本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

一般会計は171億円 鹿角市21年度当初予算案 ハード完了で4・1%減

2021-01-23
  鹿角市は22日、2021年度当初予算案を発表した。一般会計の総額は171億8800万円で、前年度当初と比べて4・1%、7億3720万円の減。鹿角観光ふるさと館(あんとらあ)改修や学校統合に伴う花輪第二中学校大規模改造、園芸メガ団地整備といったハード事業の完了が減少の主な要因。当初予算は2月定例市議会に提案する。
 児玉一市長は特に重要な施策として、産業力強化、結婚応援・子育て支援、移住定住の促進の3点を挙げた。
 産業力強化では、ICT(情報通信技術)等を活用したスマート農業の実証試験や先進機械の導入支援、北限の桃等果樹産地強化事業、シンテッポウユリや啓翁桜などの増反を支援する花卉(かき)周年栽培支援事業、リモートワーク推進事業、大湯環状列石の世界遺産登録推進事業、市内に複数ある世界級遺産を生かしたヘリテージ・ツーリズム推進事業などを計画。
 リモートワーク推進事業ではコロナ禍の中、花輪新町の産業拠点施設「まちなかオフィス」にワーケーションが行えるリモートワーク環境を整備し活用を広げることで、地方で働きたい都市部の人材など副業できる人材を呼び込み、新たな産業の創出や企業誘致、市内企業とのマッチングなどに努める。
 果樹産地強化事業では果樹振興を図るため、廃園を予定している農家から、果樹経営の新規取組者や栽培拡大を図る農業者への第三者承継に対して新たに支援を行う。
 結婚応援・子育て支援では、新婚世帯の経済的負担の軽減と生活基盤の定着を図るため、住宅の賃貸や購入、引っ越し等の費用を支援する。妊産婦支援事業として、これまで利用実績に応じて支給していた分娩(ぶんべん)集約に伴う健診・出産準備等にかかる費用について、妊婦1人に対して一律2万円を助成する。
 移住定住の促進では、関係人口を増やす「鹿角家」の取り組みを通じて、鹿角を応援してくれる人との交流を促進するため、宿泊体験などの「関わりしろ体験ツアー」を計画。移住コンシェルジュによる相談窓口の設置やオンライン相談環境の拡充などを図り、移住希望者に鹿角の魅力をPRする。
 さらに、Uターンしやすい環境を構築するため、市外に転出した若者のネットワークを形成し、地元の情報や特産品を届ける「若者世代ふるさとネットワーク構築事業」を新たに実施。進学や就職に伴い転出する若者は年間約180人いるが、初年度は5年分さかのぼって会員登録してもらう。登録見込み数は4割にあたる360人。
 道の駅おおゆは、収益力向上を図るため販売体制強化に向けた支援や、集客力を上げるため飲食スペース増床の実施設計を行う。客席は現行席から倍増の席となる予定。
 このほか、域学連携を推進する鹿角キャンパス構想推進事業、議会デジタル化推進事業、あんとらあリニューアルイベント、小中6校へのエアコン整備、コミュニティ・スクール制度の導入、柴平と大湯の各児童クラブ整備事業、総合防災マップ作成、地域で敬老を祝う際の会食サービス費用支援、医師確保対策事業などに関する経費を計上した。

ライブ配信で報酬、宣伝も アプリ17Live コロナ禍に新たな収入源 大館の飲食店の石田さん

2021-01-23
店舗で配信する石田さん(イタリアンバル ボニータ)
  新型コロナウイルスの影響で減った収入を、インターネットライブ配信アプリ「17(イチナナ)Live」で補う動きが北鹿地方でも出ている。スマートフォン一つで好きな内容を生中継し、視聴者から報酬を得る仕組みで、収入の減額分をまかなったり、新規客の獲得につながったりするケースもある。配信者は「ライバー」と呼ばれ、 コロナ禍による苦境を乗り越えようと奮闘している。
 「ライバー」は視聴者から贈られる有料アイテム(ギフト)が主な収入源。大館市常盤木町の飲食店「イタリアンバル ボニータ」で店長を務める石田達宏さん(30)は、新型コロナウイルス流行直前の2月ごろからイチナナの利用を始めた。市内でライバーを取りまとめる団体「バリー トウ ドー」を運営するHIKARUさんから利点を聞いたのがきっかけとなった。
 昨年4月16日、全国に発出された緊急事態宣言で店舗の客が激減。自身の収入も3割ほど減少したという。当初は客がいない時間に、雑談を中心に配信をしていたが、カラオケで歌の配信をしたところ評判が良く、5月ごろから継続的に歌を配信した。徐々に視聴者の数も増え、現在のフォロワーは1700人ほど。「今では視聴者からのギフトで自分の給料分くらいは安定して得られている」と話す。
 ライブ配信を見て秋田市などから訪れる新規客もおり、「コロナが落ち着いたら遊びに行きたいという県外の人もいる」。広告宣伝手段としても役立っているという。視聴者は30~40代の男性が中心。石田さんは「頑張る若い人を応援したいという気持ちで支援をしてくれているのではないか」と分析している。
 配信を続けていく中で作曲などの創作活動も始め、17日には「TATSUO」の名前でデビュー曲「FLY」をネット上で販売。「厳しい時代だからこそ、やれることを全力でやって営業している。何か夢をかなえたいという人は、ぜひ店に来てほしい」と呼び掛けている。

