本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

カラス対策 電子防鳥機貸し出しへ 大館市12月議会・一般質問 旧正札駐車場跡「利用可能性を協議」

2020-12-02
NEW
一般質問が行われた本会議(大館市役所)
 大館市の12月定例議会は1日、前日に続いて本会議を開き、6議員が一般質問を行った。カラス対策について福原淳嗣市長は、警戒音を出す「電子防鳥機」を導入し、来年度から町内会を対象に貸し出す方針を示した。旧正札竹村関連のうち、立体駐車場跡地については「公的利用の可能性を関係機関と協議している」と明らかにした。
 佐々木公司議員(令和会)、阿部文男議員(同)、佐藤眞平議員(同)、栁館晃議員(同)、田村儀光議員(同)、笹島愛子議員(共産党)が登壇。
 カラス対策は追い払いに使うLED(発光ダイオード)照明やレーザーポインター、清掃用デッキブラシの貸し出しを行ってきた。本年度は新たに電子防鳥機を導入し、8月から2カ月にわたり市立総合病院前の国道7号交差点付近で試験を実施。市長は「一定の効果が認められた」とし、「来年度に向け、防鳥機を貸し出す準備を進めている」と述べた。
 「旧正札跡地の利用計画はどうなっているか」との質問に対し、本館棟跡地については「民間投資の整備促進へ関係者に取り組んでもらったが、新型コロナウイルスの影響を受け、全ての計画がいったん白紙となった。しかし可能性がなくなったわけではない。しばらく推移を見守りたい」と答弁。その上で立体駐車場跡地の協議に触れ、「動きがあり次第、議会や地域に報告しながら進めたい」との考えを示した。
 自動運転技術の活用に向けた取り組みについては、昨年12月の体験会を振り返りながら「国や県、全国道の駅連絡会など関係機関に、公道での実証実験を視野に入れた意見交換や支援をお願いしている」と説明。「市民の理解を深め、実際に社会で使われる段階の『社会実装』に向け取り組む」と決意を新たにした。
 新型コロナウイルス対策について「業種を問わず公平に支援を」と質問があり、市長は「影響を受けた全ての事業者が対象になるよう実施している。国の3次補正が予定されていることから、各業界のニーズ把握に努め、引き続き効果的な対策を実施したい」と述べた。
 小中学校に通信ネットワークとタブレット型端末1人1台を整備する国事業について、高橋善之教育長は「11月末までに終了し、今月1日から使用可能。教職員対象に利活用研修を行い、冬休み明けの3学期には授業などで活用する」と答え、教職員らの「ICT(情報通信技術)活用推進委員会」を新たに組織する方針を示した。
 

日沿道・蟹沢―大館能代空港 13日開通、作業ほぼ完了 報道向け現場公開 IC周辺の通行形態変化

2020-12-02
NEW
逆走防止のため塗装された路面などを説明する県職員(蟹沢IC)
 今月13日の開通が決まった日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の蟹沢インターチェンジ(IC、北秋田市)―大館能代空港IC間で1日、報道関係者向けの現場見学会が開かれた。両端のIC周辺は開通前と通行形態が変わることから、逆走防止のため道路に塗装が施され、通行者に注意喚起を促している。
 見学会は国交省能代河川国道事務所と県が実施。今回は鷹巣大館道路との接続区間(延長1・7㌔)と、蟹沢IC以東の鷹巣西道路(約3・6㌔)が開通する。担当者によると、供用開始に向けた作業は「ほぼ完了している」といい、立ち入り防止柵の設置などを残すだけとなった。
 大館能代空港ICはこれまで大館方向にだけ通行できていたが、今後は能代方向にもICを降りずに行けるようになり、通行形態が変化する。大館方向から走行してきた車両が空港ICで降りる際、これまでは直角に近い右カーブを経て出口へ向かっていたが、開通後は右折前に一時停止が必要となる。開通に伴い、空港ICから能代方向へ向かう車両と平面交差するため。
 平面交差する地点には一時停止の標識を設置するほか、路面に2色の着色を施した。一時停止の必要がない本線進入路は青色、一時停止が必要な本線退出路は途切れた赤色に塗られ、優先される車線と曲がる方向を示している。
 蟹沢ICも通行区分を示すポールを設置するほか、路面を着色して逆走防止を図っている。今回の開通区間5・3㌔は自動車専用道路となるため、歩行者や軽車両、125㏄以下の二輪車は通行できなくなる。このため旧県道を活用して整備した蟹沢IC周辺では、自動車専用道路に沿うように側道も設置された。
 今泉側から蟹沢ICに向かう車線には、以降の道路が自動車専用道路となることを示す標識を設置。側道の幅員は4㍍。車両の交差に支障がないよう3カ所の回避スペースを設けている。側道の設置により、自動車専用道路を通行できない歩行者や軽車両も、県道大館能代空港西線につながる蟹沢ICから市道や側道を利用することで空港方面へ向かうことができる。
 

