本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

山田のジンジョも様展示 本県の道祖神ずらり 角川武蔵野ミュージアム 

2020-11-24
県外で初の展示となった「山田のジンジョサマ」(角川武蔵野ミュージアム提供)
 大館市山田集落の奇祭「地蔵祭」で使用される男女一対の道祖神「ジンジョ様」が、今月6日にグランドオープンした埼玉県所沢市の「角川武蔵野ミュージアム」に展示されている。作家で博物学者の荒俣宏さん監修の特別展「妖怪伏魔殿」の一環で、本県の5市6集落から集まった人形道祖神8体が並ぶ。同ミュージアムは世界的な建築家・隈研吾さんの設計で話題となっており、PR効果に期待がかかる。
 ミュージアムは、出版大手KADOKAWAが整備、運営する大型文化複合施設「ところざわサクラタウン」内の中核施設で、美術館、博物館、図書館の機能を持つ。地上5階建てで、新国立競技場や道の駅おおゆ(鹿角市)を手掛けた隈研吾さんが設計した。岩塊のような外観や、吹き抜けに設置された高さ約8メートルの巨大本棚などが特徴的。
 オープン第1弾企画の「妖怪伏魔殿」は、荒俣さん監修で日本各地の妖怪をテーマにしたもの。国内のアーティストが描いた妖怪の絵、47都道府県にまつわるパネル展示、イメージを具象化したミイラや化石など約点が並ぶ。妖怪をテーマにした映画セット、体験コーナーもある。
 このうち、疫病や自然災害から集落を守るとされる人形道祖神は、「妖怪の原始的な存在」として展示されることになった。秋田人形道祖神プロジェクト(秋田市)が協力し、本県各集落に人形の制作や提供を依頼した。
 展示されているのは「山田のジンジョサマ」(大館市)のほか、「小掛のショウキサマ」(能代市)、「中荒沢のショウキサマ」(大仙市)、「末野のショウキサマ」(横手市)、「皆瀬のニンギョウサマ」(湯沢市)など8体。ワラや木材で作られ、高さ約3・8㍍に及ぶものもある。
 「人間の世界に溶け込み、カミサマの地位を得て敬われる存在になった」と紹介されており、各道祖神の説明文も添えられている。会場では、祭り当日に集落を練り歩く映像なども公開されている。
 来場者は迫力に圧倒されながら特徴的な容姿に見入っているという。同ミュージアムの企画担当者は「妖怪を楽しみながら知ることができる仕掛けを用意している。ぜひ会場で見てほしい」としている。
 山田部落会の赤坂実会長は「都会の人々に風習、民俗行事について興味を持ってもらうきっかけになればうれしい。昔から受け継がれる技を感じてほしい。関心のある人が集落を訪れ、交流につながれば」と期待した。
 特別展は来年2月28日まで。入場料は大学生以上1600円、中高校生1000円、小学生800円、未就学児無料。ミュージアムの休館日は第1、第3、第5火曜。開館時間は館内の展示、レストランで異なる。

 