クラシカル男子成年A 田中(花輪高出)が5度目V 県体スキー 女子少年は畔上(北鷹高)が初優勝

2021-01-23
少年女子を制し、総合順位でも頂点に立った北鷹の畔上(花輪スキー場)
  初日の22日は、鹿角市の花輪スキー場でクラシカルの男女7部門を行った。北鹿勢の男子は成年A10㌔で田中聖土(自衛隊体育学校・花輪高出)が5連覇、少年同で山田龍輔(秋田北鷹高3年)が連覇。成年B同は木村貴大(北鷹レーシング)が4年ぶりに頂点に立った。成年C5㌔では堀内幸大(北秋田市スキー連盟)が優勝した。女子は少年同で畔上凜花(北鷹高2年)が初優勝。成年A同は米田菜緒(小坂高―日大4年)、成年B同は石垣寿美子(秋田ゼロックス・十和田高出)が制した。第2日の23日は、同スキー場で距離フリーや大回転など男女15部門を実施する。
 女子全体でトップ 女子少年5㌔クラシカルは畔上凜花(北鷹高2年)が優勝。総合タイムでも成年組を押しのけて頂点に立ち「県の高校大会から良い流れに乗れた。100%の力を出し切れた」と喜んだ。
 この日は「中盤の上りまでが頑張りどころ。そこまでは気持ちを切らさないようにする」と作戦を立てた。勝負どころとなったのは3㌔地点の上り坂。この場面で「一番長い上りで他の選手もきついはず。ここで差を付ける」と全力で上った。ハイペースで難所を通過すると、後半は下りを利用し、ゴールまで一気に駆け抜けた。試合後は「平地が苦手な分、上りで稼げたのが勝因」と語った。
 同じコースで成年組のレースも実施された。同世代以外の選手と共に滑る機会は多くなく「尊敬する方々と一緒に走れて、すごく良い経験になった」。さらにはそのトップ層の選手らを押しのけ、総合タイムでも首位。「勝てるとは思っていなかったので驚いている。でも自信が付いた」と笑顔を見せた。
 次戦のフリーには部門の区別がなく、本当の意味で成年組と競り合う。しかし「大人たちと戦える、またとない特別な機会」と意気込む。「100%の力を発揮して優勝したい」と闘志を燃やした。

新型コロナで影響 林産業支援に6助成 大館市 地域材活用やICT促進 需要、販路など回復へ

2021-01-22
  大館市は、新型コロナウイルス感染拡大による経済活動停滞で影響を受けている林業や木材産業関係の支援策を展開している。木材需要の回復に向け、新築や改築する住宅に地域材を活用する施主や工務店に助成するほか、林業者のICT(情報通信技術)機器導入や丸太・木材の運搬費助成など6事業を実施。林政課は「川上(林業)、川中(木材産業)、川下(建築業)への支援を行い、感染拡大のリスクに強い林産業の実現を目指したい」と話す。
 「木材需要回復支援事業」は市・県産材を活用した住宅の木造、木質化を後押しするため、住宅新築や事務所のリフォームなどを行う個人や法人を支援する。助成額は構造材や内装材などの項目があり、住宅の壁・天井に市産材を使用する場合は1平方㍍当たり3000円。施工側には「木材利用奨励金」を設け、工務店は1件につき10万円、設計者には5万円を助成している。
 市の本年度の建築確認申請状況によると、一戸建て新築住宅は10月末現在、102件で、前年同期を49件下回っている。林政課は「木材需要回復支援は昨年末で15件に交付し、地域材の利用を促すきっかけづくりにしたい」と話す。3次元カメラやVR(仮想カメラ)を活用した木造住宅の内覧会を開催する住宅の施工・販売業者に経費の助成も行っている。
 「木材製品販路回復支援事業」は、市内の木材製造・加工・販売業者を対象に、販路開拓や木材の高付加価値商品開発に対する費用を、1事業200万円を上限に助成する。これまで新製品開発など3件の申請があった。
 「林業省力化等支援事業」は、低コスト化を図るスマート林業の導入費用を助成する。森林資源や境界情報のデジタル化を行うレーザー計測器やドローン(小型無人飛行機)などの導入費用の3分の2以内、1事業につき500万円を限度に助成する。これまでに2事業者に対し約340万円を助成した。
 「木材サプライチェーン強靱(きょうじん)化事業」は、市内で伐採された樹木を原料とした丸太や建築用木材などの運送費を助成する。対象は市内に事業所がある業者。補助単価は、県内を除く東北への出荷が1立方㍍当たり700円、東北以外は同1200円など。
 林政課によると、住宅建築などの需要低迷で製材や加工業者の受注が減少し、山林からの切り出しが減るなど一時期、荷動きが低調だった。冬場に入り、丸太の値段が回復傾向にある中、各事業の利用を呼び掛けている。事業の実施期間は、木材需要回復支援事業と木材利用奨励金が3月15日まで、サプライチェーン強靱化事業は対象期間が3月末まで。そのほかは2月26日まで。