小坂町でXマス・イルミネーション ドイツ風に街を彩る 明治百年通りで25日まで マーケットは中止

2020-12-02
NEW
幻想的な雰囲気に包まれている小坂町のクリスマスイルミネーション(明治百年通り)
 小坂町の冬を飾る「クリスマスイルミネーション」が1日、明治百年通りで開幕した。コロナの影響で恒例のマーケットは中止となったが、幻想的なイルミネーションが冬の夜を彩っている。
 「クリスマスマーケットin小坂」と銘打って、2013年から開催している。1873(明治6)年12月、小坂鉱山に赴任したドイツ人鉱山技師、クルト・ネットーが小坂で行ったクリスマスが由来になっている。
 町は「ネットーが小坂で思い描いた母国のクリスマスマーケット(市場)の夢をかなえてあげたい」とイベントを始めた。近代日本のクリスマス発祥の地をPRする狙いも込められている。
 例年、露店が並びホットビールやホットワイン、クッキー、ロールケーキ、焼きソーセージなどの飲食物を販売しているが、コロナの影響でマーケットは中止し、ステージイベントも取りやめた。イルミネーションだけとなったが、天使館や鉱山事務所周辺の木々などは約4万個の電飾で彩られ、幻想的なムードが漂っている。
 鹿角市花輪から来たという50代女性は「マーケットがないのは寂しいが、コロナ禍ではしかたない。イルミネーションは素晴らしいですね」と話した。
 25日まで午後5時から同8時まで点灯される。土、日曜日は鉱山事務所がライトアップされる。
 

ソーラーシェアリング 水稲で県北初の導入 水稲栽培と発電両立 大館市の白神エネルギー

2020-12-01
水田の上に太陽光パネルを設置し、発電を始めた(大館市岩瀬)
 再生可能エネルギーを有効活用しようと、大館市岩瀬で太陽光発電事業を行う白神エネルギー(古家博文代表)は、会社近くの水田で農業と発電事業を両立させる「ソーラーシェアリング」(営農型太陽光発電)を始めた。水田への導入は県内2例目で県北地域では初めて。古家代表は「積雪地帯でも十分に収益が見込めると実証したい。耕作放棄地の解消にもつながる」と話し「いずれは取り組みを地域全体に広めたい」と展望を描いている。
 「ソーラーシェアリング」は、畑や水田などの農地の上に支柱を立てて太陽光パネルを設置。作物に必要な日射を確保して営農への影響を極力小さくしながら、一つの土地で農業と発電事業を両立することを目指す。農業収入を得ることに加え、発電した電気も電力会社に売ることで売電収入を得ることが可能なため、関心が高まっている。
 同社は2014年に設立し、同市内8カ所で太陽光発電事業を展開している。「ソーラーシェアリング」を行う実証圃は、古家代表が所有する同市岩瀬の水田約30㌃。1700万円かけてアルミ製の支柱と太陽光パネル168枚を整備した。年間発電量は一般家庭約24世帯分の年間消費電力に相当する7万2600㌔㍗時。売電収入は年間180万円程度を見込んでおり、初期費用を10年で回収することを目指す。
 耕作は知人の専業稲作農家・北林和彦さん(60)に委託し、来年はあきたこまちを作付けする。太陽光パネルを支える支柱間の幅は約3・5㍍、架台上部までの高さが約3㍍あるため、田植え機やコンバインでの作業も従来通り行うことができる。パネルは約30度の傾斜を付けて設置され、降雪があっても自然に落下するよう設計。最大1㍍の積雪まで耐えることができるという。パネル設置に伴う日照量の影響で、1割程度の減収を見込んでいる。
 政府は2050年までに温室効果ガスの排出をゼロにする方針を示しており、太陽光などの再生可能エネルギーへの注目も高まっている。古家代表は「積雪地域でも収益を出せるというモデルケースになれれば。10年、20年後にこの地域が豊かになるよう、利点を知ってもらい、取り組みを拡大させたい」と期待している。