鹿角調理師会 講習会で会員が見学 キャラ弁に興味津々

2020-11-24
NEW
浅野さんが作ったキャラ弁
 鹿角調理師会(田中強会長)は23日、鹿角市の尾去沢市民センターで講習会を開いた。会員ら10人が参加し、おかずやご飯で漫画やアニメのキャラクターなどをデザインする弁当「キャラ弁」の作り方を学んだ。
 同会は、7年前の県調理師会の解散に伴い、鹿角支部を解散した上で発足し、調理技術の研さんなどに取り組んでいる。登録会員は鹿角市と小坂町の約100人。
 講習会は、郷土料理の普及などを目的に交流会を兼ねて2017年から開催。4年目の今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会食しながらの交流会は見送り、キャラ弁の作り方を学んだ。
 講師は同市の浅野好海(このみ)さん(36)。浅野さんは5歳から歳まで3人の子どもがおり、キャラ弁歴は十数年。「子どもにいっぱい食べてもらうために作り始めた」といい、地域でキャラ弁講座の講師を務めたこともある。
 今回はサンタクロースや雪だるま、クマをメインにしたキャラ弁の調理を実演し、会員がその手順を見学した。
 浅野さんは土台になるご飯に、焼きのりやスライスチーズ、かにかまなどを切ったり型抜きしたりして目鼻口などを巧みにデザイン。市販のデコレーション用のふりかけ、あられ、カラフルなおさかなチップなども使って愛情たっぷりの弁当を仕上げた。会員からは「かわいい」「食べるのがもったいない」「作ってみたい」といった声も聞かれた。
 このほか、会員が炊き込みご飯やきりたんぽ鍋を調理し、自宅にそれぞれ持ち帰った。
 田中会長は「今回はコロナで趣向を変えてみたが、今後もできる形で講習会を続けていきたい」と話した。


 

大館市の第3次環境計画 意見反映へ市民会議 中学生や移住者も 政策の課題洗い出す

2020-11-23
環境基本計画策定に向けた市民会議(大館市中央公民館)
 大館市の第3次環境基本計画(2021~31年度)策定に向け、広く意見を取り入れる市民会議の初会合が22日、中央公民館で開かれた。1、2次計画の作成段階になかった試みで、市内の現状や課題を洗い出して市民・事業者・行政がそれぞれ果たすべき役割を明らかにする。参加者から「ごみ分別が分かりにくい」「廃棄物の発生抑制が重要」などの声が聞かれた。
 一般公募や町内会長、移住者、子育て世代、農林業者、中学生の計16人が参加。市環境課の黒田一志課長は「総合計画や国土強靱(きょうじん)化地域計画と整合を図り、時代に合った11年間の指針を策定する。市民会議は新たな手法として開催するもので、それぞれの立場から意見をいただきたい」とあいさつした。
 市内の企業による廃棄物の適正処理や資源循環の推進、豊富な木質バイオマスの利用促進など地域の強みを生かした環境政策、小型家電リサイクル発祥の地として五輪・パラリンピックのメダル製作に再生金属を使うプロジェクトへの参加、国連が15年に掲げた「持続可能な開発目標(SDGs)」、近未来の技術革新に向けた動きなどに理解を深めた後、4グループに分かれて意見を交わした。
 環境政策の課題については「ごみ分別が分かりにくい」「若い人が地域の活動を知らない」「小型家電リサイクルを含め回収方法の周知を」との声があり、環境意識を高めるアイデアとして「市民の声を発信する場をつくる」「地産地消」「SDGsの考え方を分かりやすく伝える」などの意見が出た。
 次回12月中旬は意見を集約し、市への提案書としてまとめることにしている。
 3次計画は、生活や自然など分野ごとの課題を抽出し、SDGsや気候変動適応法の視点も取り入れる。有識者らでつくる検討委員会も設置しており、市民会議の意見を含めて年内をめどに素案をまとめ、パブリックコメント(意見公募)や環境審議会などを経て、3月22日までの策定を目指す。

