本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

来春知事選 現職佐竹氏が4選出馬 「次世代の秋田の基礎を」 県議会で表明 「情熱持って」と意欲

2020-11-27
NEW
12月県議会で4選出馬を表明した現職の佐竹氏(議場)
 任期満了(2021年4月19日)に伴う来春の知事選について、現職の佐竹敬久氏(73)は26日、4選を目指して立候補することを表明した。同日に開会した12月県議会本会議の冒頭で述べた。新型コロナウイルス感染拡大に伴う時代の大きな変化に対応した次世代の秋田の基礎構築などに取り組みたいとし「私の気力と体力、情熱をもう一度、県政にささげたい」と述べた。
 佐竹氏は「新型コロナウイルス感染の拡大により、この一年、県政は足踏み状態が続いている。落ち着きを取り戻したとしても、時代は大きく変化しようとしている。変化は本県に大きな可能性をもたらすとともに、反作用として負の側面も持つ」などと県政を取り巻く現状を分析。
 「これからの数年は本県にとって極めて大事な時期。次の世代に可能性に満ちた秋田をしっかりと引き継ぐため、ふるさと秋田を守るため、県政にささげたいという気持ちが強くなった。次期知事選への出馬を決意した」と述べた。
 本会議終了後の取材では、「年齢を考えてそろそろかなという気持ちもあった」と3期12年を区切りとする考えもあったことを明らかにし、「新型コロナの関係で時代は変化し、影響は来年以降も続く。どのように対応するかが重要。これまで培ってきた知識、専門的な経験、さまざまなネットワークなどが県政の利益につながるのではと強く思った。情熱を持ってクリアしていきたい」と意欲をみせた。
 知事選への立候補を正式に表明したのは佐竹氏が初めて。
 【佐竹氏の略歴】仙北市角館町出身。東北大工学部卒業後に県庁入り、総務部次長など務めた。1997年の知事選に立候補して落選。2001年から秋田市長を2期務め、09年の知事選で初当選。現在3期目。

味生む煙、もうもうと 北鹿各地 いぶりがっこ作り盛ん

2020-11-27
NEW
ダイコンがいぶされている小屋(とっと工房)
 北鹿地方で秋田の冬を代表する伝統食の一つ「いぶりがっこ」作りが盛んに行われている。各地の作業場で収穫したダイコンをつるし、いぶす光景が見られる。
 大館市比内町達子のとっと工房は、10月末ごろから作業を始めた。同施設に隣接する畑から収穫したダイコンをひもでつるし、煙が立ちこめる小屋の中で約5日間かけてじっくりといぶしていく。作業は7回に分けて行われ、約5000本を加工する。
 まきには昨年切り出し、1年かけて十分に乾燥させたサクラの木を使用。火の上にはトタンをかぶせ、ダイコンに直接火が当たらないようにしている。いぶしあがり、きつね色になったダイコンはザラメや塩、米ぬかなどで漬けて「がっこ」に。がっこは袋詰めし、空気を抜いて殺菌処理をした後、同市の「比内のゆ」で販売される。
 同工房の菊地俊策管理者は「味の評判も良く、東京や仙台などからの注文も毎年10件ほどある」と話した。希望者には、がっこにする前のいぶしたダイコンなどの販売もしている。