 
 

上小阿仁村長選から一夜 小林悦次村長が初登庁 公約の実行へ意欲

2020-12-01
初登庁で花束を受け取る小林悦次村長(上小阿仁村役場)
 29日の上小阿仁村長選で返り咲きを果たした小林悦次村長(66)は一夜明けた30日、村役場へ初登庁した。職員を前にした訓示では「村民に約束したことを事業として実行していく」と公務への意欲を見せた。
 当選後は支持者らと喜びを分かち合った後、午後10時半には就寝したという。普段通りの午前5時前に起き、同9時に初登庁。役場前に並んだ職員から拍手で出迎えられ、受け取った花束を手に「またよろしくお願いします」と声を掛けた。
 村開発センターで村選挙管理委員会の小林宏委員長から当選証書が手渡された。任期は29日から4年間。職員約40人の前で行った訓示では、小林村長は職員に対して「再び一緒に仕事ができることをうれしく思う」と述べ、自身の公約の中で実行が比較的容易なものとして、介護保険料などの引き下げや除雪問題の解決などを挙げた。「首長は住民の審判を受けてこの場に立っている。公約を実行するため、知恵と力を貸してほしい」と呼び掛けた。
 終了後は村長室で報道陣のインタビューに応じた。再び村長席に着き、「全く変わっておらず、あまり違和感はない」と語った。この日は課長会議で議会対応や補正予算の指示などを予定。「村民も職員も困っている。時間的な余裕がないが、やれることを即座にやっていかないと」と緊迫した表情で話した。
 135票差を制し「一生懸命悔いの残らないよう頑張った」と振り返る。住民に公約を理解してもらえるよう繰り返しの説明を心掛けた。
 前回村長を務めた際の反省点について「周囲から見るとワンマンだったのかもしれない」と受け止め、「まず人の話を聞き、事業をどのように進めるか考える」と述べた。議会に対しても「『説明不足』で時間が過ぎていくことのないよう、しっかりとした説明で物事を迅速に進めたい」と話した。
 公約に掲げた中でも要望が多かったという新型コロナウイルス対策の第2弾給付金支給は、「給付金の支給や商品券などさまざまな方法がある。村の経済を動かし、村民に喜んでもらえるよう対応する」と考えを示した。不在のままの副村長については「村民サービスが停滞しないよう、臨時議会などで早めに理解を得たい」と話した。
 
 
RSS(別ウィンドウで開きます) 