大館への分娩集約 2年経過し課題など協議 鹿角医療懇 助成金の実績報告も

2021-01-22
分娩集約後の状況などについて意見を交わした懇談会(市交流センター)
  県や鹿角市、小坂町、医療・福祉の関係機関・団体の関係者が地域医療の在り方について意見交換する「かづの地域医療懇談会」が20日夕、市交流センターで開かれた。かづの厚生病院の出産取り扱い機能が2018年10月から大館市立総合病院へ集約され、2年経過後の状況などについて報告が行われ、委員らが課題などを協議した。
 同会は鹿角地域で安定した医療サービスを将来にわたり供給できるよう、地域医療の充実に関する事項を意見交換する目的で10年に設立された。
 事務局の報告によると、19年度の大館市立総合病院の分娩(ぶんべん)取扱数は月平均49・4件。このうち鹿角市からの受け入れは同11・0件、小坂町同1・3件。20年度(4~11月)の同院の分娩取扱数は月平均45・3件、鹿角市同9・6件、小坂町同1・0件でいずれも減少している。
 鹿角市は妊婦健診の受診等にかかる交通費と、出産直前にホテル等に宿泊した場合の費用を一部助成し、妊婦の経済的、精神的な負担軽減を図っている。
 これらの助成金の実績(20年4~11月)は、交通費助成(最大1万2000円)が71件。宿泊費助成(最大1万5000円)は19年度に続いて、利用がなかった。
 県内の病院・診療所間で患者の診療情報を安全に共有できるネットワーク「あきたハートフルネット」のかづの厚生病院の登録数(20年4月~11月)は13人。
 緊急時の救急搬送がスムーズに進むために妊婦の情報を事前登録する制度「ママ・サポート119」登録は40件。救急車による搬送事例は発生していない。
 委員は「2人目以降の出産では、第1子の面倒を見てもらえるようなきめ細やかなシステムがあれば」と要望した。
 鹿角市内での出産取り扱い機能の再開を目指して市は「市出身医師やふるさと納税者などに市の状況を周知していく。市の医師修学資金等の制度周知や修学資金利用者と積極的に交流していく」と語った。
 県の医師確保計画や医師不足への対応などについても意見を交換した。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「鬼滅の刃」テーマに乗せ 鮮やかに冬花火 十和田湖

2020-12-30
十和田湖畔で行われた花火ショー(十和田湖畔休屋)
 秋田、青森両県にまたがる十和田湖の「光と音が彩る冬花火in十和田湖」が26、27の両日、十和田湖休屋多目的広場で開かれた。アニメ「鬼滅の刃」の主題曲「紅蓮華」に合わせ、鮮やかな花火が5分間打ち上げられた。
 十和田奥入瀬観光機構が、観光庁の実証事業として開催。事業は新型コロナウイルス感染症の影響を受ける中で新たな生活様式の旅行スタイルを求める目的で、全国556事業が採択された。
 会場には親子連れなど約500人が来場。イベントはしの笛奏者の立石雷さんが20分演奏した後、冬花火が5分間打ち上げられた。音楽に合わせて、目の前で仕掛け花火200発ほどが音楽とシンクロして打ち上げられると、会場からは歓声が上がった。
 会場では首都圏で人気の「東京ばんからラーメン」が監修した「十和田湖みそラーメン」の販売が、密にならないようドライブスルー方式で行われた。
 同機構の山本隆一事務局長(60)は「新しい生活様式に沿ったイベント開催のノウハウを蓄積したい」と話し「密にならない自然公園で楽しんでほしい」と意気込んだ。
 同イベントは1月28、29、30日も開催される。イベント会場への入場は無料だが、事前予約が必要。専用ホームページから申し込む。先着1500人で締め切る。問い合わせは十和田湖観光交流センターぷらっと(電話0176・75・1531)。

「けがの前より成長を」 プロ野球 ソフトバンク育成1位の佐藤投手 福原市長訪問し決意

2020-12-29
直筆サイン入りのユニホームを持って記念撮影する佐藤投手㊧と市長(市役所)
 プロ野球の福岡ソフトバンクホークスにドラフトの育成1位で入団した佐藤宏樹投手(大館鳳鳴高―慶大4年)が28日、大館市市役所を訪れ、福原淳嗣市長に「あせらずけがを治して、けがをする前より心身ともに成長していきたい」と決意表明した。
 佐藤投手は11月26日に行われたドラフト会議で同球団から育成1位の指名を受けた。その後今月10日に入団発表が行われ、正式に入団した。北鹿関係の選手が指名を受けたのは12年ぶり。
 高校時代は鳳鳴で主戦を務め、2年秋の県大会4強まで勝ち進んだのが最高成績。慶大では六大学リーグで1年秋にデビューした。150㌔台の速球とキレのあるスライダーを武器にリーグ3勝を挙げ、最優秀防御率のタイトルを獲得。チームの優勝に貢献するなど頭角を現した。
 しかし左肘の靱帯(じんたい)を損傷してからは登板機会が減少。復帰のために今年に入ってから2度の手術を受けていた。ドラフト前に手術を受けるのは異例だったが、無事指名を受け、会見では「不安はあったがすごくうれしい。早くけがを治してチームに貢献したい」と意気込んでいた。
 武内充秀監督ら大館一中時代の恩師3人と市長を訪問し歓談。市長とは同じ慶大出身とあって話が弾み、佐藤投手は「けがのこともあったので、指名を受けたときは正直ほっとした」と指名直後の心境などを報告。左肘のけがについては「経過は順調で今は痛みはない」と笑顔で答えた。市長は「佐藤君の姿を見てプロに憧れる子どもたちもこれから増えると思う。できることは何でもするので気兼ねなく相談して」と話した。最後は同球団のユニホームに直筆でサインし、市長に贈った。