枝アメのミズキ伐採 大館市観光協会など アメ市開催は来月判断

2020-11-27
NEW
伐採したミズキを束ねる職員ら(大館市釈迦内)
 来年2月に開催を予定している大館アメッコ市に向け、関係者が「枝アメ」に使用するミズキの伐採作業を行っている。26日は販売用の小さいものから、3・8㍍のジャンボサイズなど約30本を伐採した。
 アメッコ市では、ミズキにピンク、黄、緑のアメをくくりつけた「枝アメ」が会場などを彩る。今年はコロナ禍で開催を検討中で、来月上旬の実行委員会で可否を決める。例年は枝アメをJR秋田駅や弘前駅にも設置しているが、今回は開催する場合は縮小し、おおまちハチ公通り周辺だけにする予定。
 伐採は25日から始まり、大館市観光協会、大館商工会議所、大館市の職員ら7、8人が作業に当たっている。同協会が管理する釈迦内、川口の植林地のほか、国道脇ののり面など5カ所から300本以上を集める。
 26日は、釈迦内の植林地で作業を行い、ミズキをノコギリなどで伐採し、ロープで束ねて手際良く軽トラックに積み込んだ。今後は長さや形を整え、開催が決まったらアメを枝に結び付けていく。

鹿角初の園芸メガ団地 末広ファーム 一連の施設が完成 地域農業のけん引役に

2020-11-26
完成した末広ファームの施設(鹿角市十和田末広)
 鹿角市の農事組合法人・末広ファーム(柳沢義一理事長)が実施主体となって十和田末広地区で建設を進めてきた穀物乾燥調製施設(ライスセンター)や野菜集出荷施設などが完成し、25日、現地で竣工(しゅんこう)式が行われた。鹿角地域では初めてとなる園芸メガ団地。主要作目のネギの作付面積は来年度、単独の経営体では県内最大規模となる見込みで、地域農業のけん引役として期待が寄せられている。
 園芸メガ団地はコメ依存から脱却し、野菜や花卉(かき)などの生産を飛躍的に向上させることを目的に、県が2014年度から整備を推進している。
 末広ファームは、15~19年度に末広地区で行われた圃場整備を契機に、園芸メガ団地整備事業に取り組むことになった。19年度から国・県・市の支援を受け、野菜集出荷施設(延べ床面積635平方㍍)の建設や農業用機械の導入などを実施。さらに、高収益化に向けた取り組みを総合的に支援する農水省の産地パワーアップ事業で穀物乾燥施設(630平方㍍)の建設なども進めてきた。末広小学校グラウンド跡の市有地を借用。
 野菜集出荷施設や穀物乾燥施設は昨年夏に本格着工し、今年3月下旬に完成。ネギの根葉切り・皮むき機や、太さ別に分ける選別機、穀物の乾燥機や選別機、トラクター、圃場の石を砕くストーンクラッシャーなどの機械設備を導入した。その後、厚生棟の建設や外構工事を進め、一連の施設が今月完成した。総事業費は約5億円。
 野菜集出荷施設は一足早く4月下旬に稼働を開始している。従業員は10人(社員4人、役員6人)が常勤で、必要に応じてパートを雇う。
 園芸メガ団地、産地パワーアップの事業実施期間は19年度から21年度までの3年間。作付面積は本年度が92ha(コメ80ha、ネギ5ha、キャベツ2ha、大豆5ha)。21年度は120ha(コメ84ha、ネギ13ha、キャベツ3ha、大豆20ha㌶)を計画し、ネギは単独の経営体では県内最大規模となる。ネギとキャベツを合わせた販売目標額は1億2000万円。
 竣工式には県、市、JAの関係者、設計施工業者など約30人が出席。来賓の児玉一市長が「柳沢理事長を先頭に力を合わせて鹿角農業をリードして」、鹿角地域振興局の岡崎佳治局長は「第2、第3の末広ファームの出現に期待したい」と期待を述べた。
 柳沢理事長は「来年度は今まで経験したことのない経営面積となる。目標達成に向けて努力したい」と決意。また「今後、社員や経営面積を増やし、地域を活性化させたい」と意欲を語った。