小林悦次氏が返り咲き 上小阿仁村長選 前議長との一騎打ち制す

2020-11-30
万歳三唱し返り咲きを喜ぶ小林悦次氏㊥(五反沢児童館)
 中田吉穂村長の死去に伴う上小阿仁村長選挙は29日、投開票が行われ、前職で農業の小林悦次氏(66)=五反沢=が886票を獲得、新人で会社員の小林信氏(59)=小沢田=を破り、村長の座に返り咲いた。投票率は前回(86・36%)を1・31ポイント下回る85・05%だった。
 小林悦次氏は「村長が不在で、副村長や監査委員もいない現在の緊急事態を、早急に正常化する。村長の経験を生かしすぐ対応できる」などと訴え、豊富な行政経験と中田氏の前に町長を1期務めた実績をアピール。少子高齢化対策や農林業に関する政策に加え、新型コロナウイルスへの対応なども公約に掲げた選挙戦を展開した。加えて、中田氏が地盤とした大票田の沖田面地区に選挙事務所を置いたことも奏功し、支持を拡大。勝利をつかみ取った。
 一方、小林信氏は議会議員や議長を務めた実績を強調しながら「村にとって危機的状況の中、混迷を起こした人に村政を任せていいものか。立て直すには、住民と行政、議会が1つになることが大切。前進させたい」と訴えた。政策面では高齢者の生活支援や働く場の創設、若者定住の環境づくりなどを掲げ、地盤とする小沢田など村北部の集落に加えて中田氏が地盤とした沖田面地区でも積極的な運動を展開したが、135票届かなかった。
 

「ニンギョ様」で疫病退散 大館市松峰で「まつり」 住民が担ぎ練り歩く

2020-11-30
人形を担いで町内を練り歩く住民ら(大館市松峰)
 大館市松峰地区で29日、伝統行事の「ニンギョ様まつり」が行われた。地域住民が武将を模した人形を担いで町内を巡行し、疫病退散などを願った。
 悪霊や疫病などが入ってこないように地区の入り口3カ所に人形が置かれていたことが発祥とされるまつりで、約450年の歴史があるとされる。現在は松峰神社氏子会(畠山米藏総代)が伝承している。多くの住民に参加してもらおうと、11月の最終日曜日に実施している。
 人形は高さ約2㍍、重さ約40㌔。28、29の2日間、住民らが松峰児童館で「武将の力を借りて疫病をはらう」という意味を込め、「武蔵坊弁慶」「源義経」「那須与一」の3体をワラなどで作った。
 神事の後、午後4時に同児童館を出発し、ほら貝や太鼓の音とともに人形を背負った氏子らが約2時間、町内を練り歩いた。付近住民がろうそくやお神酒を供えて無病息災、特に新型コロナウイルスの一日も早い終息を願った。
 

スキー用品を安価に 鹿角市でバザー 親子連れでにぎわう

2020-11-30
大勢の家族連れが訪れた再利用バザー(鹿角市記念スポーツセンター)
 家庭で眠っているスキー用品を集めた「ウインタースポーツ用品 再利用バザー」が29日、鹿角市記念スポーツセンターで開かれた。市内外から大勢の家族連れが訪れ、子どもがこれから使用する道具を買い求めた。
 「スキーのまち鹿角」の推進役となっている鹿角スキースポーツ少年団が年前から主催している。近年のスキー離れの一因である「用具さえあれば」という声に応えようと、家庭に無料での提供を呼び掛け、毎年この時期に行っている。
 出品はスキー板、ストック、ブーツ、ウエア、手袋、ヘルメットなど約900点。昨年の約700点から200点ほど増えた。価格の主流はスキー板が2000~3000円、ブーツとストックが各200~300円。4000円あれば、一式をそろえることが可能。子育て家庭の家計にやさしい価格設定となっている。
 開場の午前9時半には、約200人が並び、会場のドアが開けられると、お目当ての用品コーナーに進み、家族と品定めをして、買い求めていた。午前6時すぎに会場に到着したという市内の代男性は「小学4年の娘のクロスカントリースキーを買いたいと思って来た。(このようなイベントは)助かりますね」と話した。
 主催団体代表の海沼知行さん(62)は、「まずスキーに親しんでほしい。そのうえで、スポーツ少年団に入ってくれれば、と思っている」と話している。コロナ対策として、検温、手指の消毒、氏名・連絡先の記入を行い、スタッフはマスクにフェースシールドを着用した。
 