鹿角 今年は「たんぽ会」でPR 「発祥まつり」規模縮小で 鍋など4種類食べ比べ

2020-11-23
4種類の料理が用意された「たんぽ会」(道の駅かづの)
 名物きりたんぽの発祥地・鹿角をPRするイベント「たんぽ会」(実行委員会主催)が22日、道の駅かづの「あんとらあ」で行われた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、恒例の「きりたんぽ発祥まつり」の規模を縮小して開催。寒空の下、訪れた家族連れなどが屋内の団体食堂で熱々のきりたんぽ料理をおいしく味わった。
 発祥まつりは例年、道の駅かづのを会場に、市内5店舗程度が出店する「きりたんぽ鍋大集合」のブースや市観光イメージキャラクター「たんぽ小町ちゃん」の誕生会、特産品の販売、たんぽ手作り体験、ステージイベントなどが行われ、多くの観光客や住民らでにぎわいを見せる。
 しかし、今年は新型コロナのため、ステージイベント等は行わず、飲食に特化した形で「たんぽ会」を企画した。
 14日は道の駅おおゆ、22日は道の駅かづのと会場も分散して開催する予定だったが、直前の12日に市内初の感染者が確認されたことから14日は急きょ中止を決定。その後、18日以降は感染者が確認されていないといった感染状況を踏まえ、関係機関等と協議した上で、この日は開催することになった。
 昼と夜の2部に分けて開催。昼の部は1000円できりたんぽ鍋2杯分が味わえる仕組みで、市内外から約40人が来場した。メニューは伝統的な鍋料理2種類と「山子鍋」「ミートグラタンポ」の計4種類。
 きりたんぽのルーツともいわれる山子鍋は、山子や猟師の食事をイメージして再現し、キジのだし汁でみそ風味に仕上げたもの。ミートグラタンポはグラタンときりたんぽを組み合わせた逸品で、来場者の人気を集めた。
 家族3人で訪れた大館市の男性(40)は「いろいろなきりたんぽ料理の食べ比べができて楽しかった。発祥まつりには毎年来ていたが、今年も食べる機会があって良かった」と話していた。

ヤマノイモ地元でPR JAあきた北 旬菜館できょうまで販売

2020-11-23
ヤマノイモを販売し、特産を地元にPRした(とれたて旬菜館)
 JAあきた北山の芋部会青年部(松澤幹基部長)は22日、大館市根下戸新町の同JA農産物直売所「とれたて旬菜館」駐車場でヤマノイモの販売を行い、大館の特産を地元にPRした。23日まで。
 青年部と販売営農部の共催。新型コロナで関西圏などへの出荷の動きが鈍く、地元の販売にも力を入れようと、初めて企画した。
 ヤマノイモは400~500㌘のLサイズを3個1000円、1箱10㌔、25個前後を7000円で販売。訪れた市民らは、ゴロゴロと大きなヤマノイモを品定めしていた。
 松澤部長は「まだまだ地元の知名度は低い。今回の直販を含め、地元の消費者を増やしていけるよう、レシピ開発にも力を入れていきたい」としていた。
 販売は23日も行われる。午前9時から午後3時。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

天然キノコシーズン 気温低下で生育進む 時期遅めも「豊作」

2020-10-08
さまざまな天然キノコが並んだ定期市(大館市の柳町児童公園)
 北鹿地方は天然物のキノコシーズンを迎え、市日や直売所にさまざまな種類が並んでいる。7日に大館市柳町児童公園で開かれた定期市では、マツタケやマイタケ、アミタケ(通称イグチ)、ムキタケなどが販売され、業者によると、時期は少し遅いというが「今年は豊作では」と今後の収穫に期待する声が多かった。
 朝から天然物のキノコを求める市民でにぎわった定期市。じっくり品定めする姿が広がった。今年は9月に暑い日が続いたため、例年より収穫が遅れている種類もあるが、ここ数日の気温の低下で生育は例年並みに回復しているという。
 出店業者の80歳代男性は「マツタケは豊作と聞く。ムキタケ、ホウキタケなどは割と早く出ており、アミタケ、サワモダシなどはこれから最盛期」と話す。ほかの業者では地元産のマツタケが1本500~2000円程度で販売され、大きいもので20㌢近い商品もあった。値段は全体的に平年並み。「今年は豊作の種類もあるよう」という声も聞かれた。
 田代直売所・たけのこ館では、マツタケ、ハタケシメジ、アミタケなどが並び、担当者は「全体的に出始め。サワモダシなどはこれからだが、今後の収穫に期待している」という。ゆきさわ産直センターは「最近は収穫する人が少なくなってきている」とし、店頭に並ぶ数は減っているが、「ハタケシメジ、ギンタケがこれから出てくるのでは」と話した。
 
 