コロナ禍の初詣 人出見込み対策へ 北鹿の神社や寺院 分散参拝の周知検討 対人距離確保へ準備

2020-11-26
初詣の対人距離確保に向けて準備を進める大館八幡神社(大館市字八幡)
 新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、初詣に向けて北鹿地方の神社や寺院は感染防止対策に頭を悩ませている。三が日を避ける「分散参拝」への協力呼び掛けや対人距離の確保、「除夜の鐘」突きの手指消毒など対策の徹底に向けて検討を進めている。不特定多数の人が触れる物は取り外しも視野に入れており、この年末年始は例年とは異なる光景が広がりそうだ。
 大館市中神明町の大館神明社(佐藤文人宮司)では例年三が日に1万人以上の人出が見込まれるため、感染防止対策に気を配る。縁起物を頒布する授与所では巫女(みこ)らにマスクを着用してもらうほか、金銭受け渡しの際に直接手が接触しないよう手袋の着用も検討する。不特定多数の人が触れることになる拝殿前の鈴は取り外すことも視野に入れ、手水舎にはひしゃくを置かない予定。大みそかから元日にかけては参拝客が長い列を作るため、佐藤宮司は「なるべく日にちをずらしてお参りしてもらうように周知したい」と話す。
 同市字八幡の大館八幡神社(福原良英宮司)も対策に気をもむ。「帰省客もいると思うので、対応を試行錯誤している」と福原宮司。参道に約2㍍おきに人工芝のマットを敷き、間隔を空けて並んでもらうよう促すほか、一方通行を誘導する順路も明示して対人距離の確保に努めるという。縁起物の頒布所では担当者のマスク、手袋着用を徹底し、消毒液も各所に置く。「頒布所の時間制限も検討しており、3密にならないよう互いに気を付けて三が日を過ごせれば」と考える。
 鹿角市指定有形文化財の梵鐘(釣り鐘)を有する同市花輪の長年寺(松井直行住職)では、対策を徹底した上で参拝客に鐘楼堂を開放し「除夜の鐘」行事を行う予定。例年は大みそかから100人以上が列を作るだけに、地元町内会と協力して対人距離の確保、手指消毒を求めることを検討している。参拝客にはマスク着用を呼び掛ける考えで、例年通りに飲食物の振る舞いが実施できるかどうかも含めて今後詳細を詰めていく。松井祐司副住職は「密にならないよう感染対策を徹底したい」と話している。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

天然キノコシーズン 気温低下で生育進む 時期遅めも「豊作」

2020-10-08
さまざまな天然キノコが並んだ定期市(大館市の柳町児童公園)
 北鹿地方は天然物のキノコシーズンを迎え、市日や直売所にさまざまな種類が並んでいる。7日に大館市柳町児童公園で開かれた定期市では、マツタケやマイタケ、アミタケ(通称イグチ)、ムキタケなどが販売され、業者によると、時期は少し遅いというが「今年は豊作では」と今後の収穫に期待する声が多かった。
 朝から天然物のキノコを求める市民でにぎわった定期市。じっくり品定めする姿が広がった。今年は9月に暑い日が続いたため、例年より収穫が遅れている種類もあるが、ここ数日の気温の低下で生育は例年並みに回復しているという。
 出店業者の80歳代男性は「マツタケは豊作と聞く。ムキタケ、ホウキタケなどは割と早く出ており、アミタケ、サワモダシなどはこれから最盛期」と話す。ほかの業者では地元産のマツタケが1本500~2000円程度で販売され、大きいもので20㌢近い商品もあった。値段は全体的に平年並み。「今年は豊作の種類もあるよう」という声も聞かれた。
 田代直売所・たけのこ館では、マツタケ、ハタケシメジ、アミタケなどが並び、担当者は「全体的に出始め。サワモダシなどはこれからだが、今後の収穫に期待している」という。ゆきさわ産直センターは「最近は収穫する人が少なくなってきている」とし、店頭に並ぶ数は減っているが、「ハタケシメジ、ギンタケがこれから出てくるのでは」と話した。
 
 