来年の登録、高まる期待 縄文遺跡群 世界遺産シンポジウム Zoom使用 北鹿3カ所で開催

2020-11-29
世界遺産登録へ期待を込めたシンポジウム(大湯ストーンサークル館)
 秋田縄文遺跡世界遺産推進シンポジウムが28日、ウェブ会議システム「Zoom」を活用して行われた。東京大学名誉教授の西村幸夫さんが基調講演し、遺跡群の特徴などを説明。北鹿地域3カ所をつないで開かれ、来年夏にも予定されているユネスコ世界遺産委員会の審査結果に期待を込めた。
 シンポジウムは鹿角市の大湯ストーンサークル館、北秋田市のコムコム、大館市の中央公民館をつないで開かれ、大湯ストーンサークル館には地元市議、歴史愛好家など約40人が参加した。
 主催した北東北歴史懇話会の藤盛紀明会長は「いよいよ世界遺産登録が近づいてきた。登録へ向けた最後の一押しとなるシンポジウムだ」とあいさつ。鹿角市の児玉一市長、北秋田市の津谷永光市長がビデオメッセージを寄せた。
 講師の西村さんは、日本イコモス国内委員会委員長。「北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録について」と題して講演した。今後の日程について、来年5月ごろに諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)の勧告があり、6月ごろには登録の可否を審査するユネスコ世界遺産委員会が開かれるとの見通しを示した。
 コロナ禍における取り組みとして、西村さんは「海外や遠くからの観光客は見込めない。コロナ後に備え、地元の人たちが遺跡の価値をきっちりと理解し、発信できるようにしてはどうか」とアドバイスした。
 県教委の新海和広さんが遺跡群の価値を説明し、「1万年以上継続した採集、漁労、狩猟による定住は、その過程と精神文化の発達を表し、農耕以前における人類の生活の在り方を示す普遍的な価値を持つ」と指摘した。北秋田市教委の榎本剛治さん、鹿角市教委の赤坂朋美さんもそれぞれ遺跡を説明した。
 

米新品種「サキホコレ」 先行提供を開始 県のキャンペーン 北鹿の宿泊施設でも

2020-11-29
「サキホコレ」と「あきたこまち」を食べ比べる客(ふるさわおんせん光葉館)
 2022年秋の市場デビューを目指す秋田米新品種「サキホコレ」の先行提供キャンペーンが28日、始まった。名称周知とPRのために県が実施するもので、県内外の宿泊施設等25カ所で宿泊客や一般客に試食してもらう。北鹿地方の一部施設でも料理と共に提供され、早速「あきたこまち」との食べ比べを楽しむ客の姿が見られた。
 県が新たなブランド米として開発した「サキホコレ」は、本県産米の主力「あきたこまち」より成熟期が遅い晩生種で、いもち病に強く、高温による品質低下も少ない。▽白さとツヤが際立つ外観▽粒感のあるふっくらとした食感▽上品な香り、深い甘み―が特徴。
 名称は県が4~5月に公募し、国内外から25万893件の応募が寄せられた。専門家らの選考で絞り込まれた最終候補6案から、佐竹敬久知事が「サキホコレ」を選定し、17日に発表。「秋田の地力から生まれた小さな一株が誇らしげに咲き広がって、日本の食卓を幸せにしてほしい」との願いが込められている。
 PRのため県は28日から、県内の宿泊施設22カ所、東京都内の飲食店など3カ所でご飯を試食してもらう先行提供キャンペーンを開始。期間は12月28日まで。北鹿地方では大館市、鹿角市、北秋田市の5施設で味わうことができる。
 このうち、大館市新綱の温泉旅館「ふるさわおんせん光葉館」(小林薫社長)は県から打診を受け、一般客用の日替わりランチ、宿泊客用の朝食で「サキホコレ」と「あきたこまち」を1杯ずつ提供することにした。
 初日は4人が日替わりランチを予約。ご飯を食べ比べ、違いを楽しむようにじっくり味わう姿があった。同市長木川南の男性(66)は「どんな味か興味があった。一粒一粒がはっきりしていて、口に入れると甘みを感じておいしい。食べやすかった」と話した。
 常連客らの関心も高い様子で、小林社長は「販売前にこまちと食べ比べできる機会なので、ぜひ味わってほしい」と語った。
 「サキホコレ」と「あきたこまち」を各1杯提供する日替わりランチは、肉料理か魚料理、秋野菜、みそ汁、小鉢数種類がついて税込み880円。前日夕方までに予約が必要。12月13日までの期間限定。問い合わせは同施設(電話0186・48・4295)。
 このほか県は28日から、県内のスーパーや米穀店、首都圏と中京・関西圏の米穀店など77カ所でサンプル米を配布するキャンペーンも始めた。北鹿地方でもイオンスーパーセンター大館店など3カ所で行う。
 各キャンペーンの対象施設・店舗、日程などは秋田米ウェブサイト「ごはんのふるさと秋田へ」に掲載されている。
 