特別職報酬 据え置きか引き下げか 大館市 1月13日に審議会 新型コロナどう影響

2020-12-29
 大館市は1月13日、2021年度の市長や議員らの給料・報酬額について意見を聞く「特別職報酬等審議会」を開く。前回は13年以降8年連続の据え置きとしており、新型コロナウイルスの影響で先行きが見通せない社会経済情勢が論点となりそうだ。福原淳嗣市長の諮問内容が注目される。
 条例で定めた現行の給料・報酬月額は市長85万2000円、副市長67万6000円、教育長57万2000円、議長41万2000円、副議長37万5000円、議員35万7000円。教育長は16年度から特別職と位置付けている。
 1991年度まで2年に1度の改正が慣例だった。92年の審議会で「毎年開催すること」と意見が付され、その後は毎年開催の「大館方式」として案を諮問、答申に基づき改定してきた。02には条例改正で明文化した。
 10年から12年まで3年連続の引き下げ、13年以降は据え置きが続いている。昨年の答申に「来年は引き上げを実現したい」と付帯意見が出たが、20年1月の審議会では本庁舎建設に多額の費用を要することや、人口減に伴う市民税の減収などから財政が依然として厳しく「引き上げは難しい」と判断した。
 新型コロナの影響に伴う地域経済の低迷や人口減などで市税収入は厳しいと見ており、県内では暫定的に特別職の給料を減額する対応が広がっている。こうした状況から市民感情を考慮すると、今回も引き上げは困難との見方が強く、据え置きか、引き下げか。市長の諮問と審議会の答申に注目が集まりそうだ。
 初回の会議では、市長の諮問を受けて審議を開始する。

ハチ公像にしめ飾り 大館の秋田犬の里 正月ムードを演出

2020-12-29
ハチ公銅像にしめ飾りを取り付ける山城会長(秋田犬の里前)
 大館市の観光交流施設・秋田犬の里前にあるハチ公銅像に28日、しめ飾りが取り付けられた。大館のシンボルが華やかな装いで正月ムードを演出している。1月7日まで。
 大館市観光協会(山城久和会長)が毎年行っている恒例行事。仕事納めの日に合わせて実施している。
 山城会長が銅像の肩にしめ飾りを掛け、協会スタッフが餅やミカンを供えた。続いてJR大館駅前に移動し、秋田犬群像も飾り付けた。
 山城会長は「今年はコロナ禍で十分にハチ公をアピールできなかった。来年はぜひ全国、世界に発信できる世の中になればと願いを込めた」と話した。新型コロナ感染再拡大で帰省は自粛傾向にあり、「遠くの家族とも安心して会えるようになれば」と期待した。
 市によると、銅像はハチ公が死んだ1935年に大館駅前に設置された。戦時中には金属類回収令でいったん姿を消した。同協会の提唱で募金活動が行われ、87年に再建。2018年、秋田犬の里建設に伴って移設された。

コロナ禍の初売り 「密」緩和へ分散来店を 福袋の先行販売など対策 北鹿の大型店

2020-12-28
福袋の先行販売を始めた売り場(イオンスーパーセンター大館店)
 新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、年始の初売りで人出が集中する北鹿地方の大型店は、密集緩和に向けた対策に乗り出している。福袋を年内から先行販売したり、恒例イベントや企画を中止したりといった対応が見られる。「巣ごもり需要」で来店客の増加が懸念されるが、年末からの分散来店、少人数での来店を訴えている。
 例年通り正月三が日に午前8時から開店する大館市大田面のイオンスーパーセンター大館店は、市内他店舗が休業する1月1日を中心に混雑が予想されるため、感染防止対策として初の試みを行う。
 例年元日から販売してきた衣料品、日用品、食品、雑貨などの「福袋」を年内から先行販売。既に25日から衣料品の福袋を並べ始め、今後他の売り場でも順次開始していく。テナント店にも協力を依頼しており、年内からの分散来店を促す。
 また、年始の初売りでは干支(えと)の置物の粗品を来店客に無料配布していたが、目当てに並ぶ人が300人以上いたため、1000円以上の買い物をした人限定で配る形に切り替える。食品や日用品の詰め放題も密集が避けられないため、取りやめる。
 入り口での手指消毒、店内でのマスク着用、対人距離の確保なども引き続き呼び掛ける。藤川慎一郎店長は「店全体で密の緩和に努めたい。特に元日は毎年密な状態になるので、来店分散で来店客の2~3割減を目指す」と話す。
 今年の1月1日は、市内他店舗が休業したこともあって予想以上の人出となり、すし、刺し身、総菜など一部食品は前年同期比約70%増の売り上げだった。コロナ禍のため自宅で過ごす人が多いとみられるこの年末年始も需要増が予想される。「昨年はご迷惑をお掛けしたので、万全の態勢で用意する。ゆっくりと年末年始を過ごすため、早めの準備を。元日の開店直後は混み合うので、分散来店に協力してほしい」と求めている。
 県内外でスーパー27店舗を展開する伊徳(本社・大館市)は働き方改革の一環で、今年に続いて元日を全店休業とする。1月2日からは多くの人出が見込まれるため、恒例のイベントを中止するほか、年内からの分散来店を推進する。
 年末には、12月28、29日に電子マネー「CoGCa(コジカ)」での支払いで付与ポイントを増やすキャンペーンを実施する。お得感を打ち出して、買い物客を分散させる狙い。
 年始の初売りでは密集を避けるため、いとく大館ショッピングセンター(御成町)などで例年行っていたキャラクターショーや各種イベントを中止にする。
 今年1月2日は多くの人出があって混雑したため、開店を1時間前倒しし、午前時からとする。同社は「密を避けるため分散して買い物をしてもらえるようにしたい。引き続き少人数での来店もお願いしていく」としている。