国道7号での事故抑止へ 北秋田署がセーフティ・ラン

2020-10-08
道の駅までビブスを着用して事故防止や安全運転をPRしながら走る北秋田署員(北秋田市綴子)
 北秋田署(小松辰弥署長)は7日、国道7号での交通事故抑止を狙いとしたランニング「セーフティ・ラン北秋田」を行った。「交通安全北秋田」と書かれたビブスを着用した署員有志8人が、北秋田市綴子の道の駅たかのすまで約3㌔の区間を走り、ドライバーらに安全運転を呼び掛けた。
 同署によると、7日までに県内の国道で今年発生した死亡事故は10件11人で、国道7号が5件5人と半数を占める。県内で8月以降に発生した死亡事故5件のうち3件が、隣接する大館署管内の国道7号で発生し、北秋田署管内の住民が亡くなっていることから、同署は国道の事故防止対策に取り組んでいる。
 今回は、2017年まで3年間実施していたランニングによる運動を復活させた。署員に呼び掛け、交通課や地域課から有志8人が参加した。
 参加者は同市坊沢の国道7号沿いを出発。7人が「交通安全北秋田」が一文字ずつ印刷されたビブスを着用、先頭を走る署員は早めのライト点灯などを呼び掛けるのぼり旗を背負った。ランニングに合わせてパトカーも周辺を巡回。参加者は事故防止を力強く願い、約20分かけて道の駅まで歩を進めていった。
 道の駅到着後は、利用者らに事故防止を呼び掛けるチラシの配布を行った。藤井勝彦課長は「一人でも多くのドライバーに見てもらい、事故を減らしたい」と話していた。
 運動は今後も管内の国道で実施予定で、13日は同市米内沢の国道105号、11月7日には上小阿仁村の国道285号でランニングを行う。
 

鹿角地域不法投棄一掃地域協議会 小坂町でクリーンアップ 不法投棄をなくそう

2020-10-08
錠徳橋の約30㍍下でクリーンアップに取り組む参加者(小坂町上向)
 鹿角地域不法投棄一掃地域協議会(会長・岡崎佳治鹿角地域振興局長)のクリーンアップが7日、小坂町上向の山林で行われ、県道沿いに捨てられた古タイヤや廃家電類などを撤去した。
 クリーンアップは2007年の秋田わか杉国体を契機に始めたもので、地域協議会が毎年実施している。
 環境監視員が巡回し、特に不法投棄の目立つ場所を選定。本年度は県道大館十和田湖線(通称・樹海ライン)沿いの錠徳橋付近で作業を行った。
 県産業廃棄物協会県北支部の会員事業所、県、鹿角市、小坂町、鹿角署などから約50人が参加。
 道の駅こさか七滝の駐車場で開会式が行われ、岡崎局長が、鹿角・小坂地域で07年に107カ所あった不法投棄場所が、昨年度末時点で22カ所まで減ったことを報告。その上で「クリーンアップは地域の魅力アップにつながる大切な取り組み」と述べ、協力を呼び掛けた。
 参加者は車で現場へ移動し、錠徳橋付近と、樹海ラインの砂子沢ダム入り口周辺の2班に分かれて作業。このうち錠徳橋では、約30㍍下の沢沿いにテレビや古タイヤなどが散乱していた。橋の上から無造作に投げ捨てられたとみられ、参加者が憤りを感じながらフレコンバッグに集め、クレーンで引き上げてトラックに積む作業に汗を流した。
 撤去したのはほとんどが空き缶やプラスチック系の一般廃棄物で、総重量は約1・5㌧。古タイヤ18本、冷蔵庫、テレビ各2台なども撤去した。

 
 