RSS(別ウィンドウで開きます) 

北鷹ファームからソバ焼酎 11月から販売 藤里で栽培「白神」3銘柄

2020-10-28
北鷹ファームが作ったソバ焼酎
 北秋田市栄の農事組合法人「北鷹ファーム」(藤嶋健一代表理事)が山形県内の酒造に依頼していたソバ焼酎「白神山地」など3銘柄が完成した。1本720㍉㍑入り、小売価格1699円(税込み)。11月初旬から市内外の酒店などで販売する予定。
 同法人は昨年から藤里町の畑20㌶で「階上早生」という品種のソバを栽培している。初年度から収穫量10㌧超の豊作に恵まれた。ところが全国的に豊作で値崩れしたため、一部を加工用に回すことにした。
 目を付けたのは近年幅広い世代に人気の焼酎。小口でも受注してくれる古澤酒造(山形県寒河江市)に依頼した。今年1月に約800㌔分で仕込みを始めた。熟成期間を経て全量の1764本が近く納品される予定。この間に同法人は焼酎の卸売と小売の免許を取得し、販売の準備を整えた。
 味の特徴は「ソバの風味がしっかりしている」(藤嶋代表理事)といい、酒造から「いい仕上がり」と太鼓判を押された。ラベルにこだわり、藤里町が商標登録した「白神山地」のほか、同法人が命名した「白神の和(なごみ)」「白神聖酔(せいすい)」の3種類を作成した。中身は同一でアルコール分は25度。
 藤嶋代表理事によると、ソバ畑は4カ所あり、水はけが悪いなど栽培に適していなかった。仲間と苦労して育てた分、藤嶋代表理事は「最後まであきらめず続けることが大事」と完成した焼酎を目の前に感慨深げ。今後、市内外の道の駅やスーパーなどにも営業活動する予定で「できるだけ多くの人に飲んでもらい、地域に恩返ししたい」と話した。
 問い合わせは同法人(電話0186・62・0408)。