RSS(別ウィンドウで開きます) 

小林悦次氏が返り咲き 上小阿仁村長選 前議長との一騎打ち制す

2020-11-30
万歳三唱し返り咲きを喜ぶ小林悦次氏㊥(五反沢児童館)
 中田吉穂村長の死去に伴う上小阿仁村長選挙は29日、投開票が行われ、前職で農業の小林悦次氏(66)=五反沢=が886票を獲得、新人で会社員の小林信氏(59)=小沢田=を破り、村長の座に返り咲いた。投票率は前回(86・36%)を1・31ポイント下回る85・05%だった。
 小林悦次氏は「村長が不在で、副村長や監査委員もいない現在の緊急事態を、早急に正常化する。村長の経験を生かしすぐ対応できる」などと訴え、豊富な行政経験と中田氏の前に町長を1期務めた実績をアピール。少子高齢化対策や農林業に関する政策に加え、新型コロナウイルスへの対応なども公約に掲げた選挙戦を展開した。加えて、中田氏が地盤とした大票田の沖田面地区に選挙事務所を置いたことも奏功し、支持を拡大。勝利をつかみ取った。
 一方、小林信氏は議会議員や議長を務めた実績を強調しながら「村にとって危機的状況の中、混迷を起こした人に村政を任せていいものか。立て直すには、住民と行政、議会が1つになることが大切。前進させたい」と訴えた。政策面では高齢者の生活支援や働く場の創設、若者定住の環境づくりなどを掲げ、地盤とする小沢田など村北部の集落に加えて中田氏が地盤とした沖田面地区でも積極的な運動を展開したが、135票届かなかった。
 

「ニンギョ様」で疫病退散 大館市松峰で「まつり」 住民が担ぎ練り歩く

2020-11-30
人形を担いで町内を練り歩く住民ら(大館市松峰)
 大館市松峰地区で29日、伝統行事の「ニンギョ様まつり」が行われた。地域住民が武将を模した人形を担いで町内を巡行し、疫病退散などを願った。
 悪霊や疫病などが入ってこないように地区の入り口3カ所に人形が置かれていたことが発祥とされるまつりで、約450年の歴史があるとされる。現在は松峰神社氏子会(畠山米藏総代)が伝承している。多くの住民に参加してもらおうと、11月の最終日曜日に実施している。
 人形は高さ約2㍍、重さ約40㌔。28、29の2日間、住民らが松峰児童館で「武将の力を借りて疫病をはらう」という意味を込め、「武蔵坊弁慶」「源義経」「那須与一」の3体をワラなどで作った。
 神事の後、午後4時に同児童館を出発し、ほら貝や太鼓の音とともに人形を背負った氏子らが約2時間、町内を練り歩いた。付近住民がろうそくやお神酒を供えて無病息災、特に新型コロナウイルスの一日も早い終息を願った。
 

スキー用品を安価に 鹿角市でバザー 親子連れでにぎわう

2020-11-30
大勢の家族連れが訪れた再利用バザー(鹿角市記念スポーツセンター)
 家庭で眠っているスキー用品を集めた「ウインタースポーツ用品 再利用バザー」が29日、鹿角市記念スポーツセンターで開かれた。市内外から大勢の家族連れが訪れ、子どもがこれから使用する道具を買い求めた。
 「スキーのまち鹿角」の推進役となっている鹿角スキースポーツ少年団が年前から主催している。近年のスキー離れの一因である「用具さえあれば」という声に応えようと、家庭に無料での提供を呼び掛け、毎年この時期に行っている。
 出品はスキー板、ストック、ブーツ、ウエア、手袋、ヘルメットなど約900点。昨年の約700点から200点ほど増えた。価格の主流はスキー板が2000~3000円、ブーツとストックが各200~300円。4000円あれば、一式をそろえることが可能。子育て家庭の家計にやさしい価格設定となっている。
 開場の午前9時半には、約200人が並び、会場のドアが開けられると、お目当ての用品コーナーに進み、家族と品定めをして、買い求めていた。午前6時すぎに会場に到着したという市内の代男性は「小学4年の娘のクロスカントリースキーを買いたいと思って来た。(このようなイベントは)助かりますね」と話した。
 主催団体代表の海沼知行さん(62)は、「まずスキーに親しんでほしい。そのうえで、スポーツ少年団に入ってくれれば、と思っている」と話している。コロナ対策として、検温、手指の消毒、氏名・連絡先の記入を行い、スタッフはマスクにフェースシールドを着用した。
 

