林水産業の振興や賃金アップなどに取り組むとし、「課題を解決する知事になりたい。力を貸して」と支持を求めた。
 佐竹候補も初日は秋田市を遊説し、19日から県南で成長産業の拡大や行政デジタル化、公共基盤整備などの訴えを響かせた。27日に上小阿仁村や北秋田市、大館市、28日は鹿角市、小坂町、大館市を回る方向で調整している。
 相場候補は初日から地元の能代市に入り、中央や県南も回っている。新型コロナウイルス対策として検査拡充や影響を受けた県民らの支援を掲げ、「命と暮らしを守る県政をつくりたい」と強調。30、31日に北鹿入りを予定している。
 選挙戦は佐竹県政3期12年に対する評価や新型コロナへの対応、人口減少対策などを争点に論戦を展開している。


鹿角市 高齢者は4月下旬以降 コロナワクチン接種計画 施設入所者を優先

2021-03-25
 鹿角市は、新型コロナウイルスワクチン接種について、医療従事者は4月上旬から、65歳以上の高齢者は施設入所者を優先して同下旬から行う計画を明らかにした。
 高齢者用のワクチンは4月12日と26日の週に1箱ずつ同市に配送される予定。1箱は975回分で、接種対象の高齢者全員分に対して不足が生じる。
 このため、高齢者の中でも優先順位を決め、4月下旬から、重症化リスクの高い高齢者施設入所者約900人から優先的に接種を進めていく。
 ワクチンは5月以降、必要数が順次供給される予定。施設入所者以外の75歳以上の高齢者約5800人は早くても5月下旬から、75歳未満の高齢者約5800人は6月上旬から接種を行う見込み。
 7月以降、基礎疾患のある人、高齢者施設の従事者、それ以外の人―の優先順位に従って順次接種を進める予定。
 市内の対象者は16歳以上の約2万7000人。接種券は医療従事者約2000人には医療機関で発行。それ以外の市民には4月中旬以降、順次発送する。
 券が届いた人はコールセンターまたは医療機関で予約をした上で接種する。詳細は券に同封する案内チラシで周知する。
 接種は、市内医療機関での個別接種と、かづの厚生病院エントランスホールを会場にした集団接種の併用で実施する。
 ワクチンを保管する超低温冷凍庫(ディープフリーザー)は福祉保健センターに設置済み。
 問い合わせはコールセンター(☎0186・30・0715)。


大館市異動 総務部長に阿部氏 コロナワクチン対策室を増員 福祉部長は女性登用

2021-03-24
 大館市は23日、4月1日付の人事異動を内示した。部長級は、総務部長に阿部稔議会事務局長、市民部長に成田学福祉部長兼福祉事務所長、教育次長に石田一雄市民部長を起用するほか、福祉部長兼福祉事務所長に菅原弥生福祉課長、議会事務局長に工藤仁総務課長兼新庁舎建設推進室長が昇格。観光交流スポーツ部に再任用職員を政策監として配置する。
 異動総数は全体で294人となり、前年度に比べ119人減。5月に開庁する新本庁舎への引っ越しを控えているためで、7月に再び異動を実施する。一般職167人のうち部長級は5人、課長級17人、課長補佐級30人、係長級28人、一般職級87人。昇格は部長級2人、課長級8人、課長補佐級14人、係長級13人。医療職は総合病院73人(診療局19人、看護部54人)、扇田病院が看護部2人。消防職52人。女性の部長級登用は3人目となる。
 病院、消防を含めた31日付の退職者は、再任用の任期満了を合わせて60人。一方、4月1日付の採用は市役所37人(うち再任用13人)、病院16人(同5人)、消防2人の計55人となった。
 2月に設置した新型コロナウイルスワクチン接種対策室に専任職員を2人増員し、兼務を含め6人体制で作業の円滑化を図る。
 2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロ(ゼロカーボン)を目指すため、林政課木材産業係に職員を増やして公共施設の木造・木質化、都市部での木材利用、木育などを進める。ふるさと納税推進室も増員する。
 人材育成の観点から国土交通省東北地方整備局との人事交流、県産業集積課や全国道の駅連絡会への派遣を継続する一方、広告代理店大手・電通への派遣は休止する。

印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る