新型コロナ 患者、隔離して運べ 大館市立総合病院 県北初の専用機材 職員らの感染を防止

2020-10-27
隔離型搬送資機材を活用した訓練に臨む消防職員(大館市立総合病院)
 新型コロナウイルス患者からの感染拡大を防ごうと、大館市は陰圧装置付隔離型搬送資機材を導入した。県北では初めて。26日は市立総合病院で資機材を活用した救急搬送訓練を行い、病院間での患者搬送、受け入れ時の対応を確認した。
 コロナ患者に対応する消防隊員や病院職員への感染拡大を防ぐため導入した。購入費は約170万円で、総務省の補助金を活用した。
 隔離型搬送資機材は透明なビニールで覆われており、バッテリー駆動のバキュームシステムで内部を陰圧状態に保つもの。3カ所にフィルターが付いており、空気の入れ替えができるが、内部のウイルスを吸着して外部に流出させない構造となっている。ゴム手袋も取り付けられ、収容後の触診も可能。耐久性の高い素材で、長さ216㌢、幅71㌢、高さ47㌢。
 感染症指定医療機関の市立総合病院では、新型コロナウイルス感染者(疑いを含む)のうち、透析患者、妊婦らリスクの高い患者について2次医療圏を越えて受け入れるケースも考えられ、主に陽性判定を受けた患者を病院間搬送する際に使用する。訓練では妊娠後期の陽性患者を、他地域の医療機関から市立総合病院に搬送するという想定で行った。
 市消防本部職員や同病院の医師、看護師ら18人が参加。防護服に身を包んだ消防職員3人が救急車から搬送資機材を下ろし、ストレッチャーに乗せて病院内へ移送、病院職員へ引き渡した。院内ではその後、陽性患者専用の動線で病室へ移動する流れも確認。他医療機関との情報伝達や、現場での連携も確かめた。
 同病院の桜庭寿志事務局長は「隔離型搬送資機材は患者や病院、消防職員の不安を軽減するもの。院内での感染防止を図りながら、円滑に患者を引き継ぎたい。関係医療機関、消防と連携しながら的確に対応していく」と話した。
 このほか消防本部は今月中に、所有する救急車全4台の運転席と傷病者室の間に隔離壁を設置する予定。佐々木洋一警防課長は「隊員自らの感染防止に努め、市民の安心安全を守っていきたい」としている。

生け花で花の魅力を 大館市内小学校 「花育講座」スタート 長木皮切りに体験活動

2020-10-27
楽しみながら花を生ける児童たち(長木小)
 植物と積極的な関わりを持ち、自然を身近に感じる体験学習「花育教室」が26
日、長木小学校(貝森逸子校長)を皮切りに大館市内の小学校で始まった。北鹿地方では初めての取り組み。子どもたちに花の魅力を知ってもらうとともに、花や緑に親しみ育てる機会を通じて、優しさや美しさを感じる心を育む狙いだ。
 県花きイノベーション推進協議会(渡部謙会長)と花育「一花一葉」推進協議会(大沢重己委員長)の共催事業の一環。両協議会は、花との出合いの場となる公教育「花育授業」の実施・サポートを展開している。
 2017年から県内の生花店から講師を招き、秋田市内の小学校で1~2年生を対象に花育教室「一花一葉講座」を開催。本年度は県農林水産部・園芸振興課の協力で、大館市内の小学校で開かれることが決まった。
 「一花一葉」とは、一輪の花と一枚の葉を使って、自由な発想で「花と葉をデザイン」する生け花の表現方法。講座には市内生花店4店舗(花ドーム、アバフローリスト、クローバー、カネヤ生花店)とJAあきた北が協力。市内産のダリアを使って、4店舗の代表者が講師を務める。
 皮切りとなったこの日は、4店舗の代表者や両協議会員らが来校。1年生16人を対象に講座を開いた。はじめに、花の種類や名前を当てる「お花クイズ」でダリアの種類が3万種類あると教えられると、児童たちは驚きの声を上げた。
 生け花では、児童たちがハサミの使い方や葉脈の切り方を教わり、葉を切ってねじったり、結んだりして楽しみながら、一人一人個性あふれる作品に仕上げた。児童からは「楽しかった」「家に帰って大切に育てる」などの声が上がり、杉田楓乃さんは「お花のことをよく知れたので、もっといろいろな花を見てみたい」と話した。
 講座は12月上旬まで市内8小学校で開く予定。4店舗の代表者が交代で各校を訪問する。花ドームの虻川洋行代表取締役は「この事業を通じて花の魅力を知り、より身近に感じるきっかけになってくれれば」と述べた。