来年の登録、高まる期待 縄文遺跡群 世界遺産シンポジウム Zoom使用 北鹿3カ所で開催

2020-11-29
世界遺産登録へ期待を込めたシンポジウム(大湯ストーンサークル館)
 秋田縄文遺跡世界遺産推進シンポジウムが28日、ウェブ会議システム「Zoom」を活用して行われた。東京大学名誉教授の西村幸夫さんが基調講演し、遺跡群の特徴などを説明。北鹿地域3カ所をつないで開かれ、来年夏にも予定されているユネスコ世界遺産委員会の審査結果に期待を込めた。
 シンポジウムは鹿角市の大湯ストーンサークル館、北秋田市のコムコム、大館市の中央公民館をつないで開かれ、大湯ストーンサークル館には地元市議、歴史愛好家など約40人が参加した。
 主催した北東北歴史懇話会の藤盛紀明会長は「いよいよ世界遺産登録が近づいてきた。登録へ向けた最後の一押しとなるシンポジウムだ」とあいさつ。鹿角市の児玉一市長、北秋田市の津谷永光市長がビデオメッセージを寄せた。
 講師の西村さんは、日本イコモス国内委員会委員長。「北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録について」と題して講演した。今後の日程について、来年5月ごろに諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)の勧告があり、6月ごろには登録の可否を審査するユネスコ世界遺産委員会が開かれるとの見通しを示した。
 コロナ禍における取り組みとして、西村さんは「海外や遠くからの観光客は見込めない。コロナ後に備え、地元の人たちが遺跡の価値をきっちりと理解し、発信できるようにしてはどうか」とアドバイスした。
 県教委の新海和広さんが遺跡群の価値を説明し、「1万年以上継続した採集、漁労、狩猟による定住は、その過程と精神文化の発達を表し、農耕以前における人類の生活の在り方を示す普遍的な価値を持つ」と指摘した。北秋田市教委の榎本剛治さん、鹿角市教委の赤坂朋美さんもそれぞれ遺跡を説明した。
 

米新品種「サキホコレ」 先行提供を開始 県のキャンペーン 北鹿の宿泊施設でも

2020-11-29
「サキホコレ」と「あきたこまち」を食べ比べる客(ふるさわおんせん光葉館)
 2022年秋の市場デビューを目指す秋田米新品種「サキホコレ」の先行提供キャンペーンが28日、始まった。名称周知とPRのために県が実施するもので、県内外の宿泊施設等25カ所で宿泊客や一般客に試食してもらう。北鹿地方の一部施設でも料理と共に提供され、早速「あきたこまち」との食べ比べを楽しむ客の姿が見られた。
 県が新たなブランド米として開発した「サキホコレ」は、本県産米の主力「あきたこまち」より成熟期が遅い晩生種で、いもち病に強く、高温による品質低下も少ない。▽白さとツヤが際立つ外観▽粒感のあるふっくらとした食感▽上品な香り、深い甘み―が特徴。
 名称は県が4~5月に公募し、国内外から25万893件の応募が寄せられた。専門家らの選考で絞り込まれた最終候補6案から、佐竹敬久知事が「サキホコレ」を選定し、17日に発表。「秋田の地力から生まれた小さな一株が誇らしげに咲き広がって、日本の食卓を幸せにしてほしい」との願いが込められている。
 PRのため県は28日から、県内の宿泊施設22カ所、東京都内の飲食店など3カ所でご飯を試食してもらう先行提供キャンペーンを開始。期間は12月28日まで。北鹿地方では大館市、鹿角市、北秋田市の5施設で味わうことができる。
 このうち、大館市新綱の温泉旅館「ふるさわおんせん光葉館」(小林薫社長)は県から打診を受け、一般客用の日替わりランチ、宿泊客用の朝食で「サキホコレ」と「あきたこまち」を1杯ずつ提供することにした。
 初日は4人が日替わりランチを予約。ご飯を食べ比べ、違いを楽しむようにじっくり味わう姿があった。同市長木川南の男性(66)は「どんな味か興味があった。一粒一粒がはっきりしていて、口に入れると甘みを感じておいしい。食べやすかった」と話した。
 常連客らの関心も高い様子で、小林社長は「販売前にこまちと食べ比べできる機会なので、ぜひ味わってほしい」と語った。
 「サキホコレ」と「あきたこまち」を各1杯提供する日替わりランチは、肉料理か魚料理、秋野菜、みそ汁、小鉢数種類がついて税込み880円。前日夕方までに予約が必要。12月13日までの期間限定。問い合わせは同施設(電話0186・48・4295)。
 このほか県は28日から、県内のスーパーや米穀店、首都圏と中京・関西圏の米穀店など77カ所でサンプル米を配布するキャンペーンも始めた。北鹿地方でもイオンスーパーセンター大館店など3カ所で行う。
 各キャンペーンの対象施設・店舗、日程などは秋田米ウェブサイト「ごはんのふるさと秋田へ」に掲載されている。
 