国道7号での事故抑止へ 北秋田署がセーフティ・ラン

2020-10-08
道の駅までビブスを着用して事故防止や安全運転をPRしながら走る北秋田署員(北秋田市綴子)
 北秋田署(小松辰弥署長)は7日、国道7号での交通事故抑止を狙いとしたランニング「セーフティ・ラン北秋田」を行った。「交通安全北秋田」と書かれたビブスを着用した署員有志8人が、北秋田市綴子の道の駅たかのすまで約3㌔の区間を走り、ドライバーらに安全運転を呼び掛けた。
 同署によると、7日までに県内の国道で今年発生した死亡事故は10件11人で、国道7号が5件5人と半数を占める。県内で8月以降に発生した死亡事故5件のうち3件が、隣接する大館署管内の国道7号で発生し、北秋田署管内の住民が亡くなっていることから、同署は国道の事故防止対策に取り組んでいる。
 今回は、2017年まで3年間実施していたランニングによる運動を復活させた。署員に呼び掛け、交通課や地域課から有志8人が参加した。
 参加者は同市坊沢の国道7号沿いを出発。7人が「交通安全北秋田」が一文字ずつ印刷されたビブスを着用、先頭を走る署員は早めのライト点灯などを呼び掛けるのぼり旗を背負った。ランニングに合わせてパトカーも周辺を巡回。参加者は事故防止を力強く願い、約20分かけて道の駅まで歩を進めていった。
 道の駅到着後は、利用者らに事故防止を呼び掛けるチラシの配布を行った。藤井勝彦課長は「一人でも多くのドライバーに見てもらい、事故を減らしたい」と話していた。
 運動は今後も管内の国道で実施予定で、13日は同市米内沢の国道105号、11月7日には上小阿仁村の国道285号でランニングを行う。
 

鹿角地域不法投棄一掃地域協議会 小坂町でクリーンアップ 不法投棄をなくそう

2020-10-08
錠徳橋の約30㍍下でクリーンアップに取り組む参加者(小坂町上向)
 鹿角地域不法投棄一掃地域協議会(会長・岡崎佳治鹿角地域振興局長)のクリーンアップが7日、小坂町上向の山林で行われ、県道沿いに捨てられた古タイヤや廃家電類などを撤去した。
 クリーンアップは2007年の秋田わか杉国体を契機に始めたもので、地域協議会が毎年実施している。
 環境監視員が巡回し、特に不法投棄の目立つ場所を選定。本年度は県道大館十和田湖線(通称・樹海ライン)沿いの錠徳橋付近で作業を行った。
 県産業廃棄物協会県北支部の会員事業所、県、鹿角市、小坂町、鹿角署などから約50人が参加。
 道の駅こさか七滝の駐車場で開会式が行われ、岡崎局長が、鹿角・小坂地域で07年に107カ所あった不法投棄場所が、昨年度末時点で22カ所まで減ったことを報告。その上で「クリーンアップは地域の魅力アップにつながる大切な取り組み」と述べ、協力を呼び掛けた。
 参加者は車で現場へ移動し、錠徳橋付近と、樹海ラインの砂子沢ダム入り口周辺の2班に分かれて作業。このうち錠徳橋では、約30㍍下の沢沿いにテレビや古タイヤなどが散乱していた。橋の上から無造作に投げ捨てられたとみられ、参加者が憤りを感じながらフレコンバッグに集め、クレーンで引き上げてトラックに積む作業に汗を流した。
 撤去したのはほとんどが空き缶やプラスチック系の一般廃棄物で、総重量は約1・5㌧。古タイヤ18本、冷蔵庫、テレビ各2台なども撤去した。

 
 