高級ブドウシャインマスカット 栽培5年目、収穫始まる 鹿角市の研究会 市場出荷も検討へ

2020-10-07
収穫期を迎えたシャインマスカット(鹿角市八幡平)
 鹿角市の鹿角ブドウ栽培研究会(佐藤一会長)が試験栽培に取り組んでいる高級ブドウ「シャインマスカット」が収穫期を迎えている。栽培5年目の今年は、糖度も目標の18度を超えて順調に生育。今週末から道の駅おおゆで販売されるほか、初の市場出荷も検討中で、新たな地域ブランドとして期待されている。
 市は2016年度から新規ブランド産品育成支援事業を導入。新たな地域ブランド産品となり得る農産物の試験的な取り組みを支援している。
 ブドウ栽培研究会はその一つ。市内の有志が17年に立ち上げ、現在は約40㌃でシャインマスカットやクイーンニーナ、ピオーネ、巨峰といった種なしブドウを栽培している。この1年で会員は6人増え、14人になった。
 露地だと積算温度が足りないため、ビニールハウスで栽培。木をハウス内の端に植え、稲の育苗と兼用する形で有効活用している。
 会員の農事組合法人・永田ホープフルファーム(戸田公雄理事長)は八幡平字上平のハウス(250平方㍍)でブドウを栽培。主力品種のシャインマスカットが収穫期を迎えている。
 シャインマスカットは甘みが強く、皮ごと食べられる大粒の人気品種。ブドウの中でも単価が高いことで知られるが、摘粒や樹勢の管理など栽培には多くの手間がかかる。
 同法人事務局の根本隆嘉さん(56)は「今年は8月の高温等で生育の伸び悩みが心配されたが、その後は天候が安定し、寒暖差もあって順調に育った」と説明する。
 収量は年々増え、今年は同法人で80㌔、研究会全体で150㌔を予定。根本さんは「今年は初めて市内の菓子店3店から引き合いがあった。増収は販売の力、産地の力になる。課題となっているブドウ生産者を増やし、収量を増やしていきたい」と話した。
 

原木マイタケ 販路、県外に活路を 山瀬小の6年生栽培 千葉のスーパー店頭に

2020-10-07
 大館市山瀬小学校(柴田清香校長)の6年生38人が育てたマイタケが5日、千葉県柏市の京北スーパー柏店で販売された。地域の魅力ある特産品を県外にPRしようと始めた初の取り組み。新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止やさまざまな活動が制限される状況が続く中、新たな販売方法で地域活性化を目指している。
 児童が農産物の生産や販売を通じ、故郷への思いと勤労の大切さを学ぶことを目的に2015年度からマイタケ栽培を実施。キノコ栽培などで実績のある同市山田地区の山田部落会(赤坂実会長)が協力している。
 今年は新型コロナの影響で「たしろきのこまつり」の販売活動が中止に。新たな販路を確保しようと、部落会が交流のある県あきた未来創造部地域づくり推進課を通して、県外のスーパーにマイタケを卸すことを企画した。
 同課は地域の資源、高齢者の経験や技を活用して新たな収入源を確保するため、首都圏スーパーに天然山菜を共同出荷する際のサポートや、ビジネスのパワーアップに向けた実践活動支援等の取り組みを展開している。毎年、県特産品の販売会「秋田県フェア」を開催し、同地区の山菜やキノコ、漬物を販売している同店にマイタケを卸すことにした。
 児童たちは、2日に収穫作業を行い、収穫したマイタケ25㌔のうち10㌔を同店へ配送。検品や値札の取り付け、包装などが行われ5日に店頭に並んだ。
 同店で野菜の仕入れを担当している青果部の岩渕美秋課長によると、天然マイタケに近い原木マイタケは味・香り・食感ともに優れているため人気が高く、初日で入荷した半分が売れたという。「今は栽培技術が発達し、年中マイタケが食べられるが、消費者は旬の物を求めている。販売する側としてもありがたい。形、大きさが違うのも天然に近く、子どもたちの個性のようにも感じる。来年以降も申し出があれば応えていきたい」と話した。
 同校では残りのマイタケを同地区住民に加工してもらい、児童による販売会などを検討している。
 
原木マイタケを収穫した児童たち(山瀬小)
店頭に並んだ原木マイタケ(京北スーパー柏店提供)
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る