RSS(別ウィンドウで開きます) 

「ムラ市」に秋の恵み 北秋田市大阿仁地区 特設会場で初開催

2020-10-05
大阿仁地区の秋の味覚が並ぶムラ市(北秋田市阿仁比立内)
 北秋田市大阿仁地区の秋の味覚を集めた「秋のムラ市」が4日、同市阿仁比立内の特設会場で開かれ、マイタケやリンゴなどを買い求める人たちが立ち寄った。
 食や自然を通じて地域の魅力を発信することで地域活性化を図る大阿仁ワーキング(松橋悦治代表)が企画。今回は道の駅あに近くに特設会場を設けて初めて開催した。
 会場のテント内には採れたての天然や露地栽培のマイタケ、阿仁伏影地区のリンゴとナシのほか、地域住民が持ち寄った野菜や加工品がずらりと並んだ。事務局によると、今年は夏の暑さが影響し、ナメコなどは間もなく出回ってくるという。来場者は試食をしたり地域住民と交流したりしながら、秋の恵みを買い求めていた。
 シンガー・ソングライターの山田賢一さんによる弾き語りライブも行われ、来場者を楽しませていた。
 次回のムラ市は18日に開催。時間は午前9時から午後3時。会場は国道105号沿いの道の駅近くの駐車場で、のぼり旗を目印にしている。里山の食材が当たる宝引きも実施する予定。
 

社会人の学び直し サイト構築へ提案公募 教育の産業化、環境整備も 大館市

2020-10-04
 大館市は、仕事や生活に生かすための社会人の学び直し(大館版リカレント教育)プログラム構築に向け、公募型プロポーザル(企画提案)で委託業者の募集を始めた。申込期限は14日。多様な講座を受けられるポータルサイト(インターネット上の入り口)の仕様書や、教育の産業化に関する事業計画書を作成し、環境を整えた上で2021年度の事業開始を目指す。
 ポータルサイトは生涯学習の情報基盤と位置づける。既存教室・講座の洗い出しや企業の課題聞き取り、市民ニーズを調査・分析し、類似事業を展開する団体の情報を集めた上で仕様書を作成する。
 事業計画は、小中学校で展開する「ふるさとキャリア教育」のブランド化へ関係者から聞き取りを行うほか、教育旅行等の受け入れ学校・教育関係者の洗い出しなどの結果に基づいて作り上げる。
 環境整備は新型コロナウイルスに対応するリモート(遠隔)授業用機材の購入に向けた備品の提案、機材導入後の使用・管理、拠点施設の借り上げなどを業務委託する。
 仕様書と事業計画の作成、環境整備の3業務を合わせて上限額1248万円。参加申し込みが3業者を超える場合は書類審査で1次選考し、上位者を対象にプレゼンテーション審査を行う。その上で候補者を決め、11月上旬に契約を結ぶ。納期は来年3月26日。
 市が昨秋に行ったアンケート(回答数2906件)によると、学び直しで求めるのは「能力アップ」が28%で最も多く、「生きがいづくり」24%、「資格取得」20%、「心の癒やし」17%と続いた。希望する講座は「資格取得」が17%で最多、次いで「講話」13・8%、「習い事」13・6%、「料理」13・5%、「スポーツ」11%などだった。
 市は、社会人の学び直しを含め多様な講座を受講できるポータルサイトと、大館教育のブランド化・産業化でふるさとキャリア教育を全国に発信する仕組みをつくり、二つを合わせて「大館版リカレント教育事業」とする方針。来年4月設立予定のNPO法人が運営することを想定している。事業を通じて教育と地域社会の活性化を図り、人生100年時代に対応した社会参加や、地域貢献を担う人材育成につなげたい考え。
 

地域の名所 再発見 古木・巨樹と仏像巡り 鹿角市十和田 

2020-10-04
あんとらあ敷地内のシダレカツラ(新田町)
 鹿角市内の巨樹や仏像をバスで巡る学習会が3日、同市花輪、八幡平地区で行われた。昨年に続き2回目の開催で参加者は地域の歴史や由来などに理解を深めた。
 十和田地域づくり協議会の地域観光再発見実行委員会(三上豊委員長)の主催。市民のチカラ事業「地域観光再発見」の一環で郷土への関心を高めることを目的にしている。「市内の古木・巨樹と仏像巡り」と題して市指定記念物の巨樹や県指定有形文化財の仏像を巡った。
 講師は東北巨樹調査研究会秋田支部の五十嵐洋支部長(大館市)と大湯郷土研究会の副会長でもある三上さんが務め、市内や大館から参加した22人に解説した。
 十和田市民センターで開会行事を行い、三上委員長は「市指定記念物、県指定文化財など鹿角の宝に触れ、楽しもう」とあいさつした。
 この後、参加者はバスで移動し、毘沙門神社の大公孫樹(いちょう)(長嶺)、天照皇御祖(あまてらすすめみおや)神社の磨崖仏と姥杉(谷内)、八幡平神社のミズナラ(切留平)、八幡神社のハリキリ(水沢)、あんとらあ敷地内のシダレカツラ(新田町)、恩徳寺の木造弥陀三尊(上花輪)、円福寺の銅像阿弥陀如来立像(小平)の7カ所を訪ねた。
 このうち天照皇御祖神社の磨崖仏では、三上委員長が特徴や由来などを説明。「鹿角地方の歴史や宗教文化を知る上で貴重」と解説し、参加者は真剣な様子で聴いていた。
 また、五十嵐支部長は八幡神社のハリキリで幹周りを計測。406㌢と確認し「県内のハリキリでは珍しい巨木」と話した。
 同会が7月に開催した大柴峠トレッキングに参加し、鹿角の歴史に興味をもったという大館市の武田京子さん(58)は「ミズナラは根元が硬く立派な木」と感心した様子だった。
 