高級ブドウシャインマスカット 栽培5年目、収穫始まる 鹿角市の研究会 市場出荷も検討へ

2020-10-07
収穫期を迎えたシャインマスカット(鹿角市八幡平)
 鹿角市の鹿角ブドウ栽培研究会(佐藤一会長)が試験栽培に取り組んでいる高級ブドウ「シャインマスカット」が収穫期を迎えている。栽培5年目の今年は、糖度も目標の18度を超えて順調に生育。今週末から道の駅おおゆで販売されるほか、初の市場出荷も検討中で、新たな地域ブランドとして期待されている。
 市は2016年度から新規ブランド産品育成支援事業を導入。新たな地域ブランド産品となり得る農産物の試験的な取り組みを支援している。
 ブドウ栽培研究会はその一つ。市内の有志が17年に立ち上げ、現在は約40㌃でシャインマスカットやクイーンニーナ、ピオーネ、巨峰といった種なしブドウを栽培している。この1年で会員は6人増え、14人になった。
 露地だと積算温度が足りないため、ビニールハウスで栽培。木をハウス内の端に植え、稲の育苗と兼用する形で有効活用している。
 会員の農事組合法人・永田ホープフルファーム(戸田公雄理事長)は八幡平字上平のハウス(250平方㍍)でブドウを栽培。主力品種のシャインマスカットが収穫期を迎えている。
 シャインマスカットは甘みが強く、皮ごと食べられる大粒の人気品種。ブドウの中でも単価が高いことで知られるが、摘粒や樹勢の管理など栽培には多くの手間がかかる。
 同法人事務局の根本隆嘉さん(56)は「今年は8月の高温等で生育の伸び悩みが心配されたが、その後は天候が安定し、寒暖差もあって順調に育った」と説明する。
 収量は年々増え、今年は同法人で80㌔、研究会全体で150㌔を予定。根本さんは「今年は初めて市内の菓子店3店から引き合いがあった。増収は販売の力、産地の力になる。課題となっているブドウ生産者を増やし、収量を増やしていきたい」と話した。
 

原木マイタケ 販路、県外に活路を 山瀬小の6年生栽培 千葉のスーパー店頭に

2020-10-07
 大館市山瀬小学校(柴田清香校長)の6年生38人が育てたマイタケが5日、千葉県柏市の京北スーパー柏店で販売された。地域の魅力ある特産品を県外にPRしようと始めた初の取り組み。新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止やさまざまな活動が制限される状況が続く中、新たな販売方法で地域活性化を目指している。
 児童が農産物の生産や販売を通じ、故郷への思いと勤労の大切さを学ぶことを目的に2015年度からマイタケ栽培を実施。キノコ栽培などで実績のある同市山田地区の山田部落会(赤坂実会長)が協力している。
 今年は新型コロナの影響で「たしろきのこまつり」の販売活動が中止に。新たな販路を確保しようと、部落会が交流のある県あきた未来創造部地域づくり推進課を通して、県外のスーパーにマイタケを卸すことを企画した。
 同課は地域の資源、高齢者の経験や技を活用して新たな収入源を確保するため、首都圏スーパーに天然山菜を共同出荷する際のサポートや、ビジネスのパワーアップに向けた実践活動支援等の取り組みを展開している。毎年、県特産品の販売会「秋田県フェア」を開催し、同地区の山菜やキノコ、漬物を販売している同店にマイタケを卸すことにした。
 児童たちは、2日に収穫作業を行い、収穫したマイタケ25㌔のうち10㌔を同店へ配送。検品や値札の取り付け、包装などが行われ5日に店頭に並んだ。
 同店で野菜の仕入れを担当している青果部の岩渕美秋課長によると、天然マイタケに近い原木マイタケは味・香り・食感ともに優れているため人気が高く、初日で入荷した半分が売れたという。「今は栽培技術が発達し、年中マイタケが食べられるが、消費者は旬の物を求めている。販売する側としてもありがたい。形、大きさが違うのも天然に近く、子どもたちの個性のようにも感じる。来年以降も申し出があれば応えていきたい」と話した。
 同校では残りのマイタケを同地区住民に加工してもらい、児童による販売会などを検討している。
 
原木マイタケを収穫した児童たち(山瀬小)
店頭に並んだ原木マイタケ(京北スーパー柏店提供)
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る