縄文遺跡世界遺産推進シンポ オンラインで来月28日 鹿角、北秋田で上映も

2020-10-27
 秋田縄文遺跡世界遺産推進シンポジウムが11月28日午後1時半から、ウェブ会議システム「Zoom」を活用して行われる。参加無料。鹿角市の大湯ストーンサークル館と北秋田市民ふれあいプラザコムコムで配信を同時上映することにしており、参加者を募っている。
 北東北歴史懇話会(秋田産業サポータークラブ、藤盛紀明会長)と鹿角市、北秋田市が主催し、県教委などが後援。懇話会では東京都を中心に、秋田県の歴史に関するシンポジウムを毎年開催している。本年度は「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録を支援する目的で県の縄文遺跡をテーマに企画したが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から初のオンラインイベントとして実施する。
 「北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録について」と題して、日本イコモス国内委員会委員長で東京大学名誉教授の西村幸夫さんが画面越しに講演する。終了後は西村さんと藤盛会長の意見交換。このほか、伊勢堂岱遺跡と大湯環状列石について各市教委が説明する。
 視聴方法が分からない人も参加できるよう、ストーンサークル館とコムコムで同時上映も行う。懇話会の藤盛会長は「講師とともに世界遺産登録後の縄文遺跡の未来を考えてみたい。ぜひ参加いただけたら」と参加を呼び掛けている。
 参加希望者はメールで▽氏名▽住所▽出身地(市町村単位)▽メールアドレス▽連絡方法▽開催情報の入手元―を記載して申し込む。オンライン参加は先着90人限定。
 オンライン参加の申し込みは県東京事務所内の石田さんか千葉さん(メールIshida-Kento@pref.akita.lg.jp、電話03・5212・9112)。同時上映への参加申し込みは大湯ストーンサークル館(oyusccenter@city.kazuno.lg.jp)か、北秋田市教育委員会(be-bunka@city.kitaakita.akita.jp)。

大館市山田 地域の魅力動画で発信 県がナメコの収穫など撮影 関係人口の創出へ

2020-10-26
山田部落会が栽培する原木ナメコの収穫作業などを動画撮影した(大館市山田地区)
 首都圏などの大都市在住者に向けて地域の魅力を広く発信し、関係人口の創出につなげようと県は25日、大館市山田地区でPR動画の撮影を行った。キノコの露地栽培や山菜販売など、地域資源を生かした〝ムラビジネス〟に取り組む山田部落会(赤坂実会長)の活動の様子を動画に収めた。
 県が力を入れる「県外在住者と連携した関係人口創出・拡大事業」の一環。大都市在住者に「観光以上移住未満」の立場で地域の活動に関わってもらい、来年度以降の関係人口を増やす狙いがある。当初は首都圏在住者らを本県に招致し、地域住民と活動を共に行うことで地域の魅力に親しんでもらう予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い計画を変更。地域の魅力を収めたPR動画を撮影し、情報発信することにした。
 県地域づくり推進課の佐々木智子主査ら約10人が訪れた。農業生産品の流通・消費などを学ぶ秋田県立大アグリビジネス学科の学生3人も参加し、撮影やキノコの袋詰め作業を手伝った。
 同部落会では2010年から「キノコの里づくりプロジェクト」と題して、原木マイタケや原木ナメコの栽培を開始。自然に近い環境で露地栽培を行うため品質がよく、現在は千葉県のスーパーなどにも販路を拡大しているという。
 一行は同部落会が管理する原木ナメコの栽培場を訪れ、収穫作業の様子を動画に収めた。栽培場にはナラやヤマザクラの原木600本が所狭しと並び、所々でツヤのあるナメコが顔を出していた。赤坂会長は「傘の裏側に薄く膜が張っているのが一番いいナメコ」などと説明しながら、収穫の仕方を解説。指導を受けて大学生らが収穫する様子を撮影した。佐々木主査は「地域住民だけで集落環境を維持していくのは厳しい時代。事業を通じて都市圏の人に地域の魅力を知ってもらい、将来的には都会の人が率先して地域に来てくれるような関係をつくっていきたい」と展望を語った。
 県内の他集落でも同様の趣旨の動画撮影を行っており、山田地区で撮影した動画は編集作業を行った上で来年1月ごろ、首都圏在住者を招いて行うオンライン交流会で上映する予定。赤坂会長は「都会の人に過疎集落について関心を持ってもらういい機会になる」と期待していた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る