みその持つ「力」を紹介 北秋田市の食育フェスタ ソムリエ・小山明子さんが講演

2020-10-04
食育フェスタで講演を聞く参加者たち(北秋田市民ふれあいプラザコムコム)
 北秋田市の食育フェスタが3日、市民ふれあいプラザコムコムで開かれた。食育指導師・みそソムリエの小山明子さん=大館市=が「今こそ活かす!みそ汁のある食卓~みそ汁が教えてくれた生き抜く力~」と題し講演したほか、食生活に関する展示なども行われ、参加した市民たちは「食」への認識を深めていた。
 生きていく上での基本的な営みであり、心身の発育や発達に重要な「食」について市民1人1人が理解を深めるとともに、望ましい食習慣を身につけてもらうことなどを目的に毎年、開催している。今回は「食でのばそう健康寿命」をテーマに設定した。
 講演で小山さんは、子どもの頃から母親に「みそ汁だけでも食べていけ」と言われていたことなどを振り返りながら、みその持つ力などを紹介。「みそは戦国時代から、武将や武士たちの常食となっていた」ことや「『みそ汁は朝の毒消し』『みそは医者いらず』などと言われてきた」ことを挙げながら「日本人は、みそが大事な栄養源であることを知っていた」と述べた。
 その上で、「みそにはさまざまな栄養素が含まれている。マルチサプリのよう」と説明。「みそは塩分が高いといわれるが、栄養価をみると敵にするだけでいいのか」などとしながら、バランスよく食べることの大切さを強調。「具だくさんのみそ汁にすることで汁を少なくするとともに、野菜のカリウムをとることもできる」とした。
 また、「秋田のみそは風味が良くおいしい」と述べ、「お椀にみそと鰹節、ワカメ、ゴマを入れ、お湯を注ぐだけでおいしいみそ汁ができる。これは手抜きではなく、おいしく食べる方法。これらの材料を丸めると、みそ玉になる」と紹介。「日本人が大事にしてきたみそを、もう一度見直し、次の世代へつないでほしい」などと呼びかけた。
 会場には、みそ汁の塩分濃度を計測できるコーナーや、秋田北鷹高校家庭クラブの「みそレシピ」などの展示もあり、参加者の関心を集めていた。また、健康な歯を持つ幼児や高齢者の表彰も行われた。
 
 

第5工場を新設へ プラスチック・ホンダ大館工場 15億投資10人雇用 来年5月の稼働目指す

2020-10-03
第5工場の建設現場。第2、第3工場を移転し増産を図る(大館市二井田)
 プラスチック医療機器部品製造のプラスチック・ホンダ(本社・東京、本田健吾社長)は、大館市二井田前田野に大館工場の第5工場を増設する。同市二井田羽貫谷地の大館工場第2、第3工場を移転する形で、既存の第4工場と合わせて2工場で増産体制を図る。プラスチックの射出成形機を新たに7台導入。投資は約15億円、新規雇用は10人の予定で、市工場等設置促進条例に基づく指定工場となる見込み。新工場は来年4月完成、5月の稼働を目指している。
 第2、第3工場の老朽化と、工場間の物資の移動を省き、生産能力向上につなげるため第4工場に隣接する同社敷地1万8000平方㍍に建設する。鉄骨平屋建て(一部2階建て)で延べ床面積は4391平方㍍。
 第2、第3工場にある射出成形機33台を移設、新たに7台を導入して40台に。第4工場の17台と合わせ、計57台が稼働する。建設後、初年度の年間製造部品数は1億3800万個、2024年には2億4000万個を目指す。
 同社は1968年創業。リング、キャップ、本体ケース、ヘッダーなどのプラスチック医療機器を中心に、カメラ部品、電子機器部品の製造・販売を行っている。81年に県の企業誘致で大館工場を新設。88年には第2工場、93年に第3工場を増設。2003年に第4工場となる大館第2工場を新設した。クリーンルームを備え、品質管理を徹底。独自の精密技術でプラスチック製品の安定供給を行っている。
 大館工場の武田範英工場長は「増産体制を整え、雇用にもつなげていきたい。医療機器部品の製造を通し、今後も地域に貢献していければ」としている。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る